Groove Coaster(AC版) / イベントプレイ / イベント履歴 / GC4


GC4で開催されたイベント履歴

編集上の注意

  • イベント名タグ(#○○の部分)はカスタマイズ関連等のページで多用されております。自分好みに変更した場合はそれらのページのタグも手動になりますが該当イベントのタグを全て探し出して24時間以内に自分で変更して下さい。

目次

ナイト・オブ・ナイツ オンライン対戦イベント(2019/02/20 9:00〜03/10 23:59)

ナイト・オブ・ナイツ年間ヒットチャート4連覇記念兼、以前から検討中とされていたCOOL & CREATE楽曲を主題としたイベント。期間中はナイト・オブ・ナイツおよびそのアレンジ2曲が固定で、それ以外のビートまりお氏が手掛けたり制作に関わった東方アレンジ楽曲がほぼ全て登場した。報酬用カスタマイズアイテムにナイツの主題となる十六夜咲夜絡みのものが多数含まれるため東方アレンジ以外の氏の楽曲は選出されなかったが、興味があれば今後プレイしてみるのも悪くないだろう。
ビートまりお氏が手掛けた楽曲が主となるため全般的に物量譜面が多めとなるが、Help me, ERINNNNNN!!メイドと血の懐中時計のような手頃な難易度の曲も選出されており、各人腕前や好みに合わせて選曲出来るイベントになっていたため初心者も安心して参加出来たのではないだろうか。
選曲状況はというと、やはりというべきか上述のナイト・オブ・ナイツおよびそのアレンジ2曲や最終鬼畜妹フランドール・Sサドマミホリックジョーカー・ジュンコ 〜 永遠の純化といった氏の人気楽曲の他、Bad Apple!! feat.nomico等の人気東方アレンジ楽曲が順当に選ばれていたようだ。難易度が低めのそして誰もいなくなった色は匂へど 散りぬるを(Fractal 1.5 ver)等も初心者や低難易度譜面の高得点狙いのプレイヤーによく選ばれていた模様。そしてイベント最終日には新しく収録されたアレンジ2曲を押しのけてナイト・オブ・ナイツ自身が選曲率トップになってしまったあたり、皆さん正直である。
ポイント推移の方はというとボーダー自体はイベント期間の関係でUNDERTALEイベントにあと一歩及ばなかったが、日割り計算では同イベントに迫る勢いであったり高いペースで推移しているボーダーがあったりしたため、このイベントも大盛況のうちに終わったと言って差し支えないだろう。
ところでそのUNDERTALEコラボ楽曲であるが、第1週で遂にMEGALOVANIAが選曲トップ3から滑り落ち、期間中はこれでホントにサヨナラがランク外に落ちてしまうなど流石に若干勢いが削がれ始めた。しかしMEGALOVANIAはそれでも1週目でトップ5に踏みとどまり、それ以降はちゃっかりトップ3の座に返り咲いていたし、他のコラボ曲達もヒットチャート30位以内を維持し続けていた。彼らは同じく期間中30位以内を維持し続けたシャルルのような位置に収まるのか、それとも……? なお、4のイベントプレイは本イベントが最後となった。

  • 報酬
    • ナイト・オブ・ナイツ関連の大部分の称号が全力でおふざけしているあたり、ビートまりおらしさ全開である。
    • 第1回東方イベントで配布された咲夜の二つ名「時間を操るメイド」は銅賞報酬であったためか、残念ながら復刻されていない。
    • 順位報酬(イベント終了後に獲得。以下に加え全ての賞について受賞1個につきトロフィーを2つずつ獲得・称号とアバターは重複不可)
      賞名条件称号アバター/ナビゲーターアイテム
      優良賞イベントポイント1〜1000
      (1,011BP)
      銀符「パーフェクトメイド」-SUPER SAFE×5
      優秀賞イベントポイント1〜500
      (1,132BP)
      ナイツ・ハンパ・ナイツ-NOTHING×5
      銅賞イベントポイント1〜250
      (1,650BP)
      ブロンズ・オブ・ナイツ-IMPOSSIBLE×5
      銀賞イベントポイント1〜100
      (5,379BP)
      シルバー・オブ・ナイツ-PERFECT PLAYER×5
      金賞イベントポイント1〜50
      (13,877BP)
      ゴールド・オブ・ナイツ-VISIBLE×3
  • ポイント報酬(条件を達成したプレイの終了後に獲得トロフィーなし・称号とアバターは重複不可)
  • ナビゲーター「十六夜咲夜(COOL & CREATE Ver.)」は東方Projectキャラクター関連のナビゲーターとしては初のバージョン違いとなる。
  • 称号「奇術『エターナルミーク』」とナビゲーターは2017年8月のイベントで、称号「赤い悪魔のメイド」および咲夜の3Dアバターは2015年3月のイベント等で、称号「メイド秘技『殺人ドール』」は2016年5月のイベントで、咲夜の2Dアバターは2017年11月のスペシャルスタンプカードでそれぞれ配信済み。
    賞名条件称号アバターアイテムナビゲーター
    100BP達成賞バトルポイントを100獲得I love COOL&CREATE-GC BOOSTER×5-
    200BP達成賞バトルポイントを200獲得I love 十六夜咲夜-SUPER SAFE×5-
    300BP達成賞バトルポイントを300獲得クリア・デキ・ナイツアバター「十六夜咲夜(2D)」※復刻HIDDEN×5-
    400BP達成賞バトルポイントを400獲得奇術「エターナルミーク」※復刻-MIRROR×5-
    500BP達成賞バトルポイントを500獲得○○○・○○・○○○-SUDDEN×5ナビゲーター「十六夜咲夜」※復刻
    600BP達成賞バトルポイントを600獲得赤い悪魔のメイド※復刻-REVERSE×5-
    700BP達成賞バトルポイントを700獲得パーフェクト・トレ・ナイツ-VISIBLE×3-
    800BP達成賞バトルポイントを800獲得メイド秘技「殺人ドール」※復刻アバター「十六夜咲夜(3D)」※復刻STEALTH×5-
    900BP達成賞バトルポイントを900獲得<:::::]ー<:::::]ー<:::::]ー<:::::]ー<:::::]ー-MAX BOOSTER×5-
    1000BP達成賞バトルポイントを1000獲得完全で瀟洒な従者-JUST×5ナビゲーター「十六夜咲夜(COOL & CREATE Ver.)」

IA 7th&ONE 4th ANNIVERSARY オンライン対戦イベント(2019/01/23 9:00〜02/11 23:59)

毎バージョン恒例となった感があるIAとONEの曲がメインとなるイベント。ここ3回は期間約一ヶ月という長期のイベントが続いたが、このイベントはIAおよびONE曲の数の関係か期間約3週間・入れ替え2回の中期イベントとなった。去年も書いたが既存曲の関係上、カゲロウプロジェクト楽曲を初めとした初期視認難楽曲が多数登場することが予想されることおよび、発表済みの曲数の割に入れ替え回数が多いので途中で別コンテンツの新曲が乱入する可能性が高いことに注意しておきたい。
そしてIA主体のイベントの定番採用パターンとして「最終週にアウターサイエンスサマータイムレコード」というものがあるが、前者は毎年プレイ経験が少ないまま安易にHARD譜面を選択しノルマ落ちに追い込まれる*3参加者が多数いるので、苦手な人は序盤のうちに希望するポイント達成賞を確保しておきたい。順位賞の報酬に欲しいものがあり、かつ件の楽曲のプレイ経験が少ないか苦手意識を持つ人は可能であれば既に練習や対策を始めておいた方がいいだろう。定番パターンと異なる採用タイミングになったとしても、先述の通りIA主体のイベントではほぼ必ず採用される曲である。
実際の選曲情勢はというとこのイベント用に収録されたてるみいSTAY GOLDの選曲率が芳しくなく、特にSTAY GOLDは演奏開始直後の音が聞き取りづらいことも災いしたか2週目以降選曲ランキングTOP30から消えてしまうという気の毒な結果に終わってしまった。これは途中で乱入して来た別コンテンツの楽曲の影に件の2曲が隠れてしまったというのもあるが、2週目のタイミングで天下一音ゲ祭課題曲が正式配信されたことと前回のイベントで収録されて以来、選曲ランキングTOP3から降りる気配がないMEGALOVANIAというイベント外の要因も祟っている。ただし期間中は六兆年と一夜物語かくしごと、アウターサイエンスといったIA曲が順調にランキング入りしておりイベントそのものの存在感が無かったというわけでは決してない。
ポイント推移の方はというと、金賞ボーダーの日割り上昇ペースが現バージョンのオンマチイベントで最高値を記録、特に最終日だけでボーダーが3000BP近く上昇していた。それ以外の賞のボーダー上昇ペースは概ねSteam版発売記念イベントシンクロニカコラボイベントに近い伸びを記録している。 なお、IA主体イベントにおけるカゲプロ曲は夜咄ディセイブがリニューアル後初登場となり、チルドレンレコードのリニューアル前の課題曲採用は本イベントが最後となった。

  • 報酬
    • 多数の復刻カスタマイズアイテムが用意された。好みの報酬を目指してポイントを貯めよう。高めのポイントが必要になるが、IAとONEのナビゲーターは話す内容も「ONEはIAの妹分」ということを踏まえた個性的な内容なので、今年初参加のファンは是非入手しておきたい。
    • 各種復刻カスタマイズアイテムは2015年3月のイベント2018年1月のイベント等で配信済み。
    • 順位報酬(イベント終了後に獲得。以下に加え全ての賞について受賞1個につきトロフィーを2つずつ獲得・称号とアバターは重複不可)
      賞名条件称号アバター/ナビゲーターアイテム
      優良賞イベントポイント1〜1000
      (520BP)
      ありよりのARIAerアバター「ONE (Ninja)」 ※復刻SUPER SAFE×5
      優秀賞イベントポイント1〜500
      (1,056BP)
      いあおねスイッチアバター「IA (Ninja)」 ※復刻NOTHING×5
      銅賞イベントポイント1〜250
      (1,578BP)
      仲良し姉妹 ※復刻-IMPOSSIBLE×5
      銀賞イベントポイント1〜100
      (4,496BP)
      世界を駆け巡る歌姫-PERFECT PLAYER×5
      金賞イベントポイント1〜50
      (14,475BP)
      ARIAの精霊姉妹-VISIBLE×3
  • ポイント報酬(条件を達成したプレイの終了後に獲得トロフィーなし・称号とアバターは重複不可)
  • 新規アバターはてるみいジャケットのチアリーダーの服装をしたIAとONEがモチーフのようである。
    賞名条件称号アバターアイテムナビゲーター
    100BP達成賞バトルポイントを100獲得I love ONE 2019アバター「ONE (2D)」 ※復刻GC BOOSTER×5-
    200BP達成賞バトルポイントを200獲得I love IA 2019アバター「IA (2D)」 ※復刻SUPER SAFE×5-
    300BP達成賞バトルポイントを300獲得ARIAer-HIDDEN×5-
    400BP達成賞バトルポイントを400獲得妹の歌姫 ※復刻アバター「ONE (3D)」 ※復刻MIRROR×5-
    500BP達成賞バトルポイントを500獲得姉の歌姫 ※復刻アバター「IA (3D)」 ※復刻SUDDEN×5-
    600BP達成賞バトルポイントを600獲得まじゅちゅし-REVERSE×5-
    700BP達成賞バトルポイントを700獲得甘えん坊 ※復刻アバター「ONE (Cheerleader)」VISIBLE×3-
    800BP達成賞バトルポイントを800獲得天然ボケ ※復刻アバター「IA (Cheerleader)」STEALTH×5-
    900BP達成賞バトルポイントを900獲得「Fly evermore」-MAX BOOSTER×5ナビゲーター「ONE」(※ボイスつき) ※復刻
    1000BP達成賞バトルポイントを1000獲得「ちぇるみー!ちぇるみー!」-JUST×5ナビゲーター「IA」(※ボイスつき) ※復刻

UNDERTALE オンライン対戦イベント(2018/12/19 9:00〜2019/01/14 23:59)

Ver.4初のゲームジャンルイベントにしてSteam版で配信されているUNDERTALE関連楽曲をAC版にも配信するのを記念したイベント。Steam版で配信されている4曲をAC版に移植するにあたり華麗なる死闘MEGALOVANIAはEXTRA譜面付きとなることが発表され、この2曲には特に注目が集まった。
開催期間の関係上、以前発表された今後のコラボ予定楽曲(公式ニュース記事)予定で予告されている別のコラボ作品が期間後半に乱入する可能性があるため、前回のイベントのようにそれらの楽曲の影に隠れてしまう懸念も小さいながら存在していたし、実際に2週目でKARENT 配信楽曲である悪ノ召使および同作者繋がりの悪ノ娘が6曲もの鏡音リン・レン使用曲と共に乱入、最終週ではArcaeaコラボ曲がかつてコラボ経験がある音楽ゲーム(と、共通する楽曲提供者がいる「Cytus供)を伴って乱入してきた。
しかし蓋を開けてみればUNDERTALE関連楽曲はMEGALOVANIAが収録以降イベント期間中選曲ランキング首位を維持、他の3曲も最終週になって多少Arcaeaコラボ曲に押されはしたものの、最終日はMEGALOVANIAと共に1位から4位を独占という全くの杞憂に終わった。逆に最終週はUNDERTALE関連楽曲とArcaeaコラボ曲の勢いに押され今バージョンのランキングトップ10の常連最終鬼畜妹フランドール・Sがトップ10落ち、年間選曲ランキング不動の王者ナイト・オブ・ナイツさえもが最終日以外はトップ10から落ちるという大型バージョンアップ直後並みの大珍事が起きたほどである。MEGALOVANIAの今後のランキング動向に注目したい。
ポイント推移の方はというと、銀賞以下のボーダーがアンロックキー導入以降では軒並み最高値を記録、日割りペースで見ても開催期間25日以上のイベントの中では全ての賞のボーダーが最高値を記録という大盛況のイベントの一つとなった。なお、UNDERTALEがアメリカ製であるためか今回は他のイベントと比べるとアメリカ勢の健闘が目立った。普段のイベントでも金賞を受賞するアメリカ勢は1〜2人はいるのだが今回のように首位争いに絡むのは他に例を見ないことであるし、1000位まで範囲を広げてみても普段の倍近い入賞者を輩出するという奮闘振りであった。
最後に、このイベントを機に本作をプレイした方々がイベント終了をもって「これでホントにサヨナラ」ではなく、今後も折に触れてプレイして頂ければ幸いである。

  • 課題曲・今回の既存曲の週代わり採用等について
    • 後述の記述と被るが今回の既存曲で全期間週代わりで採用となったのは「東方地霊殿」「ネクロダンサーコラボ」「ブレイブルー」となった。ブレイブルーは他のSteam作品共々前半戦に複数曲採用し、後半戦は1曲ずつとなっており、空いた枠はアニメ・ポップスと音楽ゲーム(4週目のみ)に割り当てられている。
    • 前回のイベントが(前々回が東方オンリーだった影響で)東方アレンジが一律不採用だったのに対し、本イベントでは音楽ゲーム(3週目まで)・バラエティ・オリジナルが一律不採用となった。
  • 課題曲について・1週目(2018/12/19 9:00〜12/26 5:59)
    • UNDERTALEの舞台が地底であることにちなんで、同じく地底が舞台となる日向電工氏のボーカロイド楽曲と東方地霊殿BGMのアレンジ楽曲が登場した。これらの楽曲は週替わりでの登場が予想されるので、未プレイまたは苦手な楽曲があれば今のうちに予習・復習をしておいても損は無い筈だ。なお、空色デイズも出典元のアニメ作品「天元突破グレンラガン」に地底が舞台となる期間があるため、この曲もその繋がりでの採用だろう。
    • 上記以外の東方アレンジ楽曲は妖怪に分類される登場人物達のテーマアレンジが採用された。この中では揺蕩うLove (feat. らっぷびと)Finderがイベント初登場となる。
      そして何故か今週分で採用された妖怪達の中に音楽に縁がある者が3組も登場している。楽曲中にパーティーのシーンがあるCrazy ∞ nighTや出典元のアニメ版「血界戦線」EDが登場人物達のダンスシーンとなっているシュガーソングとビターステップが採用されていることもあって随分と賑やかな印象を受ける。採用期間がクリスマスと重なることを意識していたのだろうか?
    • 既存のゲームジャンル楽曲は全てSteamで配信されているタイトルからの採用となった。特にFungal Funk/Portabellohead出典元の「Crypt of the NecroDancer」はUNDERTALE同様アメリカ製かつ舞台が地底という繋がりがある。
      なお、スペースインベーダーエクストリーム関連楽曲は前回のイベントから引き続いての採用で特にInvader GIRL!Invader Discoは期間が若干空いたが二つのイベントをまたぐ形での2週連続採用というレアケースである。
      余談であるが、格闘ゲーム「ヤタガラス」が出典元であるカタワレは同じく格闘ゲームが出典元のブレイブルー関連楽曲と本イベントが初の共演となる。
+  その他、上記の法則以外で採用されたと思われる楽曲の考察
  • 注意すべき楽曲としては、CHAIN数が多めの天狗の詫び証文ハッピーシンセサイザにリズムが取りにくいカミノヒと揺蕩うLove、取りにくいSLIDEやSLIDE複合があるマトリョシカLust SINの他、NORMAL以上のターゲットが白黒(に近い淡色)で構成されているアンダワや背景にターゲットが溶け込んで見えにくくなるタイミングがあるCatus Carnival等色覚系の視認難譜面が多数登場するので慣れない人は注意。またAD-LIBの取りこぼしが起きやすくかつ出題頻度が低いカタワレも警戒の必要があった。
    • この期間はUNDERTALE関連楽曲の他はシュガーソングとビターステップやアスノヨゾラ哨戒班などの人気曲、海外勢だとInvader GIRL!の選曲が目立ったが、腕に覚えがあると判断されたプレイヤー同士の対戦になると皆、上記の注意すべき楽曲の中からそれぞれの得意曲で思い思いに奇襲を仕掛けていたようである。
  • 課題曲について・2週目(2018/12/26 8:00〜2019/01/04 5:59)
    • 地底が舞台の曲・東方妖怪キャラテーマアレンジ・Steam配信タイトル関連楽曲の採用はそのまま継続。だんがんろんぱ! NecroDancer REMIXのもう一つの出典元である「ダンガンロンパ」もSteam配信タイトルなので全く問題ない。藤原妹紅霍青娥は妖怪の範疇に入らないと思われるが、前者はこれまでイベント未採用であったこととジャケットイラストが鴉天狗である射命丸文になっているところからの採用だろうか。後者に関しては演出で桜の花びらが見られる他、悪ノ娘&悪ノ召使関連を兼ねている可能性があるので、そちらを参照。
      なお、雷電関連楽曲が1つの採用期間に3曲全て集まったのはこれが初の事例。
    • 新曲枠と思われる悪ノ召使収録に伴い鏡音リン・レン使用曲が数曲採用されているが、よく見ると歌詞の中に「魂」という単語が出て来るハイパーゴアムササビスティックディサピアリジーニャスや演出で♡が出て来るいーあるふぁんくらぶなどUNDERTALEと関連づけようとしている曲も散見される。パンダヒーローは曲名からして説明不要だろう。
+  以下、様々な個別要素に関連づけたと思われる楽曲の考察
  • 注意すべき楽曲としては物量譜面系では六兆年と一夜物語やマーメイドダンス、リズム難系はハイパーゴアムササビスティックディサピアリジーニャス、複合系だとtete+a+teteだんがんろんぱ!、カメラワーク系でAwakening The ChaosCHRONOPHANTASMA、難解AD-LIBは恋は渾沌の隷也と、取りこぼしが多そうという意味合いでD+D→T+pブリキノダンス悪ノ娘か。特にブリキノダンスは年間選曲ランキングTOP50の常連なのでライト層でも対策して投げてくる人がいる可能性がある。「ある程度のプレイ経験はあるが、ボーカロイドに興味が無い人」に刺さりやすいというちょっと変わった立ち位置の曲だ。実際ネクロダンサーコラボの時もクリアやNOMISSは楽勝だったがAD-LIB率で破れるというケースが多々発生していたので心当たりがある人は特に気をつける必要があった。
    • 実際にはこの週からの新曲は勿論、ブリキノダンスやだんがんろんぱ!等の選曲が目立った。変わったところでは日によってUnknown Pollutionが選曲ランキング入りすることもあったようだ。
  • 課題曲について・3週目(2019/01/04 8:00〜01/1009 05:59)
    • 年末年始の運営の長期休暇の影響からか、前日に発表される入れ替えの詳細が1週間前に発表という随分早いタイミングとなっている。この期間の新曲乱入はないが、4週目の新曲乱入?のタイミングに合わせる形でこちらの期間が1日短縮、4週目の期間が1日前倒す形で延長されている。
    • 新曲の乱入は無いものの、時事ネタに合わせた乱入曲ではないかとみられる曲はある。作曲者の米津玄師氏が2018年紅白歌合戦に出場したゴーゴー幽霊船と出典元のアニメ「けものフレンズ」のアニメ第2期の放映開始が近づいているようこそジャパリパークへはこの色合いが強い採用ではないだろうか。勿論、この2曲も後述の通りUNDERTALEとの共通点・絡みが全くないわけではない。
      ところで唐突だが「ホントのLOVE(愛)」は弾にして打ち出すようなものではないのではなかろうか?
    • 3つの傾向はそのままだが、細かく違いが出ている。
      • 日向電工楽曲はこの週以降未採用となり、代わりなのかどうか東方アレンジ楽曲における地霊殿関連楽曲の割合が高くなる。
      • 東方アレンジ楽曲では、ここまで出ていなかった紺珠伝のイベントで期間通し採用となっていた曲の一部が採用されている。
+  個別要素関連では
  • 注意すべき楽曲に関してだが、この週は若干物量譜面が多めの週になっており東方外魔伝を筆頭にロストワンの号哭SideStrania “BOSS2”Punky Funky LoveBorder of Colourと体力負担が高めの曲が揃っている。一方視認難譜面は少ないながらリバース・デスRebellionというコースイベント時代に数多のプレイヤーを苦しめた曲が来てしまった。ただしRebellionに関しては度重なるアップデートで判定関連がかなり改善されているので、当時の苦い思い出を持つ人は過度に恐れないように。そしてリバース・デスはNORMAL譜面でもAD-LIB取りこぼしが多発する曲なので下位譜面を主に選択する人も油断しないように。リズム難譜面はクラブ=マジェスティの他、東方双地舞辺りに注意が要るか。複合系はパラジクロロベンゼンEXTRA、鼓動、零れぬ酒HARD、ゴーゴー幽霊船EXTRAに気をつければ大丈夫だろう。それとAC版に配信されて間もないMEGALOVANIAのNORMAL以上の譜面でAD-LIB取りこぼしが多発しているので、もし持っているならば一度PERFECT PLAYERかVISIBLEアイテムで場所を確認しておきたい。
    • 実際にはようこそジャパリパークや千本桜、エイリアンエイリアンといった定番曲の他にEXTRA譜面のNOMISS以上が容易であるためポイントを稼ぎやすいDisco Descent/Mausoleum Mashが選ばれやすかった。勿論Rebellionや東方外魔伝といった玄人向けの難曲達も順当に選曲ランキング入りするほどの人気振りであった。
    • 1月4日の新日本プロレスにて、ケニー・オメガの入場曲としてこれでホントにサヨナラが使われたためか、この期間以降同曲が華麗なる死闘より順位が上な日が多くなった。ただ元の人気度の影響もあってかMEGAROVANIAには敵わなかったようだ。
  • 課題曲について・4週目(2019/01/1009 8:00〜01/14 23:59)
    • 東方アレンジ楽曲関連では原曲が原作者ZUN氏の入退場テーマである東方人-TOHO BEAT-と東方Project20周年を記念したアレンジ楽曲仙酌絶唱のファンタジアが登場。UNDERTALEが東方Projectの影響を受けているとされるため、シリーズ全体を象徴しての選出であろう。ZUN氏の酒好きを意識してかそれ以外でも酒を飲む描写がある星熊勇義伊吹萃香が登場する。
      地霊殿関連でもここまで選出された関連楽曲ほとんどの要素が含まれる演出となっている月に叢雲華に風が登場。選出されず終いとなってしまった聖少女サクリファイスSpider’s Bloodに対するフォローも兼ねての採用だろう。
    • Steam配信関連ではよりにもよって]-[|/34<#!が登場。Steam配信タイトルかつタイトー作品ではあるものの流石に前回関連楽曲が全て採用されていたダライアスバーストクロニクルセイバーズの楽曲は採用されなかった。
    • Arcaea曲関連で選出された音楽ゲームジャンル曲の中にもUNDERTALEに共通する要素を含んでいる曲が散見される。またArcaeaのストーリー自体が「光の奏でる調和」と「音が対立する世界」がキーワードになっている。UNDERTALEでも魔物と人が対立してるようだが…。
      • Tone Sphere曲については共通収録曲2曲が採用された一方、lanota曲の共通収録曲であるcyanineSpectaは採用されずボス曲1曲のみの採用となった。
+  個別要素関連
  • 注意すべき楽曲としては、音楽ゲームジャンルから選出されている楽曲と]-[|/34<#!が軒並み体力負担が高い物量譜面となっているため、音楽ゲームの経験が少ないプレイヤーは安易に選択するべきでないし、相手が選択してきた場合はSIMPLE譜面を選ぶことを推奨する。視認難譜面に関してはYou are the Miserableのカメラワークが激しい事が有名だが本作慣れしていない人にはGluttony Fangも厳しいので気をつけて欲しい。それと、嗚呼、素晴らしきニャン生が背景にノーツが溶け込んで見えにくくなる場合があるので色覚障害や目に関する病を患っている人は特に注意。リズム難関連はANTI-HEROに気をつけよう。
    • 実際の選曲状況は上記でも少々触れたがUNDERTALE関連楽曲とArcaeaコラボ曲の人気が高かったほか、ゆけむり魂温泉、You are the Miserable、only my railgunもそれらに次いでよく選ばれていたようだ。他にはFloor of Lava、]-[|/34<#!、Gluttony Fang等もよく選ばれていたようである。
+  3週以上採用されたコンテンツの選出理由の推測。複数のコンテンツの重要なネタバレに抵触するため注意
  • 報酬
    • 全て新規報酬となる。称号の中にはSteam版曲別実績と同一のものやよく似たものが一部に見られるのでSteam版で実績解除済みの人は見比べてみるのも面白いだろう。
    • 順位報酬(イベント終了後に獲得。以下に加え全ての賞について受賞1個につきトロフィーを2つずつ獲得・称号とアバターは重複不可)
      • 2018/12/25のSteam版アップデートにより華麗なる死闘MEGALOVANIAにEXTRA譜面が追加された事に伴ってそれぞれのEXTRA譜面用の実績が追加されたが、華麗なる死闘のS++ランク達成実績に本イベントの銅賞称号が、MEGALOVANIAのS++ランク達成実績に本イベントの金賞称号が使用されている。腕に覚えのある人は挑戦してみよう。
        賞名条件称号アバター/ナビゲーターアイテム
        優良賞イベントポイント1〜1000
        (1,101BP)
        こねこちゃん-SUPER SAFE×5
        優秀賞イベントポイント1〜500
        (1,554BP)
        ふじみ-NOTHING×5
        銅賞イベントポイント1〜250
        (2,745BP)
        スリル!ロマンス!バイオレンス!-IMPOSSIBLE×5
        銀賞イベントポイント1〜100
        (6,797BP)
        ダジャレ好きのスケルトン-PERFECT PLAYER×5
        金賞イベントポイント1〜50
        (17,776BP)
        ケツイが みなぎった-VISIBLE×3
  • ポイント報酬(条件を達成したプレイの終了後に獲得トロフィーなし・称号とアバターは重複不可)
    • アバターはSteam版で入手出来るものと全て同一。そちらでプレイ済みの人はご存じだろうが100BPで入手可能なタマシイアバターを使用するとMEGALOVANIA等の原作再現度がより高まるので一度は使用してみたい。
    • 名称が一般名詞のアバターが含まれているためか、今回の報酬アバターはカスタマイズ画面では「(アバター名英語表記) UNDERTALE」と表示されている。
    • ナビゲーターのサンズはボイス付と予告されているが元々UNDERTALEにはボイスが存在しないことに加え、公式記事でも「…っぽい…?!」と妙に歯切れの悪い書き方であること、予告PVの中でもサンズから「ちょっと オーバーじゃない?」とツッコミが入っている点から、同作プレイ経験者からは彼の台詞が出るときのSEが流れるのではないかと推測されており、実際そのような仕様であった。一部のプレイヤーの「人間の声を使わないナビゲーターが欲しい」という要望に添えて…いるのだろうか?
    • 1000BP達成賞の称号がこれでホントにサヨナラの背景に登場するイヌを指す「うざいイヌ」(なんとこの書き方日本語版公式準拠表記である)となっているが、そんなイヌに関する称号が高BPポイント報酬になっている。果たしてこのイヌは何者なのだろうか?
+  コメント欄に寄せられたイヌに関するネタバレ
賞名条件称号アバターアイテムナビゲーター
100BP達成賞バトルポイントを100獲得I love "UNDERTALE"タマシイGC BOOSTER×5-
200BP達成賞バトルポイントを200獲得地底に落ちたニンゲン-SUPER SAFE×5-
300BP達成賞バトルポイントを300獲得ロボットクイズ司会者-HIDDEN×5-
400BP達成賞バトルポイントを400獲得おはなの フラウィーフラウィーMIRROR×5-
500BP達成賞バトルポイントを500獲得ロボットニュースキャスター-SUDDEN×5-
600BP達成賞バトルポイントを600獲得ハロー!-REVERSE×5-
700BP達成賞バトルポイントを700獲得魚人の戦士ニンゲンVISIBLE×3-
800BP達成賞バトルポイントを800獲得ホットドッグ屋のスケルトン-STEALTH×5-
900BP達成賞バトルポイントを900獲得OoooH YES・・・!-MAX BOOSTER×5-
1000BP達成賞バトルポイントを1000獲得うざいイヌ-JUST×5ナビゲーター「サンズ」

MOSAIC.WAVオンライン対戦イベント(2018/11/14 9:00〜12/09 23:59)

題名と配布カスタマイズアイテムこそ1週目の新曲熟成!醸造!発酵星◎〜スペースヨーグルアース〜(以下「ヨーグルアース」)にちなんだものであるが、取り扱い楽曲的にはアンロックキー導入以降(正式配信になった曲も含む)まだイベントで取り上げられていない曲が中心になっていると思われるイベント。イベント期間が12月上旬まであった関係か、以前発表された今後のコラボ予定楽曲(公式ニュース記事)でジャンルのみ予告されていた音街ウナ楽曲も出題範囲に含まれた。
その結果出題範囲が非常に多岐に渡る事実上のノンジャンルイベントと化してしまい、イベントモード初心者には若干厳しいイベントになってしまった。特に4週目の駆け込み参加者の中には初期譜面の難易度表記に惑わされたか、初挑戦の曲をSAFE系アイテム無しでHARD譜面を選択してチェインを切ってしまうプレイヤーが散見され、中にはノルマクリア失敗に至った者すらいた。このモードにおいては知らないことは恐ろしいことだというのがよくわかるイベントだったとも言えるだろう。勿論過度に恐れるのでは無く、「世知辛いけど面白い」程度の気構えで楽しんで欲しいのであるが。
ポイント推移の方はというと、東方イベントの直後であったことや本作においてほぼ馴染みの無かったアーティストのオリジナル曲関連のカスタマイズ報酬しか無かった事が災いしたか全ての賞のボーダーはほぼ同期間かつ楽曲入れ替えペースが同じであったMSSPグルコスシンクロ祭と比較すると低いが、カスタマイズ報酬のうち、新規配布報酬が汎用モチーフのみであったTatshイベントよりは高いという状況であった。また日割りペースでは全ボーダーがアンロックキー導入以来最低値を記録してしまった。しかしそのような条件下のイベントであるからこそ、上位を狙うプレイヤー達がいたのも事実であった。中でも1位から3位のプレイヤーは3人とも鹿児島県のプレイヤーが占めるというイベントモード始まって以来の偉業を達成している。

  • 今回は同一出展の楽曲が週代わりに1曲ずつ採用されるパターンが音楽ゲームジャンルを中心にいくつか存在しており、「#コンパス」「Tone Sphere」「Lanota」「ミュージックガンガン!」シリーズ等が該当する。
    • これらのうち、以下のコンテンツはヨーグルアース関連(宇宙・天体絡み)として採用されている可能性がある。
      • ミュージックガンガン!シリーズは宇宙のどこかにある「ミューズ星」が舞台。
      • 「Tone Sphere」はSphereという単語が天体や星を指すことがあるし、キャッチフレーズが「世界で一番宇宙で銀河」である。
      • 「Lanota」は主人公のリツモがリュートを用いての弾き語りが特技で『スターライトシューター』と自称している他、ジャケットイラストが天球儀を思わせるデザインの曲が複数あったりプレイ画面が天体図に似ているなど、何かと夜空や星座を連想するデザインである。
    • この他、3週目まで同時開催されていたマジカルミライ 2018アンロックキャンペーンに絡めたかマジカルミライ関連と思われる曲も週替わりで1〜2曲採用されていたフシがある。
  • 課題曲について・1週目(2018/11/14 9:00〜11/21 5:59)
+  課題曲の選曲に関する考察
  • 注意するべき楽曲としてはカメラワークが激しいcyanine、物量で攻めてくるイカサマライフゲイムGO BACK 2 YOUR RAVE、メドレー曲であるが故にリズムが取りにくいナムコットメドレー、カメラが終始コースに寄り気味かつAD-LIBの場所が覚えにくいGood-bye my earth、リズム難かつAD-LIBの特定が難しいVISIONNERZ~幻視人~が筆頭に挙げられるだろう。
  • この期間の実際の選曲率はヨーグルアースは勿論、人気楽曲であるシャルル、ダンスロボットダンス、Floor of Lava等の選曲率が高かったが、知識面を武器にする人が選曲しやすかったと思われるGood-bye my earthやナムコットメドレーも健闘していた。
  • 課題曲について・2週目(2018/11/21 8:00〜11/28 5:59)
    • これまでのアーティスト特集イベントの例に漏れず、新曲以外からは同作者のあるいは夢眠ねむという概念へのサクシード(以下サクシード)が課題曲に残留している。
    • 一見、METEOR、Magic Time, Future Show!、Floor of Lavaが課題曲から外れたにも関わらずこれらに関連づけた曲が採用されているようにも見えるが、法則が変わっている模様。
+  課題曲の選曲に関する考察
  • 注意したい楽曲としてはD-SLIDEで構成された激しいラス殺しを持つSpace Invaders Infinity Gene Medley、傾向こそ真逆ながらどちらも非常に取りづらいリズムを持つPenetration of light into moralityFM音源黙示録、全難易度でAD-LIBが極めて難解なHello 31337Shooting Starなどが挙げられるだろうか。
  • この期間はヨーグルアースとPEGASUSの他、人生リセットボタンやトリノコシティ、彗星ハネムーン等の人気曲の選曲率が高かった他、上述したAD-LIB難のHello 31337やラス殺し持ちのSpace Invaders Infinity Gene Medleyもそこそこ選曲率が高かった。
  • 課題曲について・3週目(2018/11/28 8:00〜12/05 5:59)
    • ヨーグルアース、サクシードおよび2週目配信の新曲が残り音街ウナ使用曲が加わった。ここまで来るともうノンジャンルイベント以外の何者でも無い。
+  課題曲の選曲に関する考察
  • 注意したい楽曲としては視認性の悪いSTAR COASTERGot recover runShadowCrowded spaceやラス殺しの難易度が高いStargazeR辺りだろうか。場所の特定が難しいアドリブがあるCaptain NEO -Confusion Mix-カンナンシンクにも注意を払いたい。
  • 選曲率関連ではここに来てイベントメイン扱いのはずのヨーグルアースが音街ウナ楽曲とアルカリレットウセイの影に隠れるという事態が発生。またこの時期から視認難やAD-LIB難持ちの初期譜面の選曲率はかなり下がった。というのも知識重視プレイヤーにとってはアルカリレットウセイやバーチャルのじゃロリ狐娘YoutuberおじさんのうたといったAD-LIB取りこぼしを起こしやすい楽曲が十分に武器曲たり得たからである。
  • 課題曲について・4週目(2018/12/05 8:00〜12/09 23:59)
    • ヨーグルアース、サクシードおよび各週の新曲が残り、nora2r氏のオリジナル曲Little Higherが加わる。これまでの氏の収録曲の傾向から物量よりの譜面になることが十分予想される他、課題曲の関係でこれまでの週より体力負担がやや高めなので無理をしないように。
    • 残念ながら12/11をもって削除されたスクールガールストライカーズ関連楽曲はこのイベントで課題曲として採用されなかった。
+  課題曲の選曲に関する考察
  • 報酬
    • 全て新規配布かつ熟成!醸造!発酵星◎〜スペースヨーグルアース〜にちなんだものとみられる。
    • 順位報酬(イベント終了後に獲得。以下に加え全ての賞について受賞1個につきトロフィーを2つずつ獲得・称号とアバターは重複不可)
      賞名条件称号アバター/ナビゲーターアイテム
      優良賞イベントポイント1〜1000
      (366BP)
      納・豆・星・団-SUPER SAFE×5
      優秀賞イベントポイント1〜500
      (1,055BP)
      ふ・な・ず・し-NOTHING×5
      銅賞イベントポイント1〜250
      (1,514BP)
      どこまでも愛を飛ばして-IMPOSSIBLE×5
      銀賞イベントポイント1〜100
      (3,530BP)
      どこまでも光り輝け-PERFECT PLAYER×5
      金賞イベントポイント1〜50
      (9,012BP)
      発酵星スペースヨーグルアース-VISIBLE×3
  • ポイント報酬(条件を達成したプレイの終了後に獲得トロフィーなし・称号とアバターは重複不可)
    賞名条件称号アバターアイテムナビゲーター
    100BP達成賞バトルポイントを100獲得I love "小泉ケフィア"-GC BOOSTER×5-
    200BP達成賞バトルポイントを200獲得I love "MOSAIC.WAV"-SUPER SAFE×5-
    300BP達成賞バトルポイントを300獲得惑星M-ISO-HIDDEN×5-
    400BP達成賞バトルポイントを400獲得キミに届け謎のアツイ香り-MIRROR×5-
    500BP達成賞バトルポイントを500獲得-小泉ケフィア(2D)SUDDEN×5-
    600BP達成賞バトルポイントを600獲得ミクロコスモスREVERSE×5-
    700BP達成賞バトルポイントを700獲得キミに届け個性的な魅力-VISIBLE×3-
    800BP達成賞バトルポイントを800獲得極小サイズ!-STEALTH×5-
    900BP達成賞バトルポイントを900獲得萌やせ萌やせ-MAX BOSTER×5-
    1000BP達成賞バトルポイントを1000獲得--JUST×5小泉ケフィア

東方紺珠伝 オンライン対戦イベント(2018/10/10 9:00〜11/11 23:59)

参面録以来となるオンライン対戦のみかつ東方アレンジ曲オンリーの大型イベント、そしてイベントモード始まって以来最長期間である33日間の長期イベントとなった。
そして期間通しで参戦する楽曲が紺珠伝アレンジ曲も含めて17曲と非常に多いのも特徴で、全期間参加予定のプレイヤーにとって最大の敵となったのは恐らく「退屈」ではなかったかと思われる。イベントテーマとの関わりが明確なのはよいが、ここまで入れ替わり率が少ないのも考えもの。ソロ期間が無いためジャンル外の楽曲はともかくとして、せめて主役同然の扱いであった鈴仙・優曇華院・イナバ絡みの定番曲やストーリー的に関わりが深い八意永琳の曲は期間限定参戦してもよかったのではないだろうか。
上記の影響で、期間通しでMASAKI東方アレンジ曲2曲が揃い踏みする事態が発生。そうでなくても中盤戦まではビートまりお氏の人気楽曲が集結するわGROOVE IT LUCKY(グルコスMix)も期間通しで参戦するわと何かと体力負担が高くなりそうなイベントであった。
ポイント推移の方はと言うと長期間であったことと東方アレンジジャンルのイベントであったことが相まって、アンロックキー導入後では初めて1000位ボーダーが1000BPを上回った他、トップのプレイヤーのポイントが123,456BPとオンラインマッチング始まって以来の最高記録を樹立した。ただし、各賞のボーダーの日割りペースは金賞ボーダーが前回とほぼ同じ数値であったことを除くと軒並み前回を下回っており500位ボーダーに至ってはここ4回のオンマチ形式のイベントでは最も低かったりと、必ずしも全ての参加者が上位と同じ熱意で挑んでいた訳では無かったのではないかと思われる。日本国内に限定すれば途中で天下一音ゲ祭先行配信曲が配信されそちらに注力したプレイヤーもいただろうし、後半になればなるほどデイリーヒットチャートで他のジャンルの人気曲(とりわけシャルル)が普段の勢いを取り戻していたところから推測するに音ゲ祭に参加するつもりが無いプレイヤーの中にも途中で飽きてしまった者がいたのはほぼ間違いないだろう。やはり課題曲の入れ替え率が少なすぎたか、そもそもイベント期間が長すぎたのである。
なお、このイベントで新規に清蘭と稀神サグメのテーマアレンジ曲が配信されたため、紺珠伝登場キャラのテーマアレンジは全員分が揃った。これは輝針城、地霊殿に続いて3例目となる。

  • 課題曲について・前半戦(2018/10/10 9:00〜10/17 5:59)
    • 新曲および既存の紺珠伝アレンジ曲全てとそれらのアーティストが手掛けた東方アレンジ楽曲が主な課題曲となる。*8人気曲であるナイト・オブ・ナイツ最終鬼畜妹フランドール・Sが選曲される確率が高いと思われたが、蓋を開けてみると新曲は勿論サドマミホリックSpider’s Blood等を選ぶ人も散見された。そして案の定MASAKI東方アレンジ曲2曲を選ぶ人も少数ながら存在した。
    • 上記に当てはまらない楽曲はVer.4に入ってから追加された曲と背景に月が登場する縁かCrime Waveが選ばれた。Crime WaveはHARD譜面でアウトロに入った途端SLIDEラッシュが待ち受けておりちょっとした初見殺しになっているので初見の人は一応注意。
  • 課題曲について・中盤戦(2018/10/17 8:00〜10/24 5:59)
    • 30曲中入れ替えられるのは8曲という異例の少なさ。ただプレイ機会が週1〜2日程度しかないプレイヤーだと30曲全てに手が回らない人もいると思われるので、前半戦で選曲しなかった曲も選択すれば退屈にはなりにくいだろう。ただ、MASAKI東方アレンジ曲2曲揃い踏み状態継続などの体力負担の高い状態がほぼそのままなのでペース配分には気をつけたい。
    • 新たに課題曲入りするのは新曲Reversal Processとそれを手掛けたSilver Forestによる既存の東方アレンジ楽曲のみで、ジャンル外の新曲EZ Modeは選ばれていない。この中ではFaint Loveが難易度は決して高くないしBPMも低いもののリズム難かつAD-LIB難であるため油断しないように。
    • ここまでの期間はビートまりお氏の楽曲とA-One楽曲の選択率が高めで、例えるならば「ビートまりお vs A-Oneイベント」状態であった。
  • 課題曲について・後半戦(2018/10/24 8:00〜11/11 23:59)
    • 30曲中入れ替えられるのは5曲という曲数・入れ替わり率共々最少記録を樹立。そして岸田教団 & THE 明星ロケッツが制作に関わっている既存の東方アレンジ楽曲はHARD譜面の難易度が軒並み抑えめになっているため、プレイ経験が浅いプレイヤーや堅実にポイントを稼ぎたいプレイヤーには有利となるが、高難易度愛好プレイヤーにとっては選択肢が減ってしまったも同然のラインナップになってしまった。
    • 新たに課題曲入りするのは新曲シンデレラケージとそれを手掛けた岸田教団 & THE 明星ロケッツが手掛けるかメンバーがボーカルを担当した既存の東方アレンジ楽曲のみで、ジャンル外の新曲UP & DOWNは選ばれていない。この中では強いて挙げればカリソメがVer.3以降の収録楽曲としてはやや見づらく、見落としやすいAD-LIBがあるので若干注意が要る。
  • 10/10〜10/11にイベント報酬がアンロック報酬として表示される不具合がありましたが、現在は解消しております。それらの報酬にアンロックキーを消費したプレイヤーには10/15 8:00に3,000GCが追加されました*9
  • 10/17、10/24に一部楽曲の入れ替えが実施された。
    曲名アーティスト難易度BPM
    ジャンル:東方アレンジ
    2018/10/10 9:00〜11/11 23:59
    Special SmileAmateras Records feat. 築山さえ
    「東方紺珠伝」アレンジ
    2.6.10165
    Say AroundA-One
    「東方紺珠伝」アレンジ
    2.5.11163
    White World feat. 小田ユウTatshMusicCircle
    「東方紺珠伝」アレンジ
    3.6.10172
    Dream CoasterA-One
    「東方紺珠伝」アレンジ
    3.7.11.13168
    東方外魔伝MASAKI (ZUNTATA)
    「東方紺珠伝」アレンジ
    4.10.14195
    WARNING×WARNING×WARNING暁Records
    「東方紺珠伝」アレンジ
    2.5.9172
    ジョーカー・ジュンコ 〜 永遠の純化ビートまりお
    「東方紺珠伝」アレンジ
    4.8.12.13195
    完全の模様を刳り貫いて少女フラクタル
    「東方紺珠伝」アレンジ
    3.6.9175
    Spider’s BloodA-One
    「東方地霊殿」アレンジ
    3.7.10164
    Endless SeekerA-One
    「東方星蓮船」アレンジ
    3.5.10163
    Grow Bigger!!A-One
    「東方輝針城」アレンジ
    2.5.12176
    GROOVE IT LUCKY(グルコスMix)A-One
    「東方風神録」アレンジ
    3.7.12.14170
    東方輝仁裂MASAKI (ZUNTATA)
    「東方輝針城」アレンジ
    5.10.15235
    LOVE FOR YOU暁Records
    「東方地霊殿」アレンジ
    2.5.10188
    最終鬼畜妹フランドール・Sビートまりお (COOL&CREATE)3.8.10.13200
    色は匂へど 散りぬるを(Fractal 1.5 ver)少女フラクタル (天宮みや、柚木梨沙)
    「東方風神録」アレンジ
    1.4.6138
    無邪気と言う名の正義少女フラクタル (天宮みや、柚木梨沙)
    「東方神霊廟」アレンジ
    2.6.9155
    2018/10/17 8:00〜10/24 5:59
    Reversal ProcessSilver Fores
    「東方紺珠伝」アレンジ
    2.6.10168
    Keep the FaithSilver Forest feat. さゆり
    「東方風神録」アレンジ
    3.7.8176
    蒼空に舞え、墨染の桜Silver Forest feat. さゆり
    「東方妖々夢」アレンジ
    3.5.9.13150
    ケロdestinySilver Forest feat. めらみぽっぷ
    「東方風神録」アレンジ
    4.7.11172
    Faint LoveSilver Forest feat. アキ
    「東方輝針城」アレンジ
    3.6.9132
    聖少女サクリファイスSilver Forest feat. ichiko
    「東方地霊殿」アレンジ
    4.6.11168
    7 days a weekSilver Forest feat. アキ
    「東方紅魔郷」アレンジ
    2.5.9144
    Material of PuppetsSilver Forest
    「東方妖々夢」アレンジ
    2.6.11168
    2018/10/24 8:00〜11/11 23:59
    シンデレラケージ岸田教団&THE明星ロケッツ
    「東方永夜抄」アレンジ
    3.5.10174
    カリソメコンプ (豚乙女) × ichigo (岸田教団 & THE 明星ロケッツ)
    「東方地霊殿」アレンジ
    3.6.10180
    明星ロケット岸田教団 & THE 明星ロケッツ
    「東方文花帖」アレンジ
    3.6.9165
    メイドと血の懐中時計岸田教団 & THE 明星ロケッツ
    「東方紅魔郷」アレンジ
    2.5.8184
    宵闇鳥岸田教団&THE明星ロケッツ
    「東方永夜抄」アレンジ
    2.5.9156
    +  2018/10/10 9:00〜10/17 5:59の課題曲
    +  2018/10/10 9:00〜10/24 5:59の課題曲
  • 報酬
    今回も報酬アイテムにSAFEが含まれていない。必要に応じてショップで購入するように。
    • 順位報酬(イベント終了後に獲得。以下に加え全ての賞について受賞1個につきトロフィーを2つずつ獲得・称号とアバターは重複不可)
    • へカーティア・ラピスラズリの二つ名だけこちらにしか用意されていない。希望者は順位に気を配ろう。
    • 優秀賞以上の称号はゲームモードの名称や作中人物の台詞などから引用されている模様。
      賞名条件称号アバター/ナビゲーターアイテム
      優良賞イベントポイント1〜1000
      (1,028BP)
      地獄の女神-SUPER SAFE×5
      優秀賞イベントポイント1〜500
      (1,383BP)
      月の民-NOTHING×5
      銅賞イベントポイント1〜250
      (2,597BP)
      嫦娥よ。見てるか!?-IMPOSSIBLE×5
      銀賞イベントポイント1〜100
      (6,617BP)
      Legacy-PERFECT PLAYER×5
      金賞イベントポイント1〜50
      (18,577BP)
      完全無欠-VISIBLE×3
  • ポイント報酬(条件を達成したプレイの終了後に獲得トロフィーなし・称号とアバターは重複不可)
  • 仙酌絶唱のファンタジアの演出でその姿が確認されて以来、配布されるならこのイベントだろうと言われ続けていた鈴仙・優曇華院・イナバの3Dアバターが予想通り配布される。今回のモデルは同曲のモデルと若干異なり、メガホンのような武器を持っている。
  • 初回と2回目は入手困難な条件が設定されていた2D版魔理沙アバターは今回600BPと少々高めではあるが、今までよりは容易な入手条件に設定された。
  • 称号に関して
    • 魔理沙のみ紺珠伝では新規の二つ名が無かったためか、復刻を含めて称号配布が無い。
    • 400BPの「月の頭脳」は今回ボスでもプレイヤーキャラでも無いが、ストーリー上重要な役目を果たす八意永琳の事だろう。
    • 1000BPの純狐の称号が()の中に書かれているのは原作の二つ名表記に準拠している。*10
  • アバター「博麗霊夢(2D)」は2016年8月のイベント平成三十年 第15回博麗神社例大祭 東方ゲームショウ2018 東方的グルコス祭、アバター「東風谷早苗(3D)」は2015年8月のイベント2017年11月のイベント、アバター「霧雨魔理沙(2D)」は2016年8月のイベント平成三十年 第15回博麗神社例大祭 東方ゲームショウ2018 東方的グルコス祭で配信済み。
    賞名条件称号アバターアイテムナビゲーター
    100BP達成賞バトルポイントを100獲得空飛ぶ不思議な巫女博麗霊夢(2D) ※復刻GC BOOSTER×5-
    200BP達成賞バトルポイントを200獲得山に住む奇跡の現人神東風谷早苗(3D) ※復刻SUPER SAFE×5-
    300BP達成賞バトルポイントを300獲得地上の月兎優曇華院(2D)HIDDEN×5-
    400BP達成賞バトルポイントを400獲得月の頭脳-MIRROR×5-
    500BP達成賞バトルポイントを500獲得浅葱色のイーグルラヴィ純狐(2D)SUDDEN×5-
    600BP達成賞バトルポイントを600獲得橘色のイーグルラヴィ霧雨魔理沙(2D) ※復刻REVERSE×5-
    700BP達成賞バトルポイントを700獲得夢を見せる妖怪-VISIBLE×3優曇華院
    800BP達成賞バトルポイントを800獲得舌禍をもたらす女神-STEALTH×5-
    900BP達成賞バトルポイントを900獲得地獄の妖精優曇華院(3D)MAX BOSTER×5-
    1000BP達成賞バトルポイントを1000獲得(無名の存在)-JUST×5純狐

Tatsh & DJ MURASAME &世阿弥 バラエティ&オリジナル オンライン対戦イベント (2018/09/13 9:00〜09/24 23:59)

連打が苦手な人の中にはイベント名を見ただけで頭を抱えてしまった人もいるかもしれないTatsh氏及び氏の別名義の曲がメインとなるイベント。
同氏が作曲または作曲に関わった曲は期間通しで課題曲になるので、イベント中のどこかで16分HIT-CRITICAL複合持ちのミュージック・リボルバーや難読SLIDE持ちのグルーヴ・リボルバー、そしてメシアの邂逅等の長連打曲に当たることを覚悟しておく必要があった。実際にイベントが始まってみると長連打タイプの曲は聖者の鼓動と東方アレンジ曲が主でそれ以外だとミュージック・リボルバーを選択する人が散見された印象があった。同曲はEXTRA譜面の厄介さもさることながら、初期曲らしくAD-LIB配置がも非常にわかりづらいためNORMALまたはSIMPLE譜面を主に選択するプレイヤーにも差をつけやすかったからだと思われる。そうでなくてもTatsh氏の曲はAD-LIBの取りこぼしが起きやすい譜面が多いためAD-LIB取得率で勝敗がつくマッチングも少なからず見受けられた。
ポイント推移に関しては、ミニイベント並みの短期間イベントであったため全般的に各賞ボーダーが低かったが、日割りペースだと金賞争いと500位ボーダーが現バージョンの大型イベントでは最も高くなっている。金賞争いに関しては上位常連プレイヤーがいつもと同じような力の入れようだったということだと思われるが、500位に関してはただ単に短期間で1000BP集めたプレイヤーが500人ぐらいしかいなかったということだろう、と言うのも1000位ボーダーは日割りペースで見てもSteam版発売記念のイベントと大差無いペースであった上にボーダーとなった数値自体280BPという低い数値であったため、新規報酬アバターなら何でも回収したいプレイヤー以外は今回のイベントに対する関心が低めだった可能性が高い。Steam版記念イベントと違い、新規アバターが汎用モチーフのものしか無かったことが災いしたのだろう。

  • 報酬
    今回は報酬アイテムにSAFEが含まれていない。必要に応じてショップで購入するように。
    • 順位報酬(イベント終了後に獲得。以下に加え全ての賞について受賞1個につきトロフィーを2つずつ獲得・称号とアバターは重複不可)
    • 復刻称号は2018年2月のイベントで配信済み。
      賞名条件称号アバター/ナビゲーターアイテム
      優良賞イベントポイント1〜1000
      (280BP)
      I love Tatsh ※復刻-SUPER SAFE×5
      優秀賞イベントポイント1〜500
      (1,008BP)
      I love Xenoa ※復刻-NOTHING×5
      銅賞イベントポイント1〜250
      (1,246BP)
      Xmaster-IMPOSSIBLE×5
      銀賞イベントポイント1〜100
      (2,886BP)
      Xking-PERFECT PLAYER×5
      金賞イベントポイント1〜50
      (6,619BP)
      Xgod-VISIBLE×3
  • ポイント報酬(条件を達成したプレイの終了後に獲得トロフィーなし・称号とアバターは重複不可)
  • 今回はポイント報酬に称号が含まれていない。
  • アバター「GEAR」は2Dアバターで今回の新曲だとTropics -GC edit-の演出で若干デザインが違うがその姿を確認することが出来る。他の曲だとGot a pain cover?CHRONOPHANTASMA悪ノ娘などの演出に登場している。
    • このアバターはカスタマイズ画面ではSKULLやSCISSORS同様、タイトーキャラ達に紛れて配置されているので選択の際は注意してほしい。
  • アバター「BIPLANE」はTropics演奏終了後に確認出来るコース全景が複葉機らしき形を取っているのが由来の再配布だろうか。
  • アバター「Xenoa」とナビゲーター「ゼノア」は2018年2月のイベントで配信済み。アバター「BIPLANE」は2017年10月のスペシャルスタンプカードで配信済み。
    賞名条件称号アバターアイテムナビゲーター
    100BP達成賞バトルポイントを100獲得--GC BOOSTER×5-
    200BP達成賞バトルポイントを200獲得--SUPER SAFE×5-
    400BP達成賞バトルポイントを400獲得-Xenoa ※復刻HIDDEN×5-
    600BP達成賞バトルポイントを600獲得-BIPLANE ※復刻MIRROR×5-
    800BP達成賞バトルポイントを800獲得-GEARSUDDEN×5-
    1000BP達成賞バトルポイントを1000獲得--VISIBLE×3ナビゲーター「ゼノア」 ※復刻

MSSPグルコスシンクロ祭 オンライン対戦イベント(2018/08/09 9:00〜09/02 23:59)

「シンクロニカ」(バンダイナムコエンターテインメント)とのコラボに加え、Heavenly Particleの収録を最後に本作での動きが見られなかったM.S.S. Projectの楽曲が再び収録されたイベント。
本作では関連アバターがショップでグルコ販売されるようになったコンテンツはそれ以降の動きが途絶えるという傾向にあったのだが、今回のM.S.S. Phoenix収録によりその傾向に変化が起きた。イベント3週目突入と同時に夜咄ディセイブが譜面リニューアルされたカゲロウプロジェクトの動きにも今後注目したい。*14
今回のイベントではシンクロニカオリジナル曲とM.S.S. Phoenixは勿論、二週目以降に追加された新曲の演出も凝ったものがほとんどで中には「まるでPVをそのまま持ってきたかのようだ」と評されたものまで登場した。「何故ベストを尽くしたのか」とツッコまれた曲もあったが
もしかするとこれはかつて開催された他社アーケード音楽ゲームとのコラボイベントで「期間中に収録されただけの当該作品と関わりのない曲*15を課題曲に選ぶな」という批判を受けた「これらの曲のように演出も工夫しているのがGROOVE COASTERの特徴だ」という主張も込められていたのかもしれない。
ポイント推移の方は全ての賞のボーダーが前回を上回っており、期間中シンクロニカプレイヤーやMSSPのファンが多数参加したことが伺えた。特に本作とシンクロニカの両方ともプレイしているプレイヤー達の気合いの入り方が凄まじく、1位と金賞ボーダーは前回の倍近くの伸びを示している。
イベント開始直後に正しいBPとは異なるBPでポイント報酬が獲得される不具合がありましたが現在は解消されています。なお、取得済みのアバター等の報酬は、不具合解消以降も使用可能とのことです。また、報酬アイテムは再び獲得出来たとの報告がありました。

  • 課題曲について・1週目(2018/08/09 9:00〜08/16 5:59)
    • 既存曲はM.S.S.Projectの全楽曲及び、グルコスとシンクロニカで共通で収録されている楽曲、シンクロニカにも楽曲が採用されているアーティストの楽曲が主に選出されている。M.S.S.Project楽曲に関しては期間通しで課題曲になったためこの期間で苦手譜面に対策が出来た人は比較的有利にポイントを貯めることが出来ただろう。なお、これらの曲は期間通しで選曲する人が比較的多かったのでMSSPファンの関心が高かったことが伺える。
  • 課題曲について・2週目(2018/08/16 8:00〜08/23 5:59)
    • 既存曲の選曲傾向は1週目と同様。右肩の蝶は難易度自体はさして高くはないが、本作特有の初見殺しトラップと言える「先頭のターゲットより前にAD-LIBが配置されている楽曲」であるため、可能であれば事前にプレイ動画をチェックしておくと有利。
    • 右肩の蝶は「同一アーティストの他の曲」まで広げてもシンクロニカ側に収録されておらず、PVが一枚絵である上初期収録曲であることもあり演出がそれを意識してるかどうかは微妙なところであるが、上記にあるとおり譜面に本作ならではの特徴が含まれている。
  • 課題曲について・3週目(2018/08/23 8:00〜08/30 5:59)
    • 新曲・リニューアル曲が増えてきた関係上、既存曲がシンクロニカ側と何らかの関わりがある曲のみとなった。この中では幻想のサテライトHARD譜面に終盤の難読SLIDE、コノハズクのHARD譜面に連打及び難読SLIDEが含まれているため、曲または原曲を知っているというだけで安易に選択するのは控えるべき譜面となっている。他の既存曲は初見でHARD譜面を選択してもあまり問題はないが、強いて挙げればHelp me, ERINNNNNN!!はコミカルな曲に合わせて演出もコミカルになっているため、初見は演出に気を取られて演奏に集中出来ない人がいるかもしれない。
      • この期間は人気曲と言うこととNORMAL譜面でもMISSをしやすいポイントがあることがあってか、幻想のサテライトを選出する人が散見された。
  • 課題曲について・4週目(2018/08/30 8:00〜09/02 23:59)
    • 既存曲の中では物量とSLIDE複合が脅威となるDream CoasterのEXTRA譜面と技術的に難しい配置が登場するBorder of ColourHARD譜面は原曲を知っているというだけで安易に選択するのは控えるべき譜面だろう。この他Bad Apple!! feat.nomicoのEXTRA譜面はターゲット配置は決して難しく無いが、全てのターゲットが白色になっている関係で初見難易度が高めなので少々注意が要る。
    • 明星ロケットDream Coasterに関しては「同一アーティストの他の曲」まで広げてもシンクロニカ側に収録されていないが、どちらのアーティストも仙酌絶唱のファンタジアに参加しているため、その繋がりか。なお、仙酌絶唱のファンタジア参加アーティストの東方アレンジ曲は期間中に全てのアーティストの曲が採用された。*16
  • グルコスとシンクロニカで共通で収録されている楽曲については曲名の後ろに○表記を、アレンジ違いの場合は◇表記を追加していたので、それぞれの機種の演出を比較して楽しんだ方がいらっしゃったら幸いである。
  • 08/16、08/23、08/30に一部楽曲の入れ替えが実施された。
    曲名アーティスト難易度BPM
    2018/08/09 9:00〜09/02 23:59
    ジャンル:アニメ・ポップス
    M.S.S. PhoenixM.S.S Project2.5.9180
    ジャンル:ボーカロイド
    THE WORLDSM.S.S Project4.5.8.10180
    M.S.S. PlanetM.S.S Project3.5.7.11145
    Whereabouts of curryM.S.S Project3.5.8181
    ANCIENTM.S.S Project3.6.10190
    THE BLUEM.S.S Project3.6.8170
    CELESTIALM.S.S Project4.7.12195
    M.S.S. PhantomM.S.S Project3.6.890-180
    ジャンル:音楽ゲーム
    夜明けまであと3秒Taku Inoue
    「シンクロニカ」より
    4.8.11.13177-182
    Libera Raysteμ feat. siroa
    「シンクロニカ」より
    5.9.14232
    ジャンル:バラエティ
    RETROIDM.S.S Project4.6.9.12166
    ジャンル:オリジナル
    Heavenly ParticleM.S.S Project3.6.12178
    VOLTaran4.7.1287-174
    ouroboros -twin stroke of the end-Cranky VS MASAKI7.11.15188
    2018/08/16 8:00〜09/02 23:59
    ジャンル:ボーカロイド
    Seyana.〜何でも言うことを聞いてくれるアカネチャン〜GYARI(ココアシガレットP)2.6.9144
    ジャンル:バラエティ
    GO BACK 2 YOUR RAVEnora2r3.7.10.13170
    ジャンル:オリジナル
    HAPPY! LUCKY! FUTURE WORLD!EmoCo.3.6.11.13170
    2018/08/23 8:00〜09/02 23:59
    ジャンル:ボーカロイド
    夜咄ディセイブ
    [RENEWAL]
    じん2.6.9.13130
    ジャンル:バラエティ
    Desert BreadVoia2.6.9172
    2018/08/23 8:00〜09/02 23:59
    ジャンル:アニメ・ポップス
    シャルルバルーン2.5.9.11145
    残酷な天使のテーゼ
    [RENEWAL]
    TVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」OP
    (高橋洋子)
    3.4.7129
    ジャンル:ボーカロイド
    ウミユリ海底譚n-buna feat. 初音ミク1.4.9.10120
    からくりピエロ40mP feat. 初音ミク
    KARENT 配信楽曲
    1.4.9128
    ジャンル:東方アレンジ
    明星ロケット岸田教団 & THE 明星ロケッツ
    「東方文花帖」アレンジ
    3.6.9165
    Dream CoasterA-One
    「東方紺珠伝」アレンジ
    3.7.11.13168
    仙酌絶唱のファンタジア博麗神社例大祭コラボユニット
    東方Project アレンジ
    3.5.11160
    Border of ColourMasayoshi Minoshima
    「東方妖々夢」アレンジ
    3.6.11132
    Bad Apple!! feat.nomico
    [RENEWAL]
    Masayoshi Minoshima
    「東方幻想郷」アレンジ
    2.5.7.10138
    ジャンル:オリジナル
    Cosmic ExpressSnail's House3.5.11174
    +  2018/08/09 9:00〜08/16 5:59の課題曲
    +  2018/08/16 8:00〜08/23 5:59の課題曲
    +  2018/08/23 8:00〜08/30 5:59の課題曲
  • 報酬
    • 前回もそうだったがボーダー順位と配布トロフィーの数がVer.3.03までのものに戻った。アンロックキー導入に伴った報酬楽曲廃止により、イベント参加者が減ることを見越したものだろうか。
    • 復刻称号は2015年2月のイベントで配信済み。MSSPとのコラボイベントは初代でもキャンペーンイベントが開催されているが、こちらで配布された称号の再配布は行わないようだ。
    • 新規配布称号はM.S.S. Phoenixの歌詞に由来するものとシンクロニカ側で獲得可能な称号に由来するものが主である。
    • 順位報酬(イベント終了後に獲得。以下に加え全ての賞について受賞1個につきトロフィーを2つずつ獲得・称号とアバターは重複不可)
      賞名条件称号アイテム
      優良賞イベントポイント1〜1000
      (914BP)
      希望を抱きしめてSUPER SAFE×5
      優秀賞イベントポイント1〜500
      (1,223BP)
      FULL MULTI-COMBONOTHING×5
      銅賞イベントポイント1〜250
      (2,082BP)
      中二病Master ※復刻IMPOSSIBLE×5
      銀賞イベントポイント1〜100
      (5,308BP)
      REZONATEDPERFECT PLAYER×5
      金賞イベントポイント1〜50
      (13,292BP)
      2018夏の中二病GodVISIBLE×3
    • ポイント報酬(条件を達成したプレイの終了後に獲得トロフィーなし・称号とアバターは重複不可)
    • アバターは全て新規配布となる。公式告知にも記載されているが以前のバージョンで配布されたアバターは現在マイページのショップからグルコで購入することが可能。詳細はアバターのページかグルコのページを参照されたし。
      賞名条件称号アバターアイテム
      100BP達成賞バトルポイントを100獲得I Love MSSP! ※復刻-GC BOOSTER×5
      200BP達成賞バトルポイントを200獲得I Love シンクロニカ-SUPER SAFE×5
      300BP達成賞バトルポイントを300獲得ソウルメイト ※復刻-HIDDEN×5
      400BP達成賞バトルポイントを400獲得シンクメイトeoheoh (Phoenix)MIRROR×5
      450BP達成賞バトルポイントを450獲得カ オ ス ※復刻-SUDDEN×5
      500BP達成賞バトルポイントを500獲得-aromahot (Phoenix)REVERSE×5
      600BP達成賞バトルポイントを600獲得永遠の中二病 ※復刻-VISIBLE×3
      700BP達成賞バトルポイントを700獲得-KIKKUN (Phoenix)STEALTH×5
      800BP達成賞バトルポイントを800獲得漆黒の堕天使 ※復刻-MAX BOSTER×5
      900BP達成賞バトルポイントを900獲得-FB777 (Phoenix)JUST×5
      1000BP達成賞バトルポイントを1000獲得永遠に廻る世界-VISIBLE×3

STEAM版発売記念!「バラエティ&オリジナル オンライン対戦イベント」(2018/07/11 9:00〜07/29 23:59)

Ver.3最後のイベント以来となるオンライン対戦オンリーの大型イベント。当時のイベントであれば選出されないような難易度の課題曲も紛れ込んでいたが、当時のイベントと同様に物量に強いだけでは★を稼ぎにくいAD-LIB難の楽曲等も選出されていた。
なお、全ての課題曲はアンロックキャンペーン対象曲にもなっているため、「最終鬼畜妹 アンロックキャンペーン」期間限定アバターとナビゲーターが欲しい人も安心して参加出来るようになっていた。
さて、前回のイベントからVer.2時代のコースイベント並みに間隔が空いた上、トロフィー配布法則も以前のパターンに戻ってしまいドット絵リンカアバター希望者にはかなり悩ましかったであろう本イベントは、Ver.3以降のイベントでは初めて報酬楽曲が無かったためか全体的に順位賞ボーダーが大幅に低下、特に1000位ボーダーはこれより低いのはダライアス豊漁祭ぐらいしかないという事態に陥った。ただし、現バージョンは並行していくつかのアンロックキャンペーンが開催されているため「期間中にイベントに参加しなかったにせよプレイはしていた」プレイヤーも少なくなかったであろう事は容易に予想できるため、本イベントの結果をもって本作の盛り上がりがどう変わったかを類推するのは控えるべきである。

  • 報酬
    • 今回は称号・ナビゲーター・楽曲の報酬が一切無く、かつアバター報酬もポイント報酬の4つのみという今までにない構成。
    • アバター「ATTACK THE MUSIC」は2018年1月のイベントで配信済み。
    • 順位報酬(イベント終了後に獲得。以下に加え全ての賞について受賞1個につきトロフィーを2つずつ獲得・称号とアバターは重複不可)
      賞名条件アイテム
      優良賞イベントポイント1〜1000
      (501BP)
      SUPER SAFE×5*17
      優秀賞イベントポイント1〜500
      (1,047BP)
      NOTHING×5
      銅賞イベントポイント1〜250
      (1,438BP)
      IMPOSSIBLE×5
      銀賞イベントポイント1〜100
      (3,172BP)
      PERFECT PLAYER×5
      金賞イベントポイント1〜50
      (6,974BP)
      VISIBLE×3
    • ポイント報酬(条件を達成したプレイの終了後に獲得トロフィーなし
      • ATTACK THE MUSIC以外のアバターは全てB.B.K.K.B.K.K.のバックグラウンドアニメーション*18(略称BGA)に登場するものであり、当然のごとく本作の演出でも登場している。ただし、SCISSORSは配信済みの他の曲の演出でも登場していた。
      • B.B.K.K.B.K.K. 1は作中のピクトグラムがゴミを捨てている部分が採用されているが、このアバターはゴミ箱のみ省かれている。大変行儀が悪い。
      • B.B.K.K.B.K.K. 1とB.B.K.K.B.K.K. 2はカスタマイズ画面で他社音楽ゲームアバターの近くに配置されている。
      • SCISSORSはカスタマイズ画面でバブルンやCANNON等のタイトーゲーム由来のアバターに混ざって配置されているので、選択の際は要注意。*19
        余談だがこのアバター、なんと3Dアバターなのでカメラアングル次第ではコースの太さと同じくらい薄い事が確認出来る。
        賞名条件アバターアイテム
        300BP達成賞バトルポイントを300獲得B.B.K.K.B.K.K. 2SAFE×5
        500BP達成賞バトルポイントを500獲得B.B.K.K.B.K.K. 1BREAK×5
        700BP達成賞バトルポイントを700獲得ATTACK THE MUSIC ※復刻MAX BOOSTER×5
        1000BP達成賞バトルポイントを1000獲得SCISSORSJUST×5

初音ミク 10th anniversary ソロイベント(2018/06/06 9:00〜06/24 23:59)

GC3EXで開催されていた「初音ミク四季シリーズ」コラボの続編ではなく初音ミク10周年記念のミクオンリーイベント。クリプトン系VOCALOIDではまだKAITOとMEIKOのピックアップイベントが開催されていないのが気になるところだが、これらをメインに据えたボーカロイド曲がミクや鏡音コンビに比べて少ないのも事実なので致し方ないところではある。 開催形式関連ではこれで大型イベントはソロ形式が3連続で開催される形になった。こうなると今バージョンは「大型ソロイベント→ミニイベント」の開催パターンをメインに据えていくことになるのだろうか。 各賞ボーダーに関しては開催期間の関係で前回より低くなったが、日割り計算では銅賞のボーダー上昇ペースが前回よりわずかに上であった。なお、金賞ボーダー上昇ペースは過去2回に比べると緩やかだったためか上位陣の中にはぞろ目かキリのいい数値、または初音ミクイベント恒例の「39」を絡めた数値でイベントを終えた者が少なからずいたようである。

  • 報酬
    • 順位報酬(イベント終了後に獲得。称号とアバターは重複不可)
    • アバター「初音ミク(2D)」は今回が初めての復刻であり、実に3年ぶりの配布となる。
    • 「初音ミク(2D)」は2015年8月のイベントで、ナビゲーター「初音ミク(WINTER)」は2017年4月のイベント2018年3月のイベントで配信済み。
      賞名条件称号アバター/ナビゲーターアイテムトロフィー数
      銅賞イベントポイント1〜1000
      (1,028EP)
      アイラブユウ……「♡」アバター「初音ミク(2D)」※復刻IMPOSSIBLE×107
      銀賞イベントポイント1〜500
      (1,378EP)
      このゆめはつづいてくナビゲーター「初音ミク(WINTER)」※ボイスつき・復刻PERFECT PLAYER×105
      金賞イベントポイント1〜100
      (5,903EP)
      39!-VISIBLE×53
    • ポイント報酬(条件を達成したプレイの終了後に獲得トロフィーなし・称号とアバターは重複不可)
    • ちびキャラアバターがクリプトン系ボーカロイド全員分揃った。特にKAITOとMEIKOモチーフのアバターは本作初配布である。
    • アバター「チビミク」「チビレン」「HATSUNE MIKU (3D)」は2017年7月のイベントで、「HATSUNE MIKU (3D) 」は2015年8月のイベントや2017年7月のイベントで、称号「電子の歌姫」「ただでさえ天使のミクさん 」は2015年8月のイベントおよび2016年10月のイベントで、ナビゲーター「初音ミク(SUMMER)」は2017年7月のイベントおよび2018年3月のイベントで配信済み。
      賞名条件称号アバターアイテム楽曲/ナビゲーター
      50BP達成賞バトルポイントを50獲得I love 初音ミク 2018-SAFE×5-
      100BP達成賞バトルポイントを100獲得電子の歌姫 ※復刻チビミク ※復刻GC BOOSTER×5-
      150BP達成賞バトルポイントを150獲得「ワンマンライブ大成功!」チビルカSAFE×5-
      200BP達成賞バトルポイントを200獲得また笑えますようにチビリンSUPER SAFE×5-
      250BP達成賞バトルポイントを250獲得夕焼けの赤に消えていくチビレン ※復刻NO WAY×5-
      300BP達成賞バトルポイントを300獲得立ち上がろうか、ねえ?チビメイコHIDDEN×5-
      350BP達成賞バトルポイントを350獲得あたしの全部に その意味はあるとチビカイトALONE×5-
      400BP達成賞バトルポイントを400獲得少年少女戦国無双HATSUNE MIKU (3Drun) ※復刻MIRROR×5-
      450BP達成賞バトルポイントを450獲得ただでさえ天使のミクさん ※復刻-SUDDEN×5-
      500BP達成賞バトルポイントを500獲得Making Groovy-REVERSE×5ナビゲーター「初音ミク(10周年タイトーオリジナルVer.)」※ボイスつき
      600BP達成賞バトルポイントを600獲得それはラッキー-VISIBLE×3-
      700BP達成賞バトルポイントを700獲得それは美しい初音ミク(10周年タイトーオリジナルVer.)STEALTH×5-
      800BP達成賞バトルポイントを800獲得S+級長ネギ ※復刻-MAX BOOSTER×5ナビゲーター「初音ミク(SUMMER)」※ボイスつき・復刻
      900BP達成賞バトルポイントを900獲得磊々落々反戦国家HATSUNE MIKU (3D) ※復刻JUST×5
      1000BP達成賞バトルポイントを1000獲得君は笑っていて-NOTHING×5ボロボロだ
      「ボロボロだ」に関しては1000BP達成賞を獲得したプレイヤーのみ、即時無条件で追加。未獲得のまま終了した場合、更に後の2018/08/23よりアンロックキー解禁曲となる。

夢眠ネム オンライン対戦ミニイベント(2018/05/23 9:00〜06/03 23:59)

「ミニイベント形式としては」久々の復刻報酬のみのイベントとなった。新規報酬が無かった事で興味を持たなかったか直前の大型イベントでお金を使いすぎたプレイヤーが参加を控えたようでもあったが、報酬アイテム目当ての参加者も多数いたため300BP達成者は少なめに見積もっても1,120名程はいたのではないかと推測される。

  • 報酬
    • 称号・アバター・ナビゲーターは全て2016年6月のイベントで配信済みのものの復刻であるため、表中での「※復刻」表記は省略。
    • ポイント報酬(条件を達成したプレイの終了後に獲得トロフィーなし・称号とアバターは重複不可)
    • 今回も必要BPは300BPまで。2回の開催のみで断定するのは早計だが、今後同等の条件が定着する可能性は十分にあると言えるだろう。
    • 今回のアイテム以外の報酬は全て復刻だが、300BP報酬アイテムにVISIBLEが設定されているため、アバターなどを全て取得済みでも参加する価値はあるといえる。
      賞名条件称号アバターアイテム楽曲/ナビゲーター
      50BP達成賞バトルポイントを50獲得I love 夢眠ネム-SAFE×5-
      100BP達成賞バトルポイントを100獲得ユメミスト-GC BOOSTER×5-
      150BP達成賞バトルポイントを150獲得おにぎりむしゃ〜り!tanuQnSAFE×5-
      200BP達成賞バトルポイントを200獲得三重の食いしん坊-SUPER SAFE×5-
      250BP達成賞バトルポイントを250獲得ミントグリーンの宇宙VOCALOID NEMUMAX BOOSTER×5-
      300BP達成賞バトルポイントを300獲得Pureな乙女(бωб)-VISIBLE×5NEMU (VOCALOID) ※ボイスつき

東方弐集想 ソロイベント(2018/05/01 9:00〜05/20 23:59)

東方アレンジ楽曲ジャンル初のソロイベント。GC3EX2回目の大型イベントもジャンルは違えどソロイベントであったため、その流れでこのイベントもソロだと思われる。ルール改定2回目にして早くも再配布とはいえ順位限定報酬が登場する。どちらも需要が高いAD-LIB探索用アイテムがセットになっていたため、今回の各賞ボーダーは開催期間の関係で数値だけなら前回より低かったが、日割り計算では前回よりボーダー上昇ペースが高くなっていた。そして同じ東方イベントかつポイント算出方法であった輝針城イベントと比較してもかなり近いペースだったようである。
収録楽曲関連としては東方六楽抄イベントでのGrow Bigger!!と同じく「東方弐集想 グルーヴコースター×東方Project アレンジ楽曲コレクション4」収録予定2面ボスアレンジの中で今回もただ1曲「Finder」のみが収録見送りになったのと、それに伴い50EP報酬称号にスペル使用キャラ「ミスティア・ローレライ」のイラストが入っていないのが気になるところだが、これに関してはアーティストが同じ焼痕煉遏⇔箟陬寮との兼ね合いで収録見送りになったのかもしれない。
楽曲関連ではもう一つ、孤独な花は「東方天空璋」2面ボス・坂田ネムノのテーマアレンジであるため、「東方天空璋」BGMアレンジ音楽ゲーム初収録は本作が一番乗りということになるようである。

  • 報酬
    • 順位報酬(イベント終了後に獲得。称号とアバターは重複不可)
    • ナビゲーター「REIMU」は2017年5月のイベント2018年3月のイベント、アバター「CIRNO (2D・TAN)」は2017年10月のミニイベントで配信済み。
      賞名条件称号アバター/ナビゲーターアイテムトロフィー数
      銅賞イベントポイント1〜1000
      (1,046EP)
      尽符「ブラッディマウンテンマーダー」ナビゲーター「REIMU」※復刻IMPOSSIBLE×107
      銀賞イベントポイント1〜500
      (1,446EP)
      雪符「ダイアモンドブリザード」アバター「CIRNO (2D・TAN)」※復刻PERFECT PLAYER×105
      金賞イベントポイント1〜100
      (7,569EP)
      東方弐集想-VISIBLE×53
    • ポイント報酬(条件を達成したプレイの終了後に獲得トロフィーなし・称号とアバターは重複不可)
    • 上記でも触れたとおり50EP達成賞報酬称号にのみ使用キャラのイラストが入っていない。
    • 今回新規配布される3Dアバター「鍵山雛」は人型3Dアバターとしてはてくてくビートコラボで登場した「レイン」「ニッティー」以来の回転動作が入るが、歩きながら回転することがある彼らと違い、原作再現の一環で直立したまま回転する。
    • アバター「YUUGI」は東方キャラのアバターとしては配布間隔が長い約1年半ぶりの再配布となる。彼女は地霊殿以外に目立った出番が無いため配布しづらいのだろう。
    • アバター「CIRNO (2D)」は2017年10月のミニイベント、「SANAE (2D) 」は2017年5月のイベント、「YOUMU」は2016年7月のイベント2018年3月のイベント、「YUUGI」は2016年12月のイベントで配信済み。
      賞名条件称号アバターアイテム楽曲/ナビゲーター
      50BP達成賞バトルポイントを50獲得夜雀「真夜中のコーラスマスター」-SAFE×5-
      100BP達成賞バトルポイントを100獲得氷符「アイシクルフォール」CIRNO (2D) ※復刻GC BOOSTER×5-
      150BP達成賞バトルポイントを150獲得仙符「鳳凰展翅」-SAFE×5-
      200BP達成賞バトルポイントを200獲得疵痕「壊されたお守り」SANAE (2D) ※復刻SUPER SAFE×5-
      250BP達成賞バトルポイントを250獲得妬符「グリーンアイドモンスター」-NO WAY×5-
      300BP達成賞バトルポイントを300獲得大輪「からかさ後光」橙 (2D)HIDDEN×5-
      350BP達成賞バトルポイントを350獲得響符「パワーレゾナンス」-ALONE×5-
      400BP達成賞バトルポイントを400獲得飛符「フライングヘッド」-MIRROR×5ナビゲーター「多々良小傘」
      450BP達成賞バトルポイントを450獲得兎符「ベリーベリーダンゴ」鍵山雛 (3D)SUDDEN×5-
      500BP達成賞バトルポイントを500獲得雨符「囚われの秋雨」-REVERSE×5ナビゲーター「橙」
      600BP達成賞バトルポイントを600獲得大声「チャージドヤッホー」YOUMU ※復刻VISIBLE×3-
      700BP達成賞バトルポイントを700獲得鬼神「飛翔毘沙門天」YUUGI ※復刻STEALTH×5-
      800BP達成賞バトルポイントを800獲得創符「流刑人形」多々良小傘 (2D)MAX BOOSTER×5-
      900BP達成賞バトルポイントを900獲得恨符「丑の刻参り」-JUST×5ナビゲーター「MARISA」※復刻
      1000BP達成賞バトルポイントを1000獲得化鉄「置き傘特急ナイトカーニバル」-NOTHING×5揺蕩うLove (feat. らっぷびと)
      「揺蕩うLove (feat. らっぷびと)」に関しては1000BP達成賞を獲得したプレイヤーのみ、即時無条件で追加。未獲得のまま終了した場合、更に後の2018/08/02よりアンロックキー解禁曲となる。

Lanota オンライン対戦ミニイベント(2018/04/23 9:00〜04/30 23:59)

今回からオンラインマッチングの最大対戦人数が3人までに変更となった。また過去のバージョンと違い未解禁のEXTRA譜面や高難易度譜面は対戦相手が解禁していてもプレイ出来ない仕様に変更された。難易度が高い課題曲が多かったためか、それともイベント期間終盤に東方弐集想の開催が発表されてアイテムや資金の温存に回ったプレイヤーが大量に出たのか、300BP達成者は新規報酬のみのイベントとしてはやや少なめの912人に留まった。

  • 課題曲の入れ替えは無し。音楽ゲームジャンル以外の課題曲はほぼ全て「Lanota」に楽曲を提供しているアーティストやグルコスコラボでの移植曲が占め、またスマートフォン用音楽ゲームという繋がりからか2017年の「Tone Sphere」コラボの楽曲4曲が採用されている。また高難易度すぎるが故にソロイベントでしか課題曲採用がなかった曲がいくつか登場しているのでsimpleだけでも安定できるようにしたいところ。
    • 体力負担が高めの楽曲が課題曲の大半を占めているが解禁システムの関係上各プレイヤーの実力よりはるかに難しい譜面は選択不可能となったため、こうした曲を選択しプレイ経験が少なめの高難易度愛好プレイヤーや未解禁EXTRAのスコア埋め狙いプレイヤーのクリア失敗による自滅を誘うという戦法は狙いづらくなった。しかし「Lanota」コラボ楽曲は原作再現演出の関係上カメラワークが激しい譜面が多いためHARD譜面が選択可能であってもここまで未プレイの場合、クリアは出来てもCHAINが切れるおそれがあるため初プレイで選択するならばSAFE系アイテムを用意した上で挑むことをお勧めする。またGot more raves?等の初期収録譜面やGood Night,Bad Luck.は下位譜面でもAD-LIBがわかりにくいため、こちらも事前の対策が必要になるだろう。
      曲名アーティスト難易度BPM
      ジャンル:音楽ゲーム
      You are the Miserablet+pazolite
      「Lanota」より
      4.8.12.14163
      AndrogynosWAiKURO
      「Lanota」より
      4.7.12.13192
      cyaninejioyi
      「Lanota」より
      3.7.11.13182
      Frey's PhilosophyPowerless
      「Lanota」より
      3.6.11.13200
      SpectaJunk
      「Lanota」より
      4.7.10.13179
      Linear AcceleratorThe Shaft
      「Tone Sphere」より
      4.8.13.15200-212
      STAGER (ALL STAGE CLEAR)Ras
      「Tone Sphere」より
      1.6.12146
      UFDcybermiso
      「Tone Sphere」より
      3.7.10.13180
      千のクロマSta
      「Tone Sphere」より
      2.6.12147
      ジャンル:バラエティ
      Ever FreeMassive New Krew3.6.11150
      Moonbound feat.Yukaccoaran2.5.9174
      ukigumoヒゲドライバー4.6.10178
      Old Heavenaran2.5.10128
      ジャンル:オリジナル
      ShivaMassive New Krew4.7.13160
      tiny tales continue黒魔4.7.13188
      Under The Moonvoid (Mournfinale)3.6.11175
      KUNG FU GIRLヒゲドライVAN3.6.10160
      MIRACLE PARTYDJ Genki3.6.12180
      聖者の覚醒世阿弥 a.k.a. Tatsh5.7.12200
      Bright Lightsaran4.7.12180
      OMAKENO Stroket+pazolite5.11.13120-240
      グルーヴ・リボルバー世阿弥5.8.12.1360-164
      TECHNO COMPLEXDJ MURASAME a.k.a. Tatsh3.8.1290-158
      Good Night,Bad Luck.t+pazolite7.13.15285
      Lethal Dosesky_delta4.7.12206
      Scarlet LanceMASAKI (ZUNTATA)3.10.13.14185
      Black MInDCOSIO (ZUNTATA)4.9.14192
      FUJIN RumbleCOSIO (ZUNTATA)6.11.1496-192
      Got more raves?E.G.G.6.11.13266
      飛び立て!ドリームパーティーユメ (CV:高橋菜々美)2.5.9182
  • 報酬
  • ポイント報酬(条件を達成したプレイの終了後に獲得トロフィーなし・称号とアバターは重複不可)
    • 今回のみかどうかは不明だが、300BPで全ての報酬を獲得可能。
      賞名条件称号アバターアイテムナビゲーター
      50BP達成賞バトルポイントを50獲得--SAFE×5-
      100BP達成賞バトルポイントを100獲得I love Lanota-GC BOOSTER×5-
      150BP達成賞バトルポイントを150獲得--SAFE×5-
      200BP達成賞バトルポイントを200獲得音律に祝福されし者-SUPER SAFE×5-
      250BP達成賞バトルポイントを250獲得-リツモMAX BOOSTER×5-
      300BP達成賞バトルポイントを300獲得-フィシカSUPER SAFE×5-

でんぱ組.inc 宇宙的コラボイベント(2018/03/29 9:00〜04/22 23:59)

今回より「課題曲が30曲」「ポイント達成賞枠の増加」「順位賞枠減少」および「順位枠の増加」など様々な変化が実施された。結果、新アイテムのVISIBLE入手を狙ったプレイヤー達により、金賞ボーダーが早くも9400EP台になるという激しい争いが見られた。銀賞と銅賞のボーダーもこれに引きずられた他、新曲のスコアを詰めながらポイントを貯めたプレイヤーが多数いた、報酬楽曲の必要ポイントが1000EPであった等の要因によりVer.3.5xのイベントよりも高めになった。

  • 報酬
    • 復刻称号およびアバターは2016年3月のイベントおよび2016年9月のミニイベントで配信済み。
    • 最上もが嬢は2017/08/06にでんぱ組.incを脱退しており、そのためか彼女のアバターと関係称号のみ再配布されていない。
    • 順位報酬(イベント終了後に獲得。称号とアバターは重複不可)
      賞名条件称号アバター/ナビゲーターアイテムトロフィー数
      銅賞イベントポイント1〜1000
      (1,061EP)
      萌えキュンソングを世界にお届け! ※復刻-IMPOSSIBLE×107
      銀賞イベントポイント1〜500
      (1,734BP)
      マイナスからのスタート 舐めんな! ※復刻-PERFECT PLAYER×105
      金賞イベントポイント1〜100
      (9,458BP)
      宇宙を救うのはやっぱり、でんぱ組.inc!-VISIBLE×53
    • ポイント報酬(条件を達成したプレイの終了後に獲得トロフィーなし・称号とアバターは重複不可)
      • 100〜400BP達成賞の元ネタが各メンバーのキャッチフレーズ、450BP達成賞から先の称号のそれはライブイベントなどで使う自己紹介の文言だと思われる。なお、1000BP達成賞のみりんちゃんの自己紹介の元ネタはもしかしなくてもコナミ社のレトロゲームでお馴染み「あのコマンド」だろう。本人が凄腕のゲーマーだけのことはある。
      • 700BPの称号が終盤の課題曲になった「ようこそジャパリパークへ」の先生称号と文面が似通っているので、筐体上ではデザインの違いで即見分けがつくだろうが、文字しか表示されない公式HPのランキング、マイページでは混同しないように注意。
        賞名条件称号アバターアイテム楽曲/ナビゲーター
        50BP達成賞バトルポイントを50獲得I love 新生『でんぱ組.inc』-SAFE×5-
        100BP達成賞バトルポイントを100獲得歌って描けるポンコツカワウソねも(宇宙服)GC BOOSTER×5-
        150BP達成賞バトルポイントを150獲得イラストも描けちゃうあなたの彼女♡ぺろりん(宇宙服)SAFE×5-
        200BP達成賞バトルポイントを200獲得踊ってみたら七変化! ※復刻ピンキー!(宇宙服)SUPER SAFE×5-
        250BP達成賞バトルポイントを250獲得ハイテンションA-POPガール ※復刻えいたそ(宇宙服)NO WAY×5-
        300BP達成賞バトルポイントを300獲得永遠の魔法少女未満 ※復刻ねむきゅん(宇宙服)HIDDEN×5-
        350BP達成賞バトルポイントを350獲得2.5次元伝説! ※復刻りさちー(宇宙服)ALONE×5-
        400BP達成賞バトルポイントを400獲得歌って踊れるゲーマーアイドル ※復刻みりんちゃん(宇宙服)MIRROR×5-
        450BP達成賞バトルポイントを450獲得カワウソに似ててもいいよね?-SUDDEN×5-
        500BP達成賞バトルポイントを500獲得彼女とデートなうって使っていいよ。-REVERSE×5ナビゲーター「MIRIN」
        600BP達成賞バトルポイントを600獲得子供じゃないも〜ん!ピンキー! ※復刻VISIBLE×3-
        700BP達成賞バトルポイントを700獲得わぁーい!えいたそ ※復刻STEALTH×5-
        800BP達成賞バトルポイントを800獲得君にねむきゅんきゅん!ねむきゅん ※復刻MAX BOOSTER×5-
        900BP達成賞バトルポイントを900獲得もっと愛してー!りさちー ※復刻JUST×5
        1000BP達成賞バトルポイントを1000獲得上上下下ABABみりんちゃん ※復刻NOTHING×5Crimson Phoenix
        「Crimson Phoenix」に関しては1000BP達成賞を獲得したプレイヤーのみ、即時無条件で追加。未獲得のまま終了した場合、更に後の2018/08/02よりアンロックキー解禁曲となる。

コメント

コメントはありません。 コメント/Groove Coaster(AC版)/イベントプレイ/イベント履歴/GC4?

コメント:

4D656E75426172_696D67477276437374345F6D696E692E706E67?.png

単語検索

#search(): You already view a search box

全般

アーケード(AC)版

インフィニティハイウェイ(Ver4.52)


収録曲リスト


各データ


旧バージョン

アプリ(iOS/Android/for au)版

オリジナルスタイル
(Ver.2.0.16/1.0.14/1.0.0)


旧バージョン

Steam版

(Ver1.2.1.0006)

その他

リンク

総合


AC版


アプリ版


Steam版

最新の20件

2019-10-14 2019-10-12 2019-10-11 2019-10-09 2019-10-08 2019-10-07

今日の10件

ページ別カウンター

  • counter: 3032
  • today: 2
  • yesterday: 4
  • online: 7


*1 この繋がりであればMasayoshi Minoshima氏も楽曲提供しているためBad Apple!!も対象になり得る。なおこのアルバムには暁Recordsも曲を提供しているので、最終週でWARNING×WARNING×WARNINGが採用された
*2 強いて言えば二人がともに銀髪のキャラクターであるということくらいである。
*3 勿論多少用心してSAFE使用で挑む人もいるが、大抵は中盤でSAFEが尽きてラストのSLIDEラッシュでゲージが足りなくなるのがオチである
*4 本作でテーマ曲未収録のとある人物は普通の人が食べると倒れてしまうような料理しか作れないのだが、ハザマは何故か食べても何ともないどころか大絶賛する
*5 Ver.2で譜面変更
*6 作曲者のまふまふ氏が該当
*7 編曲:大上昌子
*8 ただし、前回のイベントでクローズアップされたTatsh氏のアレンジ楽曲は紺珠伝アレンジ曲であるWhite World feat. 小田ユウ以外は課題曲から外れている
*9 公式Twitter
*10 詳細はジョーカー・ジュンコの曲別称号の項目にて
*11 2014年「ネクストネスト」→さつき が てんこもり氏、2015年「Hand in Hand」→kz氏 (livetune)→Tell Your World、2016年「39みゅーじっく!」、2017年「砂の惑星」→ハチ氏→ワンダーランドと羊の歌
*12 公式Twitter
*13 公式Twitter
*14 同作品はシンクロニカでもチルドレンレコードが収録済みのため、おそらくこの繋がりも兼ねて3週目以降は夜咄ディセイブも課題曲に選出された
*15 ロストワンの号哭サンドリヨンが該当するが、この2曲も演出に力を入れていたと言う点では本作の特徴を表した曲であることには違いないので、ある意味では不当な批判とも言える
*16 Alstroemeria Recordsに関しては主宰のMasayoshi Minoshima氏の楽曲が採用されている
*17 公式の告知用画像ではミスで「SAFE×5」となっていた。
*18 BMSで表示される映像部分の総称
*19 他にはSCULLが同様の配置
*20 編曲:大上昌子