Groove Coaster(AC版) / ゲーム概要


ゲーム概要


ゲーム概要

基本的な概要についてはこちらだけでなくゲームカタログ(非公式Wiki)も詳しいので併せてお読みください。

  • Groove Coaster(AC版)とは初代Groove Coaster及びGroove Coaster Zeroの基本的なプレイシステムをそのままに、コントローラーの変更や機能の追加等を行ったアーケード移植版です。
    • 尚、2013年5月23日にGroove Coaster(AC版)の特許が公開されています(「ゲーム装置、ゲームプログラム」 特開2013-99436,特開2013-99438)。
    • プロデューサーは白石雅也さん、ディレクターは花形琢真さんです。
  • AC版は「ボタン」と「スライド」の機能をあわせ持った専用演奏コントローラー「BOOSTER(ブースター)」により、手軽に演奏感抜群のプレイを楽しめます。
    基本操作は概ね再現されていますが、ゲームモード「チュートリアル」を選択して実際に触れてみることをおすすめします。

  • 判定は GREATCOOLGOOD > MISS の四段階。
    アイテム「JUST」「IMPOSSIBLE」の使用時はCOOLとGOODがMISSに変化する。 JUST > MISS のみ。
    GOOD以上を出すとGROOVEゲージが上昇。MISSを出すとGROOVEゲージが減少する。ただしAD-LIBではゲージは一切変動しない。
    • 曲終了時に70%ライン(GROOVEゲージ黄色点滅状態)を上回っていればCLEARとなり、5万点のスコアボーナスが与えられる。70%未満(青色状態)だとFAILEDとして記録される。
      • 初期値はSIMPLEは30%・NORMALは20%・HARDとEXTRAは10%。
  • MISSすることなくGOOD以上を連続して取るとCHAINがカウントされる。アーケード版ではCHAINは2から表示される(ZERO版では1からカウント、最初のターゲットを0CHAINとして扱っている。)
    • 10CHAINになるとFEVERとなり、1ターゲットで取れるCHAIN数が2倍に増加。
      ACのみ100CHAINを超えるとTRANCEになり、1ターゲットで取れるCHAIN数が4倍に増加。
      • TRANCE発動の瞬間に、CHAINの端数は一旦切り捨てられる。99→101CHAINとなっている場合、一旦CHAIN増加量が抑えられる。
      • FEVER/TRANCEいずれの状態でも、HOLD/BEAT/SCRATCHターゲットのCHAINは終端にのみ影響する(長さによるCHAIN増加速度は変化しない)。
    • MISSすると、CHAINはリセットされる。FEVERやTRANCEも打ち切られ、1ターゲットで取れるCHAIN数も元に戻る。
    • MISSすることなくアドリブ以外の全ターゲットをGOOD以上で取るとNO MISSとなる。
      • この状態でさらにすべてのアドリブをGOOD以上で取っていた場合、FULL CHAINとなる。
  • 配点は、基本点(PLAY SCORE)850,000点+最大チェイン率(CHAIN SCORE)100,000点+クリア可否(CLEAR BONUS)50,000点の、計1,000,000満点。
    • 基本点の比率においては、AD-LIB=[1]:HIT=[2]:CRITICAL/SLIDE=[4]:DUAL SLIDE=[8]となっており、greatをx1とすると、coolはx0.75でgoodはx0.5される模様。
      • なおHOLDは同じ比率において1chainで[0.2]・完了で[1]、DUALHOLDは1chainで[0.2]・完了で[2]、 SCRATCH,BEAT,SLIDEHOLDは1chainで[0.4]・完了で[2]…となっている模様。
    • EX(Ver1.50)より、S+とS++のレートが追加。S++の達成にはNO MISSまたはFULL CHAINがほぼ必須。
    • Ver.3より、SCORE 1,000,000を獲得すると「FULL CHAIN」の代わりに「PERFECT」が表示される。(レートはS++のまま)
      RATINGSCORE
       S++0,990,000 〜 1,000,000
       S+0,950,000 〜 0,989,999
       S0,900,000 〜 0,949,999
       A0,800,000 〜 0,899,999
       B0,700,000 〜 0,799,999
       C0,500,000 〜 0,699,999
       D0,300,000 〜 0,499,999
       E0,000,000 〜 0,299,999

料金

  • ここではAC版を設置した店舗が設定したとして報告されている料金パターンのいくつかを説明します。
    説明される料金はすべて1プレイ(1クレジット)あたりの料金として説明しています。
  • 稼働初期・工場出荷時の料金設定は1プレイ(1クレジット)あたり¥100で2曲となっています。
  • モード・曲数設定を問わず、プレイ結果のいずれかがFAILEDであったとしても、指定曲数を最後までプレイすることが可能です。
  • 時間貸切等によるフリープレイ設定の場合でも1曲〜3曲設定が可能。

通常

料金プレイ可能な楽曲数(TUNE)補足
¥503曲コインシューター設定と併用することで可能になる料金設定です。
この状態では100円玉に対応しなくなり50円玉が必要になります。
2曲
¥1003曲プリセットとして登録されている料金設定の一つで、最も一般的な料金設定です。
2曲プリセットとして登録されている料金設定の一つで、工場出荷時の設定です。
この料金設定で稼働する店舗は少なくないようです。
¥2003曲プリセットとして登録されている料金設定の一つです。



NESiCA

  • NESiCAxLiveおよび、TAITO&SQUARE ENIX系列の専用アーケード筐体で利用ができるICカードのこと。300円か400円でゲームセンターで購入が可能。
  • グルコスでは解禁した楽曲・アバターやアイテム、また曲毎のスコアが保存でき、それらのデータの一部をインターネット上で閲覧できる。
  • 使用するにはプレイ前に読み取り部にタッチするだけでよい。
  • グルコスオリジナルデザインのNESiCAは2種類。現在は入手不可と思われる。
    • アーケード初代のGC CRABアバターデザイン
    • グルーヴ・リボルバーのような背景にPHOENIXアバターがコースを通っているデザイン

ランダム選曲

  • 2014/07/30のアップデートで実装。特定の条件に当てはまる楽曲をランダムで選曲する。
    • 通常プレイではソート「ランダム」にて選択。選曲対象は解禁済みの曲のみ。ランダム決定後に楽曲が開示されて難易度選択に移るため、通常の曲選択時と同様にアイテムやスキンの設定ができる。
      • DIFFICULTY ランダムを選択した場合、モード選択画面では条件を満たす譜面にカーソルが合わせられる。ただしこの状態でも別のモードを選ぶことは可能。
    • イベントプレイのランダム選曲でのみ、未解禁の楽曲(DIFFICULTYランダムとなっている場合はEXTRA譜面含む)が選択される可能性がある。
名前説明
ランダム:ALL 1種類
全曲ランダム全ての楽曲からランダムで選曲する。
ランダム:GENRE 7種類
アニメ・ポップスランダムアニメ・ポップスジャンルの曲からランダムで選曲する。
ボーカロイドランダムボーカロイドジャンルの曲からランダムで選曲する。
東方アレンジランダム東方アレンジジャンルの曲からランダムで選曲する。
音楽ゲームランダム音楽ゲームジャンルの曲からランダムで選曲する。
ゲームランダムゲームジャンルの曲からランダムで選曲する。
バラエティランダムバラエティジャンルの曲からランダムで選曲する。
オリジナルランダムオリジナルジャンルの曲からランダムで選曲する。
ランダム:DIFFICULTY 13種類
DIFFICULTY1ランダム難易度1の曲からランダムで選曲する。
DIFFICULTY2ランダム難易度2の曲からランダムで選曲する。
DIFFICULTY3ランダム難易度3の曲からランダムで選曲する。
DIFFICULTY4ランダム難易度4の曲からランダムで選曲する。
DIFFICULTY5ランダム難易度5の曲からランダムで選曲する。
DIFFICULTY6ランダム難易度6の曲からランダムで選曲する。
DIFFICULTY7ランダム難易度7の曲からランダムで選曲する。
DIFFICULTY8ランダム難易度8の曲からランダムで選曲する。
DIFFICULTY9ランダム難易度9の曲からランダムで選曲する。
DIFFICULTY10ランダム難易度10の曲からランダムで選曲する。
DIFFICULTY1~4ランダム難易度1~4の曲からランダムで選曲する。
DIFFICULTY5~7ランダム難易度5~7の曲からランダムで選曲する。
DIFFICULTY8~10ランダム難易度8~10の曲からランダムで選曲する。


背面プレイ(背面グルーヴ)

  • アーケード版にてブースターと画面の間のスペースに立ち、ブースターの方に向かってプレイするパフォーマンス。
    • スペースの凸部にわざわざ注意を促すシールがはってある。公式もEX版PV等において背面プレイを紹介(公認)し、製品の商談会でも背面プレイできることをアピールしていた。
    • とはいえ正規のプレイ方法とは見做されない場合も多いので、ゲームセンター店員からの注意を受けたら潔くやめよう。

グルーヴステージ

  • 2014/07/30のEX ver1.51から使用できる、グルーヴコースター専用振動デバイスです。耐久制限は130kgまで。
  • 音楽に合わせて振動するようになっており、足元で揺れを受けることで、体全体でグルーヴを感じられるとのことです。
  • ゲーム開始時に、「オフ」・「弱」・「中」・「強」の4段階から強さを選択できます。NESiCAを使用していれば、この設定は保存されます。
    • グルーヴステージ非搭載筐体では設定画面が表示されません。
  • グルーヴステージの厚さ分、手の位置や視線が高くなるため、オフにしていてもグルーヴステージ未設置時とのプレイ感覚は違うでしょう。
  • グルーヴステージの表面はシートになっているため、店舗はオリジナルのデザインにすることも出来ます*1
  • グルーヴコースターACの開発当初から構想されており、試作品も作られたが、自動化(出力音の低音に合わせて振動)はプロデューサーが納得いかず、1曲1曲手動で設定したためリリースまで時間がかかったとのことです*2
  • グルーヴステージはあくまでオプションパーツであり、一部の店舗のみしか設置されていません。設置予定などについては店員などに確認しましょう。

参考動画

PV

  • Groove Coaster(AC版)のPVは過去に2作発表されている。
  • EX版PV(YouTube)
    • 2014年7月に発表。でんぱ組.incの古川未鈴さんが出演。
  • 旧AC版PV(YouTube)
    • 2013年10月に発表。今泉彩良さんが出演。
  • AC2版PV(Youtube)
    • 2015年1月に発表。
  • AC3版PV(YouTube)
    • 2016年3月に発表。

海外版

  • 海外版公式サイト
  • 海外版の名称は「RHYTHMVADERS」・「音軌道」。ただし地域によっては日本版と同じ「GROOVE COASTER」となっている場合がある。
  • 2014年5月頃より香港・台湾・韓国などで順次稼動開始。
  • 2014年6月9日にEXへアップデート。

海外版の変更点

  • 「RHYTHMVADERS」・「音軌道」への名称変更に伴い筐体上部のパネルデザインが変更。
  • ゲーム内表示は一律で英語だが、日本語の曲名・アーティスト名は基本的に日本語のまま表示される。
  • 千本桜」の旭日旗と日章旗を連想させる演出が緩和。
  • 一部のJ-POP曲とパズドラコラボ5曲がプレイ不可能であり、これらを除いた楽曲でワールドランキングが集計されていた。
    • Ver3以降は海外版でも配信され、ランキングの区別は完全に消滅した。
  • Ver3までに共通して削除
  • Ver3以降共通して配信

単語検索

#search(): You already view a search box

アーケード(AC)版

ドリームパーティー(Ver3.57)


収録曲リスト


各データ


旧バージョン

アプリ(iOS/Android/for au)版

オリジナルスタイル
(Ver.2.0.8/1.0.12/1.0.0)


旧バージョン

その他

リンク

総合


AC版


アプリ版

最新の20件

2017-10-19 2017-10-18

今日の10件

ページ別カウンター

  • counter: 53158
  • today: 7
  • yesterday: 10
  • online: 3


*1 Twitter
*2 プロデューサーTwitter1プロデューサーTwitter2プロデューサーTwitter3 この仕様により、グルコスには一曲毎にバック音源・キー音源・ステージ振動音源の3つが用意されていることになる。