頭文字D ARCADE STAGE 8 ∞


頭文字D ARCADE STAGE 8 ∞

頭文字D ARCADE STAGE 8 ∞(イニシャルディー・アーケードステージ エイト インフィニティ、以下D8)とは、
セガのアーケード用レースゲーム『頭文字D ARCADE STAGE』シリーズの第8弾。 2014年7月17日稼動開始。




  • 2014年9月18日、version1.2+Bへバージョンアップ。
    新コース「箱根」、タッグバトル、公道の追加ストーリー、新機能、新マイキャラ追加された。
  • 2015年7月17日、version1.2+Dへバージョンアップ。
    「EX SPEC」開放、キャンペーン限定の4車種を開放、対戦バランス調整 「Rev.6」 実施
  • 2017年4月27日をもって頭文字D ARCADE STAGE 8 ∞のオンラインサービスの終了が予告されている。
    従来は新作稼働から約9か月から1年程度で前作のオンラインサービスが終了していたが、本作は頭文字D Zero稼働から約1か月で終了となる。
    なお、D8での走行距離に応じて、専用ページ*1を介して頭文字D Zeroでドライバーズポイントが手に入る予定。

システム変更点・新要素

キャラクターの追加

原作から『ARCADE STAGE Ver.3』以降除外された4名が復活。

  • 御木(みき)
    • 声…山崎 たくみ
    • 所属…なし
    • 搭乗車種…ST205 セリカ GT-FOUR
      • ボディカラー…ブラック
      • ナンバー…群馬 73 よ 27-431
  • 川井 淳郎(かわい あつろう)
    • 声…佐々木 誠二
    • 所属…セブンスターリーフ
    • 搭乗車種…ER34 スカイライン 25GT-TURBO
      • ボディカラー…ダークブルーパール
      • ナンバー…栃木 34 ほ 22-936
  • ランエボVの男*2
    • 声…天田 益男
    • 所属…なし
    • 搭乗車種…CP9A ランサー RS エボリューションV
      • ボディカラー…スコーティアホワイト
      • ナンバー…熊谷 30 あ 12-159
  • ランエボVIの男*3
    • 声…真殿 光昭
    • 所属…なし
    • 搭乗車種…CP9A ランサー GSR エボリューションVI トミ・マキネンエディション
      • ボディカラー…スコーティアホワイト
      • ナンバー…熊谷 36 よ 86-502

声優変更

  • 舘 智幸
    • 声…遠藤 大智
      ※アニメFinal Stageでも同様にキャスト変更が行われており、前作まで(D6・D7の声は、D5の流用)の「中田和宏」の休業が理由とされている。因みに頭文字D7AAXのPVで登場した際の声も彼が担当している。

車種関連

  • 新規車種の追加
    • CELICA GT-FOUR(ST205)
      • 2014年7月17日稼動初日から使用可能
    • SKYLINE 25GT TURBO(ER34)
      • 2014年8月18日追加(開放条件あり)
      • 2015年1月19日に再追加(開放条件あり)
      • 2015年4月13日に再追加(開放条件あり)
    • GT-R NISMO(R35)
      • 2014年7月17日稼動初日から使用可能
    • LANCER RS EVOLUTION V(CP9A)
      • 2014年9月8日追加(開放条件あり)
      • 2015年3月6日に再追加(開放条件あり)
    • LANCER GSR EVOLUTION VI T.M.EDITION(CP9A)
      • 2014年11月13日追加(開放条件あり)
      • 2015年3月11日に再追加(開放条件あり)
    • BRZ(ZC6)
      • 2014年10月14日追加(開放条件あり)
      • 2015年2月23日に再追加(開放条件あり)

※スカイライン、ランサーエボリューションV、ランサーエボリューションVI、BRZの4台は稼働直後では購入できず、不定期で車種開放キャンペーンとして購入できるようになっていたが、2015年7月17日のアップデートで常時購入ができるようになる。
GT-RニスモはノーマルのGT-R R35と入れ替わる形で登場(D7免許引継の場合はカラーが初期色のホワイト固定になる)。


マシンの挙動について

  • 加速力が歴代作に比べかなり高め。コースやチューニングによっては僅か約2秒で100km/hに達する。
    特に箱根では僅か1秒で100km/hまで超加速する。その途方もない加速力は初代セガラリーを彷彿とさせる。
    その分ギアレシオが加速寄りにされ、最高速は基本的に抑えられており、道幅が狭く複雑ないろは坂、八方ヶ原等では約130km/h程しか出ない。
    だが直線が多く、尚且つコース全長も10.7kmと長い箱根では、通常時で217km/hの最高速を誇る。
  • ドリフトは前作より長めにブレーキを踏まないとランプが付かない仕様になっている。
    その分、ドリフトが決まった時のコーナリングスピードは「減速前の-2〜3km/h」とかなりのハイスピードである。
  • チューニングの差も前作よりさらに大きくなった。NORMALや初期チューン状態では、ステアリングを切ると一気に減速してしまう。その為、「ノーブレーキ走法」も可能である。
    だが、SPEC4チューニングのロールバーチューニング後や、SPEC5チューニングの完了後は、ステアリングを切っても殆ど減速しないようになる為、ドリフト走法が必須となる。
  • 店内対戦と全国対戦のブーストON時のレースでは、あらゆるカーブでドリフトを発動可能。ドリフトを発動し、尚且つ壁ヒットが少ない程、ゴール前でのブーストが貯まっていく。青ランプよりも黄色ランプのドリフトを発動したほうがブーストが貯まりやすい。
    この状態でゴール前でのブーストが発動すると、秋名湖で約200km/h、碓氷では195km/h、箱根では250km/h等、通常時の上限を超えた最高速になることもある。

コース関連

  • コースの追加
    • D7AAXでのコースに加え、新たに「箱根(MAZDA ターンパイク箱根)」と「もみじライン」が追加。
    • なお、もみじラインは過去作品であるPS2ソフト『頭文字D Special Stage』で登場しているが、アーケードでは初となる。
      PS2版ではヘアピンコーナーがデフォルメされていたが、今回もヘアピンコーナーの低角度化、コーナー外路肩の大幅拡張という形でデフォルメされている。
      また、PS2版の滑りやすさの名残なのだろうか、ドリフト中のオーバーが激しく他コースを圧倒するほど滑りやすく、PS2版よりも難易度が上がっている。
    • ※「箱根」と「もみじライン」は稼働直後では選択できなかった*4が、2014年8月8日に「もみじライン」のみが追加された。
      2014年9月18日にバージョンアップ(version1.2)として「箱根」が追加された。
    • 海外版ではロケテとして箱根が早くも解禁されていた。
  • コースの並び順変更
    • 難易度を基準に根本的に変更。秋名湖〜いろは坂までは前作同様だが、それ以外の順番は大きく異なる。
  • コースの難易度変更
    • 赤城と秋名が「上級」から「中級」に、筑波が「超上級」から「上級」へ変更された。
  • コースの削除
    • D7の追加コースであった土坂(雪)と筑波(雪)が何故か廃止された。因みに両方原作未登場のオリジナルコースである。

その他

  • BGM選択時にビューボタンで変更すると、BGMのサビが流れるようになった。
  • コースのカーブ予告が表示されるようになった。カーブ予告は設定画面で表示・非表示が選択できる。
  • Version1.2からはタイムアタック時のみ、ドライビングラインが表示できるようになった。ドライビングラインは設定画面で表示・非表示が選択できる。
  • ファクトリーメニューが追加され、ゲーム筐体からでも、D.NET利用権30日分入会可能(コイン3枚)や、無料でガレージの閲覧が可能になった。
  • PS2版やVer.3までオプション設定で存在していた、「紙コップ」が復活。壁ヒットや溝またぎの失敗によって水がこぼれる演出が入り、「水量」と書かれたゲージが減る。壁ヒットの衝撃が大きいほど、水量ゲージが多く減る。
  • 全国対戦で後ろにいると、先行時に比べて黄ドリが出にくい仕組みになっている。
  • 全国対戦で100m以上離して勝ち続ける、同じコースで勝ちすぎる、ゴールタイムが極端に速すぎる(TAタイムでプラチナ以上)といういずれかの条件を満たすと、低いランクからでもA3ランクまで特別昇格する場合がある。
  • 今回はマッチングはクラスごと。ただ同じクラスが居ない場合は上下のクラスとマッチングする可能性がある。
  • 昇格戦は、昇格先のランクと同等のマッチングクラスとなる。*5場合によっては昇格前と同じクラスでマッチングする場合もある。
  • 今作の全国対戦ではD6までと同様にマイキャラゲージを獲得できる。
  • チューニングに必要なポイントが前作より安くなった。また、1度SPEC5チューニングを全て完了した車両を再度購入する時、ハチロク等の車にある、最終チューニングのパワーチューンをもう一度選ぶことができる。
    再度購入時はお金を入れず無料で入れ替え可能だが、その際色は初期色から選ぶようになり、部品やエアロ等は組み直しとなる。
    ※ちなみに渉のレビン、啓介と恭子のFD等の選択式ロールバーも選ぶことが出来る。
    ※全車種に言えることだが、車のチューンスペック状況のみ保存する仕様となっており、スペック途中で削除した場合は再購入後そのチューンスペックの最初からやり直しとなる。
  • タイムアタックのランクごとのタイム基準が前作より厳しくなった。スペシャリストランクは前作より手を抜いた走りでは取れないのでコースを覚える、本気を出して挑むことが求められている。また番車を使わないと取れないコースも存在する。
  • 今作ではアルミホイールメーカーのSPEED STAR WHEELのロゴがtanabeになっている。SPEEDSTARは2005年1月に自己破産しており、2005年10月にtanabeがSPEEDSTARの事業を買収しているため、それに合わせたと思われる。

Menu

 
 
 
 
 
 
 
 
 

最新の15件

2017-04-26 2017-04-25 2017-04-23 2017-04-18 2017-04-01 2017-03-30 2017-03-28 2017-03-24 2017-03-17 2017-03-15

今日の10件

  • counter: 330259
  • today: 33
  • yesterday: 28
  • online: 13



*1 頭文字D Zeroの正式稼働後に専用ページが開設される予定。
*2 アニメ等では「会川」という名前で登場。
*3 アニメ等では「一条」という名前で登場。
*4 「もみじライン」は稼働直後でも公道最速伝説で走行はできた。
*5 例えばB1→A3の昇格戦ならば、マッチングクラスはA3となる。