SPRINTER TRUENO GT-APEX(AE86)


SPRINTER TRUENO GT-APEX(AE86)

頭文字D本編では主人公である藤原拓海、そして第2部後半ではニセプロジェクトDのニセ拓海も搭乗する、通称『ハチロク』。

1983年5月に姉妹車のレビンと共に発売された、5代目スプリンターのクーペモデル。
トレノ最後のFRモデル*1としても知られ、古典的なFR挙動*2に新設計の1.6L直4エンジン「4A-GEU」が搭載されている。

外観以外の設計はレビンと同じで、レビンの保守的な固定式ライトに対しトレノは革新的なリトラクタブルライトを採用*3
だが新車販売当時のトレノはその外観が受けず、「ハチロクといえばレビン」と言われるほどレビンの方が人気だった*4
走り屋に至っては、ハチロクよりも2代目スターレットの方が人気があり*5、ハチロクは普通の車*6と認識される事が多かった。
しかし頭文字D連載開始後に人気が爆発、以降グレードや状態を問わず高値が付く超人気車となっている。

ボディは2ドアノッチバックと3ドアハッチバックが存在したが、拓海のトレノは3ドアの前期型GT-APEX*7である。

ゲームにおいては、Ver.3までは「速いが不安定で直線や雨天に弱い」という弱点があったが、D4以降では原作での主役車らしく扱いやすさと速さを兼ね備えた万能車となり、その性能から使用人口及び全国対戦での遭遇率も高かった。
現在のD0では従来の高性能から多少弱体化し、タイヤ残りは良いのだがコーナリングが遅くなったため、使用人口は減少している。
ただし、対戦バランス調整による2度の強化が行われ、腕さえあれば対戦でも普通に使える程度の性能になってはいる。

タイムアタックではシリーズ問わず原作通りの秋名下りで圧倒的な速さを発揮、D4以降は他コースで上位に入ることもしばしば。
但し秋名下りのトップに関しては、D7では86GT、D0ではトレノの弱体化も祟ってかFC3SNA1に奪われている。

SPEC-5の最後で選べる3種類のエンジン仕様によって次の点で異なる。

  • レース用エンジン - 3ドアトレノ専用チューン。原作同様11000rpmまで回るようになり、高速域がより伸びるようになる。
  • ボルトオンターボ - これのみアクセルオフ時にマフラーから火を吹く。中〜高速域が若干伸びるがターボラグも起こる。
  • スーパーチャージャー - 戦闘機のような特徴的な排気音になり、低〜中速域が若干伸びるようになる。ターボラグは少ない。

D4からチューニングに「ロールバー」が追加されたが、D4はパープルシャドウ戦までの設定なので拓海仕様ではなかった*8
D5以降では拓海仕様としてロールバーを装着することが出来る。

D5で追加されたニセプロジェクトD仕様のミラー及びエアロパーツを装着すると、85年5月以降の後期型にすることが出来る。
但し、この内のエアロパーツのみ、他のパーツとはカラー・パーツシステム上の扱いに関する仕様違いが多いので注意が必要。

  • 純正のハチロクやハチゴーと比べて、これらはバンパーの黒い部分が若干薄く、僅かに灰色がかって見える。
    下記の会員専用カラーに塗装した場合、他の純正系パーツはバンパーが黒のままだが、これらはバンパーも塗装されてしまう。
  • リアバンパーは、パーツシステム的にはリアスポイラーも兼ねている様で、リアスポイラーを装着すると純正に戻ってしまう。

余談だが後期型が生産されていた1986年には、3ドアGT-APEXの特別仕様車として「ブラックリミテッド」が販売されていた。
ゲーム内ではD.NET有料会員専用カラーの「ブラック」を選択するとリアやサイドの文字がオレンジ色に変わるため、類似するパーツ*9を装着するとこれをほぼ再現できる*10
その他の会員限定カラーの「ホワイト」「イエロー」「ブルー」「レッド」の4色は前期型のGT-APEX以外のグレードに設定されていたカラーの再現である*11
ただ「ブルー」は実際に設定されていた「ブルーメタリック」とは色味が異なり、こちらの方が明るい色合いをしている。
D0で本車とS13シルビアにEXカラー「グンマーイエローツートン」が追加された*12が、実際は名称通りの架空カラーである。

(最高出力:130ps/6600rpm 最大トルク:15.2kg-m/5200rpm)

※背景がで書かれているパーツは、D5で追加されたパーツ。

メーカーギア駆動方式吸気方式搭乗者1搭乗者2
トヨタ5速FRNA藤原拓海ニセプロジェクトD


カラーラインナップ

ハイテックツートン(初期色)・藤原拓海・ニセプロジェクトD
ハイフラッシュツートン
ハイメタルツートン
D.NET有料会員専用カラー
ホワイト
イエロー
ブルー
レッド
ブラック
オレンジ
ピンク
EXカラー
グンマーイエローツートン


チューニング

SPEC 1
機械式LSD
タワーバー
レーシングブレーキパッド
アーシング
エアクリーナー
SPEC 2
軽量フライホイール
強化ダクト
メッシュホース
フロントラダーバー
レーシングプラグ
SPEC 3
強化クラッチ
高性能サスペンション
スポーツ触媒
ドライバッテリー
オイルクーラー
リアラダーバー
ハイリフトカムシャフト
SPEC 4
軽量化(Lv1)
強化スタビライザー
ポート研磨
ROM書き換え
ロールバー・藤原拓海(プロジェクトD後期)
EXマニホールド
サブコンピューター
強化サスアーム
SPEC 5
ビッグキャリパー
軽量化(Lv2)
イグニッションコイル
ボアアップ
大容量ラジエター
フルコンピューター
レーシングキャブレター
大口径ブレーキローター
スポット増し
パワーSPチューン:レース用エンジン*13藤原拓海(前期以外)
パワーSPチューン:ボルトオンターボ
パワーSPチューン:スーパーチャージャー
※エンジン仕様(パワーSPチューン)で選択できるのは一種類のみ(D8では変更可能)



用品系パーツ

マフラー

メーカー名パーツ名
FUJITSUBOMC50・藤原拓海
頭文字Dマフラー・ニセプロジェクトD
Techno PRO SpiritT-Specチタン
Crystal Body YokohamaC.B.Y.Titanium
Jubiride砲弾直管マフラー
FUJITSUBOLegalis
5ZIGENROCKET MUFFLER 2000
柿本改HYPER2000 FULLMEGA N1+Single
TRUSTdd Muffer

ホイール

メーカー名パーツ名
RS-WatanabeEIGHT SPOKE(BLACK)・藤原拓海
頭文字Dアルミホイール(SILVER)・ニセプロジェクトD*14
TOYOTAアルミホイール(SILVER)*15
TOM'Sトムスラリー(SILVER)
RAYSVOLK Racing Wheel TE37(BRONZE)
RAYSVOLK Racing Wheel TE37(WHITE)
YOKOHAMAADVAN A3A(RED)
YOKOHAMAADVAN A3A(SILVER)
YOKOHAMAADVAN RACING Oni(SILVER)
ENKEIRacing RP01(WHITE)
ENKEIRacing RP01(SILVER)
WORKEquip(GOLD)
WORKEquip(SILVER)
SPEED STAR WHEELSSR STAR SHARK(BLACK)
SPEED STAR WHEELSSR MARK III(GOLD)
SPEED STAR WHEELSSR MARK III(SILVER)

ミラー

メーカー名パーツ名
TOYOTAドアミラー・ニセプロジェクトD*16
Techno PRO Spiritエアロミラー
Crystal Body Yokohamaエアロミラー
EAST BEAR SPORTSエアロミラー
GANADORスーパーミラー

ステッカー

メーカー名パーツ名
頭文字D藤原とうふ店ステッカー・藤原拓海
頭文字D秋名スピードスターズステッカー
頭文字D赤城レッドサンズステッカー
頭文字D妙義ナイトキッズステッカー
頭文字Dエンペラーステッカー
頭文字DニセプロジェクトDステッカー・ニセプロジェクトD

その他

メーカー名パーツ名
TOYOTAドアバイザー・藤原拓海(プロジェクトD後期以外)

ボディカラー

カラーカラー名
ハイテックツートン
ハイフラッシュツートン
ハイメタルツートン
ホワイト
イエロー
ブルー
レッド
ブラック
オレンジ
ピンク
SPグリーン・グラデーション
SPレッド・グラデーション
SPブルー・グラデーション
SPイエロー・グラデーション

トランスミッション

チューン内容
オートマチックトランスミッション
マニュアルトランスミッション
※初期状態では、購入時に選択したものが選ばれている。


エアロ系パーツ

エアロセット(フロント・サイド・リアバンパー)

メーカー名パーツ名
TRDTRD エアロセット*17
GOOD LINEGOOD LINE エアロセット
D.speedD.speed エアロセット
j.bloodj.blood エアロセット

フロントスポイラー

メーカー名パーツ名
CIBIET353・藤原拓海
頭文字Dフロントバンパー・ニセプロジェクトD
TOYOTAフロントスポイラー
Crystal Body YokohamaCBY N2フロントバンパー
Jubirideフロントバンパースポイラー
BN Sportsフロントバンパー

サイド/フェンダー

メーカー名パーツ名
TOYOTAサイドマッドガード
Crystal Body YokohamaCBY サイドステップ
Jubirideサイドステップ
BN Sportsサイドステップ

リアバンパー

メーカー名パーツ名
頭文字Dリアバンパー・ニセプロジェクトD*18
Jubirideリアバンパースポイラー
BN Sportsスポイラー

リアスポイラー

メーカー名パーツ名
頭文字Dアクリルウインドウ付きリアゲート・藤原拓海(プロジェクトD後期)*19
TOYOTAリアスポイラー
TRDリアスポイラー
Crystal Body YokohamaCBY リアゲートTYPE II + CUSCO GTウイング
j.bloodリアスポイラーTYPE II
CUSCOGTウイングタイプ2

ボンネット

メーカー名パーツ名
頭文字Dカーボンボンネット・藤原拓海(プロジェクトD前期・後期)*20
TRDカーボンボンネット
TRDボンネットフード
GOOD LINEFRPエアロボンネット
j.bloodボンネットTYPE3



キャラクター仕様一覧

藤原拓海仕様(藤原とうふ店前期)
項目パーツ名メーカー名
フロントスポイラーT353CIBIE
その他ドアバイザーTOYOTA
マフラーMC50FUJITSUBO
ホイールEIGHT SPOKE(BLACK)RS-Watanabe
ステッカー藤原とうふ店ステッカー頭文字D
ボディカラーハイテックツートン
ナンバー群馬55 お 13-954 / 群馬50 せ 2-674(Zero)


藤原拓海仕様(藤原とうふ店後期・プロジェクトD初期)
項目パーツ名メーカー名
フロントスポイラーT353CIBIE
その他ドアバイザーTOYOTA
マフラーMC50FUJITSUBO
ホイールEIGHT SPOKE(BLACK)RS-Watanabe
ステッカー藤原とうふ店ステッカー頭文字D
チューニングSPEC-5・レース用エンジン
ボディカラーハイテックツートン
ナンバー群馬55 お 13-954


藤原拓海仕様(プロジェクトD前期)
項目パーツ名メーカー名
フロントスポイラーT353CIBIE
ボンネットカーボンボンネット頭文字D
その他ドアバイザーTOYOTA
マフラーMC50FUJITSUBO
ホイールEIGHT SPOKE(BLACK)RS-Watanabe
ステッカー藤原とうふ店ステッカー頭文字D
チューニングSPEC-5・レース用エンジン
ボディカラーハイテックツートン
ナンバー群馬55 お 13-954
原作では埼玉遠征中に「ドアバイザー(TOYOTA)」が外されている*21


藤原拓海仕様(プロジェクトD後期)
項目パーツ名メーカー名
フロントスポイラーT353CIBIE
リアスポイラーアクリルウインドウ付きリアゲート頭文字D
ボンネットカーボンボンネット頭文字D
マフラーMC50FUJITSUBO
ホイールEIGHT SPOKE(BLACK)RS-Watanabe
ステッカー藤原とうふ店ステッカー頭文字D
チューニングSPEC-4・ロールバー
チューニングSPEC-5・レース用エンジン
ボディカラーハイテックツートン
ナンバー群馬55 お 13-954


ニセプロジェクトD仕様
項目パーツ名メーカー名
フロントスポイラーフロントバンパー頭文字D
リアバンパーリアバンパー頭文字D
ミラードアミラーTOYOTA
マフラーマフラー頭文字D
ホイールアルミホイール(SILVER)頭文字D
ステッカーニセプロジェクトDステッカー頭文字D
ボディカラーハイテックツートン
ナンバー熊谷500 に 29-679
原作では「サイド/フェンダー・サイドマッドガード(TOYOTA)」が装着されている。

登場車種へ戻る

Menu

 
 
 
 
 
 
 
 
 

最新の15件

2018-09-20 2018-09-18 2018-09-12 2018-09-11 2018-09-10 2018-09-05 2018-08-30 2018-08-26 2018-08-22

今日の10件

  • counter: 224047
  • today: 6
  • yesterday: 28
  • online: 3


*1 セダンモデルは居住性やコストの観点から、この5代目でFFへと変わったのに対し、スポーツモデルであるトレノは先代TE71型のシャシーを改良使用し、FRを維持した。
*2 当時のFR車の挙動は「ハンドル切り始めはダルなアンダー」で「ある一点を過ぎると急激にオーバー」というクセのあるものだった。
*3 その外観から、トレノの3ドアは「ミニセリカXX」、レビンの2ドアは「ミニソアラ」と呼称される事もあった。
*4 シルエイティと同じく、トレノのリトラクタブルライトよりもレビンの固定式ライトの方が軽く、フロントが破損した際も修理費が安く済むというメリットもあった。
*5 当時、同じFR駆動車でありながら既にモデル末期で車両価格がトレノやレビンより安く、またアフターパーツも豊富で改造や修理にも富んでいた。
*6 特に当時の流行であったツートンカラー車は、頭文字D連載前は「お洒落な車=軟派な車」とも受け取られていた。当時の中古車市場においてもハチロクは単色が多く、状態良好でも100万円以下で投売りされていることが多かった。
*7 スパルタングレードの「GTV」をベースに、リアワイパーやパワーステアリング、デジタルメーターといった快適装備を充実させた最上位グレード。
*8 原作ではRTカタギリ戦の前にロールバーが着けられたが、D4のロールバーの形状は同じだった為、D4以降の原作仕様を作ることも出来た。
*9 「Equip(GOLD)(WORK)」、「ドアミラー(TOYOTA)」、「フロントバンパー(頭文字D)」、「サイドマッドガード(TOYOTA)」、「リアスポイラー(TOYOTA)」または「リアバンパー(頭文字D)」
*10 ただし厳密にはホイールやリアのデザインが異なり、車名・グレードのステッカーは金色、ドアサイドの「BLACK LIMITED」のステッカーは再現されていない為、あくまでそれに近い仕様である。
*11 前期型ではツートンカラーは「GT-APEX」のみに設定されていた。84年の中期型以降からは3ドアの「GTV」及びAE85の「SR」にもツートンカラーがオプション設定された。
*12 D0のプレロケテストにて最もチームポイントを稼いだ店舗により、特典である製品版で特殊カラーが追加される車2台と特別マイフレームが変わる方式であった。
*13 Ver.3まではVTECエンジンのエンジン音が流用されていた。
*14 元ネタはTeam Dynamics RacingのPro Race 1.2と思われる。
*15 前期型の「GT-APEX」と3ドアの「GTV」、2ドアの「GT」にオプション設定されていたアルミホイール。Ver.3までのハチロクトレノにはこれが標準装備されていた。
*16 84年の中期型以降から標準装備されていた可倒式ミラー。
*17 レース仕様車「TRD N2」に装着されていたエアロパーツ。「リアスポイラー・リアスポイラー(TRD)」をセットで装着すると「TRD N2」仕様になる。
*18 リアランプが変わる他にエンブレム、車名やグレードの刻印も無くなる。
*19 元ネタはj-bloodの「FRPリアハッチ・ストリート」と思われる。
*20 元ネタはj-bloodの「カーボンボンネット Type-1」と思われる。
*21 厳密には、秋山延彦とのバトル中に消滅している。