Fairlady Z(S30)


Fairlady Z(S30)

コラボ作品「湾岸ミッドナイト」の主人公・朝倉アキオが搭乗する、通称「S30Z」。
THE ARCADEと「湾岸ミッドナイト」とのコラボイベント開催を機に初登場した、頭文字Dアーケードシリーズ初のクラシックカーである。*1

1969年にS310型ダットサン・フェアレディの後継車種としてデビューし、Z33を含めた歴代「Z」の系譜の原点となったクルマである。ポルシェ・911に匹敵する性能を持ちながら庶民にも手が届く良心的な価格設定と、日産を代表する名機である直列6気筒SOHCエンジン「L型」をはじめとしたシンプルかつ整備性の高い機構を多数採用した事による耐久性の高さから、北米を中心に世界的なヒットを果たした。*2

本車は前述の通りL型エンジンを搭載しているが、L型は排気量・吸気方式や果てには気筒数によっても様々なバリエーションが存在し、S30型では2.0L〜2.8LまでのL型をそれぞれ搭載した通常生産モデル*3と「ハコスカ」ことPGC10 / KPGC10型スカイライン2000GT-Rに搭載されたS20型エンジンを搭載した限定生産モデル・Z432、及び同モデルの競技ベース仕様・Z432-Rが用意された。*4

収録モデルは原作での設定やミッション段数から推測するに、最初期型の69年式Z-Lモデルと思われる。*5

アキオの駆る「悪魔のZ」は、本車をベースに2.8L仕様のL28型エンジンへ換装*6。地獄のチューナー・北見淳*7の手によって3,134ccまで排気量を拡大した3.1L仕様とした後、2基の三菱重工製・TD06タービンを組み込む事でツインターボ化。600馬力のパワーと80kg-mのトルクを発揮し300km/hという最高速を叩き出すモンスターマシンである。しかし、時折ドライバーの操作に逆らって自ら意志を持つような挙動を示し、幾度となく大クラッシュを引き起こして何人ものドライバーの人生を狂わせた「呪われたクルマ」として恐れられる存在となる。*8

前述した湾岸での大事故の後、北見の旧友であるボディ製作者・高木優一による1ヵ月のボディ修復作業で復活を果たし*9、同じく高木の手でボディ剛性の追加補強や見直しに加えて、ドライカーボン製アンダーパネル及びルーフパネルの装着。ECUセッティングの鬼・富永公によるキャブレターセッティングに点火タイミングのデジタル化。大御所チューナー大田和夫の娘・大田リカコの手によるドライサンプ化*10。超一流のタービン屋・木村のとっつぁんによる「幻のF1タービン」と呼ばれる大当たりのIHI製・RHC6 RACINGタービン*11への換装など、幾多のチューニングやセッティングを経て、暴力的なパワーはそのままに以前のような狂暴性を抑える事に成功する。

以降はドライバーに逆らって事故を起こす事も無くなった事から、「ヤマモトスピードの32R」や「Rのヴィーナス」とも呼ばれる白い32R乗りの女性・秋川零奈*12や、前述したブラックバードこと達也に、製作者である北見の他、元チューニングショップ専属ドライバーの自動車評論家・城島洸一*13など、様々な乗り手が悪魔のZをドライブしている。

因みに湾岸最高速仕様のチューンドという事から、頭文字Dのメインステージとなっている峠道とは縁が無さげなイメージがどうしても付きまとうが、本編中*14にアキオと悪魔のZは箱根・芦ノ湖の湖畔に敷設されたタイトな峠道「芦ノ湖スカイライン」を幾度か訪れている。特に21巻において城島と共に箱根を訪れた際には、雑誌撮影の為に箱根の峠道を走るプロドライバーをカモって遊ぶレベルの速さを持つ地元最速のFD乗り・オキを全力で逃げる背後から追い立ててプレッシャーを掛け、最後にはスピンアウトに追い込む程の走りを見せている*15

(最高出力:130ps/6,400rpm 最大トルク:17.5kg-m/4,400rpm)

メーカーギア駆動方式吸気方式搭乗者
日産5速FRNA朝倉アキオ


カラーラインナップ

グランプリレッド
ミッドナイトブルー*16
グランプリホワイト
グランプリシルバー
グランプリグリーン
グランプリマルーン
グランプリブルー
EXカラー
コーラル
ライトニングイエロー
ダークパープルメタリック
ブルーグリーンメタリック
DXカラー
メタリック・レッド
メタリック・ブルー
メタリック・グリーン


チューニング

チューン内容チューンポイント
機械式LSD10pts
タワーバー10pts
エアクリーナー10pts
高性能サスペンション10pts
オイルクーラー10pts
ハイカムリフトシャフト10pts
ロールバー10pts
EXマニホールド10pts
ポート研磨10pts
フルピロボール化サスペンション10pts
レーシングブレーキパッド10pts
ボアアップ10pts
大容量ラジエター10pts
レーシングキャブレター10pts
L28改エンジン+ボルトオンツインターボ / NAメカチューン*1710pts
FULL TUNE 合計150pts


用品系パーツ

マフラー

メーカー名パーツ名
湾岸ミッドナイトスポーツマフラー・朝倉アキオ

ホイール

メーカー名パーツ名
PanasportFORMULA ONE FS(SILVER)・朝倉アキオ*18
RAYSVOLK Racing Wheel TE37(BRONZE)
RAYSVOLK Racing Wheel TE37(WHITE)
RAYSVOLK Racing Wheel CE28N(BRONZE)
RAYSVOLK Racing Wheel CE28N(MERCURY SILVER)
柿本改Super N-GT(BLACK)
RAYSVOLK Racing Wheel TE37V(BRONZE)
RAYSGram Lights 57CR(SAKURA PINK)
RAYSTE37 SAGA TIME ATTACK EDITION(MATTE BLACK)
Weds SportSA35R(BLUE LIGHT CHROME2)
RAYSTE37 SL(PRESSD DOUBLE BLACK)
RAYSZE40(DIAMOND DARK GUNMETALLIC)

ミラー

メーカー名パーツ名
湾岸ミッドナイトエアロミラー・朝倉アキオ

アライメント

チューン内容
ネガティブキャンバー3゜
ネガティブキャンバー7゜


エアロ系パーツ

エアロセット(フロント・サイド・リアバンパー)

メーカー名パーツ名
PANDEMWIDE BODY KIT

フロントスポイラー

メーカー名パーツ名
湾岸ミッドナイトフロントエアダムスポイラー*19朝倉アキオ

サイド/フェンダー

メーカー名パーツ名
湾岸ミッドナイトオーバーフェンダー・朝倉アキオ

リアスポイラー

メーカー名パーツ名
湾岸ミッドナイトダックテールスポイラー・朝倉アキオ
PANDEMWING

ボンネット

メーカー名パーツ名
湾岸ミッドナイトボンネットフード*20朝倉アキオ


キャラクター仕様一覧

朝倉アキオ仕様
項目パーツ名メーカー名
フロントスポイラーフロントエアダムスポイラー湾岸ミッドナイト
サイド/フェンダーオーバーフェンダー湾岸ミッドナイト
リアスポイラーダックテールスポイラー湾岸ミッドナイト
ボンネットボンネットフード湾岸ミッドナイト
マフラースポーツマフラー湾岸ミッドナイト
ホイールFORMULA ONE FS(SILVER)Panasport
ミラーエアロミラー湾岸ミッドナイト
ボディカラーミッドナイトブルー
チューニングL28改エンジン+ボルトオンツインターボ
ナンバー横浜33 て 5-368*21
原作初期*22では、
「フロントスポイラー・フォグ付フロントエアダムスポイラー(湾岸ミッドナイト)」
「ミラー・ノーマル(NISSAN)」
「リアバンパー・後期型純正テールランプ(NISSAN)」が装着されている。
地上のゼロ編*23では、
「フロントスポイラー・240ZG純正 グランドノーズ(リップスポイラー付)(湾岸ミッドナイト)」が装着されている。

登場車種へ戻る

Menu

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

最新の15件

2021-10-18 2021-10-17 2021-10-16 2021-10-15 2021-10-14 2021-10-12

今日の10件

  • counter: 5189
  • today: 10
  • yesterday: 21
  • online: 5


*1 日本クラシックカー協会による定義では「1975年までに生産された車両および同モデルの1979年式まで」とされており、ハチロクトレノ3ドア及び同2ドアハチロクレビンハチゴーレビンといったAE86シリーズは83年デビューの為にクラシックカーには含まれない。ただし、FC32GT-Rともども「ネオ・クラシックカー」には分類される。
*2 最も好評を博した北米では「Datsun Z(ダッツン・ズィー)」や「Z-Car(ズィー・カー)」という愛称で親しまれた。
*3 2.0LのL20型エンジンを搭載するベースグレードのZと、5速MT等の豪華装備が奢られた上級グレードのZ-L。71年に追加された、輸出向けモデル専用の2.4L・L24型エンジン搭載の240Zと240Z-Lに加え、グランドノーズ(Gノーズ)と呼ばれる専用エアロパーツとオーバーフェンダーで武装した240ZG。本来は輸出専用として設定され、後に沖縄のみで限定販売された2.6LのL26型エンジンを搭載した260Z。そして完全な輸出専用モデルである、2.8LのL28型エンジンが搭載された280Zの7モデル。
*4 またボディもベースとなる2シーター仕様と、ホイールベース延長とボディ形状変更によってリアシートを設けた4人乗りモデルの2by2仕様の2種類が存在する。この他にも後に有志により実車化したワゴンモデルやオープン仕様のコンバーチブルモデルといった、計画上やクレイモデルでのみ存在したバリエーションもある。
*5 原作第1巻にて、アキオの知人・黒佐が経営する解体屋から引き上げて復活させた後、ブラックバードとのバトル中に1度目の事故を起こすまでの間は後期型用の純正テールランプを装着していた。これは原作のみの設定でアニメ版・実写版・ゲーム版(Genki製湾岸ミッドナイト・湾岸ミッドナイトR・湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNEシリーズ)では通して前期型用の純正テールランプを装着している。
*6 当時のL28は日本国内では入手できなかったため、輸出仕様のエンジンを逆輸入したと思われる。これは当時19歳の北見が第三京浜道路にて悪魔のZに初めて遭遇した後、横浜の港で当時のオーナーにZのエンジンルームを初めて見せてもらった時から搭載されており、当初はソレックス製キャブレターと社外製タコ足(エキゾースト・マニホールド)にデュアルマフラーのみの、所謂「ソレ・タコ・デュアル」という当時の定番ライトチューン仕様だった。
*7 公道最高速仕様のチューンドカー製作を得意とするチューナーで、自身が製作した悪魔のZとはまた別のS30Zを駆りプライベーターとして富士スピードウェイのレースに出場。有り余る程の強大なパワーから大雨の降り頻る決勝はリタイアこそしたものの、当時無敵を誇っていたマツダワークスチームのロータリー車を差し置いて、予選でポールポジションを獲得する程の速さを見せて一気にその名を売る。その数日後、件のレースに持ち込んだS30Zに無理矢理ナンバープレートを装着し、東名高速道路にて最高速アタックを敢行した末に車両が大破炎上する程の大事故を起こすものの、奇跡的に一命を取り留める。その2年後に先述した最高速系チューナーとして復帰。ベース車両やエンジンは問わずに様々なマシンを製作するが、多くの乗り手がその強大なパワーと速さを持つマシンを制御しきれずにクラッシュし、即死級の大事故が起こり続けたためにこの呼び名が付いた。そして29歳の時にとある解体所にて雨ざらしにされていた悪魔のZと再会。3.1Lに排気量を拡大した後、ツインターボ仕様へと進化させて強大なパワーを与えたが、その翌年に工場は廃業へと追い込まれた上に自身の家族も彼の許を去っていった。現在は「北見サイクル」という自転車店を経営しており、悪魔のZやブラックバードのチューン及びセッティングは自宅付近の貸し工場を借りて行っている。
*8 アキオと同姓同名で、ブラックバード・島達也の親友であった元オーナー・朝倉晶夫もこのクルマによって起こした事故で命を落とし、アキオ本人も物語序盤において3回クラッシュを経験。そして首都高速湾岸線での最高速バトルの最中に幅寄せしてきた大型トラックと衝突事故を起こし、遂には大破炎上する。
*9 この修復作業でボディ剛性の更なる向上が果たされた事や、同時進行で北見がエンジンを組み直した事により、最高速度が330km/hにまで引き上げられた
*10 エンジン下部にオイルパン(オイルタンク)を設け、自由落下によってオイルを回収した後にフィードポンプ(送油ポンプ)でエンジン内部へ送り循環させる一般的なウェットサンプ方式に対し、スカベンジポンプ(吸入ポンプ)によって強制的にエンジン内部のオイルを回収し、オイルパンとは別に設けられた専用のリザーバータンクに溜めてからフィードポンプでエンジン内部へ送って循環させる方式。機構の複雑化によるコストの増加やオイルライン関係のトラブル発生率の上昇といったデメリットはあるものの、オイル供給の安定化によるエンジンコンディションの改善や、ポンプ吸入によってエンジン可動部のオイル量が減少する事による抵抗削減と数パーセントの出力向上、オイルパンの排除によってエンジンの取付位置を下げる事でクルマ全体の重心低下が図れる等、様々なメリットが存在する。エンジン換装後の拓海のハチロクに搭載された4A-GE改・超高回転仕様にも同様の機構が採用されており、作中では涼介の口から重心の低下が最大のメリットとして挙げられているが、本来はオイル供給の安定化に伴って生まれた副産物である。
*11 実際にF1タービンと呼ばれているのは同社製のRX6タービンで、ペケロク等の愛称でも親しまれている。RHC6はRX6と同じビックタービンだが、扱いやすさを重視して開発されているためにIHI製タービンの中では控え目な性能となっているが、他社製タービンと比較しても強大なパワーを引き出せる事やパーツの加工・流用でRX6風にも仕立て上げられた事から、RX6と並んでF1タービンと扱われる事も多い。
*12 ただし零奈はアキオから無断で拝借する形で、大破炎上する前の悪魔のZをドライブしている。後には「アキオ以外で最も悪魔のZに近い乗り手」と称された。
*13 なお、城島が試乗した際に悪魔のZはエアコンレス仕様という事が発覚。90年代末までの500馬力オーバークラスのハイチューンドカーは、エアコンを作動させると急激な水温・油温の上昇といったコンディションの悪化や出力低下を招いた事に加え、エアコン自体の重量も中々の重さである事から取り外してしまうケースが殆どであった。しかし元々ピーキーな特性を持つキャブターボ仕様の悪魔のZの運転はかなりの神経を使う事に加え、600馬力クラスのハイチューンド特有のエンジンルームからの強烈な排熱や加速・減速・旋回時に掛かるGによる身体的負担によって汗だくとなってしまった城島は「ハズすなってエアコンぐらい ちゃんとイイのつけとけよォ」とエアコンが無いことを嘆いていた。
*14 原作コミック2巻「テスタロッサ・3」・21巻「御殿場・2〜3」
*15 バトル前にオキが「ソレって首都高セッティングなワケでしょ?」と忠告したように峠にはギア比や足回りのセッティングなどが合っていないような気がするが、早めにクルマの向きを変えてから低速ギアでパワー任せに加速していると思われる。実際、アキオはオキのスピンアウト後「殆ど倍のパワーがあったから着いて行けた」と語っており、オキのFDはポート研磨・パイピング強化等が施された350馬力のブーストアップ仕様なのに対して、アキオの悪魔のZは先述した通りの約600馬力の最高速仕様フルチューンで、パワーだけを比較すると250馬力程の大きな差が存在する。
*16 コラボ期間中のみ獲得出来るカラーで、コラボ終了後は既に獲得している場合を除き獲得不可となる。
*17 Ver.1.05より追加。ルート属性がDH(ダウンヒル)になる。
*18 原作などではRS-WatanabeのEIGHT SPOKEであるが、DACでRS-Watnabeが消滅してしまったため。
*19 ナンバープレートが取り外される。また、原作ならびに「湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE 6」以降ではヘッドライトカバーが装着されている。
*20 純正エンブレムが取り外される。また、原作ではフロントウインドウ付近の開口部にNACAダクトとボンネットピンが設けられている。
*21 原作と湾岸マキシではハイフンの位置が異なり「横浜33 て 53-68」。実写映画版は「横浜33 つ 53-68」、PPVアニメ版は「横浜33 て 53-681」となる。
*22 原作単行本1巻収録「S30Z」
*23 原作単行本34〜38巻に収録