SAVANNA RX-7 ∞III(FC3S)


SAVANNA RX-7 ∞III(FC3S)

頭文字D本編では、「赤城の白い彗星」と呼ばれた高橋涼介が搭乗する、通称『FC』。

1985年9月に発売された、2代目サバンナRX-7。
先代SA型での12A型エンジンよりも排気量をアップした、654cc×2のロータリーターボエンジン「13B-T」を搭載。
まだ車体バランス云々の評論が少なかった時代に、前後バランスに拘って作られたシャシーは当時画期的存在であった。
ただ、リアゲートはハッチバックを維持した事でパワーに対しリア剛性が不足、テールハッピーな挙動となってしまった。*1
この挙動から当時は「MR2と並び、並のドライバーでは乗りこなせない車だ」と言われるほどであった*2
だが原作での「セブンといえばFC」が表す様に、FD3Sの登場後も世界的に高い評価と人気を保ち続けている名車である。

作中に登場している「∞(アンフィニ)」は2シーター・ハイオク限定化、専用足回り等を装備したスパルタングレード。
∞は計8回台数限定販売*3され、涼介の「∞III」の「クリスタルホワイト」は89年版限定の希少色である*4

ゲームでは、Ver.3までは中位〜下位グループの車であったが、D4での性能均等化で各性能が大幅に向上。
以降はFD3S系よりパワー面で劣るものの、コーナリング面で優れるという、上位〜中位グループの性能となっている。
D0ではFD系と共に各性能が強化、FCも所謂バランスの良い強車となったが、アップデートでタイヤ磨耗が弱体化された。
対戦においてもR32の下方修正*5後は、R32・FD・86と共に対戦の主流となっており、遭遇率は非常に高い。

TAでは赤城が登場したVer.2から現在のD0まで、原作通りに下りの番車だが、他コースでも中〜上位に入る事も多い*6
また涼介が北条凛とバトルした箱根下りも速く、D8とD0 Ver.2でR32に次ぐ準番車となっている。

Ver.3まで装着可能だった藤田エンジニアリングのパーツは、D4以降で大幅に減少している。
D5では東堂塾戦(八方ヶ原)以降の涼介仕様のパーツ、D6で北条凛戦のパーツ、D7で第一部初期のパーツが追加された。
なお、北条凜戦仕様として追加されたFULL COWL SPLとエアロボンネットカーボンだが、原作とは僅かに形状が異なる*7

D.NET有料会員専用カラーの内、「シェイドグリーン」は2度目(90年2月)に発売された∞IIIで採用されたカラー。
「イエロー」「オレンジメタリック」は明記はされていないが、それぞれ前期型RX-8の「ライトニングイエロー」とNB型ロードスターの「エボリューションオレンジマイカ」の再現である。
「イノセントブルーマイカ」はNB型ロードスターの限定仕様車や後期型FD3Sに採用されたカラーである。

(最高出力:215ps*8/6500rpm 最大トルク:28.0kg-m/4000rpm)

※背景がで書かれているパーツはD5、水色はD6、はD7、はDACで追加されたパーツ。

メーカーギア駆動方式吸気方式搭乗者
マツダ5速FRTURBO高橋涼介


カラーラインナップ*9

クリスタルホワイト(初期色)・高橋涼介
ブリリアントブラック
シャドーシルバー
ウイニングシルバー
ブレイズレッド
ハーバーブルー
EXカラー
シェイドグリーン
イエロー
オレンジメタリック
イノセントブルーマイカ
プラズマグリーン


チューニング

チューン内容チューンポイント
機械式LSD10pts
タワーバー10pts
エアクリーナー10pts
高性能サスペンション10pts
ブーストアップ10pts
オイルクーラー10pts
ロールバー・高橋涼介(VS北条凛)10pts
トーコンキャンセラー・高橋涼介10pts
サイドポート加工10pts
強化クラッチ10pts
レーシングブレーキパッド10pts
大容量ラジエター10pts
Vマウントインタークーラー10pts
フルコンピューター10pts
ロータリーブーストダウンチューン・高橋涼介/ロータリーシングルターボチューン*1010pts
FULL TUNE 合計150pts


用品系パーツ

マフラー・ドレスアップトークン2枚

メーカー名パーツ名
頭文字D左出しマフラー・高橋涼介(赤城レッドサンズ中期・後期)*11
頭文字D右出しマフラー・高橋涼介(赤城レッドサンズ前期)
MAZDASPEEDスポーツサウンドマフラー
RE雨宮DOLPHIN TAIL TITAN MUFFLER
藤田エンジニアリングSonic HS-R
KNIGHT SPORTSFC605
R Magicテール90Φダブルテールマフラー
BORDERBurn Outマフラー
TRUSTパワーエクストリームTi-R マフラー

ホイール ・ドレスアップトークン2枚

メーカー名パーツ名
RS-WatanabeEIGHT SPOKE MAG F8(BLACK)・高橋涼介(赤城レッドサンズ後期, プロジェクトD)*12
PanasportFORMULA ONE C8FE(BLACK)・高橋涼介(赤城レッドサンズ後期, プロジェクトD)*13
WORKMEISTAR S1 3PIECE(SILVER)・高橋涼介(赤城レッドサンズ中期)
SPEED STAR WHEELSSR TypeC(BRONZE)・高橋涼介(VS北条凛)
頭文字Dアルミホイール(SILVER)・高橋涼介(赤城レッドサンズ前期)*14
MAZDAアルミホイール(SILVER)*15
MAZDASPEEDMS-01(SILVER)
RE雨宮AW-7(SILVER)
RAYSVOLK Racing Wheel TE37(BRONZE)
RAYSVOLK Racing Wheel TE37(WHITE)
RAYSVOLK RACING CE28N(BRONZE)
RAYSVOLK RACING CE28N(MERCURY SILVER)
YOKOHAMAAVS MODEL5(SILVER METALLIC)
YOKOHAMAADVAN Racing RG(GOLD)
YOKOHAMASuper ADVAN Racing SA3R(SILVER)
ENKEIRacing RPF1(SILVER)
SPEED STAR WHEELSSR TypeC(WHITE)
RAYSGram Lights 57CR(SAKURA PINK)
RAYSTE37 SAGA TIME ATTACK EDITION(MATTE BLACK)
Weds SportSA35R(BLUE LIGHT CHROME2)
RAYSTE37 SL(PRESSD DOUBLE BLACK)
RAYSZE40(DIAMOND DARK GUNMETALLIC)
RAYSVOLK Racing Wheel TE37V(BRONZE)
YOKOHAMAADVAN Racing TC-4(Racing Candy Red & Ring)
YOKOHAMAADVAN Racing TC-4(Racing Gunmetallic & Ring)
RAYS57DR LUMINOUS(LUMINOUS YELLOW)

ミラー ・ドレスアップトークン2枚

メーカー名パーツ名
頭文字Dサイドミラー・高橋涼介*16
RE雨宮SUPER AERO MIRROR TYPE I
藤田エンジニアリングエアロミラー
KNIGHT SPORTSエアフォイルミラー
R Magicエアロミラー
BORDERエアロミラー
EAST BEAR SPORTSエアロミラー

ステッカー

メーカー名パーツ名
頭文字D秋名スピードスターズステッカー
頭文字D赤城レッドサンズステッカー・高橋涼介(赤城レッドサンズ)
頭文字D妙義ナイトキッズステッカー
頭文字Dエンペラーステッカー

アライメント ・ドレスアップトークン1枚

チューン内容
ネガティブキャンバー3゜
ネガティブキャンバー5゜


エアロ系パーツ


フロントスポイラー・ドレスアップトークン3枚

メーカー名パーツ名
藤田エンジニアリングリップスポイラー・高橋涼介(赤城レッドサンズ)
頭文字Dフロントバンパー・高橋涼介(プロジェクトD)*17
RE雨宮FULL COWL SPL・高橋涼介(VS北条凛)
MAZDASPEEDフロントスポイラー
RE雨宮FULL COWL PRO
RE雨宮フロントハーフスポイラーVer.2
KNIGHT SPORTSフロントバンパースポイラー
KNIGHT SPORTSフロントハーフスポイラーW/ツインビーム
R MagicフロントハーフカウルTYPE II
BORDERフロントバンパーTYPE II
CHARGE SPEEDフロントスポイラーTYPE I
BN SportsフロントバンパーTYPE II

サイド/フェンダー・ドレスアップトークン2枚

メーカー名パーツ名
RE雨宮SIDE STEP PRO
KNIGHT SPORTSサイドスカート
R Magicサイドステップ
BORDERサイドステップ
BN Sportsサイドステップ

リアバンパー・ドレスアップトークン3枚

メーカー名パーツ名
RE雨宮リアサイドステップ+頭文字D マフラー・高橋涼介(VS北条凛)*18
RE雨宮リアサイドステップ
RE雨宮DIFFUSER PRO
R Magicリアアンダーハーフ
BORDERリアサイドディフューザー
BN Sportsリアバンパー

リアスポイラー ・ドレスアップトークン3枚

メーカー名パーツ名
頭文字Dウイングレス
Free StyleGT Wing・高橋涼介(VS北条凛)
MAZDASPEEDリアスポイラー
RE雨宮リアスポイラーGT II
RE雨宮リアスポイラーGT
KNIGHT SPORTSデュアルフラップリアウイング
R MagicリアスポイラーベタII
BORDERリアウイングTYPE I
C-WESTGT WING ALUMINIUM II
CHARGE SPEEDリアウイング
SARDGT-WING015
VOLTEXGT WING TYPE 12.5 SN

ボンネット ・ドレスアップトークン3枚

メーカー名パーツ名
Garage Kagotaniエアロボンネット カーボン・高橋涼介(VS北条凛)
MAZDASPEEDインタークーラースクープ
RE雨宮AERO BONNET
KNIGHT SPORTSエアロクーリングボンネット
R Magicクーリングボンネット
BORDERエアスクープボンネット



キャラクター仕様一覧

高橋涼介仕様(赤城レッドサンズ前期)
項目パーツ名メーカー名
ミラーサイドミラー頭文字D
マフラー右出しマフラー頭文字D
ホイールアルミホイール(SILVER)頭文字D
ステッカー赤城レッドサンズステッカー頭文字D
チューニングスタイルロータリーシングルターボチューン
ボディカラークリスタルホワイト
ナンバー群馬58 よ 13-137 / 群馬53 か 4-725(Zero/DAC)
新劇場版仕様では、
「ホイール・MEISTAR S1 3PIECE(SILVER)(WORK)」が装着されている。
※原作とはフロントナンバープレートの位置が異なる。


高橋涼介仕様(赤城レッドサンズ中期)
項目パーツ名メーカー名
フロントスポイラーリップスポイラー藤田エンジニアリング
ミラーサイドミラー頭文字D
マフラー左出しマフラー頭文字D
ホイールMEISTAR S1 3PIECE(SILVER)WORK
ステッカー赤城レッドサンズステッカー頭文字D
チューニングスタイルロータリーブーストダウンチューン
ボディカラークリスタルホワイト
ナンバー群馬58 よ 13-137
赤城レッドサンズ後期では、
「ホイール・EIGHT SPOKE MAG F8(BLACK)(RS-Watanabe) (DACにおけるFORMULA ONE C8FE(BLACK) (Panasport) )」が装着されている。


高橋涼介仕様(プロジェクトD)
項目パーツ名メーカー名
フロントスポイラーフロントバンパー頭文字D
ミラーサイドミラー頭文字D
マフラー左出しマフラー頭文字D
ホイールFORMULA ONE C8FE(BLACK)Panasport
チューニングスタイルロータリーブーストダウンチューン
ボディカラークリスタルホワイト
ナンバー群馬58 よ 13-137
アニメ仕様では、
「ホイール・MEISTAR S1 3PIECE(SILVER)(WORK)」が装着されている。


高橋涼介仕様(VS北条凛)
項目パーツ名メーカー名
フロントスポイラーFULL COWL SPLRE雨宮
リアバンパーリアサイドステップ+頭文字D マフラーRE雨宮
リアスポイラーGT WINGFree Style
ボンネットエアロボンネット カーボンGarage Kagotani
ミラーサイドミラー頭文字D
ホイールSSR TypeC(BRONZE)SPEED STAR WHEEL
チューニングロールバー
チューニングトーコンキャンセラー
チューニングスタイルロータリーシングルターボチューン
ボディカラークリスタルホワイト
ナンバー群馬58 よ 13-137
※「リアバンパー・リアサイドステップ(RE雨宮)」及び、
「マフラー・右出しマフラー(頭文字D)」装着でも似た仕様が可能。


登場車種へ戻る

Menu

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

最新の15件

2024-06-24 2024-06-21 2024-06-19 2024-06-17 2024-06-16 2024-06-14

今日の10件

  • counter: 189671
  • today: 1
  • yesterday: 11
  • online: 4


*1 尤も、本車種の発売当時はパワー競争の真っ只中であり、馬力を重視する余りパワーに対してボディ剛性や足回りが貧弱で、挙動が不安定になりやすいという傾向が当時の国産スポーツカーにおいて多く見受けられていた。
*2 それ故に当時から事故車も多く、生産から30年以上経過した現在タマ数は輪をかけて少なくなっている。ただし残存している個体は修復歴ありが極めて多い為か、人気車種にも関わらず中古車相場の落差が激しく、余程上質な個体を除けば100万台前後で取引されるケースが多い。
*3 前期型の86年8月及び87年1月に「∞」・88年1月及び8月に「∞II」がそれぞれ300台、後期型となった89年9月及び90年2月に「∞III」・90年6月及び91年2月に「∞IV」がそれぞれ600台。
*4 「クリスタルホワイト」自体は通常グレードにも設定されていたが、頭文字D人気が高まった現在は「コンペティションイエロー」のFDと共に、グレードを問わず高値がつく超希少車となっている。
*5 一回目の対戦バランス調整。
*6 D0 Ver.1では秋名下りでNSXに次ぐ準番車、Rev.1へのアップデートでNSXが追加される前は番車であった。
*7 原作内のバンパーとボンネットは、ERC社製のそれに近い。
*8 これは90年再販版の∞IIIのスペックであり、実車の89年版∞IIIの出力は通常モデルの最上位グレード同様205psである。
*9 この内、「ウイニングシルバー」「ハーバーブルー」の2色はVer.3までは未登場だった。また「クリスタルホワイト」以外は実車では通常グレードにのみラインナップされており、実際の89年版∞IIIには存在していない。
*10 Ver.1.05より追加。ルート属性がAR(オールラウンド)になる。
*11 D7にて名称変更。
*12 DACで消滅
*13 DACでRS-Watanabe EIGHT SPOKE MAG F8(BLACK)と差し替え
*14 元ネタはMAZDASPEEDのMS-01と思われるが、これにはナットを取り付ける穴が有り、センターの形状も異なっている。
*15 GT-Xに装着されていたアルミメッシュホイール。
*16 元ネタはユアーズスポーツのエアロミラーと思われる。
*17 純正フロントバンパーをベースに、補助ライトがダクト化されている。
*18 D6では頭文字D マフラー装着時のみ選択可能、D7ではセットパーツ。