MCR SKYLINE GT-R魔王号(BNR34改)


MCR SKYLINE GT-R魔王号(BNR34改)

頭文字D ARCADE STAGEシリーズにはD0で初登場し、原作には未登場の『MCR R34』。
ビデオマガジン『Hot-Version』との「魔王号」コラボレーション第一弾として、2018年5月29日に追加された*1
D0においては、STI S207に続く「アップデートにより追加された、外装チューン不可の完全新規車」でもある*2

埼玉県に居を置くチューニングショップ「MCR」*3BNR34型スカイラインGT-Rをベースに手掛けたチューンドカー。
『Hot-Version』内の「峠 最強伝説」で藤田エンジニアリングのFD3Sを破り、最速車の称号「魔王」を得て脚光を浴びた*4
同社のBNR34のデモカーはストリート重視モデルとスポーツ走行前提モデルの2台があるが、登場している車は後者。
チューン内容は、HKS製キット*5で600ps超となったRB26に、自社製バンパーや他社製の強化パーツ*6等が奢られている。

実は本車種はD0以前から頭文字Dに関わっており、アニメでの星野好造のBNR34の音取り車は本車種である。

ゲーム内での性能は残念なことに「魔王」の称号には見合わず、お世辞にも良いとは言えない*7
具体的にはR34GT-Rの欠点である回頭・加速性能が改善されているが*8、代わりにタイヤ摩耗等の各ペナルティが悪化。
その後対戦バランス調整での強化により、ブースト性能や不安定な回頭性能も改善されて使い勝手が向上。
ペナルティ性能の改善はされていない点は要注意だが、腕次第で対人対戦でも普通に使える程度の性能になってはいる。

TAではアップデートで追加された群サイ復路にて車両別でトップにランクインしている。
他コースではベース車繋がりか、もみじライン上りで若干ながら速い傾向にある。

初期色の「魔王レッド」はMCRのイメージカラーで、色味はBNR34のEXカラーの「ダークレッド」よりも若干明るい。
その他のカラーは「V・specII Nur」に準じたものが選択可能。

メーカーギア駆動方式吸気方式搭乗者
MCR6速4WDTURBOなし

カラーラインナップ

魔王レッド(初期色)
ミレニアムジェイド
ベイサイドブルー
ホワイトパール
ホワイト
スパークリングシルバー
ブラックパール

Menu

 
 
 
 
 
 
 
 
 

最新の15件

2019-04-25 2019-04-23 2019-04-21 2019-04-19 2019-04-18 2019-04-17 2019-04-14

今日の10件

  • counter: 3782
  • today: 10
  • yesterday: 18
  • online: 9


*1 公式サイトの車種紹介に情報が掲載されたのはアップデート翌日の30日であった。
*2 登場前の2018年3月25日に開催されたイベント「GUREN」において、次期アップデート予告としてモザイク・かつ名前を伏せた状態で初発表された。しかしプレイヤー達により即座に特定され「次期アップデートでMCRのR34が登場する」との情報が拡散された。
*3 Matchless Crowd Racingの略称。同ショップの代表を務める小林真一氏は、かつて首都高速道路・都心環状線(通称:C1)での過激な走りで"首都高番長"として名を上げた他、伝説的な走り屋チームとして知られる「565(ゴルゴ)」にも所属していた、首都高出身のチューナーでもある。
*4 MCRの「魔王」の座は後に奪還され、2018年現在は藤田エンジニアリングのFD3SとJ'S RACINGのS2000の事実上の「引き分け」もしくは「2台体制」の状態となっている。
*5 2.8L化キットやタービン等。
*6 NISMO製Z-tune用カーボンボンネット、ARC Brazing製GTウイング・インタークーラー・マフラー、エンケイ製ホイール、ブレンボ製ブレーキ、クスコ製ロールケージ等。
*7 実装当初においてはブースト性能も貧弱な上、改善されたはずの回頭性もリアが極端にアウトに流れやすい不安定な挙動となっていた為、ネタ車常連のハチゴーやプリウスといい勝負というくらい性能がかなり低く、マイナー車扱いされていた。
*8 回頭性能の改善に関しては、実車における魔王34Rの足回りがC1(首都高都心環状線)をはじめとした、首都高でのアタックにも特化したセッティングとなっており、それを再現した為と思われる。