CELICA GT-FOUR(ST205)


CELICA GT-FOUR(ST205)

頭文字D本編では御木が搭乗するセリカ GT-FOUR。
ゲームではVer.2で初登場し、D4〜D7には登場しなかったが、D8で再登場した。

1994年2月に世界ラリー選手権(WRC)に向けたスパルタンモデルとして発売された、3代目セリカGT-FOUR。
ベース車の6代目セリカが2.0LNAのFFに対し、ラリーカーのベース*1であるGT-FOURはターボ付の4WDである。

先代T180型から安定性向上を狙い拡大・軽量化されたボディは、当時の走り屋には「鈍重となった」等と言われ受けず、
最高出力も同時期のWRC参戦車のランエボIIIインプレッサより低かった為、総じてスポーツ感が足りないと批評された。
94年9月から参戦したWRCでも、そのボディが調整不足の足回りと合わさりピーキーなハンドリングを生み、成績が低迷。
最終的には不正行為*2によるワークス活動一時撤退に繋がってしまい、セリカGT-FOURもこのST205が最後となった*3

原作でのセリカの年式は不明だが、リアランプが4分割タイプで各エンブレム無しと、97年12月以降の後期型に近い仕様*4
ゲームではVer.3まで95年8月以降の中期型として登場していたが、D8でより原作でのデザインに近い後期型として復活。
それに伴い、ボディ同色の大型リアウイング*5とサイドマッドガードが標準装備され、カラーラインナップも変更された。

ゲーム内では、4WD車では曲がるランエボ系・インプレッサ系と、パワー重視のGT-R系との中間的な性能を持つ傾向にある。
具体的には前者より安定性は高いが旋回性や低速域の加速で劣り、後者より旋回性は高いが安定性や中高速域の加速で劣る。
総じて良くも悪くも中途半端な4WD車で、車体も微妙に大きめではあるが、GT-R系よりは初心者でも扱える4WD車である。

TAは原則として*6原作繋がりの秋名(雪)下りで最速車となっているが、何故かD8では妙義下りの最速車だった*7

ゲーム中の各エアロメーカーがこの車のエアロをほぼ取り扱っていなかった為か、全車種の中で一番エアロパーツが少ない。

御木仕様のセリカ*8は、原作及びゲームと劇場版アニメで外見が大幅に異なっている。

  • 原作及びゲームではカラーはブラックで、装着しているリアウイングはC-ONE製の中型タイプ。
  • 劇場版アニメでは車自体が異なり、6代目セリカの姉妹車「トヨタ・カレン」にST205のフロントを装着した輸出仕様風の改造車*9
    カラーはシルバーメタリックで、リアウイングはTRD製がモデルと思われる大型タイプ。ホイールの造形も異なる。
    カラーラインナップにはシルバーメタリックがある為、劇場版仕様に似せることも可能。

D.NET有料会員専用カラーの「イエロー」は明記は無いが、前期型で採用されていた「スーパーブライトイエロー」に近い。

(最高出力:255ps/6,000rpm 最大トルク:31.0kg-m/4000rpm)

※背景がで書かれているパーツは、DACで追加されたパーツ。

メーカーギア駆動方式吸気方式搭乗者
トヨタ5速4WDTURBO御木


カラーラインナップ*10

ブラック(初期色)
スーパーホワイトII
シルバーメタリック
スーパーレッドIV
ライトグリーンメタリック
ブルーマイカメタリック
EXカラー(旧D.NET有料会員専用)
イエロー
ダークパープルマイカ
オレンジマイカメタリック
ピンク
DXカラー
メタリック・レッド
メタリック・ブルー
メタリック・グリーン


チューニング

SPEC-1

チューン内容D8 通常価格D8 D.NET価格Dコイン
機械式LSD450pts405pts4枚
タワーバー450pts405pts6枚
レーシングブレーキパッド500pts450pts8枚
アーシング600pts540pts10枚
エアクリーナー800pts720pts12枚
SPEC-1 合計2800pts2520pts40枚

SPEC-2

チューン内容D8 通常価格D8 D.NET価格Dコイン
軽量フライホイール700pts630pts15枚
スポーツ触媒800pts720pts18枚
メッシュホース800pts720pts21枚
フロントラダーバー900pts810pts25枚
レーシングプラグ1200pts1080pts34枚
SPEC-2 合計4400pts3960pts113枚

SPEC-3

チューン内容D8 通常価格D8 D.NET価格Dコイン
強化クラッチ900pts810pts25枚
高性能サスペンション1000pts900pts28枚
大口径スロットル1100pts990pts31枚
ドライバッテリー1200pts1080pts34枚
オイルクーラー1300pts1170pts37枚
リアラダーバー1400pts1260pts39枚
ハイフロータービン1500pts1350pts42枚
SPEC-3 合計8400pts7560pts236枚

SPEC-4

チューン内容D8 通常価格D8 D.NET価格Dコイン
軽量化(Lv1)1100pts990pts31枚
強化スタビライザー1200pts1080pts34枚
ポート研磨1200pts1080pts34枚
ROM書き換え1300pts1170pts37枚
ロールバー1300pts1170pts37枚
EXマニホールド1500pts1350pts42枚
サブコンピューター1500pts1350pts42枚
強化サスアーム2000pts1800pts56枚
SPEC-4 合計11100pts9990pts313枚

SPEC-5

チューン内容D8 通常価格D8 D.NET価格
ビッグキャリパー1800pts1620pts52枚
軽量化(Lv2)2000pts1800pts62枚
ブーストアップ2000pts1800pts62枚
ボアアップ2400pts2160pts73枚
大容量ラジエーター2400pts2160pts73枚
フルコンピューター2800pts2520pts84枚
大型インタークーラー2800pts2520pts84枚
大口径ブレーキローター3000pts2700pts95枚
スポット増し3000pts2700pts95枚
大口径タービン5000pts4500pts138枚
SPEC-5 合計27200pts24480pts818枚


用品系パーツ

マフラー・2000pts(D.NET有料会員価格・1800pts)

メーカー名パーツ名
C-ONEパフォーマンス マフラー・御木
FUJITSUBOLEGALIS R TURBO
HKSLEGAL MUFFLER
tanabeG POWER MEDALLION
5ZIGENSUPER BORDER CANNONBALL
柿本改Kakimoto・R

ホイール・3000pts(D.NET有料会員価格・2700pts)

メーカー名パーツ名
頭文字Dアルミホイール(WHITE)・御木*11
TRDALUMI-K(SILVER)
Weds SportRS-5 SS(WHITE)
Weds SportRS-5 SS(CARBON & CLEAR RM)
Weds SportRS-5 HYPER 18(CARBON & RED RM)
RAYSVOLK Racing SE37K(BRONZE)
RAYSVOLK Racing Wheel TE37(BRONZE)
RAYSVOLK Racing Wheel TE37(WHITE)
ENKEIRacing RP01(WHITE)
ENKEIRacing RP01(SILVER)
YOKOHAMAADVAN Racing TC(WHITE)
YOKOHAMAADVAN Racing RC II(SILVER)
RAYSGram Lights 57CR(SAKURA PINK)
RAYSTE37 SAGA TIME ATTACK EDITION(MATTE BLACK)
Weds SportSA35R(BLUE LIGHT CHROME2)
RAYSTE37 SL(PRESSD DOUBLE BLACK)
RAYSZE40(DIAMOND DARK GUNMETALLIC)

ミラー・2000pts(D.NET有料会員価格・1800pts)

メーカー名パーツ名
頭文字Dエアロミラー
C-WESTカーボンミラー

ステッカー・1000pts(D.NET有料会員価格・900pts)

メーカー名パーツ名
頭文字D秋名スピードスターズステッカー
頭文字D赤城レッドサンズステッカー
頭文字D妙義ナイトキッズステッカー
頭文字Dエンペラーステッカー

ボディカラー

D8 通常価格D8 D.NET価格パーツ名
20000pts18000pts初期選択カラー
18000ptsD.NET有料会員専用カラー
60000pts54000ptsSPグリーン・グラデーション
75000pts67500ptsSPレッド・グラデーション
95000pts85500ptsSPブルー・グラデーション
150000pts135000ptsSPイエロー・グラデーション

トランスミッション・pts(D.NET有料会員価格・pts)

チューン内容
オートマチックトランスミッション
マニュアルトランスミッション
※初期状態では、購入時に選択したものが選ばれている。

アライメント

チューン内容
ネガティブキャンバー3゜
ネガティブキャンバー7゜


エアロ系パーツ

エアロセット(フロント・サイド・リアバンパー)・30000pts(D.NET有料会員価格・27000pts)

メーカー名パーツ名
VARISVARIS エアロセット

フロントスポイラー・4000pts(D.NET有料会員価格・3600pts)

メーカー名パーツ名
C-ONEフロントバンパースポイラー
VARISフロントバンパースポイラー

サイド/フェンダー・2000pts(D.NET有料会員価格・1800pts)

メーカー名パーツ名
C-ONEサイドステップ
VARISサイドスカート

リアバンパー・3000pts(D.NET有料会員価格・2700pts)

メーカー名パーツ名
C-ONEリアアンダースポイラー
VARISリアバンパースポイラー

リアスポイラー・3000pts(D.NET有料会員価格・2700pts)

メーカー名パーツ名
頭文字Dウイングレス
C-ONEリアウイング・御木
TRDリアウイング
VARISリアスポイラー
VARISリアルーフスポイラーセット

ボンネット・4000pts(D.NET有料会員価格・3600pts)

メーカー名パーツ名
C-ONEFRPボンネット・御木
VARISライトウェイトカーボンボンネット


キャラクター仕様一覧

御木仕様
項目パーツ名メーカー名
リアスポイラーリアウイングC-ONE
ボンネットFRPボンネットC-ONE
マフラーパフォーマンス マフラーC-ONE
ホイールアルミホイール(WHITE)頭文字D
ボディカラーブラック
ナンバー群馬74 よ 27-431 / 群馬79 よ 3-914(Zero、DAC*12)
アニメ仕様では、
「リアスポイラー・リアウイング(TRD)」
「ボディーカラー・シルバーメタリック」が装着されている。


登場車種へ戻る

Menu

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

最新の15件

2021-09-22 2021-09-21 2021-09-19 2021-09-18 2021-09-17 2021-09-12 2021-09-11 2021-09-10 2021-09-07 2021-09-03

今日の10件

  • counter: 33738
  • today: 8
  • yesterday: 5
  • online: 10


*1 発売開始時には、WRC参戦の為のホモロゲーションモデルとして、大型リアウイングやフードエアスクープ、ウォータースプレー、ミスファイアリングシステム等を装備した「WRC仕様車」が2100台限定で発売された。
*2 レギュレーション違反のエアリストリクター(エンジン吸気量を制限し馬力を抑えるパーツ)の使用。成績低迷に苦慮した現地チームが独断で「リストリクター外からも吸気できるよう、リストリクター設置部がエンジン稼動時のみに数cm動く」という巧妙な不正改造を敢行した。これは95年10月のカタルーニャにて発覚、95年シーズン全ポイントの剥奪と1年のワークス活動禁止処分が下った。この事態を重く見たトヨタは、計2年間ワークス活動を休止。
*3 99年10月にモデルチェンジしたZZT型セリカは全車コンパクトなFFクーペとなり、GT-FOURの名が復活した2002年9月の3代目カルディナも、2007年6月に消滅した。
*4 前期型とそれ以外ではリアランプのデザインが異なり、前期型は3分割・それ以外は4分割タイプ。また中期型と後期型とではトランク部左の「GT-FOUR」エンブレムの有無と純正リアウイングが異なり、中期型はエンブレム有り・ベース車と同じ小型タイプ、後期型はエンブレム無し・大型タイプとなる。
*5 前期型での「WRC仕様車」と同型。「WRC仕様車」では装着部が黒く「GT-FOUR」の刻印入りだったが、後期型では装着部もボディ同色となり、刻印に代わって「GT-FOUR」のエンブレムが装着された。同ウイングはベース車の最上位グレード「SS-III」にもエンブレムを変えて流用されている。
*6 作品的にはVer.3、D0 Ver.2が該当。
*7 秋名(雪)下りの最速車はD7と同様のGDBA型インプレッサのままであった。
*8 D8のVersion 1.2以前は、御木仕様のパーツに御木の名前が表記されていなかった。
*9 3ドアリフトバックのセリカに対してカレンは2ドアクーペで、Cピラーとトランクの形状が異なり、4WD仕様も無い。海外ではセリカ名義。180SXベースのシルエイティと似たような関係である。しかし、ベースが輸出仕様でもカレンでもST205は存在しないため、ST205のパワートレーンをまるごと移植したことになる。ただしテールランプの形状はセリカと同じものとなっている
*10 この内、中期型として登場していたVer.3までは、「ダークブルーイッシュグレーメタリック」「ダークグリーンマイカ」の2色が、「ライトグリーンメタリック」「ブルーマイカメタリック」に換わって選択可能だった。
*11 元ネタはSpeedlineのPREO-Rと思われる。
*12 DACではver.1.1以前はミスで小柏カイのMR2のナンバープレート「栃木 53 か 9-091」になっていた。