カードリスト:呉 第2弾


C顧雍

武将名こよう げんたん
顧雍 元歎「ふむむ・・・・・・酒に溺れては
  呉国の発展は成りませぬぞ」

孫権に仕えた文官。物事を観察することに優れ、普段は寡黙だが、開口すると必ず的を射た発言をしたという。孫権が皇帝に即位すると呉国の丞相に任命され、病死するまでの間ずっと孫権を支え続けた。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力1 知力8 征圧力3
官職文官
特技-
将器知力上昇 速度上昇 守城術
計略双弓の伝授最も武力の高い味方の弓兵の武力が上がり、同時に弓攻撃できる部隊数が増加する。ただし自身は撤退する
必要士気3
Illustration : 山本章史


文官としては二張に並ぶ呉の柱石。

スペックは全勢力初の1コストで征圧力3を持っており、伏兵を踏める高知力を持つ。
だが無特技な上、後述の計略が撤退を伴うためその征圧力もフルでは生かしにくい。

双弓の伝授は二張と同じ伝授計略で、呉待望の複数部隊斉射を付与する。
2部隊に掃射できるようになり、武力⁺4、効果時間約8c(Ver1.1.0A)。

使い方としては単純に武力の高い武将に使って高武力の斉射を複数行うか
他の追加効果のある弓強化とコンボで使うかである。
後者の場合も勿論太史慈などが目玉にはなるが、孫瑜や呉景など1コストでも意外に組み合わせとしては良好。
射程の長い麻痺矢や弱体弓の二部隊斉射は他の武将のサポートは必須だが太史慈にはない様々な場面で嫌らしく働く。
射程は伸びないため、射程が伸びるような計略とも相性がいい。

他の伝授計略と同じく乱戦をされると弱いので、乱戦されにくい場面を見越して使っていくといい。
また、二部隊に射程が届かないほどに散開されても他の伝授計略と違い寂しい結果になるので、やや射程はシビアに見極めたい。
複数部隊に斉射ができるので舞姫やため計略を守る際に疑似的に夏候淵のように柵の後ろから矢を撃つなどの立ち回りもできる。

他の二つの伝授計略には夏侯淵や孫韶と既に相性のいいカードが現れているが
今後複数の妨害効果を一度に付与する弓強化や弓兵で爆発的に武力を上げるような武将が現れた場合
素晴らしい相性を見せる可能性が高いので今後のカード追加にも期待したいカードである。

LE周瑜(人形劇)

武将名しゅうゆ こうきん人形劇「三国志」
周瑜 公瑾「殺すのだ・・・・・・孔明を殺せ!」

川本喜八郎 人形劇「三国志」
孫呉の大都督。文武両道で美男子としての誉れが高かった。孫策とは義兄弟の間柄で、張昭ら重臣と共に孫呉を草創期から支えた。赤壁の戦い前夜には「苦肉の計」で曹操を欺き、勝利へと導いた。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力6 知力9 征圧力2
官職武官
特技伏兵 魅力
将器兵力上昇 士気上昇 速度上昇
計略赤壁の大火敵に炎によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気7
Illustration : 人形美術家 川本喜八郎・川本プロダクション


30年以上前にNHKで放送されていた人形劇での三国志がレジェンド枠として登場。
三国に一人ずつ抜擢され、呉は周瑜。

スペックは第一弾の周瑜と全く同じコンパチカードなので計略内容はそちらを参照。

一つ違う点は、このカードは将器の選択肢は3つと従来通りなのだが
引いた時点で副将器が3つ全て同じ事が確定している。
さすがにそれを選ぶことはできないのだが、まだ第一弾で将器が揃っているカードを引けていない場合
こちらを引けば確実に将器が揃うため、戦力の増強が見込める。

彼も諸葛亮と同じく無理に将器を覚醒させなくても活躍できるカードなのが残念なのだが…

SR小喬(小華)

武将名しょうきょう羞花閉月
小喬「姉さまと一緒に可愛がってねっ!」

橋公の娘。姉の大喬とあわせて「江東の二喬」と称された。孫策率いる軍が廬江郡・皖城を占領した際、大喬らと一緒に捕虜となり、小喬は周瑜の妻となった。中国四大美人にも劣らぬ美女であったという。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力4 征圧力2
官職-
特技魅力
将器長槍術 士気上昇 守城術
計略小華の旋律最も武力の高い呉の味方にかかっている、全ての計略効果を消す。計略効果を消した場合、さらに兵力が回復する
必要士気3
Illustration : Tony


スペックは1枚目の自身とまったく同じ。特徴に欠けるが穴がなく使いやすい。
計略も方向性は似通っている。

小華の旋律は単体対象の浄化計略。
計略を浄化すると兵力が7割ほど回復する(Ver1.1.0A)

同士気で一人しか浄化できないので士気効率は浄化の計に劣るが
この計略はすべての計略が対象なので味方の計略効果も浄化する。
小覇王の蛮勇漢の意地を使っても自爆を防げるということが売り。
回復量もなかなかで計略で荒らした後の高コスト武将が兵力を大きく回復させれば攻城なども狙える。
勿論敵の妨害にも強く、効果範囲が自身前方円でかなり広く回転が可能なため浄化の計よりワントップにかけやすくなっている。
浄化の計が号令向き、こちらはワントップや自爆計略向きと住み分けされているのでデッキによって選べるようになった。
相変わらず夫とのシナジーがなく孫策との相性が抜群である。

自爆を防いで兵力を回復しても結局は攻城などもできず落ちてしまいそうなら無理に使わずに自爆させた方が良い。
つい彼女がいることで計略に頼りたくなるが浄化の計と異なり一部隊しか救えない分常に士気差で有利になるとも言えず使わない方がいい場面もあるので
士気3の対価が得られるかは判断して使いたい。


UC諸葛恪

武将名しょかつかく げんそん不遜なる才器
諸葛恪 元遜「見ていろ、無能ども。
  僕は高みへと昇ってみせる」

呉の文官・諸葛瑾の長男。機知に富み、臨機応変な討論を得意としたが、不遜な性格で敵が多かった。孫権の死後、不仲な家臣に排除を企まれるが、これを見破り、逆に敵対する家臣たちを誅殺。幼帝の孫亮を擁立して、実権を握った。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力3 知力8 征圧力2
官職文官
特技伏兵 防柵
将器兵力上昇 防柵強化 募兵
計略傲岸不遜敵の武力と知力と移動速度を下げる。ただし効果終了時に対象の敵の武力と知力と移動速度を一定時間上げる
必要士気5
Illustration : ニシカワエイト


傲慢な性格で知られる諸葛瑾の息子。

同じく口の悪さに定評のある虞翻と同じ、伏兵と柵というあるミスマッチとも言える組み合わせの特技を持つ。
1.5コストにして武力は1コスト並の3しかなく、戦闘ではあまり期待できない。
しかし、知力8の伏兵に防柵を持つため特に開幕に強く、その後も征圧2の騎馬であるため、征圧に突撃とやれることは多い。

傲岸不遜は自身前方の、カード直径2枚分ほどの範囲の妨害計略。
武力-4、知力-4、移動速度0.5倍程度の妨害をかける。効果は同知力に5c程度。
だが効果終了後に対象が生存していると、対象の武力+5、知力+5、移動速度約2倍が約15cもついてしまう(Ver1.1.0A)。

妨害の効果だけでいえば離間の計並みで、それが士気5で使えるのだから破格の効果だが、
対象を生存させるとその低下値以上の強化で襲い掛かってくる。
武力+5、知力+5、移動速度約2倍が15cは単純な号令なら士気7以上の費用対効果になる。
そしてその強化値が傲岸不遜の妨害効果を上回るので、強化された部隊をもう一度傲岸不遜では止めることはできず
それで止めれば効果終了後は武力知力が+10された超速軍団が出来上がり、使えば使うほど手が付けられなくなってしまう。

こちらの攻勢では、相手は城に戻って短い妨害時間をスルーするだけでも勝手に逆襲の準備ができてしまい、
かと言って離間の計のような足並み崩しの時間稼ぎにも全く適しておらず、非常に使いどころの難しい計略。
どちらかといえば守り向きだが、強化された部隊の効果時間が長すぎるためこちらはワンスルーもできない。
そのため、使うからには確実に対象を撤退に追い込む必要がある。
ただ強化の恩恵を受けにくい、または強化する前に試合が終了するような試合最終局面でならデメリットをあまり気にせず使える。

移動速度低下があるため逃げられづらいので、呉お得意の高い武力上昇のある自爆計略などでキーカードだけでも潰したい。
また呉では初の複数部隊の知力を下げられる妨害なので、士気を全部吐きだすが、火計と組み合わせるのも一つの手。
赤壁の大火とのコンボなら知力8までは確殺なので、効果範囲の敵はほぼ一掃できる。
また他勢力と組んで槍兵でも迎撃される速度を逆手に取り、効果終了後の挑発での迎撃で一網打尽にするなどが考えられる。
とにかく落としきれなかった場合、相手部隊は初速でも迎撃が入るので、しっかり槍を出して自滅を狙いたい。

効果時間内に落とせれば、離間の計以上の強力な妨害で費用対効果も抜群なので
しっかり使いどころを見極めてデメリットを発生させないように運用したい。

R徐氏

武将名じょし占卜の烈女
徐氏「貴方、外に行っては駄目。
   不吉な卦が出ているわ」

孫堅の三男・孫翊の妻。占いに精通しており、夫に危険を避けるように度々進言した。孫翊が暗殺され、その反逆者に言い寄られることになると、怒りを隠して従い、相手が油断した所で刺客を使って討ち取り、見事に夫の仇討ちを果たした。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力4 知力7 征圧力2
官職-
特技魅力 攻城
将器知力上昇 復活減少 士気上昇
計略復仇の号令呉の味方の武力が上がる。この効果は撤退している味方部隊数が多いほど大きい
必要士気5
Illustration : ゆきさめ


名前が似ているが先に登場した徐夫人とは別人(旧三国志大戦では徐氏が徐夫人として登場)。
夫に操を立てた賢妻として夫以上に有名な女性。

スペックは武力が低く、計略要員としての運用になる。
二つの特技を備えているが、後方にいる弓兵に攻城が一見噛み合わない。
だが後述の計略の関係上彼女がデッキの最高コストになることもままあるので攻城に行く機会も多い。

復仇の号令は撤退している部隊数によって武力が変動する号令。
武力上昇は撤退している部隊数*2+1、効果時間約8c(Ver1.1.0A)。

撤退している部隊のコストは関係ないので、必然的に枚数の多いデッキで威力を発揮しやすい。
2部隊も落ちていれば武力+5と士気以上の効果になるのだが、部隊が落ちた状態で使えば使うほど手数が減るため
この計略だけでは攻城までつなげる押しに欠けてしまいがちである。
他の計略である程度相手を崩し、この号令は弱った敵を確実に仕留めるために使う方がよい。

号令の効果は呉の武将にしか効果はないのだが、撤退している部隊は呉の武将以外も参照するため
撤退要員や計略要員としてなら他勢力の部隊との共存も可能である。
同じく撤退武将を参照する代表的な計略である悲哀の舞いも、魏の武将を舞姫と撤退要員に限定すれば十分共存できる。
悲哀の舞いとコンボすると2部隊落ちるだけで武力⁺9とすさまじい上昇値になる。
彼女が武力4なので、これだけで弓腰姫の目覚めが使えてしまうほど。

悲哀の舞いと同じくやや独特なデッキ構築が必要になる。
彼女が1.5コストなので悲哀の舞いの7枚型デッキのようなデッキが力を発揮しやすいが
その場合神速騎兵の夫がデッキの最高コストの核としては相性がよく、なかなか凝った相性になっている。
悲哀の舞いはやや遅効性だがこちらは魅力持ちで固めれば開幕から撃っての攻勢が可能である。
呉も1コストには優秀なカードが揃っているので、デッキの幅は広い。
中でも命がけの推挙は計略との相性もいいので優先順位が高い。

UC孫韶

武将名そんしょう こうれい
孫韶 公礼「独断専行も、
  勝利をつかめば英断だ!」

呉の皇族。叔父の孫河が殺されると、即座に軍勢を受け継ぎ都市の守りを固めた。これを孫権に称えられ、孫河の領地を正式に受け継ぐ。魏の曹丕が侵攻してきた際には、独断の奇襲でこれを撃退。その後も精鋭を育て、数々の侵攻を退けている。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力3 征圧力3
官職武官
特技-
将器兵力上昇 速度上昇 守城術
計略走射戦法武力が上がり、走射時間が延びる
必要士気4
Illustration : チーコ


演義では明らかな死亡フラグを無数に立てておきながら大手柄を挙げたのが印象的。

スペックは無特技で数値も物足りないが、同コスト帯では希少な征圧力3を有している武将。
これが後述の計略と合わせて非常に強力で、採用するからには積極的に計略を活用したい。
将器を覚醒させるならば、より計略効果を生かせる速度上昇がおすすめ。

走射戦法は自身のみの弓強化。武力+3、効果時間約23c(Ver1.1.0D)。
テキストには「走射時間が伸びる」とあるが、実際は止まらなくても撃ち続けられると考えればよい。
走射の仕様である移動速度が少し上がる効果(+10%程)が常時受けられるため位置取りがしやすい。

とにかく走りながら止まらずに撃ち続けられるので非常に嫌らしい。
自城に逃げ帰る敵を帰さずにとどめを刺したり、敵陣に居座りラインを上げにくくしたり用途は広く効果時間も長い。
特に槍兵には非常に有効で、足の遅いデッキには無類の強さを誇る。
だがそれでも武力8止まりなので、士気4計略としての爆発力には欠ける。

この計略の真骨頂は呉の弓伝授計略など、弓の性能を上げる計略とのコンボで真価が出る。
麻痺矢の伝授に関して言えば素直に大史慈に軍配が上がるが、剛弓、双弓の伝授との相性は抜群。
特に剛弓の伝授は効果時間中動き回っていればボイスも発生しないまま常にバリバリ剛弓が発射される。
その火力は下手な超絶なら一人で潰せるほどで大史慈を圧倒するほどである。

動き回りながら弓が撃てることで、高い征圧力があっても止まらなければ弓が撃てない弓兵のジレンマを解消しており
更にその武将が征圧力3を有しているのだから非常に征圧戦に強い。
反面、その計略をフルに活かしきるには相応の操作量を要求され、その意味でも弓兵の常識を覆す1枚。
数値スペックではやや同コストでは見劣りするのでこのカードは号令向きではなく
征圧戦や消耗戦など足並みを重視しない泥仕合向きのカードといえるので、征圧戦向きのデッキに採用したい。

SR大喬(護国)

武将名だいきょう羞花閉月
大喬「今日の次に明日が来るって
 当たり前だけど、幸せなことね」

橋公の娘。妹の小喬とあわせて「江東の二喬」と称された。孫策率いる軍が廬江郡・皖城を占領した際、小喬らと一緒に捕虜となり、大喬は孫策の妻となった。その美しさは「月も光を消してしまい、花も恥じらってしまう」と伝えられた。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力5 征圧力2
官職-
特技魅力
将器遠弓術 士気上昇 速度上昇
計略護国の流星ため計略】(使用すると移動できなくなり、一定時間後に解除され計略が発動する。この計略は反計されない)戦場にいる最も武力の高い敵を中心とした範囲内の敵に、流星によるダメージを与え、その範囲内が自軍の征圧領域になる。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気5
Illustration : Tony


2枚目の大喬は妹と共にSRとして追加された。

スペックは征圧力2があるとはいえ、1コスト最低クラス。
特技も魅力のみでは他の1コストにも対抗できず、完全に計略要員である。

護国の流星はため計略仕様のダメージ計略
ため時間約3cの後、戦場にいる最高武力の敵を中心にカード3枚分弱の円範囲の敵に知力ダメージを与える。
ダメージは流星のエフェクトだが、それが落ちた範囲を征圧領域に変え、少なくとも知力3を確殺する(Ver1.1.0D)。
だが知力上昇による倍率がかなり高いようで、知力9で撃つと知力5を確殺、知力9に8割のダメージが入る。

大喬がために入った時点で現在のターゲットと効果範囲は相手にも視認できる。
戦場に最高武力が2枚並んでいた時、ため中に計略対象が切り替わることがあるので
同武力の場合、大喬との距離が近い方がターゲットとして決定されるようである。

この計略の対象は「最高武力の敵がいる地点を中心としたフィールド」であるため
例えば対象となる敵が一騎当千を使った状態のR関興のようなステルス状態の敵であってもそれを対象として効果範囲が出現する。
そのまま流星が落ちた場合、ダメージは入らないが効果範囲内は征圧領域となる。

複数部隊を巻き込めるがため時間の3cはその範囲から出るには槍兵でも十分すぎる。
天下無双・飛のジャンプ攻撃のように発動後の回避ができないというほどでもなく、基本的には単体を狙う効果になる。
単体を狙う場合、確殺は知力3までだが固定値が高いため高知力にも安定したダメージが見込める。

ためが開始された場合、帰城するかため中に大喬を落とすかしない限り
確実にターゲットに当たるのがこの計略の強みで、まさに死の宣告。
戦場中央ラインを超えたあたりからためれば通常騎兵でも帰城はできないので
ためを開始するのはキーカードが帰城できず、大喬も落とされないタイミングを狙いたい。
呂布のような短時間で大喬を落とせるか、帰城を狙える敵には注意。

徐夫人の嫉妬の眼差しはワントップ殺しにはかなりの好相性。
この計略のコンボがいる場合、武力1が2枚なので実際の戦闘は厳しい弱点はあるが、ワントップの抑止力は高い。
他にも曹操や張遼、皇甫嵩などのデッキの最高武力になりやすいキー計略持ちに非常に強い。
確実に死ぬ前に苦し紛れに計略を撃っても、知力が下がっていることで大幅に威力を削がれており
どちらにしても苦しい展開になる。
だが相手を士気を使わずに一度後退を狙った場合、こちらは士気8の士気差を背負ってしまう。
使う際は試合終盤など、士気差を生かしきれない局面での使用にとどめたい。

Ver1.1.0Bでダメージが強化されており、嫉妬の眼差しだけでなく命がけの推挙とも高相性を出せるようになった。
コンボすると同じ士気で赤壁の大火以上のダメージを叩き出せるようになった。
勿論相手が範囲から逃げずに複数で食らってくれる場面がそうそう来るわけではないのだが
傲岸不遜や連環の法に知力宝玉2つで止めて使った場合、相手が壊滅することも十分あり得る。
単独でも士気以上の威力はあるが、コンボするとかなり凶悪なダメージ計略となる。
ダメージ計略としては士気が軽いこともあり、採用するなら知力を変動させる相方か法具も採用したい。

余談だが、ためが完了して流星が落ちる時に戦場に敵が居ない(ターゲットが確認できない)場合は
「戦場の中心」に落ちて、その周囲が自軍の征圧領域になる。

R陸鬱生

武将名りくうつせい
陸鬱生「あたしたち、
  ずぅっと一緒だよね♪」

鬱林太守・陸績の娘。13歳で同郡出身の張白の妻となるも、わずか3か月で張白が一族の事件に連座して流刑地で死んだため、未亡人となる。その後は夫に操を立て、どんな生活に困っても再婚話はすべて断ったという。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力5 征圧力1
官職-
特技防柵 魅力
将器兵力上昇 知力上昇 同盟者
計略遠弓の舞い【舞い】(使用すると移動できなくなる。自身は自身の舞いの効果を受けない)味方の弓兵の射程距離が伸びる
必要士気5
Illustration : 春夏冬ゆう


陸遜とは叔父の娘なのでいとこにあたる女性。

スペックはかなり低いが、舞姫が自分で柵を用意しているというのが無駄がない。
後述の舞いは混色でも有効なので同盟者、ダメージ計略から身を守れる知力上昇を将器で持つのもいい。

遠弓の舞いは弓の射程を伸ばす舞い。
射程は直線距離で戦場の縦2/3に達するのでおよそ2倍。戦場中央ならほぼオールレンジで弓が届く。

基本足の遅い槍主体のデッキには凶悪な相性を誇り、ラインを上げることすら困難である。
だが射程上昇は基本敵陣深く踏み込めば恩恵が事実上ないも同然なので自陣にいてこその効果だが
それではいつまでも攻城を取ることはできず、征圧戦でも不利になってしまう。

主な立ち回りとしては二つで、一つは弓射程を生かして相手を消耗させ、計略を早めに使用させる。
相手の攻めを上手くいなして士気差を作っていき、試合終盤で士気差にものを言わせたフルコンを決める。
もう一つは単純に遠弓と合わせた強力な弓計略で相手をつぶしてから攻城に行くかである。

この舞いの目玉になる相方は麻痺矢の大号令と、巧遲の乱撃麻痺矢の伝授のコンボ。
この舞いの効果内でこの2つの計略威力はすさまじく、号令をいとも簡単に潰すので圧巻。
漢鳴の大号令ですらラインが上がらないのだから成す術もなく、連環の法を組み合わせればただの的である。
基本的にこの舞いは騎兵単や超絶騎兵には分が悪い勝負になるので、何らかの形で麻痺矢を仕込むのは必須になるだろう。
麻痺矢がないとデッキ相性で勝率に関わるので、他のパーツはともかく麻痺矢は最優先で入れたい。

R陸抗

武将名りくこう ようせつ
陸抗 幼節「彼を相手に油断はできない。
   一つずつ、道を拓かなければ」

陸遜の次男。父が死去すると若くして後を継ぐ。功績を誇らず、部下からも尊敬された名将であった。晋の武将・羊祜とは敵ながら互いの才を認め合う仲であり、むやみに互いの領地を侵さなかったという。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力7 知力7 征圧力1
官職武官
特技伏兵
将器遠弓術 速度上昇 征圧力上昇
計略駿弓の共振呉の味方の武力と移動速度が上がる。さらに弓兵の合計コストが高いほど移動速度が上がり、それ以外の兵種の合計コストが高いほど武力が上がる
必要士気7
Illustration : ほにゃらら


呉の末期を支えた名将で、三国志では珍しい親子揃って名将となった人物。

呉の号令持ちとしてはバランス型で、低武力に抑えられていないだけでも嬉しい。
呉のバランス型スペックの号令持ちは孫堅、丁奉共に癖の強い号令なので、それだけで価値がある。
大型号令持ちとして魅力がないのがやや残念だが、伏兵もなかなかの威力を有しており心強い。
武力7を長く潜ませる余裕はないので相手を選ばず早めに踏ませた方がよい。

駿弓の共振は全勢力初のコスト参照号令。
武力上昇は弓以外のコスト+1(端数切捨て、上限+6)
速度上昇は弓のコストが3コストで1.3倍程度で白馬義従と同等程度(計算式は要検証)。
効果時間は約7c(Ver1.1.0A)
陸抗以外の弓兵は0枚or1コストにして、武力上昇値の上限である+6を狙うのが基本だが、
2コストでも+5と速度上昇なので、士気7として実用に耐えうるレベル。
また1コストでも落ちているとパフォーマンスはそれに従って低下する。
ダメ計等で一枚でも落とされると効果がガタ落ちしてしまう点は注意。

呉では初の全体移動速度上昇計略ということもあり、有用性は高い。
カウンターをしながらラインを上げてそのまま攻城に入ることもできるので手腕以上に守りで使っても有効。
この特性を生かして、カウンター気味の攻めになる父の駿才の大号令とのコンボも相性抜群。
天啓の幻も士気14の超大型コンボにはなるが、士気12から強引にラインを上げてから天啓を撃つラストアタックに使える。
勿論カウンターで撃ち、そのまま攻城をしながら相手が復活した頃合いでもう一度打ち、マウント攻勢をかけることもできる。

だがやはり士気7の計略なので、マウントを取ってからの連発はしにくく
前述のとおり使用前に1コストでも落ちるとパフォーマンスが落ちて使いにくくなる弱点がある。
特に確殺される大型のダメージ計略の先打ちをされると成す術がなくなり士気漏れも起こしたり
こちらも自爆計略で相手の攻めをしのぐなどをしにくい難しさもあり、他の号令以上に足並みにシビアになる。
立ち回りで防ぎにくいダメージ計略を考慮してデッキパーツはなるべく知力も重視して選んだり
部隊が落ちてしまった時に使える裏の手を採用したり工夫をしたい。

デッキを組む場合、武力上昇が端数切捨てになってしまうので、兵種コストを0.5コスト余らせてしまうこともパワーダウンになる。
兵種コストは端数を出さずに組むことを鉄則としよう。
弓兵3コスト/それ以外5コストで武力⁺6、1.4倍速程度の強化なら弓の自身も刺さらないのでこれくらいが使いやすい。
全部隊入れれば陸抗の武力で孫尚香が剛弓を打てるようになるので、弓兵のコスト調整にも彼女と相性がいい。

8コスト以上解禁になる大会などの場合、どのような効果になるのか今後注目したい。


SR陸遜(夷陵)

武将名りくそん はくげん次代の偉才
陸遜 伯言「孫呉のため、僕を信じてください。
   必ず成し遂げてみせますから」

呉に仕えた文武兼備の若き名軍師。劉備が関羽の敵討ちとして攻めてきた夷陵の戦いにおいて、大都督に任じられた陸遜は、劉備軍の陣を一斉に焼き払い、徹底的に蹴散らした。この活躍で諸将は陸遜の智謀を認めることとなった。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力8 知力8 征圧力3
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 士気上昇 攻城
計略夷陵の炎敵に炎によるダメージを与え、征圧する領域を反転させる。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気7
Illustration : Wolfina


二枚目の陸遜も槍兵として登場。
フレーバーテキストは若き名軍師と紹介されているが、夷陵の戦いの時点ではもう40歳前後。
しかも人間の平均寿命が50歳の時代で、である。

スペックは無特技、数値もコスト比平均的なのだが征圧力3を備え
将器も高コスト槍に嬉しい攻撃力上昇と攻城術がある。
このコスト帯にはやや知力に難を抱えるカードしかいなかったのでスペック要員としての採用ができるカードは嬉しいが
攻城に向いたスペックは後述の計略と噛み合っている要素が少ないので これをいいスペックというのかはやや好みが分かれそうである。

計略の夷陵の炎は、知力依存のダメージ計略
範囲は自身に密着した前方固定長方形で縦は戦場の約1/3、横はちょうど戦場の半分程度の長さで回転可能。
そしてこの計略を食らい生存した相手に翻意の計と同じ征圧反転効果を与える。
ダメージの確殺ラインは知力2で、知力7が使う普通の火計と同等程度と考えてよい。
妨害効果は知力依存が低く、大体10c程度(Ver1.1.0A)。
ちなみにダメージも知力依存が低く、命がけの推挙を使っても確殺ラインは3である。

広い範囲に加え水計のように自身の間に隙間もないので多くの部隊を巻き込みやすい。
特に号令は範囲が並のものなら発動の瞬間を狙って打っていける。
だが火計に比べ、縦にあまり長くないので、城際で一列に縦に伸びた部隊の対処は苦手。

ダメージ後に妨害がついているため、生存してもらうことも意味があるのだが、
やはりダメージがやや寂しいものはある。
Ver1.1.0Aで征圧システムが変更され、一度内乱が起きると征圧が一度リセットされることもあり
生存させた部隊を帰城させ征圧してもらい継続しない内乱ダメージを取るのは士気7の仕事なのかは疑問が残る。
だが効果範囲が広く範囲の回転も可能なので、多くの部隊を巻き込む力はトップクラス。
漢鳴の大号令や栄光の大号令のような武力の対処が難しい相手を多部隊巻き込めるなど
範囲や反転効果自体は優秀で、他の火計持ちのように裏の手のためにデッキ武力を犠牲にしないのは嬉しい。
メインにはやや威力が心許ないので、サブ計略とスペック要員を兼ねる働きに期待したい。
お互い士気が重い計略持ちだが、息子とは安定感のあるスペック同士、組ませると非常に心強い。

これだけ効果範囲の広い、複数巻き込めるダメージ計略も珍しいので
愚鈍の計と組ませて必殺を狙うのもいい。
大水計のように範囲が固定ではないので号令デッキで回避は難しく、十分狙える範囲である。

C留賛

武将名りゅうさん せいめい
留賛 正明「魂の雄叫び、
  戦場に轟かすぜえっ!!」

呉の武将。若い頃、黄巾賊と戦った際に負傷して足が不自由になったが、歴史書に書かれた英雄たちに感化され、筋を切ることで足を直した。戦の時には髪を振り乱して、叫びや歌で兵を鼓舞して戦い、必ず勝利したという。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力4 征圧力1
官職武官
特技勇猛 復活
将器突撃術 復活減少 征圧力上昇
計略戦歌の神速行武力と移動速度が上がり、兵力が徐々に減少する。突撃が成功するたびに、さらに兵力が回復する
必要士気5
Illustration : チェロキー


イカれたメンバーを紹介するぜ!! というセリフで復活する世紀末漫画に出てきそうな留賛。

三枚目の呉の2コスト騎馬として登場。
能力値は平凡だが、勇猛・復活持ちと総合的には悪くないスペック。
将器は征圧力上昇と計略にマッチした突撃術がまず選択肢に上がるが、高コストでは珍しい特技復活と将器復活減少を兼ね備えているため
こちらを活かした立ち回りも期待できるので、デッキの用途に合わせて選択したい。

計略は武力+3、移動速度1.5倍、17カウント程度と非常に長い。
ただし、突撃し続けなければ、兵力がモリモリ削れていくため、使うタイミングは難しい。
兵力減少速度は自城内の回復速度より低いため、城内にいれば撤退する事はない事を覚えておこう。

EX周瑜(孫呉の礎)

武将名しゅうゆ こうきん秀麗なる粋人
周瑜 公瑾「愛する江東の地を侵す者よ。
  その罪、血で贖ってもらおう」

後漢の三公の一つである大尉を務めた名家に生まれる。孫堅が董卓に対して挙兵した際、孫堅の家族たちが移り住んだ舒の地で孫策と親交を結び、家族同然の付き合いをしたという。彼らの友誼は互いの命が尽きるまで続いた。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力9 征圧力1
官職武官
特技魅力
将器兵力上昇
計略孫呉の礎呉の味方の武力と知力が上がる。ただし自身は撤退する
必要士気5
Illustration : 須田彩加


一枚目とは打って変わってかなり戦闘もこなせるスペックになっている。
本人の後述の計略を使わなくても、安定感のある騎兵が欲しいなら候補になる。

計略の孫呉の礎は自身撤退をトリガーにする号令。
効果は武力+7、知力+3、効果時間約8c(Ver1.1.0B)。

2コストを切るだけあって非常に武力上昇値が高い上に効果時間が並の英傑号令よりやや長め。
使用中のデッキの総武力は武神の大号令にも引けを取らず、士気7クラスの号令でもこの計略を凌ぐのは至難の業である。
さらに知力も上がるので、計略コンボをすることでさらに威力を高めることも容易。
漢の意地とのコンボは周泰であれば武力25に達し、士気9としてはTOPクラスの破壊力となる。
とはいえ、知力上昇値はさほど高くないので無理に狙う必要はない。
普段は号令として使用し、コンボが出来ればさらに強力になる、ぐらいの認識で良いだろう。

ただ魏の郭嘉の魏国の礎のように移動速度が上がらないため、戦場中央など相手に逃げられる状況は苦手。
士気は軽いが、周瑜が撤退してしまう事もあり連発して押し込む事は出来ない。
効果を最大限発揮するためにもなるべくラインを上げきった状態で使いたい。
幸い、本人が酷使させやすい騎兵なので、少しでも有利な位置取りをするために働いてもらおう。

余談だが、これまで妻の小喬が、義兄である孫策と相性がいい事を散々弄られていたが、
このカードの登場でついに、義兄の妻である大喬と相性が良くなってしまった。
大華の旋律の効果中に孫呉の礎を使うと、ちょうど計略が切れたころに復活するので計略の二連打が可能。
強力だが連発出来ないというデメリットをカバーすることが出来る。

EX呂蒙(魂)

武将名りょもう しめい孫呉のサムライ
呂蒙 子明「この世のすべての答えは
  オレの魂だけが知っている」

貧家の出で、武功を立てるために無断で賊討伐に赴いたこともある勇猛の士。血気盛んで、自身を愚弄した役人を斬って逃亡したこともあったが、出頭すると孫策の側近に取り立てられた。後に軍略を身に着けると、呉を代表する将軍に成長する。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力6 知力2 征圧力1
官職武官
特技勇猛 攻城
将器突破術
計略魂の衝動武力が上がる。敵と1部隊同士で接触している間、さらに武力が上がる
必要士気4
Illustration : 柳内大樹


後の知将だが、まだ阿蒙時代なのかやたらと武勇一辺倒な雰囲気で登場。

スペックはコスト比高武力に後述の計略を意識してかタイマン勝負に強い勇猛を持っている。
もう一つの攻城も号令デッキに採用すれば攻城力は同コスト帯屈指。
だがダメージ計略、伏兵がほぼ確殺の知力、征圧力1がややネック。
基本武力が低めの呉では宋謙と並べて武力を底上げしたいが、両者とも知力に難があるので同時採用は悩みどころか。

計略の魂の衝動はやや特殊な槍の超絶強化。
発動時に武力が+3され、敵と1部隊だけ接触している時に限り武力がさらに+5される。
効果時間は約8c(Ver1.1.0B)。

単純に1部隊とだけ乱戦していれば武力は14に達するため士気4の強化では十分すぎる上昇値となる。
蜀の零距離戦法のように局地的な場所を守ったり攻城を奪ったりするような使い方が使いやすい。
これまでは漢の意地などで同じことをすると撤退が不可避だったため、今までの呉になかった戦法と言える。
だが足の遅い槍兵なので戦場中央付近の攻防では生きにくいため、城際での攻防に使っていきたい。

号令デッキの武力要員としても十分及第の能力は持っているが、
計略を当てにする場合、2部隊以上に接触されれば強化戦法以下の計略になってしまうので
いかに相手を散開させタイマンの状態で使えるかが肝になる。

簡単なのは呉の得意な火計を仕込んでおき、相手を固まりにくくするよう牽制しておくこと。
ワラワラデッキで手数を増やすことで他の部隊の相手を引き付けておいて、他部隊の負担を減らすなど
自分の武力上昇が下がっても他の部隊の陽動ができれば十分費用対効果に見合う場合もある。
タイマン状態なら弓腰姫の目覚めも発動条件を満たすため、
目覚めさせてあとは彼女に場を荒らしてもらうつなぎ役になるだけでも活躍の場はある。
基本的には自分を止めに来るか、自分を無視するかという二択を相手に迫った時に輝くので
上手くそのような場面を作っていけるようにゲームメイクしていきたい。