カードリスト:呉 第2弾



C顧雍

武将名こよう げんたん
顧雍 元歎「ふむむ・・・・・・酒に溺れては
  呉国の発展は成りませぬぞ」

孫権に仕えた文官。物事を観察することに優れ、普段は寡黙だが、開口すると必ず的を射た発言をしたという。孫権が皇帝に即位すると呉国の丞相に任命され、病死するまでの間ずっと孫権を支え続けた。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力1 知力8 征圧力3
官職文官
特技-
将器知力上昇 速度上昇 守城術
計略双弓の伝授最も武力の高い味方の弓兵の武力が上がり、同時に弓攻撃できる部隊数が増加する。ただし自身は撤退する
必要士気3
Illustration : 山本章史


文官としては二張に並ぶ呉の柱石。

スペックは全勢力初の1コストで征圧力3を持っており、伏兵を踏める高知力を持つ。
だが無特技な上、後述の計略が撤退を伴うためその征圧力もフルでは生かしにくい。

双弓の伝授は二張と同じ伝授計略で、呉待望の複数部隊斉射を付与する。
2部隊に掃射できるようになり、武力⁺4、効果時間約8c(Ver1.1.0A)。

使い方としては単純に武力の高い武将に使って高武力の斉射を複数行うか
他の追加効果のある弓強化とコンボで使うかである。
後者の場合も勿論太史慈などが目玉にはなるが、孫瑜や呉景など1コストでも意外に組み合わせとしては良好。
射程の長い麻痺矢や弱体弓の二部隊斉射は他の武将のサポートは必須だが太史慈にはない様々な場面で嫌らしく働く。
射程は伸びないため、射程が伸びるような計略とも相性がいい。

他の伝授計略と同じく乱戦をされると弱いので、乱戦されにくい場面を見越して使っていくといい。
また、二部隊に射程が届かないほどに散開されても他の伝授計略と違い寂しい結果になるので、やや射程はシビアに見極めたい。
複数部隊に斉射ができるので舞姫やため計略を守る際に疑似的に夏候淵のように柵の後ろから矢を撃つなどの立ち回りもできる。

他の二つの伝授計略には夏侯淵や孫韶と既に相性のいいカードが現れているが
今後複数の妨害効果を一度に付与する弓強化や弓兵で爆発的に武力を上げるような武将が現れた場合
素晴らしい相性を見せる可能性が高いので今後のカード追加にも期待したいカードである。

LE周瑜(人形劇)

武将名しゅうゆ こうきん人形劇「三国志」
周瑜 公瑾「殺すのだ・・・・・・孔明を殺せ!」

川本喜八郎 人形劇「三国志」
孫呉の大都督。文武両道で美男子としての誉れが高かった。孫策とは義兄弟の間柄で、張昭ら重臣と共に孫呉を草創期から支えた。赤壁の戦い前夜には「苦肉の計」で曹操を欺き、勝利へと導いた。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力6 知力9 征圧力2
官職武官
特技伏兵 魅力
将器兵力上昇 士気上昇 速度上昇
計略赤壁の大火敵に炎によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気7
Illustration : 人形美術家 川本喜八郎・川本プロダクション


30年以上前にNHKで放送されていた人形劇での三国志がレジェンド枠として登場。
三国に一人ずつ抜擢され、呉は周瑜。

スペックは第一弾の周瑜と全く同じコンパチカードなので計略内容はそちらを参照。

一つ違う点は、このカードは将器の選択肢は3つと従来通りなのだが
引いた時点で副将器が3つ全て同じ事が確定している。
さすがにそれを選ぶことはできないのだが、まだ第一弾で将器が揃っているカードを引けていない場合
こちらを引けば確実に将器が揃うため、戦力の増強が見込める。

彼も諸葛亮と同じく無理に将器を覚醒させなくても活躍できるカードなのが残念なのだが…

コンパチブル武将

Ver.1.0.0 SR周瑜(赤壁の大火)
Ver.1.2.0D EX(LE)周瑜(復刻武将)

SR小喬(小華)

武将名しょうきょう羞花閉月
小喬「姉さまと一緒に可愛がってねっ!」

橋公の娘。姉の大喬とあわせて「江東の二喬」と称された。孫策率いる軍が廬江郡・皖城を占領した際、大喬らと一緒に捕虜となり、小喬は周瑜の妻となった。中国四大美人にも劣らぬ美女であったという。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力4 征圧力2
官職-
特技魅力
将器長槍術 士気上昇 守城術
計略小華の旋律最も武力の高い呉の味方にかかっている、全ての計略効果を消す。計略効果を消した場合、さらに兵力が回復する
必要士気3
Illustration : Tony


「シャイニング・シリーズ」でお馴染みのTony氏が手掛ける、二喬の片割れ。
一応ゲスト枠に当たる為か、さんぽけイラストで入手する事は出来ない。

スペックは1枚目の自身とまったく同じ。特徴に欠けるが穴がなく使いやすい。
計略も方向性は似通っている。

計略「小華の旋律」は単体対象の浄化。但し、敵の計略だけではなく味方の計略も対象になる
なお、計略の効果を消した場合は兵力が全回復する。

同士気で一人しか浄化できないので士気効率は浄化の計に劣るが、味方の計略を消せるので 小覇王の蛮勇漢の意地を使っても自爆を防げるということが売り。
特に小覇王の快進撃は撤退するタイミングがわかりやすいこともあってとても相性が良い。
他の計略を対象にする場合、その計略の効果時間をしっかり押さえておく必要がある為扱いの難易度が跳ね上がる。

回復量もなかなかで計略で荒らした後の高コスト武将が兵力を大きく回復させれば攻城なども狙える。
勿論敵の妨害にも強く、効果範囲が自身前方円でかなり広く回転が可能なため浄化の計よりワントップにかけやすくなっている。
浄化の計が号令向き、こちらはワントップや自爆計略向きと住み分けされているのでデッキによって選べるようになった。
ただし、浄化の計の代用として使う場合は、対象にかかっている妨害計略だけではなく強化計略も消えてしまうことには注意が必要である。
相変わらず夫とのシナジーがなく孫策との相性が抜群である。

自爆を防いで兵力を回復しても結局は攻城などもできず落ちてしまいそうなら無理に使わずに自爆させた方が良い。
つい彼女がいることで計略に頼りたくなるが、浄化の計と異なり一部隊しか救えない分、常に士気差で有利になるとも言えず、使わない方がいい場面もあるので士気3の対価が得られるかは判断して使いたい。

追加当初は、相性が良い武将こそいないわけではないものの使いにくく、おまけに浄化と名前が被るせいで使用率は振るわなかった。
が、孫策(快進撃)が追加されるや状況が一変。一気に呉でも五本の指に入る程採用率を上げた。

コンパチブル武将

Ver.1.2.0E EX(LE)小喬(復刻武将)


UC諸葛恪

武将名しょかつかく げんそん不遜なる才器
諸葛恪 元遜「見ていろ、無能ども。
  僕は高みへと昇ってみせる」

呉の文官・諸葛瑾の長男。機知に富み、臨機応変な討論を得意としたが、不遜な性格で敵が多かった。孫権の死後、不仲な家臣に排除を企まれるが、これを見破り、逆に敵対する家臣たちを誅殺。幼帝の孫亮を擁立して、実権を握った。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力3 知力8 征圧力2
官職文官
特技伏兵 防柵
将器兵力上昇 防柵強化 募兵
計略傲岸不遜敵の武力と知力と移動速度を下げる。ただし効果終了時に対象の敵の武力と知力と移動速度を一定時間上げる
必要士気5
Illustration : ニシカワエイト


傲慢な性格で知られる諸葛瑾の息子。

そのスペックは同じく口の悪さに定評のある虞翻と同じ、伏兵と柵というあるミスマッチとも言える組み合わせの特技を持つ。
加えて1.5コストにして武力は1コスト並の3しかなく、戦闘ではあまり期待できない。
一応征圧2の騎馬である為征圧に突撃とやれることは少なくないが、武力に難を抱える呉では低武力はかなりきつい。
将器の内防柵強化は柵の見た目が変わるので、持たせると柵が何枚あろうがもれなく初期配置がバレます。
募兵もシステムと噛み合っていない為、持たせるなら兵力上昇が無難だろう。

計略「傲岸不遜」は自身前方の、カード直径3枚分ほどの範囲の妨害。
武力-4・知力-4・移動速度0.3倍程度の妨害をかける。効果は基礎時間5.8c、知力依存は1.7cとやや高め。
だが効果終了後に対象が生存していると、対象の武力+5、知力+5、移動速度1.5倍が8.3cもついてしまう(Ver1.2.0E)。

妨害の効果は士気5で離間の計と同じ武力・知力低下値、3倍速の馬すら突撃不可にできるほどの速度低下値、そこそこの範囲と非常に強力。
しかし強化値は妨害効果を上回り、強化された部隊をもう一度傲岸不遜で止めようにも知力が上がっているために今度は妨害の効果時間が短くなってしまう。
もしそれが重なれば効果終了後は武力知力が+10された超速軍団が出来上がってしまうため、使えば使うほど手が付けられなくなってしまう悪循環となる。

追加当初は妨害時間がより短くデメリットの強化時間が約15cと難点が目立つ計略だったが、度重なる上方を受けてまともなレベルにはなった。
また相手生存時の強化時間も8.3cと追加当初と比べて半分ほどになったため、ワンスルーや守城ローテで凌ぎやすくはなった。
とは言え並みの号令以上の効果時間である点は相変わらずである為、いくら短くなったとはいえ過信は禁物。

どうしてもデメリットに目がいきがちな計略だが、妨害効果の決定力は士気5として破格なレベル。
呉は強力な弓兵が多く、武力と速度を下げた相手を弓の集中砲火で確実に落とすのも容易になるため足並み崩しがやりやすくなる。
加えて3倍速の馬をも突撃不可にできるため単体超絶計略への対策としても有効。
号令相手も知力を落とし効果時間を短くできるため、先掛けで使い各個撃破されるか士気を使わせるかの二択を迫っていける。
但し、自身が1.5コスト武力3なのでこちらのデッキパワーも相応に落ちている点には注意。

また、その知力低下と合わせて火計と組み合わせる手もあり。
特に赤壁の大火とのコンボなら士気をすべて吐くものの知力8まで確殺にできるため、効果範囲の敵はほぼ一掃できる。
ただし前述の通りフルコンなので、落とせなかった場合や再起カウンターには十分注意が必要。
しかし、複数部隊の知力低下妨害を持つ趙夫人がVer1.2.0で追加されており、
こちらはコスト1で士気も4、知力低下値も-5なので、この運用を目的に諸葛恪を使うことはまずないだろう。

最大の壁は周姫。
同コスト・同兵種・同武力・同征圧・伏兵持ちとこれでもかと言う程被ってしまっている。
かたや号令、かたや(癖は強すぎるが)妨害である為優劣は付けられないように見えるが、あちらは伏兵がバレない。
また、こちらと違い計略に特にデメリットが無いと言う点も無視できない。

総括すると、スペック・特技・計略全てに癖があると言う三国志大戦有数の超上級者向けの武将と言える。
とにかく物凄く使う人を選ぶカード。

R徐氏

武将名じょし占卜の烈女
徐氏「貴方、外に行っては駄目。
   不吉な卦が出ているわ」

孫堅の三男・孫翊の妻。占いに精通しており、夫に危険を避けるように度々進言した。孫翊が暗殺され、その反逆者に言い寄られることになると、怒りを隠して従い、相手が油断した所で刺客を使って討ち取り、見事に夫の仇討ちを果たした。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力4 知力7 征圧力2
官職-
特技魅力 攻城
将器知力上昇 復活減少 士気上昇
計略復仇の号令呉の味方の武力が上がる。この効果は撤退している味方部隊数が多いほど大きい
必要士気5
Illustration : ゆきさめ


名前が似ているが先に登場した徐夫人とは別人(旧三国志大戦では徐氏が徐夫人として登場)。
夫に操を立てた賢妻として夫以上に有名な女性。

スペックは武力が低く、計略要員としての運用になる。
二つの特技を備えているが、後方にいる弓兵に攻城が一見噛み合わない。
だが後述の計略の関係上彼女がデッキの最高コストになることもままあるので攻城に行く機会も多い。

復仇の号令は撤退している部隊数によって武力が変動する号令。
武力上昇は撤退している部隊数*2+1、効果時間約8c(Ver1.1.0A)。

撤退している部隊のコストは関係ないので、必然的に枚数の多いデッキで威力を発揮しやすい。
2部隊も落ちていれば武力+5と士気以上の効果になるのだが、部隊が落ちた状態で使えば使うほど手数が減るため
この計略だけでは攻城までつなげる押しに欠けてしまいがちである。
他の計略である程度相手を崩し、この号令は弱った敵を確実に仕留めるために使う方がよい。

号令の効果は呉の武将にしか効果はないのだが、撤退している部隊は呉の武将以外も参照するため
撤退要員や計略要員としてなら他勢力の部隊との共存も可能である。
同じく撤退武将を参照する代表的な計略である悲哀の舞いも、魏の武将を舞姫と撤退要員に限定すれば十分共存できる。
悲哀の舞いとコンボすると2部隊落ちるだけで武力⁺9とすさまじい上昇値になる。
彼女が武力4なので、これだけで弓腰姫の目覚めが使えてしまうほど。

悲哀の舞いと同じくやや独特なデッキ構築が必要になる。
彼女が1.5コストなので悲哀の舞いの7枚型デッキのようなデッキが力を発揮しやすいが
その場合神速騎兵の夫がデッキの最高コストの核としては相性がよく、なかなか凝った相性になっている。
悲哀の舞いはやや遅効性だがこちらは魅力持ちで固めれば開幕から撃っての攻勢が可能である。
呉も1コストには優秀なカードが揃っているので、デッキの幅は広い。
中でも命がけの推挙は計略との相性もいいので優先順位が高い。

UC孫韶

武将名そんしょう こうれい
孫韶 公礼「独断専行も、
  勝利をつかめば英断だ!」

呉の皇族。叔父の孫河が殺されると、即座に軍勢を受け継ぎ都市の守りを固めた。これを孫権に称えられ、孫河の領地を正式に受け継ぐ。魏の曹丕が侵攻してきた際には、独断の奇襲でこれを撃退。その後も精鋭を育て、数々の侵攻を退けている。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力3 征圧力3
官職武官
特技-
将器兵力上昇 速度上昇 守城術
計略走射戦法武力が上がり、走射時間が延びる
必要士気4
Illustration : チーコ


演義では明らかな死亡フラグを無数に立てておきながら大手柄を挙げたのが印象的。

同コストでは貴重な征圧力3だが、その代償にスペックは武力5知力3特技無しと最低限しかない。
将器はどれも悪くないが、計略効果をより活かす方向なら速度上昇がおすすめか。

彼の強みは計略「走射戦法」。
旧作にあった徒弓戦法に近い。武力+3と士気4払うにはやや地味だが、効果時間約23cと長め(Ver1.1.0D)。
テキストには「走射時間が伸びる」とあるが、実際は止まらなくても撃ち続けられる。
走射の仕様である移動速度が少し上がる効果(+10%程)が常時受けられるため位置取りも比較的楽。
バージョンアップにて効果時間が25cに延長された。単純な打ち得ではないが士気溢れには対応可。

とにかく走りながら止まらずに弓を撃ち続けられるので非常に嫌らしい。
自城に逃げ帰る敵にとどめを刺したり、陣頭に居座りラインを制御したりと用途は多岐に渡る。
これが試合の1/4も続くため、足の遅いデッキ相手には無類の強さを誇る。
とはいえ武力は8止まり。あまり無理はせず、致命打を与える機会を窺おう。

この計略の真骨頂は呉の弓伝授計略など、弓の性能を上げる計略とのコンボにこそある。
特に剛弓の伝授は効果時間中動き回っていればボイスも発生しないまま常にバリバリ剛弓が発射される。
その火力は下手な超絶強化を叩き帰すほど。
一方で、効果を最大限に活かす為には史実よろしく独断専行させる必要がある為、号令との噛み合いは良くない。

「高い征圧力があっても静止しないと弓が撃てない」という弓兵固有のジレンマを解消しており、
更にその武将が征圧力3を有しているのだから、士気さえ払えるなら征圧戦に恐ろしく強い。
反面、この計略をフルに活かしきるには相応の操作量を要求され、その意味でも弓兵の常識を覆す1枚。

SR大喬(護国)

武将名だいきょう羞花閉月
大喬「今日の次に明日が来るって
 当たり前だけど、幸せなことね」

橋公の娘。妹の小喬とあわせて「江東の二喬」と称された。孫策率いる軍が廬江郡・皖城を占領した際、小喬らと一緒に捕虜となり、大喬は孫策の妻となった。その美しさは「月も光を消してしまい、花も恥じらってしまう」と伝えられた。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力5 征圧力2
官職-
特技魅力
将器遠弓術 士気上昇 速度上昇
計略護国の流星ため計略】(使用すると移動できなくなり、一定時間後に解除され計略が発動する。この計略は反計されない)戦場にいる最も武力の高い敵を中心とした範囲内の敵に、流星によるダメージを与え、その範囲内が自軍の征圧領域になる。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気5
Illustration : Tony


2枚目の大喬は妹と共にSRとして追加された。

スペックは征圧力2があるとはいえ、1コスト最低クラス。
特技も魅力のみでは他の1コストにも対抗できず、完全に計略要員である。

護国の流星は流星の儀式etcと同じくため計略だが、対象が敵城ではなく敵部隊…つまりダメージ計略である。
計略カテゴリーも「流星 -METEOR STRIKE-」と専用のものに。
ため時間約3cの後、戦場にいる最高武力の敵を中心にカード3枚分弱の円範囲の敵に知力ダメージを与える。
ダメージは流星のエフェクトだが、それが落ちた範囲を征圧領域に変え、少なくとも知力3を確殺する(Ver1.1.0D)。
だが知力上昇による倍率がかなり高いようで、知力9で撃つと知力5を確殺、知力9に8割のダメージが入る。

大喬がために入った時点で現在のターゲットと効果範囲は相手にも視認できる。
戦場に最高武力が2枚並んでいた時、ため中に計略対象が切り替わることがあるので
同武力の場合、大喬との距離が近い方がターゲットとして決定されるようである。

この計略の対象は「最高武力の敵がいる地点を中心としたフィールド」であるため
例えば対象となる敵が一騎当千を使った状態のR関興のようなステルス状態の敵であってもそれを対象として効果範囲が出現する。
そのまま流星が落ちた場合、ダメージは入らないが効果範囲内は征圧領域となる。

複数部隊を巻き込めるがため時間の3cはその範囲から出るには槍兵でも十分すぎる。
天下無双・飛のジャンプ攻撃のように発動後の回避ができないというほどでもなく、基本的には単体を狙う効果になる。
単体を狙う場合、確殺は知力3までだが固定値が高いため高知力にも安定したダメージが見込める。

ためが開始された場合、帰城するかため中に大喬を落とすかしない限り
確実にターゲットに当たるのがこの計略の強みで、まさに死の宣告。
戦場中央ラインを超えたあたりからためれば通常騎兵でも帰城はできないので
ためを開始するのはキーカードが帰城できず、大喬も落とされないタイミングを狙いたい。
呂布のような短時間で大喬を落とせるか、帰城を狙える敵には注意。

徐夫人の嫉妬の眼差しはワントップ殺しにはかなりの好相性。
この計略のコンボがいる場合、武力1が2枚なので実際の戦闘は厳しい弱点はあるが、ワントップの抑止力は高い。
他にも曹操や張遼、皇甫嵩などのデッキの最高武力になりやすいキー計略持ちに非常に強い。
確実に死ぬ前に苦し紛れに計略を撃っても、知力が下がっていることで大幅に威力を削がれており
どちらにしても苦しい展開になる。
だが相手を士気を使わずに一度後退を狙った場合、こちらは士気8の士気差を背負ってしまう。
使う際は試合終盤など、士気差を生かしきれない局面での使用にとどめたい。

Ver1.1.0Bでダメージが強化されており、嫉妬の眼差しだけでなく命がけの推挙とも高相性を出せるようになった。
コンボすると同じ士気で赤壁の大火以上のダメージを叩き出せるようになった。
勿論相手が範囲から逃げずに複数で食らってくれる場面がそうそう来るわけではないのだが
傲岸不遜や連環の法に知力宝玉2つで止めて使った場合、相手が壊滅することも十分あり得る。
単独でも士気以上の威力はあるが、コンボするとかなり凶悪なダメージ計略となる。
ダメージ計略としては士気が軽いこともあり、採用するなら知力を変動させる相方か法具も採用したい。

なお、ためが完了して流星が落ちる時に戦場に敵が居ない(ターゲットが確認できない)場合は「戦場の中心」に落ちて、その周囲が自軍の征圧領域になる。

余談だが、SR孫策、EX孫策(雄飛の時)、EX孫策(小覇王の快進撃)のいずれも最高武力になりやすいので、相手に孫策がいると孫策に向けて流星が落ちることになる。
さらに、EX周瑜(孫呉の礎)で威力の底上げも可能。もはや泥沼である。

R陸鬱生

武将名りくうつせい
陸鬱生「あたしたち、
  ずぅっと一緒だよね♪」

鬱林太守・陸績の娘。13歳で同郡出身の張白の妻となるも、わずか3か月で張白が一族の事件に連座して流刑地で死んだため、未亡人となる。その後は夫に操を立て、どんな生活に困っても再婚話はすべて断ったという。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力5 征圧力1
官職-
特技防柵 魅力
将器兵力上昇 知力上昇 同盟者
計略遠弓の舞い【舞い】(使用すると移動できなくなる。自身は自身の舞いの効果を受けない)味方の弓兵の射程距離が伸びる
必要士気5
Illustration : 春夏冬ゆう


陸遜とは叔父の娘なのでいとこにあたる女性。

スペックはかなり低いが、舞姫が自分で柵を用意しているというのが無駄がない。
後述の舞いは混色でも有効なので同盟者、ダメージ計略から身を守れる知力上昇を将器で持つのもいい。

遠弓の舞いは弓の射程を伸ばす舞い。
射程は直線距離で戦場の縦2/3に達するのでおよそ2倍。戦場中央ならほぼオールレンジで弓が届く。

基本足の遅い槍主体のデッキには凶悪な相性を誇り、ラインを上げることすら困難である。
だが射程上昇は基本敵陣深く踏み込めば恩恵が事実上ないも同然なので自陣にいてこその効果だが
それではいつまでも攻城を取ることはできず、征圧戦でも不利になってしまう。

主な立ち回りとしては二つで、一つは弓射程を生かして相手を消耗させ、計略を早めに使用させる。
相手の攻めを上手くいなして士気差を作っていき、試合終盤で士気差にものを言わせたフルコンを決める。
もう一つは単純に遠弓と合わせた強力な弓計略で相手をつぶしてから攻城に行くかである。

この舞いの目玉になる相方は麻痺矢の大号令と、巧遲の乱撃麻痺矢の伝授のコンボ。
この舞いの効果内でこの2つの計略威力はすさまじく、号令をいとも簡単に潰すので圧巻。
漢鳴の大号令ですらラインが上がらないのだから成す術もなく、連環の法を組み合わせればただの的である。
基本的にこの舞いは騎兵単や超絶騎兵には分が悪い勝負になるので、何らかの形で麻痺矢を仕込むのは必須になるだろう。
麻痺矢がないとデッキ相性で勝率に関わるので、他のパーツはともかく麻痺矢は最優先で入れたい。


R陸抗

武将名りくこう ようせつ
陸抗 幼節「彼を相手に油断はできない。
   一つずつ、道を拓かなければ」

陸遜の次男。父が死去すると若くして後を継ぐ。功績を誇らず、部下からも尊敬された名将であった。晋の武将・羊祜とは敵ながら互いの才を認め合う仲であり、むやみに互いの領地を侵さなかったという。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力7 知力7 征圧力1
官職武官
特技伏兵
将器遠弓術 速度上昇 征圧力上昇
計略駿弓の共振呉の味方の武力と移動速度が上がる。さらに弓兵の合計コストが高いほど移動速度が上がり、それ以外の兵種の合計コストが高いほど武力が上がる
必要士気7
Illustration : ほにゃらら


呉の末期を支えた名将で、三国志では珍しい親子揃って名将となった人物。

呉の号令持ちとしてはバランス型で、低武力に抑えられていないだけでも嬉しい。
呉のバランス型スペックの号令持ちは孫堅、丁奉共に癖の強い号令なので、それだけで価値がある。
大型号令持ちとして魅力がないのがやや残念だが、伏兵もなかなかの威力を有しており心強い。
武力7を長く潜ませる余裕はないので相手を選ばず早めに踏ませた方がよい。

駿弓の共振は全勢力初のコスト参照号令。
武力上昇は弓以外のコスト+1(端数切捨て、上限+6)
速度上昇は弓のコストが3コストで1.3倍程度で白馬義従と同等程度(計算式は要検証)。
効果時間は約7.5c(Ver1.1.5A)
陸抗以外の弓兵は0枚or1コストにして、武力上昇値の上限である+6を狙うのが基本だが、
2コストでも+5と速度上昇なので、士気7として実用に耐えうるレベル。
また1コストでも落ちているとパフォーマンスはそれに従って低下する。
ダメ計等で一枚でも落とされると効果がガタ落ちしてしまう点は注意。

呉では初の全体移動速度上昇計略ということもあり、有用性は高い。
カウンターをしながらラインを上げてそのまま攻城に入ることもできるので手腕以上に守りで使っても有効。
この特性を生かして、カウンター気味の攻めになる父の駿才の大号令とのコンボも相性抜群。
天啓の幻も士気14の超大型コンボにはなるが、士気12から強引にラインを上げてから天啓を撃つラストアタックに使える。
勿論カウンターで撃ち、そのまま攻城をしながら相手が復活した頃合いでもう一度打ち、マウント攻勢をかけることもできる。

だがやはり士気7の計略なので、マウントを取ってからの連発はしにくく
前述のとおり使用前に1コストでも落ちるとパフォーマンスが落ちて使いにくくなる弱点がある。
特に確殺される大型のダメージ計略の先打ちをされると成す術がなくなり士気漏れも起こしたり
こちらも自爆計略で相手の攻めをしのぐなどをしにくい難しさもあり、他の号令以上に足並みにシビアになる。
立ち回りで防ぎにくいダメージ計略を考慮してデッキパーツはなるべく知力も重視して選んだり
部隊が落ちてしまった時に使える裏の手を採用したり工夫をしたい。

デッキを組む場合、武力上昇が端数切捨てになってしまうので、兵種コストを0.5コスト余らせてしまうこともパワーダウンになる。
兵種コストは端数を出さずに組むことを鉄則としよう。
弓兵3コスト/それ以外5コストで武力⁺6、1.4倍速程度の強化なら弓の自身も刺さらないのでこれくらいが使いやすい。
全部隊入れれば陸抗の武力で孫尚香が剛弓を打てるようになるので、弓兵のコスト調整にも彼女と相性がいい。

8コスト以上解禁になる大会などの場合、どのような効果になるのか今後注目したい。

修正履歴

Ver.1.1.5A 効果時間短縮:7.9c⇒7.5c

SR陸遜(夷陵)

武将名りくそん はくげん次代の偉才
陸遜 伯言「孫呉のため、僕を信じてください。
   必ず成し遂げてみせますから」

呉に仕えた文武兼備の若き名軍師。劉備が関羽の敵討ちとして攻めてきた夷陵の戦いにおいて、大都督に任じられた陸遜は、劉備軍の陣を一斉に焼き払い、徹底的に蹴散らした。この活躍で諸将は陸遜の智謀を認めることとなった。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力8 知力8 征圧力3
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 士気上昇 攻城
計略夷陵の炎敵に炎によるダメージを与え、征圧する領域を反転させる。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気7
Illustration : Wolfina


二枚目の陸遜も槍兵として登場。
フレーバーテキストは若き名軍師と紹介されているが、夷陵の戦いの時点ではもう40歳前後。
しかも人間の平均寿命が50歳の時代で、である。

スペックは無特技、数値もコスト比平均的なのだが征圧力3を備え、将器も高コスト槍に嬉しい攻撃力上昇と攻城術がある。
このコスト帯にはやや知力に難を抱えるカードしかいなかったのでスペック要員としての採用ができるカードは嬉しいが
攻城に向いたスペックは後述の計略と噛み合っている要素が少ないので、これをいいスペックというのかはやや好みが分かれそうである。

計略の夷陵の炎は、知力依存のダメージ計略
範囲は自身に密着した前方固定長方形で縦は戦場の約1/3、横はちょうど戦場の半分程度の長さで回転可能。
そしてこの計略を食らい生存した相手に翻意の計と同じ征圧反転効果を与える。
ダメージの確殺ラインは知力2で、知力7が使う普通の火計と同等程度と考えてよい。
妨害効果は知力依存が低く、大体10c程度(Ver1.1.0A)。
ちなみにダメージも知力依存が低く、命がけの推挙を使っても確殺ラインは3である。

広い範囲に加え水計のように自身の間に隙間もないので多くの部隊を巻き込みやすい。
特に号令は範囲が並のものなら発動の瞬間を狙って打っていける。
だが火計に比べ、縦にあまり長くないので、城際で一列に縦に伸びた部隊の対処は苦手。

ダメージ後に妨害がついているため、生存してもらうことも意味があるのだが、
やはりダメージがやや寂しいものはある。
Ver1.1.0Aで征圧システムが変更され、一度内乱が起きると征圧が一度リセットされることもあり
生存させた部隊を帰城させ征圧してもらい継続しない内乱ダメージを取るのは士気7の仕事なのかは疑問が残る。
効果範囲が広く範囲の回転も可能なので、多くの部隊を巻き込む力はトップクラスではあるのだが、
範囲や反転効果自体は優秀なので、他の火計持ちのように裏の手にしてしまうのが無難だろう。

また、やはり呉と言うお国柄で特技すらない重コスト槍である点は痛い。
攻城術持ちの槍にしても0.5コスト下に主力筆頭の周泰がいるのが厳しいか。
また一見息子である陸抗と相性がよさそうに見えるが、「駿弓の共振」の上限の都合上主力の2コスが採用しにくくなる。
採用するのであれば、2.5コストを彼で割く価値があるかよく考える必要があるだろう。

とは言え、Ver.1.2.0で張承が追加された点は、特技を持たない彼にとってはやや追い風か。
但しダメージ計略となると無特技には朱然や吾粲がいる事、同じコストに甘寧がいる事は留意する必要がある。

これだけ効果範囲の広い、複数巻き込めるダメージ計略も珍しいので知力低下系の計略と組むのも面白いか。
但しほぼフルコンになってしまう為、使用するなら一撃必殺を心掛ける事。

C留賛

武将名りゅうさん せいめい
留賛 正明「魂の雄叫び、
  戦場に轟かすぜえっ!!」

呉の武将。若い頃、黄巾賊と戦った際に負傷して足が不自由になったが、歴史書に書かれた英雄たちに感化され、筋を切ることで足を直した。戦の時には髪を振り乱して、叫びや歌で兵を鼓舞して戦い、必ず勝利したという。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力4 征圧力1
官職武官
特技勇猛 復活
将器突撃術 復活減少 征圧力上昇
計略戦歌の神速行武力と移動速度が上がり、兵力が徐々に減少する。突撃が成功するたびに、さらに兵力が回復する
必要士気5
Illustration : チェロキー


逸話が拡大解釈されてしまった結果、何故かパンクロッカーになってしまった留賛。
彼が活躍したのは西暦200年代ではなく西暦20X年だったようだ。

三枚目の呉の2コスト騎馬として登場。
能力値は平凡だが、勇猛・復活持ちと総合的には悪くないスペック。
将器は征圧力上昇と計略にマッチした突撃術がまず選択肢に上がる。
高コストでは珍しい特技復活と将器復活減少を兼ね備えているが、高武力騎兵なら生存はさせやすい為優先度は低め。

計略は武力+3、移動速度1.5倍、17カウント程度と非常に長い。
ただし、突撃し続けなければ兵力が少しずつ削れていくため、使うタイミングは早いほうがいい。
と思いきや、兵力減少速度は約2%/cと意外と緩く、突撃し続けなければ死ぬほどの減り方ではないどころか
突撃1回で20%前後?回復と1〜2回で毒の分がほぼペイできてしまうほどの弱い毒となっている。
従って、瀕死の状態で発動したり、迎撃や敵部隊に集中攻撃されない限りはまず毒ダメージで死ぬことはない。
現状の性能では、「士気と速度が悪化した分、突撃で回復できる長時間の神速戦法」という認識が正しい。
そのため、「計略終了まで生存するための突撃」ではなく、「継戦能力を高めるための突撃」と見なした方が良い。
呉の大半を占める、瞬間的な爆発力と引き換えに自爆する強化計略持ち達とは真逆のコンセプトを行く計略と言える。

一方で、敵撃破では回復できないので乱戦は不利な行動となっており、法具連環などで足を止められるのも天敵と
突撃ができない状況には弱い点には注意。また、必要士気も地味に重いので士気差にも注意しなければならない。

なお、毒は自城内の回復速度より低いため、城内にいれば撤退しない事を覚えておこう。

SR周姫(憧憬)

武将名しゅうき英邁なる美姫
周姫「いきましょう。
 みんなの夢を叶えるために!」

周瑜と小喬の娘で、両親の血を色濃く受け継いだ端正な容貌と才能を持つ。225年に孫権の長男である孫登の王太子妃に選ばれるが、孫登が若くして病死してしまったため、皇后となることはなかった。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 士気上昇 速度上昇
計略美姫の憧憬呉の味方の武力と征圧力が上がる
必要士気5
Illustration : 歩鳥


3枚目の周姫は槍持ちで登場。
これにより、周姫は一人で騎馬・槍・弓を制覇した事になる。

スペックは美周姫の号令や戒めの炎を持った知力偏重の他2枚とは違い、バランスタイプ。
蜀ほどではないものの、呉でも1.5コストの槍兵はなかなかの激戦区である。
その中で彼女のセールスポイントは、魅力持ちである点とデメリットのない号令計略持ちであるという点か。
1.5コスト槍としては珍しい魅力+士気上昇持ちだが、本人のスペックがやや不安である為兵力上昇を優先すべきか。

計略「美姫の憧憬」は武力+2征圧+2が約16c続くというもの。(Ver.1.2.0E)
上昇させる能力こそ控えめであるものの、士気5計略として破格の効果時間を持つ。
とは言え、相手の号令と押し合える程の性能では無い。
この計略をメインに据えるよりは、他のメイン計略を入れた上でサブとして活かすのが無難だろう。

この号令はデッキの征圧力を大幅に上げるので、使うからには自陣から発動しラインを上げることを意識したい。
基本は相手の攻めが終わった後のカウンター狙いだが
高武力の弓を複数揃え、長時間の武力上昇を生かして相手にラインを上げさせずに
走射しながら戦場を塗っていくという手もあるので、通常征圧戦に不利な弓とも相性が良い。
いずれにせよこの号令でラインを上げて相手を長時間の武力上昇で消耗させた後、
城際で押し込む計略を用意しておくとより効果的なので、城際で使う別計略も考えたい。

なお、計略使用時に周瑜(赤壁の大火・孫呉の礎)が範囲内にいると台詞が変化する。

修正履歴

Ver1.2.0C 効果時間延長 17c→19.2c
Ver1.2.0E 効果時間短縮 19.2c→16c

UC朱拠

武将名しゅきょ しはん
朱拠 子範「間違っている!
  陛下! 間違っているぞ!!」

呉に仕えた武将。文武両道・勇猛果敢で、呂蒙の後継者と目された。孫権の娘・小虎を娶った後も質素を好み、決して驕らなかった。順調に出世していったが「二宮の変」の折、諫言した際に孫権の怒りを買い、左遷された。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力8 知力2 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器復活減少 城門特攻 征圧力上昇
計略漢の意地武力と征圧力が上がる。ただし効果終了時に撤退する
必要士気4
Illustration : 仙田聡


実は朱桓とは同族の彼。よく見ると腹部に自然な形で矢印もしっかり受け継がれている。
台詞の一つ一つが非常にやかましい。敵城近くで撤退させると敵に無実を主張してしまうみたいになってしまうのはご愛敬。

通常排出では呉では初かつ唯一の武力8・征圧2を両立した弓兵。
但しこの代償なのか裏書きにもしっかり「文武両道」と書かれているのにも関わらず知力僅か2。
しかし折角の征圧2なのだが、弓兵なので魅力半減。部隊の総征圧の底上げに活かそう。

計略は周泰や陳武も持っている漢の意地
彼の場合は弓兵なので、距離を取られても射撃で高武力を活かす事が出来る。
但し知力は2なので陳武同様効果時間は約5Cとそこまで長くない点には注意が必要。

そして何よりもセールスポイントになるのは、この計略持ちとしては唯一となる復活減少持ちである事。
さすがにホイホイ計略を撃ちまくる…とまでは行かないが、それでも早期の戦線復帰は魅力的だろう。
Ver.1.2.0Cで強化された城門特攻で相手にプレッシャーを与えるのも面白いか。


C鍾離牧

武将名しょうりぼく
鍾離牧「気づかないと、命を落としますよ」

呉の武将で、家は代々続く漢の名家。幼い頃から影が薄かったが、兄には大器と評された。仕官後は山越などの異民族対策を任され、説得に応じなかった部族を説き伏せたり、魏の圧力で反乱を起こした部族を鎮圧するなど多くの功績を挙げた。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力3 知力3 征圧力1
官職武官
特技攻城
将器長槍術 攻城術 同盟者
計略麻痺槍戦法武力が上がり、槍撃を当てた敵の移動速度を一定時間下げる
必要士気4
Illustration : ジョージ


コスト1最高武力でありながら優秀な特技攻城と汎用性の高い将器を持つ。
中でも将器攻城術と特技攻城の両方を持つのは(Ver1.2.0D時点で)全体でも4枚しかない内の1枚で、
1コス槍最高クラスの攻城力と乱戦でも止まらない攻城ゲージにより、端攻めにはもってこいのカードである。

将器はその攻城術が覚醒の優先度が高くなる。
他にも混色デッキの味方・同盟者も持っており、デッキ次第ではこちらも有用。
長槍も計略を使う際に活きるので悪くないが、上2つのせいでどうしても霞み気味。

計略は麻痺ではなく麻痺を付与するもので、槍撃に速度低下効果が付く。
矢の方と異なり、槍オーラを当てただけでは麻痺できない(迎撃も×)。
武力+2、槍撃を当てた敵の速度-?%、効果時間14c(Ver.1.2.0A)

乱戦だと劣化強化戦法になるため、槍撃を与え続けるハンドスキルが求められる。

R全皇后

武将名ぜんこうごう
全皇后「今日も明るい一日が始まるよっ♪」

呉の二代皇帝・孫亮の皇后。己の保身を考えた大虎に可愛がられ、妃に推薦された。専横を行った孫綝への暗殺計画が全皇后の一族の責任で失敗に終わると全氏は衰えていったが、全皇后自身は夫の死後、そして呉が滅んだ後も存命した。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力3 征圧力2
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 遠弓術 復活減少
計略全の献身呉の味方にかかっている、味方の計略効果を消す
必要士気2
Illustration : 匡吉


全琮の一族である全尚の娘。
母親が孫綝の従姉であったため、暗殺計画を全皇后か全皇后の母が孫綝に伝えたことで失敗した。

スペックは1コスト弓兵としてもやや低く大喬(大華)や趙夫人の下位互換。
女性武将なので魅力持ち。
将器は1コスト弓兵としては難しいところなので、どれでも構わない。
下記の「天啓の幻」と組むならば、士気が足りなかった時の保険として復活減少もありか。

計略は、味方の計略効果を浄化というか雲散する範囲が自身中心円の計略。敵から受けた計略効果は対象外。
故に単独で使用しても全く意味をなさないので、コンボ目的で選ぶことになる。
この計略のコンセプトとしては、呉特有の効果終了後撤退の自爆計略とのコンボで、
これを使うことで士気+2で計略効果を失うものの継戦できるというもの。

味方の計略効果を消す計略としては小喬の小華の旋律があるが、こちらは複数部隊を消すことができる。
なので、コンボ対象としては全体自爆号令である天啓の幻が筆頭に挙がる。
敵部隊を天啓の幻で全滅させたあと、全の献身で撤退を防いで引き続き攻城するのが理想的な使い方。
しかし、敵部隊が残ると士気2を使っても結局攻城を取れないこともあるので、
天啓の幻の短い効果時間で判断を迫られることになる。
一方で、漢の意地などの単体自爆計略には、士気3ながら浄化と兵力回復も出来る小華の旋律の方が使いやすい。

ちなみに割と見落としやすい点ではあるが、呉の味方しか対象にならない為注意。

なお、裏書では「生没年不明」とあるが実際の生没年は244年〜301年(302年)である。
何気に三国統一後の「八王の乱」の中生き続けた凄い人物だったりする。

UC孫休

武将名そんきゅう しれつ呉景帝
孫休 子烈「尾のない竜に乗り、天へと昇る。
       あの夢は、一体・・・・・・」

孫権の六男で、呉の三代皇帝。呉の実権を握った孫綝によって傀儡の皇帝として擁立されるが、孫綝の企みを見逃さず、丁奉らと共にこれを誅殺した。その後は人事や内政と真摯に向き合い、呉の立て直しを図った。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力7 征圧力1
官職文官
特技魅力
将器知力上昇 遠弓術 速度上昇
計略静君の号令味方の武力が上がる。移動していない間、さらに兵力が徐々に回復する
必要士気5
Illustration : 玄丞


孫権の六男である三代皇帝も、他の兄弟共々初参戦。

スペックは知力がやや高め。武力も1.5コストとしては無難な数値となっている。
征圧1は地味に痛いが、弓兵なので活かせる機会は少なく、後述の計略の事も考えるとあまり気にする必要は無いだろう。
皇帝らしく魅力持ち。また、武力5にして文官なので不意の一騎討ちも起こさないのがポイント。

「静君の号令」は範囲長方形の号令計略。横範囲に不足は無いが縦がやや狭いため多少の集合を強いられる。
武力こそ+2だが効果時間中は足を止めている限り兵力がじわじわと回復し続ける。
回復量は5c毎15%ほどと思われる。優秀だが回復速度はそれほどでもないので油断は禁物。
実際の戦闘力は見た目を上回るため、使用者もこの計略の地力をよく見極めたい。
知力将器を持つため単独で14.5cほど持続させられる。当然だが効果時間を延ばす事で総回復量も増える。

とりあえず足さえ止まれば攻城中だろうと乱戦中だろうと射撃中だろうと問答無用で回復する。
勿論兵力に不足のない武将は躊躇なく動かせるが、武力上昇はたった2なので過信は禁物。

問題は計略が征圧システムと非常に相性が悪い事。
動いて戦う事が多くなりがちな環境で、足を止めての戦闘はどうも噛み合っているとは言い難い。
また、同コストに同じ長時間号令を持つ槍周姫がおり、あちらは征圧システムと好相性で場所を選ばない。
おまけに効果時間もあちらの方が長い。
スペックは悪いわけではないが、どうしてもシステムに逆行してしまっている為採用率は振るわない。

単体ではどうにかなるわけではない為、この計略を主軸にするのではなく裏の手として仕込む方が良い。
一番好相性なのは、やはり弓が多くなる=足を止めることが多くなる「麻痺矢の大号令デッキだろう。
その他「ふんばれ!」と組み合わせて無理矢理効果を発揮してしまうのも面白いか。

何気に弟の計略共々、勢力の指定がなかったりする。
呉単デッキでは攻城力が悩ましくなる為、他の国と組んだり「衝軍の法」と組んだりして活用するのも面白いか。

UC孫登

武将名そんとう しこう
孫登 子高「僕には夢がある。
  父を、天下を支えるという夢が」

孫権の長男。母の身分は低かったものの、聡明で人に愛される性格だったため孫権に可愛がられた。身分を超えた付き合いを好み、諸葛恪らと共に学問や武芸に励んだ。周姫を妻に迎え、将来を期待されていたが、33歳の若さで病死した。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力7 征圧力0
官職文官
特技防柵 魅力
将器兵力上昇 防柵強化 士気上昇
計略早逝の名君敵の攻城力を下げる。ただし、自身は撤退する。
必要士気4
Illustration : Daisuke Izuka


夭折してしまった孫権の長男がいよいよ登場。

1コストでありながら2/7に加えて防柵・魅力持ちととにかく優秀なスペック。
ただこれ程のスペックの代償として征圧力は0であり、将器での補強も不可能。
将器は守りをより強固にする防柵強化と開幕時の士気が増加する士気上昇が有用。
どちらも本人には影響しないが、戦力になりづらいコスト1の将器を覚醒する理由としては妥当。

計略は士気4と自身の撤退と引き替えに相手の攻城力を下げるというもの。
ver.1.2.0Cから約65%程度攻城力を下げる。相手知力3に約10C、知力9に約7C程度の効果時間。
特に暴力的な攻城力を持つ相手程刺さるが、並のデッキ相手だとそこまで実感しづらい絶妙に不安な軽減率である。

彼が光るのは恐らく、流星系デッキ傾国デッキ等の直接攻城に行く必要がない舞姫デッキでの採用となるだろう。
柵槍を補充しながら魅力もあるので素早く舞姫の計略の準備に取り掛かれ、征圧0も守りに徹するだけならそこまで問題にはならない。
また普段は使い所が少ない彼の計略も、流星があとちょっとで発動するのに攻め込まれている時とかは割と有効である。
と言っても軽減率は微妙である為、減った事を嫌がった敵部隊が舞姫に殺到して撃破されるという逆効果の可能性があるのは注意したい。
戦力になりづらいとは言え自身が撤退する事で舞姫の守り手が減るので、大流星や流星でトドメをさせれる等、
守り手を破棄してでも相手の城に致命的なダメージを与えれる状況で使いたい。

ライバルは知力は減るが征圧力を1でも持ち、同じ魅力柵持ち槍の呉国太。
あちらは柵を一個復活できるという計略も持つので、知力面以外の使い勝手は彼女の方が高いだろう。
どちらが良いかは状況・本人個人の感想次第になる。計略や知力面で彼なりの独自性を見出そう。

UC孫亮

武将名そんりょう しめい呉廃帝
孫亮 子明「キサマヲ 排除スル・・・・・・
   ソレヲ 望ム者ガイル」

孫権の七男で、呉の二代皇帝。後継者争いをしていた兄姉たちが共倒れすると、わずか10歳で皇帝に即位。しかし実際は重臣たちの傀儡であり、専横する孫綝の誅殺を謀ったが、事前に計画が発覚し、失敗。廃位され会稽王に落とされた。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器兵力上昇 守城術 募兵
計略傀儡の勅命最も武力の高い味方の武力が上がり、敵を撃破するたびに知力と兵力が上がる
必要士気4
Illustration : nocras


二代目呉皇帝である、孫権の末っ子が初登場。
傀儡皇帝だった為か、何とマリオネットにされてしまった。

スペックは平均的。
5/5/2には他に柵持ちの賀斉・魅力持ちの周姫がいるが、彼が持ち合わせているのは伏兵。
知力5の伏兵はあまり威力に期待はできないが、脳筋の牽制程度になるか。
仮にも皇帝であるにもかかわらず魅力が無いのは、やはり傀儡皇帝だからなのだろうか…。

計略は投げの一種。
範囲内で最も武力の高い武将の武力を+3し、その武将が敵を撃破する毎に知力+2・兵力回復。効果時間は13C。
仕様としては、「撃昂の勇武」の3部隊以上撃破時に近い。
知力上昇がメインのためか、計略ムービーは単体号令のものではなく、知力上昇や投げ縮地計略と同じものになっている。

弓兵が多い呉では兵力の減りが偏りやすく全体回復では無駄が多いので、撃破時とはいえ兵力が回復できるのは地味にありがたい。
一方で、知力上昇で掛けた部隊の計略効果を上げるのは以外と難しい。
敵を撃破するために掛けた部隊の計略を使用すると知力上昇が活きず、かといってこの計略のみで撃破し続けるには武力上昇が+3止まりである為、殲滅力に悩まされる。
何より呉には闞沢がいるので、単純に知力を上げるだけならこちらで十分である。
単体では使いにくいため、超絶強化と組んで火力不足を補いながら立ち回るのがいいだろう。

呉で使用する場合は、EX孫策(雄飛の時)がわかりやすい。
雄飛の時と合わせると武力23の槍兵になり部隊撃破で兵力回復と非常に堅くなる上、知力上昇でダメ計での排除も困難となる。
ため完了間際に掛けると効果時間中に再度雄飛の時を発動させる事ができ、この場合は知力上昇が活きる。
また、敵を撃破しやすい騎兵に掛けるならSR孫堅がよく、ラインをあげる最中に敵を撃破して少しでも天啓の幻の効果時間を伸ばしたい。

なお、実は勢力限定がないのも特徴。
呉の場合どうしても自爆して計略を無駄にする場合が多い為、他の国の優秀な超絶強化と組んで立ち回るのも手。


UC太史享

武将名たいしきょう げんふく
太史享 元復「いつか父を超える・・・・・・
    夢は大きくないとね!」

呉の勇将・太史慈の子。父の遺志を受け継ぎ、孫権に仕えた。父ほどの武勇はなかったが、優れた政治手腕を発揮して、南方の異民族の統治に励み、呉を支え続けた。孫権が亡くなった後も重用され、越騎校尉に昇進した。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職武官
特技攻城
将器攻撃力上昇 士気上昇 募兵
計略魂の引継ぎ味方が撤退するたびに、その撤退した味方の武力に応じて武力が変化する
必要士気4
Illustration : 伊藤未生


平均的なスペックに特技攻城を持つ太史慈の息子。
計略に特徴のある武将だが、シナジーはやや薄め。

その計略は大戦3の頃に登場しているが、使い勝手がやや違うため当時を知っている人は要注意。
使用したタイミングでは何も起こらず、自分以外の味方が撤退する度に「撤退時の武力をコピーする」というもの。
効果時間は12C前後とやや長め、知力依存もそこそこある模様。(要検証)

過去作との一番の相違点は呉の味方の、という指定がなくなった点だろう。
これにより自身+孫策(小覇王の蛮勇)+他勢力として、コピー元を指定することが不可能となっている。

また撤退者が出る度に自身の武力上昇はもちろん武力低下もリセットされる模様。(奥義の効果は除く)
このあたりはフレーバーテキストがぼかされているため、エラッタなしで調整が可能となっている模様。
ダメージ計略等、同時に撤退者が出た場合は撤退の判定が最後にされた武将の武力が参照される。

R太史慈(天衣無縫)

武将名たいしじ しぎ信義の勇将
太史慈 子義「揺らぐ切っ先では、私は討てん!」

孫策、孫権に仕えた武将。はじめ劉繇に仕え、孫策と一騎討ちをするなど、激戦の末降った。孫策死後も曹操の誘いも突っぱね、孫呉の勇将として活躍したが、赤壁の戦いの直後、孫権が合肥を攻めた際、張遼に夜襲を見破られ討たれたという。
コスト2.5
兵種弓兵
能力武力9 知力5 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器兵力上昇 遠弓術 募兵
計略天衣無縫武力と移動速度と征圧力が上がる
必要士気5
Illustration : 上野翼


2枚目の太史慈も、1枚目と同じレアで参戦。

遂に呉に追加された武力9の弓兵。
知力も平均的な5、征圧も2と弓の国である呉としてはだいぶ無難なスペックと言える。
特技も変わらず勇猛のみ。
将器は弓としては無難だが、第一候補は遠弓術になるか。

計略「天衣無縫」は武力+6・征圧力+2・移動速度1.5倍、効果時間約9cと士気5としては優秀な性能。(Ver1.2.0C)
ただし、武力はともかく征圧力と速度の上昇は弓という兵種を考えるとミスマッチである。
射撃で戦うなら武力+6の恩恵しかなく、走射で多少は動けるものの、動き回るなら弓という兵種の強みである射撃を生かせない。
おまけにオーラを纏った騎馬と同速と言うギリギリ迎撃される速度になってしまう点が災いして、下手に肉壁として扱う事も出来ず、肝心の騎馬に追いつかない事も多々ある。

とにかく効果を全部活かそうとすると弓の強みを殺す為、武力以外はついでに使うようにするのが無難。
自城前で武力15を分散させつつ扱うのが最も使いやすいか。
速度が上がるからと言って騎馬とドンパチしようとすると、速度上昇計略で揉まれる為過信は禁物。

問題はやはり本人が2.5コストにしてである事。
弓主体・2コストが主力である呉と言うお国柄、彼を採用すると高コストに弓が集まりやすくデッキが歪になりがち。
0.5コスト下にいる武力-1・征圧力-1した自分がいるのも難儀。
こちらは弓としての長所を生かす計略持ちであり、高スペックのコスト2弓兵も兼ね備えている。

幸い、呉には自身を犠牲にして効果を付加できる武将が多い。
こちらの太史慈を活かしたいと言うのであれば、それらの武将とのコンボをうまく活かしたいところ。
その為、号令デッキよりも太史慈をトップに置いた専用デッキの方が活躍させやすいか。

余談だが旧作の「天衣無縫」は士気6で武力・移動速度・知力を上げる計略であり、武力上昇も+10だった。
弓と噛み合わない効果(当時の弓兵は乱戦攻撃力が他兵種より低いという特徴があった)である事は当時も言われており、士気の重さもあって「使用すると負けフラグ」とまで言われた事も。
ただ当時のこの計略持ちは2コストで8/4勇猛とスペック自体は悪くなかった為、スペック要員としてはそれなりに使えた事は明記しておく。

SR張承

武将名ちょうしょう ちゅうし
張承 仲嗣「敵に企みあろうとも
  すべてを見抜き、破るまで」

張昭の子。幼名は白鶴。諸葛瑾・歩隲とは親友であった。反乱を鎮め、奮威将軍に任じられるなど文武に優れた。また確かな人物眼の持ち主で、才気煥発な諸葛恪が身を滅ぼすことを心配しており、張承の死後、その予見は現実のものとなった。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力6 知力7 征圧力3
官職武官
特技-
将器兵力上昇 長槍術 士気上昇
計略白鶴の慧眼呉の味方の武力が上がる。対象が特技を持っていない味方であれば、さらに武力が上がる
必要士気7
Illustration : 五十嵐睦


張昭の息子がまさかのSRで登場。そこまで有名な人物では無いのだが、何故なのだろうか?
読みが親子揃って同じなので会話ではややこしいかもしれない。

スペックは手腕孫権に槍を持たせて特技をバッサリ切り捨てたもの
2コストとして考えるとかなりギリギリの数値であり、単純なスペック採用は主力が固まる呉ではほぼ無理だろう。
その為、下記の計略の為の採用が主となる。

計略はなんと「特技無しに対して効果が上がる」と言う前代未聞の号令。なお、対象は呉限定。
範囲は広めの円形。
特技が一つでもある場合は+5だが、特技が無い場合は+7まで効果が上がる。効果時間は約8C。

この計略を主軸とする場合、デッキ構築の段階で特技なしのみの編成にするのが基本。
ちなみに呉の武将の内特技無しは(Ver2.0.0B時点で)全部で27人。
高コストが槍に偏っており、槍以外の2コスト以上は淩統とST版の丁奉しかいない。その為槍主軸のデッキになり易い。
騎馬と弓に不安が出やすい為、全員を特技無しにするのではなく、特技持ちも混ぜるようにする事も考える事。
ただ入れすぎると逆に計略が腐りやすくなる為、コストによるが1、2部隊が限度。
なお、幸いにして本人が士気上昇の将器持ちなので、魅力持ちの優先度はそこまで高くない。

Ver1.2.0Cにて特技持ちの武力上昇が+4から+5に増加と英傑号令と同じ上昇値を得たため、
特技持ちを入れた場合でもそこまで腐る事はなくなった。
しかし特技無しへの武力上昇値は増加しなかった為、増加差が2しかなく、
特技をわざわざ選ぶ程の価値があるかどうか分かりづらくもなった。
彼の号令を補う為のサブ号令を入れようとすると、どうしても特技持ちが入るのも不便な点である。

C趙夫人

武将名ちょうふじん呉宮の三絶
趙夫人「色鮮やかな・・・・・・夢見る景色を
    この糸で描いてあげます」

呉の算術家・趙達の妹で、孫権の夫人になった。機絶、糸絶、針絶の三大絶技を併せ持ち、人々に「呉宮の三絶」と称された。その才能に惚れ込んだ孫権は、趙夫人に山川の位置を記した地形図を刺繍させたと伝わっている。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力4 征圧力2
官職-
特技伏兵 魅力
将器兵力上昇 知力上昇 速度上昇
計略操糸の潜計敵の武力と知力を下げる
必要士気4
Illustration : チーコ


実に通算5人目となる、孫権の妻が一人。

伏兵と魅力を併せ持ち、その上で征圧力2まで確保しているのでコスト1の計略要員としてはかなり優秀な性能。
伏兵と妨害計略を持つ割には知力は低いが、知力上昇の将器を覚醒させれば及第点の伏兵威力になり、妨害計略の効果時間も延長するため、彼女の将器を覚醒させるならば知力を優先するべきだろう。

計略は呉では初となるデメリットのない全体妨害計略。
範囲内の敵の武力を-2・知力を-5する。(Ver1.2.0D時点)
士気4で打てるとは言え武力低下量は低いので、専ら知力低下からの呉の得意とする火計のコンボが主な用途となる。
夷陵の炎とは範囲的に相性が良く、直線形の火計と違い狙いをつける間もなく、知力7までの部隊を広範囲に渡って焼き尽くせる。
夷陵の炎の知力依存度が低く命がけの推挙を使っても威力はあまり上がらない事もあり、夷陵の炎と組むならば彼女が適任だろう。
勿論、他の火計持ちと組んでも活躍する。赤壁の大火を持つ周瑜と組めば知力10すら瀕死に追い込める力を持たせ、
汎用の方の火計もコンボで必殺の威力を持たせつつ低コスト同士で組めるため、高コストにメイン計略を据える事も出来る。
溜め時間が必要で上級者向けだが、戒めの炎の周姫と組めばコスト1二人でコンボが完成する上に士気を節約できる。

欠点は分かりやすく、戒めの炎を除いた火計はこぞって必要士気7の為、コンボを組み込むとなるとほぼフルコンになる点。
あくまで火計の確殺ライン対象を増やすだけな為、ダメージ計略の基本的な対策を取られるだけで成果もかなり落ちる。
フルコンで全滅させても法具再起を使われてしまえば、士気がない状況で相手のカウンターを迎え撃たなければならない。

また、彼女の計略単体では妨害として威力不足なので、知力低下と必要士気の低さを活かした妨害重ねがけを行っても然程効果がない。
士気8使った重ねがけをしてようやく弱体化の計弱体化の小計と並ぶ武力-4。知力こそ-10と大幅に低下できるが、
その為だけに士気8払い、他の武将の計略を制限させてしまうのは、呉の国の性質を考えるとあまり得策ではない。

しかしながら癖がなくデメリットもない全体妨害は呉の国では貴重。
上記のように火計との相性は抜群な上に単色で組めるのが利点な為、火計持ちと組み合わせたデッキも見かけつつある。
女性単や蜀呉連合デッキだと諸葛果と組むのも面白い使い方ではある。
低い武力低下量もデッキの組み方次第では-2でも結構な影響を及ぼす為、デッキの構成幅を大きく広げる可能性のある一枚と言える。

SR潘夫人

武将名はんふじん江東の絶色
潘夫人「ふふ・・・・・・あなたが眠ってる間に
   あたしは誰より上に行くわ」

呉の二代皇帝・孫亮の母。罪人の娘であったが、孫権の目に留まり側室となる。後継者争いの果てに孫亮が皇太子に指名され、皇后の座に就いた。孫権に隠れて多くの側室たちを死に追いやったため、恨みを買って侍女たちに絞殺された。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力2 征圧力1
官職-
特技魅力
将器突撃術 士気上昇 征圧力上昇
計略皇后の乱心自身を除いた最も武力の高い呉の味方の武力と移動速度が上がる。ただし自身を除いた最も武力の低い味方一人が撤退する
必要士気4
Illustration : 伊藤未生


通算4人目の孫権の嫁が、堂々の最高レアリティで登場。
Ver1.2.0では同時に趙夫人も参戦しており、これにより孫権は大戦に参戦している中で一番嫁がいる武将になってしまった。

スペックは2/2/1と、騎馬が苦手な国である呉である事を考えても高性能とは言えない。
それでも女性武将らしく魅力持ちかつ、将器に征圧力上昇がある為最低限の仕事をこなせる分にはある。

計略は一番武力が高い呉の武将の武力を+7・移動速度強化(1.55倍)する代わりに、一番武力が低い味方が撤退してしまう。
なお、どちらも計略の持ち主である潘夫人は対象には選ばれない。(ver.1.2.0C)

士気4である事を考えると十分破格の効果ではあるが、計略使用には武力上昇の対象・撤退の対象・本人…
と言う形で少なくとも3部隊を戦場に出す必要がある。
幸い、効果の対象はランダムではなくしっかり設定されている(同武力がいる場合はランダム)為、
反逆の狼煙」の様に誤って最高武力が撤退してしまう…と言う事はない。
とにかく本人を含めて数が必要になってくる為、主にバラ〜ワラデッキでその効果を発揮すると言える。
守りでも使えない事は無いが、相応に戦場に部隊が必要になる為攻めでの活用が無難か。

なお、このような形の計略は条件を満たせなかった場合効果が下がったり、そもそも効果無しだったりするのだが、
潘夫人と他1部隊が戦場にいる場合も普通に効果を発揮してしまう。
但し潘夫人以外の部隊の武力が上がった後、その武力が上がった部隊が最低武力と判断されて即撤退と言う、
士気4を吐き出した盛大な自爆になってしまうので注意。誤爆すると悲惨。

修正履歴
Ver.1.2.0C 武力上昇値増加 +6→+7


R紡績

武将名ぼうせき
紡績「神様とお話ししたいんですか?
 ――恐れを知らぬ人の子よ――」

姿が見えず自ら神を名乗る「王表」という男に仕えた巫女。紡績は霊媒となって、王表の言葉を伝え、水害や日照りをいくつか的中させたという。諸将は王表の存在を疑い、暴こうとして論戦を挑んだが、すべて論破されてしまった。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力5 征圧力2
官職-
特技魅力
将器攻撃力上昇 突破術 守城術
計略王表降臨範囲内の最も武力の高い敵の知力に応じて武力が上がる。一定以上武力が上がると、さらに移動速度と攻城力が上がる
必要士気5
Illustration : nocras


怪しげな記述だが王表は演義ではなく正史に登場している存在。
個人ではなく仕える巫女の総称が紡績であったという説もある。

2コスト槍としては割と平均的なスペックだが、女性武将なので致し方なし。勿論魅力持ち。
紡績のスペックと言うより王表のスペックのように感じるが、しっかり女性として扱われるので「戦処女の大号令」の効果を受ける。
将器は単純に戦闘力を上げる攻撃力上昇が人気だが、防衛重視で守城術というのも悪くない。
一方で突破術は移動速度の強化が状況に依存してしまう為、相性は一枚落ちる。

計略は「範囲内の最も武力の高い敵の知力」を参照する単体強化。効果時間は10c(Ver1.2.0E)。
武力上昇値は相手の知力×0.8+1(四捨五入)とやや面倒な計算式になっている。
武力上昇値が+7(相手の知力7)以上になると、更に移動速度が1.55倍され、攻城力が+10%される。(Ver1.2.0E)
覇者の求心や司馬一族、知力コンボが前提の英知の大号令等主力が高知力のデッキには無類の強さを誇る。
なお、この計略自体も知力依存0.8Cとやや長め。

計略の性能がほぼ相手依存になってしまうため、相手デッキによってはほとんど計略が使えない場合もある。
特に知力7以上が入っていないデッキに相対した場合は、計略がほぼ完全に腐ってしまう。
但し呉である為、紡績の計略が活きづらい低知力対策には火計を入れるなど、編成で対応する事も十分可能。
全く計略が使えないとしてもスペック自体が足を引っ張る程ではないのも優秀であり採用はしやすい。

ただ、範囲内の最大武力の武将の知力を参照すると言う点は割と難儀。
相手に固まられてしまうとうっかり低知力を参照してしまう事もありうるので、扱いは慎重に。
範囲内にしっかり高知力のみを狙うような動きが肝要。

計略の効果自体は頼もしく確実に相手を押し込めるが、これ一本で攻城を奪うのは少々難しい。
呉には攻城術持ち槍兵が多く、号令デッキ攻城役として採用されがち。
コンボとして見ても同コストの周泰の方が状況に左右されず、士気も軽い。
普通の号令デッキでは周泰が優先されがちだが、逆にバラやワラ・超絶軸の様なダメージ計略を採用しやすいデッキだと、
デッキ構築の都合上攻城力に難を抱えやすい点をフォローできるようになる為、使い勝手も良くなる。
どれだけ活かせるかはデッキ次第である。また、どんなデッキが流行しているかも把握しておくことも重要。

C呂岱

武将名りょたい ていこう老練の鉄人
呂岱 定公「話を聞かん者は、
   鉄拳制裁ぃ!!」

地方の役人をしていたが、孫権の代に呉に仕える。軍事に長けていたため、度々反乱を鎮めて交州の平定に功績を挙げ、孫呉の勢力拡大に貢献した。出世後も質素な生活を続け、時に若き将に助言を残し、96歳で天寿を全うした長生きの将。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力6 征圧力2
官職武官
特技攻城
将器攻撃力上昇 長槍術 同盟者
計略長生久視の雄ため計略】(使用すると移動できなくなり、一定時間後に解除され計略が発動する。この計略は反計されない)
ため時間が長いほど武力が上がる。一定以上武力が上がると、さらに移動速度が上がる。ただし「ため」は兵力減少でも解除される
必要士気4
Illustration : チェロキー


96歳まで生きたといわれる呂岱。ちなみに劉備と同い年だったりする。

スペックとしては伏兵が踏める知力6を持ち、さらに攻城持ちと呉の1.5コスト帯としては悪くはない。
ただ呉の武力5槍は朱桓を除き似通ったスペックである為計略の癖が非常に強い彼の採用は難しいか。
武力6に宋謙や呂蒙(魂)がいるのも痛い。

計略は溜め計略の一種。
何と最大溜め40カウントと言う「大流星の儀式」に次ぐ長時間の溜めを必要とする。
但しこの計略、兵力減少により強制解除され、計略が発動してしまうと言う難点がある。
しかも「一定値下がった時」と言う生易しいものではなく、兵力が1ミリでも減った時点で強制発動してしまう
当然、弓による射撃、ダメージ計略もアウト。
攻城中に誤って誤爆してしまうと即発動してしまうので注意。
環境的にはぶつかり合いが重視される傾向にある為、無計画に使用しても乱戦に巻き込まれて強制発動…もありうる。

武力上昇値は溜めたカウントの2/3(上方前)。効果時間は溜め時間に関係なく20C。
その為、最大まで溜め切ると武力は驚異の+31に達する。
度重なる上方により10〜11C程度貯めただけでも武力が14前後が20C続くようになった。
但し発動までの間1.5コストが戦力外となるが、前述の通り上方により無理に最大溜めを狙う必要がなくなっている。


なお、戦闘の中盤以降に計略を使用する場合、注意が必要。
敵との接触を避けるため自陣の端で使用してしまうと相手から放置されて、ラストまで残り6.5コストで戦うことになるはめになるので注意。

C呂範

武将名りょはん しこう
呂範 子衡「ククク」・・・・・・焦って飛び出さぬよう。
   彼を除くのは、もう少し先です」

孫策が信頼を寄せた側近。孫策が若い頃から仕えて、孫家の勢力拡大に貢献した。孫策亡き後は、周瑜らと共に孫権を補佐。劉備と孫尚香の婚礼の際には、劉備を留め置き暗殺を進言するなど、油断ならない人物であった。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力8 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器兵力上昇 遠弓術 突破術
計略火計敵に炎によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気7
Illustration : Ghe


周瑜らと共に孫策の快進撃を支え、その後も孫呉に尽力し重用された気鋭。
カード的には表裏から運用方法までひっくるめて完全に謀略家そのもののイメージ。
先鋭的な職人気質の好人物と思われるのだが……演義(そして過去作)の影響は大きいか。

高い知力から繰り出される伏兵と火計は強烈の一言。
開幕は伏兵+伏兵処理を狙い、中盤からは裏の手としてダメージ計略を敵に意識させられる。
さらに征圧力が将器無しのデフォルトで2と高いのもポイントで、手持無沙汰になる事は絶対に無い。
たった1コストでこの3つの武器を得られるのは実は非常に希少、かつ大きなアドバンテージである。
コスト1の武将カードとして必要な要素をほぼ完璧に含んだ完成度が高い一枚である。

仕事の多さと貧弱な武力のダブルパンチでアッサリ退場する危険を常に孕んでいる点は要注意。
コスト1弓にあるまじき忙しさこそあるが、初心者から上級者まで幅広くお勧めできる1枚だろう。

Ver1.2.0Dで火計そのものに弱体が入り、ほかの火計持ちは酷いとばっちりを受けてしまった。
彼だけは知力3の殆どを焼き切る火力を残したため、今も変わらず高い使用率を誇っている。
ただし宝具知知に頼っても知力7を一撃で退場させる事は出来なくなったので、奇襲の際は注意。

修正履歴

Ver1.2.0D 与ダメージ・範囲減少

EX(R)周瑜(孫呉の礎)

武将名しゅうゆ こうきん秀麗なる粋人
周瑜 公瑾「愛する江東の地を侵す者よ。
  その罪、血で贖ってもらおう」

後漢の三公の一つである大尉を務めた名家に生まれる。孫堅が董卓に対して挙兵した際、孫堅の家族たちが移り住んだ舒の地で孫策と親交を結び、家族同然の付き合いをしたという。彼らの友誼は互いの命が尽きるまで続いた。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力9 征圧力1
官職武官
特技魅力
将器兵力上昇
計略孫呉の礎呉の味方の武力と知力が上がる。ただし自身は撤退する
必要士気5
Illustration : 須田彩加


2枚目の周瑜は号令持ちで登場。

一枚目とは打って変わってかなり戦闘もこなせるスペックになっている。
スペックの安定性は高いのだが、単純に騎馬が欲しいとなると孫策の壁がある為なるべく計略に目を向けたい。
また、ダメージ計略持ちの自身と同居できない点にも注意したい。

計略「孫呉の礎」は自身撤退をトリガーにする号令。
効果は武力+7、知力+5、効果時間約8c(Ver1.2.0E)。

2コストを切るだけあって非常に武力上昇値が高い上に効果時間が並の英傑号令よりやや長め。
使用中のデッキの総武力は武神の大号令にも引けを取らず、士気7クラスの号令でもこの計略を凌ぐのは至難の業である。
さらに知力も上がるので、計略コンボをすることでさらに威力を高めることも容易。
漢の意地とのコンボは周泰であれば武力25に達し、士気9としてはTOPクラスの破壊力となる。
とはいえ、知力上昇値はさほど高くないので無理に狙う必要はない。
普段は号令として使用し、コンボが出来ればさらに強力になる、ぐらいの認識で良いだろう。

ただ魏の郭嘉の魏国の礎のように移動速度が上がらないため、戦場中央など相手に逃げられる状況は苦手。
士気は軽いが、周瑜が撤退してしまう事もあり連発して押し込む事は出来ない。
効果を最大限発揮するためにもなるべくラインを上げきった状態で使いたい。
幸い、本人が酷使させやすい騎兵なので、少しでも有利な位置取りをするために働いてもらおう。

余談だが、これまで妻の小喬が義兄である孫策と相性がいい事を散々弄られていたが、
このカードの登場でついに、義兄の妻である大喬と相性が良くなってしまった。
大華の旋律の効果中に孫呉の礎を使うと、ちょうど計略が切れたころに復活するので計略の二連打が可能。
強力だが連発出来ないというデメリットをカバーすることが出来る。
但し(当たり前だが)復活は城内なので一生懸命前線に戻る必要がある事と、実質士気13消費の為カウンターに対処しづらい点に注意。

EX(R)呂蒙(魂)

武将名りょもう しめい孫呉のサムライ
呂蒙 子明「この世のすべての答えは
  オレの魂だけが知っている」

貧家の出で、武功を立てるために無断で賊討伐に赴いたこともある勇猛の士。血気盛んで、自身を愚弄した役人を斬って逃亡したこともあったが、出頭すると孫策の側近に取り立てられた。後に軍略を身に着けると、呉を代表する将軍に成長する。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力6 知力2 征圧力1
官職武官
特技勇猛 攻城
将器突破術
計略魂の衝動武力が上がる。敵と1部隊同士で接触している間、さらに武力が上がる
必要士気4
Illustration : 柳内大樹


絵師の作品「ギャングキング」を彷彿とさせる雰囲気で参戦した阿蒙。

スペックはコスト比高武力に後述の計略を意識してかタイマン勝負に強い勇猛を持っている。
もう一つの攻城も号令デッキに採用すれば攻城力は同コスト帯屈指。
だがダメージ計略・伏兵がほぼ確殺の知力、征圧力1がややネック。
基本武力が低めの呉では宋謙と並べて武力を底上げしたいが、両者とも知力に難があるので同時採用は悩みどころか。
将器は計略を意識したのか突破術+速度×3だが、悲しいかな速度上昇の無い槍ではあまり活きないのが難点。

計略「魂の衝動」はやや特殊な超絶強化。
発動時に武力が+3され、敵と1部隊だけ接触している時に限り武力がさらに+5される。
効果時間は約8c(Ver1.1.0B)。

単純に1部隊とだけ乱戦していれば武力は14に達するため士気4の強化では十分すぎる上昇値となる。
蜀の「零距離戦法」のように局地的な場所を守ったり攻城を奪ったりするような使い方が使いやすい。
だが足の遅い槍兵なので戦場中央付近の攻防では生きにくいため、城際での攻防に使っていきたい。

号令デッキの武力要員としても十分及第の能力は持っている。
ただ、計略を当てにする場合、2部隊以上に接触されれば強化戦法以下の計略になってしまうので
いかに相手を散開させタイマンの状態で使えるかが肝になる。
基本的には自分を止めに来るか、自分を無視するかという二択を相手に迫った時に輝くので
上手くそのような場面を作っていけるようにゲームメイクしていきたい。

ちなみに、Ver2.0.0から超絶強化のモーションがそれぞれの武器に揃えられた
…のだが、呂蒙の得物は何と采配
勝利モーションで持っていたとは言え、采配で敵を吹っ飛ばすとは一体…。


EX(LE)孫策(雄飛)

武将名そんさく はくふ
孫策 伯苻「立ち去れい!
 火がついた俺は手加減を知らんぞ!」

「三国志大戦3」
孫堅の長男。父の死後、袁術から僅かな兵を借り旗揚げした。孫策と義兄弟・周瑜に率いられた軍は連戦連勝。孫策はその勇猛とカリスマ性から、覇王・項羽になぞらえ江東の小覇王と呼ばれた。
コスト3.0
兵種槍兵
能力武力10 知力5 征圧力2
官職武官
特技勇猛 魅力
将器突破術
計略雄飛の時ため計略】(使用すると移動できなくなり、一定時間後に解除され計略が発動する。この計略は反計されない)武力と移動速度が上がる
必要士気4
Illustration : Wolfina


Wolfina氏が手掛ける孫策が、三国志大戦3から復刻参戦。

スペックは三国志大戦3準拠。
呉では丁奉(スターター)以来の3コスト武将であり、今作では呂布に次いで登場した武力10である。
将器は突破術に兵兵兵と乱戦に強い。計略との相性も抜群。
一方で長槍や速度上昇などが無いため騎兵への牽制力が乏しく、距離を詰められやすい。
彼の登場で呉のみ勢力限定法具(呉軍の大攻勢)で目覚め計略の条件を満たす事が出来るようになった。
だがこのコストで知力5はやや不安の残る数値。

計略「雄飛の時」も三国志大戦3と同じくためではあるものの、移動速度と武力を上げる超絶強化計略。
ため2c、武力+10、移動速度1.7倍、効果時間8.2c。(Ver1.2.0A)
知力依存は約0.8cと単体強化としては高め、推挙を掛けると14c程に伸びる。

武力20の速度上昇槍兵は恐ろしく硬く、武力15以下との乱戦ではほとんど減らない。
士気4の強化計略としては破格で、突破もあるため戦場中央付近の荒らし能力はかなり高い。
コスト3だけあって攻城力も折り紙つきで、計略中の城門は3割に達する。
弓腰姫の目覚めや混色では車輪の伝授などの投げ計略との相性も抜群。

だがため計略であることはどうしてもデメリットになる。
ため時間は決して長くはないが、相手が距離を開けるには十分な時間である。
猛虎蹴撃のように自陣でためを開始した場合、安全だがいくら速度が上がってもため時間に距離を取られれば
追いつく前に城に逃げられ、城に張り付いた頃にはすぐ効果が切れてしまう。
ある程度先の戦局を予測して早めに使い、相手の回避できない場所で使わないとよさが生きにくい。
漢の意地のように即使えるわけでもないので、こちらの守城時に再起法具で復活後
即出城して使用ということもできないため、守りがやや苦手。
幸いこの計略が士気4と軽いため、火計などに士気を割きやすいので、守りの一手を用意したい。

また、やはり槍兵の3コストはなかなかデッキ構築に頭を悩ませる。
同名の優秀な騎兵の彼を使えないのもなかなかに痛く、
蜀の関羽と比べて知力や征圧力は並なので、単純な前出しだけで常にプレッシャーを与えられるわけではない。
コストによる攻城力が魅力の一つだが、攻城中は計略の速度上昇が生きにくいため、号令なしに攻城役にも回りにくい。
優秀なパーツである反面、デッキは色々と工夫の必要を常に有するだろう。

ポテンシャルを生かすには、計略を使う判断やデッキ構築などプレイヤーのスキルが必須となる。
だがそれだけにはまった時のリターンは大きく、自身の戦術で勝つ喜びを味わえるカード。

EX(SR)朱然(悪魔)

武将名しゅぜん ぎほう炎炎ノ火計
朱然 義封「俺は英雄にならなきゃいけない!!」

呉の武将。感情や表情のコントロールが苦手で、緊張や恐怖を感じると笑顔を浮かべてしまう癖から「悪魔」や「胆守余りある」と称されたという。夷陵の戦いにおいては、蜀軍の懐に飛び込み、火計を用いて劉備を敗走させた。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力8 知力3 征圧力1
官職武官
特技勇猛
将器地の利
計略悪魔の足跡敵に炎によるダメージを与え、計略範囲内が自軍の征圧領域になる。ダメージは互いの武力で上下する。さらに計略範囲内を一瞬で直進し、武力が上がる
必要士気7
Illustration : 大久保篤


講談社コラボカードの1枚で、
ネタはイラスト担当の漫画「炎炎ノ消防隊(えんえんのしょうぼうたい)」の主人公、シンラ・クサカベ。

コスト2にして武力8と黄蓋並の武闘派で、さらに勇猛持ちで将器も「地の利」+兵力3固定なのでガンガン進撃できるだろう。
計略は説明こそ火計に近いのだが、内容は様々な効果が綯い交ぜになったもので、そもそも計略ムービーが衝撃波動である。

  • 火計と同等の範囲内の敵全員に武力差によるダメージを与える。素武力では武力3が乱数一発*1程度。
  • その向きに一瞬で直進し、征圧する。征圧範囲はそのまま自身が直進した程度なのであまり広くはない。
    • 征圧を上げていた場合変化するかは要検証。
  • 計略演出後、一定時間武力+4(素知力で5c)。この武力上昇は武力ダメージには含まれない。

と様々な効果が混ざっている。特に強力なのが範囲内の敵全員に武力差ダメージという点で、場合によっては文官をまとめて始末できる。
さらに武力差+直進+地の利が合わさって柵の後ろにいる踊り子を中距離から掣肘でき、生き残ったとしても武力12で柵を1〜2パンで溶かせる。
ただし士気7という点まで火計と同等なので、使い時は間違えないようにしたい。

EX(R)淩統(一対舞闘)

武将名りょうとう こうせき戦場の舞踊家
淩統 公績「この死地で、俺と共に踊れ!」

呉の武将。15歳で父の後を継ぎ、孫権に仕えた。赤壁の戦いで勝利した後、南郡の曹仁を攻撃。同じく戦っていた甘寧が包囲されてしまうと、呂蒙らが甘寧の救出に行く間、5千の兵で十日間本陣を守り通し、その功から承烈校尉に昇進した。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力8 知力6 征圧力2
官職武官
特技復活 魅力
将器士気上昇
計略一対舞闘自身と最も武力の高い味方の武力が上がる。対象が特技「魅力」を持つ味方であれば、さらに移動速度が上がる。ただし自身か対象の味方が撤退すると効果が終了する
必要士気5
Illustration : 竹内友


講談社コラボカードの1枚。
台詞から計略まで、やたらと踊りにこだわるカードデザインは竹内氏の漫画「ボールルームへようこそ」を意識してのものだろう。

スペックはコスト2.5としては控えめの数値。槍兵のため復活(+副将器に復活減少×3)はありがたいが
このコスト枠は撤退した時の保険より、武力が欲しい所なのでスペック採用はまずない。計略を使ってこその武将と言える。

計略は自身と効果範囲内の最も武力の高い味方の武力を上げ、さらに効果対象が特技魅力持ちなら速度も強化するというもの。
武力上昇値+6、魅力ありの場合はさらに移動速度約1.5倍、効果時間約7.5c(Ver2.0.0D)。
基本的には速度の上がった自身で槍消し、同じく速度の上がった騎馬で突撃という運用になるだろう。
ただし魅力持ちでなければ速度上昇効果は得られないこと、また後述するデメリットなどから相方の選択肢はあまり多くない。

デメリットとして自身、あるいは計略対象となった相方のいずれかが効果時間中に撤退した場合もう1部隊の効果も強制解除される。
計略発動直後に対象になった騎馬が迎撃されて撤退などしようものなら士気5を丸々損することになるため、注意が必要。

士気5で2部隊に武力+6と速度上昇を与えられるので、強化計略としてはかなりの強さ。
計略効果をフルに活かすのであれば、相方は魅力持ち高武力騎馬がベスト。2倍迎撃にならない速度も撤退のリスクを考えれば利点と言える。
戦闘力も加味するならやはり騎兵の孫策が候補となるだろう。
勢力は問わないため、魏の趙娥、蜀の趙雲(人馬一体)、群雄の馬超などとも組めるので混色も考えられる。

登場当初は計略の性能が低く第一線での活躍は難しかったものの、度重なる上方修正の甲斐もあり最上位でも戦える力を得た。


EX(LE)周姫(戒め)

武将名しゅうき
周姫「父、夫。天は私の大切な人を
      次々と奪っていく・・・・・・」

「三国志大戦2」
周瑜の娘。父譲りの知性と美貌を持っていたという。孫権の皇太子である孫登の元へ嫁いだ。次代の皇后との期待が高かったが、孫登が若くして病死してしまったため、皇后となることはなかった。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力8 征圧力1
官職-
特技魅力
将器守城術
計略戒めの炎ため計略】敵に炎によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気5
Illustration : 中田愛澄


中田愛澄氏の手掛ける周姫が、三国志大戦2から復刻参戦。
現状唯一の三国志大戦2からの復刻となる。

スペックは三国志大戦2準拠。
2/8は1コストとしては非常に優秀。女性武将なので魅力も完備している。
一方で征圧力は1だが、弓兵なのであまり気にする必要は無いだろう。

将器は守城術で固定。弓とは相性は良い。
その一方で副将器は城×3で固定。噛み合っていないと見るか、攻守どちらでも使えると見るか。

計略「戒めの炎」は溜めダメージ計略
溜め1.8c程度。範囲は横がカード1.5枚分程度、縦が戦場の縦の半分程度とかなり広い。(Ver1.1.5B)
ダメージは知力2確殺、知力3に8割程。知力8だと4割程。
溜め中は本人を動かす事はできないが、カードの向き変更は可能。

EX(R)徐盛(戦巧者)

武将名じょせい ぶんきょう窮地の剛勇
徐盛 文嚮「ハッ、あれしきの敵に
   俺たちが負けるもんかよ」

孫権に仕える将軍。黄射が数千人を率いて攻撃してきた際、僅か200人の兵で迎撃。その功績により蕪湖県令になる。濡須で曹操軍と戦った際も、敵中で孤立する恐怖にも負けず自ら敵中に突撃。敵兵を敗走させる活躍を見せた。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力6 征圧力2
官職武官
特技-
将器征圧力上昇
計略戦巧者の号令呉の味方の武力と知力が上がる
必要士気5
Illustration : 麻生我等


EXカードとして追加された徐盛。旧作も含めると初めての槍兵である。

スペックはバランス型。
征圧力2は嬉しいが、同勢力の武力7槍が揃って特技持ちの中で無特技なのは苦しいか。
将器は征圧力上昇+速3で固定。

計略「戦巧者の号令」は呉限定の号令。
武力が+4・知力が+3される。効果時間は約9c(Ver2.0.0D)
呉夫人の「賢母の教え」と同等の効果だが、賢母と比べて知力の上昇量が低い代わりに武力の上昇量はこちらの方が大きい。
また、賢母は自身は範囲に含まれないが、戦巧者は自身を範囲に含む等の違いもある。

効果は悪くないものの、2コストが持つ号令としてはかなり力不足。
士気5とは言え特に効果が大きいわけでもなく、かと言って効果時間も長いわけではない。
そして呉の2コストは主君の孫権を始めとして号令のオンパレード・主力が固まるコスト帯であり、
特別彼でなければならないと言う理由がないのが現状。
サブ号令にするにも、コストを0.5下げれば同士気で倍の効果時間を持つ槍周姫がいるのも向かい風。

最大の問題は徐盛である事
彼を採用すると言う事は、必然的に強力な弓兵である1.5コストの自身を採用できないと言う事である。
独自性はあれども、国の傾向と名前被りのせいで日の目を見ることが少なくなってしまっている武将。

修正履歴

Ver.2.0.0D 武力上昇値増加 +3⇒+4

EX(LE)孫策(快進撃)

武将名そんさく はくふ
孫策 伯苻「あとはひたすらに進むだけだ。
 俺たちの天下へ!」

「三国志大戦3〜猛き鳳凰の天翔〜」
孫権の兄。父である孫堅から引き継いだわずか千人の兵から旗揚げし、周瑜や太史慈など優れた将を引き入れながら、瞬く間に南方を統一した。このとき齢25歳。まさに戦の天才であった。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力9 知力4 征圧力2
官職武官
特技勇猛 魅力
将器突撃術
計略小覇王の快進撃武力と知力と移動速度と突撃ダメージが上がり、兵力が上限を超えて回復する。さらに自身が敵を撃破するたびに武力が上がる。ただし武力が徐々に下がり、一定以下になると撤退する
必要士気6
Illustration : 獅子猿


獅子猿氏が手掛けた孫策が、三国志大戦3から復刻参戦。本作では2枚目の復刻孫策となる。

スペックは「3」…ではなく「1」準拠。恐らく覚醒が再現できなかった為であろう。
呉としては初かつ唯一の武力9騎馬。知力4はやや不安なものの、征圧2に加え特技を2つ保持するため総合的には超優秀と言える。
将器は突撃術と兵×3で固定。
2〜3コスに1人ずつ孫策が実装された形だが、既存の優秀な騎馬である蛮勇の自分と共存できないのが少々残念か。

計略は武力+9・知力+3・速度2倍・突撃ダメージ+4、兵力30%回復(上限突破)。(Ver1.2.0E)
とにかくあらゆる能力が上昇し、ゲーム内の計略使用画面でも「武知速突兵が上がり、…」と略されて表示される。
さらに効果中に敵を撃破すると1体ごとに武力+4される。
ただし、計略効果中は約0.56Cごとに武力が1ずつ下がっていき武力7以下になると即座に撤退してしまう。
これは他の計略効果の影響も受け、味方から強化して貰えば延命になるが敵に弱体化されると即撤退もありうる。
敵に武力低下の計略持ちがいる場合は慎重に使用する必要がある。

計略効果は強力なものの、武力が7になる前に敵を撃破できなければ士気に見合うとは言えない。
主力を無駄死にさせてしまうことになる為、いかにして敵を撃破しつつ長い時間暴れさせるかが重要になる。
特に突撃ダメージ上昇が強力なので、他の味方は孫策が存分に突撃できるようにお膳立てしてやるとよい。
ちなみに倍速騎馬である為オーラ中に刺さると兵力の9割が平気で消し飛ぶ為、迎撃には十分注意したい。
なお、効果時間は非常に長く(義勇ロードにて50c以上を確認)、対人戦ではまず切れることはない。その前に武力低下で撤退するだろう。

小喬(小華)との相性は抜群。
計略による撤退防止・快進撃中の消耗のフォロー・欠点である弱体化計略への対処とこれでもかと言う程好相性な要素を持つ。
他に全皇后大喬(大華)との相性も悪くないのだが、フォローできない部分が出来る為相性は一枚劣る。

余談だが、義勇ロード…特に連続戦で使用すると大量の敵を倒せるため、武力50を軽く超える孫策を誕生させることができる。
迎撃さえもらわなければ終始暴れ回れるので、ぜひお試しいただきたい。

呉にはいなかった武力9騎馬・強計略・優秀なスペック故に、あの龐徳の牙城を崩してVer.1.2.0Cでは採用率1位に達した。
が、さすがに強すぎると判断されたのか、Ver.1.2.0Dでは武力低下速度が1.2倍になり、突撃ダメージも下方修正されてしまった。
Ver1.2.0Eにて更に計略使用時の最初の武力上昇値が低下。現在の武力値で撤退するかどうか決まる為、爆発力だけではなく生存力も削がれた。
しかし呉で唯一の2.5コストの優秀な武力9騎馬という特性上、呉単デッキへの採用余地は十分あるだろう。

修正履歴

Ver1.2.0D 武力低下間隔短縮 1.6秒毎→約1.3秒毎
      突撃ダメージ上昇値減少 +6→+4
Ver1.2.0E 武力上昇値低下 +10→+9

不具合(Ver.1.2.0D現在)


武力7以下の状態で計略を使うと即座に撤退する
おそらく撤退の判定順、もしくは計略の重ねがけに関する仕様により発生する不具合であると思われる。
本来なら武力7の状態で快進撃を使う→武力+10→武力17になる。となるべき流れだが、この流れが発生せず強制撤退する。
弱体化の計等の武力低下の妨害計略を先に撃たれた場合に使っても、状況を打破できないどころか自身の首を絞める結果になる不具合である。
(分かりづらい場合は快進撃の代わりに蛮勇や雄飛等で同じ事をすると考えれば分かりやすい。)
修正時期は2018/4/25時点では不明。


孫策が25部隊以上撃破すると撃破時の武力上昇が止まる代わりに武力が12から下がらなくなる。
おそらく処理がオーバーフローする際に発生する不具合であると思われる。
妨害を受けない限り撤退規定値の武力7にならない為、事実上の永続強化+自爆がなくなると言うもの。
勘違いされやすいが、不具合が発生しても武力は12までは通常通り下がる
4/25から不具合はあったものの、6/1に公式から正式に告知された(公式発表では約20部隊以上)。
対人戦で25部隊以上の撃破は現実的ではないのであまり気にする必要は無いが、連続戦の際は頭の片隅に置いておく必要がある。

EX(R)孫寒華

武将名そんかんか魔法仙女
孫寒華「不☆思☆議な力で、
   どっかーん☆

孫堅の甥である孫賁の孫娘。呉の立信校尉で道教を学んだ杜契が介琰から「玄白の法」を授かると、それを教えられた。その法術によって少女の姿をしていたという。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力1 知力4 征圧力2
官職-
特技防柵 魅力
将器防柵強化
計略凍っちゃえ〜!敵を移動できなくし、計略を封印する。弓兵であれば、さらに弓攻撃をできなくする。この効果はいずれかの部隊と接触すると終了する
必要士気5
Illustration : クロサワテツ


孫堅の甥の孫がVer1.2.0Dにて新規参戦。三国志の時代になぜか降臨した魔法少j…もとい魔法仙女。
ここまで離れると孫堅親子と血縁以外に接点があるのかすら怪しいレベルだが気にしてはいけない。
計略は孫""華という名前から、凍らせる計略を持たせられたと思われる。銅が落を持ってるのと同じSSQである。

数値スペックは最低レベルだが有用な特技を2つ持つ。
将器防柵強化に速度が3つ、覚醒優先度は低め。

計略は大戦3に存在した「春眠の誘い」に酷似した計略。
テキストは3の時と異なるが弓攻撃の扱いが明記されただけで効果は全く同じ。
(ちなみにスペック・特技もかつての持ち主と全く同じだったりする。)
計略カテゴリは現状この計略専用の「凍結」。この辺も振り切っている気がしなくもない。

移動速度低下計略と違い、完全に静止状態にさせられる。騎馬や象もその時点でオーラが消える。
槍兵は槍は出せるが、向きも変えられないので、基本的にかけられたら無力化させられると思って良い。
知力9に対して約5.5c(公式動画より)、低知力に対しては10c以上の長い効果時間を持つ。

士気5で範囲がやや広く、計略使用と弓攻撃も封印し、低下ではなく静止を、少なくとも5c以上持続と、ここまで聞けば非常に強力な計略だが、
唯一にして最大の欠点が「いずれかの部隊と接触すると効果終了」であり、一部隊でも範囲から逃れた部隊が居れば、触るだけで効果をかけられた部隊の復帰が可能。
また、こちら側の接触でも効果が終了する為、動けない相手に乱戦しに行くと解除されてしまう。その為馬メインでこの計略から攻撃に繋げるのは無理に近い。
弓攻撃と槍撃では解除されないので、弓や槍メインならば動けない相手を一方的に攻撃できる。

なお、接触しているかどうかは計略発動前後問わない為、予め接触している状態で発動されると、すぐに接触判定で解除される。
相手の状態の確認や範囲外の部隊の存在の確認を怠ると、足止めにすらならない事もある。
密集し過ぎも散開していても、計略効果をフルに活かす事ができない、実用が難しい計略である。

分かりやすい使い方としては孫呉お得意の火計と組み合わせて二択を迫らせる方法。
固まれば火計の餌食・分散すれば凍らせると言う択の押しつけは単純ながら強烈。

Ver2.0.0Aから、エフェクトがこの計略限定の「敵が凍り付く」物に変更された。

EX(LE)周瑜(復刻)

武将名しゅうゆ こうきん
周瑜 公瑾「この身が朽ちようとも、
    孫呉の旗を天下へ導く!」

「三国志大戦3」
孫策の死後、呉の軍事を支えた若き天才。赤壁の戦いを開戦、呉にせまる曹操水軍数十万を、火攻めでことごとく焼き払った。後に「天下二分の計」を発案するも、実現を間近にして病に倒れた。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力6 知力9 征圧力2
官職武官
特技伏兵 魅力
将器遠弓術
計略赤壁の大火敵に炎によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気7
Illustration : Wolfina


wolfina氏が手掛ける周瑜が、三国志大戦3から復刻参戦。
旧作では「焼き払え」の台詞から放たれる赤壁の大火で戦場を彩ったが、本作でも十分に味わえるようになった。

性能は第1弾の自分と同一。残念ながら知力10は帰ってこなかった。
将器コンパチ元が所有していない遠弓術、副将器が兵力×3で弓兵向き。より戦闘向けの性能になっている。
通常排出の自分が持つ将器が揃って微妙である為、弓と相性の良い将器の登場は嬉しいところ。

コンパチブル武将

Ver.1.0.0 SR周瑜(赤壁の大火)
Ver.1.1.0A LE周瑜(人形劇三国志)

EX(LE)小喬(復刻)

武将名しょうきょう
小喬「周瑜様、どうかこの国を
  お護りくださいませ・・・・・・!」

「三国志大戦3〜蒼天の龍脈〜」
「江東の名花」と言われた喬姉妹の妹。後に呉の柱となる将軍・周瑜の妻となった。美丈夫である周瑜と、絶世の美女である小喬の出会いは、様々な物語となって後世に伝えられている。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力4 征圧力2
官職-
特技魅力
将器征圧力上昇
計略小華の旋律最も武力の高い呉の味方にかかっている、全ての計略効果を消す。計略効果を消した場合、さらに兵力が回復する
必要士気3
Illustration : 音楽ナスカ


実はフィギュアも出ている音楽ナスカ氏の小喬が、三国志大戦3から復刻参戦。
これで氏のカードは、もともとカードがない漢を除く4勢力全てに登場することとなった。

性能は第2弾の自分の方と同一。
こちらは主将器コンパチ元が所有していない征圧力上昇となっている。副将器は復活×3。
攻城を意識させるような将器の組み合わせは、当時歩兵だった時の名残と言う事なのだろうか。
尤も、小喬の将器は余程の事が無い限り覚醒させない傾向にある為、この辺は好みで良いだろう。

余談だが、旧作でも孫策(小覇王の快進撃)とセットで使われることが多く、共に復刻した今作でも相変わらずの相性の良さである。

コンパチブル武将

Ver.1.2.0 SR小喬(小華の旋律)

EX(LE)孫堅(復刻)

武将名そんけん ぶんだい
孫堅 文台「皆の者、行くぞ。
    天命は我にあり!

「三国志大戦3」
孫策、孫権の父親。董卓が都で権力を振るうと、反董卓連合の先鋒を務め活躍した。董卓の撤退後、玉璽を発見し、天下の覇者となることを確信する。しかし黄祖との戦いで流れ矢を受けて死んだ。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力7 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器突撃術
計略天啓の幻呉の味方の武力が上がる。ただし征圧力が下がり、効果終了時に撤退する
必要士気7
Illustration : 夢路キリコ


夢路キリコ氏が手掛ける孫堅が、三国志大戦3から復刻参戦。
今作の計略セリフが長くなる中で、「けちらせ…」の僅か4音とシンプル。

スペックは第1弾(天啓の幻)の自分と同じ。
将器は突撃術。スターターと同じ将器だが、こちらはLEなので副将器が一つ多い上位互換となっている。
問題は、通常排出の彼の将器が攻撃力上昇・復活減少とかなり噛み合ったものになっている事。
幸いVer1.2.0Eで突撃術は強化されたものの、しっかり突撃を狙うようにしなければ攻撃力上昇の劣化気味になる為注意。
将器は速度上昇×3。

コンパチブル武将

Ver.1.0.0 SR孫堅(天啓の幻)


*1 NPC操作兵力満タンUC荀攸が撤退