S2000(AP1)


S2000(AP1)

頭文字D本編では、ゴッドアームこと城島俊也が搭乗するS2000。
Arcade Stageシリーズでは原作よりも早いVer.1から登場している*1

1999年4月15日に、ホンダ創立50周年を記念して発売されたスポーツオープン2シーター。
FFをメインに作っていたホンダが、S800から実に29年間ぶりに発売したFR車。
車名は往年の「Sシリーズ*2」のオマージュであり、S2000自体もS800の後継モデルとされる*3

設計はまさにオープンカー版「タイプR」と言えるもので、重量バランスを50:50としクーペ並の剛性を持たせたボディに、最高出力250ps・限界回転数9000rpmを発揮する専用設計の2.0L直4DOHCVTECエンジン「F20C」*4と6速MTを搭載。
走行性能に関しても申し分なく、原作では東堂塾の酒井が「コーナリングだけならNSXより速い」とコメントし、アニメ版頭文字Dの監修を務めた土屋圭市氏も「本気でタイムアタックをする為の車」と評すなど、その実力の高さが伺い知れる。
ただしそのマシンパワーに対して足回りが万人向けでは無かった為、並のドライバーでは乗りこなせない車とも言われた*5

作中のS2000はAP1の前期型*6で、ゲームでのAP1はカラーラインナップからして2000年7月以前の最初期型である。

実車の性能および原作での活躍の為か、ゲーム内でも基本性能が高めで、コーナリング性能は特筆に値する。
D4からは、ハチロク系・FD系と並び最速候補の一角に数えられるほどの速さを持つようになった。
D5・D6では中程度だったが、D7からは上位車に復帰、D8では対戦バランス調整で数回弱体化される程の強車であった。
現在のD0では使い手を選ぶ挙動だが、高い壁ペナ耐性・タイヤ温存性能を見せており、弱体化後*7の遭遇率も非常に高い。
基本的にTAでは原作通り筑波往路の最速車であり、他コースでも上位タイムを記録している。

城島仕様のAP1は、ホイール以外はMPFの2代目デモカーと同仕様で*8、そのカラーも「ロングビーチブルー・パール*9」である。
アニメFourth Stageで同色で登場した為、ゲームでもD4で初期カラーが「シルバーストーン・メタリック」から変更された。

D.NET有料会員専用カラーの内、「ディープバーガンディ・メタリック」は2005年11月以降の後期型で追加されたカラーである。
「ニューイモラオレンジ・パール」「ライムグリーン・メタリック」は2001年9月以降の前期型で追加されたカラーである。

(最高出力:250ps/8300rpm 最大トルク:22.2kg-m/7500rpm)

メーカーギア駆動方式吸気方式搭乗者
ホンダ6速FRNA城島俊也


カラーラインナップ

ロングビーチブルー・パール(初期色)
シルバーストーン・メタリック
ベルリナブラック
ニューフォーミュラレッド
モンテカルロブルー・パール
インディイエロー・パール
グランプリホワイト
D.NET有料会員専用カラー
ディープバーガンディ・メタリック
ニューイモラオレンジ・パール
ライムグリーン・メタリック


チューニング


SPEC-1

チューン内容D8 通常価格D8 D.NET価格
機械式LSD450pts405pts
タワーバー450pts405pts
レーシングブレーキパッド500pts450pts
アーシング600pts540pts
エアクリーナー800pts720pts
SPEC-1 合計2800pts2520pts

SPEC-2

チューン内容D8 通常価格D8 D.NET価格
軽量フライホイール700pts630pts
強化ダクト800pts720pts
メッシュホース800pts720pts
フロントラダーバー900pts810pts
レーシングプラグ1200pts1080pts
SPEC-2 合計4400pts3960pts

SPEC-3

チューン内容D8 通常価格D8 D.NET価格
強化クラッチ900pts810pts
高性能サスペンション1000pts900pts
スポーツ触媒1100pts990pts
ドライバッテリー1200pts1080pts
オイルクーラー1300pts1170pts
リアラダーバー1400pts1260pts
ハイリフトカムシャフト1500pts1350pts
SPEC-3 合計8400pts7560pts

SPEC-4

チューン内容D8 通常価格D8 D.NET価格
軽量化(Lv1)1100pts990pts
強化スタビライザー1200pts1080pts
ポート研磨1200pts1080pts
ROM書き換え1300pts1170pts
ロールバー1300pts1170pts
EXマニホールド1500pts1350pts
サブコンピューター1500pts1350pts
強化サスアーム2000pts1800pts
SPEC-4 合計11100pts9990pts

SPEC-5

チューン内容D8 通常価格D8 D.NET価格
ビッグキャリパー1800pts1620pts
軽量化(Lv2)2000pts1800pts
イグニッションコイル2000pts1800pts
ボアアップ2400pts2160pts
大容量ラジエター2400pts2160pts
フルコンピューター2800pts2520pts
レーシングキャブレター2800pts2520pts
大口径ブレーキローター3000pts2700pts
スポット増し3000pts2700pts
フルバランス取り5000pts4500pts
SPEC-5 合計27200pts24480pts



用品系パーツ

マフラー・2000pts(D.NET有料会員価格・1800pts)

メーカー名パーツ名
Myumyu Papa FactorySSPマフラー・城島俊也
無限SPORTS EXHAUST System
SPOONN1マフラーキット
HONDA TWINCAMスポーツマフラー
J'S RACINGサーキットマフラーチタニウムデュアル60RS
5ZIGENPro Racer GN+
柿本改HYPER2000 FULLMEGA N1+Single
GANADORVertex Titan GD735

ホイール・3000pts(D.NET有料会員価格・2700pts)

メーカー名パーツ名
無限MF10(BRONZE)・城島俊也
Hondaアルミホイール(SILVER)*10
SPOONSW388(BLACK)
RAYSVOLK Racing Wheel TE37(BRONZE)
RAYSVOLK Racing Wheel TE37(WHITE)
RAYSVOLK RACING CE28N(BRONZE)
RAYSVOLK RACING CE28NF(MERCURY SILVER)
YOKOHAMAADVAN Racing RG(GOLD)
RS WATANABEEIGHT SPOKE F8F(BLACK)
ENKEIRacing RPF1(SILVER)
ENKEIRacing RPF1(GOLD)
WORKWORK EMOTION CR Kai(MAT TITAN)
WORKWORK EMOTION CR Kai(MAT CARBON)
SPEED STAR WHEELSSR TypeC(WHITE)
SPEED STAR WHEELSSR TypeC(BRONZE)

ミラー・2000pts(D.NET有料会員価格・1800pts)

メーカー名パーツ名
C-WESTカーボンミラー

ステッカー・1000pts(D.NET有料会員価格・900pts)

メーカー名パーツ名
頭文字D秋名スピードスターズステッカー
頭文字D赤城レッドサンズステッカー
頭文字D妙義ナイトキッズステッカー
頭文字Dエンペラーステッカー

その他・3000pts(D.NET有料会員価格・2700pts)

メーカー名パーツ名
Hondaハードトップ
無限FRPハードトップキット
無限カーボンハードトップキット
VARISライトウェイトトランクフード

ボディカラー

D7 通常価格D7 D.NET価格パーツ名
20000pts18000pts初期選択カラー
18000ptsD.NET有料会員専用カラー
60000pts54000ptsSPグリーン・グラデーション
75000pts67500ptsSPレッド・グラデーション
95000pts85500ptsSPブルー・グラデーション
150000pts135000ptsSPイエロー・グラデーション

トランスミッション・500pts(D.NET有料会員価格・450pts)

チューン内容
オートマチックトランスミッション
マニュアルトランスミッション
※初期状態では、購入時に選択したものが選ばれている。


エアロ系パーツ

エアロセット(フロント・サイド)・30000pts(D.NET有料会員価格・27000pts)

メーカー名パーツ名
VARISVARIS エアロセット

フロントスポイラー・4000pts(D.NET有料会員価格・3600pts)

メーカー名パーツ名
Myumyu Papa FactoryMPF YAP LIP・城島俊也
無限フロントエアロバンパー
SPOONS-Tai Bumper
HONDA TWINCAMカーボンフロントフォーミュラウイング
J'S RACINGTYPE-S フロントバンパー
MARGA HILLS PRODUCTSフロントバンパー
C-WESTN1フロントバンパー
CHARGE SPEEDフロントバンパースポイラー
ingsフロントバンパー

サイド/フェンダー・2000pts(D.NET有料会員価格・1800pts)

メーカー名パーツ名
HONDA TWINCAMサイドステップ
J'S RACINGTYPE-S サイドステップ
MARGA HILLS PRODUCTSサイドステップ
C-WESTサイドステップ
CHARGE SPEEDサイドステップ
ingsサイドステップ

リアバンパー・3000pts(D.NET有料会員価格・2700pts)

メーカー名パーツ名
SPOONS-Tai Bumper
HONDA TWINCAMリアハーフバンパー
J'S RACINGTYPE-S リアバンパー
MARGA HILLS PRODUCTSリアバンパー
VARISリアバンパー
C-WESTリアアンダーフィン
CHARGE SPEEDリアバンパー
ingsリアバンパー

リアスポイラー・3000pts(D.NET有料会員価格・2700pts)

メーカー名パーツ名
CUSCO3DカーボンWING・城島俊也
無限エアスポイラー
無限リアウイング
HONDA TWINCAMリアウイングTYPE I
J'S RACING3D GT-WING DRYカーボン TYPE2
MARGA HILLS PRODUCTSリアウイング
C-WESTGT WING ALUMINUM II

ボンネット・4000pts(D.NET有料会員価格・3600pts)

メーカー名パーツ名
J'S RACINGエアロボンネット TYPE-S・城島俊也
無限エアロボンネット
SPOONS-Tai Bonnet
HONDA TWINCAM軽量ボンネット
VARISクーリングボンネット
C-WESTエアロボンネットII
CHARGE SPEEDボンネット(ダクト付)



キャラクター仕様一覧

城島俊也仕様
項目パーツ名メーカー名
フロントスポイラーMPF YAP LIPMyumyu Papa Factory
リアスポイラー3DカーボンWINGCUSCO
ボンネットエアロボンネット TYPE-SJ'S RACING
マフラーSSPマフラーMyumyu Papa Factory
ホイールMF10(BRONZE)無限
チューニングSPEC-4・ロールバー
ボディカラーロングビーチブルー・パール
ナンバー土浦 35 お 71-109


登場車種へ戻る

Menu

 
 
 
 
 
 
 
 
 

最新の15件

2018-04-17 2018-04-09 2018-04-02 2018-03-24 2018-03-23 2018-03-22 2018-03-18 2018-03-15 2018-03-14

今日の10件

  • counter: 142764
  • today: 4
  • yesterday: 21
  • online: 4


*1 但し原作においても、「ホンダがFRを発売したら買う」と発言していたナイトキッズの庄司慎吾が、S2000発売後に掲載された番外編「センチメンタルホワイト」にて「欲しいけど金がない」と前置きした上で、将来乗り換えたい車種としてS2000の名を挙げている。D5までのARCADE STAGEシリーズにおいても、S2000に乗って彼に挑戦すると、羨ましそうな様子を見せるという小ネタが用意されていた。
*2 ホンダが1963年から1970年まで販売していたFRオープン2シーターの総称。62年に同社の初四輪車(軽規格)として試作された「S360」に始まり、S360の排気量拡大版で同社初の市販車となった63年の「S500」、64年の「S600」、66年の「S800」と数年毎にモデルチェンジを行い生産されていた。いずれも軽量ボディに超高回転エンジンを搭載、当時としては非常に軽快な走行性能を誇り、現在の「VTEC」や「タイプR」といったホンダのスポーツイメージの元祖として知られている。
*3 S2000の生産終了から6年後となる2015年には、ホンダから軽MRオープンカーの「S660」が販売されたが、これは「ビート」の後継車であり、Sシリーズの系譜とは厳密には異なる。
*4 2005年11月以降のAP2型は、最高出力は242ps・限界回転数は8000rpmへと下がったが、全域でのトルク向上と動力性能の均等化が行われた2.2Lの「F22C」を搭載。
*5 重量配分を始め様々な理由があったが、特に純正でリアのトーインが6mmも付いているシビアな足回りのセッティングが大きな原因の一つとされ、これらの足回りはマイナーチェンジ毎に改善、挙動もある程度マイルドなものになっていった。
*6 1999年~2003年が前期型(AP1前期型)、2003~2005年が中期型(AP1後期型)、2005年~2009年が2.2L化した後期型(AP2型)と大まかに区別される。原作に掲載された時点ではAP2型は発売前であった。
*7 2018年2月22日以降。
*8 原作28巻では城島のS2000の側面に貼られたMPFのステッカーも確認できる。
*9 このカラーは、本来は前期型NSXのタイプTで採用され、中期型以降クーペでも採用されていたカラーである。
*10 AP1型にオプション設定されていたBBS製アルミホイール。Ver.3までのS2000にはこれが標準装備されていた。