公道最速伝説(頭文字D ARCADE STAGE 8 ∞)


公道最速伝説(頭文字D ARCADE STAGE 8 ∞)

今作から一新され、今までのとは一味違い「TeamSide」と呼ばれる、プレイヤーが各走り屋チームの一員となることでストーリーが進む。
今作からはタイムアタックがストーリーの中に含まれるようになり、完走すれば通常のタイムアタック同様、個人成績が反映される。

ステージ中に全国対戦のようなものが含まれているが、実際のライバルはCPUで、コース・店舗情報も元々から設定されたものである。

  • ライバルの店舗は「GAME PARK 〇〇(各都道府県)」と表示されているが、実在しない店舗である。さらに、あくまでも公道最速伝説での疑似全国対戦の為、走り屋チームの全国制覇に関しては反映されることはない。なお、全国対戦のマッチングの待機時にこの類似全国対戦をプレイした場合、マッチングが解除されるため、マッチング待機をしている際は注意。

version1.2のアップデート前は「ニセプロジェクトD編」で止まっていたが、アップデート後は新たなステージが追加され、「藤原とうふ店編」で完結。

  • クリアするとOP曲「Outsoar The Rainbow」が選択可能となる。 この後は「インフィニティチャレンジ」なる前作で言う「Legend」の様なステージが登場する。

今作から新たに、ドラテク特訓カリキュラムとして様々な条件が設定された。ドラテク特訓カリキュラムはステージを二流以上でクリアするまで隠しミッション扱いとなっており、クリアするとミッションが明かされる。

詳しい説明は一番下のその他説明を参照。


話数対戦相手コースBGMドラテク特訓一流条件報酬
超一流条件
秋名スピードスターズ編
第一話武内樹
(秋名スピードスターズ)
秋名湖 / 左周り / 晴れ / 昼BREAKIN' OUT / ACEライバルをぶっちぎれゴールまでに40m以上の差をつけるドライバーズポイント
500pt
ゴールまでに100m以上の差をつける
1周目で相手を抜いても2周目の半ばまで食い下がるため、超一流を狙うならEX SPEC以上の車両を使うか、MT車で抜いたら3速でゴールまで引っ張るといい。
第二話健二
(秋名スピードスターズ)
碓氷 / 左周り / 晴れ / 昼NOTHING'S GONNA STOP US TONIGHT / ANNALISE壁にぶつけるな壁への接触回数が12回以下称号
走り屋デビュー
壁への接触回数が3回以下
超一流狙いであれば、ノーマルか初期チューンの車両を使うと安全に獲得できる。EX SPEC以上ならブレーキを長めに踏んで安全な速度まで落として慎重にコーナーを抜けよう。後の壁にぶつけるなミッションでは必要なテクニックなのでここで練習するといい。
第三話特殊
(タイムアタック)
秋名 / 上り / 晴れ / 昼PRAYER / DUCKY CHIXコップの水をこぼすな3割の水を残す紙コップ
ホワイト
コップの水を一定以上残しつつ特定のタイムで完走
超一流の指定タイムがGOLDタイム相当と厳しいため、EX SPEC以上の車両を用いて壁にぶつけない堅実な走りを心がけたい。
第四話藤原拓海秋名湖 / 右周り / 晴れ / 夜BREAKIN' OUT / ACE壁にぶつけるな壁への接触回数が8回以下マイキャラゲージ
+60%
壁への接触回数が2回以下
ローリングスタート
すぐに抜こうとすると壁にぶつかるリスクが高まるため、相手のペースが落ちてくる2周目で抜きたい。
第五話高橋啓介
(赤城レッドサンズ)
秋名 / 下り / 晴れ / 夜PRAYER / DUCKY CHIXライバルをぶっちぎれゴールまでに40m以上の差をつけるタコメーター
ワイド*1
ゴールまでに100m以上の差をつける
第六話中里毅
(妙義ナイトキッズ)
妙義 / 下り / 晴れ / 夜COME ON BABY / FASTWAY壁にぶつけるな壁への接触回数が12回以下ライバルステッカー
秋名スピードスターズ
壁への接触回数が3回以下
第七話特殊
(タイムアタック)
秋名 / 下り / 晴れ / 昼PRAYER / DUCKY CHIX池谷を失神させろ失神ゲージを1回以上満杯にする称号
コーナー3コで失神事件
特定のコーナーまでに池谷を1回失神させ、かつ3回失神させる
初期チューン状態ではドリフトランプが点灯しにくいので失神ゲージがたまりにくい。超一流を狙うなら、EX SPEC以上の車両がおすすめ。
第八話佐藤真子&沙雪
(インパクトブルー)
碓氷 / 右周り / 晴れ / 夜NOTHING'S GONNA STOP US TONIGHT / ANNALISEライバルに離されるなゴールまでに80m以上離されずに勝つマイキャラゲージ
+40%
ゴールまでに40m以上離されずに勝つ
ローリングスタート
最終話高橋涼介
(赤城レッドサンズ)
赤城 / 下り / 晴れ / 夜SUNLIGHT / KAIOHライバルをぶっちぎれゴールまでに40m以上の差をつける称号
秋名山最速
ゴールまでに100m以上の差をつける
公道列伝藤原拓海秋名(雪) / 下りPRAYER / DUCKY CHIXライバルに抜かれるな一度も抜かれずに勝利する称号
白銀を制する者
一度も抜かれずゴールまでに90m以上差をつける
ローリングスタート / プレイヤーが御木(セリカGT-FOUR ST205)となる / スタートのカウントは御木
原作の猛加速シーンを再現しているのか、2セクション2個目のコーナーを抜けた後から猛加速して押される。その際、プレイヤーがミスると抜かれてしまう。スタートから前述のポイントまで3速で引っ張り(ヘアピンは2速に落として確実に抜けること)、相手の追い上げを見てシフトアップをしていくと、押される勢いが弱まるためブロックしやすくなる。尚このステージと同じミッションがあるチームスパイラル編第1話とは違い一度抜かれても異常に速くならない。ただしミッション失敗となってしまう。
妙義ナイトキッズ編
第一話庄司慎吾
(妙義ナイトキッズ)
妙義 / 下り / 晴れ / 昼COME ON BABY / FASTWAYステアリングを切りすぎるなステアリングゲージを3個中1個残す称号
荷重移動の極み
ステアリングゲージを3個中2個残す
初のステア制限ミッション。ステアを切る角度が90度を超えるとステアリングゲージがアップするので注意。NORMALまたは初期チューン状態ならハンドルを切るだけで速度が落ちる。EX SPEC以上の車両はタイムアタックの時よりも速度を落としてコーナーを抜けるように。
第二話特殊
(疑似全国対戦)
秋名湖 / 左周り / 晴れ / 昼
⇒赤城 / 上り / 晴れ/ 昼
⇒土坂 / 復路 / 晴れ/ 夜
コースデフォルト曲ライバルに勝利しろ2連勝称号
関八州に挑む
3連勝
タカシ(RX-7 FD3S)⇒みこと(シビック EG6)⇒はると(シルビア S13)
第三話池谷浩一郎
(秋名スピードスターズ)
秋名 / 下り / 晴れ / 夜PRAYER / DUCKY CHIX壁にぶつけるな壁への接触回数が15回以下ライバルステッカー
妙義ナイトキッズ
壁への接触回数が4回以下
ローリングスタート
第四話高橋涼介
(赤城レッドサンズ)
赤城 / 上り / 晴れ / 昼SUNLIGHT / KAIOHライバルに離されるなゴールまでに80m以上離されずに勝つドライバーズポイント
500pt
ゴールまでに40m以上離されずに勝つ
ローリングスタート
第五話藤原拓海秋名 / 下り / 晴れ / 夜PRAYER / DUCKY CHIXミゾ落としを決めろ2回ミゾ落としするマイキャラゲージ
+60%
5回以上ミゾ落としする
最終話岩城清次
(エンペラー)
妙義 / 上り / 晴れ / 夜COME ON BABY / FASTWAYライバルに抜かれるな4回抜かれずに勝つ称号
めいっぱいヤバイモード
2回抜かれずに勝つ
公道列伝高橋啓介
(赤城レッドサンズ)
妙義 / 上り / 雨 / 夜COME ON BABY / FASTWAYライバルをぶっちぎれゴールまでに40m以上の差をつける称号
不敗神話のR
ゴールまでに100m以上の差をつける
プレイヤーが中里毅(スカイラインGT-R BNR32)となる / スタートのカウントは庄司慎吾
プレイヤーが使用する車両は、スカイラインGT-Rシリーズ特有の曲がりにくい癖があるBNR32。赤コーナーではブレーキを長く踏んでドリフトを発動しよう。後のパープルシャドウ編の公道列伝ステージでもスカイラインGT-Rを使用することになるのでここで練習しても悪くはない。
赤城レッドサンズ編
第一話中村賢太
(赤城レッドサンズ)
赤城 / 下り / 雨 / 昼SUNLIGHT / KAIOH壁にぶつけるな壁への接触回数が15回以下称号
雨は別に苦手じゃないし
壁への接触回数が4回以下
前半はコーナーが連続している上、道幅がやや狭い。無理に抜いたり相手に押されると「壁ヒット!?」されることもある。超一流を狙うなら、リードを維持し続け、後は慎重にコーナーを抜けるように。
第二話健二
(秋名スピードスターズ)
秋名 / 下り / 晴れ / 夜PRAYER / DUCKY CHIXライバルをぶっちぎれゴールまでに40m以上の差をつけるドライバーズポイント
500pt
ゴールまでに100m以上の差をつける
ローリングスタート
第三話特殊
(タイムアタック)
妙義 / 下り / 晴れ / 夜COME ON BABY / FASTWAY指定されたタイムをクリアしろ3'30"000でゴールする称号
TAパフォーマー
初のタイムアタックミッション。超一流の基準タイムは恐らくGOLDタイム相当。
第四話高橋啓介
(赤城レッドサンズ)
赤城 / 上り / 晴れ / 夜SUNLIGHT / KAIOHステアリングを切りすぎるなステアリングゲージを3個中1個残すライバルステッカー
赤城レッドサンズ
ステアリングゲージを3個中2個残す
第五話秋山渉赤城 / 下り / 晴れ / 昼SUNLIGHT / KAIOHライバルに抜かれるな4回抜かれずに勝つマイキャラゲージ
+60%
2回抜かれずに勝つ
ローリングスタート
第六話特殊
(疑似全国対戦)
碓氷 / 左周り / 晴れ / 昼
⇒秋名(雪) / 上り
⇒筑波 / 往路 / 晴れ / 昼
コースデフォルト曲ライバルに勝利しろ2連勝ドライバーズポイント
500pt
3連勝
かっとびくん(カプチーノ EA11R)⇒なっつん(プリウス ZVW30)⇒はるがすみ(ランサーエボリューションIII CE9A)
最終話須藤京一
(エンペラー)
いろは坂 / 下り / 晴れ / 夜YOUR LOVE IS LIKE A MEDICINE / MEGA NRG MAN壁にぶつけるな壁への接触回数が18回以下称号
孤高のスピリッツ
壁への接触回数が5回以下
コースが狭いうえ、ヘアピンカーブが多いコースなので「壁ヒット!?」しやすい。NORMALでもアクセル全開+ハンドルをフルに切ってヘアピンカーブを抜けようとすると「壁ヒット!?」となるのでブレーキは必須。更に相手に押されると壁にぶつけられるリスクもあるので「インベタのさらにイン」を駆使して追い抜こう。超一流狙いの方は曲がりやすいFR車や、あえてチューニングが進んでいない車で挑むべき。
公道列伝須藤京一
(エンペラー)
赤城 / 下り / 晴れ / 夜SUNLIGHT / KAIOHライバルに離されるなゴールまでに80m以上離されずに勝つ称号
峠のキング
ゴールまでに40m以上離されずに勝つ
プレイヤーが高橋涼介(サバンナRX-7 FC3S)となる / スタートのカウントは高橋啓介
エンペラー編
第一話佐藤真子&沙雪
(インパクトブルー)
碓氷 / 左周り / 晴れ / 夜NOTHING'S GONNA STOP US TONIGHT / ANNALISEライバルをぶっちぎれゴールまでに40m以上差をつけるライバルステッカー
エンペラー
ゴールまでに100m以上の差をつける
第二話特殊
(タイムアタック)
赤城 / 下り / 晴れ / 夜SUNLIGHT / KAIOH指定されたタイムをクリアしろ3'35"000でゴールする紙コップ
カラフル
第三話高橋啓介
(赤城レッドサンズ)
赤城 / 上り / 晴れ / 夜SUNLIGHT / KAIOHシミュレーション3で行け第3セクションまでは抜かないドライバーズポイント
500pt
第4セクションまでは抜かない
初のシミュレーション3ミッション。ライバルより3秒目安で遅れてスタートし、接近したら相手のスピードに合わせた方が超一流を狙いやすい。
第四話小柏カイいろは坂 / 下り / 晴れ / 夜YOUR LOVE IS LIKE A MEDICINE / MEGA NRG MANインベタのさらにインを決めろ第3セクションにある一部のヘアピンコーナーから2回ジャンプする称号
オキテ破りの地元走り
5回全てジャンプする
第五話末次トオル
(セブンスターリーフ)
もみじライン / 下り / 晴れ / 昼THE RACE OF THE NIGHT / DAVE RODGERSショートカットを決めろ第2セクションの連続コーナーの右コーナーのフタがされていない側溝のところを1回ショートカットするマイキャラゲージ
+60%
2回以上ショートカットする
初の側溝をショートカットするミッション。一定速度以下だと溝にはまって脱輪するので注意。
第六話特殊
(疑似全国対戦)
妙義 / 下り / 雨 / 昼
⇒いろは坂 / 下り / 雨 / 昼
⇒七曲り / 下り / 晴れ / 夜
コースデフォルト曲ライバルに勝利しろ2連勝称号
全国区になぐりこみだあ!!
3連勝
くろがね(カローラレビン AE86)⇒リク(ロードスター NB8C)⇒じんらい(インテグラタイプR DC2)
第七話二宮大輝
(東堂塾)
八方ヶ原 / 往路 / 晴れ / 昼NONSENSE SENSATION / PAUL HARRISシミュレーション3で行け第3セクションまでは抜かないドライバーズポイント
1000pt
第4セクションまでは抜かない
最終話舘智幸
(東堂塾OB)
八方ヶ原 / 復路 / 晴れ / 夜NONSENSE SENSATION / PAUL HARRISブラインドアタックを決めろスタートボタン長押しでヘッドライトを消してから追い抜く称号
気まぐれなジョーカー
ブラインドアタックを2回決める
初のブラインドアタックミッション。難しいなら直線で仕掛けよう。
公道列伝藤原拓海いろは坂 / 下り / 晴れ / 夜YOUR LOVE IS LIKE A MEDICINE / MEGA NRG MANシミュレーション3で行け第3セクションまでは抜かない称号
いろは坂の皇帝(エンペラー)
第4セクションまでは抜かない
プレイヤーが須藤京一(ランサーエボリューションIII CE9A)となる / スタートのカウントは岩城清次
セブンスターリーフ編
第一話末次トオル
(セブンスターリーフ)
もみじライン / 下り / 晴れ / 昼THE RACE OF THE NIGHT / DAVE RODGERS壁にぶつけるな壁への接触回数が15回以下-
壁への接触回数が4回以下
コースの特性上PS2版の滑りやすさの名残なのか、ドリフト中のオーバーが激しく他コースを圧倒するほど滑りやすい。ドリフト中、リアが「壁ヒット!?」してしまうリスクもあるのでスライドさせずにグリップ走行作戦を使うのもあり。またフタがされていない側溝で溝にはまって脱輪しても「壁ヒット!?」とカウントされてしまうので、無理にショートカットは狙わない方がいいだろう。
第二話東京から来た二人もみじライン / 下り / 晴れ / 夜THE RACE OF THE NIGHT / DAVE RODGERSライバルに抜かれるな4回抜かれずに勝つドライバーズポイント
500pt
2回抜かれずに勝つ
ローリングスタート
第三話特殊
(疑似全国対戦)
いろは坂 / 逆走 / 晴れ / 昼
⇒赤城 / 下り / 晴れ / 夜
⇒定峰 / 上り / 晴れ / 夜
コースデフォルト曲ライバルに勝利しろ2連勝マイキャラゲージ
+60%
3連勝
タカシ(RX-7 FD3S)⇒みこと(シビック EG6)⇒はると(シルビア S13)
第四話川井淳郎
(セブンスターリーフ)
もみじライン / 上り / 晴れ / 昼THE RACE OF THE NIGHT / DAVE RODGERSショートカットを決めろ第3セクションの連続コーナーの左コーナーのフタがされていない側溝のところを1回ショートカットする-
2回以上ショートカットする
最終話藤原拓海
(プロジェクトD)
もみじライン / 下り / 晴れ / 夜THE RACE OF THE NIGHT / DAVE RODGERSライバルをぶっちぎれゴールまでに40m以上の差をつける称号
サヨナラの儀式
ゴールまでに100m以上の差をつける
公道列伝高橋啓介
(プロジェクトD)
もみじライン / 上り / 晴れ / 夜THE RACE OF THE NIGHT / DAVE RODGERSステアリングを切りすぎるなステアリングゲージを3個中1個残す称号
400馬力のターボパワー
ステアリングゲージを3個中2個残す
プレイヤーが川井淳郎(スカイライン ER34)となる / スタートのカウントは末次トオル
東堂塾編
第一話スマイリー酒井
(東堂塾)
八方ヶ原 / 復路 / 晴れ / 昼NONSENSE SENSATION / PAUL HARRISステアリングを切りすぎるなステアリングゲージを3個中1個残す-
ステアリングゲージを3個中2個残す
第二話二宮大輝
(東堂塾)
八方ヶ原 / 往路 / 晴れ / 昼NONSENSE SENSATION / PAUL HARRIS壁にぶつけるな壁への接触回数が15回以下-
壁への接触回数が4回以下
コースが狭く、コーナーが連続する。強引にオーバーテイクしようとすると「壁ヒット!?」しやすいので、抜くなら道幅が広い道で抜こう。超一流狙いの方は曲がりやすいFR車や、あえてチューニングが進んでいない車で挑むべき。
第三話特殊
(タイムアタック)
八方ヶ原 / 復路 / 晴れ / 夜NONSENSE SENSATION / PAUL HARRIS指定されたタイムをクリアしろ3'50"000でゴールする紙コップ
湯のみ
最終話高橋涼介
(プロジェクトD)
八方ヶ原 / 往路 / 晴れ / 夜NONSENSE SENSATION / PAUL HARRISライバルに離されるなゴールまでに80m以上離されずに勝つ称号
無敵の戦闘機
ゴールまでに40m以上離されずに勝つ
ローリングスタート
公道列伝藤原拓海
(プロジェクトD)
八方ヶ原 / 復路 / 晴れ / 夜NONSENSE SENSATION / PAUL HARRISライバルに抜かれるな4回抜かれずに勝つ称号
東堂塾の精神
2回抜かれずに勝つ
プレイヤーが舘智幸(シビックタイプR EK9)となる / スタートのカウントは二宮大輝
埼玉北西エリア連合編
第一話秋山延彦
(埼玉北西エリア連合)
定峰 / 下り / 晴れ / 昼KISS / BAMBOO BIMBOライバルに抜かれるな4回抜かれずに勝つドライバーズポイント
500pt
2回抜かれずに勝つ
第二話岩瀬恭子
(埼玉北西エリア連合)
定峰 / 上り / 晴れ / 昼KISS / BAMBOO BIMBO壁にぶつけるな壁への接触回数が15回以下-
壁への接触回数が4回以下
第1セクションと第4セクションは壁ヒット!?しやすい区間なので、あえて初期チューン車両もしくは安全な速度まで減速した方が超一流が狙いやすい。
第三話特殊
(タイムアタック)
定峰 / 上り / 晴れ / 夜KISS / BAMBOO BIMBO指定されたタイムをクリアしろ3'40"000でゴールする-
第四話特殊
(疑似全国対戦)
碓氷 / 右周り / 雨 / 夜
⇒椿ライン / 下り / 晴れ / 昼
⇒長尾 / 下り / 雨 / 夜
コースデフォルト曲ライバルに勝利しろ2連勝マイキャラゲージ
+60%
3連勝
かっとびくん(インプレッサ GDBF)⇒なっつん(プリウス ZVW30)⇒はるがすみ(ランサーエボリューションIII CE9A)
第五話坂本
(埼玉北西エリア連合)
定峰 / 下り / 雨 / 夜KISS / BAMBOO BIMBOブラインドアタックを決めろスタートボタン長押しでヘッドライトを消してから追い抜く-
ブラインドアタックを2回決める
最終話秋山渉
(埼玉北西エリア連合)
定峰 / 上り / 雨 / 夜KISS / BAMBOO BIMBOステアリングを切りすぎるなステアリングゲージを3個中1個残す称号
モチベーションの勝負
ステアリングゲージを3個中2個残す
公道列伝藤原拓海
(プロジェクトD)
定峰*2/ 下り / 雨 / 夜KISS / BAMBOO BIMBOライバルをぶっちぎれゴールまでに40m以上の差をつける称号
ブラインドアタック
ゴールまでに100m以上の差をつける
プレイヤーが坂本(カプチーノ EA11R)となる / スタートのカウントは秋山延彦
ランエボの男たち編
第一話ランエボVの男土坂 / 往路 / 晴れ / 夜FAR FROM THE LIGHT / LEO RIVER壁にぶつけるな壁への接触回数が15回以下-
壁への接触回数が4回以下
トンネルを抜けた後に連続コーナーが待ち構えており、壁ヒット!?しやすいので注意。しっかり減速したりライバルから距離をとっておこう。
第二話特殊
(タイムアタック)
土坂 / 往路 / 晴れ / 昼FAR FROM THE LIGHT / LEO RIVER指定されたタイムをクリアしろ3'15"000でゴールするドライバーズポイント
500pt
2'55"000でゴールする
最終話ランエボVIの男土坂 / 復路 / 晴れ / 夜FAR FROM THE LIGHT / LEO RIVERライバルに抜かれるな4回抜かれずに勝つ称号
とっぽい走り屋
2回抜かれずに勝つ
公道列伝高橋啓介*3
(プロジェクトD)
土坂 / 往路 / 晴れ / 夜FAR FROM THE LIGHT / LEO RIVERステアリングを切りすぎるなステアリングゲージを3個中1個残す称号
公道世界一のクルマ
ステアリングゲージを3個中2個残す
プレイヤーがランエボVの男(ランサーエボリューションV CP9A)となる / スタートのカウントはランエボVIの男
パープルシャドウ編
第一話星野好造
(パープルシャドウ)
筑波 / 復路 / 晴れ / 夜SUPER DRIVER / DANIELライバルをぶっちぎれゴールまでに40m以上の差をつけるマイキャラゲージ
+20%
ゴールまでに100m以上の差をつける
第二話二宮大輝
(東堂塾)
筑波 / 往路 / 晴れ / 昼SUPER DRIVER / DANIELショートカットを決めろフタがされていない側溝のところを3回ショートカットする-
5回以上ショートカットする
第三話スマイリー酒井
(東堂塾)
筑波 / 復路 / 晴れ / 昼SUPER DRIVER / DANIEL壁にぶつけるな壁への接触回数が15回以下-
壁への接触回数が4回以下
フタがされていない側溝で溝にはまって脱輪したら「壁ヒット!?」とカウントされてしまう。あえてショートカットはしない作戦で挑むのもあり。
最終話城島俊也
(パープルシャドウ)
筑波 / 往路 / 晴れ / 夜SUPER DRIVER / DANIELブラインドアタックを決めろスタートボタン長押しでヘッドライトを消してから追い抜く称号
ワンハンドステア
ブラインドアタックを2回決める
公道列伝高橋啓介
(プロジェクトD)
筑波 / 復路 / 晴れ / 夜SUPER DRIVER / DANIELショートカットを決めろフタがされていない側溝のところを3回ショートカットする称号
峠の神様
5回以上ショートカットする
プレイヤーが星野好造(スカイラインGT-R BNR34)となる / スタートのカウントは城島俊也
第4セクションのヘアピンで相手が仕掛けるのでしっかりとインをブロックする。ここで追い抜かれると相手のペースが異常に速くなり差を一気に離され負けてしまう。リードされても場合によってはゴール手前で相手が失速し追い抜いて逆転勝利もできる。BNR34の性能とコースの特性が相まって非常に曲がりにくい為、要所要所でのアクセルオフやブレーキング、コーナリング時のドリフト発動は必須。AE86等のFR車に慣れている人ほど難しいと思われる。また壁ペナルティ耐性が他車両と比べると弱く、壁ヒットすると一気に厳しい展開となってしまう。どうしても勝てないのならあせって闇雲にコンティニューするより、BNR34を購入し練習することをオススメする。以上の要素によって難易度がかなり高いステージとなっている。
ニセプロジェクトD編
最終話特殊
(タイムアタック)
定峰 / 下り / 晴れ / 夜KISS / BAMBOO BIMBO指定されたタイムをクリアしろ3'35"000でゴールする称号
ドリフトぐらい朝めし前
本作Ver1.2アップデート前の表向き最終ステージ。
公道列伝ニセプロジェクトD定峰 / 上り / 晴れ / 夜KISS / BAMBOO BIMBOライバルに離されるなゴールまでに80m以上離されずに勝つ称号
正確無比なコントロール
ゴールまでに40m以上離されずに勝つ
ローリングスタート / プレイヤーが武内樹(カローラレビン AE85)となる / スタートのカウントは武内樹
Ver1.2アップデート前の本当の最終ステージだけあって、すぐに抜こうとする走りをすると相手との差が離れやすく、難易度が高め。トップスピードに乗ったところでアクセルとブレーキを一緒に踏んだままにすると簡単に差が詰まって超一流を獲得しやすくなる。
チーム246編 Version1.2より追加
第一話大宮智史
(チーム246)
七曲り / 下り / 晴れ / 夜HEART'S ON FIRE / DAVID DIMAブラインドアタックを決めろスタートボタン長押しでヘッドライトを消してから追い抜く-
ブラインドアタックを2回決める
第二話小柏カイ
(R・TカタギリS・V)
長尾 / 下り / 晴れ / 夜ADRENALINE / ACEインホイールリフトを決めろフタがされていない側溝の上を2回通過する-
5回以上通過する
フタがされていない側溝を一定速度以下で通過しようとすると脱輪しタイムロスとなってしまう。
第三話特殊
(疑似全国対戦)
妙義 / 上り / 晴れ / 夜
⇒箱根 / 上り / 晴れ / 昼
⇒もみじライン / 上り / 雨 / 昼
コースデフォルト曲ライバルに勝利しろ2連勝マイキャラゲージ
+60%
3連勝
くろがね(カローラレビン AE86)⇒リク(ロードスター NB8C)⇒じんらい(インテグラタイプR DC2)
最終話池田竜次
(チーム・スパイラル)
七曲り / 上り / 雨 / 夜HEART'S ON FIRE / DAVID DIMAステアリングを切りすぎるなステアリングゲージを3個中1個残す称号
しりふりダンス
ステアリングゲージを3個中2個残す
公道列伝藤原拓海
(プロジェクトD)
椿ライン*4/ 下り / 晴れ / 夜NEVER SAY NEVER / MANUELライバルに抜かれるな4回抜かれずに勝つ称号
驚愕の速度域
2回抜かれずに勝つ
プレイヤーが大宮智史(ロードスター NB8C)となる / スタートのカウントは小早川
第2セクションから相手が後追いの状態だとブラインドアタックを発動する。発動されると抜かれる危険性も高い。更に第3セクションからコーナーが連続し抜いたり抜かれたりの混戦になりやすく、ミッション難易度も高い。超一流狙いの方は相当な実力を要する上、難易度がさらに上がる。相手との距離を20m以上離せばブラインドアタックを発動してこないので、20m以上リードをキープし続ければ超一流が狙いやすくなる。
R・TカタギリS・V編 Version1.2より追加
第一話小早川
(チーム246)
七曲り / 上り / 晴れ / 昼HEART'S ON FIRE / DAVID DIMAライバルに抜かれるな4回抜かれずに勝つ-
2回抜かれずに勝つ
第二話特殊
(タイムアタック)
長尾 / 下り / 晴れ / 昼ADRENALINE / ACE指定されたタイムをクリアしろ3'42"000でゴールする-
第三話皆川英雄
(R・TカタギリS・V)
長尾 / 上り / 晴れ / 夜ADRENALINE / ACEライバルに離されるなゴールまでに80m以上離されずに勝つマイキャラゲージ
+20%
ゴールまでに40m以上離されずに勝つ
ローリングスタート
最終話北条豪
(サイドワインダー)
椿ライン / 上り / 晴れ / 夜NEVER SAY NEVER / MANUEL壁にぶつけるな壁への接触回数が18回以下称号
唯一無二の存在
壁への接触回数が5回以下
中央分離帯は狭いので「壁ヒット!?」に注意。グリップ走行でクリアしよう。
公道列伝高橋啓介
(プロジェクトD)
長尾 / 上り / 晴れ / 夜ADRENALINE / ACEステアリングを切りすぎるなステアリングゲージを3個中1個残す称号
スプリントのプロ
ステアリングゲージを3個中2個残す
プレイヤーが皆川英雄(スープラ JZA80)となる / スタートのカウントは小柏カイ
チーム・スパイラル編 Version1.2より追加
第一話死神箱根 / 下り / 晴れ / 夜WHEN THE SUN GOES DOWN / KEN BLASTライバルに抜かれるな一度も抜かれずに勝利する-
一度も抜かれずゴールまでに90m以上差をつける
ローリングスタート
秋名スピードスターズの公道列伝と同じミッション。コースの特性でアクセル全開で終始走れる故、一度抜かれると相手のペースが異常に速くなり、差を一気に離してしまうので負ける可能性あり。第4セクションのゴールまでひたすらブロックし続け、ミスしなければ差は少し大きく離れ、一流以上で勝利出来る。とはいえ箱根は上級コースの部類ながら、秋名湖や碓氷のような初級コースよりもある意味簡単なコースであり、最初のS字カーブ以外は終始アクセル全開でコーナーを曲がれる。
第二話池田竜次
(チーム・スパイラル)
七曲り / 上り / 晴れ / 昼HEART'S ON FIRE / DAVID DIMA壁にぶつけるな壁への接触回数が18回以下-
壁への接触回数が5回以下
無理に抜いたりすると「壁ヒット!?」連続となって抜かれたりするので隙を狙って抜くこと。あまり後半で抜こうとすると距離が大きく離れてしまうので第2セクション・第3セクション辺りで抜く方が効率的勝利しやすく、一流以上が出る。それでも第2セクションはヘアピンカーブが連続して待ち構えているのでしっかり減速してヘアピンを通過しよう。
第三話特殊
(疑似全国対戦)
秋名 / 下り / 晴れ / 昼
⇒赤城 / 上り / 雨 / 昼
⇒八方ヶ原 / 往路 / 晴れ / 夜
コースデフォルト曲ライバルに勝利しろ2連勝マイキャラゲージ
+60%
3連勝
タカシ(RX-7 FD3S)⇒みこと(シビックタイプR EK9)⇒はると(シルビア S13)
第四話北条豪
(サイドワインダー)
長尾 / 上り / 晴れ / 昼ADRENALINE / ACEインホイールリフトを決めろフタがされていない側溝の上を2回通過する-
5回以上通過する
最終話北条凛箱根 / 下り / 晴れ / 夜WHEN THE SUN GOES DOWN / KEN BLASTステアリングを切りすぎるなステアリングゲージを3個中1個残す称号
無(ゼロ)の心
ステアリングゲージを3個中2個残す
最後まで抜かれなかった場合後半で差が離れていき、一時抜かれた場合後半は異常な追い上げを見せ、抜かれると一気に離される。但し、追い抜かれてもそこで混戦すると逆に離せるようになる事もある。セリフによっては、スピードを上げて来る事もあるので注意。スピードレンジが高いため、積極的にドリフトさせるのがポイント。アクセルオフだけでは難しいのでブレーキを踏んでステア角度を90度以下でコーナーを曲がろう。タイムアタックと同じ感覚ですると、ステアリングゲージが一気にアップしてミッション失敗になりかねない。
公道列伝藤原拓海
(プロジェクトD)
七曲り / 下り / 雨 / 夜HEART'S ON FIRE / DAVID DIMAライバルをぶっちぎれゴールまでに40m以上の差をつける称号
超常現象のような奇跡
ゴールまでに100m以上の差をつける
プレイヤーが奥山広也(シルビア S15)となる / スタートのカウントは池田竜次
原作を再現しているかのようにこちらのペースに合わせて加速するため、第4セクションの住宅街の手前まで相手が先行する。従って超一流狙いの場合は、住宅街からフィニッシュラインまでの短い区間で100m以上の差をつけて勝たなければならず、難易度が急激に上がる。相手を抜いたら3速に落としそのまま引っ張ってゴールするか、ATで挑む場合は第4セクションに入った後に110km/hに落とし抜いた後に全開にするかの方法であれば超一流を獲得しやすい。
サイドワインダー編 Version1.2より追加
第一話奥山広也
(チーム・スパイラル)
七曲り / 下り / 晴れ / 昼HEART'S ON FIRE / DAVID DIMAライバルに離されるなゴールまでに80m以上離されずに勝つ-
ゴールまでに40m以上離されずに勝つ
第二話北条豪
(サイドワインダー)
箱根 / 上り / 晴れ / 昼WHEN THE SUN GOES DOWN / KEN BLASTライバルをぶっちぎれゴールまでに40m以上の差をつけるマイキャラゲージ
+20%
ゴールまでに100m以上の差をつける
ローリングスタート
チーム・スパイラルの北条凛戦とは違い、原作ではバトルをしなかったMAZDAターンパイクヒルクライム。最後のS字カーブは要注意。アクセルオフやブレーキを駆使してS字カーブを抜けよう。ここで壁ヒットなどのミスをすると、一気に失速し相手に抜かれて逆転負けの可能性あり。
第三話乾信司
(サイドワインダー)
椿ライン / 下り / 晴れ / 夜NEVER SAY NEVER / MANUELノーブレーキ走法で行けブレーキを踏む回数を22回に抑える-
超一流を狙うなら、NORMALや初期チューニングのころの車がおすすめだがコーナリングスピードが遅いため勝つのは難しい。これならアクセルを踏んだままハンドルをフルに切ることでどんなコーナーも壁にヒットせず曲がれる。EX SPEC以上の車両で挑むなら、緩いコーナーではエンジンブレーキ(アクセルオフ)で曲るとブレーキ踏まずに回数を抑えられる。ブレーキを踏むとしたらキツいコーナーやヘアピンで踏むのがベスト。MTの場合、きついヘアピンを3速まで落とせば曲がりやすい。とにかくスペック5ぐらいにチューニングしてからミッションに挑んだ方が無難。
第四話特殊
(タイムアタック)
椿ライン / 上り / 晴れ / 昼NEVER SAY NEVER / MANUEL指定されたタイムをクリアしろ3'50"000でゴールする-
第五話高橋啓介
(プロジェクトD)
椿ライン / 上り / 晴れ / 夜I JUST WANNA STAY WITH YOU / DREAM FIGHTERSステアリングを切りすぎるなステアリングゲージを3個中1個残すタコメーター
ダブルエース・クロス(D7「前作仕様」)
ステアリングゲージを3個中2個残す
第六話特殊
(タイムアタック)
椿ライン / 下り / 晴れ / 昼NEVER SAY NEVER / MANUEL指定されたタイムをクリアしろ3'56''000でゴールする-
最終話藤原拓海
(プロジェクトD)
椿ライン / 下り / 晴れ / 夜I JUST WANNA STAY WITH YOU / DREAM FIGHTERSブラインドアタックを決めろスタートボタン長押しでヘッドライトを消してから追い抜く称号
超天然素材
ブラインドアタックを2回決める
公道列伝高橋涼介
(プロジェクトD)
箱根 / 下り / 晴れ / 夜WHEN THE SUN GOES DOWN / KEN BLASTライバルに離されるなゴールまでに80m以上離されずに勝つ称号
かおり
ゴールまでに40m以上離されずに勝つ
プレイヤーが北条凛(スカイラインGT-R BNR32)となる / スタートのカウントは北条凛
原作同様、相手がゴール手前まで先行する。常に全力疾走するのではなく、要所要所で適度にアクセルを抜くか最初のS字カーブを抜けた後第4セクションの前半までアクセルとブレーキを同時に踏むと最後に相手が失速し、追い抜ける。ブロックされるとほぼ負け決定となる。またこのバトルはバトル中に原作中のセリフそのものがランダムで再生される唯一のステージでもある。
藤原とうふ店編 Version1.2より追加
最終話藤原文太
(藤原とうふ店)
秋名 / 下り / 晴れ / 夜Outsoar The Rainbow / m.o.v.eライバルに抜かれるな一度も抜かれずに勝利する称号
峠の職人
一度も抜かれずゴールまでに90m以上差をつける
本作の(表向きの)最終ステージだけあって難易度は高く、ミッションは相手に一度も抜かれずに勝利しなければならない。とにかくミスをせずに溝落としを使ってコーナリングするのがミッション成功のカギ。このステージをクリアすると、エンディングムービーが再生される。その後インフィニティチャレンジ予告画面が表示され、強制ゲームオーバーとなる。
公道列伝高橋啓介
(赤城レッドサンズ)
秋名 / 下り / 晴れ / 夜Raise Up / m.o.v.eミゾ落としを決めろ2回ミゾ落としする称号
秋名の亡霊
5回以上ミゾ落としする
プレイヤーが藤原拓海(スプリンタートレノ AE86*5)となる / スタートのカウントは池谷浩一郎
原作の通り5連ヘアピンまで相手が先行する。本当の最終ステージだけあって難易度は非常に高く、5連ヘアピンで溝落としを駆使して抜かないと勝てない。5連ヘアピンで相手を抜けられないと相手のペースが異常に速くなり、差を一気に離され敗北が確定する。ただし、連続して敗北しコンティニューをし続けると、5連ヘアピン以降の相手のペースが抑え目となり、追い抜ける事もある。



インフィニティチャレンジ Version1.2より追加

※情報が不足しています。項目の加筆求む。

有志の方によるインフィニティまとめサイト → http://nahmake.web.fc2.com/initial-d_as8_infinity-side.html

全ステージ5話構成で毎週月曜日の週替わりでステージが変わる。
ここでしか登場しないオリジナルも存在し、このモードのステージにしか登場しない原作キャラもいる。
またドラテク特訓カリキュラムの難易度が高くなっているミッションもある。
2017年4月27日をもって頭文字D8のオンラインサービスが終了するため、それ以降もインフィニティチャレンジのステージが更新されるか不明である。

全ステージを一流以上でクリアすると、「文太に挑戦!!」が発生。
インフィニティランクが存在し、一流でランク1(文太2)、超一流でランク2(文太4)上がる仕様となっている。

インフィニティランク20到達で飛翔オーラGET。

ランク100で羽根が消えなくなる。

ランク250で羽根が舞い散る。

ランク500で真・飛翔オーラに変化する。

ランク999でカンスト、完全クリア扱いとなる。羽根の変化や、報酬はない。

※∞クラスの飛び級は、一切存在しない。

※拓海同様飛翔オーラは入手不可能となっている。

※全超一流で合わせて最高14まで増やせる。A3以上であれば飛翔オーラが出る。ランクのオーラ色に応じ色は変化する。
「文太に挑戦!!」のドラテク特訓カリキュラムは「ライバルに抜かれずにゴール」(ライバルに抜かれずに90M以上の差をつけてゴールすると超一流)固定となっている。
前作までのLegendモードにあったライバル覚醒は発生しない。


その他説明

ドラテク特訓カリキュラムは、ステージごとの条件を満たすと「二流⇒一流⇒超一流」とランクが付けられる。
設定されている特訓よりも更に良いクリアをして勝利すると「超一流」、クリアして勝利すると「一流」、
クリアせず勝利すると「二流」となる。ミッションクリアしているかの状況はセクション通過ごとに表示される。
「二流」の状態で通過すると「ジョーダンだろ・・」、「一流」の状態で通過すると「イケてるぜ」、
「超一流」の状態で通過すると「トリハダ立つ!」と表示される。(2回目以降に二流以上になっていてチャレンジする場合に表示)

バトルに敗北(疑似全国対戦の場合は初戦で敗北)または時間切れになったり途中でリタイヤすると、特訓をクリアしたかしていないかに関わらず「You Lose」となり、先に進めない。
但しタイムアタックの場合は完走すれば必ず二流以上でのクリアとなる。

各ステージ全て「一流」以上を獲得すると、隠しステージである「RivalSide "公道列伝"」が登場。
「RivalSide "公道列伝"」のスタート前のイベントムービーは頭文字Dのコミック本の一部のページが映し出されている。
プレイヤーが原作に登場するライバルとなり、そのライバルのクルマに乗り、原作のストーリーをアレンジされたものが体験できる。
なお、このときスタートのカウントは各キャラクターのボイス付きとなる。
搭乗するライバルの車両は一律EX SPEC相当の性能を発揮するようになっているが、通常のEX SPEC車とは異なる。

  • 例として埼玉北西エリア連合編の坂本のカプチーノは、エンジン音がプレイヤーのEX SPEC車とは異なりタービンの音がしない。
  • 藤原とうふ店編の拓海のトレノもエンジン音が過給機の物ではないノーマルの音である*6

またサイドワインダー編RivalSide(北条凛VS高橋涼介)では作中のセリフがバトル中に再生される。

各ステージをクリアすると、ポイントや紙コップ、スピードメーターなど、様々な報酬をもらえる。

  • 紙コップは、もらった後にコンフィグで表示・非表示が選べる。
  • スピードメーターは、もらった際に使用するかしないかを選べる。
  • 紙コップもメーターも、頭文字D.NETに入会していれば別の種類に変更できる。

補足だが、D6・D7で付けられていなかったライバルのシートベルトが、今作では着けられている*7

前作のD7では職人の領域(D6での名称はlegend)でしか登場しないライバルキャラクターがいたが、D8では全キャラクターが公道最速伝説本編で登場するようになった。
但し例外として御木はRivalSideでプレイアブルキャラクターとしての登場であり、彼と対戦できるモードはインフィニティチャレンジのみである*8


頭文字D ARCADE STAGE 8 ∞へ戻る

FrontPageへ戻る


Menu

 
 
 
 
 
 
 
 
 

最新の15件

2017-04-29 2017-04-26 2017-04-23 2017-04-18 2017-04-01 2017-03-30 2017-03-28 2017-03-24 2017-03-17 2017-03-15

今日の10件

  • counter: 256941
  • today: 26
  • yesterday: 32
  • online: 14



*1 元ネタはAE86のアナログメーター。
*2 本来ならば間瀬峠での勝負であるが、コースが登場していないため。
*3 原作同様、岩瀬恭子のRX-7 FD3Sに搭乗する。
*4 本来ならばヤビツ峠での勝負であるが、コースが登場していないため。
*5 チューン:詳細不明
*6 恐らく、公道列伝の車両のチューニングは2ドアトレノやレビンで選択可能な「フルバランス取り」と考えられる。
*7 ローリングスタート時の演出。
*8 但しインフィニティチャレンジは週替わりでステージが変わるため、バトルするには彼がライバルとして登場するステージを根気よく待つ必要がある