バグ・ラグ(ARCADE STAGE 4)


頭文字D ARCADE STAGE 4・バグ&ラグ

光回線を使ったリアルタイム通信対戦に、
完全に一から作り直されたと思われるシステム。
これらにバグやラグは付き物ではあり、ユーザーが直す事は不可能だが、
何らかの対策をたてやすい(たてられる)ように、
現状で分かっている事を掲載。

ラグ

  • 光回線を使用しているとはいえ、現状では遠距離での対戦にラグがある。
    ここでは、相手のクルマが多少前後するというものではなく、
    対戦の結果に左右する可能性があるものを記載する。

バトルスタート時

  • お互いがスタート時に相手をブロックした場合、
    どちらの画面でも、自車が前にいる事になっている。
    この状態では、後ろの相手によって自車が急激に押され、
    同時に加速が鈍る(これは相手側でも起こっている)。
  • 上記の状態で、自車が追い抜かれた場合は、相手が前になる。
    • 相手画面ではこちらが減速した事になる。
  • 相手が減速した場合は自車が前になっている。
    • 相手画面では自車が相手を追い抜いた事になる。

いろは坂

  • 単発ジャンプで相手のインが少し開く。
  • 単発ジャンプ直後、相手が急に加速する。
    • この2つはセットで起こる場合が多い。
  • 4連ジャンプで相手のインが開き、遅くなる。
  • 4連ジャンプ直後、相手が急に加速する。
    • この2つはセットで起こる場合が多い。
  • 相手が猛スピードで追走、追い抜かれる。
  • 相手がコースを無視してワープする。
    • この2つはジャンプで相手が遅くなった場合に起こる場合がある。
  • ヘアピンを曲がり切った時、相手が突然停止する。
  • ヘアピンを曲がり切った時、相手が突然後方へワープする。
    • 相手が逆走・或いはインやアウトの壁に激突して減速したものが、
      ヘアピンを曲がりきった位置でこちらに反映されている模様。
  • 極稀に相手と壁にはさまれ、速度が0kmになる。
    • この現象は、いろは坂以外でも発生する場合がある。
      相手と壁に挟まって進めなくなる事と
      壁ペナが重なって発生している模様。

両勝ち

  • 回線のラグを利用(悪用)して、自分も相手も勝つ、という事が、
    頭文字D4では一部のプレイヤー間で行われていた。
    D4改では使用不可能となっている。

バグ

  • 全国対戦受付時などにエラーが発生し、筐体が停止する。
    • データが消える事は滅多に無いが、
      カード挿入時からエラー発生時までのデータは記録されていない事が多い。
  • 車検時にエラーが発生し、カードのデータが消滅する。
    • ロケテストでは発生した場合、店舗を通してセガに送付すると、
      データが復旧されていた。
      Version 1.1以降からは、筐体内にデータが残されている為、
      データの復旧を行う事が可能となった。

ネットワークエラー

バグか、ネットワーク障害に対する正しい対応かは不明。

  • 全国対戦時にネットワークエラーが発生し、相手の車のCOMに変わる。
  • 全国対戦前、相手が見付かった後にネットワークエラーが発生し、対戦受付画面にもどる。
  • 全国対戦時に自分と相手の車間距離が一定(両方ともブレーキで停止している状態)のまま
    数秒経過するとネットワークエラーになる。

ARCADE STAGE 4へ戻る
FrontPageへ戻る

Menu

 
 
 
 
 
 
 
 
 

最新の15件

2018-11-13 2018-11-11 2018-11-06 2018-11-01 2018-10-31 2018-10-21 2018-10-19 2018-10-14

今日の10件

  • counter: 21693
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 6