頭文字D STREET STAGE


頭文字D STREET STAGE

アーケード版の「頭文字D ARCADE STAGE Ver.3」をベースとしたPlayStation Portableゲーム。
内容はVer.3から大きく変わっていないが、リプレイをはじめとした各ギャラリー機能が追加されている他、レースの難易度が若干下げられているなど、家庭版としての追加変更が行われている。
またPS3の「アドホック・パーティー」を利用すればオンライン対戦も可能である。

操作方法は同じく家庭用の「Special Stage」と大きく変更はないが、アナログスティックでステアリングを操作しても十字キー同様オンオフの反応しか無いため舵角の微調整ができない。
また、アーケード筐体とPSPの違いからか、ロード時間はアーケード版よりもかなり長い。

頭文字D STREET STAGE 公式サイト(2013年10月24日時点のアーカイブ)

Ver.3からの追加・変更要素

  • オープニングムービーが当時のアニメ最新作同様「DOGFIGHT / m.o.v.e」へ変更*1
  • ゲームモード「通信」「ガレージ」「カードコレクション」「プロジェクトDホームページ」「オプション」の追加
  • レース中の各キャラクターへボイスの追加
  • 文太に挑戦!!の挑戦条件を変更
  • 車のチューニング方法の変更
  • 楽曲の追加・変更
  • ポイント要素をカード要素へ変更
  • コース「秋名(雪)」の削除
  • キャラクター「御木」の削除
  • 画質・フレームレートの低下(60fps→30fps)

チューニング方法について

本作にはポイントという概念が存在せず、代わりに「カード」という要素へ置き換わっている。
カードには種類があり、そのうち「チューニング」や「エアロパーツ」に関するカードを消費すれば自由にチューニングが行える。
しかし、カードは公道最速伝説やタイムアタック等をプレイした後ランダムで1枚もらえるシステムなため、運が悪いとチューニングに必要なカードが全く出ないこともある。
加えて、エアロパーツのカードは「ボンネット」「サイドスカート」「マフラー」等、それぞれ個別に存在するため、任意のパーツもやはりカードが存在しないと交換できない。
エアロパーツがランダムであると言う点はVer.3と同じだが本作のカードは180種類以上あり、チューニング関係のカードは全車共通とはいえVer.3のそれとは入手難易度が比較にならない。
つまりVer.3と比べると難易度は遥かに上がっていると言える。

チューニング自体はSTEP5までで終わり、アーケード版に存在したポイント12万〜99万でのメンテナンスは削除されている。
そのためVer.3と比べると車の性能は若干劣る。

ゲームモード

公道最速伝説

Ver.3と同様に、原作に登場するキャラクター(NPC)とプレイヤーが1対1でバトルするモード。
Ver.3には無かったレース中にアニメと同じ声優のボイス付きでのリアクションが追加されている。
ボイスは基本的には「Special Stage」の使い回しだが、ランエボVの男とランエボVIの男の台詞は新録。
Ver.3に登場した御木はコースごと削除されている。


タイムアタック

Ver.3と同様に、コースと時間帯を選択し峠を攻めるモード。
走行データはメモリーカードに保存でき、ゴーストとして走行中に表示させたり、リプレイとして閲覧できる。

文太に挑戦!!

Ver.3同様、藤原文太と戦うモード。
ただしゲーム開始当初は挑戦できず、公道最速伝説の文太を倒すと挑戦できるようになる。
出現後はポイントを消費せずに挑戦できる他、車のチューニングや操作性を考慮してかゴールタイムはVer.3よりも遅いため倒しやすくなっている。

  • 文太に挑戦!!の出現方法:公道1周目で文太を倒すとカード「163 藤原 文太3」が貰え、これを「カードコレクション」で閲覧して「NEW CONTENTS」を選択するとゲームモード「文太に挑戦!!」とガレージで「インプレッサ WRX STi Ver5」が選択できるようになる。

通信

「通信対戦」「カード交換」「リプレイ通信」「レコード比較」をPSPの通信機能を通じて行える。
通信対戦時、ライバルカードを入手していれば各キャラクターを選択でき、搭乗している車でレースができる。
その際には各キャラクターの台詞を聞くこともできる。
また、無線LANに対応したPS3とソフト「アドホック・パーティー」を介することで、インターネットを通じての通信も行える。

ガレージ

搭乗する車の作成や変更、チューニングが行える。
ガレージには最大で35台まで車を保管でき、車の削除も可能。

カードコレクション

ゲーム中で入手したカードを閲覧できる。
カード閲覧画面には「NEW CONTENTS」と「HINT」のアイコンがあり、「NEW CONTENTS」を押すと通信対戦で使える車や、ホームページで聴けるボイス、コース解説、


プロジェクトDホームページ

ホームページのようなデザインの中からコンテンツを選び、閲覧や視聴ができる。
内容は以下の通り。

  • Gallery:ローディング画面の壁紙が閲覧できる。
  • Sound:レース中に選択できる各BGMやレース中のボイスが視聴できる。
  • Course:各コースの紹介や、コースのおおまかな攻略法や要点を閲覧できる。
  • Movie:オープニングムービーなど映像を視聴できる。
  • Replay:各モードで走行し保存したリプレイを閲覧できる。
  • Record:タイムアタックでの各コースのタイムや、通信対戦の勝敗数や対戦レベルが閲覧できる。

オプション

データのセーブやロードの他、ゲームの難易度やステアリングの応答性やタイム・ナビの表示が設定・変更できる。

登場コース

Ver.3のコースから秋名(雪)が削除されている。

使用楽曲

Ver.3から「BLACK OUT / OVERLOAD」が削除され、代わりに「POWER OF SOUND / ACE」が追加されている。
その他、コース未設定楽曲として以下が追加されている。

  • GET ANOTHER CHANCE / MEGA NRG MAN
  • FIRE ON THE BEAT / ACE WARRIOR
  • READY TO GO / MEGA NRG MAN
  • CHANGES / BETTY BLUE
  • DEMOLITION / J.STORM
  • MAD ABOUT YOU / ACE WARRIOR
  • OVERLOAD / MATT LAND
  • FEVERNOVA / DAVE RODGERS AND KIKO LOUREIRO



FrontPageへ戻る

Menu

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

最新の15件

2024-05-23 2024-05-22 2024-05-21 2024-05-20 2024-05-19 2024-05-18 2024-05-14 2024-05-13 2024-05-08 2024-05-07

今日の10件

  • counter: 217
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 4


*1 映像は各キャラクターの紹介と各々のバトルの要所を再現した内容