頭文字D Arcade Stage Ver.1


頭文字D Arcade Stage Ver.1

頭文字D Arcade Stage Ver.1とは2002年3月に稼働した、しげの秀一原作の漫画「頭文字D」を題材としたレースゲーム「頭文字D Arcade Stage」シリーズの第一弾。
タイトルはVer.1の付いていない「頭文字D Arcade Stage」が正式名称だが、本wikiでは後のシリーズと区別するために便宜上Ver.1をつけている。

独自のナンバープレートやレース中SUPER EUROBEATが流れるなど、当時Third Stageまで作成されていたアニメ版の要素も取り入れられている*1

頭文字D Arcade Stage 公式サイト(2002年10月2日時点のアーカイブ)

筐体

筐体はセガツーリングカーチャンピオンシップやセガラリー2で使われていたセガの汎用レースゲーム筐体がベースだが、シフトは国産車同様に左側に設置され、またステアリングはナムコから購入した大径タイプへ、ロックtoロックも約3/4回転へと変更されている。
磁気カードによるデータ保存にも対応しており、各プレイヤーが好みの車をある程度自由にカスタマイズ・保存できる。
磁気カードは50回まで書き換えが可能で、それを超える場合は「車検」としてカードを更新することになる*2
基板はドリームキャストをベースとしたNAOMIの後継機「NAOMI 2」を搭載している。

ゲームモード

公道最速伝説

原作に登場するキャラクター(NPC)とプレイヤーが1対1でバトルするモード。

  • 初期ROMではスマイリー酒井が黄色のインテグラに搭乗しているが、後期ROMでは白色に変更されている

タイムアタック

コースと時間帯を選択し、峠を攻めるモード。
各コースの他、6万ポイントを消費して時間内に妙義→碓氷→赤城→八方ヶ原を走る「全コース走破」が存在する。
自己ベストを更新するとパスワードが表示されるが、これは当時公式サイトに設置されていた「インターネットランキング」に登録するためのもの。


通信対戦

プレイヤー同士が1対1でバトルするモード。
筐体2台が通信するようセッティングされている場合、コインを投入すると「ライバル受け付け中」と表示され、このときもう片方の筐体から参加すれば通信対戦が行える。
通信対戦時には事前に作成してたカードを読み込ませることで自分の車を使って対戦ができる。

登場コース

詳しくはこちら「登場コース(Arcade Stage Ver.1)

使用楽曲

詳しくはこちら「ミュージック(Arcade Stage Ver.1)

登場車種

TOYOTA

  • TRUENO GT-APEX (AE86)
  • LEVIN GT-APEX (AE86)
  • MR2 G-Limited (SW20)
  • MR-S S EDITION (ZZW30)
  • LEVIN SR(AE85)
    ※プレイヤーは選択できないNPC限定車

NISSAN

  • SKYLINE GT-R V-specII(BNR32)
  • SKYLINE GT-R V-specII(BNR34)
  • SILVIA K's(S13)
  • SILVIA K's AERO(S14)・後期
  • SILVIA spec-R(S15)
  • 180SX TYPE X(RPS13)
  • SILEIGHTY(RPS13)

HONDA

  • CIVIC TYPE R(EK9)
  • CIVIC SiR II(EG6)
  • INTEGRA TYPE R(DC2)
  • S2000(AP1)

MITSUBISHI MOTORS

  • LANCER Evo.III GSR(CE9A)
  • LANCER Evo.IV RS(CN9A)
  • LANCER Evo.VII GSR(CT9A)

mazda

  • RX-7 Type R(FD3S)
  • RX-7 ∞III(FC3S)
  • ROADSTER RS(NB8C)

SUBARU

  • IMPREZA WRX STi Version VI(GC8)
  • IMPREZA WRX STi(GDB)
  • IMPREZA WRX Type R STi ver.V(GC8)
    ※プレイヤーは選択できないNPC限定車



モデリングについて

Arcade Stage Ver.1に登場する車のモデリングはGenkiの首都高バトル0から流用されている。
分かりやすいのがランエボで、首都高バトル0ではCE9AもCT9AもCN9A/CP9Aのデータを流用して作成されており、本作でもそのデータを使っているため車体の形状が実車と異なる(参照)。
なお無断で流用しているわけではなく、ちゃんとエンドロールにはGenkiの名前がある。

不具合

  • 公道異常進行バグ
    • 初期ROMにおいて特定の条件を満たすと、公道最速伝説で本来よりも早くプロジェクトDの藤原拓海や藤原文太と戦える不具合が存在。
      これを上手く使ってチューニングにかかる時間を大幅に短縮することができたが、改訂版ROMでは修正された。
      • これ以外にも倒していない相手を倒した状態にすることもできる。



FrontPageへ戻る

Menu

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

最新の15件

2024-05-23 2024-05-22 2024-05-21 2024-05-20 2024-05-19 2024-05-18 2024-05-14 2024-05-13 2024-05-08 2024-05-07

今日の10件

  • counter: 233
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 4


*1 ただしナンバープレートの一連指定番号以外は全車「群馬 55 あ」で固定されている。
*2 磁気カードは一般的に300〜500回程度の書き換え可能とされるが、セガでは用途や保存状態を考慮しかなりマージンを持たせていた。ただしそれでも保存状態が悪いとデータが破損することもあった。