頭文字D ARCADE STAGE Zero


頭文字D ARCADE STAGE Zero

頭文字D ARCADE STAGE Zero(イニシャルディー・アーケードステージ ゼロ、以下D0)とは、セガ・インタラクティブが2017年3月7日に稼働を開始したアーケード用レースゲーム『頭文字D ARCADE STAGE』シリーズの第9弾。
従来作は原作及びテレビアニメシリーズをベースとしていたが、今作から新劇場版 頭文字Dをベースとし、キャラクターやBGMを一新。
筐体等も新デザインとなり、タイトルのナンバリングも「0」からのスタートとなる。

公式サイト「http://initiald.sega.jp/inid0/
公式PV「https://www.youtube.com/watch?v=EBYlaBm6-Mo
オープニング「https://www.youtube.com/watch?v=0EJ9iUKKLnw

  • 2016年7月29日、D8の公式サイトにて「プレ・ロケテスト」の開催が告知される*1
  • 2016年8月1日、D0のプレ・ロケテスト特設サイトが公開され、タイトルとプレ・ロケテストの詳細が明らかになる。
    • 池袋GiGO、クラブセガ新宿西口、セガ 秋葉原 1号館の3店舗で、8月4日〜8月7日に実施された*2
    • 8月4日と8月6日は「公道列伝」と「タイムアタック」、8月5日と8月7日は「全国対戦」(待ち受け中は公道列伝)のみが遊べた。
  • 2017年1月10日、D0公式サイト更新、ロケテストを近日開催予定であると発表される。
  • 2017年1月17日、D0公式サイト更新、1月18日よりセガ池袋GiGO、クラブセガ新宿西口、セガ秋葉原でのロケテスト*3が告知、2月8日まで行われた。
  • 2017年2月10日、JAEPO2017にD0が4台出展*4。11日のイベントでは、稼働開始日が3月7日に決定した事が発表*5された。
  • 2017年3月7日、全国のゲームセンターで順次稼働を開始した。

システム変更点・新要素

筐体

  • 画面が42インチの大型フルHDモニターとなり、グラフィックはD8をベースに小改良がなされ、主にコース脇の枝木や上空などのコースの景観が鮮明化。
    • モニター解像度がHDからフルHDに、基盤がRINGEDGEからNu2になったこともあり、D8より鮮明で美しいグラフィックとなっている。
  • シートは従来のものから、Ver.3まで使用された樹脂製のバケットシート型へ再変更。
    • D0では新たに従来品と同じクッション、ゲームと連動して点灯するLEDのブレーキランプがシート裏側に搭載された。
  • ハンドルも従来の大型タイプから、これまでのセガのアーケード向けレースゲームで使われた小型タイプに変更。
    • 切れ角も左右120°程度と少なくなっているが、その分前作までよりもドリフトし易くなった。
  • シフトも従来の上下式から、タイトーの「バトルギア4 Tuned Pro」やバンダイナムコエンターテインメントの「湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNEシリーズ」のような6速型Hシフターに変更。
    • シフトをニュートラルに入れるとATと同じ扱いになる為、MTが苦手な人やAT派がトランスミッション選択で間違えてMTを選択してしまったとしても安心してプレイ出来る。
  • 使用するカードも従来の「頭文字D免許証」から、他のセガのアーケードゲームでも使われている「Aime」及び「バナパスポート」または「おサイフケータイ」へと変更。
    • これによりカードの読み込みと書き込み時間やカードの更新が廃され、ゲームスタート時に筐体右側のカードリーダーにカードをかざすだけでゲーム終了時にデータがサーバーに保存されるようになった。
      • 稼働開始からしばらく、サーバーの混雑が原因か、ゲーム終了時にエラーが表示される現象が確認されている。この表示が出ると、タイムアタックの記録が反映されず、消滅する。レベルやポイント等はエラーが表示されても保存されている。
    • maimaiやチュウニズムと同様に、カードを登録すると初回プレイが無料で楽しめる。

データの引き継ぎについて

  • 前作からの引き継ぎは不可能だが、代替特典として前作のマイレージ数(走行距離)に応じたドライバーズポイントと特製マイフレームを入手可能。
    • それぞれ1000km未満は3000pt、1000km以上5000km未満は10000pt、5000km以上は15000ptとなっている。
    • 入手には自分のAime(もしくはバナパスか、おサイフケータイ)にSEGA ID(登録無料)を登録しておく必要がある。
      詳しくはこちら

システム面

  • D6からの「タッグバトル」、前作の「Dコイン」等といった機能は今作では廃止されている。
    • また、D4からの頭文字D.NETとの連動機能も廃止となり、頭文字D.NETのサービスはdocomo版(i-mode)とau版(EZweb)は2017年4月30日、それ以外は5月8日に終了予定*6
      • その為か、名前の漢字入力、チーム機能、メーターや紙コップの変更等、従来は頭文字D.NET有料会員専用だった機能が今作では無料で使用出来るようになった。
  • 走り屋クラスから、D6と同じくLv表記に変更。Lv50からオーラが出るようになる。 Lv50から79が黄色、Lv80から89が緑色、Lv90から98までが青緑オーラ(Newオーラ)が出るようになっている。 ※Lv80から敗北するとゲージが下がり、全ゲージまで下がると、カリスマレベルがダウンする。
    • Lv99になると水色オーラ(Newオーラ)、名声(D8までのプライド)となり、名声は20から開始される。勝利+1、敗北は-1(格下に敗北-2?)と確認されている。※Lv99到達と同時に飛翔がでていると確認されている。勝率?によって飛翔の大きさが異なる。
  • 名声100になると青オーラ、名声500になると紫オーラ(Newオーラ)と確認されている。※ある公道遠征でLv80であるにも関わらず、青オーラと確認されているが詳細は現在不明。
  • 今作では店内対戦や全国対戦以外にも、相手のプレイヤーが透明となって対戦できる「ゴースト対戦」を追加。
    • 接触判定なしのタイムアタックの対戦形式となる。
  • レース画面は前作をベースとした配置になっているが、今作では対戦時に画面真上に自分や相手がどれだけリードしているかが表示されるジャッジメント機能*7と、タイムアタック時に上ボタンを押すとゴーストを、下ボタンを押すとラインガイドをそれぞれ表示/非表示出来る機能が加わった。
    • デフォルトのタコメーターは、前作のプロジェクトDミッション特典の[頭文字D Ver.3]メーターへと変更された*8
      ドリフトランプが付いていないメーターの場合、ドリフトしているかは筐体のLED電飾の明滅で判断できる。
      タコメーターは前作同様にミッション報酬で獲得でき、ファクトリーで変更可能。(ミッションにつきましては別ページのその他情報にわかり次第記載予定)
  • 全国対戦で相手に敗北した場合、追加料金で同じ相手へリベンジを申し込むことが出来るようになった。
  • 店内対戦をプレイすると、勝敗に応じ文太より豆腐が獲得できるようになった。
  • タイムアタックのランク毎のタイム基準も、前作から変更されている模様。(要検証)前作がとてつもなくタイム設定が厳しかったためか、今作はタイム設定の難易度が下がっている。
  • ハンドル、シフトノブ、ペダルを使ってのメニュー画面の操作が出来なくなった。
  • d0より車種無料追加チケットという無料で車が追加出来るチケットが出来た。詳しい距離などは下の車種紹介にて記載。

マシンの挙動について

  • 筐体の欄にも述べたように、今作のハンドルは前作までよりも小型化し、切れ角も左右120°程度と少なくなっている。ただしその分、今作は前作までよりもドリフトし易くなっている。
  • 前作よりも旋回力が上がっているが、滑りやすくなっている。また、チューニングを進めて行くほどコーナリング性能が上がって行くようだ。ただし、加速力は前作よりダウンし、最高速度がアップしている(箱根では前作の217km/hに対し、今作では234km/h、秋名湖では前作の185km/hに対し、今作では212km/h程度にアップ)。
  • チューニングの差については前作と同じか前作より変化したかは要検証。コースによっては、ノーマル車がフルスペ車に勝ってしまう場合もある。
  • 今作も店内対戦と全国対戦のブーストON時のレースで、ゴール前でのブーストが発動すると通常時の上限を超えた最高速になることもある。例えば、箱根では255km/h程出る可能性もあり、前途の通り最高速が上がったため、ブースト発動時の最高速も前作以上に高くなっている。なおブースト発動による加速力は前作より抑えられている。

キャラクター

上部で述べたように、 今作からは新劇場版がベースとなった為、キャラクターも新劇場版に登場するキャラに一新。
新劇場版に登場していない原作中盤以降のキャラクターは削除され、一切登場しない*9
ゲーム中のキャラクターはほぼ新劇場版の2Dイラスト*10で、キャラクターボイスは無い。

キャラクターの追加

新劇場版から新たに2組が追加されている。

  • 絡んできた走り屋(からんできたはしりや)*11
    • 所属…無し*12
    • 搭乗車種…S13 シルビア K's
      • ボディカラー…ブルーイッシュシルバーツートン
      • ナンバー…群馬 57 ひ 7-101
  • 謎の走り屋(なぞのはしりや)*13
    • 所属…無し
    • 搭乗車種…ZN6 86 GT
      • ボディカラー…オレンジメタリック
      • ナンバー…群馬 355 お 3-954

公道列伝

今作より公道最速伝説から公道列伝へと変更された。

コース

コースもD8から新劇場版に登場していない殆どのコースが削除された。
初級の「箱根」、「秋名湖」、中級の「碓氷」、「妙義」、「赤城」、「秋名」、上級の「いろは坂」、「筑波」の8コースが選択可能*14
この内「箱根」は原作終盤で登場し、ゲームではD8で上級コースとして初登場したコースである。

車も新劇場版に登場した車がメインとなり、D8から多数の車が削除された。
正式稼働時点では以下の30車種が確認されている*15

車に装着されるナンバープレートは、新劇場版仕様の4桁ナンバーとなっている*16
ただし地名は新劇場版で使われた峠の名前*17ではなく、これまでと同じ実在する地名の「群馬」となっている。

5速車と6速車では、1〜4速までのレブ速は同じ。6速車の5速と6速は、5速車の5速を二つに割ったようなものになっている。

車種無料追加チケットについて

距離を超えると無料チケットが配布される。期間は貰えた日から14日間となっている。 現在貰えると判明されている距離は下記の通り。

  • 400km
  • 800km
  • 2000km

車の種類紹介

BGM

その他情報


Menu

 
 
 
 
 
 
 
 
 

最新の15件

2017-05-01 2017-04-30 2017-04-29 2017-04-26 2017-04-23 2017-04-18 2017-04-01 2017-03-30 2017-03-28 2017-03-24 2017-03-17 2017-03-15

今日の10件

  • counter: 102525
  • today: 274
  • yesterday: 751
  • online: 5



*1 この時点ではプレ・ロケテストの開催と日程のみが告知され、タイトルは未公開。
*2 プレ・ロケテスト時のバージョン表記は「0.50」。
*3 ロケテスト時のバージョン表記は「1.00.00」。
*4 この時のバージョン表記は「1.00.01」、正式稼働時と同じ。
*5 店舗によって稼働日は変動。
*6 http://initiald.sega.jp/inid8/news_1702.html
*7 正式な機能名はまだ不明。
*8 プレ・ロケテスト時のデフォルトのメーターデザインは前作と同じデザインだった。
*9 ただし各チューニングパーツの、頭文字Dオリジナルパーツには原作のキャラクター名が残っている。
*10 一部原作の画像を使用。D4〜D8で採用されていた「リアルタイム水彩シェーディング」による3DCG描写は無くなった。
*11 原作では名無しキャラだったが、アニメシリーズではポニーテールの男が「弘道」、その片割れの男が「正一」という名前で登場。
*12 原作では妙義ナイトキッズ所属、TVアニメではTHUNDERS所属となっている
*13 新劇場版では、容姿が拓海に似た男(目元は全く映らず、素顔は不明)が搭乗していたが、ゲーム中の容姿はそれとは全く異なり、目元が暗く隠されたデフォルトの男性アバターにキャップ帽(赤)を装着したものとなっている。
*14 プレ・ロケテスト時点では、箱根、碓氷、妙義、赤城、秋名、いろは坂の6コースが選択できた。
*15 プレ・ロケテスト時点では、3ドアトレノ、MR2、Z33、EG6、FC3S、FD3S1型、GC8、CE9A、カプチーノ、シルエイティのみが選択できた。
*16 プレ・ロケテスト時点では新劇場版の4桁ナンバーではなく、アニメシリーズ版の5桁ナンバーであった。
*17 「秋名」、「妙義」、「赤城」
*18 プレ・ロケテスト時点ではCPUの武内樹のみ使用。装着されているステッカーも、ロケテスト時点まではD8までの原作仕様であった。
*19 この内BNR32、S13はプレ・ロケテスト時は使用不可だったが、特設サイトで「プレ・ロケテスト開催店舗勝利特典」の1つである「追加特殊カラー車」として掲載されていた。