登場コース(頭文字D ARCADE STAGE 5)


頭文字D ARCADE STAGE 5・登場コース

AS5では、全8コースが登場。
新コースは「八方ヶ原」「長尾」の2コース。
「秋名湖」「妙義」の2コースはレイアウトが若干変更されている。
「赤城」「秋名」「いろは坂」「筑波」の4コースは4と変わりは無いが、
コースレイアウトが同様でも、クルマの挙動が大きく異なる為、
まるで別のコースのような様相を呈する。

秋名湖(初級)

  • コース全長・・・3.2km(×3)(コース図
  • ルート・・・左回り/右回り
  • 時間・・・昼/夜
  • 天候・・・晴れ/雨
  • ライバルキャラクター
    • 池谷浩一郎
    • (ニセプロジェクトD)
  • SUPER EUROBEAT
    • LOOKA BOMBA / GO 2
  • コース紹介
  • 4に登場した秋名湖だが、前作で不人気だった事を踏まえてか、
    コースレイアウトが変更、コーナーが2ヶ所追加されている。
    その他に大きな変化は無いが、若干のアップダウンがある。
  • クルマの挙動が大きく異なる為、前作とは違い、
    減速やアクセルワークが重要なコースへと変化している。
  • コースレイアウトとしては、5の方が実在の榛名湖周辺の道路に近い。

妙義(中級)

  • コース全長・・・7.1km(コース図
  • ルート・・・下り/上り
  • 時間・・・昼/夜
  • 天候・・・晴れ/雨
  • ライバルキャラクター
    • 中村賢太
    • 庄司慎吾
    • (中里毅)
  • SUPER EUROBEAT
    • SUN IN THE RAIN / MANUEL
  • コース紹介
  • 妙義ナイトキッズのホームコースをアレンジした、オリジナルのコース。
    コースレイアウトは、ほぼ4にも登場した一本道の妙義だが、若干変更され、
    コーナーと直線が分かりやすくなっている。
  • 緩い円形を描いていた4の妙義のヘアピンは、5では
    角度のキツいヘアピンになっている。
  • 4と比べ、秋名湖ほど大きな変化は無い。

赤城(上級)

  • コース全長・・・5.8km(コース図
  • ルート・・・下り/上り
  • 時間・・・昼/夜
  • 天候・・・晴れ/雨
  • ライバルキャラクター
    • 健二
    • 岩瀬恭子
    • (高橋涼介)
  • SUPER EUROBEAT
    • SWEET SIXTEEN GIRL / CANDY TAYLOR
  • コース紹介
  • Ver.2より登場している、赤城レッドサンズのホームコース。
  • コースレイアウト、コースの道幅ともに、
    今までのARCADE STAGEとほぼ同様。
  • 上り・下りでも前半はヘアピン、中盤はストレートコース、後半はヘアピンとなっている。

秋名(上級)

  • コース全長・・・7.6km(コース図
  • ルート・・・下り/上り
  • 時間・・・昼/夜
  • 天候・・・晴れ/雨
  • ライバルキャラクター(初期設定)
    • 武内樹
    • 佐藤真子&沙雪
    • 岩城清次
    • 高橋啓介
    • (藤原拓海)
    • (藤原文太)
  • SUPER EUROBEAT
    • LOVE IS THE NAME OF LOVE / IRENE
    • ADRENALINE / MANUEL
    • RIGHT NOW / DARK ANGELS
  • コース紹介
  • Ver.1より登場している、秋名スピードスターズのホームコース。
  • コースレイアウト、コースの道幅ともに、
    今までのARCADE STAGEとほぼ同様で、
    コースに点在する溝を使った、溝落としも可能。
  • 中盤のロングストレートから、終盤の4連+1ヘアピンまで、高速コーナーから超低速コーナーを含むバリエーション豊かなコース。
  • 何個かのコーナーが繋がった複合コーナーが多く、ドライバーの腕が問われる。

いろは坂(上級)

  • コース全長・・・5.1km(コース図
  • ルート・・・下り/逆走
  • 時間・・・昼/夜
  • 天候・・・晴れ/雨
  • ライバルキャラクター
    • 小柏カイ
    • (須藤京一)
  • SUPER EUROBEAT
    • BLACK U.F.O. / LUPIN
  • コース紹介
  • Ver.2より登場している、エンペラーのホームコース。
  • コースレイアウト、コースの道幅ともに、
    今までのARCADE STAGEとほぼ同様で、
    3セクションの一部のコーナーでは、
    原作にあるインベタの更にインを通る事ができる。
  • 4セクションのトンネル手前のコーナーはインが
    少し開いており、通ることができる。
  • 実際のコース名は第一いろは坂となり、
    上りの第二いろは坂は、今のところ頭文字Dには登場していないため、コース化はされていない。
  • ちなみにVer.3では超上級レベルだった。

八方ヶ原(超上級)

  • コース全長・・・5.7km(コース図
  • ルート・・・往路/復路
  • 時間・・・昼/夜
  • 天候・・・晴れ/雨
  • ライバルキャラクター
    • 二宮大輝
    • スマイリー酒井
    • 高橋涼介
    • (舘智幸)
  • SUPER EUROBEAT
    • GAS GAS GAS / MANUEL
    • CHEMICAL LOVE / KEVIN & CHERRY
  • コース紹介
  • Ver.1より登場、4には登場していなかったコース。
    原作にて拓海と舘智幸がバトルしたのは、
    このコースの往路前半(復路後半)になる。
  • コースレイアウトは同じだが、コースの道幅は
    今までのARCADE STAGEよりも若干狭くなっており、実際に近くなっている。
  • ver.3以来の登場で当時も超上級だったが、
    操作性変更によりさらに難易度があがっている。
  • 往路・復路共に上り・下りがあり、中盤にはヘアピンもある複合コースである。
  • 原作登場時点でのコースの取材時には、道路が未完成だったため、中盤地点には工事中のエリアもある。
  • なお原作では、往路の4セクションに入った後の、道幅が広くなる短い直線で折り返しており、そこから先はゲームのみの登場となっている。
  • 往路第1セクションと第2セクション(復路なら3、4セクション)
    にキツい勾配があるが、実際の八方ヶ原はこれより勾配が緩い。
    その代わりに、路面が実際より綺麗な路面である。
  • また、今回から「昼」の時間帯が走行可能になった。

筑波(超上級)

  • コース全長・・・・6.8km(コース図
  • ルート・・・往路/復路
  • 時間・・・昼/夜
  • 天候・・・晴れ/雨
  • ライバルキャラクター
    • 東京から来た二人
    • 秋山渉
    • 城島俊也
    • (星野好造)
  • SUPER EUROBEAT
    • DISCO FIRE / DAVE RODGERS
    • MIDNIGHT LOVE / NEO
  • コース紹介
  • 4より登場しているコースで、
    頭文字Dでは、パープルシャドウのホームコース。
    原作でプロジェクトDとパープルシャドウがバトルしたのは、
    往路後半(復路前半)のフルーツラインである。
  • コースレイアウト、コースの道幅ともに、
    前作とほぼ同様で、
    コースの左右にある突起の内側にスペースがある場合、
    突起よりも内側を通る事ができる(縁石を使う、変形溝落とし)。
    また、蓋の無い側溝はその更に内側を通る事ができるが、
    溝を通過する際の速度が足りない場合は脱輪し、失速する事になる。

長尾(超上級)

  • コース全長・・・・6.6km(コース図
  • ルート・・・下り/上り
  • 時間・・・昼/夜
  • 天候・・・晴れ/雨
  • ライバルキャラクター
    • 小早川
    • 大宮智史
    • (小柏カイ)
    • (皆川英雄)
    • (高橋啓介)
    • (藤原拓海)
  • SUPER EUROBEAT
    • ROCKIN' HARDCORE / FASTWAY
    • SPEED MAN / DAVE SIMON
    • FIGHTING! / CODY
  • コース紹介
  • 5より登場する新コースで、原作でプロジェクトDとR・TカタギリS・Vがバトルしたのがこのコース。
  • 高速〜低速まで、あらゆるタイプのコーナーがあり、登場するコースの中でも、屈指の難易度を誇る。
  • コースの所々にある蓋の無い側溝は、筑波同様その上を通過する事ができるが、
    こちらも速度が足りない場合は脱輪し、失速する事になる。
  • コースの一部では、あの富士山を見る事が出来る。
  • 余談だが、このコースは同ジャンルのレースゲームであるタイトーの「バトルギア」シリーズの超弩級コースとしても
    登場しているが、あちらの方が実際の長尾峠に近い道幅であり、かつ挙動もやや滑りにくいため、難易度は極めて高かった。
    それと比較すると、頭文字Dシリーズは実際の長尾峠に近いコースレイアウトとなっている。
    また、道幅が広く曲がりやすいため、バトルギアシリーズに比べれば攻略はしやすいので
    ある程度は万人向けになっていると言える。

BGM一覧

  • BGMなど、使用された楽曲の一覧はこちら

ライバル詳細

  • 公道最速伝説のライバルの詳細はこちら

ARCADE STAGE 5へ戻る
FrontPageへ戻る

Menu

 
 
 
 
 
 
 
 
 

最新の15件

2017-08-16 2017-08-15 2017-08-14 2017-08-10 2017-08-04 2017-07-20 2017-07-18 2017-06-01 2017-05-29 2017-05-25 2017-05-18

今日の10件

  • counter: 38113
  • today: 1
  • yesterday: 3
  • online: 9