カードリスト:漢 第6弾



UC袁尚(血縁)

武将名えんしょう けんほ骨肉相食
袁尚 顕甫「兄さん……いや、袁譚。
 オレに勝てると思っているのかい?」

袁紹の三男で、母は劉氏。容貌が美しく、袁紹に可愛がられた。袁紹の死後は審配・逢紀らの支持を受け、兄・袁譚と跡目を争う。当初は優勢だったが、袁譚が曹操と手を組むと烏丸を頼り、白狼山で迎撃を試みるも惨敗した。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力3 知力3 征圧力2
官職武官
特技-
将器長槍術 速度上昇 募兵
計略血縁の争い・尚自身を除いた戦場にいる味方一人が撤退し、自身の武力が上がる。撤退した武将が「袁譚」の場合、効果が上がる。ただし戦場に味方がいなかった場合、効果が下がる
必要士気4
Illustration : tsoCharacter Voice : 内田雄馬


西洋貴族風の出で立ちで2枚目の登場となった袁尚。
兄共々、通常排出では初となる。

兵種・スペックは1枚目の兄と全く同じ。やはりこれも因縁か…。
将器も兄が所持していた長槍術を持つが、他にも選択肢が存在する。
募兵は低武力槍兵では噛み合いづらいため覚醒させるならば他の2つが無難だろう。

計略「血縁の争い・尚」は単体強化。
戦場にいる味方を1部隊ランダムで撤退させて武力+6、加えて撤退部隊が「袁譚」の場合はさらに武力+6(合計で+12)。
撤退させる部隊がいない場合は武力+4。効果時間7.5c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1B)。

袁譚を斬った場合の効果は「反逆の狼煙」よりも強力なものの、一番の問題は「撤退対象がランダム」という点。
確実に追加効果を出すためには自身と対象の2部隊だけ出して計略を撃つ必要があり、必然的に防衛での使用が前提となってくる。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1B 袁譚を撤退させた場合 武力上昇値増加 +10→+12


UC袁譚(血縁)

武将名えんたん けんし骨肉相食
袁譚 顕思「調子に乗るな、馬鹿弟め!
 経験の差を思い知らせてやる!」

袁紹の長男。弟・袁尚との後継者争いが激化すると曹操に降伏して手を組み、袁尚を冀州から駆逐する。しかし曹操の意に反して勢力を拡大させたため居城を攻撃され、迎撃してきた曹純に賄賂をちらつかせるが、命乞いもむなしく討たれた。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力3 知力3 征圧力1
官職武官
特技-
将器突撃術 征圧力上昇 募兵
計略血縁の争い・譚自身を除いた戦場にいる味方一人が撤退し、自身の武力が上がる。撤退した武将が「袁尚」の場合、効果が上がる。ただし戦場に味方がいなかった場合、効果が下がる
必要士気4
Illustration : tsoCharacter Voice : 益山武明


2枚目の登場となる袁譚。過去作(袁兄弟名義)ではシリーズ毎に0or1枚のみだったので、2枚目の追加はシリーズ初となる。
(良くも悪くも)耳に残りやすい特徴的なボイスである。

弟と同じくスペック入れ替えとなっており、1枚目の弟と全く同じ兵種・スペック。
将器は元カードの突撃術に加え征圧力上昇と募兵を所持。内乱重視のデッキならば征圧力上昇を覚醒し、武力3で征圧を担当させるのも悪くないだろう。

計略「血縁の争い・譚」は単体強化。
戦場にいる味方を1部隊ランダムで撤退させて武力+6、加えて撤退部隊が「袁尚」の場合はさらに武力+6(合計で+12)。
撤退させる部隊がいない場合は武力+4。効果時間7.5c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1B)。

袁尚を斬った場合の効果は「反逆の狼煙」よりも強力なものの、一番の問題は「撤退対象がランダム」という点。
確実に追加効果を出すためには自身と対象の2部隊だけ出して計略を撃つ必要があり、必然的に防衛での使用が前提となってくる。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1B 袁尚を撤退させた場合 武力上昇値増加 +10→+12


R郭図(生贄)

武将名かくと こうそく南皮の謀矢
郭図 公則「無謀なる勇気の代償を
 彼らに支払ってもらうとしよう」

袁紹・袁譚に仕えた参謀。官渡の戦いでは敗戦の責任を張郃に押し付けて降伏に追い込み、袁紹死後は袁譚に曹操との盟約を勧めるなど、様々な献策で敵味方を混乱に陥れた。のちに曹操軍に城を攻められた際、楽進の矢によって倒れたという。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力6 知力8 征圧力3
官職文官
特技伏兵
将器知力上昇 遠弓術 速度上昇
計略愉悦への生贄範囲内の味方一人が撤退し、味方の武力が上がる
必要士気6
Illustration : 夢路キリコCharacter Voice : 平田広明


1枚目はやや変化球気味のキャラ付けであったが、より一般的なイメージに近くなった2枚目の郭図。

袁家待望の2コスト弓。なのだが、征圧力3あるとはいえ残りは6/8に伏兵だけとかなり不安がある。
武力6弓が欲しいだけなら1.5コストに麹義がいるため、必然的に計略を意識しての採用となる。
将器は伏兵ダメージと計略の効果時間に直結する知力上昇が使いやすい。次点で遠弓術か。

計略「愉悦への生贄」は勢力不問の号令。
範囲内の味方の武力が+8され、その代わり対象の味方のうち誰か一人がランダムで撤退する。
この系統の計略の例に漏れず郭図本人も撤退対象に選ばれる。
効果時間は9.2c(知力将器9.8c)。知力依存0.2c。(Ver.3.5.1B)

武力上昇値は優秀で効果時間もそこそこあるが、撤退させる対象を自分で選べないのがネック。
2コスト以上の味方(自分含む)が切られると、主力不在でその後を戦う羽目になる点が非常に悩ましい。
4枚デッキ、刻印武将入りのデッキ等ではとても使えたものではない。
その為6枚以上でデッキを組み、1コスト武将が選ばれる確率を上げてようやく実戦レベルといったところ。
撤退対象に運良く瀕死の1コス武将や潘鳳でも選ばれれば破格の効果が得られる。

ワラ向きの全体強化なら他に袁紹(大爆進)や田豊(提言)がおり、彼らは計略使用時のリスクも低い。
ただ2度の上方修正により郭図の爆発力は向上しており、無視できない存在になっているのは確か。
良くも悪くも癖の強い、郭図らしいカードである。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 効果時間延長 ?→9.2c
Ver.3.5.1B 武力上昇値増加 +7→+8


R高幹(大車輪)

武将名こうかん げんさい汾水の烈光
高幹 元才「辺境の気まぐれな風など、
    我が威光の前では無力だ!」

袁紹の甥。文武両道で袁紹から実子同様の統治権を与えられていた。袁紹が没すると袁尚の指示で河東に侵攻し、馬超・龐徳らと激突した。鄴が陥落した後に曹操軍に降るが、野心を秘めており、烏丸討伐の隙に乗じて反乱を起こした。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力6 知力5 征圧力2
官職武官
特技攻城 刻印
将器兵力上昇 速度上昇 攻城術
計略栄光の大車輪武力が上がり、全方向に槍の無敵攻撃を行う。この効果は自軍の士気が多いほど大きい
必要士気4
Illustration : サクマミツロCharacter Voice : 鳥海浩輔


袁紹の甥が兵種を槍に変更して再登場。

スペックは6/5に征圧力2、更に攻城持ちだが加えて刻印持ち。
袁家は5枚以上でデッキを組むと攻城力に難を抱える傾向にあるため、特技攻城はありがたい。
一方で1.5コスト槍は撤退しやすいポジションでもあるため、刻印のデメリットも相応に重い。
将器は撤退リスクを軽減できる兵力・速度上昇、特技攻城を活かせる攻城術といずれも使いどころがあり優秀。

計略「栄光の大車輪」は単体強化。読んで字のごとく栄光版の大車輪戦法。
士気12で使用すると武力+6の特大車輪になれるが、最低限の士気だと武力+2?の通常車輪となる。
効果時間は14.5c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1B)。

(漢鳴とは関係なく)重い車輪なら2.5淳于瓊や目覚め前提の王美人がいたが、軽めの士気でいつでも使える車輪計略は袁家では初。
汎用の大車輪戦法が武力+5であることを考えると、士気12での計略効果は車輪が大きくなるだけで
武力面でのメリットは大きいとは言えないが、対騎兵の備えとしては悪くない。

効果時間も3.5.1Bの調整を受け14.5cと、特大車輪計略としては非常に長くなっており、計略の独自性が増している。
士気12で使用した場合、計略終了後は約1cと少々待てば再び士気12になるほどの効果時間である。

問題は最大効果を狙おうとすればするほど、相手の士気も相応に溜まっていくこと。
車輪自体は弱くないものの所詮武力上昇は最大+6止まりである為、相手の計略をいなし切るのは厳しい。
当然使えば各種号令に支障をきたす為、効果に反して撃たされるのが一番避けるべき事態となっている。
効果時間は長く、士気フロー対策気味に使うことは可能なので、帰城を視野に入れながら退き気味に戦う戦術は比較的有効である。

士気絡みの1.5コスト武力6槍には既に同じ攻城持ちの高覧、魅力持ちの劉和、勇猛持ちの淳于瓊が存在する。
高覧は士気バック計略で上手に運用すれば実質士気0.5、
劉和は効果時間が長い上に消費士気が3と安く、12c後には再び士気が貯まりきる。
淳于瓊は高い武力上昇値と攻城力アップで決定力が高め。
それに対して高幹は士気4で小回りが効きにくい点で劣るが、長時間の特大車輪で騎馬に対しては一番強く出られるのが優位点である。


登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1B 効果時間延長 9.2c→14.5c


R蔡氏(凶命)

武将名さいし妖艶なる女狸
蔡氏「徳珪、手間取りすぎよ。
 早く片付けないと……ぶつわよ」

劉表の後妻。実子の劉を劉表の後継者にしようと企んだ。弟の蔡瑁と共に、長男である劉の讒言を事あるごとに劉表に吹き込み、劉を盛りたてる劉備の暗殺を計画し、さらに劉表死後は遺書を偽造するなど暗躍した。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力4 征圧力2
官職-
特技魅力 攻城 漢鳴
将器知力上昇 速度上昇 迅速攻城
計略漢鳴の凶命【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
最も武力の高い漢の味方の武力が上がる。ただし兵力が徐々に減少する
必要士気4
Illustration : 稲山Character Voice : 上坂すみれ


2枚目となる蔡氏。
姉弟と言うだけあり、一部の台詞は同時に追加された蔡瑁(再建)と繋がりがあり、彼を計略対象とした場合特殊台詞になる。

1コス弓として平均的なスペックを持つ上に、魅力・攻城・漢鳴の3特技を持ち総合的には優秀なスペック。
将器は計略効果を伸ばす知力上昇が安定だが、迅速攻城も6枚号令においてはなかなか侮れない。

計略「漢鳴の凶鳴」は漢鳴系の投げ強化。
武力上昇値は漢鳴レベルに応じて+4/+6/+8/+10。
ただし、兵力が0.57c毎に3%減少していく。通常知力での総減少量は42%。
効果時間8.3c(Ver.3.5.0A)

登場バージョン

Ver.3.5.0A



UC蔡瑁(再建)

武将名さいぼう とくけい荊州水軍都督
蔡瑁 徳珪「ぬはは!鎧も着けられん小僧が
 水軍を自由に操れるものか!」

荊州の豪族。劉表の側近として仕え、姉の蔡氏と共に権力を握り、甥の劉を後継者とすべく、劉と彼を支持する劉備を迫害した。曹操が荊州に攻め込むと戦わずして降伏。水軍の扱いに秀でたため、魏では水軍都督に任じられたという。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力4 知力7 征圧力3
官職武官
特技防柵 漢鳴
将器防柵強化 士気上昇 守城術
計略漢鳴の再建【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
自軍の柵の強度が上がり、破壊されていた場合は復活する
必要士気5
Illustration : ともひとCharacter Voice : 小西克幸


何故か巨大化して登場した2枚目の蔡瑁。
同時に追加されたとは一枚絵となっており、裏書きのセリフも連動している。

スペックは1枚目と異なり文官型で、武力の低さを防柵と征圧力3で補う形(実際は武官なので一騎討ちは発生する)。
将器はいずれもサポート寄りで、メイン計略に合わせて使い分ける形となるだろう。

計略「漢鳴の再建」は文字通り漢鳴版の防柵再建。
自軍全ての防柵の強度が漢鳴レベルに応じて+30/+60/+90/+160(70で通常の柵、130で将器防柵強化の柵)される。
ちなみに160は柵強度の最大値。(Ver.3.5.0A)

単純な柵弓要員としては武力5にそこそこの計略を持ち合わせる黄祖に軍配が上がる。
そのため、彼を採用する場合は主力の高コスト弓兵や舞姫のサポートなど明確な役割を持たせたい。
当然柵が多いほど効果も上がるので、他に柵持ち武将を用意したり、城門防柵もしくは前線防柵の準備も必要となる。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


UC荀攸(反計)

武将名じゅんゆう こうたつ泰然たる軍師
荀攸 公達「僕を縛り付けたければ
 あと数手用意しておいてください」

荀彧の甥。何進死後の董卓の専横に憤慨し、鄭泰らと共に暗殺を計画するも、露見し捕らえられる。悲嘆のあまり獄死する者が出る中、死刑を宣告されても平然としていたという。のちに救出され、荀彧の紹介により曹操の軍師となった。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力3 知力8 征圧力1
官職文官
特技防柵 漢鳴
将器遠弓術 征圧力上昇 守城術
計略漢鳴の反計【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
【反計】(敵が計略を使用してきたときのみ使用可能。反計は反計できない)
敵の計略の発動を無効化する。さらに対象の敵の武力を下げる
必要士気3
Illustration : 紺藤ココンCharacter Voice : 内田雄馬


旧作以来久々の登場となった漢軍所属の荀攸。

防柵を持つとはいえ、1.5コスト弓兵では最低レベルの武力と征圧力。知力は8と高めだが活かす伏兵も無い。
将器は守城術が無難。武力の低さから他の2種は選択肢になりづらい。
とはいえ遠弓術・征圧力上昇ともに決して悪い選択肢ではなく、デッキ構成や立ち回りと相談することになる。

計略「漢鳴の反計」は漢鳴系の玄妙なる反計。
漢鳴レベルで変化するのは武力低下値のみで、長さは戦場全体の4割、太さはカード1.2枚分程度。
武力低下値は漢鳴レベル0で-1、漢鳴レベル1で‐2、漢鳴レベル2で-3、漢鳴レベル3で-5となる。

効果時間の目安(Ver.3.5.0A)

敵の知力12345678910
効果時間9.4c9.3c9.3c9.2c9c8.9c8.8c8.3c7.9c7.8c


基本的な運用方法は一般的な反計と同じで、相手の計略を無効化して士気差を作ること。
士気3で漢鳴レベルも上がるため、大抵の場合は発動出来ればアドバンテージを稼げる。
ただし試合終盤では士気は決定的な計略に回したいため、反計できない(あえて反計しない)場面もありうる。

効果自体は破格だが、漢鳴レベル上げとして見た時の難点は能動的に発動出来ない事。
さらに本人のスペックも悪く、反計できなければスペック分のディスアドバンテージが最後まで付きまとう。
士気管理が重要な漢鳴系デッキにおいてはなかなか扱いの難しい一枚。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


SR曹操(鳳凰)

武将名そうそう もうとく三志鼎立
曹操 孟徳「闇を切り裂き、鳳凰は飛ぶ。
 漢という枠を超え・・・・・・天下へと!」

魏の基礎を築いた英傑。黄巾の乱討伐の功で済南の統治を任されると、汚職や邪教を厳しく取り締まり、太守に任じられるが、病気を理由に辞退して隠遁。その間に知勇を磨き、やがて私財を投じて親族と共に挙兵。雄飛への一歩を刻んだ。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力9 征圧力1
官職武官
特技魅力
奇才将器英傑の勇躍征圧力と移動速度と最大兵力が上がる
計略鳳凰飛翔漢の味方の武力が上がり、味方の漢鳴レベルが下がる。この効果は下がった漢鳴レベルの合計値が高いほど大きい。一定以上武力が上がると、さらに攻城力が上がり、兵力が回復する
必要士気8
Illustration : 竜徹Character Voice : 杉田智和


若き日の曹操がコストもレアリティもパワーアップして再登場。

2コスト号令持ちとして高いバランスのスペックを持つ。
奇才将器「英傑の勇躍」は自身の征圧力+1、移動速度1.1倍、最大兵力+30%(Ver.3.5.1B)
自身にしか効果がないのでデッキとよく相談したい。

計略「鳳凰飛翔」は英傑号令。
範囲内の味方の漢鳴レベルを全て消費して、漢の味方の武力を上げる。
武力上昇値は基礎5+漢鳴合計値/2(端数切り捨て)
武力+8(6本消費)で兵力+50%、攻城力1.3倍が追加される。
効果時間10.4c、知力依存0.4c(Ver3.5.1B)

計略の性質上、周りのパーツを極力漢鳴持ちで固めたうえで2〜3回は漢鳴レベルを上げる必要がある。
一試合に一度しか最大効果を狙えないのは他の漢鳴系号令と共通するが、範囲に入った部隊の漢鳴レベルを全消費するのが最大のネック。
このため追加の漢鳴3計略でダメ押しすることはできず、必要士気も8と重いため攻め時はかなり限られてくる。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 武力上昇値増加 →5+漢鳴合計値/2(端数切り捨て)
       追加効果発生に必要な武力上昇値調整 →+8
       兵力回復量増加 →50%
Ver.3.5.1B 効果時間延長 9.6c→10.4c
       攻城力上昇値増加 1.2倍→1.3倍


SR孫堅(白虎)

武将名そんけん ぶんだい三志鼎立
孫堅 文台「闇に巣食う賊ども!
    虎の咆哮を聞けッ!!」

呉の基礎を築いた英傑。黄巾の乱や各地の反乱鎮圧で転戦しながら優秀な家臣団を形成し、頭角を現す。董卓が洛陽で実権を握ると、孫堅の武名を警戒し和睦の使者として李傕を遣わしたが、これを一喝。反董卓連合で随一の軍功を挙げた。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力4 征圧力2
官職武官
特技勇猛 魅力 刻印
将器攻撃力上昇 地の利 迅速攻城
計略白虎の咆哮武力と移動速度が上がる。この効果は戦場にいる味方の漢鳴レベルの合計値が高いほど大きい。一定以上武力が上がると、さらに突撃オーラが出るまでの時間が短縮される
必要士気5
Illustration : ジョージCharacter Voice : 子安武人


リメイク漢孫堅はまたしても騎兵。今回は変わった神速を持ってきた。

スペックは呉にいる息子・孫策(風雲児)と全く同じ。やっぱり親子である。
ただ、将器が役割も考慮するとかなりいまいち。速度上昇もなければ計略と好相性な突撃術もない。

計略「白虎の咆哮」は超絶強化。
武力が3+(漢鳴レベルの合計÷2)上がり、速度が1.3倍+(漢鳴レベルの合計×0.1倍)上がる。
更に武力上昇値が+5(漢鳴レベル合計4)以上だと突撃間隔が短縮される。
参照される漢鳴レベルは戦場にいる味方だけなので注意。
効果時間は7.9c(Ver.3.5.1B)。

追加効果のない漢鳴レベル合計3だと武力+4、速度1.6倍とほぼ神速戦法の劣化となるので、追加効果発動が最低条件と言えるレベル。

ポイントは特技漢鳴持ちを何枚入れるのか、どうやって漢鳴レベルを稼ぐのかの2点。
6枚デッキだと、漢鳴持ち4枚・孫堅・漢鳴レベル上げ要員(漢鳴計略or漢鳴レベルが上げる計略)という形にすれば計略1回で追加効果まで持っていける。
5枚・4枚デッキの場合、最低でも2回漢鳴レベルを上げる計略を使わないと基準には届かない。
これらを意識しつつデッキを作っていくことになる。

注意点は漢鳴レベルを上げた武将全員が戦場にいないといけない点。
撤退者が複数出る程度のピンチの時には火力も落ちてしまう。
また味方の漢鳴レベルを上げる効果がないので使う場面にも注意したい。
基本的に士気7以上使う漢鳴レベル3の号令は、この計略を使った時点で発動が難しくなるので要注意。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 効果時間延長 7.1c→7.9c
Ver.3.5.1B 移動速度上昇値増加 1.2倍→1.3倍


SR張任(不仕二君)

武将名ちょうじん鳳射の強弓
張任「天へと羽ばたくことは許さぬ。
   この一矢で地へと堕ちよ!」

劉璋に仕えた武将。寒門出身だったが、胆力と武勇で名を立てる。劉備が益州を攻めると籠城戦に追い込まれるも龐統を討つなど勇戦。再出撃した際に捕虜となり、劉備に幾度も降伏を説かれたが「老臣は二君に仕えず」と拒み、刑死を望んだ。
コスト2.5
兵種弓兵
能力武力8 知力7 征圧力3
官職武官
特技勇猛 攻城
将器兵力上昇 士気上昇 守城術
計略不仕二君(にくんにつかえず)武力と射程距離と走射中の矢ダメージが上がり、兵力が上限を超えて回復する。さらに特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がる。ただし効果終了時に兵力が減少する
必要士気5
Illustration : 獅子猿Character Voice : 三宅健太


劉璋配下の剛将が、まさかの2.5コストで再登場。張任名義ではシリーズ最高コストである。

盧植(威力偵察)に続く、実質二枚目の漢2.5コスト弓兵(正確には劉璋がいるが専用構築が必須)。
スペックは武力・知力こそコスト相応だが、高めの征圧力3に勇猛・攻城持ち。
ただ高い征圧力は弓兵かつ漢鳴デッキとは噛み合っているとは言い難く、総合的にはやや物足りないバランス。
将器は漢鳴デッキ自体との相性は悪くないが、高コスト弓兵に求めるものとしては微妙。
場合によっては外してしまう事も視野に入れる必要がある。

計略「不仕二君」は超絶強化。
武力+5に加え兵力が上限を超えて40%回復し、射程距離1.4倍・剛弓ダメージ+5が追加される。
さらに味方の漢鳴レベルを+1するが、効果終了時に兵力が30%減少してしまう。
効果時間8.3c、知力依存0.42c(Ver.3.5.0A)。

計略内容は剛弓+遠弓+決死計略といった感じで盛り沢山。
一方で盛るだけ盛った結果剛弓以外の効果は控えめで、この計略だけで号令を追い返すような事は難しい。
士気5と重めかつ遠弓計略であるため、相手の機先を制してラインを上げさせないことが重要となる。

一時的な兵力回復もあるため、兵力がミリでも強引に居座りプレッシャーをかけたり、城際では乱戦要員になることも可能。
効果終了時の兵力減少こそあるが、兵力回復との差し引きではわずかながらプラス収支となる。
勇猛・攻城もある為後半の攻城要員も任せられるなど、できること自体は少なくない。

欠点は朱儁関羽同様のコストや計略必要士気の重さ。
加えて朱儁や関羽と違い武力8止まりで、将器も攻撃的ではない点が重くのしかかる。
さらに2コス武力8弓に蘇飛張任自身がいる点も困りものであり、コストの重さが悪目立ちしている。
そして素武力・素征圧力・漢鳴溜め用の強化計略持ちというポジションが同コストの盧植とダダ被りなのが一番の問題。
しかもあちらは士気4長時間計略かつ防柵持ちと、漢鳴デッキに欲しい要素を上手く網羅しており、計略火力はこちらに分があるとはいえ、
漢軍、その中でも漢鳴デッキにおいては計略必要士気1の差は見た目よりも重い。

スペック不足とポジション被りが祟り、追加以降異彩ポイントは最大値を記録し続けてしまっている。
計略自体は弱くはなく、漢鳴に依存せず瞬間火力が出せる高武力弓は漢軍では貴重な存在なのだが、それを最大限に活かせるデッキが見当たらないのが現状。

登場バージョン

Ver.3.5.0A



R董貴人(加護)

武将名とうきじん月下の哀婦
董貴人「この子のように・・・・・・
  儚くても、強く生きるの・・・・・・」

董承の娘。献帝の側室で、臣下に実権を掌握された夫に寄り添い、長安から逃亡する際も付き従った。しかし父の曹操暗殺計画が露見すると、連座して罪に問われる。この時、献帝の子を身籠っていたが、曹操には許されず処刑された。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力3 知力4 征圧力1
官職-
特技魅力 漢鳴
将器知力上昇 長槍術 募兵
計略漢鳴の加護【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
最も武力の高い味方の兵力が徐々に回復し、武力ダメージを軽減する
必要士気4
Illustration : 藤也タカヲCharacter Voice : 赤千夏


2枚目となる董貴人。イラストは1枚目のリファイン。

登場時点で唯一となる、武力3かつ魅力持ちの漢軍1コスト槍。
将器は相手騎馬の牽制に向く長槍術、計略効果を高める知力上昇が候補。

計略「漢鳴の加護」は漢鳴系の投げ強化。
味方の兵力を0.83c毎に3%/4%/5%/6%回復し、武力ダメージを10%/?/40%/60%軽減する。
通常知力での総回復量は30%/40%/50%/60%。
効果時間8.8c(Ver.3.5.0A)

これまで漢鳴を主体にワラや6枚号令デッキを組む場合、武力と魅力のどちらかを犠牲にせざるを得ないケースが多かった。
そのどちらをも満たせるということもあり、スペック面だけで一定の需要を見込める一枚。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


C楊懐

武将名ようかい
楊懐「主様の命令だからね。
      覚悟してよ!」

劉璋に仕え、荊州との国境を守備した名将。劉璋が張魯征伐のために劉備を益州に招くと、書状を送って諫めた。やがて張松との内通が発覚した劉備の暗殺を謀るが、この企みは龐統に予見されており、返り討ちに遭った。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力3 征圧力2
官職武官
特技攻城
将器長槍術 復活減少 迅速攻城
計略猛勇の転進最も武力の高い味方を一瞬で城に戻し、武力が上がる。さらに特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がる
必要士気4
Illustration : かわすみCharacter Voice : 赤千夏


シリーズ初登場となる劉璋の配下。
マイナーどころではあるが、法正と主君を同じくするだけあって法正伝では出番がある。

2/3/2に特技攻城と、塗りと城攻めを両立できるスペック。低枚数デッキが相手なら端攻めに積極的に使っていけるだろう。
特技とシナジーがある将器は迅速攻城だが、他の二種も相性は悪くはないので好みで選択して構わない。

計略「猛勇の転進」は単体の転進計略。
範囲内の最高武力の味方を帰城させ、武力+4する。さらに味方の漢鳴レベルを上昇させる。勢力制限は無い。
効果時間は13.8c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1B)。

漢鳴レベルを上げつつ突出しすぎた主力を助ける用途の他、挑発や毒計略の無力化、
まとまって進軍中相手の端攻めを許してしまった時の対処などにも使える。
武力上昇効果は3.5.1Bの調整でかなり長くなっており、転進後しばらく兵力回復に時間をあてた後もある程度は強化状態で戦うことが可能となった。
むしろ自城際の防戦なら、下手な漢鳴0計略を使うよりも単純な単体強化としてこちらの方が優れている事もある。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1B 効果時間延長 9.6c→13.8c


C劉琦

武将名りゅうき荊州刺史
劉琦「鎧を着けられずとも、水軍を操り
   荊州を治めることはできます・・・・・・!」

劉表の長男。慈悲深く聡明だったが、蔡氏が実子を後継者とすべく讒言したため、父に疎まれた。蔡瑁らの妨害で父の死に目に会えなかったものの、長坂の戦いでは病弱な身を押して劉備の援軍に駆けつけ、のちに荊州の主として認められた。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力5 征圧力3
官職文官
特技漢鳴
将器兵力上昇 長槍術 地の利
計略漢鳴の奮激【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力と兵力が上がる
必要士気4
Illustration : ともひとCharacter Voice : 島信長


劉表の息子がシリーズ初登場。知名度は比較的高い人物だが、カード化には長いこと恵まれなかった。
イラストは同時に追加された蔡瑁と一枚絵になっている。

スペックは5/5に漢鳴のみと見るものはないが、唯一のセールスポイントは父譲りの征圧力3。
将器はどれもそれなりの相性なので好みで決めてしまってよい。計略を積極的に使うのであれば兵力上昇との相性は良好。

計略は汎用の「漢鳴の奮激」。
0:武力+3、兵力+40%
1:武力+4、兵力+50%
2:武力+6、兵力+80%
3:武力+10、兵力+100%以上
効果時間7.5c、知力依存0.4c

漢鳴0〜1の効果は頼りないが、槍が生き長らえる事に意味がある局面はあるので、使いどころがないわけではない。
漢鳴2以上になるとかなりの粘りを見せ、特に漢鳴3は残カウント1桁の最後の逆転防止に有効。
この手の計略を持つ武将としては珍しく文官なので、一騎打ちによる事故も起きない。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


C劉璋(満漢全席)

武将名りゅうしょう きぎょく漢寧の決別
劉璋 季玉「もぐもぐ・・・・・・張魯め〜、
 おまえなんか食べちゃうぞ〜!」

劉焉の末子。温柔な性格だったが、張魯が叛いて独立すると、見せしめに親族を処刑した。以降も張魯との対立は続き、さらに政治に疎かったため治安の悪化を招く。劉備軍が成都に迫ると、臣下に抗戦を訴えられるも、降伏勧告に従った。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力2 知力5 征圧力2
官職文官
特技魅力
将器兵力上昇 復活減少 士気上昇
計略満漢全席味方の兵力が上限を超えて回復し、移動速度が下がる
必要士気7
Illustration : nocrasCharacter Voice : 村川梨衣


1コスト歩兵となり再登場した劉璋。何故か食いしん坊キャラにされてしまっている。

2/5/2魅力と数値自体は悪くないが、歩兵として見るならやや物足りなさを感じるスペック。
将器は士気上昇が使いやすいが、出来る限り高いラインで計略を使いたいことを踏まえると兵力上昇もあり。

計略「満漢全席」は回復計略。
範囲内の味方の兵力が上限を超えて150%回復するが、移動速度が0.4倍になる。勢力制限は無い。
範囲は自分中心円で、戦場の真ん中に配置すると縦横ともに2/3が効果範囲になる程度の直径。
効果時間10c、知力依存1.25c(Ver.3.5.0A)

回復量こそ大きいが、速度減少値が高いうえに時間も長すぎるのが問題点。
この手の計略の基本パターンである「最大士気付近で回復→ラインを上げつつ士気をため追加の号令で圧倒」という攻め方が非常にやりにくい。
衝軍の法のようにラインを上げきった状態で計略を使えれば、デメリットはある程度軽減できる。
ただし必要士気が7と重く、非漢鳴号令の代表格である各種袁紹とのコンボが困難なのが難儀。

とはいえ、全部隊城に貼り付いた状態で全員の兵力が200%になる様は圧巻。
比較的消費士気の軽い魏諷や何進、各種田豊の計略や宝具、馬倫の士気バックなどと組み合わせて何とかゴールを目指したい。
士気5計略の中でも特にEX劉氏は武力上昇値が高く、毒ダメージも後から余裕で取り返せるため好相性と言えるだろう。
勢力制限はないので(将器同盟者が必須ではあるが)、混色デッキを検討するのも手。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


SR劉備(光竜)

武将名りゅうび げんとく三志鼎立
劉備 玄徳「オレたちが未来を切り開く!
   暗闇の世に、光を創るんだ!」

蜀の基礎を築いた英傑。父が早世したためむしろを売って暮らしつつも、公孫瓚や牽招らと交流し、盧植門下で学問を学んだ。黄巾の乱が起こると、関羽、張飛と義兄弟の契りを結び、義勇軍を結成。各地を転戦して多くの人々に慕われた。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力7 征圧力1
官職武官
特技魅力
将器兵力上昇 復活減少 攻城術
計略光竜の義勇漢の味方の武力が上がる。この効果は範囲内の味方の漢鳴レベルの合計値が高いほど大きい。一定以上武力が上がると、さらに兵力が回復する。
必要士気5
Illustration : タカヤマトシアキCharacter Voice : 中村悠一


2枚目となる漢軍所属の劉備は1枚目のリメイクイラストとして登場。

スペックは5/7/1に魅力と、号令持ちとしてはバランスよくまとまっている。
将器は後述の計略と相性の良い兵力上昇と攻城術、撤退しやすさをカバーする復活減少といずれも使いやすい。

計略「光竜の義勇」は範囲内の味方の漢鳴レベルを参照する号令。範囲は半径4.5マスほどの自分中心円。
武力上昇値は2+漢鳴レベルの合計/2(端数切捨て)。
漢鳴レベル合計が6以上(武力上昇値が4以上)の場合、さらに兵力が25%回復する。
効果時間8.3c、知力依存0.4c(Ver3.5.1A)

最大の特徴は漢鳴レベルを参照するが、変化はさせないこと。旧シリーズ経験者なら「血判状の決意」がイメージとしてはわかりやすいだろう。
既存の漢鳴計略は原則的に最大効果は一度しか使えなかったが、この計略は連続して使用することが出来る。

一方で単純に漢鳴レベルを溜めて使うなら、漢鳴計略を使用したほうが計略効果は高くなりがち。
特に漢鳴3まで貯めて使用するならば漢鳴号令のほうが手軽に強力。(デッキ構築上武力+10は不可能)。
せっかく漢鳴レベルを貯めてもパーツの漢鳴単体強化を打つと威力が下がってしまうため融通も利きにくい。
通常とは異なるデッキ構成や、連打出来る点を活かして利用していきたい。

漢鳴持ちの枚数、漢鳴レベルを溜める手段、試合展開に応じたゲームメイクまで選択肢は多岐にわたる。
それらの取捨選択をいかにこなすか、プレイヤーのセンスが問われる一枚。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 武力上昇値増加 1+総漢鳴レベル/2→2+総漢鳴レベル/2
       追加効果発動に必要な武力上昇値増加 →+4



EX(R)孫堅(海賊)

武将名そんけん ぶんだい変装の海賊
孫堅 文台「賊を討つなら、
  賊の恰好で近づくのが上策だ!」

孫策、孫権らの父。江東一帯の反乱を鎮圧したことで名を上げ、黄巾の乱では同郷の朱儁将軍の下で戦い、黄巾賊の指揮官を撃破するなど、軍功をあげていった。その姿は虎や熊に例えられるほど、堂々たる偉丈夫であったという。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力6 知力4 征圧力1
官職武官
特技勇猛 漢鳴
将器突撃術
計略海賊流威嚇術(パイレーツりゅういかくじゅつ)【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
敵の武力を下げ、その部隊数が多いほど、自身の武力と移動速度が上がる
必要士気5
Illustration : ジョージCharacter Voice : 子安武人


第二十回双子星チャレンジの報酬は、何故か自分が海賊風味になってしまった漢の孫堅。
Ver.3.5.1Aでは子安氏も参加している為台詞は新録。

スペック・兵種は通常排出の自身と同じ。
将器は漢孫堅待望の突撃術+速速速で固定。計略との相性も良い。

計略「海賊流威嚇術(パイレーツりゅういかくじゅつ」は漢鳴版強化妨害。
範囲内の相手の武力を(漢鳴レベル+1)下げる。
更に自身の武力が(漢鳴レベル+対象部隊数+1)・移動速度が1.05/1.15/1.25/1.3+対象部隊数×0.05倍される。
効果時間は9.2c、知力依存0.4c。なお、妨害自体の効果時間も自身に連動している(Ver.3.5.1A)。

登場バージョン

Ver.3.5.1A (第二十回双子星チャレンジイベント)


EX(R)夏侯惇(廻し受け)

武将名かこうとん げんじょう人食いオロチ
夏侯惇 元譲「矢でも連弩でも火炎放射器でも
        持ってこいやァ・・・・・・」

魏に仕える空手家。天才ではなく地道な鍛錬により大成した努力家で、己の肉体全てを武器とする空手の美学を貫き「武神」と称えられた。呂布とは幾度も戦った因縁の敵で、彼との二度目の戦闘中に負傷し、隻眼となった。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力8 知力5 征圧力2
官職武官
特技勇猛 刻印
将器長槍術
計略廻し受け【反計】(敵が計略を使用してきた時のみ使用可能。反計は反計できない)
敵の計略の発動を無効化する。さらに対象の敵に衝撃によるダメージを与える。ダメージは互いの武力で上下する
必要士気4
Illustration : ©板垣恵介(秋田書店)/バキッッ製作委員会Character Voice : 菅生隆之


「バキ」コラボの1枚。隻眼繋がりだからか、愚地独歩が夏侯惇として参戦。
夏侯惇が片目を失った原因は歴史上では呂布、作品中では範馬勇次郎であり、この辺りは無駄に再現度が高い
(ただし夏侯惇が失ったのは左目に対し、独歩は右目を失っている)。
なお、新シリーズでは初の漢軍夏侯惇である。旧作では夏侯淵とセットだった為、(TCG版を除けば)単独としては完全に初。

スペックは刻印持ちの例に漏れず、武力8でありながら知力5・征圧力2と隙がなく勇猛も備えている。
同じく刻印持ち武力8である文醜とは知力2と特技攻城をトレードオフしたような形。
将器は長槍術+兵兵兵で固定。

計略「廻し受け」は反計。
範囲は回転可能な前方長方形で反計可能距離はそれほど長くない。
反計した相手に衝撃によるダメージ(武力依存)を与える。確殺は武力4。
(Ver.3.5.1B)。

反計を持つ武将としては武力が高いので、前線で戦闘しながら敵主力計略をマークしやすく、相手に圧力をかけられるのが魅力。
その一方で2コスト武力8の槍兵が能動的に計略を撃てない、という小さからぬ欠点も抱えており、場面によってはお荷物になる可能性も孕んでいる。

足を引っ張らないスペックのためどのようなデッキにも採用の余地があるが、
競合相手に攻守に渡って扱いやすい文醜がいるということもあるので、上記の欠点も踏まえて検討したい。
その特性を活かせるデッキ作りが求められる1枚。

登場バージョン

Ver.3.5.1B (第三十九回大戦スタンプキャンペーン)


EX(R)孫堅(寸勁)

武将名そんけん ぶんだい海王
孫堅 文台「わたしは一向にかまわんッッ」

呉国建国の祖である拳法の達人。若い頃は猛獣に例えられるほど傲慢な言動が目立ったが、やがて態度を改め、武術界における高位の称号「海王」を受け継いだ。一方で誇り高さは変わらず、孫子の兵法を舐める者に容赦はしなかったという。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力6 知力6 征圧力2
官職武官
特技勇猛 刻印
将器突破術
計略寸勁最も近くにいる敵に衝撃によるダメージを与え、弾き飛ばす。ダメージは互いの武力で上下する
必要士気5
Illustration : ©板垣恵介(秋田書店)/バキッッ製作委員会Character Voice : 小山力也


「バキ」コラボの1枚。
登場人物の一人である烈海王が孫堅として登場。

スペックは刻印持ちの例に漏れず、武力6でありながら知力6・征圧力2、加えて勇猛を併せ持つハイスペック。
一方で将器は突破術+兵兵兵で固定。速度上昇のない槍に突破術はやや微妙なので覚醒させるかは他武将と相談になる。

計略「寸勁(すんけい)」は衝撃波動。
最も近くにいる敵に衝撃ダメージを与える。
更に原作でバキを数メートル吹っ飛ばした再現かそのまま弾き飛ばす。確殺武力は3。(Ver.3.5.1B)

ちなみに相手が重なっている場合、カードの角度を調整することで対象の調整が可能。
この計略は範囲が狭いので有効な場面は限られるが、下手に撃つと狙っていない敵に当たることもあるので要注意。

登場バージョン

Ver.3.5.1B (第三十九回大戦スタンプキャンペーン)


EX(SR)劉備(復活ッ)

武将名りゅうび げんとく少年王者
劉備 玄徳「呂布より少しだけ強けりゃいい。
         あとはいらない」

漢の地下闘技場の最年少王者。呂布から常軌を逸した鍛錬を受け、強靭な肉体を得た。初めは呂布に対する復讐心から戦いに身を投じたが、やがて圧倒的な実力を認め、地上最強の呂布を超えることを目標とするようになった。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力6 知力4 征圧力2
官職武官
特技勇猛 刻印
将器士気上昇
計略劉玄徳復活ッ!兵力が徐々に減少し、城に戻れなくなる。効果終了時に武力と知力と征圧力と移動速度が一定時間上がり、兵力が回復する
必要士気4
Illustration : ©板垣恵介(秋田書店)/バキッッ製作委員会Character Voice : 島信長


「バキ」コラボの1枚。
主人公・範馬刃牙ことバキが劉備として参戦。裏書はもはや完全にバキである。

スペックは1.5コスト武力6騎兵にして知力4・征圧力2を併せ持つ、刻印持ちらしいハイスペック。
そしてバキだからなのか魅力ではなく勇猛持ち。大戦史上初の勇猛持ち劉備である。
将器は士気上昇+兵兵兵で固定だが、騎兵との噛み合いがいまいちなのが残念。

計略「劉玄徳復活ッ!」は一風変わった強化。
使用した際に兵力が?秒ごとに?%低下する毒を受け、さらに帰城できなくなると使用時にメリットが一切ない
代わりにこの効果が切れると武力+7・知力+7・征圧力+1・移動速度2倍になり、兵力が30%回復する。
毒効果は5c、追加効果は10.8cの固定時間。
なお、知力依存が0.4cあるが、知力依存が適用されるのは毒効果のみ
そのため知力が上がった状態で使用すると、毒ダメージが増えるうえ追加効果発動までの時間も延びるので注意。
(Ver.3.5.1B)

三国志大戦では慣例として徐々に兵力が減る状態の事を総称して毒状態と呼ぶが、
原作でも刃牙は本当に毒を受けて瀕死になっており、そこからさらに別の毒を受けて最初の毒を裏返し、栄養補給としての用意した満漢全席とデザートの14kgの砂糖水を飲んだ直後の超回復がこの計略のモチーフとなっている。
計略名はその超回復を目の当たりにした烈が連呼した台詞より。
なお、計略台詞の「てめぇは踏み込んじゃならねぇ領域に踏み込んだ」は死刑囚編にて恋人が攫われた時に発しており、先述の毒からの復活とは何の関係もない。

登場バージョン

Ver.3.5.1B (第三十九回大戦スタンプキャンペーン)


EX(SR)呂布(鬼の闘争)

武将名りょふ ほうせん地上最強の生物
呂布 奉先「強くなりたくば喰らえ!!!」

超人的な武将。戦闘に対して徹底的に純粋であり、強者を蹂躙することを至上の喜びとする。劉備を最強の戦士とするべく過酷な試練を課した。後に劉備の前に再び立ちはだかり拳を交え、成長した劉備を認めて地上最強の称号を譲り渡した。
コスト3.0
兵種騎兵
能力武力10 知力6 征圧力3
官職武官
特技勇猛 刻印 刻印
将器攻撃力上昇
計略鬼の闘争(オーガのとうそう)武力と移動速度が上がり、槍の迎撃ダメージを受けなくなる。さらに最も武力の高い敵の方向に強制的に移動するようになり、敵を撃破するたびに武力が上がる
必要士気6
Illustration : ©板垣恵介(秋田書店)/バキッッ製作委員会Character Voice : 大塚明夫


「バキ」コラボの1枚。
バキの父親・範馬勇次郎が呂布として参戦。CVもアニメ版同様、大塚明夫氏。
劉備とは血縁も何もない呂布にしてしまったので、裏書が大いにおかしくなっているのはご愛敬。

呂布らしく武力10勇猛持ちだが、今回はまさかの知力6。おまけに征圧力3まで備える超破格の性能。
勿論なんの代償もなくこのような性能になるはずもなく、なんと刻印2個持ち
知力も高めの騎兵なので撤退頻度は低めだが、うっかり撤退すると40秒もの間戦場に戻れなくなる。
単純な運用だけでは刻印を二つも持たされておきながら光芒馬超や咆哮関羽より武力が1高いだけになりかねないので注意。
彼らは他勢力なので単純な比較はできないものの、やはり原作で本人が言ったように持ち味をイかす必要がある。
将器は攻撃力上昇・兵兵兵で固定。

計略「鬼の闘争(オーガのとうそう)」は超絶強化。
武力+12・移動速度?倍、槍の迎撃ダメージ無効、さらに敵を撃破するたびに武力が+4される。
ただし戦場に居る最も武力の高い敵部隊に向かって強制移動してしまう。
対象が居なくなると次に武力が高い武将に対象が移り、敵部隊が戦場からいなくなるとその場から動けなくなる。
効果時間9c(Ver.3.5.1B)。

高順(槍)の「偏狭なる疾走」の強化版といったところ。
武力22の神速騎兵が迎撃無効の状態で突っ込んでくるのはかなり強力。
強化計略による対抗が難しく、高知力もあいまってダメージ計略も決定打にはならない。
効果時間もそこそこ長く、正面から倒す事は非常に難しい、まさに「地上最強」の名に相応しい計略。
当然ながら、攻城エリアで動けなくなると攻城エリアで停止扱いされてシステム上そのまま攻城されてしまうので注意。
騎兵とはいえ、3コスト+高武力なので攻城ダメージも馬鹿にならない。

一方で常に最高武力の武将に向かっていくため、相手に動きを容易にコントロールされるのは難点。
相手に最高武力の武将を入城→反対側から出城を繰り返されるだけで、無駄に戦場を走り回ることになりかねない。
最悪の場合、そのまま一部隊も倒せないまま計略が終了してしまう事も起きうる。
良く言えば相手の最高武力を敵城に押し込めていることになるが、こちらも3コスト+士気6が犠牲になっており有利とは言い難い。
特にこちらの攻勢時には思ったような戦果を挙げるのは難しい。
また、軽減率の高い防護系の計略にもめっぽう弱く、特に勇護戦法や重騎兵戦法辺りはほぼ時間いっぱい釘付けにされるため天敵と言える。

武力衝突であれば最強だが、戦いを避けることで容易に対策される脆さも併せ持つ。
スペックの高さを活かして事前にリードを奪うなど、運用には明確な意図が必要となる。
相手が戦いを避けられない状況を作ってやることで、最強の称号にふさわしい活躍を見せるだろう。

登場バージョン

Ver.3.5.1B (第三十九回大戦スタンプキャンペーン)


Menu

最新の20件

2021-05-11 2021-05-10 2021-05-08 2021-05-07 2021-05-06

今日の20件

  • counter: 625
  • today: 3
  • yesterday: 6
  • online: 36