カードリスト:蜀 第2弾



C王甫

武将名おうほ こくざん
王甫 国山「いや〜、遅れてしまいました!
     ・・・・・・今、まいりますぞ」

劉璋に仕えたのち、劉備が益州を平定すると荊州に移り関羽を補佐した。政治手腕に長け、人物評価や議論を好んだ。忠義に篤い人物で、関羽が処刑されたことを知ると、櫓から飛び降りて関羽に殉じた。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力4 征圧力2
官職文官
特技復活
将器兵力上昇 速度上昇 攻城術
計略剛槍の伝授最も武力の高い味方の槍兵の武力と移動速度と槍撃ダメージが上がる。ただし自身は撤退する
必要士気4
Illustration : RARE ENGINECharacter Voice : 佐々木拓真


このゲームでは文官だが、最期は戦場で関羽の死を見て麦城に散った忠烈の士。

復活持ちの征圧力2はこのコスト帯では珍しい。
ワラワラデッキでそれなりのスペックの復活持ちを霍峻と二人採用できるようになったのも嬉しい。

「剛槍の伝授」はお馴染みの伝授計略。
武力+4、移動速度1.4倍、槍撃ダメージ+8、効果時間8.3c(知力依存0.6c)(Ver2.5.1C)。
他の伝授計略に比べて士気が1重い分様々な要素が入る。

移動速度が上がっているため槍撃自体は出しやすいので自身も槍撃ダメージアップ計略を持つ張苞は極めて優秀な相方。
「剛槍の伝授」と「剛槍戦法」のコンボは、武力自体は士気7で15にしかならないが
その槍撃は超絶武力の相手の兵力でも面白いようにゴリゴリ削る。

勘違いしがちだが槍撃は複数部隊同時にダメージを与えることは出来ない。
長槍との相性は当てやすさや逃げられにくさに関与し、殲滅力にはそれほど影響しないことには注意。

ややテクニカルだが火力に関して言えば単独で使ってもなかなかで、下手な超絶でもダメージが入る。
速度上昇がわずかながら付くので、剛槍戦法に士気+1、1コスト撤退のデメリットがつくだけの威力と使いやすさは十分ある。

槍撃に自信があるプレーヤーは張苞とのコンボでの火力はなかなか病みつきになるものがあるので
なかなかいぶし銀な存在感を放つカードである。

登場バージョン

Ver.1.1.0A

修正履歴

Ver.1.1.0C 武力上昇値増加 +2→+3
Ver.1.1.5A 槍撃ダメージ増加
Ver.1.2.0E 効果時間延長 6.8c→7.5c
Ver.2.0.0D 効果時間延長 7.5c→8.3c
       武力上昇値増加 +3→+4
Ver.2.5.1C 槍撃ダメージ増加 →+8

SR花鬘

武将名かまん無垢なる野花
花鬘「オマエ、強いか?
  カマン、もっと強いぞ!」

孟獲と祝融の娘で、親譲りの武勇に優れた女性であったという。諸葛亮の南蛮征伐で蜀軍の関索と出会い、一戦交えるも敗れる。後に関索が南蛮軍の捕虜となった時に再開し、心を通わせる。蜀が南蛮を平定すると二人は結婚した。
コスト1.5
兵種象兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職-
特技魅力 攻城
将器兵力上昇 士気上昇 速度上昇
計略蛮花の雷震武力が上がる。さらに以下のアクションが使用可能になる
【震撃】(象兵オーラ中にカードを回転させると発動する。発動後、一定時間後に再度震撃可能状態になる)
震撃を当てた敵に武力によるダメージを与え、移動速度を下げる
必要士気5
Illustration : 萩谷薫Character Voice : 堀江由衣


前作では1コストの象兵だったが、コストとスペックを一新して再登場した関索4人目の嫁。
第2弾までは蜀軍唯一の象兵という独自性を持っていた。第3弾では蜀に降った後の両親(とEXで2枚目の自分)が追加されている。

武力・知力は平均的だが特技に魅力と攻城をもち、さらに征圧力も2あるため、総合的には優秀な部類に入るといえるだろう。

蛮花の雷震は自身の武力+5に加えて、オーラ中にカード回転操作で自分中心円の武力ダメージと移動速度低下を与える計略。
速度低下率ははっきりとは不明だが、突撃中の騎馬オーラは消える。
移動速度低下時間は1.6c、効果時間は10c、知力依存0.8c(Ver.2.5.1C)

この「オーラ中」というのがなかなかに曲者で、敵を蹴散らしつつ敵中に飛び込んで震撃を放つ、といった使い方はできない。
また震撃を発生させる際に自身は停止し、少し間を置いてから衝撃波が発生するので空振りに注意したい。
範囲も半径カード約1.5枚分と心許ない。
敵を殲滅する運用よりは、高いラインで発動して震撃を連発し、相手のライン上げを阻害する運用が主になるだろう。
黄忠や沙摩柯などの高スペック弓兵と組み合わせれば、震撃の速度低下で足止めしながら射撃を一方的に当てられるため相性は抜群。

不具合(Ver.2.5.0C現在)

計略効果【震撃】を含む全ての計略において、効果範囲が敵城に触れている状態で震撃を発生させた際、まれに敵軍の城ゲージにダメージが入る。
2019年6月6日に発覚。城ゲージにダメージが入る、という文面だが、その量たるや100%
内部的には処理を超えオーバーフローしているのか、.NETの対戦履歴詳細では0.-01%と表示されている。
発生率はごく稀でありそうそう起こるものではないようだが、こんな状況が許されるはずもなく翌日2019年6月7日15:00をもって蜀SR祝融(火神降臨)・群雄SR祝融ともども
三国志大戦の歴史においては初代のR田豊以来、実に14年ぶりとなる使用停止処置がとられることとなった。

登場バージョン

Ver.1.1.0A

修正履歴

Ver.1.1.0C 震撃によるダメージ増加
Ver.1.1.5A 効果時間延長 →10c
Ver.1.1.5B 武力上昇値減少 +5→+4
       震撃による移動速度低下時間減少 →1.25c
Ver.2.1.0D 武力上昇値増加 +4→+5
Ver.2.5.1C 震撃による移動速度低下時間延長 1.25c→1.6c
       震撃による移動速度低下値増加

C呉懿

武将名ごい しえん堅実なる将
呉懿 子遠「手堅く、堅実に、勝利を掴む!」

はじめは劉璋の配下であったが、劉備の入蜀の際に捕らえられ降伏し、益州の調略を行った。後に妹が劉備の夫人となり、陽平関の都督に任じられた。劉備死後も北伐などで堅実に活躍し、危機に陥ることはなかったという。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力6 知力3 征圧力1
官職武官
特技攻城
将器兵力上昇 征圧力上昇 攻城術
計略堅実な援軍味方の兵力が回復する。この効果は味方の槍兵の数が多いほど大きい
必要士気4
Illustration : あなQCharacter Voice : 祐仙勇


諸葛亮の遺言で車騎将軍に命じられている、人材不足の中諸葛亮にも認められていた将軍。

激戦区のコスト1.5槍において、武力6と特技攻城を両立している。
しかも将器に攻城術を持っているので、1.5コスト槍の攻城能力は随一を誇る。
反面征圧力は同じ武力6の関平や雷銅に劣るので、攻城力と後述の計略を意識しての採用となる。

計略は槍兵の部隊数を参照する援軍。
回復量は大体戦場に出ている槍兵の部隊数×15%程度(Ver.1.1.0A)。
槍が1部隊で25%、2部隊で40%回復する。(Ver.2.1.0D)

号令デッキで邪魔にならないこのカードが援軍を持っているのはなかなか心強い。
劉備の大徳や虎威の報復は勿論、武神の大号令などの低枚数デッキでも槍を3本も揃えれば十分活躍は狙える。
だがあまりに回復量を求めて槍兵偏重の編成にしてしまうと、端攻めなどの対処が疎かになってしまうこともある。
騎兵を増やすか速度上昇がある騎兵を入れて対応するか、相談して槍の本数を決めたい。

登場バージョン

Ver.1.1.0A

修正履歴

Ver.2.0.1B 範囲拡大
Ver.2.1.0D 兵力回復量増加 槍1 20%/槍2 35%→槍1 25%/槍2 40%

R諸葛果

武将名しょかつか
諸葛果「天の怒り・・・・・・その身に受けたまえ」

蜀の大軍師・諸葛亮と発明家・黄月英の間に生まれた娘。頭脳派の両親ゆずりの知恵を持ちながら、戦を避けるため、寺院で過ごした。伝説では修行をつんで仙人になったとも言われている。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力6 知力9 征圧力2
官職-
特技伏兵 魅力
将器長槍術 士気上昇 地の利
計略天女の錯雷敵に雷によるダメージを与え、征圧力を下げる。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気7
Illustration : 歩鳥Character Voice : 水瀬いのり


有名な父の割にあまり取り上げられない諸葛亮の血縁者の一人。
スペックは明らかに両親の影響を受けている低武力高知力の計略要員。知力9の伏兵は心強いがやはりそれ以降は戦闘力の低さが気になるところ。

天女の錯雷は知力依存のダメージ計略。範囲内の敵に落雷を落とし、生き残った部隊の征圧力を下げるというもの。
通常の落雷と違い火計や水計と同様に範囲内の全ての敵にダメージを与える。
ダメージは低めで知力2確殺、知力6に50%程度と夏侯月姫の落雷と同等程度の威力。
知力13でも副将器兵力が2つ付いた知力3はギリギリで落ちない。
征圧低下値は‐2のようで、高い征圧力がある武将は一応塗れる模様。
妨害効果も知力依存があり、効果はかなり長めで知力7に15c、知力4に19c程度(Ver1.1.0D)。

特筆すべきはその効果範囲で、前方円範囲でその直径は戦場の半分ほどに達する。
特に制限のないダメージ計略としてはシリーズ最大級であり、並の号令相手であれば全部隊を巻き込むのも容易なほど。
とは言え火力は低く、中知力以上で固めたデッキであれば増援の法を撃つだけで万全の状態になってしまう。
士気も7と重く、漫然とこれを使っているだけで勝てるという計略ではないため使用するかどうかはよく考えよう。

征圧力低下効果は評価がかなり難しい。
こちらの自城際で撃っても相手はラインを上げる際に塗り切っているし、マウントで撃っても、守る側に征圧力低下は大した意味を成さない。
地味に効果時間が長く、意識して使えば内乱一回分の城ダメージを取れるので、使うならデッキ構築の段階で意識しておくと活かしやすい。
とは言えそう都合のいい時にばかり撃てるものでもないので、討ち漏らした時のおまけ程度に割り切って運用しても構わない。

最大の問題は、どんなデッキに彼女を仕込めばいいかである。
劉備の大徳に低武力槍を主力枠で並べるのは厳しく武神の大号令や父の八卦の軍略も低武力はなかなか活躍しにくい。
魅力持ちかつ女性武将であることを活かし、花麗なる号令デッキや戦処女の大号令デッキなどが考えられる。
知力低下計略を持つ他勢力のカードと組んだ混色デッキなども面白いかもしれない。

総じてデッキの居場所や使いどころなどが難しいカード。
威力は寂しいが士気7で知力2確殺なら呉の通常の火計と同等程度ではあるので
蜀で多数の部隊を巻き込めるダメージ計略持ちという独自性を活かしたい。

登場バージョン

Ver.1.1.0A

C諸葛均

武将名しょかつきん
諸葛均「わしは孔明ではないぞ。
    おぬしの目は節穴か?」

諸葛亮の弟。兄と共に荊州に移り住み、隆中の庵で暮らしていた。家の留守をしていたところに劉備たちが訪ねてきた時、はじめ兄と間違えられた。兄が三顧の礼を受けると、同じく劉備に仕え長水校尉にまで出世した。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力7 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器兵力上昇 遠弓術 同盟者
計略征戦の助け最も武力の高い味方の武力と征圧力が上がる
必要士気4
Illustration : 玄丞Character Voice : 佐藤拓也


兄二人が非常に優秀なのに一人だけ目立たない諸葛亮の弟。

スペックは最低武力の弓兵とかなり厳しく
蜀では元々このコストは槍が非常に粒揃いなので、弓が選ばれるケースはなかなかない。
伏兵もこのコスト帯で蜀は10枚も伏兵持ちがいるため目立つものではない。
主将器も兵力上昇, 遠弓術も活かせるとは言い難いので、後述の他勢力を考慮した時の同盟者で用いるくらいか。
なのでほぼほぼ計略に目を向けての採用となる。

計略の征戦の助けは投げ計略。
効果は武力+4、征圧力+2。効果時間約12.1c(Ver.1.2.0E)。

蜀の場合投げ計略は大抵自身撤退のデメリットを含む伝授計略が主なので
撤退しない投げ計略は使いやすい。
上昇値も士気4としては強化戦法に征圧戦法と合計士気6相当の効果もつくのでなかなかのものである。
また、効果時間も度重なる延長により少々長めとなっている。

まずコンボ相手として思いつくのは征圧力を参照する甘夫人の龍の怪力。
この計略とコンボして使えば武力は15に達し、それが征圧力3の騎兵として暴れられる。
だが士気8を払ってまでそればかり狙うというわけにもなかなかいかない。
現環境では武力上昇の高い号令も増えているので、それらを止めるのは武力15でも難しい。

単純に元々戦闘力の高い騎兵の計略を使えない時の裏の手には最適。
蜀の場合なら馬超は白銀の獅子の武力上昇は低めのため、槍が多くて白銀の獅子が使えない時は嬉しい選択肢。
騎兵で高い征圧力が持てる点も嬉しい効果である。
武力9に投げれば若き血の目覚めも使えるため、攻城要員とそれを守る車輪という使い方もできる。
勢力非限定なので他にも征圧力の高い魏の関羽や、効果時間の長い速度上昇が得られる趙娥あたりは
武力、征圧力共に高いシナジーを発揮できる。

撤退をしない投げ計略として安定感の高い効果はまだ全勢力見ても例が少ないので
勢力非限定ということもあり、ワントップ型の計略要員としては貴重な一枚。
武力上昇自体は平凡なので、征圧力上昇も含め場を荒らして内乱を取るデッキ向き。

登場バージョン

Ver.1.1.0A

修正履歴

Ver1.1.0D 効果時間延長
Ver1.1.5B 効果時間延長
Ver.1.2.0E 効果時間延長 10c→12.1c


LE諸葛亮(人形劇)

武将名しょかつりょう こうめい人形劇「三国志」
諸葛亮 孔明「殿・・・・・・ご決断を」

川本喜八郎 人形劇「三国志」
字の孔明でよく知られる天才軍師。若い頃から荊州で弟と共に晴耕雨読の生活をしていたが、劉備の「三顧の礼」に応え出盧。「天下三分の計」を実現し、劉備の死後も蜀のため一身を捧げた。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力2 知力10 征圧力3
官職文官
特技伏兵 魅力
将器兵力上昇 士気上昇 募兵
計略八卦の軍略味方部隊数に応じて効果が変わる
1隊:武力と移動速度と征圧力が上がる
2隊:武力と兵力が上がる
3隊以上:武力と移動速度が上がる
必要士気6
Illustration : 人形美術家 川本喜八郎・川本プロダクションCharacter Voice : 子安武人


30年以上前にNHKで放送されていた人形劇での三国志がレジェンド枠として登場。
三国に一人ずつ抜擢され、蜀は諸葛亮。

スペックは第一弾の諸葛亮と全く同じコンパチカードなので計略内容はそちらを参照。

一つ違う点は、このカードは将器の選択肢は3つと従来通りなのだが
引いた時点で副将器が3つ全て同じ事が確定している。
さすがにそれを選ぶことはできないのだが、まだ第一弾で将器が揃っているカードを引けていない場合
こちらを引けば確実に将器が揃うため、戦力の増強が見込める。

問題は元々前線に出ない諸葛亮の将器をわざわざ覚醒させるか、なのだが…

コンパチブル武将

Ver.1.0.0 SR諸葛亮(八卦の軍略)
Ver.1.2.0E EX(LE)諸葛亮(復刻武将)
Ver.2.2.0B LE諸葛亮(横山光輝)

登場バージョン

Ver.1.1.0A

UC孫乾

武将名そんけん こうゆう
孫乾 公祐「ほほ、危ない危ない。
  早く届けてしまいましょうぞ」

劉備が徐州刺史となった時からの腹心。劉備が曹操に反旗を翻した際は、袁紹の下へ同盟の使者として派遣されるなど外交官としての手腕を大いに発揮した。後に秉忠将軍まで昇進し、同じく縁の下の力持ちである簡雍と同等の待遇を受けた。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力2 知力8 征圧力1
官職文官
特技-
将器復活減少 征圧力上昇 同盟者
計略時限式大爆発【ため計略】(使用すると移動できなくなり、一定時間後に解除され計略が発動する。この計略は反計されない)
敵に炎によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する。ただし自身は撤退する
必要士気5
Illustration : 池田宗隆Character Voice : 櫻井慎二朗


流浪時代の劉備を、特に外交面で支えた古参の一人が実に「1」以来の復活参戦。
どうした事か竹管型のダイナマイトを片手に掲げ、竹管型の大型ダイナマイトを2本背負い、竹管型の腹マイトを身に着けた爆弾勇士に。
「ほほ、危ない危ない(爆発しそうで)。早く届けてしまいましょうぞ(自爆)」という
あまりにも個性的なキャラ付けだが、当然ながら史実にそんなエピソードはなく、計略に引っ張られまくった結果と思われる。
なお、念のために言及するがイラストの得物はすべて書物であり、決して火薬は詰め込まれていない……はず。

スペックは知力こそ高めだが無特技で征圧1の歩兵と、戦力としては期待しづらい。
後述の計略目的で採用することになるだろう。

計略「時限式大爆発」は蜀では珍しい火計の一種。ぶっちゃければため計略版「自爆」。
計略カテゴリーも読んで字のごとく「自爆 -EXPLODE-」。
約2cのため時間の後に発動、範囲は劉備の大徳並みを超える広さで、威力は知力2が確殺できる。(Ver.2.0.0D)
当然ながら、溜め中に範囲外に逃げられればダメージを与えられないまま士気5と1コストを捨てたも同然なので
必然的に相手が逃げられない状況or逃げられても困らない状況で使うことになる。
その効果範囲なのだが、中央に立てば互いの城門まで範囲に入る程馬鹿でかい円形である
安全領域が城の端っこしかない位の超範囲だが、そもそも武力2の歩兵を戦場のど真ん中に置いておく必要があるかは疑問。

代表的なのは自城防衛時で、相手が逃げれば攻城が中断されるため防衛という目的を果たす事が出来る。
他にはこちらの攻城中に使用して、攻城妨害をする敵部隊をけん制する場合などにも使える。
同等の待遇を受けた簡雍と共に使用し、攻城妨害をして爆破されるか、驚異的な城ダメージかの二択を迫るのも強力。

しかし実際はそこまで上手くいくことは稀。
溜め中に落とされる、知力上昇や増援でダメージを凌がれる、逃げられて自爆した後に追い撃ちを掛けられるなど
十分な結果を出せないこともしばしば。

決まりさえすれば士気比の威力・範囲は破格なので、プレッシャーは非常に高い。
ただ本人のスペックもスペックなので、基本的にはロマン計略と言って間違いないだろう。
公式も分かっているのか、上方修正で範囲がどんどん広くなる始末。いずれ範囲がはみ出る時もあるかもしれない…。

登場バージョン

Ver.1.1.0A

修正履歴

Ver.1.1.0C 範囲拡大
Ver.1.1.5A ダメージ増加
Ver.1.2.0C 範囲拡大
Ver.2.0.0D 範囲拡大

UC張嶷

武将名ちょうぎょく はくき
張嶷 伯岐「オレたちが蜀を導く道しるべだ!」

蜀の武将。若い頃から勇壮で、南蛮征伐や北伐で智勇を振るい、異民族の討伐に貢献。南蛮の統治を任せられると慈愛と信義をもって多くの部族を帰順させた。中央に召喚された際は、涙を流して別れを惜しまれるほど異民族に慕われていた。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力8 知力5 征圧力3
官職武官
特技攻城
将器攻撃力上昇 征圧力上昇 募兵
計略多勢奮激大車輪戦場にいる味方部隊数が多いほど、武力と兵力が上がる。さらに全方向に槍の無敵攻撃を行う
必要士気5
Illustration : lackCharacter Voice : 祐仙勇


ややマイナーだが五虎大将軍と肩を並べるコスト帯で登場した蜀の高コスト槍。

スペックはコストを考えれば大人しいが、特技の攻城と将器が非常に優秀。
まず特技の攻城は、壁の攻城でもゲージの15%を削るので、攻城力は関羽に引けを取らない。
征圧力上昇で関羽と並ぶ征圧力4を持つことができ、募兵は攻城が得意な彼に非常に相性がいい。
攻撃力上昇も単純な戦闘力が上がるので、全て有用なものが揃っている。

多勢憤激大車輪は自身単体の槍超絶強化。 武力上昇値は戦場に出ている味方の部隊数+2。
兵力回復は20+部隊数×5%。自身含めて4部隊戦場に出ていると、武力+6、兵力が4割回復する(Ver.2.1.0D)。
効果時間8.3c、知力依存0.8c。

自身が2.5コストのため最大でもデッキには6枚しか採用できないので武力の最高値は16となる。
この最大効果で悪鬼の大車輪以上の効果にはなるが、3部隊以下での使用は少し寂しい効果となる。
蜀の場合高コスト槍を入れる場合、武神の大号令や八卦の軍略など低枚数デッキが推奨されていた。
勿論それらのデッキで攻城力要員や征圧力要員として幅広い働きをするのもありだが
それらと組み合わせた場合計略の威力が下がるため、計略を生かす場合ワントップのデッキを組みたい。

5部隊以上いて使用すれば十分士気5計略として攻守共に高い効果を発揮できるので、彼以外の部隊は上手くサポートをしながら生存している状態を保ちたい。

彼の攻城をサポートしつつ後方での生存力の高い弓兵と非常に相性がいいので
蜀呉の連合同盟など弓兵が生きやすい計略ともシナジーが高い。

登場バージョン

Ver.1.1.0A

修正履歴

Ver.2.1.0C 兵力回復量増加 15+部隊数×5%→20+部隊数×5%
Ver.2.1.0D 武力上昇値増加 戦場の味方部隊数+1→戦場の味方部隊数+2

SR趙氏

武将名ちょうし
趙氏「天を駆ける、竜のごとく進む・・・・・・!」

蜀の名将・趙雲の娘で、趙統らの妹。成長してからは、関羽の息子である関平に嫁ぎ、息子を生む。樊城の戦いで関平が敗走すると、息子を守りながら江陵城を脱出。荊州から益州まで逃げ切ったという。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力3 征圧力2
官職-
特技魅力
将器攻撃力上昇 兵力上昇 突撃術
計略子龍の如く武力と移動速度が上がり、自身にかかっている、敵の計略効果を消す。さらに突撃オーラが出るまでの時間が短縮される
必要士気5
Illustration : 風間雷太Character Voice : 東山奈央


趙雲の娘で、関平の妻。
実は演義の架空の人物どころか地方の観光客向けの作り話の登場人物だったりする。実在どころか全てが怪しい。

スペックは武力・知力共に並以下。魅力持ちかつ騎兵では貴重な征圧力2である点が評価点か。
将器はかなり難しいところ。
長所を伸ばすなら突撃術だが、騎馬としては耐久力に不安があるので兵力上昇も悪くはない。
酷使させることが多いので攻撃力上昇も価値はある。どれを持たせても相応の活躍は出来ると見ていい。

計略「子龍の如く」は超絶強化。
武力が+5・移動速度が1.7倍になる。
更に突撃オーラが出るまでにかかる時間が短縮され、敵の計略効果を消す効果を持つ。
なお、色々積まれた結果効果が枠にはまり切らず、実戦の表示だと「自身を浄化する」とかなりざっくり書いてある。
効果時間は6.3c、知力依存0.4c(Ver.2.1.0D)。

相手が計略や奥義を発動しない限り、槍兵以外には最速の連凸ができる。
敵を逃がさない観点でいくと荒らし向きの計略であるが、妨害すっぽりされているところで反撃できるという意味では号令デッキにも合う。
突撃準備が短くなると言っても一瞬ではなく速度上昇もさほど大きくないので
相手の騎兵に同じ方向に追いかけられると突撃準備距離が足りずに失敗することもある。
本人の武力も計略を使っても10とさほど高くはないので、突撃の失敗はなかなかに痛いミスになる。
かなり忙しい操作とハンドスキルを必要とするカードになっている。

登場バージョン

Ver.1.1.0A

修正履歴

Ver.1.1.0C 武力上昇値増加 +4→+5
Ver.1.1.5A 効果時間短縮 7.5c→6.3c
Ver.1.2.0A 武力上昇値減少 +5→+4
Ver.2.1.0D 武力上昇値増加 +4→+5

UC張翼

武将名ちょうよく はくきょう
張翼 伯恭「我ら、蜀漢を守る砦とならん!」

前漢の天才軍師・張良の子孫。蜀に入った劉備に仕え、蜀の滅亡まで戦い抜いた。厳格な統治ゆえに南蛮が反乱を起こし、都から召喚された際は、後任の到着まで戦場を離れず鎮圧へと導いたことで、諸葛亮に評価された。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力3 征圧力2
官職武官
特技-
将器士気上昇 攻城術 守城術
計略縮地戦法武力が上がり、戦場に出現する。ただし城内でしか使用することができない
必要士気4
Illustration : lackCharacter Voice : 中村悠一


前作では槍兵で召喚計略もちだったが、今回は全く別の方向性で再登場した蜀末期の勇将。

蜀では数少ない2コスト武力8の騎兵。その上で征圧力も2ある為、騎馬としての性能は上々。
一方で知力は3と寂しく特技も無し。将器も役割に合っているとは言い難い。

計略「縮地戦法」は自身の武力+4に加えて、自陣と敵陣との丁度境目辺りに出現する縮地計略の一種。
自身が城内にいないと使用できず、武力の上昇時間は7.5c(Ver1.2.0E)。
自城前に反計持ちがいた時、反計されるかは要検証。
戦場の出現位置は、縦は戦場中央のラインまで、横はカードを置いているラインになる。

この計略を活かすのであれば、「戦場に出現する効果」を最大限利用する必要がある。でなければ強化戦法と変わらない。
最も分かりやすい使い方は、マウントを取り終わって帰城する相手の追撃。
号令デッキの場合ここで主力を落として時間差を作ることが後々効いてくるので追いつけるのは嬉しい。
他には復活直後のカウンターとして使用し、敵城到達までの時間短縮に使うくらいか。

とは言え、自陣と敵陣の境目に飛び出すと言う効果は意外と難儀。簡単に言えばあまり融通か利かない。
境目の位置は意外と自城から遠く、相手のマウントを阻止するには相応のタイムラグが出来てしまう。
張翼自体が2コストと言うのも割と痛く、実質高武力を城から引き離してしまう為意外と守りには使いづらい。

敵の足並みを乱せそうな面白い計略ではあるが、現時点では使いどころが難しい。
スペック自体は割と優秀な部類ではある為、スペック目当ての採用が主になるだろうか。
ただそうすると、蜀の2コスト騎馬には優秀な計略持ちが多いのが悩みになってくる。

登場バージョン

Ver.1.1.0A

修正履歴

Ver.1.2.0A 効果時間延長 6.7c→7.5c
Ver.1.2.0E 武力上昇値増加 +3→+4


C鄧芝

武将名とうし はくびょう蜀呉の架橋
鄧芝 伯苗「雲行きは怪しいけれど
  呉と仲直りしてみせますよ」

蜀の武将。劉備の死後には諸葛亮に進言し、自ら呉の孫権への使者となった。はじめ孫権に脅されるも毅然とした態度を示し、再び蜀呉同盟を結ばせた。孫権には深く気に入られ、たびたび手紙や贈り物が届けられるほどだったという。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力7 征圧力1
官職武官
特技防柵 魅力
将器知力上昇 長槍術 同盟者
計略蜀呉の連合号令蜀と呉の味方の武力が上がる。さらに蜀の槍兵は槍が長くなり、呉の弓兵は射程距離が伸びる。ただし対象に蜀と呉両方の部隊がいない場合、効果が下がる
必要士気5
Illustration : サクマミツロCharacter Voice : 水瀬いのり


外交官として有名だが趙雲の副将を務めたり戦でも要職を務め、軍の重鎮にもなったかなり優秀な文武両道の人物。

スペックは征圧力が寂しいものの2つの特技を持ちながら穴のないスペックをしている。
後述の計略は呉との混色を強制されるが、魅力槍が平均武力も持って柵を持っているというだけでもかなり魅力的。
単純に柵などを求めてスペック運用もできそうなレベルで優秀で、計略を度外視して居場所には困らなそうである。
さすが外交をまとめた人物だけあって同盟者を持っているのは、計略を考えれば嬉しい。

蜀呉の連合号令は、混色を推奨する珍しいタイプの号令。
武力上昇は+2、呉の弓兵の弓射程は1.5倍程度、蜀の槍兵の槍長さは1.85倍。
効果時間は知力7で20c(Ver.2.0.1B)。
知力上昇を覚醒させると22.5c(知力依存0.8c)まで延びる。
注意したいのが長槍と遠弓の効果を得られるのは「蜀の槍兵」と「呉の弓兵」であること。
蜀の弓兵や呉の槍兵では兵種アクション強化は得られない。

武力上昇がかなり控えめなので、長めの効果時間と兵種アクションの強化を生かしていきたい。
基本的には少ない槍兵で騎兵をけん制しつつ、弓兵を配置して端攻めに目を光らせつつ相手にラインを上げさせず
城にこもりがちになったところを征圧して内乱ダメージを取ったり、低いラインで計略を無駄打ちさせたりするのがよい。
武力上昇は低く相手に近づいてしまうと潰されてしまうので、号令だが積極的に攻城は取りに行けない。
基本的には征圧戦メインの戦術になるだろう。

肝になるのは射程の伸びる弓兵で、戦場中央にいればかなりの範囲をカバーできる。
端攻めの対処も容易になるので、号令では珍しく槍と弓だけでの運用も実用範囲。
征圧要員や機動力を気にして兵種アクションの恩恵のない騎兵を入れるかは好みになる。
勿論騎兵単など不利になる例外もあるが、少なめの槍に多めの弓というデッキ構成が基本ベターになる。

常にこの号令だけで勝てるような威力はないので、軽士気の計略や奥の手を組み合わせて
互いの勢力の手の届かないところを補うことが重要になる。

Ver.1.1.0Bで蜀に勢力非限定号令持ちのEX関索が登場。
鄧芝も魅力を持ち、花麗なる号令の参照対象となるので噛み合っている。
呉もEX孫権を筆頭に優秀な魅力持ち弓兵が多いのでデッキを組みやすい。
また関索が同盟持ちなので、効果時間を延ばす為に知力鄧芝を採用出来る点でも相性が良い。

他には、蜀から神速戦法などの騎兵の速度上昇計略や連環、挑発、車輪など対騎兵向け計略を採用し
呉から各種弓強化や火計、漢の意地や転身計略、あるいは防柵持ち武将を用いたデッキを作ることになるか。

バージョンが進むにつれて呉に同コストで同じ長時間号令というくくりで美姫の憧憬や殉国の志が出来てしまい、
呉はわざわざ混色にしてまで長時間号令デッキを組む意義が極めて薄くなるという問題が発生した。
射程が伸びる号令、という点は独自性があるので、それを上手く生かしたい。
その性質上、騎兵を入れる意義がより薄れたと言える。

登場バージョン

Ver.1.1.0A

修正履歴

Ver.1.1.0B 効果時間延長 15c→17.5c
Ver.1.1.0D 効果時間延長 17.5c→19.2c
Ver.2.0.1B 効果時間延長 19.2c→20c
Ver.2.1.0C 槍長さ延長 1.6倍→1.85倍

UC霍弋

武将名かくよく じょうせん
霍弋 紹先「平静を保てぬ者に
 私の守りを抜くことはできない」

諸葛亮に才能を高く評価された蜀の武将。成都が陥落して蜀が滅亡したことが分かると、三日間の喪に服し、蜀への忠誠心を示した。君主の劉禅が無事に投降した報告を待ち、魏に降伏。降伏後は、その才能を認められ列侯に封じられた。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力7 征圧力2
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 兵力上昇 征圧力上昇
計略縮地征圧戦法武力と征圧力が上がり、戦場に出現する。ただし城内でしか使用することができない
必要士気4
Illustration : さいのすけCharacter Voice : 安元洋貴


霍峻の息子であり、蜀漢末期の名将がようやく参戦。

スペックはバランス型。
コスト比としては足を引っ張らない武力7、計略/伏兵耐性が活きる知力7に加え征圧力も2と額面としてはなかなか。
問題は特技が一切無いということで、このコストの槍に欲しい攻城や復活などを持たないのが辛い。
将器は全体的に無難な物だが、後述の計略のことを考えると生存性が上がる兵力が最も適しているか。

計略は縮地系の一種。
武力が+3・征圧力が+2され、戦場に飛び出す事が出来る。
効果時間だが驚くなかれ。何と99c以上(実質永続)である(Ver.2.1.0D)。
出現する位置は、縦軸は半分より一マス分敵陣の位置。横軸は城内と同じ。
Ver.2.0.0Dの修正で武力が-1された代わりに効果時間が5倍になって全く別の計略と化した。
それでも採用率が振るわなかったのか、更にVer.2.1.0Dでかなり思い切った修正が施された。

計略さえ使えば2コストにして破格の10/7/4と言う凄まじいスペックが99cも続く点は圧巻。
とは言え、使用時に戦場に飛び出す効果があるが、それ以外は士気が1増えた劣化孫呉の戦である。
士気3で超長時間強化できる計略持ちが他国に存在することを考えると、なるべく2コストである点を活かしたい。
ただ槍兵である為生存性能が高くない事、一度使えば撤退するまで戦場に飛び出す使い方が出来なくなる点には注意。
こう考えると最早「縮地」と言う言葉に相反している。

彼の問題はスペックにパンチが無い事だろう。
単純な殴り合いならば武力8の夏侯覇や張苞に分があり、計略の爆発力ならば李厳に分があり、他は号令やダメ計が揃う。
しかも夏侯覇を除くと揃って特技持ちである為、武力7で特技が無い点が物凄く響く。

将器を覚醒させれば征圧力3に、計略使用後は5にする事が出来る事から、「征戦の号令」との組み合わせも考えられる。
ただ蜀武将は高征圧持ちが軒並み槍かつ、高コストに高征圧力持ちが存在する事から
兵種バランスも考慮してやはり選択肢から外されがち。

堅実で使いやすくはあるのだが、堅実過ぎて逆に埋もれがちになってしまっている悩ましい武将。

登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver.1.2.0D 効果時間延長 →10c
       制圧力上昇値増加 +1→+2
Ver.2.0.0D 効果時間延長 10c→50c
       武力上昇値減少 +4→+3
Ver.2.0.1B 出現位置調整 縦軸 中央→一マス敵陣に寄る
Ver.2.1.0D 効果時間延長 50c→99c

SR姜維(麒槍の共振)

武将名きょうい はくやく涼州一の逸材
姜維 伯約「苦難に陥ろうとも守ってみせる。
   蜀の未来を・・・・・・丞相の志を!」

はじめ魏に仕えて偵察を任されていたが、諸葛亮への内通を疑われて行き場を失い、蜀に降伏。その後は蜀の北伐に従軍した。その機才に惚れ込んだ諸葛亮に「涼州で最高の人物」と評され、晩年、諸葛亮の記した兵法書の全てを託されたという。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力8 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器攻撃力上昇 突撃術 士気上昇
計略麒槍の共振蜀の味方の武力が上がる。さらに槍兵の合計コストが高いほど武力が上がり、それ以外の兵種の合計コストが高いほど効果時間が延びる
必要士気7
Illustration : 黒葉.KCharacter Voice : 中村悠一


EXカードを経て、いよいよ通常排出での登場となった姜維。

スペックは陣法姜維と全く同じだが、姜維としては珍しく騎兵となっている。
号令持ちとしては嬉しい魅力持ち。
将器は攻めや自身の計略のフォローになるものが揃っている。

計略「麟槍の共振」は名前通り共振計略の一種で、こちらは槍軸の共振となっている。
武力上昇値は槍兵のコスト+1(端数切り上げ、上限+7)、効果時間は槍兵以外のコスト×2.5+1.5c(Ver.2.5.1B)
範囲は巨大な円形で、大徳を彷彿させる一級品。中央からサイド1.5枚分手前まで届く。
反計や浄化などの計略を盾にして密集する事ができない蜀軍にとっては、地味ながらありがたい。
また効果時間もコストに依存する為、計略自体の知力依存は皆無に近い。

武力上昇・効果時間はVer2.5.1B情報時点で、
槍兵5.5コスト…武力+7、効果時間7.7c。
槍兵4.5コスト…武力+6、効果時間10.2c。
槍兵3.5コスト…武力+5、効果時間12.7c。

槍兵のコスト011.522.533.544.55.5
武力上昇値+1+2+3+3+4+4+5+5+6+7
効果時間21.5c19c17.7c16.5c15.2c14c12.7c11.5c10.2c7.7c

二度の強化を受け、現在は(全員がけ前提とはいえ)英傑号令と比べ士気7相応、オンリーワンの性能を得ている。
だが、そもそも共振とは「全員が生きている内に爆発力で畳みかける」のがセオリー。
瞬発力に劣る麒槍は、まず既存の概念から大きく逸脱してしまっているのが難しい。
より強力な計略との衝突が避けられない場合、慧眼かハンドスキル、あるいは士気の追加が要求されるだろう。

別の問題もある。
蜀の主力とはいえ武力上昇値を機動力で劣る槍が担っている点は看過できず、足並みを揃えるのが難しい。
また、1.5コストが優秀な蜀において性質上1.5は槍兵に限定されてしまう点が構築を特に厳しくしている。
他にも計略の多様性や知力など、総合的に見てデッキが思った以上にピーキーになりがち。
それゆえか決まった形のデッキが長らく存在していなかった。

現環境では武将カードの増加に伴い、以前よりも様々な形のデッキが散見されている。

登場バージョン

Ver.1.1.0A

修正履歴

Ver.1.2.0C 範囲拡大
       効果時間延長
Ver.2.0.1B 効果時間延長 →全コスト帯+0.4c
Ver.2.1.0C 範囲拡大
Ver.2.5.1B 効果時間延長 基礎時間0.7c→1.5c

UC黄皓

武将名こうこう傾国の毒蛇
黄皓「おーっほっほっほ
 お金あげるから降参なさ〜い!」

蜀を滅亡に追い込んだ佞臣。劉禅に寵愛されていたこともあり、権力を掌握し専横を極めた。自分を憎んでいた将軍の姜維とは激しく対立し、北伐のさなか援軍要請を握りつぶすなど、徹底的に邪魔をした。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力2 知力2 征圧力2
官職文官
特技-
将器復活減少 地の利 同盟者
計略内通の密謀味方の武力が下がり、城に戻れなくなる。ただし効果終了時に対象の味方部隊数に応じて自軍の士気が上がる
必要士気4
Illustration : RARE ENGINECharacter Voice : 代永翼


蜀漢を滅亡に追い込んだ佞臣が、サンバ衣装の爬虫類顔と言うよく分からない姿で登場。
なお、さんぽけ版は男性ながらセクシーなタイツ姿を見せている。一見の価値あり(ない)。
しかも何故か3Dポリゴンは異常にゴツイ。某リザードマンと同じく顔の再現度はお察し。

スペックは2/2/2特技無し歩兵と、主君よりはマシだがとにかく低性能。
となると計略に注目したいところだが、これが恐ろしいまでのクセモノ。

計略は何と味方の武力を-1した上で自城に戻れなくしてしまう
但し効果時間である11c(Ver.2.0.0D)を凌いだ後に、対象となった部隊数×1の士気がバックされる。
効果範囲は中央に立てばほぼ全域を覆うほどの自身中心の特大円。
計略ムービーは味方兵士に向かって妨害計略の演出になる。

一応士気バックがある為出来る限り効果を活かしたいところだが、これ自体が士気4なので最低でも5部隊は範囲に入れたい。
が、自ら逃げ道を潰しにかかってしまう為部隊の生存がしづらくなってしまう。
更に効果を得ようとするとその分部隊の性能がどんどん下がり、余計に(自)部隊の消耗が激しくなる。
部隊を効果範囲外に送りたくてもそもそもの範囲がデカすぎて意図せずに範囲に入ってしまう…と言う事まである。
一応、勢力は不問なので他勢力と組んで転進計略を使えば城に戻ることはできる。

効果は面白いと言えば面白いのだが、システム上リターンに対するリスクがデカすぎる。
そう言う意味では超玄人向けと言える。

ちなみに知力依存は低く、元の知力も低いため何進号令など知力低下による時間短縮は期待できない。

登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver.1.2.0D 効果時間短縮 13.5c→12c
Ver.2.0.0D 効果時間短縮 12c→11c

R胡金定

武将名こきんてい
胡金定「置いてかれたって、
 また追いかけちゃうんだから」

関索の母で、関羽の妻とされる。関羽らが義兄弟の契りを結ぶ際、後顧の憂いを断つべく互いの家族を殺そうとしたが、張飛によって見逃された。その後、関索を産むも離れ離れになるが、長き年月の末に関索や関羽と再会したという。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力2 征圧力2
官職-
特技魅力
将器知力上昇 士気上昇 同盟者
計略桂花の旋律特技「魅力」を持つ最も武力の高い味方の武力が上がり、兵力が徐々に回復する
必要士気4
Illustration : オーミーCharacter Voice : 沢城みゆき


関索の母親が大戦初登場。

同コスト帯の伊籍と比較して知力-3の代わりに特技魅力を取得した形。
将器もサポート枠としては優秀で、相手に応じて覚醒の可否を選んでいく形になるか。

計略は特技魅力を持つ味方にのみ効果がある投げ計略。
武力+3に加え、兵力が徐々に回復する。回復量は約6割で、効果時間は約6C(Ver2.0.1B)。

速効性はない為、兵力をすり減らした部隊に投げるにはあまり向かない。
武力が上がるとは言え、回復効果を最大限に活かすのであればやはり高武力の武将に投げていきたいところ。
ただし決定力に欠けるため、開幕や最終盤の一押しに使うのがベターか。
漫然と使っていると士気差が生まれるだけなので、使ったからには内乱ダメージや敵撃破等の成果は出していきたい。

余談だが、魅力持ちにしか効果が無い都合上魏軍や漢軍の関羽は効果の対象に出来ない。
蜀軍の関羽にのみ投げられる辺りはやはり胡金定の逸話通りと言う事か。

登場バージョン

Ver.1.2.0A


C胡班

武将名こはん
胡班「この胸の義が示すままに
  どこまでもお供いたします!」

はじめ曹操配下の王植に仕える。劉備の元へ向かう途中の関羽が休む宿舎の焼き討ちを命じられるが、関羽の忠義を知ると自らを恥じ、暗殺計画を告白して逃走を助けた。後に荊州に移り、側近として関羽麾下に加わった。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力5 征圧力1
官職武官
特技防柵
将器知力上昇 征圧力上昇 守城術
計略義の助け最も武力の高い味方の武力と攻城力が上がる。この効果は対象の味方のコストが高いほど大きい
必要士気4
Illustration : 碧風羽Character Voice : 佐々木拓真


関羽千里行における出番がほぼ全てである架空の人物。
一応、関羽の側近となり張飛の補佐にも付けられる予定だった人物である為蜀所属。

バランス型のスペックに、蜀の騎馬では珍しい防柵を併せ持つ。征圧力1は致し方なしか。
将器は計略と好相性な知力上昇・低めの征圧力を補う征圧力上昇が揃う。

「義の助け」は味方のコストを参照する投げ計略。
勢力非限定、3コストの味方に使った時武力+6、効果時間は9c、知力将器付で約10c(Ver2.0.0D)

効果を活かすためにも高コストを仕込んでおきたい。
最有力はやはり関羽になるが、注目は攻城術を持っている高コスト、蜀では張飛が候補になるか。
投げ計略というのもあってかやや控えめな武力上昇なので、攻城力アップのほうも活かしたい、となると攻城術持ちは頼もしい戦力となるだろう。

Ver2.0.0Dのバージョンアップに伴い、効果時間延長、範囲拡大、武力上昇、攻城力上昇が決定した。一度に4つも上方修正される効果も稀であるが、ぜひ試しに使ってやりたい一枚に仕上がったと言えるだろう。

攻城力サンプル
Ver1.2.0A(胡班追加時)
蜀関羽副将器速城城、武力17の時の城壁深攻城ダメージ約16.3%(義の助け無し)
蜀関羽副将器速城城、武力19の時の城壁深攻城ダメージ約22.7%(義の助け2度掛け)
孫策(雄飛の時)の武力25の時の城門ダメージ30.24%(義の助け1度掛け)
Ver1.2.0C(攻城力上昇値増加修正有)
蜀関羽副将器速城城、武力14の時の城壁深攻城ダメージ約19.1%(義の助け1度掛け)
蜀関羽副将器速城城、武力19の時の城壁深攻城ダメージ約23.7%(義の助け2度掛け)
蜀関羽副将器速城城、武力24の時の城壁深攻城ダメージ約28.7%(義の助け3度掛け)
Ver2.0.0D(攻城力上昇値増加修正有)
蜀関羽副将器速城城、武力27の時の城壁深攻城ダメージ39.11%(義の助け3度掛け)

登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver1.2.0C 効果時間延長7.1c→7.9c
      攻城力上昇値増加
Ver2.0.0D 効果時間延長7.9c→9c
      範囲拡大
      武力上昇値増加 1/1.5/2/2.5/3コスト +?/+?/+?/+4/+5→+?/+?/+?/+?/+6
      攻城力上昇値増加

C呉班

武将名ごはん げんゆう
呉班 元雄「一発、派手に決めてやるぜ!」

呉懿の族弟で、侠客として知られていた。一族の女子である穆皇后を通じて劉備と縁戚となり、夷陵の戦いにも従軍した。諸葛亮の北伐に参加し、司馬懿率いる魏軍を撃退するなど武勇にも長け、諸葛亮亡き後も蜀を支え続けた。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力2 征圧力3
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇 突破術 募兵
計略縮地征圧戦法武力と征圧力が上がり、戦場に出現する。ただし城内でしか使用することができない
必要士気4
Illustration : ChatalawCharacter Voice : 代永翼


呉懿の族弟は、蜀の超絶激戦区である1.5コスト槍に武闘派征圧力3槍で参戦。

征圧力3と引き換えに、本人は武力5知力2と本当に最低限のスペックしか持たず単純な殴り合いは不利。
一応蜀の素征圧力3で1.5コスト槍は他に武力3の呂凱と武力2の諸葛亮(八卦, 脱獄)しか居ないので、武力と征圧力を両立できるため、十分に差別化はされている。
将器は攻撃力上昇が比較的優勢、計略の効果時間を活かすなら募兵も選択肢に。

計略は当初は「征圧戦法」だったが、Ver.2.5.0Cのエラッタで「縮地征圧戦法」に変更された。
武力が+3・征圧力が+2され、戦場に飛び出す事が出来る。効果時間は永続(Ver.2.5.0C)。
出現する位置は、縦軸は半分より一マス分敵陣の位置。横軸は城内と同じ。

登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver.2.0.0D 征圧力上昇値増加 +3→+4
Ver.2.1.0D 効果時間延長
Ver.2.5.0C 計略変更 征圧戦法→縮地征圧戦法

R蒋琬

武将名しょうえん こうえん社稷之器
蒋琬 公琰「一時の感情に流されず
  一心に務めを果たすのみ」

蜀の文官。優れた政治手腕を持ち、諸葛亮からは「国家を背負う大器」と評された。北伐の際は、成都に残り、政治と軍事を任された。諸葛亮の死後は後事を託され、職務に励みつつ魏征伐を計画するも、病によりこの世を去ってしまう。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力6 知力8 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器知力上昇 士気上昇 征圧力上昇
計略征戦の号令味方の武力が上がる。この効果は対象の味方の征圧力が高いほど大きい
必要士気5
Illustration : JUNNYCharacter Voice : 杉田智和


諸葛亮の後任を任された政治家が参戦。
フレーバーテキストの最後の文だけだと少し半端だが、元々持病があり政策を断念したことや、
それが悪化して死去したこと反映した結果、台詞が病弱を思わせるものになっている。
また、台詞の端々にあるように、私的な感情に流されることなく常に道理に基づく判断を下す人物であったという。

スペックは伏兵があるとは言え6/8と2コストとしてはかなり厳しい数値。
弓兵では活用しづらい征圧2だが、彼の場合は計略との兼ね合いもあるので悪い事ではない。
また、文官である為一騎討ちをうっかり起こして撤退…と言う事は無いのが嬉しい。
将器だが、計略との兼ね合いもあるので弓兵としては珍しく征圧力上昇が第一候補になる。他も魅力的ではある。

計略「征戦の号令」は範囲内の味方の征圧力に応じて武力上昇が変動する号令。範囲は自分中心の円形。
武力上昇値は征圧力+1であり上限は+8。効果時間は7.5c、知力将器で8.8c、知力依存0.4c(Ver.2.1.0D)。

征圧力2以下では使い物にならず、征圧力3でようやく士気相応、制約を考えると制圧4からが本番。
しかし将器を含めても征圧力4を持てるのはたった7人。蜀には二人しかいない。
そもそも高征圧力の武将は他のスペック(特に武力)が犠牲になっている事が多く、平時の素武力低迷も難儀。
ただ武力上昇値を得るために素武力を下げては本末転倒である為、
基本は征圧力上昇計略・将器とのコンボで効果を活かす事になる。

一応勢力指定はない為他の勢力との混成も考えられるが、
高征圧の他勢力武将は勢力限定号令持ちや号令との相性が悪い武将である事が多いのが悩み。
余程の事が無い限り、無理せず蜀単で組むのが無難だろう。
ただ前述の通り素で武力+5を得る方法は少ない点は留意すべし。

また、鮑三娘の計略の征圧力+2の部分を活かせばデッキ構築幅が広がる。
武力・征圧力・兵力回復の三点を上げるので号令のぶつかり合いでは意外と持ちこたえる。
但し士気9を払う対価があるかは、部隊の動かし方次第だろう。

Ver.2.0.0Aにて待望の征圧力(と知力)を上げる法具「征知の法」が実装。
法玉【解】も他の法具より多い3種装着可能で、候補として「征圧」玉もあるため、装着すると短時間ながら征圧力+4を得られる。
言うまでもなくこの計略とのコンボ相性は抜群なため、先回りして征圧3以上の武力上昇値も同時に下方されている。

登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver.1.2.0C 効果時間延長 6.7c→7.1c
       範囲拡大
Ver.1.2.0D 効果時間延長 7.1c→7.5c
Ver.2.0.0A 征圧力3以上時の武力上昇値減少
Ver.2.1.0D 範囲拡大

UC諸葛瞻

武将名しょかつせん しえん
諸葛瞻 思遠「貴方の方針では駄目なのです!
  わかってください、姜維殿!」

諸葛亮の息子。父の面影があり諸葛亮を知る人々から有望視された。姜維とは対立することもあったが、魏との戦が本格化すると綿竹へ出陣。父の木像を使って敵を混乱させ勝利するなど、命尽きるまで魏の兵と戦った。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力4 知力8 征圧力1
官職武官
特技伏兵
将器突撃術 士気上昇 守城術
計略早熟なる司令蜀の味方の武力が上がり、征圧力が下がる
必要士気5
Illustration : 紺藤ココンCharacter Voice : 河西健吾


諸葛亮の息子が今回は号令を持ってやってきた。

低めの武力に征圧力1とスペックは低めだが、兵種が騎兵である点と全体強化持ちという点を考えれば及第点。
高い知力と伏兵はマッチしており、序盤の守りに嬉しい。
将器は騎兵には嬉しい突撃術や腐らない士気上昇など、それなりのものは持っている。
だが計略の仕様上彼が征圧に奔走することも多くなるため、征圧上昇の将器を持たないのはかなり苦しい。
なお余談だがVer.2.1.0C現在、1.5コスト武力4以下の騎兵で将器込みでも自力で征圧2に出来ないのは彼のみである。

計略「早熟なる司令」は蜀の味方の武力を上げ、代わりに征圧力を下げるというもの。
武力が+5される代わりに征圧力が-2される。効果時間は9.2c、知力依存0.8c(Ver.2.5.1C)
範囲は自身に隣接する、自身を含まない回転可能な前方円。

真っ先に候補に挙がるのは、妻の劉安楽が持つ放漫なる号令とのコンボ。
征圧力が低いほど武力が上がる彼女の計略と組み合わせれば、最大で武力+11まで上げる事ができる。
コストも二人とも低コストのため、武力が高い高コストを採用する事ができるのも嬉しい。
ただし士気10を使う大型コンボという点と、何より本人は計略に含まれないため妻の計略分の武力+4止まりという点は注意。
また使用士気に対する武力上昇値は高いため、蜀単の他のデッキでもサブ号令持ちとして採用する選択肢も。
そもそも自分を含まないため自分だけで二度掛けというコンボが可能な点も見逃せない。ただし征圧力は絶望的な数値になるため要注意。

Ver.2.1.0Bまでは武力上昇値がデメリットなしの汎用計略である指揮と同じ+4であったため採用率は振るわなかった。だがVer.2.1.0Cにて武力上昇値が上がり、使用する意義が大きく増した。

登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver.1.2.0C 効果時間延長 9.2c→9.6c
Ver.2.0.0D 効果時間延長 9.6c→10.4c
Ver.2.1.0C 武力上昇値増加 +4→+5
       効果時間短縮 10.4c→8.8c
Ver.2.5.1C 効果時間延長 8.8c→9.2c
       範囲調整 自身から離れた円→自身に隣接する円

SR趙雲(子龍の勇槍)

武将名ちょううん しりゅう威風凛凛
趙雲 子龍「天下を目指す主のため、
    地を駆けるが我が戦!」

公孫瓚配下だったが、客将であった劉備が青州に派遣された際、随行した。兄の喪に服するため、一時帰郷したが、曹操に追われ袁紹を頼った劉備と冀州にて再会。関羽・張飛と離れ離れになり、拠点も持たない劉備に対して忠誠を誓った。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力9 知力7 征圧力2
官職武官
特技-
将器速度上昇 守城術 募兵
計略子龍の勇槍撤退していない味方と戦場にいる敵の部隊数に応じて効果が変わる
味≧敵:武力と移動速度が上がる
味<敵:武力と兵力が上がる
必要士気5
Illustration : まじCharacter Voice : 三宅健太


旧大戦も含めて初の武力9趙雲。

スペックは2.5コストとしては最高峰。文武において隙がない。征圧も2と及第点。
一方で高コストにも関わらず特技は一切ない。勇猛すら無いので不意の一騎討ちが怖い。
将器は守城術持ちとしては郝昭, SR郭淮と並んで最高コストタイとなっている。

計略は味方と敵の数に応じて効果が変わる単体強化。
味方については「撤退していない味方」の数を参照し、敵については「戦場にいる敵」の数を参照する。
うっかり城内の味方を計算から省いたり、城内にいる敵を計算に入れたりしないように。

計略効果はいずれも武力+6、効果時間8.8c、知力依存0.4cで
味方≧敵…速度1.7倍上昇
味方<敵…兵力45%程度回復
の効果が付与される。(Ver.2.1.0D)
士気5で+6は悪くないものの、付随効果も含めて士気相応と言えるだろう。

効果はどちらもなかなか優秀ではあるものの、能動的に使い分けるのが難しい事が欠点。
基本移動速度上昇はワラワラデッキ向き、兵力回復は低枚数高武力デッキ相手に有効なのだが
発動条件は全く逆であるのも痛い。
相手に消耗させられ、攻城のための兵力が欲しいとか
相手の小粒な部隊をどんどんなぎ倒すといった使用は、部隊の関係上あまり期待できない。

移動速度上昇はこちらのカウンター時に帰城する部隊を追撃したり、
逆に戦場中央付近で相手のカウンターを止めたりするのに有効。
兵力回復は城に張り付かれた際の守りで有効で、どちらも割と長い時間武力15になるので粘り強い。
逆に敵城に近づくほどこの計略は生きにくい。
こちらの味方の方が少ないような場面でマウントしても効果は薄いので、兵力回復に期待するのは得策でなく
速度上昇は攻城時には意味を成さなくなるので、基本的には自陣のディフェンス時の方が使いやすい計略。
生かすにはある程度は相手の動きをコントロールできる能力も必要になってくるだろう。

とは言え、融通が効かない上に決定打としては甘い計略、と言う点は2.5コストとしてはかなり痛い。
ただでさえ蜀の2.5コスト槍には攻城術を持つ張飛や、強烈な決定打を持つ姜維(麒麟児)が存在しているのである。
どうしても守城〜カウンター気味に使うと言う点も、攻めを重視する蜀の勢力とは噛み合っているとは言い難い。

決して弱いと言うわけではないのだが、趙雲らしく堅実…と言うよりは堅実過ぎて
逆に居場所を探す羽目になってしまっている点は否めない。

コンパチブル武将

Ver.2.2.0B LE趙雲(横山光輝)

登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver.2.0.0D 武力上昇値増加 +5→+6
Ver.2.1.0D 味≧敵の時 移動速度上昇値増加 1.6倍→1.7倍


C趙広

武将名ちょうこう
趙広「こいつがオレ流だーっ!!」

趙雲の次男。第二次北伐の前に趙雲が死没すると兄の趙統と共に諸葛亮にその訃報を伝えた。その後は牙門将軍となり、姜維の下で侵攻する魏軍に立ち向かい勇ましく戦ったが陣中に没した。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力3 知力3 征圧力1
官職武官
特技-
将器突撃術 速度上昇 守城術
計略守勢の神速行武力が上がる。劣勢の時は、さらに武力と移動速度が上がる
必要士気3
Illustration : 木志田コテツCharacter Voice : 佐々木拓真


趙雲の次男。正史・演義にこれといった活躍はないが、兄の趙統共々初登場。

スペックは武闘派騎兵。ちなみに蜀のコスト1騎兵で武力3以上かつ征圧力1以上なのは彼一人だったが士仁が追加され単独ではなくなる。
計略, 将器で差別化を考える必要がある。
将器だが、計略のパンチ力を上げる事を考えると突撃術を優先したいところ。

計略「守勢の神速行」は兄共々劣勢時に効果を発揮する強化。
基本は武力+2だが、征圧度が劣勢の場合は更に武力が+5(計+7)・移動速度が2倍になる。
効果時間は6.7c、知力依存0.8c(Ver.2.1.0D現在)

劣勢の時はかなりの威力を持つ。
もっとも1コストである為そこまで破格の火力を持っているわけではないので過信は禁物。
塗り直しも征圧力の関係で向かないため撃破・殲滅がメインになるか。思い切って内乱1発を甘受する事も考える事。
混色でも使いやすいのはプラス要素。

登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver.1.2.0C 劣勢時の武力上昇値増加 +4→+5
Ver.2.1.0D 劣勢時の武力上昇値増加 +5→+7
       移動速度上昇値増加 1.7倍→2倍

C趙統

武将名ちょうとう
趙統「父の眠りを妨げる者に
     容赦はしない・・・・・・!」

趙雲の長男。第二次北伐を前にして、父・趙雲が死没したことを涙ながらに劉禅へ伝えた。虎賁中郎に任命されると、弟の趙広と共に、父親が埋葬された錦屏山の守りに生涯を捧げた。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力3 征圧力2
官職武官
特技防柵
将器征圧力上昇 守城術 募兵
計略守勢の奮激武力が上がる。劣勢の時は、さらに武力と兵力が上がる
必要士気3
Illustration : tsoCharacter Voice : 江越彬紀


趙雲の長男。正史・演義にこれといった活躍はないが、弟の趙広共々初登場。

スペックはあまり高いとは言えない。
代わりに防柵に加え将器・守城術と、史実の彼らしい非常に守備的な性能を持つ。

計略「守勢の奮激」は若干特殊な奮激計略。
基本は武力+2だが、征圧度が劣勢だと更に武力が+4(合計+6)され、兵力が70%回復する。
効果時間は7.5c。(Ver.2.5.0A)
劣勢時の効果は士気3にしては破格であり、相手の攻勢中に使うと零距離戦法を超える効果を得られる。

防柵・守城術を持ち、更に士気3で後出しできる計略まである…という点から開幕落城デッキをある程度対策出来る1枚。
ライバルとなるであろう沙摩柯や孫尚香と比べると地味だが、堅実な働きができる。
武力上昇が足りず目覚め発動条件を満たさないのは残念だが、それ目当てで採用するものでもないだろう。

登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver.1.2.0C 劣勢時の武力上昇値増加 +5→+6
Ver.1.2.0E 劣勢時の武力上昇値増加 +6→+7
Ver.2.0.1B 効果時間延長 7.5c→9.2c
       劣勢時の兵力回復量増加 50%→70%
Ver.2.5.0A 効果時間短縮 9.2c→7.5c
       劣勢時の武力上昇値減少 +7→+6

UC費褘

武将名ひい ぶんい
費褘 文偉「ひい〜っ、待ってー!
  お、降りられないぃぃーっ!」

蜀の文官で、諸葛亮の良き相談相手。日々の膨大な政事をこなしつつ、博打事などして遊び呆けていた。後任の董允がこれを真似すると、すぐに仕事が遅滞してしまい、費褘の人並み外れた能力の高さに驚いたという。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力1 知力7 征圧力3
官職文官
特技防柵
将器長槍術 復活減少 速度上昇
計略治乱の布陣両軍の内乱ゲージが減少し、計略範囲内が自軍の征圧領域になる
必要士気4
Illustration : 山本章史Character Voice : 武蔵真之介


フレーバーの博打好きという設定から頭にサイコロを載せた蜀の文官。
ついでに台詞も自分の名前を絡めたネタになってしまっている。イラストの状況はこれを言わせるための物なのだろうか…。

伏兵堀りがしやすい知力と1コストにして征圧力3であることが特徴。
開幕の征圧ランクを簡単に底上げできること、低コストが持って輝く防柵があることからカタログスペックは低くはない。
Ver.1.2.0Dでは3人居るコスト1で征圧力3の1人。更に柵も持っているとなると費褘のみである。
ただ、その反動で武力は最低値の1である為、無闇な突出は厳禁。

計略は特殊で、内乱ゲージを2減少させる効果に効果範囲(自陣全体)を自軍のものにするというもの。カテゴリーは「征圧上昇」。
自陣全体とは、マップ中央ラインから手前の72マスの事を指し、これは開幕の征圧領域ラインは影響せず固定。
使えば自陣エリアをこちらの征圧エリアに塗り替えてくれる。
劣勢時に使えば、状況次第では逆に優勢状態まで持ち込むことも出来る。

勝敗に直結する城ダメージに関わる計略なので決して弱い計略ではないのだが、
上記の劣勢時は基本的に攻め込まれてる状態なため、下手に使ってもすぐに塗り直されてしまう。
また、基本的には内乱を止めれるだけであって、相手の攻城を止める・遅らせる計略ではない点も注意。
そのため漫然と打つのではなく、試合全体の流れをよく考えて使用する必要がある。
一番わかりやすい使い方としては試合終了間際、後一発で逆転負けする程度の城ダメ状態の際に内乱を抑える使い方だろう。

ライバルは同じコスト1で似た計略を持つ穆皇后だろう。
あちらは同じ必要士気4で同じく自軍全域を自軍征圧領域にした上で、城内含む範囲内の味方の兵力を50%近く回復させるもの。カウンターを狙う際は穆皇后の方が使い勝手は良い。
費褘と違い内乱ゲージは0にはできないが、半分は一気に塗れるので内乱ゲージの増加を止める事なら出来る。
更に穆皇后が武力2騎兵と、少なくとも費褘よりは戦力になるというのも逆風。征圧力も穆皇后が征圧力増加将器を発動させれば征圧力2騎兵となる為、塗る速度は早い。征圧力3と言えども、槍兵だと塗る速度はどうしても遅くなる。

計略は普段は意識せず緊急用と割り切り、コスト1で高知力と征圧力3と防柵を持ち込めるスペック要員。として活用するのが無難かもしれない。
使い手を選ぶ一枚である。

登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver.2.1.0D 内乱ゲージ低下量減少 ゲージ0まで減少→-2
Ver.2.5.0A 内乱ゲージ低下量減少 -2→

R穆皇后

武将名ぼくこうごう
穆皇后「みんな元気出してっ、
   がんばれがんばれーっ!」

呉懿の妹。人相家が「高貴な身分に昇る」と評すると、劉焉は彼女を息子の妻に迎える。夫の劉瑁は早世したため若くして未亡人となるが、劉備が蜀を手に入れた時に見初められて再婚。その後、皇后となる。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力2 征圧力1
官職-
特技魅力
将器突撃術 復活減少 征圧力上昇
計略援護の布陣蜀の味方の兵力が回復し、計略範囲内が自軍の征圧領域になる
必要士気4
Illustration : 碧風羽Character Voice : 種敦美


毎度独特な回復系要素を携えて来る彼女が、今作ではボクっ子として参陣。

計略は一瞬にして計略範囲を自軍制圧領域にし、範囲内の蜀の味方の兵力を60%回復するもの。
知力による変動値は不明。

その真価は自陣全域という超ド級の計略範囲だ。
自身が何処に居ようと味方を悠々射程に収められ、かつ戦場半分を塗り潰す光景は壮観。
なんと自城内の味方も回復するため、ローテーション防衛も非常に滑らかになり安定する。
また、それが見えづらい敵の誤算を狙えるのは彼女ならではの独自性だ。
特に今作は攻城力が高い武将が各勢力に点在するため、おまもりとして起用する価値は十分ある。
敵陣の味方は回復できない事から、回復の基本にして花形たる攻めの継続とは基本噛み合わない。
総じて「守勢の援軍」と称して差し支えないだろう。

最大の狙いは高速カウンター、これに尽きる。
回復と塗り直しの手間が減る一挙両得のこの瞬間こそ、彼女の計略の華に違いない。
その一助となり相手の法具などを引き出せれば、士気4としてはまさに破格の成果と言えよう。

不安の残るスペックが気にかかるが、1コストで回復要員が賄えると思えばそこまで悪い話では無い。
蜀軍の優秀な高コスト武将、号令の足並み、苦手な守備を支える新たなサポーターとしての活躍が期待される。

登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver.1.2.0C 兵力回復量増加 40%→50%
Ver.2.0.1B 兵力回復量増加 50%→60%

C楊儀

武将名ようぎ いこう
楊儀 威公「私が上! キサマは下ッ!!」

はじめ荊州刺史の主簿として仕え、後に関羽配下になる。一度、上司と喧嘩をして左遷されるも、諸葛亮によって再び採り立てられた。諸葛亮も認める才能の持ち主だが、狭量な人物で、誇り高い魏延とは諍いが絶えなかった。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力8 征圧力0
官職文官
特技伏兵
将器知力上昇 征圧力上昇 同盟者
計略非情なる謀略自身を除いた戦場にいる最も武力の低い味方一人が撤退し、最も武力の高い敵の武力を下げる。ただし戦場に味方がいなかった場合、効果が下がる
必要士気4
Illustration : 池田宗隆Character Voice : 武蔵真之介


中国人よりもむしろフランス人のような外見で参戦した、魏延のライバル。

2/8伏兵持ちの騎兵と1コストとしてかなりの高性能。更に知力上昇将器を発動させれば知力11相当の伏兵にもなる。
その代償として征圧力は0。幸い、将器に征圧力上昇が付いている為補強は可能だが、総征圧の取り合いに注意。

計略は自分以外の最低武力の味方が撤退する代わりに、範囲内の最高武力の敵の武力を-9するもの。
誰も切らなかった場合は武力-2(Ver.1.2.0E)
反逆の狼煙の妨害版と言えば分かりやすいか。
反逆の狼煙と違い、撤退対象は「最も武力の低い味方」と指定されているので、高コスト・高武力が犠牲になってしまい逆に窮地になるといったギャンブル性はない。
但し最低武力判定は自身は対象外である為、戦場に自身しかいない場合は斬る相手がいないと判断されて無条件で-2になる。

但し、武力2にして自分以外の味方を斬ってしまうのは結構な悩みどころ。
反逆の狼煙と違い、計略使用時に残ってしまうのは低武力の自分。守城時に使うにはかなりリスキーである。
またいくら武力-9とは言え単体妨害の為に(窮余の策として)高武力を斬るのは割に合わず、枚数少な目のデッキにも採用しづらい。
その為、斬る味方を増やしやすいワラワラデッキで扱うのが無難。色々な意味で魏延とは対照的なカードである。

デメリットや士気効率の点において使用感が悪かった本カードだが、Ver.2.0.0Dにおいて超大幅強化。
何と効果基礎時間が14.6Cも延長。
これにより知力将器無しでも知力1に24C、知力10にすら19c続く事になり、1TOP型のデッキ等に対して強烈なメタとして機能する様になった。
なお、通常撤退時にかかる時間は30秒→12.5cの為、正に「死んだ方がマシ」と言うレベルである。

余談だがライバルの魏延と組んだ場合、計略特性的に彼が魏延を斬ることは少なく、むしろ魏延に斬られやすい仕様となっている。

登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver.1.2.0C 味方を撤退させた際の武力低下値増加 -7→-8
Ver.1.2.0E 味方を撤退させた時の武力低下値増加 -8→-9
Ver.2.0.0D 効果時間延長(基礎時間15C弱)


UC劉安楽

武将名りゅうあんらく諸葛夫人
劉安楽「楽しいことが
 いっぱい待ってるといいな〜」

蜀漢の第二代皇帝・劉禅の娘。劉備、そして張飛の孫ともいえる人物。諸葛亮が五丈原の戦いで死んだ後に武郷侯の爵位を継いだ17歳の諸葛瞻と結婚する。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力2 征圧力1
官職-
特技防柵 魅力
将器兵力上昇 遠弓術 守城術
計略放漫なる号令蜀の味方の武力が上がる。この効果は対象の味方の征圧力が低いほど大きい
必要士気5
Illustration : 叶之明Character Voice : 花澤香菜


劉禅の娘が、夫である諸葛瞻と同時参戦。
どこか抜けた発言が目立つが、まあ父親があの劉禅である為仕方ない…のか?

やはり血筋なのか、スペックは2/2/1と取り立てて秀でた物はない。
その代わり防柵・魅力の2特技を持ち、将器も守城術持ちと小粒で役に立つ要素を持つ。
将器の優先度は低いが、守城術ならばデッキ次第では覚醒の候補に挙がる。
なお、1コスト・弓・防柵・守城術をすべて満たせる蜀武将はVer.2.0.0A現在でも彼女しかいない。

計略は夫(諸葛瞻)の計略を意識してか征圧力の低さに応じて武力が強化される号令。
征圧力0で最大値の+6。征圧力1で+4。征圧力2で+3、征圧力3で+2。
効果時間は7.9c、知力依存0.4c(Ver.2.1.0D)。

征圧力0の武将を対象にすれば士気5で武力+6とハイスペック号令になるが、
蜀には素で征圧力0の武将が(Ver.2.5.1B時点では)コスト1に5人(内1人コンパチな為実質4人)とコスト1.5に3人と、高コスト帯で用意する事は出来ない。
王平がエラッタで征圧力0の武闘派スペックに変更され、1.5コスト武力7で征圧力0の傅僉が追加されたのは追い風。
次点の征圧力1も低コスト帯に集中しており、コスト2に9人、コスト2.5以上に至っては0人。
当カードが実装された当時に比較すれば選択肢は十分に広がったが、
前述の夫の計略による征圧力低下を活かしたコンボが主なコンセプトとなる。
士気10使うが素征圧力2以下の武将は合計で(夫以外が)武力+11と桃園や天啓に匹敵する爆発力を撤退リスク無しに得られる。

…しかし、夫よりも相性が良いものとして魏の悲哀や飛天のような能動的に味方の征圧力を下げる舞い計略がある。
特に飛天は常時征圧力-2で大半の武将が征圧力0になるので、士気5で速度2倍の武力+6という神速号令も驚きの効果が実現する。
そういう点では混色向きなのだが、対象が蜀限定なので飛天や悲哀と組む場合は、舞姫や魏部隊の武力を上げられない。
舞姫1人だけ入れる事で最小限には抑えれるが、これだけの為に混色・単色それぞれのメリットを捨てているようなものなので、
そういう点では混色向きではない難しい立ち位置にある。

また、効果を最大限に発揮する為に征圧力を低くする為、内乱はまず狙えない。
上記の舞い計略持ちと組んだり、征圧力が低い武将と組む場合は、自分側の内乱を抑えることすら困難になるので、
他のデッキよりも積極的に攻城を取りに行く必要がある。

扱いこそ難しいが、珍しいコスト1号令持ちの為、今後の追加武将次第ではコスト1の中で有力候補になり得る可能性はある。

登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver.1.2.0C 効果時間延長(知力依存度減少) 6.7c(0.8c)→7.5c(0.4c)
Ver.2.1.0D 効果時間延長 7.5c→7.9c

R呂凱

武将名りょがい きへい
呂凱 季平「こんなこともあろうかと・・・・・・
 じゃん!地図を用意してたんだ!」

蜀に仕えた文官。孟獲・雍闓が南蛮で反乱を起こすと、征伐にやって来た諸葛亮に「平蛮指掌図」を献上し、道案内した。道中、筏が沈んでしまう川に竹の橋を作ったり、藤甲兵の弱点を見破るなど、南蛮征伐に大いに貢献した。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力3 知力7 征圧力3
官職文官
特技攻城
将器知力上昇 長槍術 募兵
計略平蛮指掌図撤退中の最も武力の高い味方が復活し、武力と知力と征圧力が上がる。さらに撤退した場所に出現する
必要士気6
Illustration : 匡吉Character Voice : しもがまちあき


「平蛮指掌図」の逸話で有名な文官は、何故かショタ化して参戦。

スペックは武力が3とかなり厳しく、これを補う為か征圧は3。
特技・攻城持ちだがただでさえ30人以上、槍に絞っても15人もいる蜀の1.5コストにおいてスペックで採用する事は不可能。
実質、計略目当ての採用となる。

逸話通りの「平蛮指掌図」は一番武力が高い味方を復活させ、武力+7・知力+4・征圧力+2までオマケに付ける豪快な計略。
追加効果の効果時間は9.6c、知力将器で10.8c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1C)
「撤退した場所に復活する」とあるが、敵陣で撤退していた場合は同じ縦軸の自陣ギリギリで復活する。

復活計略にしては武力が+7と大きく増加する上に、復活した直後にダメ計で落とされる心配も知力上昇のおかげで殆ど無い。
征圧力も攻めきれずに撤退した場合は役に立つだろう。
また、撤退してる武将の中で最も武力の高い味方を狙い撃ちで復活させる為、低武力を復活させてしまうといった事故がない。
復活させる武将によっては敢えて撤退してこの計略で復活させる事で武力+7そのほか諸々の恩恵を受けた隙の無いスペックにさせる事も出来る。

問題は、必要士気6と英傑号令に匹敵する消費である事。
復活させた後に相手に英傑号令を使われてすり潰されても士気差は生じず、不利な展開となる。
また、どうしても(実際は)復活位置が制限されてしまう都合上咄嗟の攻めや守りには意外と使いづらいのも難儀。

彼を採用する場合、ワントップ型等の尖ったデッキでバランス型と差をつけないと○○号令で良いとなってしまう。
士気6と本人のスペックの低さと言う問題点はなかなか解決できるものではない為、その点も上手く考慮してゲームメイクできる人向けだろう。

登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver.2.1.0D 効果時間延長 8.8c→9.6c
Ver.2.5.1C 武力上昇値増加 +6→+7

EX関索(花麗)

武将名かんさく花の貴公師
関索「見惚れてると、痛い目見るよ?」

関羽と胡金定の子。父親譲りの力持ちで、父の残した甲冑と花帽を着け戦いに身を投じた。その美しさと知勇兼備な振る舞いから、鮑三娘をはじめ、王桃と王悦そして花鬘など、多くの女性を虜にして妻に迎えている。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力7 征圧力1
官職武官
特技魅力
将器同盟者
計略花麗なる号令味方の武力が上がる。この効果は特技「魅力」を持つ味方部隊数が多いほど大きい
必要士気6
Illustration : 唐々煙Character Voice : 佐藤拓也


2枚目の関索は騎兵として登場。

征圧力は低いがスペックは戦闘向きで安定感がある。
将器は各勢力から魅力持ちを集めんとするための同盟者で固定。副効果も速速速で固定なので騎兵である自身との相性は抜群。

花麗なる号令は特技を参照する号令。
上昇値は範囲内の『魅力』を持つ部隊数+1。効果時間は7.5c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1B)。

5部隊魅力持ちがいれば武力+6とかなり費用対効果のいい号令なのだが、やや効果時間が短い。
魅力持ちが4部隊で使うと若干効果時間の短い劉備の大徳になってしまい、3部隊以下は士気に見合わないため
わざわざ魅力持ち限定という縛り制約をデッキに課すのであれば5枚以上魅力持ちを採用して使うことが基本になる。
そのため4枚デッキ以上にはなりにくい父の武神の大号令とは相性が悪い。

Ver.2.5.1B時点で「関索」名義のカードを除いても
753枚中289枚が魅力持ち(コンパチ含む)だが、その約3分の2が1.5コスト以下。
また平常時の戦闘力を確保するために武力8以上を採用しようとすると、勢力限定号令を持つカードが目立ち、
2コストに至っては2人しかおらず、一気に選択肢が狭まる点に注意。

このカードの主な使われ方はVer.1.2.0C頃から台頭しているのが、孫尚香(恥辱)とのコンボである花麗恥辱デッキ。
蜀単で魅力持ちを集め、6部隊花麗+法具からの恥辱によるフルコン時の爆発力が特長。
それに加えて孫尚香の将器攻城術による強引な城門攻めで一気に敵城を陥落させることが可能。
関索と孫尚香以外の素武力がどうしても落ちるので落城に失敗すると逆に落城させられるリスクも高いが、単勢力で容易に組める事からトレンドとなっている。

他にも鄧芝と組んで呉の優秀な弓を採用するデッキもチラホラ見かけるので、関索を使いたい時はこれらのデッキを参考にするといいかもしれない。

登場バージョン

Ver.1.1.0B (第一回大戦スタンプキャンペーン)
Ver.1.1.5A (龍玉商店)

修正履歴

Ver.1.1.5A 効果時間延長 6.7c→7.1c
Ver.2.5.1B 効果時間延長 7.1c→7.5c

EX敬哀皇后

武将名けいあいこうごう
敬哀皇后「んもう、暴れん坊さんね〜。
  一緒に一休みしましょうか」

張飛と夏侯月姫の娘。劉備が皇帝に即位すると、諸葛亮の薦めで、皇太子・劉禅の妃として宮中に入り、劉禅が即位すると、皇后に立てられた。名は伝わっておらず、諡で「敬哀皇后」と呼ばれる。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力4 征圧力1
官職-
特技魅力
将器兵力上昇
計略長槍の舞い【舞い】(使用すると移動できなくなる。自身は自身の舞いの効果を受けない)
味方の槍兵の槍が長くなる
必要士気5
Illustration : 春夏冬ゆうCharacter Voice : 上坂すみれ


張皇后の姉で、ややこしいが姉妹揃って劉禅の皇后。
彼女が早くに亡くなってしまったことで、妹の張皇后が実質の皇后扱いをされている。
また、蜀の滅亡前に亡くなったので皇后としての諡号がある。

スペックは最低限の戦闘もこなせはするスペックだが、計略抜きの採用は難しい。
舞姫としては低知力なこともやや不安要素がある。

長槍の舞いはその名の通り味方の槍を伸ばす舞い。
勢力非限定で槍の長さを2.9倍にする。

当然だが槍兵以外には何の恩恵もないので、必然的に槍兵を多めに入れる必要がある。
騎兵の牽制力に関しては圧倒的で、密集した相手には近づくこともできず突撃オーラも迎撃や槍撃で容易に潰されてしまう。
槍の手前でビタ止めする感覚も狂ってしまい、騎兵単に対してはめっぽう強い。
槍が長いことを生かして他の部隊を盾にしつつ後ろから部隊が槍撃を入れるのも容易で
戦闘に関してはそれなりに恩恵はある。

だがその反面、槍兵が多いことで圧倒的な足の遅いデッキになることが不可避である。
かと言って2部隊程度の槍を永続で伸ばすために士気5と1コスト戦闘不能ではわざわざ舞いを使わず別の計略でよくなる。

Ver1.2.0Cで待望の全員槍撃ダメージ強化の剛槍号令を持った黄権が追加されたが、
号令の必要士気が重い事と、圧倒的な足の遅さが解決されてなく上記の欠点がカバーできてない事の為か、
両者が採用されてるデッキはあまり見かけず、実際運用も難しい。
扱いが難しいカードの位置付けには変わりなく、もう一押し欲しい所は否めない。
が、Ver2.0.0Dにて黄権の剛槍の大号令の仕様が変わり、効果時間も32Cに大幅延長されたことによって、
舞の効果を活かせる時間帯が伸びたため一気に一線級のカードとなった。
その後黄権の計略はVer2.0.1Bで効果時間短縮の憂き目に遭ったものの、効果は弱体化していない為まだまだ実用級である。

登場バージョン

Ver.1.1.0B (龍玉商店)

EX関平(若武者)

武将名かんぺい武人の道
関平「死ぬまで勝ち続ける
  強い武人になりますから!!」

「武神」と称えられる武人である関羽の養子。父と同じく武人としての生を望み、自らと似た境遇である劉封らと共に数々の戦場を経験する。徐々に周囲からの期待も強くなり、益州攻略では一軍の将を任せられるほどとなった。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力4 知力2 征圧力0
官職武官
特技
将器征圧力上昇
計略若武者の一閃最も武力の低い敵に衝撃によるダメージを与える。ダメージは互いの武力で上下する
必要士気5
Illustration : 福田宏Character Voice : 河西健吾


「週刊少年サンデー」とのコラボで登場したEX。
元ネタはイラストレーターである福田氏の漫画「ムシブギョー」の主人公、月島仁兵衛である。

蜀にやってきた1コスト最高武力の武闘派騎兵。
他の例にもれず征圧力は0だが、将器征圧力上昇を固定で持つのはありがたいところ。
なお副将器は兵力×3。
計略も士気こそ重いが1コス武闘派騎兵のサブ計略らしからぬ高い決定力を持つ。

原作を再現した計略である若武者の一閃は、衝撃による武力依存ダメージ計略。範囲は前方長方形で横幅がカード1枚分、縦幅がカード2枚半程度。
対象となるのは「範囲内の最も武力の低い敵」。
主力の後方から援護計略を狙う低武力計略要員や、部隊に守られた舞いを潰すのに適しているが
確殺ラインは武力1と低く、兵力満タンの武力2相手でも確殺が取れない(Ver1.1.0C現在)。
狙う相手の武力が2以上の場合は弓で兵力を減らしておいたり、強化系略等で関平の武力を上げておくなど
何かしら下準備がもう一つ必要になる事を覚えておきたい。
確殺ラインはおおよそ自身の武力の1/4であるようだ。

本人が機動力のある馬である事や、奥行きのある計略範囲も相まって
狙った相手に計略を当てることは比較的たやすい。
また計略を度外視しても1コスト武力4馬というのはそれだけで強く、将器で征圧力も確保できるため大概のデッキには入れて邪魔にならない。
知力5までの伏兵なら踏んでも即死しない知力2というのも地味に嬉しい。

計略のダメージの固定値が高く武力依存が低いので、自身の武力を超える相手にも4割近くのダメージを与えられる。
そのため士気10で連発すれば+20差以上の武将ですらもただでは済まないダメージで撤退orミリ近くにまで追い込むことが可能。
この裏の手を1コスで仕込めるのは非常に心強い。
いざという時に手負いの主力武将やキー計略持ちを潰す奥の手として備えておくといいだろう。

登場バージョン

Ver.1.1.0C (第二回大戦スタンプキャンペーン)
Ver.1.1.5B (龍玉商店)


EX関銀屏(神武)

武将名かんぎんぺい関三小姐
関銀屏「甘く見てると
   蹴っ飛ばしちゃうから!」

関羽の三番目に生まれた娘。色白で美しく、義理の叔父にあたる張飛が「関銀屏」と名付けた。関羽からの愛情は深く、虎牢関の戦いで呂布を破った時に得た真珠を、魔よけのお守りとして贈られたといわれる。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職-
特技勇猛 魅力
将器長槍術
計略神武の目覚め戦場にいる蜀の味方の武力の最大値が大きいほど武力が上がる。一定以上武力が上がると、さらに移動速度と槍の長さと槍撃ダメージが上がる
必要士気4
Illustration : 濱田浩輔Character Voice : 赤千夏


講談社コラボで登場したEX。
元ネタはイラスト担当の漫画「はねバド!」の主人公・羽咲綾乃(はねさき あやの)

スペックは武力知力とも平均的。
蜀の1.5コストは槍だけでも武力6が多い激戦区のため、このカードを使うなら計略を生かすデッキにしたい。
将器は長槍と副速3個で固定。いずれも計略と噛み合った将器である。

計略は戦場にいる蜀の味方の最高武力を参照し、自身の武力を上昇させるもの。効果時間は7.5c程度。
自身の武力が+7、つまり武力13以上の部隊がいれば効果が上昇する。(Ver1.1.0D)
武力上昇値は参照武力/3+2で端数切捨て。武力14から目覚めさせると彼女の武力は12になる。
効果上昇時は速度1.5倍程度で、将器を覚醒させても迎撃はない。長槍効果は将器と合わせても約1.5倍弱。
剛槍に関しては固定ダメージが高いようで、武力20以上の相手であろうと目に見えて兵力を減らす事が可能。

他の目覚め計略と違い槍撃スキルを必要とするが、ダメージはかなり大きく決定力が高い。
味方の攻城の援護など、相手が逃げられない状況で槍撃を喰らわせてやれば高い効果を発揮するだろう。
ただ若き血の目覚めに比べて士気が1重いのが曲者。
車輪の伝授など士気3計略から目覚めさせる手もあるが、零距離戦法など士気4計略で目覚めても士気8を使うため
それだけ士気があればこの計略で守らなくても号令や超絶を撃つなどの策も取れてしまうので、使いどころが難しい。

使うとしたらやはり号令の一押しで使っていく方がよい。
攻城部隊の後ろから槍撃を入れて守城部隊を撤退させていくマウント要員なら使用の費用対効果に見合う。
もしくはこちらの号令の攻め手をふさぐ、漢の意地のような武力では対抗できない超絶強化の相手や
攻城部隊に突撃しようとする騎兵の牽制、回り込んだ相手の攻城部隊の相手をさせるなど使い道は多い。

若き血の目覚めが自城防衛や他部隊の突撃や攻城のサポートなど、守りに主眼のある効果だったが
それに比べると火力が高いので守りよりも攻め向きの計略といえる。
敵の兵力を削り、撤退まで追い込む役を担って輝く計略で、若き血の目覚めと趣は異なる運用になるだろう。

登場バージョン

Ver.1.1.0D (第三回大戦スタンプキャンペーン)
Ver.1.2.0A (龍玉商店)

EX諸葛亮(脱獄)

武将名しょかつりょう こうめい隆中一の智将
諸葛亮 孔明「小生、隆中一の知恵者と
      名高い男でゴザル」

極度の三国オタクにして、蜀の男子達の参謀。緻密な作戦によって魏や呉との戦いを指揮するが、一方で作戦遂行のためには手段を選ばない暴走も見せ、取り返しのつかない状態になることも多々ある。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力3 知力10 征圧力3
官職文官
特技防柵 魅力
将器復活減少
計略脱獄の手引き城内の最も武力の高い味方の武力と移動速度が上がり、戦場に出現する
必要士気5
Illustration : 平本アキラCharacter Voice : 小西克幸


講談社コラボで登場したEX。
元ネタは週刊ヤングマガジンの平本氏の漫画「監獄学園(プリズンスクール)」より、諸葛(もろくず)岳人(たけひと)、通称「ガクト」。
ちなみに同氏は旧三国志大戦においてもEX諸葛亮を描いている。
また、孫尚香(恥辱)(緑川花)と共に本作のこの手のコラボカードとしては珍しく声優がTVアニメ版と同じなので違和感が無い。

スペックはSRの自分よりは良いものの、それでも武力3とかなり低い。
伏兵もないため知力10が若干持ち腐れになっている。代わりに防柵を持つため開幕の弱さはある程度カバー可能。
さらに伏兵中は征圧できなかったあちらに対し、こちらは開幕から知力10の伏兵掘りや征圧力3の色塗りを発揮できる長所もある。
柵持ちの弓兵なのでそれらの長所を生かせる機会が少ないとは言ってはいけない。
守りの横弓要員として考えれば、武力に不満はないだろう。
将器は元ネタ(ガクト)の方に合わせたのか復活減少+活活活で固定。余程の事が無い限りは他の武将に譲る方が無難。

計略は城内の部隊を戦場に出現させ、武力と移動速度上昇を付与する。縮地計略の投げ計略版と言ったところ。
武力+6、速度1.6倍、効果時間は11.7c、知力依存0.8c(Ver.2.5.1C)
士気5としては武力上昇はやや低めだが、速度上昇と長い効果時間もあり敵陣を荒らす効果は高い。
勢力を問わないため、他勢力の優秀なカードを暴れさせてもよい。
出現する場所は、計略対象のカードの前方、戦場の真ん中。征圧状態は無関係。

漢の朱儁の蒼天之嵐と同等の強化で効果時間が長いため、騎兵の強化としても及第。
またカウンターをかけたい際にメインになる槍兵が遅れる場合に強引に追いつかせることが可能で
これは関羽などラインを上げきって号令を撃ちたい槍兵にとっては嬉しい効果となる。
移動速度が上がるが、セオリーの騎兵にこだわらず槍兵にかけることを検討してもいいだろう。
相手のカウンターをこちらの自城深くで受けきる前にこの計略で前に出し防波堤になってもらうなど
ラインの押し引きに便利で、足の遅い蜀のデッキでは非常に重宝する。

同時期に追加された関銀屏(天武)とも相性が良く、突如現れた部隊を壁にして、槍撃をかましてみるのも面白い。
武力8以上の部隊に計略をかければ目覚め対象に出来るのも好相性。
さらに、何気に第1弾の自分よりも第1弾の妻との相性が良い。

登場バージョン

Ver.1.1.0D (第三回大戦スタンプキャンペーン)
Ver.1.2.0A (龍玉商店)

修正履歴

Ver.1.2.0A 移動速度上昇値増加 1.5倍→1.6倍
Ver.2.5.1C 効果時間延長 10.8c→11.7c

EX孫尚香(恥辱)

武将名そんしょうこう暴君
孫尚香「お前の嫌がる事なら
    何でもやってやる」

一見ゆるふわ系美少女のようだが、実は武に長けており、蜀の男子達を力で制する暴君。美味しいお茶を淹れて飲むのが趣味だが、そのせいで少々厠が近い。諸般の事情で劉備と、一言では説明できない複雑な間柄になる。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力5 征圧力1
官職-
特技勇猛 魅力
将器攻城術
計略恥辱の報復味方の武力と知力と征圧力が、自身の武力と知力と征圧力に応じて変化する
必要士気6
Illustration : 平本アキラCharacter Voice : 花澤香菜


講談社コラボで登場したEX。
元ネタは週刊ヤングマガジンの平本氏の漫画「監獄学園(プリズンスクール)」より、緑川花。
同作品出身の第2弾EX孔明(脱獄)(ガクト)と同じく、TVアニメ版とCVが同じ。

スペックの数字はUC李厳と同じで、復活の代わりに勇猛と魅力を持っている。
そこだけ見ると平均的だが、排出時に固定で主将器攻城と副将器にも攻城を3つと、かなり城殴りに特化した構成になっている。

計略内容は、士気6の自身中心円の変身計略。範囲内の味方の武力知力征圧の基礎スペックが計略発動時の孫尚香と同じものになる。
テキストに書かれていない、特技や移動速度、車輪・毒などの計略効果はコピーされない。
勢力の制限は無し、効果時間8.5c、知力依存0.2c(Ver.2.5.0A)

あくまで「発動時」であり、発動後に孫尚香のスペックが変化しても計略の効果を受けた味方には影響はない。

この計略の特筆すべき点は、「基礎スペックを変化させる」という点。つまり他の味方のスペックを孫尚香と等しくした上で、
その上からさらに計略による強化が乗ることにある。
例えば、劉備の大徳から恥辱の報復に繋げた場合、大徳で武力12になった孫尚香を参照して味方を変身させるので
味方の基礎スペックが武力12となり、その上に大徳の武力上昇が乗るので、孫尚香以外は武力17となる。
蜀軍の大攻勢や衝軍の法等を重ねればさらに武力は上昇する。

ただし、2コスト槍の自身に効果がなく、基本的に強化計略を受けてコンボをすることが前提なので必要士気が重くなる問題がある。
本人のスペックは特別良い訳ではないため、何らかの計略を絡めたコンボでない限り士気相当の効果があるとは言えない。
更に計略の性質上、自身よりも武力の低いカードの方が恩恵が大きいので、計略効果を最大限生かすならデッキの構成に中武力以下が多くなる点も問題か。

総じて、デッキ構成や計略発動タイミングによって火力が大きく変わる一枚である。
しかし決まった時の破壊力は天啓の幻すら凌駕する。
相手にこのカードがいる時は、コンボをする士気を溜めさせないような立ち回りを念頭に置きたい。

登場バージョン

Ver.1.1.0D (第三回大戦スタンプキャンペーン)
Ver.1.2.0A (龍玉商店)

修正履歴

Ver.1.2.0A 効果時間短縮 9.2c→9.6c
Ver.1.2.0E 効果時間短縮(知力依存度減少) 9.6c(0.4c)→9.4c(0.2c)
Ver.2.5.0A 効果時間短縮 9.4c→8.5c

EX劉備(桃園)

武将名りゅうび げんとく劉の紋章
劉備 玄徳「みんなの想いを、すべての怒りを
        この一撃に託す!!」

中山靖王の末裔として生を受けるが、幼い頃に父が死んだため、母と共に筵を織って生計を立て、盧植の下で剣と兵法の修行をしながら成長する。黄巾の乱をきっかけに里を出て、時に苦悩しながらも戦い続け、勇者として成長する。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力8 知力6 征圧力3
官職武官
特技魅力
将器攻撃力上昇
計略桃園の誓い蜀の味方の武力が上がる。ただし対象のいずれかの味方が撤退すると、対象の味方全てが撤退する
必要士気7
Illustration : 藤原カムイCharacter Voice : 小野大輔


2枚目の劉備も槍兵で登場。
元ネタはイラスト担当の漫画『ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章』の主人公・アルス。
フレーバーテキストのセリフは物語のラスト、異魔神に最後の一撃を加える時のひと言である。

スペックは1枚目に比べてかなり戦闘もこなせるが、コスト比戦闘力は低め。
征圧力は3であり、更に将器・攻撃力上昇+兵力×3が戦闘面をフォローする。
彼の登場で、計略名通り劉備、関羽、張飛の桃園義兄弟デッキを組むことが可能になった。
ただ機動力の低い槍オンリーである為、実用性は低め。

計略「桃園の誓い」は超絶号令。
武力+10、効果時間5.8c、知力依存0.4c(Ver.2.1.0D)。
超絶号令の名は伊達ではなく武力上昇は+10と凄まじいが、効果中に1部隊でも撤退すると効果中の全部隊が撤退する。
誰とでも誓えた旧作とは違い蜀軍限定になっている点は注意が必要。
撤退が確定していない分、同士気の天啓の幻より使い勝手が良い。
但し1部隊でも撤退すれば待っているのは全滅である為、法具に関しては余程の事が無い限り再起の法が無難であろう。

1コストなど低武力を効果に入れた場合はせいぜい武力12〜14そこら。
通常の+5英傑号令の主力とほぼ同等にしかならず、集中攻撃をされるとあっさり落ちる危険性があるので、
周りの部隊でフォローするか、低武力を範囲に入れない、
あるいは初めから高コスト4枚デッキなどでデッキを組む方が安定感がある。

単純な武力で効果時間のうちに潰される可能性があるのは天下無双・飛など一部の計略だけだが
神速騎兵の連続突撃だけは注意を要する。
だが、これも槍出しをするか、最悪法具に車輪の大攻勢を積めば対策できる。
最も怖いのは耐性のないダメージ計略、毒、速度低下などの妨害で、赤壁の大火クラスは劉備も瀕死。
特に低知力の武将を仕込めば仕込む程この欠点が顕著に出てくる為、上手くデッキパーツを調整したいところ。

ただ士気が重いため、常にステルスや増援など欲しい計略をコンボして攻められるわけではないので使いどころに注意。
いい形でマウントを取って使えるチャンスをじっくり待つためにも、守りから流れを作ることも重要である。
守りでこの号令を打つ際は、撤退は即落城につながるため攻めの時以上に計画的に使おう。

とは言え、単純な殴り合いではまず負ける要素が無い為か純粋に環境を席巻し続けた。
その結果実に3度の効果時間減少を喰らってしまい、ますます使うタイミングを考えさせられるようになってしまった。

コンパチブル武将

Ver.1.2.0C EX(LE)劉備(復刻武将・桃園の誓い)
Ver.2.1.0B EX(LE)劉備(横山光輝)

登場バージョン

Ver.1.1.5A (第五回大戦スタンプキャンペーン)
Ver.1.2.0C (龍玉商店)

修正履歴

Ver.1.1.5B 効果時間短縮 7.5c→6.7c
Ver.1.2.0C 効果時間短縮 6.7c→6.3c
Ver.2.0.0C 効果時間短縮 6.3c→5.4c
Ver.2.1.0A 範囲拡大
Ver.2.1.0C 効果時間延長 5.4c→5.8c
Ver.2.1.0D 範囲拡大

EX甘夫人(復刻)

武将名かんふじん
甘夫人「劉ちゃん、大丈夫。
 きっとなんとかなるわよぉ〜」

「三国志大戦3」
劉備の夫人で、劉禅の母。苦労続きの夫を励まし、敵に囚われても一途に夫を想い続けた素晴らしい女性であったという。劉備の心の支えであったが、赤壁の戦いの後、若くして亡くなった。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力1 知力4 征圧力1
官職-
特技魅力
将器知力上昇
計略回復の舞い【舞い】(使用すると移動できなくなる。自身は自身の舞いの効果を受けない)
味方の兵力が徐々に回復する
必要士気7
Illustration : 音楽ナスカCharacter Voice : 鎌田梢


三国志大戦3からの復刻カードとして登場。
三国志大戦初代〜3までは「甘皇后」だったが、こちらでは「甘夫人」となっている。

スペックは第1弾Rの自分と同じだが、主将器は第1弾Rの自分が持っていない知力上昇となっている。
計略自体には知力は関係しないものの、知力ダメージ計略への耐性が上がるのはありがたい。
副将器も兵力3で固定のため、覚醒させれば多少ではあるが生存能力は上がる。

コンパチブル武将

Ver.1.0.0 R甘夫人(回復の舞い)

登場バージョン

Ver.1.1.5A (龍玉商店)

EX馬姫(復刻)

武将名ばき
馬姫「馬一族の力と技、
   とくと味わいなさい!」

「三国志大戦3〜WAR BEGINS〜」
蜀の五虎大将軍・馬超の娘。父親譲りの力強さと勇ましさを秘めており、戦では馬を巧みに操り、戦場を駆け抜けた。後に劉備の子である安平王・劉理の妻となり、夫を力強く支えた。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力4 征圧力2
官職-
特技魅力
将器攻城術
計略奮激の号令蜀の味方の武力と兵力が上がる
必要士気5
Illustration : Daisuke IzukaCharacter Voice : 佐藤朱


okomeことDaisuke Izuka氏が手掛ける馬姫が、三国志大戦3から復刻参戦。

スペックは第1弾の自分と同じ。残念ながら白銀の騎術は持ってこなかった。
元のスペックで出してしまうと趙氏と被ってしまうからだろうか。

将器は攻城術・城×3で固定。
城殴りに特化しているものの、どちらかと言うとマウントを取る事を優先しやすい彼女とはミスマッチ。
攻城力も城×3があれども騎兵である事が災いして大した威力が出ないのが苦しい。
更に通常排出の彼女が兵力・突撃・士気と役割に合った将器を持っているのが悩みどころ。

コンパチブル武将

Ver.1.0.7B SR馬姫(奮激の号令)

登場バージョン

Ver.1.1.5B (龍玉商店)

EX張皇后(特大車輪)

武将名ちょうこうごう勇壮なる佳人
張皇后「男ばかりに任せるなど
     性に合わなくてな」

張飛と夏侯月姫の次女として生まれる。姉の敬哀皇后が亡くなると宮中に入り、17歳の時に蜀漢の二代皇帝である劉禅の皇后となった。蜀が滅亡した後も劉禅に付き従い、その心を支えたといわれる。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力6 知力2 征圧力2
官職-
特技魅力
将器突破術
計略特大車輪戦法武力が上がり、全方向に槍の無敵攻撃を行う
必要士気5
Illustration : 麻生我等Character Voice : 堀江由衣


2枚目の張皇后はEXカードとして登場。
第1弾排出の自分が母寄りならば、こちらは父寄りの武闘派な性能になった。

スペックは6/2/2魅力持ち。
同じ1.5コス武力6槍征圧2槍としては知力5で攻城術がつく関平、知力将器覚醒で知力6落雷持ちとなる雷銅がライバル。
張皇后を採用する場合には魅力と特大車輪を意識してのこととなる。

将器は突破+活活活で固定。
乱戦しても槍を出せる車輪計略持ちで、乱戦から抜けやすくなる突破術はイマイチ噛み合わない。
両方とも活かす場合、突破術で攻城ラインに到達した後に車輪を打つ等、少々強引な使い方になる。
無理に将器を覚醒させなくても強い性能なので、デッキ構成や相手次第では将器枠は他の武将に譲っても問題ない。

計略の特大車輪戦法は武力+6に計略名通り特大の車輪状態になる。効果時間は約7.5C。
大車輪戦法から士気が1増えたぶん、武力上昇値+2と車輪半径が大幅強化(約2倍)されている。(Ver2.0.1B)
しかし士気5を消費しても武力は12止まりなので、敵号令を跳ね返せるような性能ではない。
特大車輪の面積を生かし、味方をすっぽりと包み込んで突撃から守るのに一役買う計略だろう。

登場バージョン

Ver.1.2.0A (第七回大戦スタンプキャンペーン)
Ver.1.2.0E (龍玉商店)

EX黄権

武将名こうけん こうこう
黄権 公衡「行くは容易く、退くは難し。心せよ」

諸葛亮、龐統らと並び「蜀の四名臣」の一人として数えられる。夷陵の戦いで退路を断たれ、止むなく魏に降った後も蜀への忠節を忘れず、劉備が没した時には、祝賀に沸き立つ魏の中でただ一人祝いの挨拶をせずに黙すことを貫いた。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力4 征圧力2
官職武官
特技攻城
将器長槍術
計略剛槍の大号令蜀の味方の武力が上がり、槍兵であれば槍撃ダメージが上がる
必要士気7
Illustration : 三好載克Character Voice : 小西克幸


忠義の士が号令を引っ提げて、EXカードとしてやってきた。
Ver.1.2.0C、第8弾スタンプキャンペーンで追加された中の1枚。

スペックは蜀の2コスト槍としては全体的に控えめだが、この枠では唯一の攻城持ち。
将器は長槍術と兵力×3で固定であり、計略や前線で壁になる槍兵という兵種と噛みあっている。
特技の攻城も嬉しい。

計略「剛槍の大号令」は蜀の味方の武力と槍撃ダメージを上げるというもの。勢力限定なので注意。
武力上昇は+2に槍撃ダメージ+5、効果時間は27.5c(Ver.2.1.0D)
登場してしばらくは通常の号令的な性能だったのだが、Ver.2.0.0Dにおいて超長時間兵種号令へと様相を変えた。
武力自体は槍兵以外も上がるが、武力上昇は士気7で+2と非常に慎ましく、とてもあてにできる性能ではない。
敢えてこの計略を採用するからには槍兵中心のデッキが好ましい。

槍撃ダメージアップ自体はさほど大きい訳ではなく、単体の剛槍系計略と比較すると控えめ。
だが、号令のかかった複数部隊での集団槍撃の威力は相当なもの。
高武力はもちろん、低武力の槍撃でもしっかり兵力を削るようになるため決して無視はできないダメージソースとなる。
非常に長い効果時間もあり、計略効果中は槍兵の圧力が通常の比ではなくなるだろう。
相手城際の攻防時には強い。相手も迫る部隊を放置するわけにはいかないので、槍撃の嵐の中に飛び込んで来てくれることになる。
ただし味方の槍も攻城ゾーンに入ってしまえば槍撃が出せない。
複数部隊で城に張り付くのではなく、攻城部隊を決めて他の部隊はその後ろから援護槍撃を浴びせるという形になるか。
奥義もこの計略を活かすものを選びたい。剛槍攻勢・速軍・連環辺りが好相性か。
敬哀皇后の「長槍の舞い」と組んで、3倍近い長さの槍による槍撃を押し付ける戦法も単純ながら強烈。

弱点は、この計略自体には剛槍効果以外が存在しない事と、武力上昇値の低さか。
運用を誤ればすぐに乱戦されてしまい槍撃を出す事ができなくなってしまうか、射程外に逃げられてしまう。
また、士気6どころか士気5の号令の多くにも武力値では負けている。
更に最大限に活かすには槍兵を数揃えなければならず、機動力が大きく削がれてしまうのも難か。
特に弓兵主体のデッキと当たると、非常に厳しい戦いを強いられる事になる。

総じて、デッキ構築から運用まで非常にデリケートな扱いが要求される上級者向けの一枚。
槍撃を出すテクニックは勿論、組み合わせるカードや生存させる武将の取捨選択等の判断力も問われることになる。

…とはいうものの、実際は前述の通り敬哀皇后と組んで3倍槍の剛槍で暴れたのは事実である。
実際、3倍槍による剛槍は騎馬デッキにまともな行動を取らせず、場合によっては弓も喰いかねない殲滅力を生み出した。
その為、Ver.2.0.1Bで効果時間を5cも削られた。さすがに長すぎると判断されたのだろう。

登場バージョン

Ver.1.2.0C (第八回大戦スタンプキャンペーン)
Ver.2.0.0A (龍玉商店)

修正履歴

Ver.1.2.0D 武力上昇量増加 +4→+5
Ver.1.2.0E 範囲拡大
       槍撃ダメージ増加
Ver.2.0.0D 効果時間延長 8c→32.5c
       武力上昇値減少 +5→+2
Ver.2.0.1B 効果時間短縮 32.5c→27.5c
Ver.2.1.0D 槍撃ダメージ増加 →+5

EX劉備(復刻)

武将名りゅうび げんとく
劉備 玄徳「我ら生まれた日は違えども、
 死すときは同じ日同じ時を願わん!」

「三国志大戦3」
義兵より身を起こして活躍した、三国志の英雄。黄巾賊退治を志していた劉備はある日、張飛と関羽に出会う。三人は桃園で杯を交わし、義兄弟の誓いをして、天下のための戦いを始めたのだった。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力8 知力6 征圧力3
官職武官
特技魅力
将器攻撃力上昇
計略桃園の誓い蜀の味方の武力が上がる。ただし対象のいずれかの味方が撤退すると、対象の味方全てが撤退する
必要士気7
Illustration : 杉浦善夫Character Voice : 私市淳


杉浦善夫氏が手掛ける劉備が、三国志大戦3から復刻参戦。
ちなみに「2」のみこちらではなくRARE ENGINE氏の劉備が参戦している。

性能は将器も含め桃園劉備と同一。偶然にも「3」当時のスペックと相成った。
どちらを使うかは絵柄やボイスの好みで。

コンパチブル武将

Ver.1.1.5A EX(SR)劉備(桃園の誓い)
Ver.2.1.0B EX(LE)劉備(横山光輝)

登場バージョン

Ver.1.2.0C (龍玉商店)

EX馬岱(復刻)

武将名ばたい
馬岱「魏延、お前を斬る者は、
     ここにいるぞ!

「三国志大戦3」
馬超の従兄弟。孔明の遺命を受けて魏延の副将となる。その後、魏延は孔明の予想通り反乱を起こして「この俺を斬れるものはいるか!」と叫んだので、馬岱はすかさず魏延を斬り、反乱を防いだ。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力3 知力5 征圧力0
官職武官
特技伏兵
将器征圧力上昇
計略奮激戦法武力と兵力が上がる
必要士気3
Illustration : 風間雷太Character Voice : 私市淳


風間雷太氏が手掛ける馬岱が、三国志大戦3から復刻参戦。名台詞「ここにいるぞ!」を引っさげて帰ってきた。
突撃台詞も「ここにいるぞ!」なので存在感も抜群。さすが先代「ここにいるぞ部」部長である。

性能は第1弾蜀の自分と同一であり、主将器もコンパチ元の候補の1つである征圧力上昇固定。
コンパチ元と比べると、あちらがUCに対しこちらはLEであるため副将器(攻城)が3つ付く。
そのため、端攻城などの際にわずかながらダメージが上昇する。

コンパチブル武将

Ver.1.0.0 UC馬岱(奮激戦法)

登場バージョン

Ver.1.2.0D (龍玉商店)

EX関銀屏(復刻)

武将名かんぎんぺい
関銀屏「父上譲りのこの剛勇は
     伊達じゃないよ!」

「三国志大戦3」
関羽の三番目の娘。父親ゆずりの武勇を持ち、南蛮討伐に参加したといわれる女傑。孫権の息子との縁談話が持ち上がったが、父関羽が「犬の子に虎の子はやれぬ!」と断り、蜀呉関係が悪化した。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力3 知力4 征圧力1
官職-
特技勇猛 魅力
将器城門特攻
計略若き血の目覚め戦場にいる蜀の味方の武力の最大値が大きいほど武力が上がる。一定以上武力が上がると、さらに全方向に槍の無敵攻撃を行う
必要士気3
Illustration : 陸原一樹Character Voice : 小松由佳


陸原一樹氏の手掛ける関銀屛が、三国志大戦3から復刻参戦。

性能は第1弾の自分と同一。なので実質「3」当時と同スペックである。
将器はコンパチ元が所有していない城門特攻。更に副将器が攻城×3となっており、より攻城要員向き。
城門の1発は1コス槍と侮れない威力を誇るが、所詮は1コストなので過度な期待は禁物。

余談だが、旧シリーズでは計略カットインが存在しなかったため、計略時の台詞が旧シリーズ攻城時の台詞の流用なのは少々残念か。

コンパチブル武将

Ver.1.0.0 SR関銀屏(若き血の目覚め)

登場バージョン

Ver.1.2.0D (龍玉商店)

EX諸葛亮(復刻)

武将名しょかつりょう こうめい
諸葛亮 孔明「曹、孫、そして劉。
   これをもって“天下三分”」

「三国志大戦3」
劉備、曹操と並ぶ、三国志の主人公。三顧の礼によって劉備の臣下となり、天下三分の計を打ち立てた。そして神がかり的な政治手腕で劉備を導いて蜀を建国させ、劉備を皇帝へと昇らせた。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力2 知力10 征圧力3
官職文官
特技伏兵 魅力
将器征圧力上昇
計略八卦の軍略味方部隊数に応じて効果が変わる
1部隊:武力と移動速度と征圧力が上がる
2部隊:武力と兵力が上がる
3部隊以上:武力と移動速度が上がる
必要士気6
Illustration : masakiCharacter Voice : 田中一成


masaki氏が手掛けた諸葛亮が、三国志大戦3から復刻参戦。
三国志大戦3では計略名が「八卦の戦計」だったが、今作ではSRと同じ「八卦の軍略」と微妙に異なる。

スペックは第1弾の自分と同じだが、主将器は第1弾の自分が持っていない征圧力上昇となっている。
ただ、征圧3と4の差は征圧2以下に征圧将器を持たせるのに比べ効果が低めな事と、自分が先陣を切るような動きをする事は少ないため活かしづらい。
副将器は復活3で固定だが、まず諸葛亮を撤退させない立ち回りが必要になる八卦デッキの運用法との噛み合わせは良くない。
コスト比としても低すぎる武力と足の遅い槍兵という事も考えると、将器覚醒を目的とするならこのカードより通常版の自分を選んだ方がいいだろう。

ただ、そもそも八卦デッキにおいて諸葛亮の将器を覚醒させること自体稀である。
他のカードを覚醒させるつもりであれば、絵柄や台詞の好みで決めてしまっていいだろう。

コンパチブル武将

Ver.1.0.0 SR諸葛亮(八卦の軍略)
Ver.1.1.0A LE諸葛亮(人形劇三国志)
Ver.2.1.0B LE諸葛亮(横山光輝)

登場バージョン

Ver.1.2.0E (龍玉商店)

EX趙雲(人馬一体)

武将名ちょううん しりゅう
趙雲 子龍「いまこそ趙子龍、
 一世一代の意地の見せどころよ!」

「三国志大戦3」
冷静さと豪胆さを併せ持つ、劉備配下の勇将。長坂の戦いでは、劉備の息子・劉禅を救うため、単身で曹操軍の真っ只中を駆け抜け、赤子の劉禅を懐に抱いて、見事に救い出す大活躍を見せた。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力7 征圧力2
官職武官
特技勇猛 復活 魅力
将器攻撃力上昇
計略人馬一体武力と移動速度が上がり、槍の迎撃ダメージを受けなくなる
必要士気4
Illustration : 杉浦善夫Character Voice : 私市淳


杉浦善夫氏の手掛けた趙雲が、三国志大戦3からの復刻武将として復活。

スペックも「3」準拠。
武力8/知力7はコスト2.5としては平均的だが、特技に計略の回転速度を高める魅力・不意の一騎討ちに強い勇猛・高コスト騎馬としては微妙だがあって損はない復活が揃う。
特に通常排出の趙雲が軒並み勇猛無しだった為、「五虎大将軍なのに…」と言う疑問にもしっかり応えてくれる。
将器も攻撃力上昇、副将器は速速速で固定されており隙が無い。

計略「人馬一体」は武力+4・移動速度1.7倍に槍による迎撃を受けなくなる効果が付く。
あくまでも迎撃ダメージがなくなるだけであり、槍に突っ込んだ場合は突撃ダメージは入らない。
効果時間は8.3c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1B)。

コスト2.5の持つ計略としてはかなりマイルドな部類に入るため、状況判断や他部隊との連携が大事になってくる。
迎撃されないとはいえ突撃をしないと撃破ができない、乱戦してしまうと再突撃までに時間がかかる…
という2点があるので迎撃されないよう立ち回るのが基本。迎撃無効化はその際の事故防止程度の認識に留めて置こう。
わざと槍にぶつけて乱戦しに行くと言うのも手だが、武力自体は12止まりなので過信は禁物。

相手側がラインを上げきる前に号令を使わざる得ない状況へ持っていき、殿軍としての役割を果たすのが
人馬趙雲を使いこなす点では重要になってくるか。勿論、その状態に持って行くだけの連携は必須。
無論高コスト騎兵である為、撤退はさせないに越した事はない。復活はあくまでも保険と考えるべし。

また人馬状態で槍オーラを消してから他の武将で突撃するといった壁突撃の用法も可能。
ただし壁突撃は計略を使わずとも出来る戦法の為、相手の槍が剛槍長槍などで乱戦しづらい時等に限定しておこう。

登場バージョン

Ver.1.2.0E (龍玉商店)

修正履歴

Ver.2.0.1B 効果時間延長 7.9c→8.3c
Ver.2.1.0C 武力上昇値増加 +3→+4
Ver.2.5.1B 移動速度上昇値増加 1.6倍→1.7倍

Menu

最新の20件

2019-08-25 2019-08-24 2019-08-23

今日の20件

  • counter: 13474
  • today: 1
  • yesterday: 3
  • online: 112