カードリスト:群雄 第6弾



SR王異(破滅)

武将名おうい冀城の叛旗
王異「灰色の衣を纏ったのは
  紅き旗を掲げるこの日のため!」

涼州の女傑。馬超軍が冀城に攻め寄せると、自ら弓を取って応戦し、服飾品を将兵に褒美として分け与え鼓舞した。一度は敗れて降伏したものの、馬超の妻・楊氏に助言を行うことで信を得つつ、その裏で奇策を巡らせて城を奪還した。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力2 知力6 征圧力1
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 捕縛術 士気上昇
計略破滅の舞い【舞い】(使用すると移動できなくなる。自身は自身の舞いの効果を受けない)
味方の武力が上がる。ただし一定時間ごとに自城にダメージを受ける
必要士気5
Illustration : 麻谷知世Character Voice : 金元寿子


通算5枚目となる王異は、今作初の群雄勢力で参戦。

舞い計略持ちとしては平均的な数値スペックを持つ。歩兵なので計略使用前提での採用となるだろう。
将器は士気上昇が第一候補。
兵力上昇も本来なら悪くはないが、城ゲージ調整で自害したい時に邪魔となりうるので要注意。

計略「破滅の舞い」は舞踊計略。旧作の同名計略とは効果が異なる。
勢力限定なし。戦場の味方の武力を+4(舞い計略なので自身は含まない)するが、約2cごとに自城に3%のダメージを受ける。
(Ver.3.5.1A)

王異自身が撤退しなければ効果時間永続の「指揮」ということで、シンプルにわかりやすい威力を持つ。
一方でデメリットの城ダメージも深刻で残り67cより早く計略を使用すると、計略効果だけで試合終了前に落城負けしてしまう。
一応、残り66c以降に使用するか、反逆の狼煙等の味方を撤退させられる計略を仕込んでおくとで落城のリスクは回避できるが、
その場合でも多大な自城ダメージを受けてしまうため、勝利の為には落城勝ち、あるいはそれに近い城ダメージを奪う必要がある。
ハイリスク・ハイリターンを極限まで突き詰めたような計略。

相性の良いカードとしては、城ダメージレースを制しやすい攻城兵、及び攻城力アップをもつ計略が挙げられる。 破滅舞の武力上昇で白兵の戦闘力不足を補い、高い攻城力で破滅舞によって受けた自城ダメージ以上の攻城を狙える。
他には、保険として先述した味方を撤退させる計略と、火事場計略も相性が良い。
単色だが対象ランダムの韓遂・韓氏、あるいは混色になるが王異を狙って撤退させやすい呉の潘夫人や晋の郭槐が候補。

デメリットも大きいが、それ以上に永続の武力上昇というメリットが大きく、登場と同時に大流行。
「落城させてしまえば自城が削れても関係ない」という考えのもと、開幕から舞計略を使用して攻めたてるデッキが多数登場。
士気将器持ち攻城兵として何儀に注目が集まるなど、環境に大きな影響を与えた。
しかし流石に流行が過ぎたか、登場直後のバージョンアップで武力上昇値に下方修正が入った。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 武力上昇値減少 +5→+4


R俄何焼戈(暴威)

武将名がかしょうか二魂三眼
俄何焼戈「理性の俄何、勇猛の焼戈。
    一つとなりて俄何焼戈なり」

正史における「俄何」と「焼戈」の二人が三国志演義で一つになった姿。北伐で姜維に援軍を要請された迷当大王の命令で、先鋒として五万の軍を率いた。しかし降伏を装った陳泰に騙され落とし穴に転落。死を覚悟すると自ら命を絶った。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力9 知力1 征圧力1
官職武官
特技刻印
将器長槍術 攻城術 迅速攻城
計略羌族の暴威武力が上がる。この効果は自軍の城ゲージが少ないほど大きい。一定以上武力が上がると、さらに移動速度と攻城力と槍撃ダメージが上がる
必要士気5
Illustration : 池田正輝Character Voice : 佐藤拓也


相変わらずの二心同体で追加された、俄何焼戈の2枚目。フレーバーテキストも一行目から飛ばしている。

全勢力見回しても未だ2枚しか存在しない2コスト武力9槍兵。
勿論刻印持ちであり、加えて知力・征圧力ともに1。1枚目と違い勇猛を持たない為不意の一騎討ちに注意。
将器はどれも計略と相性が良い。立ち回りで決めてしまっていいだろう。

計略「羌族の暴威」は火事場系の超絶強化。
自城が減っているほど武力が上がる。城100%で+2・50%で+8・10%で+16。
更に自城が50%以下を切る(武力上昇値+8以上)と移動速度が1.5倍・槍撃ダメージが+8・攻城力が+6%される。
攻城力に関しては素の攻城力に関係なく固定値で足される。
効果時間は8.8c(Ver.3.5.1A)。

スペック要員にも関わらず、(場面は選ぶが)かなり強力な部類の効果。
城ゲージの奪い合いになると、非常に高い費用対効果を得られるので、そういったデッキだとより輝く。

当然ながら弱点も明確なので対策は容易だが、対策となりうる計略がないと排除は相応に厄介となる。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


UC金環三結

武将名きんかんさんけつ第一洞元帥
金環三結「我は南蛮の勇者!
   金環三結なりィ!!」

孟獲配下の三洞元帥の一人。諸葛亮率いる蜀軍が襲来すると、孟獲の招集に応じ阿会喃、董荼那と共に五万の兵を率いて出陣する。しかし蜀軍の襲撃を受け、陣内に突貫した趙雲と一騎討ちになるも、一合で馬から突き落とされ討死した。
コスト1.0
兵種象兵
能力武力4 知力1 征圧力1
官職武官
特技刻印
将器攻撃力上昇 地の利 弾き強化
計略強化戦法武力が上がる
必要士気4
Illustration : いちげんCharacter Voice : 三宅健太


旧作でもコスト1象兵としていた金環三結が参戦。

スペックは同コストの帯来洞主と比較して武力+1、特技復活の代わりに刻印を持つ。
武力1の差をとるか、復活時間をとるかは使い手次第となるだろう。無論コスト1なので同時採用も出来る。
将器は全て使いやすいが、帯来洞主とは攻撃力上昇と地の利が、孟節とは地の利と弾き強化が被ってしまっている。

計略はスペック要員の定番・強化戦法。
いうまでもなく積極的に使うものではないが、緊急時や終盤の詰めには頼る場面も出てくるだろう。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


SR公孫度(氷王)

武将名こうそんど しょうせい血濡れの氷座
公孫度「ひれふせい。
  汝の前に座すは遼東王なるぞ」

遼東太守。讒言で冀州刺史の職を罷免されるが、徐栄の推挙で太守となった。やがて中央の騒乱に乗じ、王権による支配を志す。諸豪族を処刑し、東西の異民族を討伐するなど、漢の後継たる王として威武を振るい、遼東全土を震撼させた。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力9 知力4 征圧力3
官職武官
特技攻城 刻印
将器兵力上昇 長槍術 征圧力上昇
計略氷王の裁き武力と移動速度が上がる。さらに移動していない間、武力と槍の長さが徐々に上がる
必要士気5
Illustration : 三好載克Character Voice : 菅生隆之


2枚目にして遂にSRになった遼東王。

群雄では珍しくない2.5コスト武力9だが、加えて征圧力3に攻城持ち。
その上で知力4も備えているが、刻印も一緒に持っている。
将器は征圧力3→4は大きな変化がなく長槍術も計略で誤魔化せる為、兵力上昇が一番無難。
最低限の計略耐性はあるとはいえ、生存率は十分上がる。

計略「氷王の裁き」は超絶強化。
まず武力が+1・移動速度が1.8倍になり、移動していない限り0.6c毎に武力が+1・槍の長さは1.2c毎に0.1加算される。
効果時間15c(Ver.3.5.0A).

他の「○○の間、武力が上がる」計略と同様、どの程度まで武力を上げて、どこから戦闘に参加するかが重要。
最大の特徴は条件が「移動していない=乱戦中や攻城中でも武力は上がる」こと。
あらかじめ敵城に張り付いてから計略を使用することで、攻城に参加しながら武力を上げることができる。
攻城持ち2.5コスト槍兵という事もあり、安易なスルーを許さないのが強み。
移動速度や槍長さ上昇についても攻城中こそ無意味だが、攻城キャンセル迎撃や防衛時にはありがたい。

欠点はやはり即効性がないこと。
特に先述したように敵城に張り付いてから使用する場合、初動は武力+1のみで敵部隊を相手することになってしまう。
事前に敵を消耗させたうえで使用する、他の計略と併用するなど、武力が上がり切るまでの算段を立ててから使用するようにしたい。
また槍撃ダメージ等の強化が無いため、殲滅力は控えめ。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


R兀突骨(防御)

武将名ごつとつこつ機甲伝承
兀突骨「藤甲、サイキョー!
     小細工、キカヌ!!」

南蛮・烏戈国の王。孟獲に請われて南蛮征伐に参戦する。藤の蔓を編み上げ油を染み込ませる強靭な鎧を身に着けた「藤甲兵」を従えて蜀軍を大いに破る。しかし諸葛亮の策略で谷底に追い込まれ、崖上から火攻めを浴びて一網打尽にされた。
コスト3.0
兵種象兵
能力武力10 知力1 征圧力3
官職武官
特技勇猛 攻城
奇才将器藤甲兵武力ダメージを軽減する
計略超絶防御武力ダメージを軽減する。さらに兵力が一定量減るたびに武力ダメージを軽減する
必要士気5
Illustration : ヨシモトCharacter Voice : 武内駿輔


2枚目となる兀突骨は群雄では呂布に続く、懐かしの武力10で参戦。

スペックは兀突骨らしく大変尖っており、武力10に勇猛・攻城の2特技と攻めには強い。
その一方で知力は安定の1であり、伏兵・ダメージ計略への耐性は皆無。
知力の低さを補うためか、征圧力は3と高いのが救い。
奇才将器「藤甲兵」は自身が受ける武力ダメージを30%軽減する。覚醒させれば白兵戦での耐久力は最高クラス。
他の部隊への恩恵は一切ないので覚醒はデッキ次第だが、兀突骨の個性でもある為悩ましいところ。

計略「超絶防御」は防衛計略。
発動時に武力ダメージを5%軽減し、更に自身の兵力が?%減少する度に軽減率が+?%される。
なお防護率は乗算のため、将器覚醒時の初動は33.5%軽減となる様子。
効果時間は20c(Ver.3.5.0A)。

武力ダメージを受けるごとに加速度的に硬くなり、最終的には奇才将器・本人武力と相まってまさに超絶的な防御力を誇るようになる。
ただ象兵故に殲滅力は乏しく、単に防御力が上がるだけなので敵部隊の排除には不向き。
漫然と敵城に放り込むだけでは部隊ローテでしのがれやすく、守りに使おうにも拠点防衛が関の山。
どんなに固くなっても最低保証ダメージは受けてしまうため、兵力が少なくなると落とされてしまう危険もある。
さらにダメージ計略には滅法弱く、知力上昇でサポートしても上記の欠点の解消はできない。

3コスト象兵という重さもあり、とにかくデッキ構築や運用に難を抱えてしまっている癖の強い一枚。

登場バージョン

Ver.3.5.0A



R成公英(参謀)

武将名せいこうえい砂塵纏う忠勇
成公英「西涼を侵し、主を脅かすことは
  覇者の軍勢であろうとも許されない」

韓遂の腹心。韓遂が閻行に叛かれ多くの部下が軍を去る中、ひとり韓遂の元を離れなかった忠義の将。閻行を退け、夏侯淵や徐晃らと戦う中で韓遂が没したため曹操に降る。その際、涙を流して亡き韓遂を真の主と語り、曹操を感嘆させた。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力4 知力7 征圧力2
官職武官
特技伏兵 魅力
将器知力上昇 長槍術 守城術
計略参謀の奇槍武力と移動速度が上がり、槍撃を当てた敵の武力を一定時間下げる
必要士気5
Illustration : kakotomiraiCharacter Voice : 武内駿輔


2枚目となる成公英は槍兵で参戦。

武力こそ低いものの、伏兵と魅力の2特技を持つ。
将器は伏兵威力を向上させられる知力上昇、計略との相性が良い長槍術が扱いやすい。

計略「参謀の奇槍」は単体強化。
武力+6、移動速度?倍に加え、槍撃を当てた相手を約3cの間武力-4する。
複数回当てても武力低下の重複はせず、効果時間が上書きされる形。
効果時間約10c(知力将器で約12c)。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


UC張繍(復讐鬼)

武将名ちょうしゅう宛城の怒気
張繍「どこだ曹操!!
 貴様に地獄を見せてやる!!」

董卓配下・張済の甥。曹操が南陽に進駐すると降伏したが、曹操が張済の妻・鄒氏を妾にしたことを恨み、反乱する。軍師である賈詡の献策に従って典韋や曹昂ら多くの重臣を討ち取り、曹操を敗死寸前まで追い詰めた。
コスト2.0
兵種歩兵
能力武力8 知力5 征圧力1
官職武官
特技復活 攻城
将器兵力上昇 城門特攻 攻城術
計略復讐鬼の剛腕【ため計略】(使用すると移動できなくなり、一定時間後に解除され計略が発動する。この計略は反計されない)
敵と味方に衝撃によるダメージを与える。ダメージは互いの武力で上下する
必要士気5
Illustration : 池田宗隆Character Voice : 益山武明


賈詡と共に曹操を追い詰めた男が装い新たに再登場。
これまでは中低コストばかりだったが、今回は自身初の2コスト。

歩兵ではあるものの、武力8にして知力5、特技に復活と攻城を持つ。2コスト武力型の歩兵の中で能力のバランス、安定性は随一。
攻城役が主になる歩兵としてはありがたい組み合わせだが、2コスト以上の歩兵には珍しく勇猛を持たない。
将器は攻城戦向き。攻城兵には及ばないものの攻城ダメージ高めの歩兵にはありがたいラインナップ。

計略「復讐鬼の剛腕」は武力差ダメージ計略。範囲は直径カード3枚程度の自身中心円。
1.7cのための後に、範囲内の武将にダメージを与える。

ダメージの目安(Ver.3.5.0A)

武力 自身\相手12345678910
武力8365205151.712510998.390.78580.677
武力13565305218.3175149131.7119.3110102.897


ため時間を要する上に範囲もそう広くないが、それと引き換えに歴代の武力ダメージ計略のなかでも最高クラスの威力を持つ。
素武力であればほとんどの相手を撤退ないし瀕死にまで追い込むほど。

この計略の真骨頂はやはり、城門に張繍をねじこんだ時にある。
早く離れなければ消し飛ばされるが、離れると攻城持ち2コス高武力歩兵に城をもぎ取られるというジレンマを押し付けることができる。
張繍の将器が攻城術だとさらに止めにくくなり、城門特攻だと痛いどころでは済まされない。

一方でためがあるにも関わらず範囲は狭く、相手はため開始を見てからでも余裕で回避が間に合う。
攻城中などのスルーできない状況や舞姫・ため中の武将なら比較的使いやすい。
それ以外の場面では、速度低下や象兵のはじきで無理矢理範囲内に押さえこむなどの工夫が必要。
にもかかわらず対象は敵味方を問わないため、一緒に攻城したり周囲でサポートすると味方を巻き込みかねない。
梁興の「孤立無援」であれば巻き込まれないが、相手に逃げられるという問題はあまり解決されない。
防衛用と割り切って使うにも、高コスト歩兵という癖のあるスペックが気がかり。

味方の助けがないとマトモに当たらないが、その味方ごと倒してしまうという難儀な性能になっている。
安定した能力と癖が強いが必殺の威力を持つ計略という、相反する性能を併せ持つ侮れない一枚。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 範囲拡大


UC張魯(導き)

武将名ちょうろ こうき漢寧の決別
張魯 公祺「天の恵みを受け、地を肥やし、
       人々を救いましょう」

五斗米道の指導者。劉璋に叛いて漢中で独立し、郡名を漢寧に改め三十年にわたり善政を施した。曹操に敗れ降伏するが、国庫の財宝に手出ししなかったことが曹操に評価され、娘は曹宇に嫁いだ。教団解体後も、その教えは後世にまで伝わった。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力7 征圧力3
官職文官
特技-
将器遠弓術 地の利 同盟者
計略師君の導き味方の兵力が回復する。さらに撤退中の味方の復活時間が減少する
必要士気5
Illustration : 米谷尚展Character Voice : 森田成一


3枚目の張魯も弓兵で登場。
しかし1.2枚目がIzuka(okome)氏で今回は谷氏…もしかして公式はわざとやっているのだろうか?

群雄にようやく出た、1コストで歩兵以外の征圧力3持ち。
代わりに武力1なので直接戦闘は不得手。
将器は地の利や同盟者など、特定の戦場やデッキに向けたものが揃う。

計略「師君の導き」は回復計略。
戦場の味方の兵力が20%回復し、さらに撤退している味方の撤退時間を-10秒する。
(Ver.3.5.0A)

生存・撤退問わず効果があり効果範囲が戦場全体で城内にも及ぶため、使いどころを選ばないのが最大の特長。
ただ効果自体はささやかで、これだけで戦線を維持し延々と攻め立てられるほどではない。

とはいえ、コスト1征圧力3の武将が持つ計略としては状況も兵種も選ばず扱いやすい部類。
この手の武将は計略を度外視して投入されることも多く、それを考えれば十分な性能。
計略に勢力制限がなく本人も同盟者を持つことから、デッキを選ばず幅広い活躍が期待できる。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


C忙牙長(人象)

武将名ぼうがちょう南蛮の野獣
忙牙長「よっしゃあ!
  オレが蜀軍を倒しちゃらあ!」

孟獲の配下。截頭の大刀を振るう怪力の持ち主。南蛮征伐では先鋒として王平を一騎討ちで破るが、深追いしたために孟獲ともども張嶷、張翼、趙雲らに包囲され、敗走。その後馬岱と一騎討ちとなるが、一太刀で斬り捨てられた。
コスト1.5
兵種象兵
能力武力6 知力1 征圧力2
官職武官
特技攻城
将器速度上昇 攻城術 迅速攻城
計略人象一体武力と移動速度が上がり、槍の迎撃ダメージを受けなくなる
必要士気4
Illustration : YockyCharacter Voice : 森田成一


2枚目となる忙牙長。

極端な脳筋ではあるものの武力6征圧力2に特技攻城と、塗りに城攻めにとオールマイティーに扱えるスペック。
将器は攻城向きのものが揃い、総じて城ダメージを取る能力が高い。

計略「人象一体」は単体強化。
武力+4、移動速度1.7倍に加え迎撃ダメージを受けなくなる。
効果時間6.7c、知力依存0.4c(Ver.3.5.0A)。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


SR龐徳(光騎)

武将名ほうとく れいめい汾水の烈風
龐徳 令明「風が来た・・・・・・!
   威光をかき消す追い風が!!」

馬騰、馬超に仕えた武将。馬騰軍随一の武勇と称され、異民族討伐などで活躍。平陽の戦いでは鍾繇の援軍として馬超と共に一万の兵を率い、先鋒を務める。汾水の半ばで袁尚軍と激突し、郭援を討ち取り、高幹を追い詰めたという。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力6 征圧力2
官職武官
特技勇猛 復活
将器攻撃力上昇 突撃術 速度上昇
計略烈風の光騎武力と移動速度が上がる。さらに突撃オーラ中にカードを回転させると武力と移動速度と突撃ダメージが一定時間上がる。ただし撃破した敵の復活時間が短くなる。この操作は効果中に1回のみ使用できる
必要士気5
Illustration : 西野幸治Character Voice : 杉田智和


群雄版のリメイク龐徳。今回は裏書に合わせて高幹と対になっている。

「3」時代を彷彿とさせる7/6復活に勇猛と征圧力2を備える優秀なスペック。
将器は騎兵との相性が良いものが揃う。計略の追加効果がない際の火力補助で突撃術、機動力を底上げする速度上昇が有力。

計略「烈風の光騎」は回転操作付きの神速。
基本効果は武力+4・移動速度が1.6倍。
回転操作を行うと一度だけ武力がさらに+4(合計+8)、速度が+1倍(合計2.6倍)になり、突撃ダメージも+15される。
ただしその状態で敵を撤退させると復活時間を-15秒してしまうようになる。
効果時間8.3c、知力依存0.4c、回転操作による効果時間は知力に関わらず3.3cで固定(Ver.3.5.1A)。

「暗夜の残光」に突撃ダメージも追加されたような計略で、急激な速度変化に対応しなければならない点なども同じ。
しかし回転操作で強化している間に撤退させると復活時間を短くしてしまう点が曲者。
このため回転効果中は兵力を削るにとどめ、味方にトドメをさしてもらう「仇討ちの覚悟」などに似た使い方も必要となる。
復活時間短縮効果が重なると撤退させてもすぐに復活してしまうため、復活持ちや胡蝶の攻勢などには特に注意したい。
とはいえ回転操作を行わないとただ重いだけの神速戦法になってしまうため、ある程度の割り切りも必要だろう。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A  武力上昇値増加 +3→+4
      【カード回転時効果】復活時間短縮値減少 -20秒→-15秒



SR孟獲(極意)

武将名もうかく不死身の南蛮王
孟獲「南蛮軍は最強じゃあ!!
 押して押して押しまくれーい!!」

南蛮の王。雍闓と共に蜀に対して反乱を起こした。雍闓が高定配下の鄂煥に討たれると、代わりに反乱を主導する。南征してきた諸葛亮軍と七度戦い七度捕らわれたが、一部の民間伝承では逆に孟獲が七度諸葛亮を捕らえたとされている。
コスト2.5
兵種象兵
能力武力8 知力3 征圧力2
官職武官
特技復活
奇才将器戦象大行進味方の象兵の移動速度が上がる
計略神象の極意象兵の味方部隊数に応じて味方の象兵の武力が上がり、以下の効果を得る
1隊:乱戦時の攻撃速度が上がる
2隊:移動速度が上がり、敵をはじき飛ばす距離が伸びる
3隊以上:兵力が上がる
必要士気6
Illustration : 風間雷太Character Voice : 小西克幸


第2弾孟獲のリメイクイラストは、旧作の自身が持っていた計略を携えて登場。

スペックは南蛮王の大号令の自身と全く同じで、数値上は少し物足りない。
奇才将器「戦象大行進」は味方の象兵全員の移動速度が1.12倍になる。
W復活こそ失ったものの、象兵の移動速度も弾きのコントロール力に直結するため割と重要。
ただし象兵にしか効果がないため、象単以外のデッキで採用する場合は他に将器を譲ったほうが良い。

計略「神象の極意」は象兵版の極意計略。
1部隊:武力+8、乱戦速度2倍、効果時間8.3c。
2部隊:武力+6、移動速度2倍、弾き距離上昇、効果時間7.9c、知力依存0.4c。
3部隊以上:武力+4、兵力+50%、効果時間9.2c、知力依存0.4c(Ver.3.5.0A)

どの効果も士気6相応以上であり、中々に強力。
1部隊掛けは象兵に不足しがちな殲滅力を補い、2部隊掛けは逆に象兵の強みである弾きを大幅強化する。
3部隊以上は+4かつ50%回復と、デメリットなしの士気6号令としては最上位の性能。
象単であれば3掛けをメインにしつつ、状況によって1~2も使い分けるような形になる。

欠点はやはり癖の強い象兵という兵種。
特に3部隊以上を使うならば象単での利用が推奨されるが、扱いはかなり難しい。
また象兵はそれほど多くないので、デッキ構成も限られしまう。
あるいは1〜2部隊掛けメインなら象単に拘る必要はないが、その場合は奇才将器が腐りがち。
将器なしではかなり微妙なスペックであるため、なんとも悩ましい限り。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


UC尤突

武将名ゆうとつ呉越・暗澹
尤突「オレタチ山越ヲ虐ゲルモノ・・・・・・
        呉ヲ滅ボス・・・・・・!」

江南・江東の山岳地帯を勢力圏として、たびたび呉と争った山越族の首長。曹操に印綬を与えられて内応し、山越族を率いて孫権に対し反乱を起こした。しかし孫権の命で派遣された陸遜と賀斉に討伐され、反乱は鎮圧された。
コスト1.5
兵種歩兵
能力武力6 知力5 征圧力2
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 兵力上昇 捕縛術
計略無陣戦法武力と移動速度が上がり、接触した敵の兵種アクションを一定時間封印する
必要士気4
Illustration : 長澤真Character Voice : 佐藤拓也


孫呉と争っていた山賊の1人が大戦初登場。
群雄コスト1.5歩兵で見比べると数値スペックは高いものの、無特技であり個性は薄め。
将器はいずれも無難であり、採用にあたっては後述の計略を活かしたい。

計略「無陣戦法」は単体強化。
武力+2、移動速度1.3倍に加え、接触した敵の兵種アクションを2.5c封印する。
移動速度は通常速度の弓兵よりやや早い程度。
効果時間15c、知力依存0.4c(Ver.3.5.0A)

兵種アクションを封印する効果は李儒(無陣)の計略と同じもの。ただしあちらと違い封印するには接触が必要。
移動速度が上がるとはいえ歩兵であることがネックで、近づくまでに兵種アクションで消耗させられやすい。

比較的有効なのは対車輪系で、計略はもちろん法具によるものであっても解除が可能。
性質上城際で使われることが多く、尤突で接触→騎兵で突撃の流れを組み立てやすい。
騎兵に対しては再突撃を封じられることから最低限の仕事は可能で、擬似的な捕縛術として機能する。
将器の捕縛術と組み合わせれば、通常速度の騎兵であればそうそう逃げられないだろう。

ただし速度自体は下げられないため速度上昇が絡むと厳しく、控えめな武力上昇値も相まって1対1ではそのまますり潰されかねない。
長めの効果時間を活かして他の武将と連携し、首尾よく敵を無力化しつつ片づけてもらいたいところ。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


C雍闓

武将名ようがい建寧の知恵者
雍闓「天に二日なしと言うが、天下は三分。
     こいつぁおかしくねえかい?」

蜀の豪族。密かに呉と通じ、蜀に対して孟獲らと反乱を起こす。李厳の説得に反論して高定と共に永昌郡に攻め込むが、呂凱に群境を封鎖されたため、やむなく撤退した。その後、諸葛亮の離間の計で蜀に寝返った高定の配下・鄂煥に斬られた。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力3 知力4 征圧力2
官職武官
特技攻城 刻印
将器遠弓術 城門特攻 守城術
計略遠弓戦法武力と射程距離が上がる
必要士気3
Illustration : 小城崇志Character Voice : 三宅健太


呂凱伝に名が残る武将で、フレーバーテキストは演義準拠。(顎煥が演義にのみ登場するため)
数値スペックは優秀で、特技攻城まで持っているが代償として刻印を持たされている。
将器も優秀。ただし特技攻城があるといってもこのコストで城門特攻は癖が強いので、他2つからの選択が無難だろう。

計略は汎用の遠弓戦法。
武力+2、弓の射程2.5倍。
効果時間10.9c(知力依存0.8c)

士気溢れ防止、もしくは各種舞いを倒したい時に使うこととなる。
程普と違って素武力が低いので(兵力が減っていなければ)1部隊撃破が限界だろう。

群雄のコスト1弓兵は数こそそこまで多くないが、優秀な武将が揃っている。
彼を採用するのなら、特技攻城持ちである点をうまく活かしたい。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


EX(R)俄何焼戈(傘回し)

武将名がかしょうか春節・丑年
俄何焼戈「いつもより多めに・・・・・・回すッ!!」

羌族の将。迷当大王の命を受け、蜀の援軍として魏と戦う。しかし陳泰の謀略によって落とし穴へ誘い込まれ、逃げられぬと悟ると自ら命を絶った。正史では「俄何」と「焼戈」という二人の人物であったが、三国志演義では一人に合体された。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力9 知力3 征圧力1
官職武官
特技勇猛 復活 攻城
将器募兵
計略大道芸・傘回し武力が上がり、全方向に槍の無敵攻撃を行う。さらに敵を自身に向かってくるようにする
必要士気7
Illustration : 松野トンジCharacter Voice : 益山武明


松野トンジ氏の俄何焼戈が新年を祝う華装武将として登場。

基礎スペックは以前の自分と全く同じで、コスト比高武力と有用な特技3つを備えている。一方で、低めの知力と征圧力も同じ。
将器は主将器が募兵、副将器が速×3で固定。

計略の「大道芸・傘回し」は自身への単体強化と相手への妨害を両立させる強化妨害。
自身の武力を+7して車輪状態になり、さらに相手には挑発効果を与えて自身に向かってくるようにする。
自身の強化の効果時間は約6c。妨害の効果時間は要検証だが、低知力が祟ってか短め。
計略範囲は自分中心円で、直径は戦場の4分の1よりやや狭い程度。車輪はかなり大きく、計略範囲と同程度の大きさ(Ver.3.5.0A)。

効果時間が短く自分中心円のため、他の挑発計略のように相手部隊をコントロールするような使い方は難しい。
どちらかといえば、敵を逃がさずに仕留めるような運用に向いている。
自身の素武力の高さもあり、多少の号令がかかった相手でもまとめてすりつぶしやすく、特大車輪のおかげで挑発が切れても逃がさず仕留めやすい。
ただし、士気7の大型計略なので安易な使用は厳禁。使いどころは見極めたい。

登場バージョン

Ver.3.5.0A (第十九回双子星チャレンジイベント)


EX(R)董卓(降臨)

武将名とうたく ちゅうえい怪物
董卓 仲穎「完璧なる王国を築き上げよう。
     俺だけのための理想郷を」

後漢の将軍。武勇に優れ兵士からの信望も厚いが、実は天使のような端正な容貌と、悪魔のごとき悪逆非道の思考を併せ持つ危険人物。邪魔な存在は容赦なく排除したが、綿密な証拠隠滅により追及を逃れ、董卓王国と呼べるほどの立場を築いた。
コスト3.0
兵種連弩兵
能力武力9 知力9 征圧力3
官職武官
特技勇猛 攻城
将器知力上昇
計略魔王降臨範囲内の味方が全て撤退し、撤退した味方の武力が高いほど自身の武力が上がる。一定以上武力が上がると、さらに射程距離が上がり、同時に射撃できる部隊数が増加し、敵を貫通して射撃する
必要士気5
Illustration : 烏山英司Character Voice : 佐藤拓也


イラストレーターの漫画「悪の教典」から主人公・蓮美聖司が董卓として参戦。
何気に新作のSR以外の董卓だったりする。

スペックは9/9に加えて勇猛・攻城まで持ち、おまけに征圧力3も備える3コスにふさわしいハイバランス。
将器は知力上昇・城×3で固定。
計略の効果時間を多少伸ばせる知力上昇に攻城特技も活かせる城3だが直接戦闘には寄与しない為、場合によっては持たせない選択肢もあり。

計略「魔王降臨」は超絶強化。
範囲内の味方が全て撤退し、撤退した味方の総武力+2だけ武力が上がる。
さらに武力上昇値が+12以上だと射程距離1.75倍、2部隊に同時攻撃できるようになり、貫通効果が付く。
効果時間は8.8c、将器覚醒で10c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1A)。

「魔人降臨」と違いあくまでも撤退するのは範囲内の味方のみで、ある程度生贄を絞れるのがポイント。
一方で剛弩や麻痺弩の効果はなく、機動力に長けた相手を狙いづらいのが欠点。

登場バージョン

Ver.3.5.1A (第三十七回大戦スタンプキャンペーン)


Menu

最新の20件

2021-04-14 2021-04-13 2021-04-12

今日の20件

  • counter: 386
  • today: 3
  • yesterday: 4
  • online: 39