カードリスト:晋 第3弾



UC衛瓘

武将名えいかん はくぎょく
衛瓘 伯玉「戦乱の火種は捕らえ、消し潰すのみ」

晋の重臣。学問に務め、特に書に優れた。蜀征伐には鍾会の監軍として従軍。成都攻略後、専行の目立つ鄧艾を捕らえ、間もなく鍾会の反乱を察知すると、胡淵らと共に乱を鎮圧した。その後は司馬炎に信頼され、高い官職に就けられた。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力8 知力6 征圧力1
官職武官
特技-
将器速度上昇 征圧力上昇 募兵
計略麻痺矢戦法武力が上がり、矢を当てている敵の移動速度を下げる
必要士気4
Illustration : 春乃壱


鄧艾と鍾会の死の遠因になってしまった男が、前作から復活。
晋王朝の建国後に、自身も賈南風とその一派との争いの末に悲劇的な最期を遂げている。

何と2コストにして武力8・知力6の弓の国・呉にもいない破格のスペック。
反動で征圧力1に加えて特技も無いが、弓兵なのであまり気にする必要は無い。
将器は難しいところではあるが、他を活かせる機会が多くない為募兵が第一候補だろう。

計略は汎用の「麻痺矢戦法」。
単体超絶を無力化するだけでなく、このレベルの武力の武将が使うと攻撃力があるので場荒らし能力は高い。
但し覚醒ゲージの上昇には貢献できないので、序盤〜中盤で使うとその分だけゲージが溜まるのが遅れてしまう。

総武力が低くなりがちな晋においては貴重な武力要員で、消費士気も癖も少ない計略を持ち、
レアリティも入手が容易なUCという点から、かなり扱いやすい能力に仕上がっている。

優秀なスペックとは言え計略が汎用計略な上に晋の覚醒デッキと何のシナジーもないという一見残念なカードなのだが、
このスペックの麻痺矢は、守りに徹しやすい晋の中盤の立ち回りで守城や相手の超絶対策、相手の足並み崩しと何でもこなせる。
晋の序盤に貧弱な総武力を支えるスペックを持っているのは鄧艾と比べてもコストが軽い分、デッキに組み込みやすく
王元姫や夏侯氏の計略の投げ対象としても最適と、使ってみると晋のデッキに非常にマッチする。
晋の武力不足を支えてもよいし、彼中心の混色デッキも成立するという汎用性の高さで徐々に人気が高まり
Ver2.0.0Aでの使用率は晋で5位、全体で11位という人気ぶりを示した。

「とりあえず衛瓘入れとけばデッキとして成立する」と言わしめた汎用性はやはり運営の目に入っており、
Ver2.0.0Dでかなりの下方修正を喰らってしまった。

UC王基

武将名おうき はくよ
王基 伯輿「勇に溺れ、知を捨てたか・・・・・・
    己を律せぬ者に勝利はない」

晋の武将。文・武・政すべてに長け、曹爽の増長に対し「時要論」という書を著して批判するなど、多才だった。呉との国境をよく治め、善政を敷いたほか、毋丘倹や諸葛誕の乱の鎮圧に貢献。そのまま呉侵攻を図った司馬昭を冷静に諫めた。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力8 征圧力2
官職武官
特技-
将器長槍術 士気上昇 迅速攻城
計略知将への号令晋の味方の武力が上がる。対象の知力が一定以上の場合、さらに移動速度が上がる
必要士気5
Illustration : JUNNY


魏の隠れた名将である王基が、今回は晋軍所属で初参戦。

コスト相応の武力に高知力と征圧力2を備える、高いレベルでバランスの取れたスペックを持つ。
その代わりに無特技だが、さすがにそこまで望むのは贅沢というものだろう。
将器はやや微妙だが、使うなら長槍術もしくは迅速攻城か。

計略「知将への号令」は晋軍限定号令。
範囲内の味方の武力を+4し、対象の知力が7以上であれば更に移動速度が1.6倍になると言うもの
効果時間は約8C。

全体強化としてはそれなりの性能なので、序盤・中盤の覚醒し切っていない状態でのぶつかり合いを凌ぐのにも有用。
しかしこの号令は覚醒ゲージの上昇に寄与しないので、早めに使うとその分ゲージが溜まるのが遅れてしまうので注意。
晋軍は覚醒に絡まない場合、スペックが武力偏重になりやすく追加効果が活かしづらい点も悩み。

登場当初から別段性能が悪いわけではなかったものの、どうしてもパーツに悩まされていた。
特に騎馬が素で知力7以上を持つのが鄧艾、覚醒込みでも羊祜位しかおらずどうしても覚醒絡みになり
速度上昇が十二分に活かせる機会に恵まれていなかった。
が、Ver2.0.1Bで鍾会(裁きの鉄槌)が追加され、遂に覚醒抜きでも好相性な騎馬のパーツを得た。
自身の上方修正も合わさった事で、環境でも立ち回れるデッキの一角として名を挙げた。

修正履歴

Ver.2.0.1B  範囲拡大・移動速度上昇値増加 1.5倍⇒1.6倍

SR王元姫

武将名おうげんき清らなる才媛
王元姫「いつでも子上くんのこと、
   ちゃんと見てるからね」

王粛の娘。幼い頃から聡明な孝行者で、周囲から「男に生まれていれば」と惜しまれた。15歳で司馬昭に嫁ぐと、目下の者にも謙虚な姿勢を示し、家中をまとめた。父譲りの先見の明を持ち、鍾会の野心を忠告するなど、陰から夫を支えた。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力5 征圧力1
官職-
特技防柵 魅力
将器長槍術 防柵強化 士気上昇
計略慈愛の瞳最も武力の高い味方の兵力が回復し、自軍の覚醒ゲージが上がる
必要士気3
Illustration : 萩谷薫


司馬昭の嫁、そして晋初代皇帝・司馬炎の生母である王元姫が堂々のSRで参戦。

スペックは1コスト槍としては必要な数値を持つ為優秀な部類。更に魅力・防柵の2特技を持つ。
代わりに征圧力は1止まりだが、覚醒ゲージ絡みの武将なのであまり問題は無い。
むしろ序盤の立ち回りが弱い覚醒軸のデッキにおいて、相手の攻めを凌げる防柵を持っている事が何よりも重要。
晋軍の柵持ちは、他が武力1の陳寿と覚醒絡みではない毌丘倹しかいないのも大きい。

計略「慈愛の瞳」は覚醒絡みの回復計略。
範囲内の最も武力の高い武将の兵力が5割弱回復し、更に自軍の覚醒ゲージを30%上げる(Ver2.0.0)。
回復計略である為知力依存は無し。

覚醒絡みである為、回復量は同じ単体回復である「的確な援軍」と比べると若干低め。
ただ、兵力回復は元より覚醒ゲージを僅か士気3で確実に溜められると言うのは王元姫の利点でありセールスポイント。
覚醒デッキはどうしても司馬兄弟の計略で士気を一気に吐く事になりがちである為、
低士気で確実に覚醒ゲージを上げられると言うのは、士気の回転的な意味でも非常に助かる。
他にも士気3でゲージを溜める方法はあるのだが、全て対象部隊の生存が必須である点も差別化の一つと言える。

なお、回復効果自体は勢力を一切問わない
その為、彼女が入る場合は混色の覚醒デッキを組みやすい。晋軍は割とカードプールに癖があるので一考。
ただ、混色で動かしやすい覚醒持ちとなると陳泰位になってしまうのは悩みか。

司馬昭を計略対象にすると台詞が変化する。


C王渾

武将名おうこん げんちゅう
王渾 玄沖「髪の乱れは心の乱れ。
   乱れなき私に敗北はない」

深沈典雅と評された。晋の武将。司馬昭の副将となった後、豫州刺史に任じられると、多くの兵が休暇を取っている際に呉軍十万に攻撃されたが、寡兵で撃退。呉征伐では張悌ら呉の主戦力を撃ち破り、孫晧を降した王濬と共に称えられた。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職武官
特技-
将器突撃術 地の利 迅速攻城
計略誘醒の疾駆移動速度が上がり、効果中の自軍の覚醒ゲージの上昇量が増える
必要士気3
Illustration : オンダカツキ


どういうわけか、エリート会社員のようなキャラクターにされた王渾。
ちなみにフレーバーテキストの話にはおまけがあり、本人は手柄を横取りした形になった王濬を非難している。

スペックは5/5と、オーバースペック気味な晋軍の無特技勢では割と珍しいバランス型。
但し、晋軍では貴重…と言うより晋軍で唯一の素征圧力2の騎馬。
計略を活かすならば将器は突撃術だが、速度を活かすのであれば迅速攻城も面白いか。

計略「誘醒の疾駆」は自身の移動速度を1.3倍にし、効果時間中の覚醒ゲージ上昇速度を上げる効果がある。
覚醒ゲージの上昇速度は約2倍になる。効果時間は約15C(Ver2.0.0A) 。
通常の時間経過による上昇量も含めると90%ほど溜まると見てよい。

効果時間中に雲散されたり撤退しなければ士気3で40%溜められるということを考えると、
覚醒ゲージを溜める計略としては士気対効果は高い。
しかしそれは長時間撤退しなければの話。移動速度が上がっただけの騎兵を使って序盤を凌がなければならない。
積極的に突撃させると撤退の危険がつきまとう。迎撃はもちろん、武官なので一騎討ちのリスクも出てくる。
肝心の速度強化もたった1.3倍と思ったよりも早くならず、殲滅力自体も多少上がった程度なのが痛い。

覚醒ゲージ上昇効率と自身のコストの軽さは利点だが、計略効果自体の薄さをどれだけカバーできるか君主の腕が試される一枚。

C王粛

武将名おうしゅく
王粛「見えますぞ・・・・・・
  星の流れも、時代の動きも!」

王朗の子で、王元姫の父。曹叡の側近として仕えたが、曹叡死後は曹爽の専横を嫌い、司馬一族に接近。司馬師が実権を握ると、反乱を予測して対策を献じ、司馬一族の権力強化に貢献した。この先見の明は、娘・王元姫にも受け継がれた。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力7 征圧力1
官職文官
特技伏兵
将器知力上昇 速度上昇 征圧力上昇
計略撃醒の弾劾最も武力の高い敵の武力と征圧力を下げる。さらに対象の敵が撤退すると自軍の覚醒ゲージが上がる
必要士気4
Illustration : バシウス


大戦初登場となる王元姫の父親。ちなみに父親の王朗は本作未登場。

スペックは文官らしく知力偏重。征圧力は1止まりだが、知力7伏兵を持つ以上妥当な範囲か。
将器は伏兵・計略どちらにも恩恵がある知力上昇が候補だろう。

計略「撃醒の弾劾」は覚醒絡みの妨害計略。
範囲内の最も武力が高い敵の武力-4征圧力-2
対象の敵を撤退させれば自軍の覚醒ゲージを上げられる。(Ver2.0.0.D)

覚醒絡みとしては珍しく敵を撃破してようやく覚醒ゲージを上げられる点に注意。
更に移動速度は下げられない為敵を足止めして撃破…のような使い方には向かない点にも気を付けたい。

ただ1コスト槍は士気3で覚醒ゲージを上げられる王元姫、士気4だが守りに向く+覚醒ゲージ上げに向く夏侯氏がいる。
彼を活かすのであれば、伏兵を意識し、計略使用後に敵を確実に撃破する戦闘要員の準備が必要だろう。
無理せず最高武力を狙うだけではなく、低武力にかけて確実に覚醒ゲージを引き上げる事も考えるべし。

修正履歴

Ver.2.0.0D 武力低下値増加 -3⇒-4

R郭槐

武将名かくかい
郭槐「あの人に寄りつくお邪魔虫は
      潰さないとねぇ・・・・・・」

郭淮の姪で、賈充の妻。非常に嫉妬深く、賈充が先妻との復縁を命じられると、胸ぐらをつかんで反対した。また夫と乳母が息子をあやす姿を見て浮気を疑い、乳母を殺したという。この息子は早逝し、賈一族の実権は娘の賈南風が継いだ。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力3 征圧力2
官職-
特技魅力 攻城
将器攻撃力上昇 士気上昇 攻城術
計略恐妻の嫉妬戦場にいる自身を除いた最も武力の低い味方が撤退し、武力が上がる。撤退した武将が女性(武官、文官ではない武将)の場合、効果が上がる
必要士気4
Illustration : 夢路キリコ


三国の嫁の中でもとりわけぶっ飛んだ逸話を持つ、賈充の嫁が大戦初登場。

スペックはコスト比としてはやや低めだが、征圧力2に魅力・攻城の二つの特技持ち。
前線を張る槍兵である為、攻城持ちである点は嬉しいところ。
ただ単純にスペックだけならば文欽と言う壁がある為、計略も活かした採用が主となる。
1.5コストとしては珍しい魅力+士気上昇持ちだが、他の将器が純粋に戦闘力を上げる攻撃力上昇、
特技攻城と良く噛み合っている攻城術である為優先度は低い。

計略「恐妻の嫉妬」は少々変わった強化計略。
反逆の狼煙」のように味方を一人撤退させる。誰も撤退しなかった場合は武力+1。
撤退武将は一番低武力の武将となっており、うっかり高武力を切る事はない…
のだが、代わりに切った武将が女性でなければ武力上昇は1のままと言うとんでもない制限が掛かっている。
女性を切った場合は武力+10。効果時間は約6C(Ver2.0.0)。
簡単に言えば、「切る相手をある程度絞れる代わりに武力上昇の条件が厳しい反逆の狼煙」。

兎に角制限が割と痛い為、女性単デッキ等女性を多く入れるデッキで真価を発揮する。
一応晋自体が超絶強化に乏しい為、女性が2部隊以上になる点だけ気を付ければ晋単デッキでも使い道はあるだろう。

修正履歴

Ver.2.0.0C 効果時間延長 6c→

R夏侯氏

武将名かこうし
夏侯氏「この先どんなことがあっても
    キミと一緒にいたいな!」

夏侯覇の娘。若き日の羊祜の才気に一族ともども惚れ込み、嫁ぐことになった。父が蜀に亡命すると、多くの親族に絶縁されたが、羊祜だけは態度を変えず、心身を案じ慰められたという。二人は以後も深い愛情を注ぎ、支え合った。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力4 征圧力2
官職-
特技魅力
将器長槍術 復活減少 速度上昇
計略誘醒の護り最も武力の高い味方の武力が上がり、武力ダメージを軽減する。さらに効果中の自軍の覚醒ゲージの上昇量が増える
必要士気4
Illustration : 碧風羽


父と離れた夏侯覇の娘。

スペックは特筆すべきものはないが、どんなデッキに入れても邪魔にならないものが揃っている。
同じ武力2魅力槍に王元姫がおり、あちらは柵持ちで知力もわずかに高いが、彼女は征圧力2なので住み分けができている。
特に晋は開幕乙に備えて開幕時に士気を持っておきたいので、魅力は嬉しい。

計略は最も武力の高い武将の武力を+3、武力ダメージ軽減効果を与え、効果時間中の覚醒ゲージの上昇率を上げる。
効果時間は8cで、その間に覚醒ゲージが40%程度たまる。
武力ダメージの軽減率は約40%と、この系統の計略にしては緩め(Ver2.0.0A)。

効果を詰め込まれた分、士気4の投げ計略としてはやや力不足。
覚醒ゲージ上昇も大きくはないので、この計略で覚醒ゲージを早く貯めることは司馬懿と張り合うことはできない。
ただそちらはコストも士気も重いと言う欠点がある為、比較の必要はないか。
士気はなるべく多く覚醒持ちに回したいので、その分多少覚醒ゲージの上昇は遅れてもいいというプレイヤー向き。
できる限り武力が高い武将に投げ、効果を最大限に活かしたい。

実際に覚醒ゲージを戦況に大きく関わる覚醒2まで溜めるのはそこまで慌てる必要はないのも事実。
何よりも1コストである為デッキに仕込みやすく、それでいて覚醒ゲージの増強に繋げられるならば十分だろう。
投げ計略なので自身の生存しやすい部隊にかければいいのも利点。

羊祜を計略対象にすると台詞が変化する。

UC夏侯令女

武将名かこうれいじょ
夏侯令女「この身を削ってでも
      私は意思を貫く!」

曹爽の従弟・曹文叔の妻。夫が早世すると、長髪と両耳を切り落として再婚を拒否した。曹爽誅殺後、実家に再婚を持ちかけられると、今度は鼻を削いで拒絶。烈女ぶりに感心した司馬懿から、養子をとって曹家を継がせることを許された。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力6 征圧力2
官職-
特技魅力
将器復活減少 士気上昇 募兵
計略身削ぎの決意敵と味方を弾き飛ばす。ただし自身の兵力が減る
必要士気3
Illustration : オーミー


新勢力の晋にとんでもない経歴を持つ女性が参戦。
フレーバーテキストにある逸話により、曹爽の一族を救った烈女として歴史に名を残している。
ちなみに、令女は字である。

スペックは2/6/2と晋軍覚醒無しの例に漏れず優秀な数値。しかも魅力持ち。
将器だが、計略による自滅のリスクもある為復活減少が最優先か。

計略「身削ぎの決意」は、自分中心円の範囲で範囲内の敵・味方を弾き飛ばし、自分の兵力が約5割消し飛ぶ。
計略ムービーは「よみがえる悪霊」「魅惑の笑顔」などの単体強化(号令)系と同じもの。計略イメージとマッチしているためと思われる。
手刀防御と異なり、自分から見て対象をそのまま真っすぐに吹き飛ばす。
そのため、守りに使う場合は、相手と城の間に潜り込むようにして使わないとあまり距離が稼げない場合がある。

余談だが、敵城で張り付き猛虎蹴撃で効果による城ダメージを与えた直後に孫堅に対して使う事で
城ダメージ効果を再利用する事ができる。位置取りが若干難しいが、成功すると敵城に大ダメージを与えられる。
慣れが必須である点と孫堅の守りが甘くなるのが欠点。


R賈充

武将名かじゅう こうりょ司馬家の影
賈充 公閭「嫉妬? 義憤? 笑わせる。
 この世に残るは結果のみだ」

晋の政治家で、賈南風の父。元は曹爽に仕えたが司馬懿のクーデター後に司馬一族の腹心となる。諸葛誕の反乱鎮圧、皇帝・曹髦の殺害などに暗躍し、司馬昭から厚い信頼を得た。司馬炎の皇帝即位にも貢献し、筆頭の功臣として賞された。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力4 知力9 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器遠弓術 征圧力上昇 迅速攻城
計略暗殺の密命最も武力が高い味方の武力が上がり、乱戦時の攻撃速度が早くなる。ただし対象の部隊は効果終了時に撤退する
必要士気5
Illustration : kakotomirai


父親(賈逵)とは真逆の謀臣・賈充が、今回は晋軍で参戦。
父親と声が同じなのはやはり因果か。そして父親と組むと最大士気が下がってしまうのはご愛敬。

スペックは文官のそれであり、知力9伏兵を持つ反面武力は最低限の4。
将器は弓兵と好相性な遠弓術が一番無難だろう。
単純なスペックだと張春華や武力6の牽弘がいる為、計略に目を向けた採用になる。

計略「暗殺の密命」は特殊な投げ計略。
範囲内の最も武力が高い味方の武力が+7され、更に乱戦時の攻撃速度が2.3倍になる。
大体呂姫の「乱戟無双」と同じ速度になると見て問題ない。
但し、対象の部隊は効果終了時に撤退してしまう。効果時間は9.2C(Ver2.0.0C)。

対象の部隊は乱戦にかなり強くなるが、最後には撤退してしまうのが悩み。
投げ計略でデメリットもあるにもかかわらず士気消費も5と重い為乱用も難しい。
その為復活の特技を持つ味方を酷使したいが、困った事に晋軍の該当者は武力1の党均しかいない。
晋軍のみの編成なら復活減少の将器持ちの採用を検討したいところ。

何気に計略対象の勢力を選ばない為、混色にして他勢力の相手に投げてしまうのもありだろう。
いずれにせよ、使うからには(計略のもとになったエピソード通りに)相手を殲滅して使い捨てる覚悟が必要。

司馬一族の腹心という立場だが、計略が覚醒ゲージに寄与しないので司馬一族との同時採用は苦しい。
逆に知力偏重の司馬一族が計略対象になりにくい辺りは腹心らしいと言えばらしい。

修正履歴

Ver.2.0.0C 武力上昇値増加 +6→+7

R賈南風

武将名かなんぷう変な皇后
賈南風「性的な目で見ないでください」

晋の政治家・賈充の娘で、司馬炎の嫡子・司馬衷の妃。容姿端麗、文武両道で仕事もデキる優秀な太子妃であったが、実は少し変(態)な女の子。股間に敏感、直感強めの新たな皇后として、晋国を混乱の渦に陥れた。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力4 征圧力1
官職-
特技魅力
将器知力上昇 士気上昇 征圧力上昇
計略加醒の勃興最も武力の高い晋の味方の武力と移動速度が上がり、槍兵であれば槍が長くなる。さらに自軍の覚醒ゲージが上がる
必要士気4
Illustration : 此ノ木よしる


漫画家コラボカードの1つ。元ネタは「変女 〜変な女子高生 甘栗千子〜」の主人公・甘栗千子。
フレーバーテキストからして下ネタが酷いが、元ネタがそういう作品なので致し方なし。

スペックは1コストとしては必要な物は揃っている。騎兵なので征圧力1は仕方が無いか。
女性武将なので魅力持ち。
将器は悩ましいところだが、役割を考えると知力上昇か征圧力上昇だろう。

計略「加醒の勃興」は勢力限定の投げ強化。
武力が+3され、移動速度が1.3倍になる。
ネタを尊重したのか、更に勃興(意味深)することで対象が槍兵の場合は槍(深読み厳禁)が長くなる。
ちなみに槍の長さは何と3倍(ちなみに長槍戦法は2倍)。
「誘醒」(覚醒ゲージ蓄積加速)ではなく「加醒」(計略発動の時点で一定値増加)であり、計略を投げた時点で覚醒ゲージが約40%溜まる。
そのため、計略途中で撤退しても覚醒ゲージだけに関しては損はしないようになっている。
効果時間は9.2Cとやや長め(Ver2.0.0B)。

高武力の槍兵に使って場を荒らしつつ覚醒ゲージを上げるのが基本用法になるか。
勢力限定がある為、高武力槍となると文鴦・司馬懿・胡奮辺りに投げる事になるだろう。
兵種を問わないが速度上昇は1.3倍速と別段早くならない為、他の兵種に投げて使うには向かない。

ちなみにVer2.0.0Bまでは槍の長さは2.5倍だったのだが、Ver2.0.0Cで更に伸びると言う
(ある意味)突っ込みどころ満載の上方修正を受けた。

修正履歴

Ver.2.0.0C 槍長さ延長 2.5倍→3倍
Ver.2.0.1B 移動速度上昇 1.3倍→1.?倍

C毋丘倹

武将名かんきゅうけん ちゅうきょう叛旗の旗手
毋丘倹 仲恭「不届きな逆賊に
 裁きの鉄槌を下してくれる!」

魏に仕え、各州の統治を歴任した。公孫淵が魏に反旗を翻すと当初は苦戦を強いられたが、司馬懿の指揮下で撃破に成功。その後、高句麗まで支配を広げた。しかし司馬一族が権勢を握ると立場に不安を覚え、文欽と共に反乱を起こした。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職武官
特技防柵
将器遠弓術 突破術 募兵
計略知将への反乱戦場にいる最も知力の高い味方が撤退し、自身の武力が上がる。この効果は撤退した武将の知力が高いほど大きい
必要士気4
Illustration : kakotomirai


司馬一族に反乱を起こしたのに何故か晋で参戦してしまった毋丘倹。

スペックはバランス型と特別秀でたところは無いが、晋ではVer2.0.0B現在3人しか居ない柵持ち。
後半型になりがちな晋デッキの序盤の守りには嬉しい。
但し晋の1.5コスト弓となると覚醒軸で採用しやすい張春華や武力6の牽弘がおり、
柵自体も残りの所有者が1コストと仕込みやすい為、スペックよりも計略に目を向けた採用が基本となる。
将器は遠弓術が無難だろう。

計略「知将への反乱」は反逆の狼煙に似た生贄を使う強化。
戦場内の最も知力の高い味方を撤退させ、その味方の知力に合わせて武力が上昇する。
武力上昇値は斬る相手にもよるが、大体斬る相手の知力+1〜+2で推移すると見ていい(Ver2.0.0C、計算式は要検証)。
なお、斬る相手の知力が高い程武力上昇の補正は緩くなる様子。
(Ver2.0.0Bまでは知力+0から始まり、そこから緩くなる仕様だった)
効果時間は6.7c(Ver2.0.0C)。

反逆の狼煙」と違い、デッキ構築時点で斬る相手をある程度指定できるのが強み。
また将器や計略による知力上昇も換算される。
晋軍では知力上昇を持つ陳寿や王粛と言った低コスト高知力武将もいる為、その点では相性が良い。
とは言え1部隊減る事には変わりない為、基本的には咄嗟の守りで使うような計略。
また斬る相手の勢力は問わない為、混色にしてしまうのもありだろう。

一方で斬る相手の知力に依存する点は難儀。
素知力10は全武将ひっくるめてもあまり数がおらず、知力9もそこまで多いと言うわけではない。
撤退前提という事を考えれば1コスト知力9が理想になるが、該当する武将はさらに減ってしまう。
更に最大知力であれば武力やコストを一切問わず斬ってしまう為、誤爆してしまうと悲惨な事になる。
晋軍は主力武将や号令持ちが高知力に偏り気味である為なおさらである。

単に低武力高知力を入れるだけでは、計略が強力になってもデッキパワーが落ちてしまうジレンマがある。
更にその斬る相手を戦闘中に都合よく準備できるか、ダメ計持ちを斬って相手の低知力が暴れないかなど、
割と繊細なデッキ構築が必要になってくる。それらの点を考慮したデッキを作れる、玄人向けの武将。

修正履歴

Ver.2.0.0C 撤退させた部隊の知力に応じた武力上昇値増加

C牽弘

武将名けんこう
牽弘「武人ってのは、
  健康第一だ!」

晋の武将。蜀討伐では、鄧艾に従い険しい山脈を踏破し、綿竹の戦いで功を挙げた。鄧艾が謀殺された後も混乱の収拾と戦後処理に努めた。勇敢だが思慮に欠け、揚州・涼州の統治を任されるも、樹機能の乱の最中に戦死した。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力6 知力4 征圧力2
官職武官
特技-
将器復活減少 城門特攻 攻城術
計略質実剛健武力が上がり、敵の計略対象にならなくなる
必要士気3
Illustration : 木下勇樹


名前ネタなのか、何故かラジオ体操をしているイラストにされてしまった牽弘。これもSSQか。
また、風貌が「ドラゴン」の異名を持つ、往年の名プロレスラーに似ている。

スペックは1.5コスト弓では6/4/2とかなり優秀。但しその反動で特技は無し。
将器は弓兵として見るならばやけに相性が悪いものばかり取り揃えてしまっている。
かろうじて復活減少か攻城術だが、持たせる必要は無い為どれでもいい。

計略「質実剛健」は旧作にもあった計略だが、恐らく名前ネタで持たされている可能性。
武力が+2され、敵の計略の対象にならなくなる。効果時間は約20Cと長め(Ver2.0.0A)。
所謂プチ「一騎当千」である。

ただ、弓兵である為自発的に妨害範囲に入る事は少ないのが悩み。逆に離間の計等の部隊数を必要とするカードに対して部隊数に数えられないのは利点。
基本は士気フロー対策に使うに留め、スペック要員として活用するのが無難だろう。

UC胡淵

武将名こえん せいげん
胡淵 世元「オレも武人だ。なめんじゃねえよ」

胡烈の子。17歳の若さで蜀討伐に従軍。翌年、鐘会の陰謀によって父が監禁されると、動揺する軍を率いて鐘会を討ち、乱を鎮圧した。その勇名は広く轟き、晋の主力として重用されたが、八王の乱に巻き込まれたといわれる。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力2 征圧力1
官職武官
特技覚醒
将器長槍術 突破術 迅速攻城
計略天賦の勇武力と移動速度と迎撃ダメージが上がる
必要士気4
Illustration : ニシカワエイト


胡一族・胡烈の息子は覚醒持ちで参戦。

他の覚醒武将と同じく、素のスペックは1.5コストとしては本当に最低限の数値しかない。
覚醒レベル3になれば、7/4/3と2コスト並の性能にまで強化される。
とは言えフル覚醒してようやく知力4である為、計略耐性は最後まで不安なままなので過信は禁物。
将器は計略の事を考えると長槍術が無難。

計略「天賦の勇」は超絶強化。
武力+7・移動速度1.6倍に加え迎撃ダメージまで上がる、士気4とは思えぬ豪勢な物。
効果時間は約9C(Ver2.0.0D)。
追加当初は武力+8の代わりに何と効果時間は僅か3.8Cしかないと言う急場凌ぎそのものだったが、
Ver2.0.0Dの修正で武力1分と引き換えに効果時間が2倍以上になり現在に至っている。
但し、覚醒持ち故か知力依存は変わらず0.3Cとかなり低い。

迎撃ダメージアップについては、武力99の兵力200%で速度上昇無しの騎馬を一発退場させる程。
迎撃=即死と考えて良いだろう。
効果だけを見ると騎馬に対する強烈な抑止力となり得る。


R胡奮

武将名こふん げんい知勇兼備の武人
胡奮 玄威「まだ逆らう気か?
 だったら、次はこうなると思え」

晋の武将。胡烈の兄で胡芳の父。軍略・知略ともに優れた武人で、司馬懿の公孫淵討伐に従軍して以降、姜維の北伐や諸葛誕の乱鎮圧など、戦場を問わず功を立てた。280年の呉征伐では指揮官として一軍を率い、味方の進軍を助けた。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力8 知力4 征圧力2
官職武官
特技-
将器城門特攻 突破術 募兵
計略精神統一武力が上がり、敵から受けている計略効果を消す
必要士気3
Illustration : 池田正輝


晋の生粋の武人・胡奮が大戦初登場。
風貌が伝説の某大巨人プロレスラーに何処かしら似ており、
何故かやたらガラが悪いキャラにされている…と言うより完全にヤクザそのもの。
彼に限らず、本作の胡一族は全体的にガラが良くない。

スペックは2コストにして武力8・知力4。更に征圧力まで2あり、スペック上は非常に優秀。
一方で特技無しだが、さすがにそこまで求めるのは欲張りか。
ただ、優秀なスペックの反面将器はどれも微妙な物ばかり取り揃えてしまっている。
将器枠は別の武将に譲ってしまってもいいだろう。

計略「精神統一」は汎用計略。
武力が+3され、更に相手から受けた計略の効果を消す効果を持つ。効果時間は10C(Ver2.0.0A)。
事実上の妨害計略対策になりえるが、強化計略なので連発が効かないため二度掛けの妨害には対応できない。
また効果時間も10Cとやけに長い為、士気フロー回避等で下手に撃つととっさの妨害計略にも対処できなくなる。
効果時間が長めだからと無理に打たず、あくまでも妨害に合わせて使う事を心掛けよう。

R胡芳

武将名こほう
胡芳「無骨者で結構。
   この血はアタシの誇りよ」

胡奮の娘。眉目秀麗かつ率直に意見する性格で、司馬炎の妾に選ばれた際、外戚になることを嘆く父と共に涙したという。寵愛を受けようとはせず、「無骨者の娘」と笑われた時も真っ向から言い返したが、その姿勢を司馬炎に愛された。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力2 征圧力1
官職-
特技魅力 覚醒
将器攻撃力上昇 遠弓術 征圧力上昇
計略剛血の目覚め戦場にいる晋の味方の武力の最大値が大きいほど武力が上がる。一定以上武力が上がると、さらに走射中の矢ダメージが上がる
必要士気3
Illustration : ゆきさめ


晋の名将・胡奮の娘であり、司馬炎に最も愛された妃が、旦那を差し置いて参戦。

スペックは覚醒前提なのか、1コストとしてはやや低めのスペック。
もっとも、弓兵であれば2/2程度なら珍しくない為あまり気にする程でもない。
あまり積極的に塗りに行かない弓兵なので征圧力1も許容範囲である。
将器は弓兵と相性の良い攻撃力上昇・遠弓術が優秀。弓兵の上に征圧力は覚醒で上がるので征圧力上昇は微妙。

計略「剛血の目覚め」はおなじみ目覚め計略の一種。
武力上昇は対象の武力の50%+1。効果時間は約7c。
武力13以上がいると走射ダメージが上がる。(Ver2.0.0A)
簡単に言えば晋版「弓腰姫の目覚め」だが、あちらより武力上昇値は優れている。

晋軍は超絶強化の数が少ない為、基本は号令で自身も強化した上で使う事になる。
幸い、晋軍は司馬師・司馬昭と言った爆発的な武力上昇を兼ねた号令が多い為、割と目覚めやすい方。
剛弓ダメージの武力依存は高いので、低武力には刺さりやすい一方高武力を抑えるには不安が残る。

ただ一つ問題があるとすると、晋軍の1コストは王元姫や夏侯氏と言った優秀な槍が多いと言う事か。
彼女を採用する以上、計略はある程度意識しておく必要があるだろう。

UC胡烈

武将名これつ げんぶ破獄の烈将
胡烈 玄武「俺を閉じ込めるこたぁ
      できねえぞ!!」

胡奮の弟で、胡淵の父。諸葛誕の乱に呼応した呉軍を撤退させ、武名を上げた。蜀討伐では鍾会軍の先鋒を務めたが、後に独立を図った鍾会に監禁される。しかし獄中から偽の情報を流布し、息子たちに討伐軍を挙兵させ、乱鎮圧に導いた。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力5 征圧力1
官職武官
特技-
将器速度上昇 征圧力上昇 突破術
計略武人の心得晋の味方の武力が上がる。自身より武将コストの低い味方はさらに武力が上がる
必要士気6
Illustration : 西野幸治


逸話のせいで檻をぶち破るイラストにされてしまった胡烈。

スペックは8/5と2コス騎馬としては最高峰。
高スペックの代償として征圧力1・特技無しだが贅沢は言ってられないだろう。
将器は騎馬と相性が良い速度上昇・低めの征圧力を補う征圧力上昇と優秀な物が揃っている。
速度が上がるわけではない為突破術は微妙。

計略「武人の心得」は晋軍限定の号令。
通常は武力+4だが、対象のコストが自身未満であった場合は更に武力が+2される。

条件こそあるものの、士気6を使う号令としては破格の効果を持つ。
2.5コストの数が少なく、2コストもそこまで数多く入れられない晋軍デッキとの相性は悪くない。
自身の武力が+4止まりなのが少々残念か。

欠点としては覚醒ゲージ絡みの計略ではない為、覚醒軸のデッキとはあまり相性が良くない事。
覚醒軸のデッキでは序盤で覚醒に関係なく士気6吐くのは致命的なので、どうしてもサブ号令扱いになる。
逆に覚醒が少な目〜覚醒に頼らないデッキであれば十二分にその効果を発揮できる。
本人のスペックもかなり良い為、号令に頼らずともスペック要員としての活躍にも期待できる。

修正履歴

Ver.2.0.1B 効果時間延長

C師簒

武将名しさん
師簒「こんドアホ、
  ボコボコにしたるわ!」

司馬昭・鄧艾の補佐役として働いた武将。蜀征伐では、鄧艾と共に成都までの強行軍を敢行。一度諸葛瞻に敗れ、鄧艾に斬られかけるも、決死の覚悟で挑んだ再戦では諸葛瞻を討ち取った。しかし鄧艾が失脚して討たれた際、共に惨殺された。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力3 知力4 征圧力2
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 遠弓術 速度上昇
計略弱体弓戦法武力が上がり、矢を当てている敵の武力を下げる
必要士気3
Illustration : 前河悠一


「短気な上に粗暴」との記録があるせいか、関西のヤクザみたいなキャラにされてしまった師纂。

スペックは晋軍の覚醒無し・特技無しの例に漏れず1コスト最高峰。
同名計略を持つ呉の孫瑜と比較しても特技復活の削除の代わりに知力+2制圧+1と十分に相互互換と言える。
将器も攻撃力上昇・遠弓術と弓と相性が良い物が揃う。

計略は「弱体弓戦法」。
序盤が弱めの晋軍では敵の弱体化が小粒に光るが、覚醒に絡まない点が少し難しいところか。

SR司馬懿(狼主)

武将名しばい ちゅうたつ狼顧之相
司馬懿 仲達「綺羅星のごとき英傑たちよ。
 この天下、我らが統べさせてもらおう」

司馬師・司馬昭の父で、晋王朝の礎を築いた将。諸葛亮の北伐を幾度も食い止め、魏で絶大な権力を得る。しかし曹爽の専横から魏の腐敗を予期すると、油断を誘いクーデターを決行。政敵を排し、魏の全権を司馬一族のものとした。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力7 知力10 征圧力3
官職文官
特技伏兵 魅力
将器兵力上昇 知力上昇 征圧力上昇
計略狼主の大号令晋の味方の武力が上がり、自軍の覚醒ゲージが上がる
必要士気6
Illustration : 日田慶治


三国時代の勝者・司馬懿が新勢力である晋を背負い登場。
何気に司馬懿初の槍兵としての登場になる。

スペックは知力10伏兵に計略のサイクルを早める魅力持ちだが、一方で武力はコスト比低めの7止まり。
低めの武力故か征圧力3だが、槍兵なのでコスト比低武力のフォローはしにくい。
後述の号令は覚醒持ちを入れることが必須のため、序盤のデッキの総武力は抑えめになりがち。
他の部隊で本人の武力の低さをカバーはしにくいので、自身の伏兵などを駆使し、序盤は上手く相手の攻めをいなしたい。

本人の生存性能が高くない為、将器は兵力上昇が第一候補か。
伏兵の確殺域を上げ、更に計略の効果時間を延ばす事を考えるのであれば知力上昇も悪くはない。
一方で、元の征圧力が高い為征圧力上昇は効果が薄く微妙。

計略「狼主の大号令」は覚醒ゲージに関わる英傑号令。
武力+4に、覚醒ゲージ上昇約90%で、使用時にほぼ確実に覚醒レベルが1上がる。
効果時間は知力将器覚醒時で11c(Ver2.0.0C)。
効果時間は長めだが、武力上昇が消費士気に比べて低いため、覚醒持ちと組ませることが前提となる。

晋軍専用特技である覚醒を活かす為の計略で、素早く確実に覚醒レベル上げることが出来る。
他の覚醒ゲージ上昇計略と比べて上昇値がずば抜けて高く、また号令としてそこそこの武力上昇値も持っている。
そのため、序盤はこの計略で覚醒持ちのレベルを一気に上げながら敵の攻勢を凌ぎ、
中盤以降に覚醒したハイスペックな武将と計略で一気に逆転をするという、分かりやすい形を実現出来る。
息子達をはじめとした覚醒持ち武将のスペックや計略の土台を固める司馬懿らしい役割を担うカード。

しかし覚醒ゲージを貯める能力は優秀だが、欠点も多い。
特に武力の低さは問題で、計略の武力上昇値・覚醒持ちの素スペック・自身の武力の三重苦で、序盤は致命的な武力差が生じる。
同士気の号令とぶつかり合っても、総武力で10以上も差を付けられることは珍しくなく、簡単に押し負ける事が多い。
覚醒レベル2になれば、覚醒による武力上昇もあり戦えるようになるものの、そこまでの時間帯をどう凌ぐかが課題となる。

また覚醒持ち前提の計略にも関わらず優秀な覚醒持ちに槍が多いと言う晋軍の傾向とも板挟みにされてしまっている。
特に覚醒レベル上昇後に使う計略として最有力の 「熾烈なる革命」を持つ息子の司馬師、覚醒持ち最高武力である文鴦が、揃って槍兵になっている。
逆に、兵種的には最も組みやすい騎兵の覚醒持ちである鍾会は、よりによって覚醒しても効果が上がらない計略を持っている。
弓兵である司馬昭と組ませる方法もあるが、現在のカードプールではデッキが歪になってしまいやすい。

現環境では低士気の覚醒上昇計略でも十分間に合う事も多く、この計略で慌てて覚醒レベルを上げる必要性に乏しいのも難点。

確実に覚醒レベルを上げる、という1点に強みが集約しているため、それをどこまで活かせるかに掛かっているだろう。

本人と覚醒持ちの低武力という条件に反して、実は開幕乙に適している号令である。
本人が高知力の伏兵(しかも知力将器持ち)を持っており、この号令は効果時間が通常の号令に比べて非常に長い。
覚醒レベル0→1は武力の上乗せはないが、それを差し引いても長時間の武力上昇は法具や士気5程度の計略では対処は困難。
覚醒持ちは魅力持ちが多く、息子の司馬昭は加えて伏兵も持っている。
開幕で攻勢に出て攻城を奪えると、覚醒ゲージが早々にレベル2に達することもあり、
あとは司馬昭や羊祜などの岐略で守るかとどめを刺す、といった流れが明確になりやすいので開幕狙いは積極的に検討すべきだろう。

修正履歴

Ver.2.0.0C 覚醒ゲージ上昇量増加 →約90%


SR司馬師

武将名しばし しげん沈毅の機才
司馬師 子元「この手で結末を定めよう。
    司馬仲達の後継者として」

司馬懿の長男で、司馬昭の兄。名声高く、上品な風貌で冷静な性格だったという。父と共に秘密裏に曹爽へのクーデターを画策し、洛陽を征圧した。父から実権を受け継ぐと、皇帝を廃位させるなど、苛烈な姿勢で司馬一族の体制を強化していった。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力5 知力8 征圧力2
官職武官
特技魅力 攻城 覚醒
将器兵力上昇 長槍術 攻城術
計略熾烈なる革命晋の味方の武力が上がる。さらに覚醒レベルが2以上の場合、岐略が使用できる。
【岐略】(計略発動直後にを押す事で追加効果を選択できる)
緋略>さらに兵力が回復する
蒼略>さらに武力が上がり、兵力が減少する
必要士気7
Illustration : 黒葉.K


旧作以来の登場となる司馬懿の息子。何気に大戦初のSRとしての登場となる。
撤退台詞など、やや中二病っぽいのだが、これはキャラ付けではなく史実での彼の死因がモチーフであり、
誇張抜きで目玉が飛び出してそれが死因となっている。
(左目の瘤の切除手術から間もなく毋丘倹の反乱が発生。手術の傷口が癒えぬまま出陣した為に悪化した傷口が破れてしまったのがその原因である)。

スペックは覚醒前提である為か知力8はともかく武力はコスト2にして僅か5。
前線を張る槍としては嬉しい攻城と、重い士気消費をフォローする魅力持ちだが一方で弟のように伏兵は無い。
序盤を凌ぐのには割と向かない性能である為、なるべく他の部隊でフォローを入れたいところ。
将器はどれも槍兵との相性は良いのだが、序盤を凌ぐなら兵力上昇、終盤で畳みかけるなら攻城術が良いか。

計略「熾烈なる革命」は岐略の一種。覚醒持ちである為岐略化するのは覚醒レベル2から。
基本上昇値は武力+5、効果時間は約8C(Ver2.0.0A)。
消費士気が重い上にそのまま使うと武力+5しかない為、費用対効果は低い。
だが弟と比べて使うのが推奨できない、程度のレベルであり、打つ手がないのであれば使うことを検討できる威力がある。
成す術なく落城するくらいならこの計略を撃った方がいい場面もあるので
はじめから選択肢から完全に除外しない方がよいだろう。

緋略は武力上昇値は変わらないが、これに50%の兵力回復が付いてくる。
回復効果の付いた武力上昇号令は言うまでもなく優秀。城際攻防で回復で押し込めば詰みにも持ち込みやすい。
とは言え士気7は決して軽くなく、覚醒ゲージを溜めるにも割と士気を喰う為無計画な使用は厳禁。

蒼略は更に武力が+4されるが、代わりに兵力が30%減少してしまう。
単純に武力+9を押し付けると言う点ではこちらも優秀な部類だが、兵力減少は割と痛いデメリット。
晋軍は全体回復が無く(単体回復はある)、号令を含めてもあろう事か自身しか全体回復はできない為、
単純に使用すると減った兵力に合わせてダメージ計略で狙い撃ち…もありうる。
増援の法と組み合わせる等してデメリットを抑えたいところ。

ちなみに、本作では弟共々武官だったりするので一騎討ちに注意。

修正履歴

Ver.2.0.0C 【緋略】兵力回復量減少 70%→50%

SR司馬昭

武将名しばしょう しじょう静謐の機才
司馬昭 子上「人という駒を盤上で動かすだけ
      戦も政も大差はない」

司馬懿の二男で、司馬師の弟。はじめは父や兄の補佐を務めたが、兄の死後に実権を受け継ぐと、諸葛誕の乱や皇帝・曹髦の挙兵を鎮圧。徹底した処断と恩赦を使い分けて人々の心を掴んだ後、蜀を滅亡させ、三国鼎立の均衡を崩した。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力5 知力8 征圧力2
官職武官
特技伏兵 魅力 覚醒
将器攻撃力上昇 遠弓術 守城術
計略盤石なる秩序晋の味方の武力が上がる。さらに覚醒レベルが2以上の場合、岐略が使用できる。
【岐略】(計略発動直後にを押す事で追加効果を選択できる)
緋略>さらに晋の味方の武力が徐々に上がる
蒼略>さらに晋の味方の武力が上がる。ただし武力が徐々に下がる
必要士気7
Illustration : 萩谷薫


晋の初代皇帝、司馬炎の父にして、蜀、そして実質的に魏を滅ぼした男、司馬昭。
各媒体で為政者にされたり腹黒にされたり怠け者にされたりキャラのブレが激しいが
今回は国盗りの英雄らしい冷静な支配者として登場。

そのスペックは覚醒持ちの漏れず2コストとしてはかなりの低スペック。
但し、覚醒レベルが3になれば7/10/4という2コストとしては破格のスペックになる。
兄と違い伏兵持ちである為、序盤の守りにはそこそこ強い方。
将器も全て本人の仕事と合うものが一通り揃っており、レベルが上がるまでを凌げればそこそこ優秀。

計略「盤石なる秩序」は岐略の一種。覚醒持ちなので岐略化するのは覚醒レベル2からになる。
覚醒レベル1までは晋軍の武力が+3される。効果時間は約8.8c(Ver2.0.0C)。
無論この状態では士気7吐いてたった武力+3、しかも効果時間も特段長くないとまるで使い物にならない。
岐略として使える覚醒レベル2からが本番。

緋略は初期武力上昇値が覚醒レベル1から下がり+2、そこから徐々に武力が1ずつ上がっていく。
効果時間は覚醒レベル3(知力10)で約12.5c(30秒)、発動時武力+2から+11されて効果が終了する。
武力上昇間隔は約1.26c(約3秒)程度。
蒼略は初期武力上昇値+10されるが、そこから徐々に武力が1ずつ下がっていく。
効果時間は覚醒レベル3(知力10)で約11.3c(27秒)、発動時武力+10から+1で効果が終了する。
武力低下間隔は約1.2c(約2.7秒)程度。元の武力に戻ったあたりに切れ、通常知力では武力が通常よりマイナスにはならない。

岐略はどちらも非常に強力な号令で、どちらにも有効な使い道がある。
緋略は自陣から攻め上がる多少余裕がある場面で光り、蒼略は自陣の守りや、もう敵陣深くにいる時などの急場で力を発揮する。
特に緋略は征圧力が高い覚醒持ち武将との相性がよく、上がり始めさえ凌げれば号令トップの武力上昇値を誇る。
士気12当たりから緋略で攻め上がり、効果が切れたら法具と蒼略という流れは非常に強力。

ぶつかり合いに関して言えば緋略の方を積極的に使いたい。
蒼略は確かに最初の爆発力は高いが、効果時間の半分以上は士気7に見合わない武力での戦闘になり
相手は連環や序盤にぶつからないという、士気を使う以外での対策もされやすく、急場以外ではあまり使いたくはない。
特に城際に追い詰めていない状態での蒼略は逃げられやすく序盤の高武力を生かしにくい。
武力の上がり始めを叩くために士気を使うしかない緋略の方が対策自体は難しいため、決定力は緋略の方が高い。

かと言って緋略も安全にぶつかり合える武力になるのを待っていたら、
駿才の大号令のように長い効果時間があっても、実際の戦闘時間を短くすることになる。
理想としては敵陣で緋略を使ってすぐに戦闘をはじめ、
なおかつ武力が上がり始める序盤を大した被害なく凌げるのが最も強力である。

羊祜の蒼略が緋略の最初の脆さをカバーする上に終盤を更に固くするので非常に好相性だが
合計士気12のコンボをそういつもできるものではない。
敵陣で緋略を使い、効果時間フルに攻めるために重要なのは
相手の士気の状況や法具の有無、撤退中の武将などの多くの情報を考え、序盤を凌げるかを緻密に判断すること。
それができれば試合終盤、緋略→緋略とつなぐ連打も可能。
蒼略はその条件が揃っていない場合に撃つくらいの感覚で、できる限り緋略を優先したい。

緋略での戦果を欲張ると全滅の危険もあるので、プレイヤーの状況判断が大きく勝敗に影響する。
その最高武力のすさまじさから一方的な力押しをするカードに見えて、
実際は地盤を固める周到さと大胆さを求められる、皇帝を殺した男、司馬昭らしいカード。

ちなみに仕様上緋略は知力上昇と相性が良く、逆に蒼略は相手の知力低下にやや強い。
ある程度知力操作による影響も考慮して立ち回る必要もあるだろう。

ちなみに、本作では兄共々武官だったりするので一騎討ちに注意。

修正履歴

Ver.2.0.0C
【緋略】効果時間延長11.5c→12.5c
【蒼略】武力上昇値増加 +9→+10

C司馬望

武将名しばぼう ししょ
司馬望 子初「快速で飛ばすぜっ!!!!」

司馬孚の子で、伯父・司馬朗の養子となった。魏の皇帝・曹髦の議論の相手を務め、迅速に参内できるよう特別に快速馬車を支給された。司馬師らが実権を握ると、蜀との国境の守備を任せられ、姜維に北伐する隙を与えなかった。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力3 知力4 征圧力1
官職武官
特技-
将器兵力上昇 地の利 征圧力上昇
計略疾駆戦法移動速度が上がる
必要士気3
Illustration : 長澤真


司馬一族に新たに追加された一枚。
実父と組んでも養父と組んでも最大士気が下がってしまうのは最早晋軍のご愛敬である。
更にフレーバーテキスト通り曹髦と組んでも最大士気が下がってしまう。

スペックは3/4/1と1コスト騎馬の武闘派としては優秀な部類。
他の1コス武闘派騎馬との大きな違いは将器に征圧力上昇があり、ver2.0.0D時点で唯一1コスト武力3征圧2の騎馬になれる。
そのため将器覚醒を視野に入れればスペックは1コス騎馬の中でも随一。

計略「疾駆戦法」は速度強化。
効果は単純明快で、移動速度が2.45倍になる。効果時間は7.5C(Ver2.0.0D)。

武力は上がらないので単体での殲滅力は低いが、征圧2騎馬が2.45倍で自由に走り回れるため征圧能力は非常に高い。
速度上昇が高いのでギリギリ逃げようとする瀕死の相手を連続突撃で仕留める、絡みついて高コストに落とさせるなども可能。
征圧で塗り廻る、逃げる敵を確実に落とすなど荒らし前提の使用法となるだろう。
槍が多い等で使いにくい場合も単純に素のスペック要員としての運用ができる。

ただ現状の晋軍と言う国の傾向を考えると、覚醒に関わる号令・超絶強化が主でそのギミックに絡まない武将は採用し難いという問題がある。
スペック自体は優れているので多色混成などでの使用が考えられる。

修正履歴

Ver.2.0.0D 移動速度上昇値増加 2倍⇒2.45倍

UC周旨

武将名しゅうし
周旨「鍛え上げた鋼の肉体で
  呉にとどめを刺してやる!」

晋の武将。猛勇を評価され、杜預の副将に取り立てられた。呉征伐では、夜闇に乗じて800人の兵で敵陣に侵入し、混乱した呉軍に大勝を収めた。さらに王渾と合流し、張悌率いる呉の主力と戦い猛将・沈瑩を討ち取ったとされる。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力6 知力3 征圧力1
官職武官
特技勇猛
将器兵力上昇 地の利 守城術
計略勇護戦法武力が上がり、武力ダメージを軽減する
必要士気4
Illustration : 杉浦善夫


防護計略にに定評のある晋の猛将は、今回も防護系計略を持って帰って来た。

スペックは武力偏重。そして晋軍ではたった4人しかいない勇猛持ち、かつその中でも最低コスト。
将器も兵力上昇や守城術と言った守り寄りの物が揃っている。

計略「勇護戦法」は武力上昇の付いた「防護戦法」。
武力が+2され、武力ダメージを65%カットする。効果時間は約7C(Ver2.0.0A)。
武力上昇よりもダメージ軽減が大きく、将器もあって守りには大いに貢献してくれる。
とりわけ晋軍は序盤戦にあまり強くない点も大きい。

一方で、覚醒絡みだと覚醒に関与しない計略である点が若干響く。
あまり重い計略でなく効果時間も悪くないのだが、あまり連発すると後に響く為過信は禁物。

修正履歴

Ver.2.0.1B 効果時間延長

R鍾会(翻意)

武将名しょうかい しき野心の知将
鍾会 士季「頂点以外に、
  俺にふさわしい場所があるか?」

鍾繇の末子。神童と名高く、若くして司馬一族に重用された。期待に違わず軍政両面で活躍したが、溢れる野心を司馬昭や王元姫に警戒された。蜀を滅ぼす大功を挙げた鄧艾を貶め、降将の姜維と共に反乱を企むが、人心を得られず失敗に終わった。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力6 知力6 征圧力1
官職武官
特技攻城 覚醒
将器兵力上昇 突撃術 迅速攻城
計略翻意の号令晋の味方の武力が上がる。ただし征圧する領域が反転する。
必要士気5
Illustration : 塚本陽子


三国末期の野心家・鍾会。
すっかり各媒体で高慢ナルシストキャラが定着しているが、三国志大戦でもそれは避けられなかったようだ。
(現シリーズの前に販売していた三国志大戦TCGの時点で既にそんなキャラ付けがされていたが)

晋軍ではたった2枚しか存在しない2コスト騎兵。スペックは覚醒持ちの例に漏れずコスト比最低レベル。
しかしこのスペックが覚醒レベル3には8/8/3攻城騎兵と2コストとしては十分すぎるスペックに変貌する為、
確かに自身の才に酔うだけの実力は発揮できる。
ただ覚醒が最大になっても不和だったとされる鄧艾に武力知力とも一歩及ばないというのがなかなか凝っている。
将器は難しいところだが、どれも特段必要と言うわけでもない為好みで決めて構わない。
ただ2コスト騎馬のライバルが素武力8の胡烈である為、覚醒や計略で差別化を図りたいところだが、
本人を暗示するかのようにこれがなかなかの曲者。

計略「翻意の号令」はデメリット付きの号令。
武力+5が7.5~8c(覚醒による知力変動)続くが、翻意の計を喰らった時のように征圧領域が反転する(Ver2.0.0A)。

士気5で英傑号令並みの武力上昇を得られる点は破格だが、一方で征圧領域の反転は結構痛い。
征圧領域反転での塗りのデメリットはは、味方部隊の征圧力が低ければある程度軽減する事が出来る。
が、鍾会は覚醒持ちであり覚醒レベルが上がれば上がる程征圧力が上がってデメリットが大きくなっていく。
勿論覚醒持ちを増やせば言わずもがな征圧領域が広がって歯止めが効かなくなる。
その状態でも城に張り付いたり、城際のローテで使えば問題ないのだが、
逆に言えば低士気号令でありながらその状態でしか使う事が出来ないと言う事でもある。
総括すると、覚醒レベルが上がれば上がる程逆に使いにくくなる号令である。

故に、一般的な覚醒デッキの立ち回りには合わない。
効果は悪いわけではないのだが、覚醒持ちを入れて攻め上がる場合、早くゲージを貯められればそれだけ有利になり
序盤はゲージ貯めに専念したいのだが、そうなると尚更この号令を使えばゲージを貯めるのが遅れてしまう。
そしてゲージが溜まれば今度は覚醒持ちの計略がメイン計略になる上に自身の計略が局地化してしまう。

その為普通の覚醒デッキに仕込むよりは、自然に覚醒ゲージが上がるのを待ちながら立ち回るのに向いている。
低士気で高い武力を得られる事から、開幕で一気に落城を狙うデッキにも合う。
ある意味、晋と言う国の特性に(史実どおり)真っ向から叛逆している武将。

修正履歴

Ver.2.0.0C 効果時間延長
       計略範囲拡大
Ver.2.0.1B 効果時間延長
       計略範囲拡大


UC諸葛誕

武将名しょかつたん こうきゅう叛旗の旗手
諸葛誕 公休「私も疑われているのか?
     しかし・・・・・・だが・・・・・・!」

魏の政治家で、諸葛亮や諸葛瑾の従弟にあたり、「蜀は竜、呉は虎、魏は狗を得た」と評された。曹爽失脚後は司馬懿に重用され、司馬懿の元でも毋丘倹討伐などで功を挙げたが、司馬一族の専横や誅殺の危険を恐れ、ついに反乱を起こした。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力6 知力5 征圧力1
官職武官
特技-
将器突撃術 復活減少 征圧力上昇
計略乱戦武力が上がる。ただし自軍の内乱ゲージが増加する
必要士気3
Illustration : 前河悠一


旧作ではム○カみたいな見た目にされてしまった諸葛誕。
「狗に例えられた」と言う事から、本作では犬の被り物を被った見た目になった。

スペックは1.5コスト騎馬としては最高峰。反動で征圧力は1・特技無し。
将器は騎馬と相性が良い突撃術・征圧力上昇がある。復活減少は生存率の高い騎馬では微妙か。

計略「反乱戦法」は文欽・文虎が持つ物と同じ。
武力が+5されるが、代わりに自軍の内乱ゲージが3ブロック溜まってしまう。
デメリットはあるが、士気3で武力+5の恩恵は大きく、
デメリットがあまり気にならない攻めている時や急場の防衛等、意外と役に立つ機会は多い。
とはいえ、乱発するような計略でも無いので、スペック要員としての採用が主になるだろう。

ライバルは同じ武力6騎馬の周旨。
あちらは知力は3だが勇猛持ち、守城戦で扱いやすい低コスト計略を持っている。
将器、計略ともに防衛向きなあちらとは違い、場所を選ばない使いやすさが諸葛誕の売りなので、
デッキによって上手く使い分けたい。

UC張華

武将名ちょうか もせん
張華 茂先「羊も、人も・・・・・・
   精いっぱい導くだけさ」

幼い頃に父を失い羊飼いをしていたが、聡明さを買われ、文官となる。善良で人物眼に優れ、優秀な人材を推挙したほか、羊祜と共に呉征伐を進言するなど功を挙げた。たびたび妬まれ讒言されたが悪女・賈南風にも一目置かれ、朝政を司った。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力6 征圧力1
官職文官
特技伏兵
将器突撃術 士気上昇 速度上昇
計略誘醒の征助最も武力の高い晋の味方の征圧力が上がり、効果中の自軍の覚醒ゲージの上昇量が増える
必要士気3
Illustration : 鹿澄ハル


実は先祖が漢王朝建国の立役者の一人である名臣・張良(つまり張翼とは先祖が同じ)説がある西晋の名臣は、
若き日を思わせる羊飼いスタイルで参戦。
ちなみに彼が推挙した人物には陳寿がいる。つまりある意味彼がいないと三国志は編纂されなかった。

スペックは文官のそれで知力寄り。知力を活かせる伏兵持ちだが、代わりに征圧力は1。
最も、彼が入るであろう覚醒デッキは他で征圧力を稼げるので大して問題ではない。
将器はどれも騎兵としては無難に好相性。

計略「誘醒の征助」は勢力限定の投げ計略。
対象の征圧力を+2し、対象が生存している限り覚醒ゲージの上昇率が上がる。
効果時間は約12c。

SR張春華(氷の微笑)

武将名ちょうしゅんか狼の賢母
張春華「仲達さまの障害は
 私が露払いしておかないと・・・・・・」

司馬懿の正室。司馬師・司馬昭の母。夫に劣らず非常に博識な賢母だった。しかし司馬懿の障害となる者を切り捨てたり、夫婦喧嘩の際には息子達と断食を始めて自害を図るなど、夫からは冷徹な智謀と苛烈な行動を恐れられたともいわれる。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力7 征圧力2
官職-
特技魅力
将器士気上昇 征圧力上昇 守城術
計略氷の微笑敵の武力を下げ、自軍の覚醒ゲージが上がる
必要士気4
Illustration : 五十嵐睦


晋に移った張春華は弓兵で登場。

魏時代との違いは知力+2のみ。その為5/7/2魅力持ちと1.5コストとしては十分な良スペック。
将器は弓兵との相性が良い守城術が優秀。
晋軍はできる限り士気が欲しい勢力なので士気上昇は使い道はなくないが、征圧力上昇はほぼ使い道は無い。

計略「氷の微笑」は相変わらずの武力低下妨害。
武力-4に覚醒ゲージ上昇約40%程度がつく。
効果範囲は自身の前方、直径4マス程度の円で、回転可能。
効果時間は自身と同知力に7c程度、知力6に9c弱、知力10に4c強(Ver2.0.0A)。
知力依存がとても強く、効く相手を選ぶ。

士気4にして武力-4で追加効果持ちと言う破格にも程がある妨害計略。
その分妨害としては効果範囲が少し狭く、若干相手の複数部隊を範囲に捉えるのは難しい。
覚醒ゲージの上昇率は掛けた部隊数に依存することはないため、必要なら1、2枚相手でも使って良い。
とりあえず主力に撃つだけでもまず損しない優秀な妨害である。

ちなみに夫とは覚醒ゲージを貯めるという方向性がかぶっており、計略面での相性はやや悪い。
息子は、司馬昭とは兵種が同じ弓兵であり、号令デッキとしては共存させにくいか。
血縁者で組む相手としては槍兵を率いる司馬師が最も無理なく組めるだろう。

あまりにも使い勝手が良すぎた為か、Ver2.0.0Dで効果範囲が狭くなってしまった。

R陳寿

武将名ちんじゅ しょうそ志を綴る者
陳寿 承祚「かつて三つに分かれていた天下・・・・・・
      その物語を、ここに記そう」

「三国志」の著者。はじめ蜀に使えたが、黄皓に逆らったため免職される。後に同門だった羅憲の推挙を受け、司馬炎から史書の編纂を命じられた。たびたび免職の憂き目に遭うも「三国志」編纂を成し遂げ、高い評価を得た。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力9 征圧力2
官職文官
特技防柵
将器知力上昇 征圧力上昇 守城術
計略誘醒の教え最も武力の高い晋の味方の知力が上がり、効果中の自軍の覚醒ゲージの上昇量が増える
必要士気3
Illustration : 一徳


正史の著者は、晋勢力で参戦。

スペックはかなり知力寄り。晋軍ではたった3人しかいない防柵持ちだが武力1がかなりつらいところ。
知力9にして伏兵を持たないのが残念だがさすがにやむなしか。
将器は覚醒するなら守城術が無難。乱戦はまともにできない為、敵の攻城を牽制できるのはかなり大きい。

計略「誘醒の教え」は投げ知力強化。
知力+4が何と31.3Cも続く。更に覚醒ゲージの上昇速度を上げる効果も付いている。
士気3ながら敵計略の耐性を上げつつ覚醒ゲージを増やせるのは地味ながら強力。

ただし難点もある。
一番の問題は効果が勢力事情と少しずつ噛み合わない点だろう。
覚醒ゲージ上昇を活かすためにはなるべく序盤で使いたいが、早く使いすぎるとコンボにする前に効果が切れてしまう。
コンボに繋げないと士気3を丸々覚醒ゲージ上昇に当てたことになるわけで、士気差ができてしまう。
序盤から中盤にかけてが辛い晋にとってこの士気差は地味に痛い。

またコンボを意識して中盤以降に使うのも少々悩ましい。
というのも参戦時点での晋には士気5で優秀な計略が多数揃っているため、それらを繋げるだけで強力な立ち回りが可能となっている。
晋軍自体が特別知力依存が高い計略に乏しいのも拍車をかけている。

いかに無駄使いせずにこの計略を使いこなせばいいのかをよく考えてデッキに採用していきたい。

R陳泰

武将名ちんたい げんはく沈着勇武
陳泰 玄伯「侵略者よ、
  そこで永遠に歩みを止めろ」

陳羣の子。清廉で義理堅く、父とは異なり軍事にも才を発揮した。郭淮の死後、雍州・涼州の軍事を一手に担い、鄧艾や胡奮と共に姜維と戦った。鄧艾とは作戦を巡り議論したが、その才能を認め「忘年の交わり」を結んだという。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力6 知力6 征圧力2
官職武官
特技勇猛 覚醒
将器兵力上昇 速度上昇 募兵
計略義将の弓技武力が上がる。さらに覚醒レベルが2以上の場合、岐略が使用できる。
【岐略】(計略発動直後にを押す事で追加効果を選択できる)
緋略>さらに射程距離が伸び、同時に弓攻撃できる部隊数が増加する
蒼略>さらに走射中の矢ダメージが上がり、矢を当てている敵の武力を下げる
必要士気5
Illustration : 春乃壱


鄧艾の朋友たる陳泰は、本作では晋軍として参戦。
両親と組むと最大士気が下がってしまうのはご愛敬。ちなみに母親は荀氏である。

スペックは覚醒持ちの例に漏れず2コスト最低クラス。
但し勇猛がある為、覚醒で能力が伸び切っていない間でも不意の一騎討ちには強い。
将器は難しいところだが、計略の都合上基本が後方支援である為募兵が無難。
計略中に敵と接触しない位置取りが重要なので速度上昇も有用。

計略「義将の弓技」は覚醒絡みの岐略。覚醒レベル2から岐略化する。
基本効果は武力+5が9C(Ver2.0.0)。
そのまま使うには士気5で+5と、ちょっと強い強化戦法でしかない為士気対効果に見合っていない。
岐略化してからが本番だろう。

緋略は射程が1.5倍になり、更に3部隊を同時攻撃できるようになる。
敵全体にダメージをばら撒く事が出来る事から、守りに向いた効果と言える。
乱れ撃ち系統では数少ない遠弓効果もある為、相手を逃がしにくいのも利点。
蒼略は剛弓状態になり、矢を当てている相手の武力を-6する。
こちらは単純に武力差を押し付けた上で、剛弓で大幅に削ると言う戦術が単純ながら強力。
どちらも覚醒レベル2を要するだけあって非常に強力だが、ただ一つ麻痺矢効果は無い為注意。

ただ2コスト弓である都合上、現状存在する覚醒絡みの号令デッキには仕込みづらい。
兵種が完全に被る司馬昭はともかく、司馬師の方に入れても序盤のデッキパワーが酷い事になってしまう。
何より最初から武力8の衛瓘の存在が重く、使い勝手がいい麻痺矢戦法持ちで序盤でも小回りがきくあちらの方が採用しやすい。

覚醒レベルさえ稼げれば計略自体は強力な部類なので、
無理にデッキパーツとして立ち回らせるよりも、陳泰本人を活かすような構成の方が光るだろう。


SR鄧艾

武将名とうがい しさい討蜀の功将
鄧艾 士載「天を知り、地を制し、
     我らは勝利する」

司馬一族に重用された武将。常に地形の把握に努め、政治面では大運河の建設や農政、軍事面では姜維の北伐の阻止に活躍した。蜀征伐を命じられると、鍾会が姜維相手に手こずる中、断崖絶壁を踏破して一気に成都を攻略。蜀を滅亡させた。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力9 知力9 征圧力1
官職武官
特技-
将器突撃術 地の利 攻城術
計略醒伐の神速行武力と移動速度が上がり、自軍の覚醒ゲージが上がる。さらに敵を撃破するたびに自軍の覚醒ゲージが上がる
必要士気5
Illustration : 杉浦善夫


討伐の英雄にして、哀しき最期を遂げる事になる鄧艾。

スペックは何と2.5コストにして武力9・知力9と言う凄まじい数値。
その代わり征圧力は1止まりで特技も一切なしだが、戦闘力・計略耐性・伏兵耐性全てにおいて隙の無い性能。
将器は計略を考えると突撃術が第一候補。ただ、覚醒主体のデッキは初期武力が低く施設破壊が困難な為、
高武力高機動を活かした施設破壊が容易になる地の利も候補となるか。
Ver2.0.1A現在、晋軍はカードプールも少なく騎馬に不得手と言う事情もある。

その低い征圧力も後述の計略で覚醒レベルを上げれば、覚醒持ちは試合中に征圧力が最大2上がるため
後半戦では全く気にならなくなってくる。
何よりも晋の2.5コストは司馬懿は武力、文鴦は知力に不安を抱えている為、
武力・知力を高い水準で備えると言う点は非常に頼りになる。

計略「醒伐の神速行」は覚醒レベルを上げる騎兵強化。
武力+5に加え、移動速度が1.7倍される。効果時間は約8c。
計略使用時に覚醒ゲージ+30%、効果時間中に敵を撤退させるごとに覚醒ゲージ+25%される。

計略発動時にも覚醒ゲージは上がるのだが、真価を発揮するのはやはり敵を撃破した時。
この計略で敵を撃破すればする程覚醒ゲージの溜まりは早まり、それだけ覚醒持ちの真価も発揮しやすくなる。
勿論最大限に活かすならば突撃を利用すべきだが、幸い撃破時に鄧艾が触れていればいい為、
時には乱戦ですり潰してしまう事を考慮したい。

だが1部隊も撃破できなかった場合は、最初に追加される30%の覚醒ゲージ増強しかない為、
その点では士気不相応の効果と言う事になってしまう。
覚醒デッキに入れる以上は乱発できる計略ではない為、漠然と使ってろくに覚醒ゲージを上げられなかった…
と言う事態はなるべく避けたいところ。

ただ晋軍は「武力が上がる神速計略」が、実はこれしかない為、
覚醒ゲージが十分溜まった以後は全く撃つ必要がない…と言えばそうでもないのも事実である。
いずれにせよ、計略を使うタイミングは十二分に考慮したい。

序盤のデッキ武力を支えるスペックも含め、総じてデッキの運命を左右するカード。

C党均

武将名とうきん
党均「お金も貰えるんだよ〜?
  嫌いな奴はトばしちゃえ!」

鄧艾の参謀。姜維の北伐に悩まされる鄧艾の命を受け、蜀の都・成都に潜入。黄皓が専横していることを知ると、賄賂を贈って姜維を呼び戻すよう唆した。やがて姜維は謀反の疑いから成都に召喚され、北伐を中断させることに成功した。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力1 知力8 征圧力2
官職文官
特技復活
将器復活減少 地の利 速度上昇
計略帰城の讒言最も武力の高い敵を一瞬で城に戻す。ただし敵軍の士気が上がる
必要士気4
Illustration : ともひと


フレーバーの逸話が原因で、人間の耳サイズの小人にされてしまった鄧艾の参謀。

スペックは完全の文官のそれであり、この低武力高知力で持っている特技は伏兵ではなく復活。
一応復活持ちの征圧力2は珍しいのだが、武力1の槍が征圧に走ったところで結果はお察し。
将器に復活減少がある為回転率は凄まじいが、わざわざ武力1を回す必要があるかは人次第。
なら計略でこの枠に割って入りたいところなのだが、この計略も非常に癖が強い。

計略「帰城の讒言」は相手にかけるタイプの転進計略。
範囲内の一番武力の高い相手を強制的に城に戻すが、その代わり相手の士気を+3してしまう。

兎に角デメリットが目立つ為使いにくそうに感じるが、守城限定で見るのであれば使えなくもない。
一度敵城に強制的に戻してしまえば、その部隊が再度攻城ラインに戻るには相応の時間を必要とする。
移動速度が遅い槍兵や攻城兵に対しては特に時間稼ぎができるだろう。
超絶強化や城にねじ込むタイプに対してかなり有効で、戦線復帰までの効果時間を浪費させられる
というのは他の計略ではなかなかできない。
主力計略を一点に絞ったデッキが、こちらの城に近づけば近づく程刺さり方が強くなると言える。
また、先撃ち限定になるが号令役等のキーカードを戻してしまえば、残るのは武力そのままの部隊なので、
各個撃破もやりやすくなる。

一方で、デッキに裏の手を相応に仕込んであるデッキに対しては有効に働かない。
また、消耗戦重視のワラデッキ相手に対してもかなり刺さりは悪い。
そうなれば手を一つ潰しただけで士気3を献上している事に他ならないので、後はやられたい放題である。

良くも悪くも、相手のデッキとの相性が露骨なまでに出るカード。

UC鄧忠

武将名とうちゅう
鄧忠「昨日より今日、今日より明日!
    もっと強くなってみせる!」

鄧艾の子。若くから父に劣らぬ武勇を奮い、蜀軍の北伐を阻んだという。蜀侵攻の際は、父と共に断崖を超えて都に迫った。諸葛瞻との戦いで一度敗れて父の叱責を受けたが、身命を賭して挑んだ再戦で勝利を収め、汚名を雪いだ。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力2 征圧力1
官職武官
特技覚醒
将器攻撃力上昇 兵力上昇 速度上昇
計略新鋭の目覚め戦場にいる晋の味方の武力の最大値が大きいほど武力が上がる。一定以上武力が上がると、さらに槍撃ダメージが上がる
必要士気3
Illustration : 五浦マリ


大戦初登場となる、鄧艾の息子は覚醒持ちで登場。

スペックは覚醒持ちらしく1コスト2/2/1と低め。
覚醒すれば1コストとしては十分すぎるスペックにまで伸びるが、それでも1コスト槍なので過信は禁物。
将器は槍兵とは無難に相性が良い物が揃う。

計略「新鋭の目覚め」は目覚め計略の一種。
武力上昇は対象の武力の50%+1。効果時間は約7c。
武力13以上がいると槍撃ダメージが上がる。(Ver2.0.0A)

だがこの計略は移動速度も槍の長さも変化がない為、そのままの状態で敵に槍撃を叩き込むのはかなりのスキルがいる。
ライバルの胡芳の方がそのダメージの恩恵を出しやすく、魅力も持っているため
槍という兵種を生かさなければ彼女が優先されてしまうだろう。

何よりも晋の1コスト槍のライバルの存在が重い。
覚醒補助に加えて防柵まである王元姫、覚醒補助に加え序盤の不利を凌げる夏侯氏は特に強敵。
彼を採用するのであれば、デッキバランスも相応に考慮する必要があるだろう。

UC馬隆

武将名ばりゅう
馬隆「奇妙奇天烈極まる策、
  よーく味わってくださいよ!」

晋の知将。樹機能が二番目の反乱を起こした際、諸将が躊躇する中でただ一人名乗りを上げ、精鋭を連れ出兵。敵が鉄甲で武装していたため、強力な磁石を用いて動きを止め、自軍には皮鎧を着せて撃破させた。降伏兵は一万人にも及んだという。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器知力上昇 地の利 速度上昇
計略磁縛の計最も武力の高い敵の移動速度を下げる。この効果は対象の知力が低いほど大きい
必要士気4
Illustration : Daisuke Izuka


その逸話のせいで、全身に磁石を張り巡らせた奇妙な姿で参戦した晋の智将。
ちなみにイラスト再現の結果、文官では珍しく双剣スタイルである。さすがに磁石は再現されていないが。

スペックはバランス型。伏兵持ちだが、能力の傾向が極端な晋軍の中では大分地味。
将器は伏兵・計略と好相性な知力上昇がいいだろう。また王基の知将への号令の追加効果も満たせるようになる。

計略「磁縛の計」は相手の知力に依存する単体連環。
その仕様ゆえ、高知力に対しては効果時間もさながら効果も期待できない。
呂布を始めとした高武力・低知力の武将をピンポイントに狙う計略と言える。

何の因果か、知力1の上に計略で速度を落とす樹機能には物凄く刺さる。さらに専用台詞まで有り。

修正履歴

Ver.2.0.1B 効果時間延長

R文鴦

武将名ぶんおう じけん三国最後の勇将
文鴦 次騫「どこまでも男らしく!
  それがオレの生き様だあっ!」

文欽の子。若くして趙雲に匹敵する武勇の持ち主と謳われた勇将。反乱を起こした父に従って司馬師と戦い、あと一歩まで追い詰めた。父の死後、その勇名から司馬昭に降伏を許されると、以後は晋の将軍として各地で戦い、名を馳せた。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力8 知力2 征圧力2
官職武官
特技勇猛 覚醒
将器攻撃力上昇 長槍術 迅速攻城
計略乾坤一擲武力と兵力が上がる。さらに覚醒レベルが2以上の場合、岐略が使用できる。
【岐略】(計略発動直後にを押す事で追加効果を選択できる)
緋略>さらに全方向に槍の無敵攻撃を行い、敵と接触しても攻城ゲージが増えるようになる
蒼略>さらに移動速度と槍撃ダメージが上がる
必要士気5
Illustration : 杉浦善夫


三国時代最後の勇将であり、趙雲の再来とされた文鴦は今回は晋所属。
地味に文鴦の字に触れられたのは三国志大戦では初。

スペックは武力偏重。覚醒持ちとは言え武力8に対して知力2。
あまつさえ2.5コストである為うっかり伏兵を踏んで即死してしまわないよう気を付けたい。
覚醒である程度補えるとは言え最大まで上がっても知力4止まりである為、妨害・ダメージ計略には要注意。
一方で武力は覚醒しきると10と、趙雲どころか呂布並みまで上がる。単純な白兵戦では敵なしだろう。
将器は汎用性なら攻撃力上昇・緋略重視なら迅速攻城・蒼略重視なら長槍術が好相性。
文鴦との相性と言うよりは文鴦の動かし方によって良し悪しが変わるタイプと言える。

計略「乾坤一擲」は覚醒絡みの岐略。
基本効果は武力+5・兵力回復40%と、「士気重めの奮激戦法」と言った趣の計略。
武力上昇・効果自体は悪くないものの、覚醒軸のデッキだと覚醒レベルが上がり切らない状態で士気5は重い。
この状態で撃てるのは完全に文鴦を軸にしたデッキ位である。

覚醒レベル2からは岐略を選べる。どちらも基本効果は強化されない珍しいタイプ。
緋略の場合は大車輪状態になり、加えて攻城中に乱戦されても攻城ゲージが溜まる。
蒼略の場合、剛槍効果に加え速度上昇(1.7倍)が追加される。
緋略は敵城門で使えと言わんばかりの効果である。
文鴦本人の攻城力が高いため、城門で使用すれば相手に大きなプレッシャーを与えられる。
特に相手の騎馬は突撃を封じられ、乱戦しても攻城を防げない。魏や群雄の騎馬単デッキにとっては涙モノである。
しかし横弓や守城術の効果は受けてしまうため注意。

一方蒼略は戦場中央付近で征圧戦を繰り広げる際に無類の強さを発揮する。
向かってくる敵に一方的に剛槍を叩き込めるうえ、逃げる騎馬すら追いかけて兵力をゴリゴリ削ることができる。
更には蒼略を打てる頃には文鴦自身の征圧力が3以上になっている為、相手が嫌がって逃げたマスを自ら塗り替えて行ける。
兵力回復効果により継戦能力も高い。

素の武力の高さに加え、いずれも強力な岐略の使い分けにより勝ち筋を複数作り出せる柔軟性が売り。

Ver2.0.0Cにて武力上昇量が+6から+5と調整を受けた。
緋略車輪でのゴリ押し力に如実に影響するが、蒼略の槍撃への影響は少ないため、蒼略主体の戦術ならばこれまでと変わらない用法ができるだろう。

修正履歴

Ver.2.0.0C 武力上昇値減少 +6→+5

UC文欽

武将名ぶんきん ちゅうじゃく叛旗の旗手
文欽 仲若「どけい、どけい!
   巻き込まれても知らんぞ!」

文鴦・文虎の父。武勇に優れた猛将だが、傲慢な態度から周囲の憎しみを買った。毋丘倹と組んで反乱を起こすも失敗し、呉へ亡命。後の諸葛誕の乱では援軍として共に籠城したが、元より二人の折り合いは悪く、対立した挙句に斬られた。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力6 知力4 征圧力2
官職武官
特技-
将器復活減少 同盟者 迅速攻城
計略乱戦武力が上がる。ただし自軍の内乱ゲージが増加する
必要士気3
Illustration : チェロキー


今回の文欽は晋軍で登場。
息子の文鴦にも言える事だが、「むしろ魏ではないのか」とか「呉ではないのか」は禁句である。

1.5コストとしては優秀な武力6に加え、武闘派としてはそこそこ高めの知力4。更に征圧力も2と非常に優秀なスペック。
その反動で特技は無いが、さすがに欲張りか。
将器は呉の宋謙に続く復活減少がある。槍兵である為撤退しやすい事を考えると相性はかなり良い。
また呉に亡命した為か同盟者も持つが、コスト比高武力で同盟者持ちは地味に希少な存在で
どんなデッキに居ても邪魔にならない1.5コスト槍が持つというのも嬉しい。
晋絡みの多色デッキの開発が進めば頻繁にお呼びがかかるようになるかもしれない。

計略「反乱戦法」は強化計略。
士気3で武力+5を得られるが、代償として瞬時に内乱ゲージが3つ分増加する。
相手に攻められているときに使用すると、大抵は内乱を献上することになる。
が、逆に攻めているときにはほぼノーリスクで士気効率がいい強化を打てることになる。

C文虎

武将名ぶんこ
文虎「まったく、父も兄も勝手だ・・・・・・
  はいはい、戦えばいいんでしょ!」

文欽の子で、文鴦の弟。父に従い反乱のに参加するも、敗れて呉に亡命。後の諸葛誕の乱で父が殺されると、兄と共に司馬昭に降伏し、籠城する兵に降伏を呼びかけ士気を下げた。乱が鎮圧されると、父の亡骸を引き取り丁重に弔ったという。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力3 知力3 征圧力2
官職武官
特技-
将器復活減少 同盟者 迅速攻城
計略乱戦武力が上がる。ただし自軍の内乱ゲージが増加する
必要士気3
Illustration : オーミー


文鴦の弟が晋登場時点では唯一となるコスト1武力3槍兵として初参戦。

スペックは3/3/2と1コストとしてはかなり優秀な部類。特技は無いがさすがに欲張りか。
何気に将器は父親である文欽と全く一緒である。
撤退しやすいコスト1槍兵にあって、復活減少の将器を持つのはありがたい。
だがより輝くのは同盟者で、同スペックの蜀の孟達が蜀絡みの多色デッキでよく使われたように
彼もまた晋絡みの多色デッキではお呼びがかかることも多くなるだろう。

計略も父親と同じ「反乱戦法」。
士気3で武力+5と士気対効果は大きいが、内乱ゲージを3つ増やしてしまう。
均衡〜優勢時はあまりデメリットは気にならないが、乱発は避けたいところ。

R羊徽瑜

武将名ようきゆ
羊徽瑜「古人いわく、小さな善行は怠らず
  小さな愚行は改めるべし、です」

羊祜の姉。三人目の正室として司馬師に嫁いだ。聡明さと才知を持ち合わせ、陰ながら実家と婚家の間を取り持ったとされる。過去の偉人について造詣が深く、逸話をもとにして三種の教訓を世に残した。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力7 征圧力1
官職-
特技伏兵 魅力
将器士気上昇 速度上昇 守城術
計略水計敵に水によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気7
Illustration : 風間雷太


羊祜の姉であり、司馬師の嫁である才女が大戦に初登場。
羊一族と言う事か、羊の角もしっかりついている。絵師も同じ。

スペックは武力・征圧が1という最低限レベルだが、知力7と伏兵・魅力の二つの特技で補っている。
将器は士気上昇や守城術など、1コストで使うには悪くないものが揃うので、必要に応じて覚醒させよう。

計略は魏でおなじみの「水計」で、シンプルで分かりやすいダメージ計略
Ver2.0.0A現在の晋軍では唯一のダメージ計略である。1コストである為にデッキには仕込みやすい。

但し覚醒絡みのデッキになると、逆にその重い士気消費が足枷になりかねない。
その為どちらかと言えば、あまり覚醒に頼らずに立ち回るデッキ向けと言える。
弟はともかく、旦那である司馬師との相性はかなり悪い。

C楊欣

武将名ようきん
楊欣「ドジなんて踏んでませんよ?
    ・・・・・・ひゅー、ひゅー・・・・・・」

晋の武将。臆病な小物だったという。蜀征伐では別働隊として敵陣を焼き払うも、駆けつけた姜維と一合斬りあっただけで逃走。追撃する姜維が落馬すると、とどめを狙うが反撃され自身も落馬。自軍の兵にかろうじて救助された。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力2 知力2 征圧力3
官職武官
特技-
将器復活減少 速度上昇 突破術
計略遁走戦法移動速度と征圧力が上がり、武力ダメージを軽減する。さらに向いている方向に強制的に移動する
必要士気4
Illustration : 山本章史


あまりにも情けない内容がフレーバーに書かれてしまっているが、史実ではむしろ逆である勇将。

晋軍唯一の歩兵だが、スペックは2/2と演義での彼を暗示するような低スペック。
一方で、晋軍では他に司馬懿しかいない征圧力3の持ち主。
とは言え通常戦闘には期待できない為、サイクルを回しやすくなる復活減少を持たせるのが無難か。
計略で無理矢理守りを任せるならば突破術も面白いだろう。

計略「遁走戦法」は牛輔の持つ「脱兎戦法」の亜種。
征圧力が+1・移動速度が3倍になり、武力ダメージを実に95%削減するものの、代わりに向いている方向に強制移動してしまう。
効果時間は約6.7C(Ver2.0.0A)。

ダメージ軽減率は防護計略トップを誇るが、やはり強制移動(しかも3倍速)してしまうのが悩み。
移動速度が異常に上がる為2倍迎撃の対象だが、ダメージ軽減率もかなり高いので迎撃はあまり気にならない。
基本の使い方はやはり、牛輔同様塗り要員や自城防衛になるか。
牛輔と違い武力は下がらない為計略中も多少相手にダメージを入れられるが、効果時間もそれだけ長い点に気を付けたい。

R羊祜

武将名ようこ しゅくし羊陸之交
羊祜 叔子「この目で見たものを信じたい。
     相対する敵の心さえも」

晋の武将。慈悲深く聡明であり、司馬昭・司馬炎に重用された。対呉の最前線・荊州で陸抗と軍略を競わせる中、寛大な政治を施し、呉の人々からも敬われた。陸抗とは敵対しつつも認め合う仲で、陸抗が死ぬと好機と判断し、呉征伐を上奏した。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力4 知力6 征圧力1
官職武官
特技魅力 覚醒
将器兵力上昇 士気上昇 速度上昇
計略深謀遠慮晋の味方の武力が上がる。さらに覚醒レベルが2以上の場合、岐略が使用できる。
【岐略】(計略発動直後にを押す事で追加効果を選択できる)
緋略>さらに知力が上がる
蒼略>さらに武力ダメージを軽減する
必要士気5
Illustration : 風間雷太


呉の民からも慕われたといわれる晋の名将が参戦。
苗字が「羊」だからなのか、イラストには羊の角っぽい意匠が施されている。
引眉をしているところまで含めると某牡羊座の黄金聖闘士へのオマージュだろうか。
同様の特徴は姉にも共通しており、どちらも風間雷太氏がイラストを担当している。

1.5コストとしては低い武力に対し征圧力も1と、一見心許ない。
しかし特技の覚醒により、最終的には6/8/3という優秀なスペックに成長する。
騎馬の征圧力3は希少かつ強力で、楽々戦場を塗り替えられる。
もう一つの特技魅力もポイント。早い段階で覚醒ゲージ上昇計略を打っていけるだろう。

計略の「深謀遠慮」は晋限定の号令で、武力+4が約7.5c続く。(Ver2.0.0D) 範囲は自身中心の円形で直径は戦場の横幅半分強といったところ。
実は士気5で武力+4という時点で地味に士気相応だったりする(例えば同士気の「指揮」は+3止まり)。
序盤にして火急の事態が訪れたときは使ってもいいかも知れないが、やはり岐略込みで考えたい。

覚醒レベル2からは岐略となる。緋略でさらに知力+4、蒼略では武力ダメージ軽減効果が付与される。
緋略は知力上昇により相手のダメ計・妨害計略への耐性が僅かに上がる。
文鴬や胡奮など知力に不安がある高武力武将にはありがたい効果。もちろん司馬昭の「盤石なる秩序」などとの計略コンボもあり。
一方、ダメ計・妨害の心配のない局面では蒼略を使っていくことになる。
武力ダメージ軽減効果は決して過信できるレベルではないが、一般的な英傑号令と渡り合うには充分。ライン上げ時に降りかかる相手の弓を凌ぐのにも使える。

とは言え、晋では計略コンボとして使うにはメイン計略の士気が重いものが多く
覚醒ゲージの上昇に士気を使っているのであれば、毎度毎度フルコンができる士気の余裕があるわけではない。
同時にメイン計略と使うよりは、単体で中盤の守りやメイン計略のためのライン上げなどで活躍する場面が多い。
この計略でのフルコンにこだわるよりは、メイン計略のためにいい形を作るということを意識した方がよい。

この仕込みやすいコスト帯で、中盤の攻勢を凌げフルコンもできる軽士気号令持ちという点が評価され
登場直後のVer2.0.0Aでは晋では司馬師に次ぐ使用率を叩き出した。
晋はどんなカードをメイン計略に据えようとも、
彼の汎用性の高さとゲームメイク力の高い計略は常に重宝する。
今後も晋の屋台骨を支えるカードになることは間違いないだろう。

修正履歴

Ver.2.0.0D 効果時間短縮 8.3c→7.5c       

EX(R)荀灌

武将名じゅんかん迷宮の少女
荀灌「お腹いっぱいにならなかったら、
   キミを食べていいんだよね?」

曹操に仕えた名宰相・荀彧の子孫。父親が太守をつとめる襄城が反乱軍に包囲されて糧食が尽きようとしたとき、わずか13歳の荀灌が数十名の決死隊を率い、包囲を脱出して援軍を呼び、反乱軍を敗走させた。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力2 征圧力2
官職-
特技勇猛 魅力 攻城
将器攻撃力上昇
計略契約の代償武力と攻城ゲージの上昇速度が上がる。さらに一定時間ごとに自軍の士気を消費し、兵力が回復する。ただし士気が足りない場合は代わりに味方が全て撤退し、効果が終了する
必要士気4
Illustration : 安村洋平


「迷宮ブラックカンパニー」から、ヒロインであるリムが荀灌として登場。
ちなみに後ろに書かれている人物は主人公・二ノ宮キンジと下っ端亜人のワニベ。
相変わらず「八王の乱の時代の人物で三国志関係ないだろ!」となってしまうのは最早ご愛敬。

数値スペックは控えめな武官寄り。知力2のせいで伏兵・計略耐性もかなり低い。
その代わり、魅力・勇猛・攻城と、これでもかというほど特技を詰めこんでいる。特に前線を張る2コスト槍なので攻城は嬉しい。
将器は攻撃力上昇+城3に固定されている。

計略「契約の代償」は長時間の超絶強化。
武力+7に加えて攻城速度が上がる(約1.25倍)効果を持つが、それ以外の追加効果が非常にクセモノ。
なんと約6.3Cに1回、士気を勝手に使用し、自身の兵力を40%回復する効果がある。
ただしその判定時に士気が2なかった場合は、自身以外の味方が全員喰われる撤退し、計略も終わってしまう。
ちなみに本当に喰ってしまったのか全軍撤退してもしっかり兵力は回復する。
知力2で効果時間は26C(Ver2.0.0A)。4回回復するので完走には士気が合計で12必要。
4Cごとに士気が1溜まるのでざっくり計算すると士気6以上の状態で使用して他の計略を使わなければ完走できる。
逆に言えば発動時に士気6を超えた分の士気は使用しても味方を撤退させることはない。

計略発動時の士気消費こそ軽いものの、前述のとおり士気を勝手に喰ってしまうため、実際の消費量はその3倍。
また、同様に味方を撤退させる弓呂布よりタチの悪いことに城内の味方も問答無用で撤退させるためリスク軽減もできない。
挙句に自軍の計略対象にならないはずの計略使用中の梁興ですらバッチリ喰われる

覚醒絡みのデッキでは、覚醒レベルを上げるために士気が必要なので相性は最悪。
かといって覚醒なしのデッキを組もうにもこのとおり士気を喰い、全軍撤退リスクまであるためタイミングを選ぶ。
また、6.3Cというのは士気2溜まらない嫌らしい間隔である為、最初を乗り越えても後が怖い。
加えてコンボもやりづらい…と、何から何まで頭を抱えさせる。

上記のように非常にクセが強いためこの計略に特化したデッキを組んでしまうのが無難。
幸い晋軍は特技を犠牲に高スペックを持つ武将が多いため、フォローは難しくない。
混色ならば、やはり先祖のいた魏が最も有効か。同盟者持ちの丁氏がご飯(士気)を食べさせてくれるが
ダメージ計略に弱いという致命的な欠陥があるため、毎回その手が有効に働くわけではない。

実際の運用の場合、開幕で魅力盛りにして開幕で撃ってしまい、開幕で落城まで追い込むか、
攻城でリードを得て、後はそれを守り切るという運用が主流のようである。
開幕で撃つことでダメージ計略を撃たれるリスクを最小限に緩和出来る上に
単純に武力14で攻城ゲージ上昇率増加に加え、他部隊の一斉の弓や騎兵でのマウントという効果自体は法具等で抑え込むのは難しく
たった6cで兵力が回復してしまうので、最初に法具や計略を使って彼女を沈黙させられないとその後かなり悲惨な状態になる。
開幕で部隊を撤退させてしまうとその長時間の居座りは攻城ゲージをあっという間にためることもあり、大量の城ゲージをもぎ取ってしまう。

稼働当初からそのピーキーさから芳しくない評価を受け続け、ネタカードだと思われていた彼女だが
Ver2.0.0Aでは麒麟児姜維を中心にしたデッキで、蜀が大暴れする流れが決定した頃に俄然人気が上がる。
開幕で彼女が攻城を奪い、あとは混色の守刀防御などで相手の攻勢をいなすというデッキで環境を逆手に取り
晋の登場直後のVer2.0.0Aにおいて、司馬師や羊祜を抑えて晋の勝率1位(全体で4位)を獲得した。

そのためVer2.0.0Cにおいて、兵力回復量、攻城ゲージ上昇速度において、下方修正を受けた。

修正履歴

Ver.2.0.0C 兵力回復量減少 50%→40%
       攻城速度上昇値減少 1.5倍→1.25倍

EX(R)鍾会(裁き)

武将名しょうかい しき裁き人
鍾会 士季「俺が裁くべき悪の基準は
        俺が決める」

晋の武将。人物眼に優れており、司馬昭に優秀な人物を多く紹介しているが、讒言で他人を追い落とすことや、功績を誇る節も目立ち、友人からは「野心が器量より大きい。慎み深くするべき」と窘められた。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力7 征圧力2
官職武官
特技-
将器突破術
計略裁きの鉄槌反計】(敵が計略を使用してきた時のみ使用可能。反計反計できない)
敵の計略の発動を無効化する。さらに対象の敵を移動できなくし、計略を封印する。弓兵であれば、さらに弓攻撃をできなくする
必要士気5
Illustration : 色原みたび


ラジオ番組アニゲラディドゥーンとのコラボカード。CVは出演者の杉田智和氏。
絵師の作品「欲鬼」の主人公・二十正人が鍾会として登場。
ちなみに正人は髪型がツインテールになったり三つ編みになったりするキャラだが、今回は素直にストレート。

晋にとっては貴重なコスト2の騎兵。
武力7・知力7とバランスタイプだが、Ver2.0.1B現在晋のこの枠では初かつ唯一の初期征圧力2。代わりに特技はない。
将器は突破術+兵力×3と割と悩ましい物を持ってきている。無理に覚醒させる必要は無いだろう。

計略「裁きの鉄槌」は今まで魏にしか無かった反計の一種。
玄妙なる反計と同じく、また今作では騎兵唯一の視線型の反計で、範囲は戦場の3分の1程度。
反計を行った相手を移動不可・計略不可にし、更に弓兵の射撃まで封印してしまうと言う強烈な物。
他の計略で例えるならば「反計」+「凍っちゃえ〜!」である。
但し「凍っちゃえ〜!」とは違い、他の部隊が触れた時点で計略の効果が切れる事はない。
効果時間は知力4に対して約4C(Ver2.0.1B)。

高スペック騎兵であるため、最前線でも活躍でき相手の計略に照準を合わせやすいのは嬉しい。
但し照準を意識しすぎると騎兵としての立ち回りが疎かになりやすく、
逆に突撃等を意識しすぎると今度は照準がいい加減になってしまいやすい。
操作には慣れが必要だろう。

また妨害効果の関係で士気も5と重くなっており、対象の計略との士気差をさらに考慮しないといけない。
特に覚醒軸のデッキでは士気のやりくりが非常に厳しくなる。
その為、通常排出の自分同様覚醒にあまり頼らないデッキとの相性が良い。姿が変われどもさすがは叛逆者か。

知力7のお陰で、王基の「知将への号令」の追加効果の恩恵を受けられる。
兵種被りも避けやすく、覚醒に頼らずに済む為好相性と言えるだろう。むしろ王基を躍進させた張本人。
ただ、1.6倍速である為将器を覚醒させると乱戦中も刺さる事に注意。