カードリスト:魏 第4弾



R郭奕

武将名かくえき はくえき
郭奕 伯益「お前ごとき雑草が
   私と口を利けるとでも?」

郭嘉の息子。郭嘉には及ばぬものの、頭の回転が早く博識だった。しかし人の好き嫌いが激しく、相手によって態度が大きく変わる悪癖もあった。郭嘉の死後は曹操に引き取られ、将来を期待されたが、父と同じく若死した。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力8 征圧力1
官職文官
特技伏兵
将器兵力上昇 遠弓術 守城術
計略重忌の計最も武力の高い敵の武力と移動速度を下げる。この効果は同じ対象に対して計略を発動した回数が多いほど大きい
必要士気4
Illustration : サクマミツロCharacter Voice : 八代拓


郭嘉の息子が大戦に初登場。

スペックは文官ながら平均的な武力と、高知力の伏兵を備えるハイスペック。
征圧は1だが、総合的には十分な高水準。
将器も弓に欲しい物が揃っており穴がない。

計略は同じ対象に掛けるほど効果が上がるという独特な単体妨害。
一回目は武力-3、移動速度0.8倍。
二回目は武力-6、移動速度約0.45~0.5倍(白銀が突撃不可)と、殆どの単体強化を抑え込める。
三回目は武力-9、移動速度約0.28~0.3倍。

一回だけではマイルドだが、二回目以降は士気4の妨害としては破格と言って良い効果。
士気8から重ね掛けをすることで、一回目の微妙さを強引にカバーするのも手。
その場合はそのまま連発した際に、計略範囲に複数の武将がいると最大武力である対象が変わる可能性が有るので操作は注意。
高知力には4c程度しかもたないものの、強烈な武力・速度低下なので時間内に倒し切るのは容易。
さらに士気も軽いため、復活計略や浄化計略で対策されても士気損することもない。
ワントップ対策としては手軽さと強力さを備えた妨害計略と言える。

一方で、ワントップ以外に対しては効果が非常に薄い。
単純に号令デッキのような複数部隊を強化する相手はもちろん、
単体強化であっても2コス複数のような構成だと、郭奕の対象が絞り込めず効果が薄くなる。
幸い二回目で十分な効果が出るので、二部隊程度なら両方に使っていくことも出来なくもないが、
その場合でも、咄嗟に妨害対象を切り替えるのは難しい。
効果の低い一回目で、予め計略対象を指定するような運用になり、柔軟性に欠ける。
無理にこの計略だけで全てに対応するよりも、特定の一部隊を倒すためのものと割り切ったほうが良いだろう。

優秀なスペックと、明確な役割をもつ計略を併せ持つ。
魏に弓の妨害計略持ちのライバルは多いが、その中でもワントップ潰しとして独自のポジションを確立しているといえるだろう。

効果時間の目安 知力依存3秒

敵の知力12345678910
効果時間9.1c8.9c8.6c8.3c8c7.6c7.1c5.8c4.6c4.1c

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.0C 範囲拡大

R楽進(突破)

武将名がくしん ぶんけん右将軍
楽進 文謙「この楽進に
   撤退の二文字など無い!」

曹操軍生えぬきの勇将。小柄だが勇敢で、戦ではいつも一番乗りで戦功を立てた。官渡の戦いでは袁紹配下の淳于瓊を斬るなどの活躍を見せ、合肥に駐屯した時は張遼、李典とともに呉軍の撃退に成功している。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力6 知力3 征圧力0
官職武官
特技勇猛 攻城
将器長槍術 征圧力上昇 迅速攻城
計略魏武の突破武力と移動速度と征圧力が上がる。さらに敵と接触時の移動速度減少が小さくなる
必要士気3
Illustration : 風間雷太Character Voice : 江越彬紀


風間雷太氏の楽進が、1.5コスト槍と装いを大きく変えて登場。
スペックや計略を見るに大戦3時代の1.5槍の自分を意識しているものと思われる。

スペックは第一弾の自分や第三弾の息子に続いて、またもや征圧0。
しかし魏の苦手兵種ながら、コスト比最高武力と特技二種のハイスペック。
知力が低めなのが苦しいが、苦手兵種ゆえに仕方ない。
ちなみに後述の計略の存在から、征圧力0でありながら征圧力上昇の将器優先度は最低である。

計略「魏武の突破」は読んで字の如く、魏武版突破戦法のような計略。
武力が+3・征圧力が+1・移動速度が1.15倍され、更に部隊接触時の速度低下が緩くなる。
効果時間は最早魏武派生のお約束になりつつある永続(Ver.2.5.1D)。

武力9に移動速度上昇と突破の効果が付くので、思いのほか生存させやすい。
通常の立ち回りでのアドバンテージはかなり大きくなる。
武力6槍には蔡琰もいるので、このカードを入れるなら計略も意識したい。

倒されやすい1.5コス槍と永続強化は本来ミスマッチなのだが、上記の効果と勇猛のおかげである程度克服している所が画期的。
ダメージ計略を筆頭にどうにもならない相手もいるが、その場合でも素のスペックが及第点なので計略未使用でも十分実用範囲内。
魏の号令デッキでは不足しがちな攻城力や高武力槍を補ってくれる存在として活躍してくれるだろう。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1B 武力上昇値増加 +2→+3
Ver.2.5.1D 移動速度上昇値減少 1.3倍→1.15倍

SR郭淮(天破竜墜)

武将名かくわい はくせい対蜀軍総司令官
郭淮 伯済「この鎧と不滅の忠義が、魏国の盾だ」

魏に仕えた武将。蜀に降った姜維が羌族と手を結び魏に侵攻すると、郭淮は蜀軍の動きをことごとく読み、これを撃退。その後、失脚した夏侯玄に代わって征西将軍となり、対蜀軍戦線における総司令官にまで昇進した。
コスト2.5
兵種弓兵
能力武力8 知力9 征圧力2
官職武官
特技防柵 攻城
将器兵力上昇 攻城術 守城術
計略天破竜墜【岐略】(計略発動直後にを押す事で追加効果を選択できる)
武力が上がる。
緋略>さらに射程距離が伸び、同時に弓攻撃できる部隊数が増加し、矢を当てている敵の武力を下げる
蒼略>さらに武力と攻城力と乱戦時の攻撃速度が上がり、弓攻撃ができなくなる
必要士気6
Illustration : タカヤマトシアキCharacter Voice : 斉藤壮馬


長きにわたって魏を支え続けた名将である郭淮が、ついにSRとなって再登場。
ちなみに登場当初からMSやらロボやら呼ばれていたが、三国志大戦ファンミーティングによると意図的にロボにしたらしい

スペックは弓の国にすらいない8/9かつ防柵・攻城持ち。加えて征圧力2もしっかり備えている。
将器は特技攻城に攻城術と攻城特化かと思えば、防柵と守城術で守備特化にも寄せられ、選択次第で攻守どちらでも力を発揮する。
兵力上昇も撃ち合いに強くなる。攻守共に活躍できるが、その中で郭淮がどの役割を長く担当するかで将器を選びたい。

計略「天破竜墜」は岐略型の超絶強化。
基本効果は武力+3。
緋略は武力上昇値はそのままだが、射程1.6倍に加えて3部隊に同時射撃可能になり、更に射撃している部隊の武力を-3する。
蒼略は更に武力が+4(合計+7)・攻城力が1.3倍+固定値3%が追加、乱戦速度が2.2倍になる代わりに射撃が出来なくなる。
効果時間はどちらも7.9c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1B)。

緋略は遠弓と弱体弓と三部隊同時射撃を一度に付加し、走射関連以外の弓の性能を大きく引き上げる。
対象の武力を3下げる効果により、味方武将が立ち回りやすくなる点も強み。
乱戦してしまうと追加効果が無駄になってしまうため、柵や遠弓効果を活かして接近は極力避けたい。
その殲滅力と長射程により、低機動力デッキ全般や溜め計略・舞い計略に対して高い圧力を持っている。

蒼略は弓を捨て大幅強化した乱戦特化の効果となっており、攻城のみならず守城でも運用可能。
蒼略効果中の城門への攻城ダメージは、副将器赤なしでも約34%に及ぶ。3発入れば落城である。
守城時などで射撃スペースが確保できない場合や、特定部隊を素早く処理したい場面での選択肢としても有用。
乱戦速度上昇があるため乱戦による攻城妨害に強く、この計略を軸にする場合は将器攻城術は不要になる事が多い。

計略の性能(特に緋略)が非常に強力であり、Ver.2.5.0Aの環境を席巻し続けた結果、
緊急修正が入り、緋略の射程と武力上昇値が大幅に下げられ、続くVer.2.5.1Bで再び下方修正が入った。
それでもなお計略の強みは健在であり、ようやく他の武将と比べられる強さに落ち着いたとも言える。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.0B 武力上昇値減少 +6→+3
       緋略 弓射程距離短縮 1.75倍→1.6倍
Ver.2.5.1B 効果時間短縮 8.8c→7.9c
       緋略 矢を当てている部隊の武力低下値減少 -4→-3
       蒼略 武力上昇値減少 +8→+7

UC夏侯威

武将名かこうい きけん
夏侯威 季権「夏侯兄弟の戦ぶり、
  天下に轟かせてやろうかあ!!」

魏の武将・夏侯淵の息子で夏侯覇の弟にあたる。非常に侠気に富んだ人物であり、泰山郡に赴任していた頃には若き羊祜の才能を見抜き、姪を嫁がせ縁戚関係を結んだ。晋の世になっても夏侯威の一族は栄えたという。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力6 征圧力2
官職武官
特技復活
将器攻撃力上昇 突撃術 守城術
計略英知の神速行武力と移動速度が上がる。この効果は自身の知力が高いほど大きい
必要士気4
Illustration : 萩谷薫Character Voice : 中村悠一


夏侯淵の息子、馬担当。ちなみに四男。

魏にいそうでいなかった7/6/2復活持ち。馬趙雲と同スペックである。
将器は突撃か守城辺りから選びたいが、知力上昇が無いと計略の爆発力が微妙に足りないので突撃優先か。

計略「英知の神速行」は名前通り英知版神速。
自身の知力に合わせて武力と移動速度が上がる。移動速度は恐らく1.4+知力×0.04倍。
武力上昇値は素で+4と神速戦法以上だが、速度上昇は1.64倍と若干神速戦法より遅い。
武力上昇値は知力9で+8、知力17で+11。知力30(張昌蒲3度がけ@6+8×3)で武力+20。
効果時間は4.6c、知力依存0.6c。知力30で19c(Ver.2.5.1E)。

使い方は神速戦法と同じだが、さすがに何かしらの知力上昇計略をデッキに入れて、他の神速計略との差別化を図りたい。
コンボには相応の士気を使うので、安易な迎撃を貰わないよう注意したい。

Ver.2.5.1Dでは知力依存が大幅に上がっており、士気13使うが張昌蒲3度がけからだと、武力27の2.6倍の神速騎兵が40c弱暴れまわることになっていた。
結果的に10日持たずして下方という珍しい修正が入ってしまった。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1B 効果時間延長(知力依存度増加) 7.1c(0.2c)→7.5c(0.4c)
Ver.2.5.1D 効果時間延長(知力依存度増加) 7.5c(0.4c)→8.3c(1.25c)
Ver.2.5.1E 効果時間短縮(知力依存度減少) 8.3c(1.25c)→4.6c(0.6c)

UC夏侯和

武将名かこうか ぎけん
夏侯和 義権「末っ子だからって
     甘く見られちゃ困るなあ」

魏の武将・夏侯淵の息子で夏侯威、夏侯恵らの弟。聡明な人物であり、三人の兄とともに関内侯に任じられた。諸葛亮の北伐では司馬懿に抜擢され、他の兄弟たちと力を合わせ蜀軍を阻んだ。これらの功績から司馬昭の左司馬となった。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職武官
特技攻城
将器兵力上昇 復活減少 迅速攻城
計略英知の大車輪武力が上がり、全方向に槍の無敵攻撃を行う。この効果は自身の知力が高いほど大きい
必要士気4
Illustration : ともひとCharacter Voice : しもがまちあき


夏侯淵の息子、槍担当。ちなみに裏書き通り末っ子である。

槍のスペックに悩まされる魏としては珍しく、バランス型で征圧2。
同スペックには王異(烈女)がいるが、あちらが勇猛・魅力に対してこちらは攻城。
将器は差別化を利かせるなら復活減少か迅速攻城が欲しいが、兵力マシマシの大車輪を敵城に叩き付けるのもアリ

計略「英知の大車輪」は名前通り英知版大車輪。
自身の知力によって武力上昇値どころか車輪のサイズもどんどん大きくなるという代物。
素で使っても武力+6・通常車輪サイズと普通の大車輪戦法と同等の性能を持つ。
知力8で+9、26で+20になる。恐らく武力+20で打ち止め。
効果時間は7.9c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1B)。

武力上昇値(Ver.2.5.0A)

知力0581215.161929
武力上昇値+1+6+7+10+13+17+20

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1B 効果時間延長(知力依存度増加) 7.7c(0.2c)→7.9c(0.4c)
       自身の知力を参照して上昇する武力上昇値増加


UC夏侯恵

武将名かこうけい ちけん
夏侯恵 稚権「さてさて、お喋りは後にして
   ここは真面目にやりましょうか」

魏の武将・夏侯淵の息子で夏侯覇、夏侯威らの弟。君主に奏する意見書「奏議」を書くのを得意としその文章は晋の時代において多くが伝わっていた。学問に優れたため、燕国の相となり、楽安太守にまで昇進するも37歳の若さで死去した。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力7 征圧力1
官職武官
特技防柵
将器攻撃力上昇 遠弓術 防柵強化
計略英知の麻痺矢武力が上がり、矢を当てている敵の移動速度を下げる。この効果は自身の知力が高いほど大きい
必要士気4
Illustration : ニシカワエイトCharacter Voice : 天滉平


夏侯淵の息子、弓担当。ちなみに六男。

スペックは学問に優れている彼らしく知力寄り。
防柵持ちの代わりに征圧力1だが、計略の都合上後方支援中心なのであまり気にする程ではない。
将器も粒ぞろい。

計略「英知の麻痺矢」は名前通り英知版麻痺矢。
自身の知力に合わせて武力と麻痺矢効果が上がるというもの。速度低下倍率は恐らく0.9-知力×0.05倍。
素で使った場合は武力+5と通常の麻痺矢より火力がある代わりに、速度低下は0.55倍と麻痺矢にしてはイマイチ。
知力10の時は武力+7、移動速度約0.4倍、知力14の時は武力+9、移動速度0.2倍。
効果時間は8.1c、知力依存0.2c(Ver.2.5.1D)。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1D 効果時間延長 7.3c→8.1c

C夏侯玄

武将名かこうげん たいしょ四聡
夏侯玄 太初「・・・・・・すでに天秤は傾いた。
      若き日には戻れぬのだ」

夏侯尚の子。「四聡」の一人であることを軽薄だと皇帝・曹叡に嫌われたが、従兄弟の曹爽が実権を握ると出世。しかし司馬懿の政変により曹爽が処刑されると、司馬懿打倒の計画に利用された挙句、事前に計画が露見し斬刑となった。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力7 知力7 征圧力1
官職文官
特技伏兵
将器兵力上昇 遠弓術 守城術
計略英知の謀略敵の武力と知力を下げる。この効果は自身の知力が高いほど大きい
必要士気5
Illustration : 木下勇樹Character Voice : 速水奨

夏侯淵の甥にあたる夏侯尚の息子が参戦。
同バージョンで追加された夏侯淵の息子達とは再従兄弟(はとこ)ということになる。
スペックはバランス型で低制圧、伏兵を持つ。
伏兵は高コストかつ弓兵なので、下手に隠さず適当な部隊に当てて戦闘参加したいところ。
将器はどれも扱いやすいが、強化計略でない弓兵ということを考えると守城術が優先されやすいか。

計略は妨害系で自身の知力に応じて低下量が変わるもの。
低下量に関しては以下を参照。ちなみに武力と知力は同じだけ低下する。

妨害計略としては知力依存が特に大きく、自身より知力の低い相手にはかなり長い時間妨害効果を与えられるが、
少しでも知力を上回られると極端に効果時間が短くなってしまう。
幸い、魏には鍾繇や楊阜などがおり、知力を上げる手段には困らないため、使う際には何らかの知力上昇手段と組み合わせて使用したい。

武力、知力の低下値(Ver.2.5.1B)

使用時の知力379101421
低下値-2-3-4-5-6-9


効果時間の目安(Ver.2.5.1B)

知力 自身\相手12345678910
713.4c12.8c12.1c11.3c10.4c9.2c6.3c3.3c2.1c1.2c
1416.8c16.3c15.9c15.5c15c14.5c14c13.4c12.8c12.1c


登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1B 効果時間延長(知力依存度増加)

C夏侯楙

武将名かこうぼう しりん
夏侯楙 子林「お金もカワイコちゃんも
   全部いただきだあ〜!!」

魏の重臣・夏侯惇の子。曹操の娘である清河公主を妻に娶り、将軍職を歴任するなど重用された。しかしその本性は臆病で、武略の才能も無く、金儲けを趣味とした。任地では多くの愛妾を囲っていたため、妻との仲は最悪であった。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力2 知力1 征圧力1
官職武官
特技-
将器兵力上昇 捕縛術 突破術
計略好色男の虚勢武力が上がる。この効果は戦場にいる女性(武官、文官でない武将)の味方部隊数が多いほど大きい
必要士気4
Illustration : じんてつCharacter Voice : 堂坂晃三


言葉通りの親の七光り、夏侯惇の息子が参戦。

スペックは1コストとしても最低レベル。しかも歩兵。
この低いスペックで征圧力もたった1であり、はっきり言わなくても強い点が何もない。
1コスト歩兵に限定しても甄氏(悲哀)や郭皇后(あくま)以下という点が涙を誘う。
将器はまずまずのものが揃う。後述の計略を活かすなら捕縛術が第一候補か。

計略「好色男の虚勢」は強化計略。
何と戦場にいる味方の女性の数に合わせて効果が上がるとあう、まさに夏侯楙らしい計略。
武力上昇値はVer.2.5.1Cの修正で計算式自体が良く分からない事になってしまい、
女性4部隊で+22、5部隊で+29、6部隊で+37、7部隊だと何と+46である。
おそらく" 上昇値 = (n^2 + 5n + 8) / 2 "である (n=女性の味方部隊数)。
あくまで虚勢故か効果時間はたったの2.3c。知力依存も僅か0.2cしかない(Ver.2.5.1C)。

低武力が持つただの強化計略ということで積極的に使う計略ではない。
女性4枚いれば武力24の歩兵が誕生するため刹那の怪力のような運用が出来るのは魅力。
問題はこのスペックの武将が入るデッキがあるかどうか、だろう。
悲哀の舞いデッキあたりは相性が良いか。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1C 効果時間短縮(知力依存度減少) 4.3c(0.8c)→2.3c(0.2c)
       女性の味方部隊数が3部隊以上 武力上昇値増加 4+(女性部隊×2)→

SR関羽(鬼神)

武将名かんう うんちょう報恩の鬼神
関羽 雲長「あの日の誓いを果たすため・・・・・・
  我、骸の野を往く鬼神とならん」

劉備の義弟。劉備が曹操に敗れ落ち延びたとき、劉備の夫人たちを守るため、張遼に説得されて曹操に降った。のちに袁紹軍の猛将・顔良を斬って、曹操に対する「義」を果たした関羽は、曹操からの褒美を辞して、劉備の下へと戻った。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力9 知力5 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器兵力上昇 速度上昇 征圧力上昇
計略鬼神降臨戦場にいる敵の部隊数が、撤退していない味方よりも多いほど武力が上がる。一定以上武力が上がると、さらに移動速度が上がる
必要士気5
Illustration : 杉浦善夫Character Voice : 三宅健太


見た目は三国志大戦3の忠義関羽のような、初代鬼神関羽が再登場。
旧作では加工全開の声だったが、本作では加工無しに変わっていたりする。

スペックは3コストの「武の咆哮」の自身から知力-1・征圧力-1。勇猛は勿論所持。
将器はこの2.5コスト武力9騎兵では珍しい征圧力上昇・兵力上昇持ち。こと魏軍に至っては唯一の存在である。
無論速度上昇も使い道がある為、自分のデッキに合った将器を選ぶと良いだろう。

計略は勿論「鬼神降臨」。
武力が(戦場の敵の部隊数-撤退していない味方(城内含む))×3+1上がる。
更に3部隊差以上である場合は移動速度が2倍になる。
なお、敵部隊の方が少ない場合は武力+1。効果時間は約7.5c(Ver.2.5.0A)

追加効果さえ発動すれば士気に対して十分な効果が得られるが、基本騎兵中心で編成し、
撤退しない立ち回りをする魏で、3部隊差がつく場面が少ない。
また、追加効果発動の条件が、味方は"撤退していない"、敵は"戦場にいる"なので、
敵城内で回復中の部隊数は参照しない。そこには注意して部隊数を確認して計略を使おう。
限定的なタイミングではあるが、復活カウント残り1以上で自城外にカードを置き復活させず、
味方数を少ないままにする手段も必要になる場面もあるだろう。

ちなみに姜維(EX)や劉備(義兄弟)を始めとした計略ステルス中の敵武将は戦場にいてもカウントされない。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

R清河公主

武将名せいがこうしゅ
清河公主「そろそろお灸を据えようかしら?
         ・・・・・・なんてね」

曹操と劉夫人の娘。曹昂の妹、曹丕の異母姉にあたる。曹操が彼女の婿候補を決める際、曹丕は夏侯惇の息子である夏侯楙を推薦し、婚姻が成立したという。しかし好色な夏侯楙とは仲が悪く、偽りの罪状を上奏したほどだった。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力7 征圧力1
官職-
特技伏兵 魅力
将器復活減少 征圧力上昇 守城術
計略虚偽の密告文敵の移動速度を徐々に下げる
必要士気5
Illustration : 夢路キリコCharacter Voice : 茅原実里


好色男・夏侯楙の妻。当然だが仲は険悪だったらしい。

スペックはそこそこの知力と伏兵を持つものの、その他は最低限。
武力+1、知力-1の丁夫人を始めスペック面ではライバルが厳しいので、計略での採用が主になる。
将器は守城や復活など、悪くないものは揃っている。

計略「虚偽の密告文」は速度妨害。
相手の移動速度が約2秒(0.85c)毎に-0.1倍されていく。範囲は円形だがやや小さめ。
知力依存はかなり低く、知力1に13.4c、知力10に13.3cと効果差はほぼ無いに等しい(Ver.2.5.0C)

6cもあれば速度は0.3倍まで落ち込み、3倍速オーラですら抑え込められる。
知力依存が大きくなりがちな速度低下計略において、高知力相手にも効果的というのは他に無い強み。
一方で即効性の無さは懸念材料であり、一気に押し切るタイプには刺さりは良くない。
範囲も広いとは言えない為、基本的には相手の騎兵の抑制に使う事になるだろう。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.0C 効果時間延長


R曹氏

武将名そうし国色天香
曹氏「こんなにキレイな衣装くれるの?
        あはっ、うれしい♪」

曹洪の娘で、荀彧の末子・荀粲の妻。美貌で知られ、荀粲の寵愛を受けた。曹氏が病死すると荀粲は落胆し、後妻を迎えるように勧める傅嘏に対して「あれほどの美女は簡単に得られるものではない」と言い、後を追うように世を去った。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力3 征圧力1
官職-
特技防柵 魅力
将器知力上昇 士気上昇 征圧力上昇
計略美姫の旋律最も武力の高い味方の武力が上がる。対象が1.5コストの時さらに武力と移動速度が上がる
必要士気4
Illustration : lackCharacter Voice : 水瀬いのり


曹洪の娘が父とシナジーのある計略を引っ提げて参戦。
魏のコスト1槍兵柵持ちとしては3枚目であり、唯一の魅力持ちである。

計略は武力+2。対象が1.5コストなら武力+6、移動速度1.8倍になる。
効果時間7.5c、知力将器で8.8c、知力依存0.4c(Ver.2.5.0A)

効果自体は中々のもので、狙った武将に神速戦法を与えるかの如く機能する。
ただし対象が低コストに限定されているため、単純に高武力を用意できるという訳ではない点に注意。
それでも号令からのコンボや永続計略の生存目的、局所的な窮地のリカバーなど用途は幅広い。
チャンスがあれば二度がけで怪物を産み出してみるのも面白いだろう。

唯一、小さめの円形計略範囲に注意が必要だ。激しい槍撃をしていると狙いが定まらない。

スペック自体は槍のスペックが悪い魏らしく取り立てて優れているわけでもないが
特技と兵種の組み合わせは優秀であり、魏に絡むデッキなら計略を抜きにして採用できる。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

R曹真(勇姿)

武将名そうしん したん碧血丹心
曹真 子丹「敵が神算鬼謀の持ち主と言えど・・・・・・
     全軍、魏のために勇を奮え!」

魏の武将。曹丕が魏帝国を興すと東郷侯に封じられ、反乱鎮圧や異民族討伐に活躍した。曹叡が即位すると大将軍となり、諸葛亮率いる蜀軍と激戦を繰り広げた。陳倉の戦いで見事諸葛亮を退けると、大司馬となり、帯剣での昇殿も認められた。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力6 征圧力2
官職武官
特技勇猛 魅力
将器兵力上昇 突撃術 攻城術
計略虎豹騎の勇姿魏の味方の武力が上がる。さらに敵を撤退させるたびに対象の味方全ての兵力が回復する
必要士気6
Illustration : 平坂康也Character Voice : 三宅健太


魏の大将軍として蜀の北伐を迎え撃ったころの曹真。
三国志演義では蜀軍を侮り連戦連敗する愚将だが、本作では義勇ロードを含めて魏の大将軍にふさわしい扱い。

スペックは2.5コストとしては若干苦しめの数値ながら、勇猛・魅力持ちなので総合的にはまずまず。
将器だが、本人の武力・計略の武力上昇値に不安を抱える為突撃術を優先したい。

計略「虎豹騎の勇姿」は号令。
範囲内の味方の武力が+3され、更に敵を撃破する度に対象全員の兵力が20%回復する。
効果時間は18c(Ver.2.6.0A)。

敵を撃破する役は曹真である必要はない為、自軍の槍撃や射撃を利用しても問題ない。
連続撃破さえ狙う事が出来れば、回復効果も相まって前線維持をしやすくなるのが大きなメリット。
体制を整え、号令をより号令らしく使う事に特化している。
その性質から勝ち戦は圧倒する形になりやすく、シーン的な印象はかなり強い。

…と言えば聞こえはいいのだが、単体で主軸に捉えるには全体的に物足りないと言わざるを得ない。
確かに撃破が続けば効果は破格だが、逆に1部隊も撃破できなければ費用対効果は見込めない。
楽に倒せそうな低武力が見当たらないフルコンボや、単純に少数精鋭のデッキ等は特に苦手としている。
何かしらの裏の手を仕込んで、初めて本領を発揮する計略と断言していいだろう。
しかしそうなると本人のコストが重く、手数の捻出は限られてくるのが悩ましい。

ワラに強いという明確な強みを持つ以上、メタ的な意味でこれ以上大きな強化は見込めない。
ポテンシャルを最大に引き上げるパーツ探しと戦術の工夫が常に求められる一枚。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.0C 効果時間延長 14.2c→18c
       敵を撤退させた時の兵力回復量増加 25%→30%
Ver.2.6.0A 兵力回復量減少 30%→20%

SR曹操(覇道)

武将名そうそう もうとく魏王
曹操 孟徳「我が覇業は終わらぬ。
 天命尽きる時まで進むのみよ!」

三国志の主人公のひとり。剣術、兵法、政治のみならず、文学や芸術まで全てに卓越した才能を持ち、「時代を超越した英傑」とまで評された。その並外れた知略で、群雄たちを次々と破り、王国としての魏を建国するまでに至った。
コスト3.0
兵種騎兵
能力武力8 知力10 征圧力3
官職武官
特技伏兵 魅力 攻城
将器攻撃力上昇 兵力上昇 攻城術
計略魏王の覇道魏の味方の武力と移動速度が上がる。さらに計略効果中に士気を消費することで再度計略を発動できる。再度計略を発動した場合、魏の味方の武力と攻城速度が上がり、兵力が回復する
必要士気7
Illustration : 獅子猿Character Voice : 津田健次郎


三国志大戦1初期に最強を誇った覇者デッキのキーカードが、ヒゲを蓄え装いを新たに再登場。
セリフも初期を意識したものが多い。

「1」を意識したのか3コスト・8/10伏兵魅力持ち…だが復活ではなく攻城に変わっている。
とは言え単純スペックでは低めと判断されたか、征圧力も3ある。
数値上辣腕司馬懿の上位互換なのは流石魏の君主。
攻城持ちコスト3の攻城力は凄まじく、浅刺し城壁1発で内乱を確実に超える城ダメージを叩き出す。

計略「魏王の覇道」は効果中に別の効果の号令を使用出来る二段発動可能という変わった英傑号令。効果対象は魏限定。
追加発動の効果及び消費士気は初回と異なっている。
1回目は武力が+4・移動速度が1.4倍になる。消費士気はカード記載の通り7。効果時間は9.2c、知力依存0.4c。
2回目は武力が+5・攻城速度が1.25倍になり、兵力が20%回復する。
消費士気は5に下がるが、実質消費士気12のフルコンになる。効果時間は7.9c、知力依存0.4c。
(Ver.2.5.1C)
一見重ね掛けの必要があるように見えるが、曹操自身にかかっている効果が残っている間に2回目が発動できる
だけである為、他の部隊が1回目の号令効果を受けていなければならない…という事はない。

1度目の計略は神速の大号令のアレンジ版といったところ。
本家と比較し効果時間と対応兵種で勝る一方、速度強化はかなり緩めである為殲滅力自体は大きくは上がらない。
2度目の計略は、1回目と合わせて使いたいときに使える勇略采配といったところか。
2回目の効果が士気効率の面で破格の性能なので、ぜひフルコンを意識した立ち回りをしたい。

1回目の発動でラインを上げて、相手の城近くで2回目を発動するのがわかりやすい表の手。
この場合注意するべきは2回目の発動まで"計略効果が残った状態で"曹操を生き残らせる必要があること。
撤退を避けるのは勿論だが、相手の雲散系の計略で曹操の計略を消されてしまうと二回目の計略が撃てなくなってしまう。
この為相手や状況次第では1回目の計略のみを用いて対応することも考慮する必要があるだろう。

欠点は、最大効果を発揮するにはどうしても士気12を使うフルコンになってしまう事。
その為他の計略の融通が効きづらく、搦め手を活かした攻めが取りづらい。
2度の攻めでそれぞれ最大効果を狙う場合、必然的に士気を全て曹操につぎ込むことになる。2回目の効果にこだわり過ぎず、臨機応変に立ち回っていくことも必要になるだろう。
魏武の〇〇のような長時間計略を上手く使い、他の武将を育てた後にフルコンを狙っていくのも一つの手。
また、曹操自体が3コストと非常に重い(上に素武力8)のも難点であり、デッキメンバーの選定はそれこそ慎重に行う必要がある。
移動速度上昇を活かし、神速号令デッキのように騎兵メインで構築してみるのもおもしろい。

計略のパワー自体は優秀であり、魏の悩みである騎兵の攻城力の低さを補う号令であるため、常に環境の一角には存在する。
まさに乱世の奸雄。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1C 1回目 効果時間短縮 10c→9.2c
       2回目 武力上昇値減少 +6→+5
       2回目 兵力回復量減少 35%→20%

R張郃(鎧甲)

武将名ちょうこう しゅんがい歴戦の傑将
張郃 儁乂「最も死に近い戦場こそ、
      俺の生きる場よ」

魏の猛将。どんな状況でも臨機応変に対応し、戦の状況、戦場の地形を把握する事に長けていた。黄巾の乱から諸葛亮の北伐で戦死するまで、四十数年の長きにわたって数多の戦場を駆け抜けた。まさに骨の髄まで武人であった。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力8 知力5 征圧力3
官職武官
特技勇猛
将器兵力上昇 知力上昇 募兵
計略鮮血の鎧甲武力が上がる。さらに兵力が一定量減るたびに武力が上がる
必要士気5
Illustration : 小城崇志Character Voice : 堀内賢雄


懐かしいイラストで歴戦の将が帰ってきた!

スペックは8/5に特技勇猛のみと、これだけなら2コスト並と少し寂し目。
これを補う為に征圧力は3。計略が戦場への居座り前提である為、噛み合いは良い。
将器はどれも計略と相性が良いが、計略の知力依存が1.25cと長めである為、スペック不足も補える知力が第一候補。

計略「鮮血の鎧甲」は超絶強化。
まず武力が+1され、その後自身の兵力が10%減少する度に武力が+1される。
計略「鮮血の鎧甲」は武力が+1され、その後自身の兵力が10%減少する度に武力が+1される。
効果時間は18.8c、知力将器で22.5c、知力依存1.25c(Ver.2.5.0A)。

発動時点では頼りないが、兵力が減るほど武力が上がり、どんどん倒されにくくなっていく。
特筆すべきは荀采との組み合わせ。
兵力が武力上昇値に直結するこの計略において、上限突破の兵力回復は相性抜群。
上限突破分が消える頃には武力20以上に達し、止めることは困難になる。

弱点は瞬間火力の低さ。
発動時の武力上昇値は低いうえに、兵力が減らないと武力も上がらない。
速度上昇なども付いていないため、スルーして自城を狙われるとどうしようもない。
また横弓など、極力兵力を減らさない方法で守城をされるのも苦手。
その場合は征圧3を活かして内乱を狙うなど、相手が放置しにくい状況を作りたい。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

C田豫

武将名でんよ こくじょう
田豫 国譲「君らのやり方はよーく知ってるよ!
          円陣で反撃だ!」

少年時代に劉備のもとで働いていたが、母の老いを理由に帰郷して公孫瓚に仕え、公孫瓚が袁紹に敗死した後は曹操に採用され、曹操の子・曹彰の部下となった。北方異民族との戦いでは、先頭に立ち奇策を用いて、これらを心服させたという。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力6 知力6 征圧力1
官職武官
特技-
将器遠弓術 速度上昇 同盟者
計略攪乱弓戦法知力が上がる。さらに矢を当てている敵の知力を下げる
必要士気2
Illustration : 紺藤ココンCharacter Voice : 斉藤壮馬


前作の「3」ではテキストフレーバーの史実に則り、少年時代の姿で漢軍に所属していた彼が、
本作では長じて魏軍所属として再登場。

魏に追加された2枚目の1.5コスト武力6弓兵。
能力値は同コスト最高クラスだが、反面で特技はなし。
将器は遠弓術が無難だが、後述の計略を加味すると同盟者も選択肢に入る。

計略「攪乱弓戦法」は自身の知力を+2し、更に弓を当てている敵の知力を-8する。
効果時間は20c、知力依存0.8c(Ver.2.5.1B)

士気2と非常に軽いが、単体では戦闘面で何も寄与しないため使用には工夫が必要。
また知力低下値は大きいものの、計略の性質上同時に複数の対象の知力を下げることは出来ない上、
狙った相手を下げ続けるには弓サーチの技術も必要となる。

ただ知力を下げるだけでは何の影響も及ぼさない為、妨害やダメージ計略との組み合わせは必須。
最もわかりやすい相方は張既の「文武の一閃」で、合計士気7消費で知力12までは確殺。
他勢力に目を向ける場合は呉の火焔系計略も好相性で、高知力武将相手にも大ダメージを与えることが可能となる。

ピンポイントで相手のキーカードを狙えれば使用された計略の効果を下げることができる。腕を問われる一枚。


登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1B 効果時間延長 15c→20c


C傅巽

武将名ふそん こうてい
傅巽 公悌「不遜だと?
  その通り、私の名は傅巽だよ」

曹操に仕えた政治家。容姿端麗、博学多才な人物鑑定の天才であった。荊州にいた頃に無名の龐統の才知を見抜き、曹操配下時代には、多くの名士に評価された魏諷を「後に謀反を起こす」と予言して、これも的中させた。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力7 征圧力3
官職文官
特技-
将器兵力上昇 突破術 同盟者
計略反乱の予言最も知力の高い味方の武力が上がる。ただし、効果終了時に武力が下がり、征圧力が上がるが征圧する領域が反転する
必要士気4
Illustration : ChatalawCharacter Voice : 菅沼久義


人物鑑定の天才・傅巽が大戦初登場。
実は劉表没後、劉備がピンチに陥る羽目になったのもこの人のせい。

Ver.2.6.0A現在、1コスト弓兵では全勢力見回してもたった3人しかいない征圧力3。
その上で防柵まで持っていたが、エラッタにより削除されてしまった。
高征圧は自身では活かしづらいが、総征圧の底上げには役に立つだろう。
元々劉表に仕えていたためか将器同盟者持ち。

計略「反乱の予言」は投げ強化。
最も知力が高い味方の武力を+5する。効果時間は20c、知力依存0.4c(Ver.2.5.0A)。
士気4の投げ計略としては効果時間が割と長めだが、その代わりデメリット持ち。
効果が切れると武力が-3・征圧力が+3され更に対象武将が征圧する領域が反転してしまう。
こちらの効果は10cであり、知力依存は一切ない。

士気4の効果としては破格ではあるのだが、やはりデメリットが相応に大きい。
効果が切れた後は武力が下がる事も考えて、さっさと撤退させてしまった方が良いだろう。
一応、残り時間が20cを切った時点で使えばデメリットは踏み倒せる。
と考えると、序〜中盤から押し切るよりも終盤の守りや一押しに使うのが理想か。

呉や晋と組めば小喬や壱与がいる為、デメリットを無くすことは一応可能。
他にも撤退が確定する計略持ちをうまく使えば対処可能。
反乱の予言を反逆の狼煙で斬ってしまえるのはなかなかシュールではある。

なお、対象は一番知力が高い味方である点に注意。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.6.0B エラッタ実施「特技変更 防柵削除」

LE夏侯惇(横山光輝)

武将名かこうじゅん げんじょう横山光輝「三国志」
夏侯惇 元譲「おとなしく田舎へ引きこもるがいい!」

横山光輝「三国志」
曹操の忠臣として活躍した武将。呂布との戦いで左目を失うも、以後も戦場を駆けた。関羽とは、彼が魏に降った頃からのライバルで、関羽が五関を突破すると猛追し、一騎討ちを繰り広げた。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力8 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器兵力上昇 突撃術 突破術
計略隻眼の一喝敵の武力と移動速度を下げる
必要士気5
Illustration : 横山光輝/光プロCharacter Voice : 速水奨


横山三国志から夏侯惇が参戦。
勿論原作仕様で「かこうじゅん」だが、言うまでもなく夏侯惇に変わりはないのでSRとの同時採用は不可。

スペックは第1弾と同じ。

登場バージョン

Ver.2.5.1C

LE張郃(横山光輝)

武将名ちょうこう しゅんがい横山光輝「三国志」
張郃 儁乂「武士たるもの
 身を捨て国に尽くすは当然よ!」

横山光輝「三国志」
魏に仕えた武将。赤壁の戦いや漢中攻防戦など名立たる戦いの多くに参戦した。諸葛孔明の北伐の際には、司馬懿の下につき活躍。街亭の戦いでは馬謖を撃退する働きを見せた。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力6 知力5 征圧力1
官職武官
特技-
将器兵力上昇 突撃術 復活減少
計略神速戦法武力と移動速度が上がる
必要士気4
Illustration : 横山光輝/光プロCharacter Voice : 江越彬紀


登場バージョン

Ver.2.5.1C

LE龐徳(横山光輝)

武将名ほうとく れいめい横山光輝「三国志」
龐徳 令明「今こそ武門の潔白を明かさん!」

横山光輝「三国志」
元・馬超の配下。陽平関の戦いで魏軍の勇将たちと一騎討ちを演じ、曹操に認められ魏に降った。樊城の戦いでは援軍として参戦し、自らの覚悟を示すため、棺をひいて関羽との戦いに臨んだ。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力3 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇 突撃術 攻城術
計略特攻戦法武力と攻城力が上がり、強制的に前進する
必要士気4
Illustration : 横山光輝/光プロCharacter Voice : 益山武明


登場バージョン

Ver.2.5.1C

C王経

武将名おうけい げんい
王経 彦緯「陛下、お待ちください!
  挙兵はあまりにも無謀です!」

農民だったが、同郷の崔林に見出され、中央に出ることとなった。曹髦の司馬昭討伐の計画を知りながら、曹髦への忠誠のため黙っていたことから反逆者として処刑されるも、その忠義ある死に、元部下たちは王経を厚く弔ったという。
コスト1.5
兵種攻城兵
能力武力5 知力7 征圧力0
官職文官
特技伏兵
将器兵力上昇 城門特攻 守城術
計略出世の末路武力が徐々に上がる。ただし効果終了時に撤退する
必要士気4
Illustration : 春乃壱Character Voice : 松田裕市


言葉通り、分に過ぎた出世をしてしまったが為に最後に破滅してしまった男が大戦初登場。
ちなみに撤退台詞の「母上の言うとおりだった〜」は史実である。

久々に追加された魏では2枚目となる攻城兵。1枚目の馬鈞と同じく伏兵持ち。
実はたった2枚しかない守城術持ち攻城兵で、何儀と違い知力が7と高いため妨害・ダメ計に耐性がある。
攻城兵なので移動速度は遅く、Ver.2.6.0Aで攻城兵自体の移動速度も下方修正されたが、
攻城兵特有の仕様で自軍領域内であれば割と早く動けるので防衛目的の採用はそこまで悪くはない。
ただ、内部武力は低めの4なので過信は禁物。
城門特攻の将器もあるので、本来の攻城兵としての用途目的での採用も十分に有り。
流石に一発落城まではいかないが、それでも決まれば約70%の城ダメージと十分な破壊力を出せる。

計略「出世の末路」は超絶強化。
使用すると武力+1、その後0.71c毎に武力+1されていくが、効果終了時に撤退してしまう。
知力7の時だと、武力21まで上がった後に撤退する。
効果時間は10.8c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0A)
わかりやすく言えば、「撤退リスクのある呉下の阿蒙」である。

しかし攻城兵の武力を上げた所で、元々の攻撃力の低さ・表示される武力と内部武力の違いから殲滅力の向上は見込めず、
武力が上がっている最中は撤退しにくくなるものの「効果終了時に撤退」するので逆に凌がれやすくなってしまい、
1.5コストと半端なコストのせいで攻城時の武力依存度もやや低めで、21になっても3~4%ぐらいしか増加しない。
計略を無理に使うぐらいなら、兵力を回復させたり、マウント役を強化したり、号令を使ったりした方が活躍しやすい。 とにかく撤退のリスクが非常に大きく、使い道がかなり狭まっている。

その為彼を採用するのであれば、魏の中で唯一の1.5の攻城兵という点に絞った方が活躍しやすい。
計略まで使用してとなると、それこそ計略名や史実通り「分不相応の出世」の結果を辿りやすい。
採用するなら分相応の使い方を心掛け、活躍させてあげよう。

登場バージョン

Ver.2.6.0A


SR郭嘉(剛騎)

武将名かくか ほうこう乱世の穎才
郭嘉 奉孝「天地人すべてを利用する。
  それが軍師の奥義というものだ」

曹操の参謀として、数々の戦いで活躍。特に袁紹との戦いにおいては、その動きを読んだ予言がことごとく的中した。計略に長じていたため、曹操に「郭嘉のみが我が意図を見抜いている」と言わしめた。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力6 知力9 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器兵力上昇 知力上昇 速度上昇
計略剛騎の大号令味方の騎兵の武力と突撃ダメージが上がる
必要士気5
Illustration : 塚本陽子Character Voice : 中村悠一


軍師郭嘉が今度は武将カードで再登場。

スペックはやはり軍師らしく知力9伏兵持ちだが、武力はコスト比低めの6。
征圧力こそ2あるものの、そもそも計略の都合上大抵採用は騎馬単である為若干惜しい性能。
将器は計略に速度強化が無い以上速度上昇推奨。低い武力が気になるなら兵力上昇も一手。
知力上昇は計略の知力依存が0.2Cしかなく、伏兵強化程度にしか活きない為優先度は低め。

計略「剛騎の大号令」は旧作の彼の陣略「突撃闘陣」を思わせる号令。
範囲内の騎兵の武力を+2、突撃ダメージを+12する。効果時間は19.4C(Ver.2.6.0B)。
なお、勢力限定は無い。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.2.6.0B 突撃ダメージ増加 約+8→約+12

R夏侯淵(影弓)

武将名かこうえん みょうさい残影の矢
夏侯淵 妙才「俺を目で追えぬようなら
   弓など捨てて逃げるがいい」

曹操の挙兵時から付き従った名将。迅速な行軍や奇襲を得意としたが、弓術に関しても群を抜いており、的に刺さった四本の矢の真ん中を射抜く腕前を持った。隴西平定で大功を立てた際、曹操に「向かうところ敵無し」と評されている。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力7 知力7 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇 遠弓術 募兵
計略妙才の影弓魏の味方の武力が上がる。さらに自身の武力が上がり、矢を当てている敵の武力を下げる
必要士気5
Illustration : 杉浦善夫Character Voice : 斉藤壮馬


杉浦善夫氏による夏侯淵が復刻…と思いきや、前作の面影が全くないほど別人になってやって来た。

スペックはバランス型・征圧力2・勇猛持ちと穴がなく使いやすい。
将器は1枚目と全く同じ。勿論どれとも相性が良い。

計略「妙才の影弓」は特殊な号令。
魏の味方の武力が+2され、さらに自身の武力を+3(計+5)し、自身が矢を当てている敵部隊の武力を-4させる。
効果時間は9.2c。(知力依存0.4c)(Ver.2.6.0A)

号令はほぼおまけ程度の効果だが、夏侯淵自体が押し付ける実質武力+9相当の弓が相応に強力。
特に逃げ場を作りづらい城際の戦闘で大いに活きる。

効果を最大限に発揮する為には夏侯淵の射撃が必須。
その為乱戦には向かず、攻城戦でも2コストがマウントに回らざるを得なくなってしまう。


登場バージョン

Ver.2.6.0A

R夏侯惇(烈哮)

武将名かこうとん げんじょう不臣の礼
夏侯惇 元譲「隻眼ゆえに見える物もある。
 望むならば、貴様にも見せてやろう」

曹操の挙兵時から付き従う名将。臣下として扱わず同格とする特別待遇「不臣の礼」を受けるまでに信頼されていた。曹操が亡くなると、大将軍に任命されるが、半年も経たないうちに病に倒れ、曹操の後を追うかのように世を去った。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力7 征圧力1
官職武官
特技防柵 勇猛
将器長槍術 復活減少 守城術
計略隻眼将の烈哮敵の武力と移動速度を下げ、対象の部隊数が多いほど、自身の武力と槍撃ダメージが上がる
必要士気5
Illustration : kdashCharacter Voice : 堀内賢雄


新たにコスト2槍として追加された夏侯惇。
7/7/1槍というスペックは甄の衛士の曹丕張既と既に二人居て、これで三人目となるが、柵と勇猛を持つ。
将器は計略と相性が良い長槍術が有力候補。コスト2槍の中では四枚しか居ない守城術の方を選択するのも有り。

「隻眼将の烈哮」は隻眼将の一喝と同じく範囲は自身右側に傾いた中心円で回転可能。
自身への効果は、武力上昇値が範囲内の敵部隊数+3、槍撃ダメージが敵部隊数+1上がる。
妨害効果は、敵の武力値-3、移動速度が0.6倍、効果時間7.5c。自身の強化時間と妨害の効果時間は同じ(Ver.2.6.0B)。

強化と妨害を同時に行え、相手の移動速度を下げるので槍撃を入れやすく、その槍撃も威力が上がる効率が良い計略…
と言えば聞こえは良いが、それぞれの効果はやや低めで、この計略にある全ての要素を活かしきらなければ、半端な結果になりやすい。
一応魏軍内では他に槍撃ダメージを上げる計略はコスト3の典韋しか居ない為、貴重ではあるが、
他の槍を強化する要素が少ない事や、自身は速度上昇が無いので、いまいち戦果を挙げづらい。
武力増加量も槍撃も爆発的に上がる訳ではなく、この計略単体ではどうしても力不足になりやすい。

単体強化として見るとライバルは多いが、数少ない槍撃ダメージ増加を単色且つコスト2で組める点で独自性はある。
妨害効果である武力低下や移動速度低下は、他の部隊との連携もとりやすくなるので、
単体でなんとかする計略や自身を強くする計略ではなく、
妨害効果を嫌って相手の士気を吐き出させたり、味方と連携する為の布石としての使用を心掛けたい。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.2.6.0B 武力上昇値増加 敵部隊数+2→敵部隊数+3
       移動速度低下値増加 0.8倍→0.6倍

UC牽招

武将名けんしょう
牽招 子経「この身を鋼と化し、
     立ち向かわん!」

若き日の劉備と交友があった侠者。はじめ袁紹に仕え、袁紹の死後は息子の袁尚配下となったが、まもなく曹操に降った。各地の賊を制圧し、寛大な統治を行ったことで魏の国力強化に大きく貢献した。曹家三代に仕え、その信頼も厚かった。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力8 知力5 征圧力1
官職武官
特技-
将器兵力上昇 同盟者 迅速攻城
計略質実剛健武力が上がり、敵の計略対象にならなくなる
必要士気3
Illustration : ジョージCharacter Voice : 速水奨


何故か息子である牽弘に大きく遅れて参戦した侠者。

スペックはとても槍が苦手な国とは思えない2コスト8/5。代わりに無特技で征圧力1だが仕方ない。
魏の2コスト武力8槍は他に典韋・王双がいるが、揃って知力に難を抱えるため差別化は容易。
将器は魏武力8槍では唯一の兵力上昇・迅速攻城持ち。
特に2コスト武力8槍と兵力上昇の組み合わせはVer.2.6.0A時点で他に知力3の張苞しか居ない為、
知力5なのも加味すると割と貴重な存在である。
元々劉備や袁紹と交流があったという事からか同盟者持ちだが、あまり混色向けではないので微妙なところ。

計略「質実剛健」は武力+2、敵の計略の対象にならなくなる。効果時間は約20C。
計略が質実剛健なのは、彼が晋軍に居る牽弘の父親だからであろう。

元々やや高めの知力を持っている事から、計略ステルスを十二分に生かせるかと言えば微妙な所。
とは言え「質実剛健」は牽弘同様、基本は士気漏れ対策で使用するのが主なので、
士気フローに計略ステルス効果がおまけで付いてきた、程度の考えで構わないだろう。
基本はそのスペックを活かした立ち回りを心掛けたい。


登場バージョン

Ver.2.6.0A

R徐庶(霧消)

武将名じょしょ げんちょく奇異なる侠者
徐庶 元直「心は大徳と共に。仮面は、その証よ」

劉備に軍師として仕え、新野に攻めてきた曹仁の「八門金鎖の陣」を破る活躍を見せたが、曹操軍に母を捕らえられ、やむなく曹操の配下となる。その後、曹操のために献策することは無かったが、右中郎将・御史中丞にまで出世したという。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力7 征圧力1
官職文官
特技伏兵
将器長槍術 士気上昇 征圧力上昇
計略霧消の計最も武力の低い敵の武力を下げ、対象にかかっている敵の計略による効果を消す
必要士気5
Illustration : 一徳Character Voice : 中村悠一


前作は軍師カードで個性的な活躍をしていたオッドアイ徐庶が魏所属で帰ってきた。
スペックは伏兵持ちの1コスト文官として標準的な数値。征圧力は1止まりだが、武力2の伏兵持ちであることを考えると致し方ないところだろう。
将器はいずれも無難なものが揃う。実は魏の1コスト槍兵伏兵持ちは第一弾の程イク以来で、彼が二人目となる。

計略の霧消の計は、範囲内の最も武力の低い敵の武力を-4し、さらにかかっている敵の計略の効果を消すもの。
早い話が「局地の雲散+攻守の計(妨害)」「機略自在(妨害)の単体版」といった趣き。
この手の計略名にしては珍しく雲散の文字はないがちゃんと計略効果は消す。元々「雲散霧消」という一つの言葉から来ている計略名なので問題はない。

効果時間の目安(Ver.2.6.0A)

敵の知力12345678910
効果時間6.2c6c5.8c5.6c5.3c5c4.2c3.3c3c2.7c


士気5で武力-4が一部隊な上に効果時間は短めな為、やはり計略効果を消すという部分を狙っていきたいところだが、
対象が「最も武力の低い敵」と局地の雲散同様の弱点を持ち、固まって攻めてくるだけで狙いがつけづらくなる。

ただ魏には反計持ちが複数存在し、相手の計略使用をコントロールする反計と、後出しで計略効果を打ち消す雲散系計略は旧作時代から抜群の相性を誇る。
他にも固まると損害が大きいダメージ計略である水計、複数範囲妨害計略等も魏の得意分野。
それらと組み合わせる事で、固まって攻めてくるのを牽制させ、単体強化等で単独で来た所を狙い打ちに出来る。
士気が重い超絶強化のほかにも、漢鳴の仕様や武力参照等で連打が通じづらい強化計略、先陣の誉れなど士気バックするのが目的の強化計略等、
士気差だけに拘らず、相手のプランを崩せるチャンスがあったら狙って行きたい。

逆にここまでお膳立てしてあげないと効率良く使う事は出来ず、
知力増加・兵力回復等の追加効果が多い号令相手にはダメージ計略・妨害計略だけで牽制するのも難しいので、
そういった号令だけで押し切られると霧消の計は使い道がなくなってしまう。
あくまで裏の手であり過度な期待は禁物ではあるものの、
相手がこの計略を警戒して攻め方を変えるだけでも効果有りと見て他の手段で攻める等、一工夫も二工夫も必要な、玄人向きなカードとなっている。

登場バージョン

Ver.2.6.0A


R鄒氏(夢幻)

武将名すうし事変の蝶花
鄒氏「本当にこのお方は英雄なのでしょうか・・・・・・」

張繍の義理の叔母で、絶世の美女と伝わる。張繍軍が降伏した際に、南陽に進駐した曹操に見初められ曹操は鄒氏の屋敷に入り浸ったという。曹操の子を産んだ記録は無く、宛城の戦いに巻き込まれ命を落としたと思われる。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力7 征圧力1
官職-
特技防柵 魅力
将器兵力上昇 士気上昇 同盟者
計略一夜の夢幻自身と最も知力の高い味方の武力と移動速度が上がる。ただし対象のいずれかの味方が撤退すると、対象の味方全てが撤退する
必要士気4
Illustration : K+Character Voice : 沢城みゆき


曹操と関係を持ったという事で、まさかの魏軍所属の鄒氏が追加。

スペックは足を引っ張らない武力と十分な知力、更に防柵・魅力持ち。
槍が苦手な魏である事を考えるのであれば、征圧力1も致し方なしだろう。
将器も小粒揃い。本人の計略が勢力不問なので同盟者も活かせる。

計略「一夜の夢幻」は特殊な投げ強化。
自身と範囲内の最も知力の高い味方の武力を+5、移動速度を1.65倍にする。
範囲内に最大知力が複数いた場合、効果対象はランダム。効果時間中に対象のどちらかが撤退すると、もう片方も撤退してしまう。
効果時間7.9c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0A)

一対舞踊の速度上昇確定、または一心同体の自身も動けるという感じ。ただし、撤退リスクは同系統の計略中トップクラス。

自身もそれなりの武力と迎撃されない速度上昇した槍兵になるので、騎兵に掛けて、自身が槍消し、騎兵に突撃を決めてもらうという
局地戦を制するために行いたい行動を純粋に強化することが出来る。
なるべく高コスト騎兵と一緒に使用したいが、同系統の計略と異なり対象が最大知力のため、
低武力の知将にかかってしまうと計略が活きないので注意。

これだけで号令を相手にするのは、デメリットもあり不安が残るが、同士気〜士気5相当の単体強化相手なら可能性は十分にある。
相手の槍を消しているということは、当然鄒氏の槍も消えているので、相手の騎兵の枚数や武力によっては
先に撤退させられる危険性もあるので、状況判断は的確に行おう。

勢力限定も無いので、蜀のWライダーと同居している姿も見る。
また、柵持ちで、士気4で相手の攻勢を凌げる可能性のある1枚なので、舞のお供にも使いやすい。

色々なデッキの裏の手になりそうな可能性のある1枚となっている。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

UC曹姫

武将名そうき
曹姫「鬼姑になんか負けないっ!
  いつかアッと言わせてみせるよ!」

曹彰の娘。東平国の相・王昌に嫁ぎ、夫が早死にした後も、婚家に仕えた。王昌の母は贅沢を嫌い礼儀作法に厳しく、曹姫が嫁入りした時も服装を改めさせるなど、皇族の出であろうと厳しく指導され、その評判は広く知れ渡っていたという。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力6 知力3 征圧力1
官職-
特技魅力
将器攻撃力上昇 突撃術 速度上昇
計略打倒鬼姑戦場にいる女性(武官、文官ではない武将)の味方の武力の最大値が大きいほど武力が上がる。一定以上武力が上がると、さらに移動速度が上がり、突撃オーラが出るまでの時間が短縮される
必要士気4
Illustration : 仙田聡Character Voice : 花守ゆみり


大激戦区の1.5コスト騎馬に新たに追加された、曹彰の娘。
裏のフレーバーテキストの話は、曹姫の逸話ではなく、その曹姫を指導した王昌の母の逸話である。
計略名や台詞等は恐らくこの逸話から取られており、鬼姑は王昌の母を指していると思われる。

魏の1.5コスト騎兵では初となる武力6魅力持ち。一方で知力は武力6騎兵の中で最低値の3。
将器も騎兵とは非常に相性が良い物が揃うが、計略との相性を考えると突撃術を推奨。

計略「打倒鬼姑」は超絶強化。
戦場にいる味方の女性武将の武力の最大値が大きいほど武力が上がる。
対象の武力が13以上だと、移動速度1.8倍と突撃オーラが出るまでの時間が短縮される効果が追加される。
武力13を参照した時の武力上昇値は+6。
効果時間7.1c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0B)。

対象となる女性武将は勢力を問わないので複数勢力での起用も可能だが、
魏軍単一デッキで主力となる号令をかけた女性部隊を参照した方が早く、尚且つ安定する。

女性の単体強化では魏軍内だけでも趙娥王異(兎娘流鼓舞術)で簡単に条件を達成できる。
重ねがけすれば王異(女傑の連撃)でも可能。他の軍に目を向けると祝融や呂姫等、対象となる女性部隊は多い。投げ計略を含むとほぼ全員。また、曹姫自身の武力も参照するので+7の投げ計略があれば追加効果の発動は可能である。
コスト1.5という条件を満たしているので曹氏とも相性が良かったりする。彼女を主力にするなら覚えておいて損はないだろう。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.2.6.0B 効果時間延長 6.3c→7.1c

UC鄧艾(隠密)

武将名とうがい しさい典農綱紀
鄧艾 士載「戦い・・・・・・その時は来た!」

曹操が荊州を征服した時に連行され、汝南の屯田民となった。12歳を迎えた時に、穎川において「文は世の範たり、行いは士の則たり」と書かれた碑文を読み、名を範、字を士則とした。しかし同名の一族が出たため、今の名に改めたという。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力9 征圧力1
官職武官
特技伏兵
将器兵力上昇 突撃術 地の利
計略隠密の神速行武力と移動速度が上がり、隠密状態になる。(敵から姿が見えなくなる。ただし敵部隊または敵城に近づくと姿が見えるようになる)
必要士気5
Illustration : りりんらCharacter Voice : 櫻井孝宏


イラストレーターは違うが旧作と同じスペック、計略、特技を持った魏の鄧艾が参戦。
知力9と伏兵を持つ騎兵でありながらコスト2標準武力である7を持つのが特徴。かなり高めのスペックになっている。
将器は計略のパワー不足を補える突撃術が有力。魏の2コス騎馬唯一の地の利もデッキによっては候補になるか。

計略の「隠密の神速行」の性質は陳登の隠密疾駆とほぼ同じもの。士気+1された代わりに武力もきちんと上がる。
武力+4、移動速度が2倍。効果時間15c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0B)。

陳登と違い攻城関係の特技も将器もないので、隠密状態からの突撃による奇襲がメインとなる。武力と速度が上がった騎兵が見えないのは非常に脅威。
見えないだけでなく隠密状態の間は弓攻撃のターゲットにならないので、弱体弓や麻痺矢や剛弓、騎兵に対して弓威力が上がる特殊な計略相手にすら臆することなく立ち向かえる。

ただし致命的な弱点として、素の征圧力が1ある所為で領地塗り替えが発生してしまい、その結果居場所がバレやすい。
陳登と違い素の征圧力が1である以上、能動的に征圧力を下げる手段がない限りこの弱点は常に付きまとう。
奇襲的な運用がメインとはいえ、領地塗り替えで場所が割れた結果槍を向けられては戦果を挙げられない。
無論既に塗られている場所を通るという解決法もあるが、隠密効果を活かせているとは言いがたいのが実情。
また、効果時間が長めな分士気5の計略としては標準的な武力上昇値であり、隠密の特性とも相まって乱戦はやや不得手。
士気5の単体強化持ちとして似たようなポジションの趙娥と比較すると、鄧艾の計略を活かすにはある程度の突撃スキルが求められる。

飛天の舞い魏武の継承者といった征圧力が下がる計略と合わせる事で、塗り替えによる居場所がバレる弱点を克服する事は可能。
前者は舞踊、後者は長時間号令であり、併用タイミングをある程度選べるのはありがたいところ。

征圧力を除くスペックは高く、計略を度外視したスペック要員としてデッキに入れる事は充分可能なレベル。
特に英知号令デッキでは素武力も補える知力9のコスト2騎兵として運用できる。
その場合は主力となるコスト2に伏兵を二枚抱えるため、解除に時間がかかると序盤の白兵に支障が出ることもままある。
相手のデッキ次第では、あえて城内スタートも視野に入れることも検討したい。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.2.6.0B 武力上昇値増加 +3→+4
       移動速度上昇値増加 1.7倍→2倍

EX(SR)王異(兎娘)

武将名おうい兎耳の女傑
王異「これで味方の戦意が上がるなら・・・・・・
         少し恥ずかしいけれど」

大義と貞節を重んじた女傑。馬超が反乱を起こした際、自ら弓を取り抵抗した。敗れた後も抵抗を諦めず、馬超の妻を通じて油断させて挙兵。追放された馬超が再び侵攻してきた際も、祁山に籠り、9つの奇計を駆使して撃退した。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力6 知力6 征圧力2
官職-
特技勇猛 魅力
将器士気上昇
計略兎娘流鼓舞術(バニーガールりゅうこぶじゅつ)武力と移動速度が上がり、自軍の士気上昇速度が上がる
必要士気5
Illustration : 萩谷薫Character Voice : 釘宮理恵


双子星イベント第三回の武将はSR王異(女傑の連撃)の華装イラスト。
スペックは元の自分と同じで武力が低め。
主将器は士気上昇で副将器は兵力3となる。メインで使うなら覚醒すべきだが、デッキによっては譲ってもいいだろう。

計略は武力+7、移動速度1.8倍、士気上昇速度1.76倍、効果時間10C(24秒)。知力依存0.42c
素の状態で効果終了まで生存した場合、士気が通常より約1.8多く貯まるため、生存前提での実質消費士気は3.2。

基本運用は漢軍の士気バック計略と似ている。ただしあちらほど得られる士気は多くない。
漢軍は士気バックがメインで強化はおまけ、王異は強化がメインで士気上昇はおまけと考えるといいだろう。
効果時間が長いほど得られる士気が大きく、逆に早々に撤退してしまうとそれだけ損をしてしまう。
知力を上げて効果時間を増やすと回収できる士気も増えるが、知力依存はさほどでもなく無理に狙う事はないだろう。

余談だが、モーションはいつもと同じ超絶強化。しかしバニーガール姿なので特に落城ムービーは一見の価値あり。
イラストでは背中が見える大胆なコスだが、ポリゴンは自主規制したのか背中が見えないのが残念。

登場バージョン

Ver.2.5.1B (第三回双子星チャレンジイベント)

EX(SR)曹丕(治世)

武将名そうひ しかん魏皇帝
曹丕 子桓「跪け。天下の王たる、この俺に」

曹操の三男。後に献帝から皇帝の地位を禅譲させ文帝となる。父・曹操より英才教育を受け、多芸多才であったという。皇帝になってからは数々の優れた政策を行い、優秀な部下を重用して魏を安定させた。しかし40歳の若さで崩御した。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力4 知力7 征圧力3
官職武官
特技魅力
将器守城術
計略文帝の治世自軍の征圧領域が多いほど魏の味方の武力が上がる。この効果は征圧領域が増減するたびに変化する。さらに敵軍内乱発生時、征圧領域がリセットされなくなる
必要士気7
Illustration : WolfinaCharacter Voice : 櫻井孝宏


4枚目となる曹丕。旧大戦1〜3でも曹丕を手がけたWolfina氏のリメイクイラストで登場。
テキストフレーバーに書かれている彼の台詞は、大戦2、3での落城を決めた時の台詞でもある。
スペックは文官寄りで低めの武力を補う為に征圧力3を持つ。
ただし武官扱いであるため一騎打ちを起こす点には注意。
そして将器覚醒は守城術に攻攻攻。
一見ちぐはぐだが攻守がはっきり分かれる自身の計略を鑑みるに、意外と悪くない。

計略「文帝の治世」は征圧領域を参照する号令。
武力上昇の最低値は+2。およそ17マス毎に+1ずつ増加し、最大で+9まで上がる。領域拮抗時(半々の状態)では+5となる。
また、効果時間中は敵の内乱による(=敵に内乱ダメージを与えたときの)領域リセットが無くなる。
その効果故か、号令では珍しいリアルタイムで参照=武力がその都度変動するタイプとなっている。
効果時間14.2c、知力依存値0.42c(Ver.2.6.0B)。範囲は横はそれなりだが縦にやや狭く、若干の注意が必要。

流動的だがある意味武力よりもわかりやすい値がファクターなので、展望は見えやすい。
相手に塗りに回す余力やその適正がある武将が居ない場合、戦況は一方的になるだろう。
ただ消費士気が7と重く、自城間際で防戦一方になると、武力上昇量が見合わない為、却って窮地に陥る。
優位に至るための征圧力に関与する計略、詰められた時の挽回の策を備えて戦場に臨もう。

ちなみに、領域リセットが無くなるのは敵軍に内乱が起こった時のみであり、
自軍側で発生した内乱の場合は通常通り領域リセットが発生する。
そのため武力上昇+2の状態まで征圧領域を相手に塗り込められても、効果時間中に内乱が発生すれば武力上昇+5あたりまで一気に戻る。
この仕様上、総征圧力による優劣の差は他のデッキよりも重要となる。将器征圧力上昇では総征圧力に貢献できない点は注意。
計略未使用時の敵軍内乱発生後も、総征圧力で勝っておけば1〜3ライン塗られた状態になる為、計略発動時に高武力からスタートしやすくなる。
この点も踏まえてデッキを構築すると良いだろう。

幸い本人のコストが軽く、さらに魏では征圧力に関する計略も比較的多い為、デッキパーツの自由度は高い。
相手の計略や枚数によっては、この号令だけでは攻めづらくなる為、他に裏の手を仕込むという場合でも幅広い選択肢から用意できるのが、低コスト号令持ちならではの利点だ。

登場バージョン

Ver.2.6.0B (第二十四回大戦スタンプキャンペーン)

Menu

最新の20件

2019-12-15

今日の20件

  • counter: 2064
  • today: 9
  • yesterday: 6
  • online: 104