カードリスト:群雄 第4弾



R韓氏

武将名かんし
韓氏「とーちゃんのメーレーだもん。
       逃がさないよーだ♪」

韓遂の末娘。潼関の戦いで敗れた後、閻行が曹操に味方しかけていたため、それを引き留めるための策として、嫌がる閻行の元に嫁いだ。しかし、閻行の心は韓遂から離れていき、結果として韓氏ら妻子は閻行と共に、曹操に降ったという。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力6 知力3 征圧力1
官職-
特技魅力
将器攻城術 守城術 迅速攻城
計略無邪気な狼煙自身を除いた戦場にいる味方一人が撤退し、自身の武力が上がり、全方向に槍の無敵攻撃を行う。ただし戦場に味方がいなかった場合、効果が下がる
必要士気4
Illustration : ひと和Character Voice : 茅原実里


韓遂の娘で閻行の嫁が初参戦。
ちなみに彼女が閻行の嫁になった理由はかなり酷い。
韓遂の「閻行を親族にする→曹操が疑念を抱いて閻行の父親を殺す→そうすれば曹操の下に行かない」と言う考えである。

群雄初の魅力持ち1.5コスト武力6槍。
知力も1ではないのだが、その代わり征圧力は1止まり。これは仕方ないだろう。
将器はこの枠初の迅速攻城があるのがミソ。

計略「無邪気な狼煙」は父親同様味方を斬る強化。
戦場の味方を1部隊ランダムに撤退させる代わりに武力が+9され、さらに車輪状態になる。誰も斬れなかった場合は武力+1。
効果時間は7.5c、知力依存0.8c(Ver.2.5.1D)。
ちなみに誰も斬れなくても車輪状態にはなり、車輪ダメージが減ったりはしない

斬る味方はランダムのため、効果的な場面で使うタイプの計略。
攻撃時ではかなり絞られるが、防衛時では自城を使って斬る対象をある程度コントロールできる。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1D 効果時間延長 6.7c→7.5c

C橋蕤

武将名きょうずい
橋蕤「それがしは大将軍・・・・・・!
 その名に今日こそ応えねば・・・・・・!」

袁術配下の大将軍。袁術が揚州に拠点を構えた際、張勲と共に大将軍に任命された。袁術が皇帝を名乗った後も仕え続け、陳国侵攻にも従軍したが、曹操が討伐に出てくると袁術は一目散に撤退。残った橋蕤は于禁に討ち取られた。
コスト1.0
兵種攻城兵
能力武力3 知力4 征圧力0
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 突破術 同盟者
計略大将軍の援軍味方の攻城兵の兵力が回復する
必要士気4
Illustration : あなQCharacter Voice : 堂坂晃三


袁術軍のもう一人の大将軍が第4弾にして大戦初登場。

スペックは攻城兵故に征圧力0は仕方ないとして、内部武力を考えると割と並。
その上無特技とだいぶ平凡。
将器はとても難しい物ばかりが揃っている。無理に覚醒させる必要もないだろう。

計略「大将軍の援軍」は言葉通り援軍。
その回復量は士気4にして破格の100%
…と言えば聞こえはいいのだが、その対象はなんと攻城兵のみである。
たとえ敵城に張り付いたとしても、戦闘力が低い攻城兵が兵力を回復したところで気休めにしかならないので
何かしら計略や法具とのコンボなどを駆使して、あと一押しで攻城に結び付けられるというような状況で使いたい。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

SR蔡琰

武将名さいえん
蔡琰 文姫「天地に果てが無いのなら・・・・・・
  囚われても、詩は万里を駆けるわ」

蔡邕の娘。李傕と郭汜らにより都が混乱した際、匈奴の兵に拉致され、左賢王・劉豹の側室となり帰国するまでの12年間を南匈奴で過ごした。後に自身の波乱の人生を綴った詩「胡笳十八拍」を詠んだという。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力4 知力8 征圧力1
官職-
特技伏兵 魅力
将器知力上昇 士気上昇 征圧力上昇
計略胡笳十八拍最も武力の低い敵の武力と移動速度を下げる
必要士気4
Illustration : 萩谷薫Character Voice : 斎藤千和


匈奴の左賢王・劉豹の側室になっていた頃の蔡琰がSRで登場。
過去に登場した蔡琰と比べると非常に大人っぽい姿となっている。

1.5コスト・武力4と戦闘力は低めだが、知力8伏兵に魅力持ちと群雄では割と珍しいスペック。
征圧力は1止まりだが、これで2になると成公英(4/7/1伏兵)が完全に泣く羽目になるので致し方なし。
将器はどれも使いやすい。基本は士気上昇か征圧力上昇か。
計略の知力依存が低い為知力上昇は微妙に見えるが、群雄では破格の知力11伏兵になりうるので、
序盤の立ち回りを考慮するのであれば一考の価値はある。

計略「胡笳十八拍(こかじゅうはっぱく)」は範囲内の最も武力が低い敵を対象に取る妨害。
範囲内の最低武力の敵の武力を-7・移動速度を0.2倍にする。
効果時間は知力将器なしで同知力に4.2c、知力1に4.7c、知力10に3.9c続く。
(Ver.2.5.1B)

低下値は高めで、士気も4と軽いので足止めにも使える。
ただし効果時間が短めなので、敵を倒したい時は味方部隊と協力して速やかに撃破したい。
計略対象が範囲内の最低武力の武将であるため操作は慎重に行いたいところ。

効果時間の目安(自身の知力8) 知力依存0.5秒

敵の知力12345678910
効果時間4.7c4.7c4.6c4.6c4.5c4.5c4.4c4.2c4c3.9c


登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1B 武力低下値増加 -6→-7

UC周倉

武将名しゅうそう怪力の従者
周倉「うおおーっ!
   どけどけーッス!」

涼州出身の黄巾賊。両腕には千斤におよぶ怪力を持つといわれ、水練や走ることも得意であった。黄巾の乱が鎮圧されると、同僚の裴元紹とともに臥牛山へ落ち延びて山賊となるが、のちに関羽と出会い、その臣下となる。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力4 知力1 征圧力0
官職武官
特技勇猛 復活
将器攻撃力上昇 復活減少 征圧力上昇
計略完殺戦法武力が上がり、撃破した敵の復活時間が長くなる
必要士気4
Illustration : 夢路キリコCharacter Voice : 菅沼久義


若き日の周倉がようやく群雄に帰ってきたッス!

蜀の自身との違いは知力-1の代わりに復活持ち。
相変わらず征圧力は0だが、Ver.2.5.0における群雄勢力は槍呂布でいくらでも総征圧を稼げるので大した問題ではない。
将器もなかなか面白い事になっており、特に復活減少を持っているのがポイント。
群雄勢力において特技復活+復活減少持ちの槍は初であり、十分な独自性と言える。
素征圧が気になるなら、いつも通り征圧力上昇でフォローを。

計略は成宜と同じ「完殺戦法」。
武力+5、撃破した敵の復活時間を+15秒させる。
効果時間5c、知力依存0.8c(Ver.2.5.1C)

復活カウントを伸ばす事は単純に相手の足並みを乱す事に繋がるので、効果自体は優秀。
ただ効果時間が短く、足の遅い槍兵なので狙っての撃破は難しい。
効果を活かすのであれば、瀕死の敵を狙う時や、ダメ計などの破壊力がある計略持ちと合わせるなど、敵を倒せる状況を見極めて使いたい。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1C 武力上昇値増加 +4→+5

C拓跋力微

武将名たくばつりょくび
拓跋力微「ドたわけぇ!
 まだワシゃあボケとらんわーッ!」

鮮卑族拓跋部の指導者。成長するにつれ英雄の器を持つようになり、離散した部族を再びまとめ直し、20万の兵を擁した。魏や晋と誼を結んだが拓跋部の勢力は非常に強大となり、危険視した衛瓘に離間工作を行われるほどだった。
コスト2.0
兵種歩兵
能力武力9 知力1 征圧力0
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇 速度上昇 攻城術
計略ボケとらんわ!武力が上がり、移動速度が下がる
必要士気4
Illustration : 前河悠一Character Voice : 三宅健太


後に北中華を席巻する事になる拓跋氏の祖がやって来た!
台詞が完全にボケ老人だがそれもそのはず、彼はあの呂岱すら超える104歳まで生きているからである。
ちなみに実際に歳のせいでボケてたらしく、そのせいで息子の拓跋沙漠汗を死に至らしめてしまっていたりする…。

遂に追加されてしまった2コスト素武力9。しかも勇猛まで併せ持っている。
その代償で知力1征圧力0、おまけに歩兵だが致し方なし。
武力8と9の差は大きく、それを2コストで賄えるのだから文句のつけようもないだろう。
とは言え歩兵である以上兵種アクションに対しては無力である為無理はさせないように。
将器はまさに敵城まで行って来いと言わんばかりのラインナップ。

ド直球な名前の計略「ボケとらんわ!」は強化。
武力が+13され、移動速度が約0.5~0.6倍(速度のみVer.2.5.0Aの情報)になる。効果時間4.6c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1D)。

城に張り付いてしまえばデメリットはほぼ無視できる為、主に敵城に張り付いた状態で使う事になる。
歩兵だろうと武力22に張り付かれてしまえば、相手に相応の対処を強要する事が出来る。
とは言え効果時間自体は長くない為過信は禁物。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1D 武力上昇値増加 +8→+13
       移動速度低下値増加 0.5~0.6倍→


UC趙媛姜

武将名ちょうえんきょう
趙媛姜「ここはあたしに任せて、
        先に行って!」

益州の趙家の娘で、同州の盛道の妻。益州が乱れた際、夫が挙兵するも失敗して夫婦ともども投獄される。趙媛姜は夫と幼い息子を逃がし、牢獄に残って見張りを騙し通した。盛道はこの恩義を忘れず、生涯再婚することはなかったという。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力6 知力2 征圧力1
官職-
特技魅力
将器突撃術 地の利 速度上昇
計略開錠の転進最も武力の高い味方の兵力と征圧力が上がる。さらに自身は一瞬で城に戻る
必要士気3
Illustration : Daisuke IzukaCharacter Voice : 花守ゆみり


官渡の戦いの頃に活躍した女性が参戦。
ちなみに夫と息子を逃がした後、彼女は獄中で亡くなったとされる。
その逸話からか、イラストの得物が鍵本体のような複雑な穴が入っている。
群雄では初の魅力持ちの武力6騎兵。
その代わり低知力・征圧1なので、上記の特徴を活かすと良い。
地の利を持っているのも高評価。

計略は単体回復。
範囲内の最高武力の味方の兵力を60%回復し、さらに征圧+2する。
効果時間9.2c、知力依存0.4c(Ver.2.5.0A)。
計略発動後、自身は自城に転進する(敵に囚われていたのに自城転進はおかしいが気にしてはいけない)。
なお範囲内に味方がいない状態で使用した場合、回復はしないが転進は行う。

掛ける対象を挙げるならやはり呂布だろう。
兵力を回復した上で敵陣を征圧するのは相手には相当なプレッシャーになる。
問題としては、R杜夫人やEX厳氏などが1コストながら優秀な回復計略を持っており、回復目当てなら競合相手が多いこと。
勢力制限は無いので、必要士気の軽さやスペックを加味して選ぶとよいだろう。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

UC張勲(大驀進)

武将名ちょうくん偉大なる大将軍
張勲「大将軍であるワシに従えば
      大勝利は確実よ!」

袁術配下の大将軍。自分の子と呂布の娘との縁談を破談にされた事に激高した袁術が、呂布に戦をしかけた際、張勲は20万の大軍を任された。しかし仲間の裏切りに遭い、呂布軍に大敗。袁術の死後は曹操に帰順した。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力3 征圧力2
官職武官
特技攻城
将器地の利 城門特攻 募兵
計略大将軍の大驀進味方の武力が上がる。攻城兵であればさらに移動速度が上がる
必要士気5
Illustration : ファントムCharacter Voice : 益山武明


ファントム氏の大将軍こと張勲が帰って来た!
心なしか撤退時の台詞がかなり元気になった気がする。

ネタ染みた台詞に反して群雄の1.5コスト騎兵としては数少ない征圧2。
下記の計略の都合上攻城兵多めのデッキに入りやすい為、機動力のある征圧2は嬉しいところ。
但しその代わり残りの能力値は5/3とコスト比平均以下。一応、旧作当時からは知力+1されている。募兵も将器でしっかり確保。
特技攻城は自分よりも攻城兵が殴る場合が多いので補助的な位置づけになるだろう。
将器は色塗りから柵破壊に至るまで自身が動き回る事が多い上に、他の選択肢も微妙なので覚醒させるなら地の利が第一候補。

計略「大将軍の大驀進」は一枚目の自身同様号令。さすがに大量生産は許されなかった。
範囲内の味方の武力が+4され、更に対象が攻城兵であれば移動速度が1.7倍になる。勢力限定は無し。
効果時間は6.7c、知力依存0.8c(Ver.2.5.0A)。

士気消費こそ上がったが、武力上昇だけは攻城兵以外も効果を受けられるようになった。
攻城兵を含まない場合は効果時間の短い劣化「指揮」のため、使うなら1体は攻城兵を含めたいところ。
とは言え元々遅い攻城兵故に、敵陣ではあまり実感できる程の効果は得られない。
自軍領域ではある程度実感できる速度にはなる為、攻城兵以外による征圧も重要になってくるだろう。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

UC張梁(大猩々)

武将名ちょうりょう復活の黄巾
張梁「腐敗した世に、
  黄巾の旗を掲げるのだ!」

黄巾賊の首領・張角の末弟。「人公将軍」と称して各地で反乱を起こし、官軍を苦しめた。長兄の張角が病死すると、その遺志を引き継いで戦ったが、張角が病死したことで勢いづいた官軍を止めきれず、斬殺された。
コスト1.5
兵種歩兵
能力武力6 知力1 征圧力2
官職武官
特技攻城
将器攻撃力上昇 兵力上昇 攻城術
計略大猩々戦法武力が上がり、兵力が上限を超えて回復する
必要士気5
Illustration : 牧野卓Character Voice : 三宅健太


牧野卓氏が手掛ける元祖ゴリこと張梁が帰って来た!

相変わらずの歩兵だが、コストは1.5にグレードアップ。2枚目の張梁が登場したのは全シリーズで初。
武力はコストとしては十分な6、征圧力も2確保しているが、知力は安定の1なのはご愛敬。
どうしても攻城役になりやすい歩兵なので、特技攻城も将器攻城術も嬉しいところ。
しかしスペックを盛られがちな歩兵としては、1コスの自分が武力5なのもあって寂しい数値と言わざるを得ない。
Ver.2.5.0A以降は将器攻城術の効果が落ちたがVer.2.6.0A時点では上方修正が入り、計略との相性も良いので有力候補に。

計略「大猩々戦法」は張梁らしく回復計略。ちなみに大猩々とはゴリラの事である。
ゴリゴリ言われてたら遂にゴリラ戦法を持たされてしまった
武力が+2され、更に兵力が上限を超えて120%回復する。
効果時間は7.5c、知力依存0.8c(Ver.2.6.0A)

100%を超える回復量によって、撤退寸前の状態で使用しても元通り以上の兵力になるのは圧巻。
攻城力も、壁でもおよそ内乱1発分は持って行くため無視もしづらい。
単純な効果ではあるが、たとえデッキ内の主力であっても無士気ないし1枚で城ダメージを0に抑え処理することは難しい。
相手に連続突撃や連続槍撃などのカード操作や対処に複数部隊を割くことを強いる一方、
こちらは計略使用後は張梁を気にすることなく他のカード操作に集中できるので、
士気効率だけでなく盤上のその他の場所での有利も取れる。
歩兵ではあるが、絶対無視を許さないカードとなっている。

弱点としては武力+2は士気5の対価として全然見合わず、自身も歩兵なので殲滅力はほぼ無いと言っていい。
士気5というのも単体回復としては重いので、安易に連打すると本命の方を無士気で対処されかねない。
メイン計略・キーカードにするにはパンチ力が圧倒的に不足している。
キーカードは別に据え、この計略は主に戦力分散の為の計略である事を意識したい。
また幾ら戦力分散目的でも、相手が攻城力を上げる号令、殲滅力が高い号令で押し込んだり、攻城兵を主軸にしたデッキだったりと、
一発逆転の攻城力を持って攻められた場合は悠長に端攻めしている場合ではない。
時には壁となり相手の攻撃から守る必要もある。その時に端攻めで居なくて結果守りきれなかったという事のないように。

登場時は武力+5の上限超え200%回復と、不撓不屈のお株を奪う凄まじい性能を誇っていたが、
上記のように攻城役と兵力回復の相性が非常に良く、勝率上位に居座り続けて幾度も下方修正を受け続け、
Ver.2.6.0Aにてとうとう兵力回復量にメスが入り不撓不屈に勝る部分がなくなった。
それでも1.5歩兵が特技攻城を持って端攻めして内乱とほぼ同じ威力をたたき出すのは無視はできない為、
今後も群雄勢力の攻城役として活躍していくであろう。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.0C 武力上昇値減少 +5→+3
Ver.2.5.1B 武力上昇値減少 +3→+2
Ver.2.6.0A 兵力回復量減少 200%→120%

R徹里吉

武将名てつりきつ西羌王
徹里吉「俺様の鉄車で
  中華を蹂躙してやるぜ!」

羌族の王。曹操の代から魏に従い、諸葛亮の北伐では、15万の兵と鉄車部隊を派遣した。羌族の軍は蜀の西平関を攻めたが、諸葛亮の罠によって敗北。配下の将は捕らえられ、諸葛亮から和平の伝言を受けると帰国していった。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力3 征圧力1
官職武官
特技攻城
将器兵力上昇 速度上昇 征圧力上昇
計略暴虎馮河【岐略】(計略発動直後にを押す事で追加効果を選択できる)
群雄の味方の武力が上がる。
緋略>さらに兵力が徐々に回復する。ただし一定時間ごとに自城にダメージを受ける
蒼略>さらに武力が上がり、兵力が徐々に減少する
必要士気6
Illustration : kakotomiraiCharacter Voice : 速水奨


旧作では回転操作の超絶強化を持っていた西羌の王が帰って来た。

群雄5枚目となる2コスト武力8騎兵。
群雄勢力らしく知力はやや低めだが、代わりに攻城持ち。征圧1は致し方なしだろう。
将器に征圧力上昇はあるものの、他の将器も相性は良い。贅沢な悩みである。
ちなみにスペックは旧作そのままだったりする。暴乱は攻城に変わったが。

計略「暴虎馮河」(ぼうこひょうが)は岐略号令。
基本効果は群雄の武力+5。
緋略は対象の味方の兵力が約2秒毎に4%回復する代わりに、自城が約2秒(0.82c)毎に一人当たり0.5%ダメージを受ける。
通常知力の時、回復と自城ダメージが8回入るので総回復32%、1部隊につき4%城ダメージを受ける。
蒼略は武力が更に+2(合計+7)される代わりに、兵力が0.82c毎に4%減少(総ダメージ約32%)していく。
効果時間はどちらも6.7c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1B)

緋略はマイルドな「暴虐なる覇道」、蒼略は「諸刃の号令」の亜種と言える。
どちらも癖が強いが、攻撃向きの緋略、防衛向きの蒼略と役割が分かれており計略が腐りにくいのはありがたい。
コスト比最高武力を持ちながら攻守両面で輝くと言える。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1B 効果時間短縮 7.9c→7.1c
Ver.2.5.1C 効果時間短縮 7.1c→6.7c
       緋略 城ダメージ増加 0.82c毎に0.4%→0.5%
       蒼略 兵力低下値増加 0.82c毎に3%→4%

R董氏

武将名とうし
董氏「おいっすー! 超さがしたよー♪」

馬超の側室。馬超と共に涼州から漢中まで行動を共にした。後に馬超が益州に派遣されると、人質として預けられたが、馬超が劉備軍に加わったことで離れ離れになる。漢中が曹操に降伏すると、曹操の命で張魯の重臣・閻圃の妻にされた。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力6 知力7 征圧力2
官職-
特技魅力 攻城
将器攻撃力上昇 攻城術 同盟者
計略お転婆娘の進撃味方を一瞬で城に戻し、兵力が回復する。対象の部隊数が多いほど自身の武力が上がる。一定以上武力が上がると、移動速度が上がる
必要士気5
Illustration : ヨシモトCharacter Voice : 斎藤千和


馬超の嫁その2がようやくやって来た。
が、何故か一昔前のコギャル風味。やっぱり西涼の人間はなにかがおかしい。

スペックは2コスト武力6と戦闘面ではかなり苦しいが、代わりに征圧力2。
そしてやたら低知力ばかり揃う群雄ではかなり貴重な高知力騎兵。ギャルなのに
特技も魅力・攻城となかなかの物が揃う。
将器は汎用性なら攻撃力上昇が優秀。また、2コストとしては貴重な同盟術持ち。
騎兵ではあるが、特技攻城と攻城術将器の両立も強みの一つ。

計略「お転婆娘の進撃」は強化。
範囲内の味方を城に戻し、兵力を40%回復する。
そして城に戻した部隊数×2+3武力が上がり、更に戻した部隊が2部隊(武力+6)以上だと移動速度が1.7倍になる。
効果時間は10c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1B)。

なお、城に戻して回復…とあるが、舞いや溜め中の味方も対象に取る。
その場合城には戻らないが、戻した部隊の数にはしっかり入り兵力も回復する。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1B 効果時間延長 9.2c→10c
       武力上昇値増加 2+2×対象部隊数→3+2×対象部隊数


SR董卓(蹂躙)

武将名とうたく ちゅうえい暴虐の魔王
董卓 仲穎「ワシに歯向かった報いよ。
  さて、どう喰ろうてくれるか」

後漢王朝を終焉に導いた魔王。献帝を擁立して絶対的な権力を握ると、苛烈な法令や、残虐な刑罰を次々に発し、罪無き人々を問答無用で惨殺した。董卓の非道を極めた暴挙に、人々の恐怖の悲鳴は天を劈き、洛陽は阿鼻叫喚の地獄と化した。
コスト3.0
兵種騎兵
能力武力9 知力7 征圧力3
官職武官
特技魅力
将器突撃術 速度上昇 征圧力上昇
計略魔王の蹂躙群雄の味方の武力と移動速度が上がり、槍の迎撃ダメージを受けなくなる。ただし効果終了時に撤退する
必要士気8
Illustration : RARE ENGINECharacter Voice : 益山武明


RARE ENGINE氏の董卓が遂に復活。
並み居る群雄を差し置いて通算5枚目の別性能・SRの董卓が揃った。

遂にコストは最大の3に。
スペックは9/7と3コストとしてはまずまずだが征圧力3。特技は旧作リスペクトか魅力のみ。
将器に征圧力上昇がある為、唯一素で征圧力4になれる稀有な騎兵だが、
征圧3→4は大差ない事に加え他の将器も魅力的である事もあり、選択肢としては悩ましいところ。

計略「魔王の蹂躙」は遂に群雄董卓にも来た英傑号令。
範囲内の群雄の味方の武力が+8・速度2倍され、更に迎撃されなくなる。但し効果が切れると全撤退が待っている。
効果時間は7.5c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1D)。

分かりやすく言えば征圧力低下の無い「天啓の幻」+「人馬の大号令」。
並の英傑号令以上の武力上昇+速度上昇・迎撃無効は確かに強力だが効果時間が並の長さしかない為、敵部隊は殲滅できても攻城までの道のりが遠い。
攻城マウントで使えなくも無いが、城に張り付いた部隊の分、高武力人馬効果のプレッシャーも減る事となり、士気8としての戦果を引き出すのはなかなかに困難。
敵を殲滅、或いは大幅な攻城ダメージを奪える状況でなければ、容易に士気差カウンターを許す結果となりかねない。

最大の問題は董卓本人が3コストと重すぎる事だろう。このせいでデッキパーツが相応に制限される羽目になる。
デッキを低コストで固めた場合は自身が攻城役に回らざるを得ず、折角の征圧3が腐りやすくなってしまう。
計略をちらつかせ高い征圧力を活かして立ち回るにも、さすがに3コストを征圧前提のみで採用するのは重い。
そもそもスペックを押し付けるなら0.5コスト下に征圧力-2の代わりに同武力同知力、不意の一騎打ち事故を予防できる勇猛も備える馬騰の存在が大きい。

また群雄限定と言うのも悩ましいところで、群雄勢力の特性上知力に問題を抱えたデッキが出来上がりやすく、
群雄には全皇后や小喬・壱与と言ったデメリットを打ち消せる武将もいないので全滅は避けられず、
ほぼ必然的に再起の法の選択が前提になりがち。

登場時から使用率は芳しくないものの、盧氏(賢狼の導き)で計略耐性を付けつつラインを押し上げ、
士気が貯まり次第魔王の蹂躙に繋ぎ、将器城門特攻を覚醒させた区星で一撃落城を狙うデッキが運用法の一つとして確立されている。
一度の攻勢で落城させてしまえばリスクはないに等しく、法具もつぎこんだフルコンを止めることはそうそう容易ではない。
狙いがバレバレではあるものの、ワンチャンスで瞬時に試合を決める爆発力は魔王の面目躍如といったところ。

総じて尖りに尖ったカードであり、あらゆる点で本人が重いことも含め、デッキ構築に相当な自信のある人向けの武将であろう。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.0C 武力上昇値増加 +7→+8
Ver.2.5.1D 効果時間短縮 7.9c→7.5c

R杜夫人

武将名とふじん籠中の美姫
杜夫人「こんな優しい日々が
   ずっと続きますように」

呂布の配下の一人・秦宜禄の妻。息子・秦朗をもうけるなど夫婦仲は良かったが、秦宜禄が袁術への使者となった際、袁術に婚姻を強制されて離縁された。その後、呂布軍が滅びると曹操に見初められて側室とされ、秦朗は魏の重臣となった。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力6 征圧力2
官職-
特技防柵 魅力
将器知力上昇 防柵強化 守城術
計略加護の旋律最も武力の高い味方の兵力が回復し、武力ダメージを軽減する
必要士気4
Illustration : ゆきさめCharacter Voice : 茅野愛衣


群雄勢力にも杜夫人がやって来た。
旧作で「杜氏」名義で参戦していた為、ある意味古巣に帰って来たと言うべきだろう。

スペックは武力1が痛いものの中知力・征圧2・有用な2特技を持っており優秀。
おまけに将器に低武力でも仕事をさせやすくなる守城術まであるとまるで隙が無い。

計略「加護の旋律」は投げ強化。
範囲内の最大武力の味方の兵力を60%回復し、武力によって受けるダメージを40%カットする。
効果時間は6.7c、知力将器で7.9c、知力依存0.4c(Ver.2.5.0C)。

兵力が減った(なるべく高武力の)武将に使って急場を凌ぐ、またはもう一押し欲しい時に役立つ。
武力上昇がないため過信は禁物だが、効果中はそうそう撤退することもないだろう。

厳氏(良妻の後援)と兵種・コスト・計略の方向性が被っており、あちらは武力-1・遅効性というデメリットがある。
こちらは士気が1重い点がネックなので、スペック含めてよく使い分けたい。
群雄の1コスト弓は激戦区だが、その中でも十分枠を争える存在。

登場当初は70%軽減と言う、回復まで付いている割には無茶苦茶な軽減率を誇ったが、
さすがにやり過ぎと判断されたか、Ver.2.5.0Cで軽減率が大幅に下げられた。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.0C 武力ダメージ軽減率減少 70%→40%

C孟節

武将名もうせつ万安隠者
孟節「大丈夫。
   貴方、大地の加護、ある」

孟獲・孟優の兄。「万安」と名乗り隠棲していた。平和を望む人物で、武力を背景に影響力を広げようとする弟たちから離れ、医療を学んだという。毒泉に苦しむ蜀軍の治療に協力し、感謝した諸葛亮から報酬を与えられるが固辞した。
コスト1.0
兵種象兵
能力武力2 知力5 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器兵力上昇 地の利 弾き強化
計略神秘の援軍味方にかかっている敵の計略効果を消し、兵力が回復する
必要士気5
Illustration : チェロキーCharacter Voice : こばたけまさふみ


一部の伝承にのみ存在が見られる、孟獲の兄が大戦初登場。

極端な低知力が多い南蛮の象兵では異色とも言える知力寄りの能力を持つ。

スペックは最低武力を回避しながら、中知力の伏兵と征圧2を備え、手堅くバランスの取れたスペック。
塗りやすい象兵で征圧2を備えるのは地味にありがたい。
ちなみに文官象兵は他に魏の曹沖のみ、伏兵象兵に至っては唯一である。(Ver.2.5.0C現在)

計略は簡単に言えば浄化+援軍。兵力回復量は55%(Ver.2.5.0A)

両効果共に脳筋だらけの群雄では、サポートの計略としてかなり有用。
ただし士気5とそこそこ重く、気軽には使えないので頼りすぎには注意したい。
難点を挙げるとしたら群雄が号令メインではない勢力という点か。
ちなみに勢力限定は無いので、逸話通り蜀軍を治療することも出来る。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

R劉辟

武将名りゅうへき黄巾の遺軍
劉辟「待たせたな、劉備。
  奴らを無様に踊らせてやろう」

元黄巾賊。黄巾の乱鎮圧後も、何儀らと共に豫州で反乱活動を続け、たびたび討伐軍と衝突した。官渡の戦いの頃、袁紹に協力して曹操軍の背後を荒らした。袁紹軍から派遣された劉備と共に曹操軍を苦しめたが、曹仁の攻撃によって敗れ去った。
コスト2.5
兵種歩兵
能力武力9 知力2 征圧力3
官職武官
特技勇猛 攻城
将器地の利 城門特攻 速度上昇
計略残党の鬼気武力が上がり、兵力が徐々に回復する
必要士気5
Illustration : 池田正輝Character Voice : 三宅健太


新たに追加された黄巾賊の一員。
…だが、どう見ても某工作員。羅憲がラ○ボーになったと思ったら今度はお前がス○ークなのか
と言うか絵師がTwitterで「待たせたな。」とつぶやいているので逃れようもない。
ヒゲと右目の傷からしておそらくビッグなボスのほうだろう。
ご丁寧に三宅氏の演技も思いっきり大塚明夫氏を意識したものになっている。

本作初かつ唯一の2.5コスト歩兵。
武力9と言うコスト比としては及第点の武力に、嬉しい征圧3持ち。加えて勇猛・攻城まである豪華っぷり。
その代わり知力はたったの2。知力以外高性能なのは歩兵故の特権と言える。
イラスト的に伏兵や計略に隠密効果がありそうだがそんなことはなかった。
将器はやや難しいものが揃っている。汎用性を持たせるなら速度上昇の優先順位が高い。
2.5コスト城持ち城門特攻付き歩兵と言う事で、城門に突っ込めば敵城が音を上げ出すが、
さすがに歩兵をど真ん中から突っ込ませると元ネタよろしく成す術もなく落とされてしまうので、周囲のサポートは必須。

計略「残党の鬼気」は超絶強化。
武力が+7され、約1.5秒ごとに兵力が5%回復する。通常時間での総回復量は75%。
効果時間8.8c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1B)

回復速度は典韋(悪来)をも超え、粘り強さと言う点では非常に頼りになると言っていい。
総回復量に至っては武力16にも関わらず75%と、低武力ではまず処理どころか削るのも困難なレベル。
オマケにここまでやって士気5であり、大半のダメージ計略に士気差を付けられるのも強み。

一方で2.5コストも支払って歩兵が入ると言うのが中々難儀。
2コストである張燕ですら、入ればデッキ構築が歪みやすいにも関わらず彼は更に重い2.5コスト。
残りのコストで通常戦闘のフォローも行わなければならず、構成は相当頭を悩ませる。
デッキ構築から立ち回りまで、一つ一つ道筋を立てられる人向けの武将だろう。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.0C 武力上昇値増加 +6→+7
       兵力回復量増加 1.5秒毎に4%→5%
Ver.2.5.1B 効果時間短縮 10c→8.8c

SR呂布(方天戟)

武将名りょふ ほうせん武の化身
呂布 奉先「我に敵無し。
 塵も残さず消え去れッ!!」

裏切りを繰り返し、虎狼と忌み嫌われながらも、その強さゆえ「飛将軍」と称えられた三国志最強の武人。鬼神の如き武勇の持ち主で、方天画戟で数々の敵を打ち破り、虎牢関の戦いでは、関羽、張飛、劉備の三人を一度に相手して圧倒した。
コスト3.0
兵種槍兵
能力武力10 知力1 征圧力3
官職武官
特技勇猛 攻城
将器攻撃力上昇 長槍術 迅速攻城
計略無双方天戟武力と移動速度と乱戦時の攻撃速度と槍の長さと槍撃ダメージが上がり、槍撃の間隔が短縮される。さらに敵を撃破するたびに兵力が回復する
必要士気7
Illustration : 獅子猿Character Voice : 堀内賢雄


獅子猿氏の呂布が装いも新たに通常排出で参戦。
今回は使用している武器を反映した為か大戦シリーズを通して見ても初の槍呂布に。
これで呂布一人で今作中は全て3コストで槍兵・騎兵・弓兵・歩兵を制覇した事になる。

呂布らしく武力10と勇猛に加え、攻城まで持っている。おまけに征圧力も3ある。
白兵戦だけでなく征圧戦・攻城戦においても圧倒的な力を誇るなど、正に無双を冠するに相応しい。
むしろ本人の征圧力が高、群雄に多い低征圧オーバースペック軍団を採用しやすくなる点が大きい。
反面知力はこれまた呂布らしく1と最低。
騎馬呂布同様、大半のダメ計や伏兵を耐えられない為、サポートは必須。
将器はどれも捨てがたいが、計略との相性が良い長槍術が選ばれる傾向が強いようだ。

計略「無双方天戟」は呂布らしく超絶強化。
武力が+14・移動速度が3倍・槍の長さが2.15倍・乱戦速度が1.5倍・槍撃速度が約2.3倍・槍撃ダメージが+5される。
更に敵を撃破する度に兵力が20%回復する…と、無双の名に恥じぬ盛りに盛りまくった性能となっている。
効果時間は3.5c、知力依存0.2c(Ver.2.6.0B)
槍兵超絶強化にありがちな爆発力の物足りなさを微塵も感じさせない超強力な一枚に仕上がっている。

乱戦火力は元より槍の長さと槍撃速度が尋常ではなく、敵に向けるだけで神速騎兵すら逃げることが出来ない。
攻城中にも有用で、ローテーションを乱しつつ兵力回復まで行えてしまう。
計略中の城門攻城は3割以上を削り取れるため、勝負を決めるだけの決定力がある。
ただし3倍速なので2倍迎撃を受けてしまう点は注意。
相手が長槍戦法でも使っていなければ一方的に槍撃を浴びせる事も可能ではあるが、迂闊に槍に近づく事はしない方がいいだろう。
槍兵になった事で蜀の槍伝授も受けられるようになったので、正史よろしく蜀にお邪魔することもあるだろう。

弱点は変わらずダメージ計略。
計略を叩いた後で知力ダメージを食らうと一気に戦線が崩壊しかねないので、常に相手を意識して立ち回ったほうがいいだろう。
己が軍師である陳宮とは相性がよく、低知力というリスクを補う事ができる。
計略の知力依存は0.2cしかない為計略延長向けではないが、敵計略による無力化を防げるのは大きい。
妨害計略も低知力故に有効だが、乱戦速度上昇と槍撃が超広範囲かつ強力なため中途半端な武力・移動速度低下ではなかなか止められない。
雲散や状況を見た挑発計略など一部に限られる。

Ver.2.5.0カード追加後、戦闘力・征圧力・攻城力・計略の爆発力を兼ね備えた超強力な存在としてメタの一端を担っている。
ただ余りにも暴れ過ぎた結果、緊急修正で効果時間と兵力回復量に大幅な下方修正が入った。
その後も何度も計略の下方修正を受け続け、Ver.2.6.0Bではついにスペックにまで10/2/4から10/1/3へと下方修正を受けた。


登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.0B 効果時間短縮 4.6c→3.8c
       敵撃破時の兵力回復量減少 50%→20%
Ver.2.5.0C 効果時間短縮 3.8c→3.3c
       槍長さ短縮 2.55倍→2.15倍
Ver.2.5.1B 槍撃ダメージ減少 +6→+5
Ver.2.5.1D 乱戦速度減少 1.8倍→1.5倍
Ver.2.6.0B エラッタ実施「知力2→1、征圧力4→3」
       効果時間延長 3.3c→3.5c


LE貂蝉(横山光輝)

武将名ちょうせん横山光輝「三国志」
貂蝉「王允様・・・・・・
  ついに貂蝉はやりました・・・・・・」

横山光輝「三国志」
王允の侍女。育ての親である王允に孝行すべく、董卓と呂布の仲を裂くために身を挺した。呂布が董卓を討つと、大事を成し遂げたことに満足して自害した。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力2 知力5 征圧力3
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 知力上昇 士気上昇
計略傾国の舞い【舞い】(使用すると移動できなくなる。自身は自身の舞いの効果を受けない)
敵城にダメージを与える
必要士気7
Illustration : 横山光輝/光プロCharacter Voice : 赤千夏


登場バージョン

Ver.2.5.1C

LE孟獲(横山光輝)

武将名もうかく横山光輝「三国志」
孟獲「南蛮に乾杯!」

横山光輝「三国志」
南蛮の地を統べる王。「南方を平定しなければ、魏や呉と戦えない」と考える諸葛孔明の南征に立ち向かう。しかし七たび捕らえられて七たび解き放たれ、最後には心服した。
コスト2.5
兵種象兵
能力武力8 知力3 征圧力1
官職武官
特技復活
将器復活減少 復活減少 復活減少
計略南蛮王の大号令群雄の味方の武力が上がる。象兵であれば、さらに兵力が徐々に回復する
必要士気7
Illustration : 横山光輝/光プロCharacter Voice : 江越彬紀


登場バージョン

Ver.2.5.1C

LE呂布(横山光輝)

武将名りょふ ほうせん横山光輝「三国志」
呂布 奉先「面倒だ。
 二人一緒にかかって来い!」

横山光輝「三国志」
董卓の養子。飛将と謳われる猛将で、関羽・張飛と同時に立ち回るほどの武を誇った。貂蝉に心を奪われて董卓を討つと、以後は群雄として劉備や曹操の前に立ちはだかった。
コスト3.0
兵種騎兵
能力武力10 知力1 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇 兵力上昇 突撃術
計略天下無双・飛【飛翔】(使用すると計略範囲に跳躍する。跳躍中は計略対象にならない)
武力と移動速度と兵力が上がる。さらに飛翔効果終了時、範囲内の敵に衝撃によるダメージを与える。ダメージは互いの武力で上下する
必要士気7
Illustration : 横山光輝/光プロCharacter Voice : 中村悠一


登場バージョン

Ver.2.5.1C

UC袁術(血水)

武将名えんじゅつ こうろ偽皇帝
袁術 公路「ワシだけの玉璽、
   完成は近いぞよ!」

漢の名門・袁家の出身で、袁紹の弟。孫策に兵馬を貸与する担保として、図々しくも孫堅の形見である伝国の玉璽を要求。のちに孫策が借用していた兵馬を返済しても、伝国の玉璽を返さず、あろうことか自ら皇帝を名乗った。
コスト1.5
兵種歩兵
能力武力4 知力6 征圧力1
官職文官
特技復活
将器捕縛術 復活減少 守城術
計略偽帝の血水最も武力の高い味方の武力と兵力が上がり、移動できなくなる
必要士気4
Illustration : 山本章史Character Voice : 江越彬紀


リニューアルイラストの1枚で袁術が第3弾以来となる参戦。

スペックは1.5コストとしてはかなり低い。おまけに歩兵。
一方で復活持ち+復活減少将器による驚異の回転力を持つが、スペックで入る事は無いだろう。
その為採用理由はもっぱら計略になる。

計略「偽帝の血水」は投げ強化。
範囲内の最も武力の高い味方の武力を+7、兵力を50%回復し、移動出来なくする。
効果が掛かっている部隊は、向きを変えることも出来ない。
効果時間は8.3c(Ver.2.6.0B)。

武力上昇高めの投げ奮起は魅力的だが、やはりデメリットは相応に痛く、
移動できなくなった部隊は弓兵でもない限りほぼ何もできない。
袁術でフォローしたいところだがなにせ歩兵なのでこれまたやれる事に乏しいのが悩ましい。

攻城中の味方に掛ければデメリットは実質帳消しに出来る為、基本的には攻城戦で使う事になる。
計略のメリットとデメリットを勘案すると、相性がいいのは攻城力が高くて足が遅い高コスト槍となる。
槍側の計略に速度上昇や兵力回復、剛槍や長槍が無いほうが相対的に相性はいい。群雄では華雄などが該当。

また、向きを変えられないので弓サーチが出来なくなってしまう弱点を補える複数射撃の弓との相性もいい。
接触されると撃てなくなるため、復活や捕縛術を活かして袁術自身が積極的にブロックし射撃を絶やさないようにしよう。

思い切って攻城兵にかけてしまうのもいいが、その場合は攻城兵を敵城に近づける工夫が必要になってくる。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.2.6.0B 武力上昇値増加 +6→+7

R於夫羅(槍技)

武将名おふら乱世の孤狼
於夫羅「弱い者ほどよく吼える
       フ、醜いことです」

南匈奴の単于。鮮卑討伐で匈奴兵が徴発された際、統率者として参朝したが、その際に反逆者に自国を奪われ、帰る国を失った。於夫羅は数千騎の盗賊団となり河内など諸郡を荒らした。反董卓連合の袁紹軍傘下に加わるも、翌年反逆を起こした。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力5 征圧力2
官職武官
特技勇猛 攻城
将器長槍術 速度上昇 攻城術
計略匈奴流槍技【岐略】(計略発動直後にを押す事で追加効果を選択できる)
武力が上がる。
緋略>さらに武力と槍の長さと槍撃ダメージが上がり、撃破した敵の復活時間が長くなる
蒼略>さらに武力と移動速度が上がり、全方向に槍の無敵攻撃を行い、槍の無敵攻撃によるダメージが上がる
必要士気5
Illustration : YockyCharacter Voice : 天滉平


大戦3の於夫羅(旋略・卑屈完殺)の絵師リバイバル枠のカード。

スペックは7/5/2と取り立てて高い部分はない。
但し、知力が低めになりやすく癖のある群雄勢力では貴重な癖のない性能である。
オマケに勇猛・攻城持ちと、総合的に見れば他の槍に劣らない優良な性能を持つ。
将器も計略や攻城と相性が良いものがそろっている。プレイングに応じて選ぼう。
計略も旧シリーズの旋略を彷彿とさせる岐略を持つ。

計略「匈奴流槍技」は岐略型超絶強化。
基本効果は武力+6。効果時間は7.9c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0A)。
なお、緋略・蒼略共に「更に武力が上がり〜」とあるが、実際はどちらも武力+6のままである。
今後の調整のための記述だろう。

緋略は槍撃ダメージが+5・槍の長さが1.85倍になり、撤退させた相手のカウントが+10秒される。
強力だが、この手の槍兵超絶にありがちな速度上昇がないのが悩ましい。長槍術や速度上昇で補っておきたい。
蒼略は移動速度が1.6倍になり、更に車輪状態になり、車輪ダメージが上がる。
なお、車輪強化は固定値ではなく、武力差が広がれば広がる程追加ダメージが大きくなっていく。
特技攻城と攻城術との組み合わせがシンプルに強力。Ver.2.6.0Aで攻城術が若干強化されたのも追い風か。

槍兵強化の基本形である、剛槍長槍+車輪を両方持つという非常に高い汎用性が強み。
通常はどちらか片方しか持たない為、主に攻城面でその差がハッキリと出てくる。
蒼略で自身が攻城しても良いし、緋略で槍撃マウントをとっても良い。
また移動速度上昇は車輪の方についており、通常の車輪と違い相手を逃がすことが少ないのも特徴。

効果こそてんこ盛りだが、武力自体は13止まりなので単騎でどうにかする計略ではない。
しかし癖の強い武将の多い群雄勢力において、デメリットがなく小回りの利く計略を持つ彼は貴重な存在。
主軸に据えるよりは裏の手として、様々な形のデッキに入ってくる優良パーツである。

登場バージョン

Ver.2.6.0A


C鄂煥

武将名がくかん
鄂煥「我は人を超えし者・・・・・・
  万夫不当と呼ばれている」

南蛮王・孟獲と共に反乱を起こした高定の配下。「身の丈9尺、容貌醜怪」とされる猛者で、先鋒として蜀軍を苦しめるも、魏延・王平・張翼に包囲され捕らえられる。諸葛亮に解放されると、恩義を感じ、改めて高定と共に蜀漢に降伏した。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力1 征圧力2
官職武官
特技防柵 復活
将器兵力上昇 速度上昇 征圧力上昇
計略万夫不当の勇武力が上がる。この効果は戦場にいる敵の部隊数が少ないほど大きい。さらに一定時間ごとに自身と接触している敵を弾き飛ばす
必要士気5
Illustration : JUNNYCharacter Voice : 菅沼久義


実に「2」以来の復活となった、南蛮が将が一人。
犬人間がいたりフ○ンズがいたり巨大ロボがいたり何かがおかしい南蛮勢だったが、
彼は何とアンドロイドにされてしまった。南蛮の技術力は一体どうなってるんだ。
ちなみに義勇ロードでは先行登場しているが、どうやら兀突骨と同じ南蛮力で動いているらしい…。

スペックは一応征圧力2と復活があるとはいえ7/1と、2コストとしてはかなり苦しい。
その代わり復活の他に防柵も持つ。ちなみに群雄で柵を持つ2コスト槍は彼一人。
将器だが、復活持ちである事を加味しても難しい物が揃う。計略で弾いて追い回すならば速度上昇がいいだろう。

計略「万夫不当の勇」は戦場にいる敵部隊が少ない程武力が上がると言う割と珍しいタイプの強化。
武力が(10-敵の部隊数)上がり、2.1c毎に相手部隊を弾く。弾き距離は象兵の弾きとほぼ同じ。
効果時間は7.1c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0B)

乱戦している敵を弾くという独自性こそあるが、効果時間は長くないためいまいち使い所が難しい。
攻城時に敵部隊を弾き攻城をねじ込むには弾き間隔の長さ・弾き距離の短さともに物足りないのが実情であり、 防衛時に攻城役を無理矢理はがしゲージをリセットする場合でも、大抵は敵部隊が揃っているため武力上昇値が低くなりがち。
そもそも弾き目的であれば同勢力に豊富に揃う象兵を起用するのが手っ取り早い。
総じて士気5の単体強化計略としては心もとない効果であり、Ver.2.6.0B時点ではコスト2槍で防柵とそこそこの武力を併せ持つスペック目的での採用が安定するだろう。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.2.6.0B 効果時間延長 6.3c→7.1c

SR高順(気魄)

武将名こうじゅん陥陣営
高順「弱者には死を。それが戦場の掟だ」

独立後の呂布配下の筆頭武将。敵陣を必ず落とすという「陥陣営」と呼ばれる精鋭部隊を率いて、敵軍を恐慌に陥れた。劉備、夏侯惇の軍を次々と破るも、最期は降伏を良しとせず、呂布と運命を共にした。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力9 知力6 征圧力1
官職武官
特技勇猛 攻城
将器兵力上昇 城門特攻 征圧力上昇
計略陥陣営の気魄武力と攻城力と施設攻撃力が上がり、兵力が徐々に回復する。さらに敵と接触していても攻城ゲージが増えるようになる。ただし移動速度が下がる
必要士気6
Illustration : 三好載克Character Voice : 子安武人


三好氏の高順が、SRに昇格して帰って来た。

スペックは2.5コストとしては高めの9/6に勇猛と、高順待望の攻城持ち。
征圧力こそ1であるものの、どうしても知力に難を抱えやすい群雄では貴重な安定した性能を持っている。
将器は白兵戦及び計略とも噛み合いが良い兵力上昇、計略による重い一撃を狙う城門特攻が主流。
征圧力上昇は特技・計略との噛み合いが良いとは言い難いが、群雄は総征圧力が低くなりやすく初期ラインが下がりやすいので
デッキ全体で征圧力を稼ぎづらい場合の候補となる。

計略「陥陣営の気魄(かんじんえいのきはく)」は超絶強化。
武力が+6・攻城力が1.2倍+固定値2%され、兵力が約1.5秒(0.63c)毎に4%回復する。通常知力での総回復量は48%。
勿論お約束で柵や櫓は一撃で破壊できる。
おまけに攻城術の効果が付与される、通常の乱戦のみだと7cで攻城可能。
代償に移動速度は下がる。とは言え0.9倍速と突撃に困る程度である。
効果時間は7.9C。知力依存は0.4Cと平均的(Ver.2.6.0A)。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

R公孫瓚(大号令)

武将名こうそんさん はくけい幽州の覇者
公孫瓚 伯珪「この白馬陣を破ることは
     何者にも不可能だ!」

劉備とは同門の仲で、一時期劉備を迎え入れていた。北方の異民族討伐で、白馬の軍団を率いて戦功を上げ、白馬将軍と称えられた英雄。北の覇権をめぐって袁紹と戦ったが、激戦の末、敗れて自刃した。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力6 征圧力1
官職武官
特技魅力
将器突撃術 速度上昇 征圧力上昇
計略白馬の大号令群雄の味方の武力と移動速度と征圧力が上がる
必要士気7
Illustration : 夢路キリコCharacter Voice : 伊東健人


旧作では白馬陣を持っていた夢路キリコ氏による公孫瓚がリニューアルイラストにて登場。

スペックはバランス型。君主らしく魅力も併せ持つ。征圧力1は仕方ないだろう。
将器は白馬の軍団を率いていただけあって騎兵と相性が良いものばかり。
どちらかと言うと他部隊を前出しして公孫瓚がマウント、と言う形を取る事が多くなる為、
将器は突撃術を優先したいところ。

計略「白馬の大号令」は群雄では数少ない素直な性能の号令。
範囲内の群雄の味方の武力が+5、移動速度1.6倍、征圧力が+1される。
効果時間は7.1c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0B)。

士気7払って武力+5が7.1cだけでは割に合わないので武力+5に加えて移動速度増加や征圧力増加も活かした立ち回りは要求される。
歩兵が刺さらない速度増加である為、壁役の採用に歩兵を起用できるのが利点。
兵種制限がない移動速度上昇の号令としては、移動速度増加量が高い方にある為、騎兵のポテンシャルを活かしやすく、
兵種制限がないので騎馬単相手でも槍兵を用いる事で遅れをとる事はない。総合的に見て数値以上に高い性能を持つ。

何より速度&征圧力上昇の相性がすこぶる良く、味方の征圧力によっては一瞬で自軍領域に塗り替える事すら可能。
征圧力3以上の塗りが凄まじいので、出来れば征圧力2以上で組みたいが、無理して征圧力2で組まなくても移動速度増加で塗りの速度を補える。
また征圧力増加のおかげで、速度上昇号令にたまにある、槍を向けられて中々戦果を挙げられなかったという事態はこの号令では起き難い。
内乱も取りやすく、群雄には攻城役が多く居る為、上手く運べば内乱と攻城で大きくリードを取る事が出来る。

これまでの群雄の号令はデメリットや制限が厳しく、安定した号令もパンチ不足や本人のスペックの不安定さ等があったりと、
必ずしも安定したものではなかったが、ここまで安定した群雄の号令は恐らく初めてだろう。
今後の研究次第では更に力を発揮するかもしれない、群雄期待の一枚である。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.2.6.0B 効果時間短縮 7.5c→7.1c

C窄融

武将名さくゆう
窄融「邪魔する奴は消し炭だ!
     敵も味方もなぁ!」

劉繇の配下だったが、孫策に敗れると豫章に逃走し、上役や盟友を殺して自立を目論む。しかし劉繇に攻められた末、最後は民に殺された。私利のために、当時主流でなかった仏教の大寺院を建立したことで、中国仏教の功労者ともされる。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力2 征圧力3
官職武官
特技勇猛
将器速度上昇 守城術 募兵
計略完殺剛弓戦法武力と走射中の矢ダメージが上がり、撃破した敵の復活時間が長くなる
必要士気5
Illustration : 三好載克Character Voice : 松田裕市


まさかの第4弾で初登場となった元・劉繇配下。
逸話に合わせて坊主スタイルだが、台詞がとても物騒。完全に破戒僧である。
ちなみに本来は「窄融」ではなく「笮融」。

スペックは征圧3の代償に1.5コストとしては最低限。勇猛があるのが救い。
将器は弓兵や剛弓と好相性の物が揃うので、デッキに合わせて選択すると良い。

計略「完殺剛弓戦法」は完殺計略の一種。
武力が+6・走射ダメージが+6され、撃破した武将の復活時間が+15秒される。
効果時間8.8c、知力依存0.8c(Ver.2.6.0B)。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.2.6.0B 効果時間延長 7.9c→8.8c

UC陳蘭

武将名ちんらん
陳蘭「あんな猿なんか知るかってーの!
    俺は自由に生きてやらァ!」

袁術に仕えた武将。親友の雷薄と共に軍を率いたが、袁術が皇帝を僭称すると、袁術を見限って出奔し山賊となった。その後は、数万の兵を集めて廬江を荒らしまわったが、曹操軍にたびたび討伐され、張遼によって斬られたという。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力1 征圧力2
官職武官
特技復活 攻城
将器兵力上昇 征圧力上昇 迅速攻城
計略香車戦法移動速度が上がり、強制的に前進する
必要士気2
Illustration : ひと和Character Voice : 伊東健人


雷薄の相棒が帰って来た。

スペックは2/1と復活込みでも貧弱であり、武力枠から計略枠までひしめき合う群雄の1コスト槍の中で非常に苦しいが、
征圧力2に復活・攻城持ちな点が陳蘭のウリになる。
おまけに将器に征圧力上昇と迅速攻城がある…と、
何が何でも端攻城させろ戦場を塗り続けろと言わんばかりの性能になっている。

計略「香車戦法」は、楊松も過去作3の自身も持つ速度強化。
しかし攻城兵ではないので速度強化は3倍止まり…かと思いきや何と速度キャップをぶち破って5倍速で突っ走る
勿論強制前進、かつ正面に槍がいると被迎撃である。ただあまりにも早すぎるので見てから対応するのでは間に合わない事が多い。
自城から出てすぐ計略を使用し、敵城で攻城開始するまで1.8c。効果時間は8.8c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0A)。
5倍速計略にしては意外と長めな為、多少の速度低下を受けても、効果時間中に敵城に到達できる。

攻城兵の香車戦法は、相手の攻めの隙を縫っての端攻めが主であったが、
槍兵の陳蘭の場合は、一瞬で縦ラインを自陣に塗り替えるという使い方も可能。
士気2で内乱を緊急回避or強引に奪うという点では、蜀の閻宇に近いことができる。
将器征圧をつけている場合の征圧力3の香車戦法は、縦3列を一瞬で塗り潰すため、終了間際の奥の手として活躍の機会もある。
同じ香車戦法を持つ攻城兵の楊松と違い、端攻めしづらい状況でも、槍兵として最低限の仕事が出来るのがポイント。
征圧力3を使った塗りつぶし目的なら投げ捨てるつもりで突っ込ませても構わない。特技復活はここで活きる。

因みに征圧力2と征圧力上昇将器の組み合わせで征圧力3になれる群雄コスト1は、Ver.2.6.0A時点で全兵種の中でも陳蘭のみ。
群雄の新たな端攻要員として、期待がかかる一枚。

登場バージョン

Ver.2.6.0A


SR董卓(覇剣)

武将名とうたく ちゅうえい亡国の独裁者
董卓 仲穎「見よ、漢の終わりを。
  そして我が支配の始まりを」

魔王とあだ名された、後漢末最大の奸雄。黄巾の乱鎮圧後、涼州で力を蓄え、何進の命を利用して大軍を率いて上洛。帝を手中に収め権力を握った。暴君として頂点に立ち、呂布に討たれるまで悪逆の限りを尽くし、漢を滅亡へと導いた張本人。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力6 征圧力2
官職武官
特技勇猛 魅力
将器兵力上昇 突撃術 征圧力上昇
計略暴虐の覇剣武力と移動速度と兵力が上がり、突撃オーラが出るまでの時間が短縮される。ただし一定時間ごとに自城にダメージを受ける
必要士気5
Illustration : 一徳Character Voice : 堀内賢雄


復刻リニューアルイラストで一徳董卓が帰ってきた。初代〜2で暴虐、3では軍師カードだったものといえばわかりやすいか。
遂に通算6枚目の董卓で、しかもEX含め全てSRである。

スペックは2.5コストとしてはやや苦しいが、その代わり勇猛・魅力持ち。
将器はどれも騎兵との相性が良いが、計略を振る事前提ならば突撃術を優先したい。

計略「暴虐の覇剣」は超絶強化。
武力+8・移動速度2倍・兵力40%回復、突撃するまでの時間が短縮される。
その代わり約0.8c(2秒)毎に自城に0.6%ダメージを受ける。通常時間での総ダメージは5.4%。
効果時間は7.5c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0B)。

計略中の戦闘力は趙氏の子龍の如く・EX呂姫の無双天騎を上回り、さらに兵力回復まで備えているものの、董卓らしく自城ダメージのデメリットがあるので一概に上位互換とは言いづらい。
ハンドスキルに激しく依存するとはいえ、連突を活かした際の爆発力は前二者同様非常に高い。
デメリットである自城ダメージは素で5.4%と内乱一発分よりは低く、
他の士気5単体超絶と比較した際の釣り合いとしては妥当なところだろう。

破壊力は抜群だが、自城ゲージを犠牲にしていることは常に頭に入れて動く必要がある。
言うまでもないだろうが、安易に迎撃を貰うとリードを与えたあげく士気5とコスト2.5を失うことに繋がりかねないので要注意。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.2.6.0B 武力上昇値増加 +7→+8
       移動速度上昇値増加 1.8倍→2倍

R李儒(混沌)

武将名りじゅ渾沌の権化
李儒「渾沌が如く・・・・・・
    天下をかき乱してやろう」

宮門の守衛を管轄する郎中令として働いていたが、董卓が洛陽に入り実権を握ると、その側近として少帝の毒殺などを実行し、董卓の悪政を助けた。反董卓連合が迫ると長安への遷都を進言し、やがて連合は崩壊。これにより天下は渾沌に陥った。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力4 知力7 征圧力3
官職文官
特技伏兵
将器長槍術 士気上昇 速度上昇
計略混沌の坩堝最も武力の高い敵の武力を下げる。さらに対象の敵が撤退すると敵城にダメージを与える
必要士気4
Illustration : kdashCharacter Voice : 森久保祥太郎


計略は、範囲内の最も武力の高い敵の武力を4下げ、効果中に対象が撤退すると敵城に6%ダメージを与える。

効果時間の目安(Ver.2.6.0B)

敵の知力12345678910
効果時間25.4c25.2c25c24.8c24.5c24.2c23.3c22.5c22.2c21.9c


登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.2.6.0B 効果時間延長
       範囲拡大

EX張琪瑛(おべんと)

武将名ちょうきえい天真爛漫
張琪瑛「おとさん、たべるとこみてて!」

五斗米道の指導者・張魯の娘。五斗米道の本拠である漢中で、のびのびと育てられた。張魯に溺愛されており、一時は馬超との縁談も持ち上がったが、馬超が家族を愛せない人物だと評されると、縁談は取りやめになった。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力2 征圧力2
官職-
特技魅力
将器士気上昇
計略特製おべんと味方の征圧力が上がり、兵力が回復する。この効果は対象が少ないほど大きい。この計略は城内にいるときのみ発動できる
必要士気5
Illustration : 雨隠ギドCharacter Voice : 千葉千恵巳


絵師の漫画「甘々と稲妻」の主人公・犬塚公平の娘であるつむぎが張琪瑛として参戦。
ちなみに「甘々と稲妻」はアニメ化もされているが、CVは異なる。

将器は士気上昇+兵力×3で固定で、スペックは1コストとしてはかなり控えめ。
数値だけだと槍鄒氏に劣るため、計略目当てでの採用となる。

計略は戦場にいる部隊で兵力200%を頭割りするもので、1部隊で200%、2部隊100%、3部隊約70%が回復する。
旧作からのプレイヤーには集中増援と言えば伝わりやすいだろう。
征圧上昇値は1部隊は+3、2部隊は+2、それ以上は+1。効果時間10c、知力依存0.4c(Ver.2.5.0C)

戦場全域が計略範囲であるため、戦場を広く使うデッキと相性が良い。
征圧戦が得意な白馬陣、白馬義従等と組み合わせることで回復と征圧力上昇の双方を活かしやすい。
一方で普通の回復計略と似た運用をすると征圧力上昇が無駄になりがち。
発動条件として自身が城内にいる必要があることにも留意したい。

兵力回復量(Ver.2.5.0C)

対象部隊数1234567
兵力回復量200%100%約70%45%34%28%24%


登場バージョン

Ver.2.5.0C (第二十回大戦スタンプキャンペーン)

EX(C)馬休(若獅子)

武将名ばきゅう西涼の光
馬休「一人の時間も悪くないね。
 ・・・・・・さて、鉄を迎えにいこうか」

馬騰の子。勅命を受けた馬騰に従って、弟の馬鉄らと共に許都へと向かう。しかしそこで曹操暗殺計画が露見し、曹操軍に囲まれてしまう。奮闘するものの、重傷を負って捕縛され、父と共に処刑された。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力3 知力3 征圧力2
官職武官
特技-
将器遠弓術
計略若獅子の絆・休武力が上がる。戦場に「馬鉄」がいる場合、さらに射程距離が伸び、走射中の矢ダメージが上がる
必要士気3
Illustration : 紺藤ココンCharacter Voice : 上坂すみれ


学園生活満喫中の馬休。弟馬鉄と共に華装武将第4弾で登場。

兵種は騎兵ではなく弓兵。無特技だが武力は3・征圧も2となかなかのスペック。
将器は遠弓術・速度×2で固定。

「若獅子の絆・休」は強化計略。
通常は武力が+4されるのみだが、戦場に馬鉄がいるとさらに射程距離(1.35倍)と走射ダメージ(+4)が上がる。
効果時間は7.5c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1B)
馬鉄は華装武将である必要は無く、剛騎戦法馬鉄でも問題なく追加効果が発生する。

計略の使用を意識するなら馬鉄を同時に採用したい。
ただし士気3としてはそこそこ強いものの武力7にしかならない強化計略ということで、これ単体での戦果はほとんど期待できない。
コンボや緊急時の使用がメインとなるだろう。
なお遠弓効果があるので対舞いデッキに対してある程度有利に立ち回れるのは嬉しいところ。

登場バージョン

Ver.2.5.1B (第二十一回大戦スタンプキャンペーン)

EX(C)馬鉄(若獅子)

武将名ばてつ西涼の光
馬鉄「あったかいなあ・・・・・・
 にいさんがくるまで寝ちゃおうかな」

馬騰の子。馬超・馬休の弟。馬騰と共に許都へ向かい、父の護衛を務めた。しかし水面下で進めていた曹操暗殺計画が露見し、曹操軍に攻撃される。馬騰を逃がすために奮戦したが、力及ばず討ち死にした。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力3 知力3 征圧力2
官職武官
特技-
将器長槍術
計略若獅子の絆・鉄武力が上がる。戦場に「馬休」がいる場合、さらに移動速度と槍撃ダメージが上がる
必要士気3
Illustration : 紺藤ココンCharacter Voice : 悠木碧


学園生活満喫中の馬鉄。兄馬休と共に華装武将第4弾で登場。

兵種は騎兵ではなく槍兵。無特技だが武力は3・征圧も2となかなかのスペック。
将器は長槍術・速度×2で固定。

「若獅子の絆・鉄」は強化計略。
通常は武力が+4されるのみだが、戦場に馬鉄がいるとさらに移動速度(1.6倍)と槍撃ダメージ(+4)が上がる。
効果時間は7.5c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1B)
馬休は華装武将である必要は無く、神速戦法馬休でも問題なく追加効果が発生する。

計略の使用を意識するなら馬休をデッキに入れておきたい。
ただし士気3としてはそこそこ強いものの武力7にしかならない強化計略ということで、これ単体での戦果はほとんど期待できない。
コンボや緊急時の使用がメインとなるだろう。

登場バージョン

Ver.2.5.1B (第二十一回大戦スタンプキャンペーン)


EX(SR)呂布(天喰)

武将名りょふ ほうせん中華最強の英雄
呂布 奉先「もはやこの天下で
   我に敵する者無し!!」

幾千の戦場を巡り、ただ一撃のもとに幾万の敵を屠ってきた最強の男。敵を求め前進を続けるうちに、その武名は中華全土に轟いた。しかし自身に敵う者が無いと悟ると、あまりの退屈から曹操の虜囚となり、自ら絞首台に歩んだという。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力9 知力2 征圧力3
官職武官
特技勇猛
将器長槍術
計略天喰(そらぐい)武力と移動速度と槍の長さと槍撃ダメージが上がる。さらに槍撃で敵城を攻撃できる
必要士気7
Illustration : アジチカCharacter Voice : 津田健次郎


「終末のワルキューレ」より呂布本人が参戦。
設定上は呂布本人ではあるものの、作品が三国志を主題にしたものではないためかレジェンド枠ではなくSR。
コンパチではなくついに固有性能のカードが登場した。
呂布名義では今作初のコスト2.5で知力も相変わらず低いが武力と征圧力が高い。
R華雄とは知力と征圧力を取替えたスペックとなるが、どちらも2と3で大きく変わっていくので優劣はつけ難い。

計略「天喰(そらぐい)」は超絶強化。
武力+8・移動速度1.8倍・槍の長さが1.85倍・槍撃ダメージが+5される。
更に槍撃が敵城に触れると攻城ダメージを与えることができる。ダメージは1回につき1.65%(武力17の時、武力+1につき+0.05%)
効果時間は7.5c。知力依存は0.4c(Ver.2.6.0A)。

攻城ダメージを与えることができる貴重な計略だが、そのせいか士気7としては控えめな強化となっている。
防衛用の計略は別に用意したうえで、使う場面は敵城付近まで攻め上がれた時が基本となる。
槍を振って城を削るわけだが、乱戦はもちろん攻城待機状態になってもいけないので操作難度はそれなりに高い。
また呂布以外の武将は(状況にもよるが)なるべく攻城していることが望ましい。
槍撃のスペース確保、出てきた部隊の兵力を削ってカウンターの防止等様々な理由が挙げられる。
相手が出てこない場合は槍撃をやめて自ら攻城する判断も必要だろう。
戦闘と攻城を両立させることが肝となる。

登場バージョン

Ver.2.5.1B (第二十一回大戦スタンプキャンペーン)

修正履歴

Ver.2.5.1C 武力上昇値増加 +7→+8
       移動速度上昇値増加 1.6倍→1.8倍
Ver.2.6.0A 効果時間短縮 8.3c→7.5c

EX(SR)公孫瓚(出撃)

武将名こうそんさん はくけいひきこもり将軍
公孫瓚 伯珪「俺は玉座で生きていく。
     そう決めたんだ・・・・・・」

群雄割拠の乱世に現れた若きエース。眉目秀麗、成績優秀な天才将軍として頭角を現した。白馬を駆り幾度も異民族を討伐した猛将だが、袁紹に敗れてからは易京城にひきこもり、玉座で串カツを食べるなど奇行が目立ったという。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力6 知力2 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇
計略白馬義従出撃(デュランダルしゅつげき)武力と移動速度が上がり、走射時間が延び、戦場に出現する。ただし城内でしか使用することができない
必要士気5
Illustration : 伊藤亰Character Voice : 斉藤壮馬


新潮社コラボの1枚。
イラスト担当の漫画「宇宙戦艦ティラミス」の主人公、スバル・イチノセが公孫瓚として参戦。
残念ながらTVアニメ版とはCVが異なり、石川界人氏ではない。
ちなみに計略名のデュランダルは元ネタにおける彼の愛機の名前である。

群雄の1.5コスト弓としては4枚目の武力6。歴代公孫瓚としては初の弓兵でもある。
更に同枠ではVer.2.5.1C時点で唯一の勇猛持ち&征圧力2という優秀なスペック。
一方で元ネタと正史における残念っぷりが響いたか、魅力没収の上、知力が歴代公孫瓚で最低の2。
これでも群雄の武力6弓の中では、他の3人が揃って知力1なので最高値である。
将器は攻撃力上昇+速3。覚醒させると計略使用中の走射時に迎撃を受ける速度になるので注意。

計略は今までありそうでなかった自身が対象の縮地式超絶強化。
敵城内に干渉できる計略が、実装時点では城内水計しかないので反計されない。
使用すると戦場の縦軸の中央に出現、横軸は城内で使用した場所と同じ位置になる。
武力+5、移動速度1.3倍になり、走射時間が延長。効果時間20c、知力依存0.8c(Ver.2.5.1C)。
走射時間の延長は20cなので、効果時間中ずっと走射することが可能。
呉の麻痺矢/剛弓/双弓の伝授等と組ませるのも手。

登場バージョン

Ver.2.5.1C (第二十二回大戦スタンプキャンペーン)

Menu

最新の20件

2019-11-20 2019-11-19 2019-11-18 2019-11-17 2019-11-16

今日の20件

  • counter: 1409
  • today: 2
  • yesterday: 4
  • online: 68