カードリスト:漢 第4弾



UC袁隗

武将名えんかい じよう
袁隗 次陽「為政者が悪しかれど
  正道へ導くが臣の務めよ」

袁紹・袁術の叔父。名声高く、兄弟の中で最も早く三公に上り詰め、異例の在任期間を誇った。不良行為を行う若き袁紹を厳しく叱責していたという。のちに袁紹が反董卓連合の盟主となると一族である袁隗は董卓に捕らえられ、処刑された。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力3 知力7 征圧力1
官職文官
特技-
将器知力上昇 城門特攻 募兵
計略栄光の教え漢の味方の知力が上がる。この効果は自軍の士気が多いほど大きい
必要士気3
Illustration : 仙田聡Character Voice : 江越彬紀


妻の馬倫に遅れてようやくやって来た袁紹・袁術の叔父。
袁紹袁術の出自を指してよく四世三公という言葉が使われるが、この二人は献帝を擁する勢力と敵対したため三公にはなっておらず、
この人こそが正真正銘袁家から4人出た三公の一人である。

征圧力こそ1だが、武力知力は1コスト最高峰といえる槍兵。

計略は、味方の知力を使用時の士気量が多いほど上がる。効果時間33.8c、知力将器で37.5c、知力依存1.25c(Ver.2.5.1C)
士気10で+5、士気11で+6、士気12では+7と大幅に知力を上げられる。反面士気が少ない時は効果が薄い。
士気によって効果時間が左右されることはない。

基本的には計略コンボ、もしくはダメージ計略に弱い顔良・文醜・淳于瓊などのアシストとしての使用となるが、
その手のカードにありがちなスペックの低さを気にしなくて良い点は利点と言える。

知力上昇値

計略使用時の士気3456789101112
知力上昇値?+2???+3+3+5+6+7

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.0C 効果時間延長 18.8c→23.8c
Ver.2.5.1C 効果時間延長 23.8c→33.8c

UC郭援

武将名かくえん
郭援「俺の前じゃあ
  鳳凰も獅子も敵じゃねえ!!」

鍾繇の甥だが袁家に仕えた。負けず嫌いの性格で無鉄砲であったという。袁尚配下として、叔父の鍾繇や馬騰らと戦い、龐徳に討ち取られた。その首を見た鍾繇は号泣するも、謝る龐徳に対しては「郭援は国賊。謝る必要は無い」と答えた。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力6 征圧力1
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 兵力上昇 士気上昇
計略栄光の指揮漢の味方の武力が上がる。この計略は自軍の士気が多いほど効果時間が延びる
必要士気6
Illustration : 織田nonCharacter Voice : 益山武明


今回初登場となる郭援。演義に登場しないため知名度は低いが、袁紹亡き後も曹操を悩ませた袁尚配下の将である。

スペックは2コストにして8/6に加え、征圧力も1備えると優秀。何気に徐晃(神速)と同じである。
伏兵やダメージ計略に気を配る必要がある顔良や、武力7でいまいちパンチ力に欠ける張郃に比べると、
デッキのエースとして比較的安定した運用が可能である。
将器は攻撃・兵力・士気とそこそこ使える物が揃っているが、騎兵の性質とはやや噛み合っていないのが残念なところ。

計略「栄光の指揮」は号令。
漢軍の味方の武力が+4される…と、このままでは士気対効果低めの号令である。
その代わり、発動時の士気が高いほど効果時間が延びるという特徴がある。
士気6で6.3c、士気7で6.7c、士気11で15c、士気12で18c(Ver.2.5.0A)→士気12で20c(Ver.2.5.1C)

武力上昇値がやや心許なく、大型号令と真正面からぶつかると負けてしまうため、
退きながら戦って敵側の計略が先に切れるのを待つなり、
これと対極的に瞬発力のある他計略を重ね掛けしてその後武力+4状態で居座りを狙うなり、
長い効果時間を十分に活かした運用をしていきたい。

ただし、効果時間が長いとは言っても最大効果で20cと法外に長い訳でもない。
一戦交えた後の再進軍時などは、モタついているといつの間にか切れている事も。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1C 士気10以上で使用した時 効果時間延長

R顔良(袁武強襲)

武将名がんりょう袁軍将帥
顔良「ふふふ、文醜よりも
   上等な首を頂いてこようか」

文醜と並ぶ袁紹配下の猛将。曹操との戦いでは先鋒を務め、曹操軍の魏続・宋憲を一撃で討ち取り、さらには援軍の徐晃をも破った。しかしそのころ曹操のもとにいた関羽と戦い、一騎討ちに敗れて討たれた。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力9 知力3 征圧力2
官職武官
特技勇猛 攻城
将器攻撃力上昇 速度上昇 攻城術
計略袁武強襲武力と移動速度が上がり、兵力が回復する。さらに効果終了時に自軍の士気が上がる
必要士気7
Illustration : 伊藤サトシCharacter Voice : 堂坂晃三


懐かしい絵柄で復刻した顔良。

コストが2.5に上がった事により武力が9になった。その一方で知力3据え置き。
その代わり征圧力2に勇猛・攻城の2特技持ち。
将器だが、計略の速度上昇が物足りない為ここは速度上昇を優先したいところ。

計略「袁武強襲」は顔良らしく士気バック絡みの超絶強化。
武力が+3・移動速度1.7倍・兵力30%回復に計略終了時に生存していると士気が5返ってくる。
効果時間は6.7c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0A)。

回復と速度上昇がついてくる分居座り性能が高く、実質士気2で延々荒らし回る事が可能。
また、効果時間中に士気が1.5溜まるため、(0.5c溜まれば)連打可能。
ただ士気消費が7と重い為気軽には使えず、他計略とも合わせづらいのも悩み。
効果こそ盛られているもののそれぞれは物足りない。
加えて顔良自体の知力が3と低いため妨害・ダメージ計略に弱く、下手に使って処理されると士気が丸損になる。
またダメージ計略と同等の必要士気なので、相手に撃たせて士気差を付ける運用が出来ないのも苦しいところ。

一見器用貧乏な印象だが騎馬の強化として必要なものは手堅くまとまっており使い勝手がいいためか、
Ver.2.5.0Aの漢軍の使用率ランキングで早速上位に食い込む活躍を見せた。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1B 武力上昇値減少 +4→+3
Ver.2.6.0A 効果終了時に増加する士気上昇量減少 +5.5→+5

UC孔伷

武将名こうちゅう こうしょ清談の息吹
孔伷 公緒「清らかな言葉は
 枯れ木にも花を咲かせるのじゃ」

後漢に仕えた政治家。董卓が自らの信望を高めるために登用され、豫州の統治を任じられる。しかし董卓への忠節はなく、反董卓連合に参加した。軍事は不得手であったが、優れた哲学論者であり「語れば枯れ木に花を咲かせる」といわれた。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力2 知力8 征圧力2
官職文官
特技伏兵 漢鳴
将器捕縛術 復活減少 征圧力上昇
計略漢鳴の後援【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
漢の味方の兵力が徐々に回復する 漢鳴2以上:さらに知力が上がる
必要士気4
Illustration : YockyCharacter Voice : 堀内賢雄


優れた哲学論者ながらその生涯には謎が多い男・孔伷が大戦初登場。

兵種さえ見なければ2/8/2伏兵とかなりのハイスペック。
しかし計略を使わない通常戦闘での強みは皆無に等しいので、
伏兵を暴かれた後は下手に不得手の殴り合いに参加するよりは
征圧2と、少なくとも槍よりは足の速い歩兵の強みを活かし、
敵陣の隙を縫って非戦闘地帯を歩き回る使い方が好ましい。将器覚醒で征圧3まで上げられる点も侮れない。

計略は約0.65c毎に兵力を回復し、漢鳴2以上の時は知力が上がる。
兵力は1.5%/3%/4.5%/6%ずつ回復し、総回復量は24%/48%/72%/96%になる。
知力は+3/+5される。効果時間10.4c(Ver.2.6.0A)

武力こそ上がらないが、ラインを上げる際の補助、大計略の前準備として非常に使いやすい。
ただし、この計略自体が決定打になる訳ではないので、この計略に続く別の計略分の士気を持っていることを
確認してから使用しなければ効果は薄い。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.6.0A 漢鳴0~3 兵力回復量減少 32%/64%/96%/128%→24%/48%/72%/96%

SR皇甫嵩(決起)

武将名こうほすう ぎしん漢の烈士
皇甫嵩 義真「我ら一つの炎となりて
     逆賊を焼き尽くす!」

後漢の将軍。「黄巾の乱」では左中郎将として討伐に参加し、張角の弟である張梁を討ち取り数々の手柄をあげた。涼州で韓遂などが反乱を起こすと討伐軍を率い見事鎮圧している。この討伐に参加していた董卓とは、好敵手であった。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力8 征圧力1
官職武官
特技魅力 漢鳴
将器攻撃力上昇 士気上昇 迅速攻城
計略決起の刻【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
漢の味方の武力と移動速度が上がる。さらに撤退している漢の味方を復活させ、同様の効果を与える
必要士気9
Illustration : 平坂康也Character Voice : 速水奨


平坂康也氏の皇甫嵩が新カードとして復活。

スペックは前の自分から知力+1されたが、代わりに勇猛を失った。
将器は自分の計略の必要士気が重いため士気上昇が第一候補。

計略「決起の刻」は号令。
その範囲は戦場全体…どころか撤退している味方武将も対象である。城内で生存している武将は対象外。

漢の味方の武力が+3/+5/+7/+10され、更に移動速度が1.3倍/1.4倍/1.5倍/1.6倍される。
更に撤退している味方を即時復活させ、同様の効果を与える。効果時間は8.8c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1C)

計略効果自体は強力で攻防一体のため使いやすいが、元々士気運用がシビアな漢勢力において必要士気9という重さが最大のネック。
この計略自体は漢鳴2でも十分な強さだが、漢鳴3計略を戦略的に使わないまま終戦してしまっては本末転倒なので、
デッキ構築や将器選択の時点で魅力と士気上昇を出来る限り盛ると展開が楽になる。
ちなみに復活時の兵力はその時点での最大値。
その為林氏の「忠誠の舞い」の効果を受ければ(一応)兵力は200%まで回復する。
ただそもそも皇甫嵩の計略の士気消費が9の上漢軍限定である為、わざわざ2色にする必要が見えない為ネタの域。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.0C 効果時間短縮 10c→9.2c
Ver.2.5.1C 効果時間短縮 9.2c→8.8c
       移動速度上昇値減少 1.4倍/1.5倍/1.6倍/1.75倍→1.3倍/1.4倍/1.5倍/1.6倍


SR朱儁(朱雀)

武将名しゅしゅん こうい漢の烈士
朱儁 公偉「この世の闇は
  正義の炎で消してやる!」

各地の黄巾の乱を皇甫嵩らとともに鎮圧した後漢の名将。その功で車騎将軍に任ぜられた。義を好む剛直な性格であり、董卓が朝廷に君臨した時も董卓が推し進める長安遷都に反対した。董卓死後混乱の最中に病没した。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力4 征圧力2
官職武官
特技漢鳴
将器突撃術 士気上昇 突破術
計略朱雀の如く【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力が徐々に上がる 漢鳴2以上:さらに敵を撃破するたびに敵城にダメージを与える
必要士気5
Illustration : 獅子猿Character Voice : 杉田智和


獅子猿氏の朱儁が復活参戦。
旧作では漢軍の将でありながら決起と全く噛み合わない計略を持った彼だが、今回はしっかり漢鳴計略。

スペックは2コスト武力8にして征圧力2。
さらに知力4と優秀なスペックを持つが、特技は漢鳴のみであり実質無特技。
ただ、高コストが少ない漢軍では征圧力よりも攻城力が欲しくなる場面が多くなるのが痛し痒しか。
将器はどれも計略との噛み合いは良い。

計略「朱雀の如く」は所謂漢鳴版「呉下の阿蒙」。
まず武力が+1され、その後0.85c/0.7c/0.63c/0.57c毎に武力が+1されていく。
(特に手を加えなかった時の)最大武力は20/23/24/26。
更に漢鳴2だと1部隊撃破する毎に4%、漢鳴3だと1部隊撃破する毎に5%敵城にダメージを与える。
効果時間は10c(Ver.2.5.1D)。なお、武力が徐々に上がるタイプらしく知力依存は0.8cと高め。

漢鳴計略としては珍しく、漢鳴0で使っても十分な性能を持っているのが特徴。
漢鳴上げ用途としては士気5は少し重いのだが、コスト比高武力武将が漢鳴0でも実用的な計略を持っているのは嬉しい。
とはいえ急場を凌ぐタイプの計略でもないので、追加効果がある漢鳴2からが本番だろう。

欠点があるとすると、呉下の阿蒙同様速効性が薄い事。
朱儁自体が機動力のある騎兵である以上生存性能自体は低くは無いが、不意の撤退の対策は考慮する事。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1D 漢鳴1〜3 武力上昇間隔短縮 0.78c/0.7c/0.63c→0.7c/0.63c/0.57c

SR張奐(忠魂)

武将名ちょうかん ぜんめい漢の烈士
張奐 然明「この身朽ちるとも
    盾となりて漢を守ろうぞ」

若い頃から才能を発揮して、後漢に仕えた文武両道の将。北境では異民族の侵攻を度々防ぎ、功績を挙げた。しかし、党錮の禁ではその忠誠心の高さを十常侍に利用され、十常侍の勢力を除こうと挙兵してきた竇武・陳蕃らを撃退してしまった。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力9 知力5 征圧力2
官職武官
特技勇猛 漢鳴
将器長槍術 速度上昇 迅速攻城
計略忠魂義胆【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力と移動速度が上がり、槍が長くなる 漢鳴2以上:さらに槍撃ダメージが上がり、槍撃の発生間隔が短縮される
必要士気5
Illustration : 山宗Character Voice : 堀内賢雄


旧作イラストアレンジにして初のSR参戦となった張奐。
既に存在する漢軍関羽とかなり似通ったスペックをしているが、こちらの真価は終盤に発揮されるタイプなので棲み分け自体は出来ている。
将器はどれも優秀。 計略とのシナジーを考えれば長槍が第1候補。

計略は漢鳴系統で、武力上昇は+2/+4/+7/+9、速度上昇は1.4/1.5/1.6/1.75倍、槍長さは1.5倍/1.7倍/1.9倍/約2倍。
さらに漢鳴2以上で槍撃ダメージ上昇と槍撃の発生間隔が短縮の効果が追加される。
効果時間は9.2c(Ver.2.5.0C)

漢鳴3の計略の威力は相当な物で、槍呂布にも並ぶ程の強さを誇る。
しかし漢鳴計略の宿命としてほぼ1回しか打てないので、使い所を見極めて打つと良いだろう。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.0C 漢鳴2~3 武力上昇値増加 +6/+8→+7/+9

UC張楊

武将名ちょうよう ちしゅく
張楊 稚叔「力を恃まず、友誼を貫く。
  それが真の強者ではないか?」

はじめ丁原に仕え、反董卓連合が結成された際は袁紹の軍勢に加わり、旧友の呂布と戦った。連合崩壊後は董卓から河内太守に任命され、後に呂布が董卓を誅殺して流浪の身となると、同郷の誼から迎え入れ、同盟を結んだという。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力6 征圧力2
官職武官
特技漢鳴
将器兵力上昇 地の利 速度上昇
計略漢鳴の剛騎【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力と突撃ダメージが上がる
必要士気4
Illustration : 前河悠一Character Voice : 益山武明


呂布の友・張楊も復活参戦。

征圧2だと低武力になりやすい騎兵では嬉しい武力5。
しかもその上で知力も6と1.5コストとしては水準以上という素敵なスペック。
代わりに特技は漢鳴のみと実質無しに等しいが致し方なし。
将器だが、速度上昇や地の利など遊撃に向いたものが揃う。役割で決めていいだろう。

計略「漢鳴の剛騎」は漢鳴版剛騎戦法。
武力が+1/+2/+3/+4上がる…と、武力自体は漢鳴レベルを上げてもさほど強化はされない。
問題は追加効果の突撃ダメージ。なんと+10/+20/+30/+80である。
漢鳴1の時点で既に突撃ダメージ強化としては十分な数値ではあるのだが、
(ダメージ加算値としてはこの時点で既に月光の目覚めや白銀の獅子を上回る)
漢鳴2でさらに上がり、漢鳴3に至っては最早ヤケクソ染みた突撃ダメージボーナスが加わる。
効果時間は8.3c(Ver.2.5.0A)。

ちなみに突撃ダメージ+80がどのようなものかというと、計略を使っていない呂布なら即死である。
要するに将器未覚醒の素武力&無計略で耐えられる奴は誰もいない
更に相手の武力が20を超えていても平気で9割ダメージを叩き出す。

…とはいえ、武力上昇値は漢鳴3でも強化戦法と同程度。
他の武将のフォローがなければ槍には近づけないし、車輪や挑発槍には無力。
また、速度も上がらないため連環や麻痺矢を食らえばそれまで。

実際は漢鳴レベルを溜める為に小出しにする事が多くなるだろう。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

C丁原

武将名ていげん けんよう
丁原 建陽「怖気づいてんじゃねえ!
  気合入れろやオラァ!!」

呂布の養父で、騎射を得意とした。何進の呼びかけで洛陽に召し寄せられ、執金吾となる。しかし何進が死ぬと、都を我が物とする董卓と敵対。董卓配下・李儒の謀によって、養子の呂布に殺され、呂布とその配下たちは董卓軍に吸収された。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力3 知力2 征圧力1
官職武官
特技攻城
将器攻撃力上昇 速度上昇 同盟者
計略一番槍武力が上がり、効果終了時に自軍の士気が上がる
必要士気3
Illustration : いちげんCharacter Voice : 江越彬紀


前作よりコストを下げて再登場となった呂布の養父。
呂布の裏切り人生の最初の犠牲者として名が挙がる人物である。

武闘派1コスト騎馬としてはやや知力が低い点が気になるが、後述の計略面においては逆に好都合な面も。
城特技も副将器に城城を選べばそこそこの効果を実感できる。
将器は攻撃力上昇と速度上昇があり割と優秀だが、征圧力のフォローが出来ないため注意。

計略は、武力+3、効果終了時に士気+2。効果時間7.9c、知力依存0.4c(Ver.2.5.0A)

計略の一番槍は鮑信や張バクが持つものと同一だが、この二人より知力が低いため、士気が返ってくるのが早い。
老師の布石と組み合わせる場合はこの回転率がメリットになり得るだろう。
ただし、ダメージ計略などによる士気丸損のリスクと紙一重である点には注意。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

R文醜(袁武旺盛)

武将名ぶんしゅう袁軍将帥
文醜「顔良よりも多く首を挙げてやる!
        かかってこんか!!」

顔良と並ぶ、袁紹自慢の将で、趙雲と互角の戦いを演じた猛将。身の丈は8尺もあり、名前の通り牛の化け物のような面構えであったという。曹操軍との戦いにおいて、張遼・徐晃を追い払うも、罠にはまったところを関羽に斬られたという。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力9 知力2 征圧力3
官職武官
特技攻城
将器長槍術 攻城術 募兵
計略袁武旺盛武力が上がる。この計略は自軍の士気が多いほど効果時間が延びる
必要士気4
Illustration : 伊藤サトシCharacter Voice : こばたけまさふみ


懐かしい絵柄で文醜も復刻を果たした。

武力9はさすが二枚看板の貫禄。
加えて征圧力3・攻城持ちと最前線を任せるのに適した性能を持つ。
将器に攻城術も持っており、特技攻城と非常に相性が良い。
後述する計略が長時間持続の為、城に戻らなくても兵力を回復できる募兵も候補には挙がる。
一方で城攻めに特化し過ぎた為か、知力は1枚目同様2と脳筋そのものの上、1枚目と違い勇猛がない点に注意。

計略「袁武旺盛」は単体強化。
武力が+5されるだけとマイルドな効果だが、現在の士気によって効果時間が変わる特徴を持つ。
士気が12ある状態で使用すると、なんと35c近くも持続する。
ちなみに士気によって効果時間が変わる仕様ゆえか、知力依存はほぼ無い。

栄光デッキや王者デッキは今まで非交戦時に士気12を迎えてしまうと士気が溢れてしまう傾向にあった。
その欠点を解決できるという点では画期的な一枚と言える。
とは言え本人のスペックがかなりピーキーである故に欠点も多い。
ダメージ計略や妨害は勿論、槍兵なので足が遅く武力しか上がらないので執拗に殴られると弱い。
前述した通り勇猛が無い為、不意の一騎討ちにも注意が必要。

長所と短所がはっきりとしているので、プレイヤーのスキルと立ち回りが試される一枚である。

効果時間の目安

計略使用時の士気456789101112
効果時間10c12.5c16.7c20c28.3c30c?33.3c35c

登場バージョン

Ver.2.5.0A


UC劉和

武将名りゅうか
劉和「父上、見ていてください。
       僕の“覚悟”を!」

劉虞の長男。劉虞が幽州に赴任した際は、父に代わり都に残った。献帝や袁紹からの評価は非常に高く、公孫瓚との戦いで敗死した父の仇討ちを果たすため、袁紹から多くの精鋭を授けられ、共に公孫瓚を討ち滅ぼした。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力6 知力4 征圧力1
官職武官
特技魅力
将器攻撃力上昇 長槍術 速度上昇
計略栄光の長槍武力が上がる。この効果は自軍の士気が多いほど大きい。さらに槍が長くなる
必要士気3
Illustration : 鹿澄ハルCharacter Voice : 天滉平


シリーズ通して初登場となる劉和。
征圧こそ1だがそこに目をつぶれば、同勢力1.5コスト帯最高の武力6に、
伏兵やダメージ計略にギリギリ耐えられる知力4、魅力とかなりのハイスペックである。
将器も攻撃力、速度、長槍と使用用途に応じて一通りの物は揃っている。

「栄光の長槍」は栄光の名の通り士気が多いほど効果の高くなる長槍計略。
士気3~8の時は武力+3、士気11で+5、士気12で+6。槍の長さは1.85倍で固定。
効果時間25c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1B)

袁紹を使う各種デッキは非戦闘時に士気12になると溢れてしまいがちだったが、
この計略はそのような時に取り敢えず考え無しで使える効果時間の長さと士気の安さが嬉しい。
計略のコスパとなると流石に士気バック計略には劣るが、その分高士気状態で使用した時の計略効果はこちらの方が高い。好みで使い分けられるだろう。

決してメインを張れるような1枚ではないが、フィニッシュへの繋ぎとして良い働きをしてくれる優良パーツである。
ライバルは高覧だが、魅力と攻城のどちらに重きを置くかで選ぶと良いだろう。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1B 効果時間延長 20c→25c

SR劉氏(妖婦)

武将名りゅうし傾城の執妃
劉氏「しくしく・・・・・・うふっ。
  これで袁家は顕甫のもの♪」

袁紹の三男・袁尚の母。袁尚を偏愛しており、袁紹が後継者を指名しないまま死ぬと、審配らと共謀して強引に袁尚を後継者に据えた。結果、家中での骨肉の争いを招き、その隙を突かれて袁家は滅亡した。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力4 征圧力2
官職-
特技魅力 攻城
将器兵力上昇 士気上昇 迅速攻城
計略妖婦の悪知恵敵の武力と知力を下げる。対象が女性(武官、文官ではない武将)の場合、効果が上がる
必要士気4
Illustration : 伊藤未生Character Voice : 花守ゆみり


EXに続きSRで登場となった2枚目の劉氏。
標準的な武力知力ながら、征圧2と魅力、攻城まで持つ非常に豪華なスペックである。
特技を活用し城ダメージの奪取を重視するなら将器には迅速攻城があるが、耐久力を高める兵力上昇や、士気上昇も悪くない。

計略の「妖婦の悪知恵」は、前方円内の武将の武力知力を下げる妨害。
効果対象が男性なら武力知力ともにマイナス2、女性ならマイナス6の低下値を与える。効果時間は中知力帯相手に6c〜7c程度。
女性武将に対しての効果はまさに強烈の一言で、効果時間中は死に体にする事が出来る。
女性単デッキにとっての天敵とも言える存在である。

過去には男性武将にかけても武力知力ともにマイナス3とそれなりの効果であったが、
Ver2.5.1Cにて下方修正を受け、男性武将への妨害効果が減少してしまった。
全員すっぽりと計略範囲に入れたとしても、相手側に女性がいないと少し厳しい費用対効果になってしまったが、
女性武将に対する決定力は相変わらずなので、効果対象を女性に絞り、ここぞという時に使っていきたい。
元より高スペックのため、袁家側のデッキならまだまだ居場所はあるだろう。

効果時間の目安

知力12345678910
効果時間8.2c8.1c7.9c7.5c7.1c6.9c6.8c6.7c6.6c6.5c

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1C 対象が女性でない場合 武力低下値減少 -3→-2
       対象が女性でない場合 知力低下値減少 -3→-2

C劉璋

武将名りゅうしょう きぎょく
劉璋 季玉「戦なんていいから
  毎日楽しく暮らしたいな〜」

劉焉の末子。父とは遠い野心の薄い人物だったが、東州兵を統率できず治安の悪化を招くと、一部の将の心も離れて謀反や内通を謀られた。張魯や曹操の脅威に晒されると、それに対抗するため劉備を益州に招き入れた。
コスト2.5
兵種弓兵
能力武力6 知力6 征圧力4
官職文官
特技魅力
将器城門特攻 征圧力上昇 迅速攻城
計略入蜀の導き蜀の味方の武力が上がる。ただし蜀の敵の武力が上がり、自身は撤退する
必要士気6
Illustration : 玄丞Character Voice : 菅沼久義


益州の主がようやく再登場。

何と征圧4にして将器征圧力上昇持ち。
…が、その代償はあろうことか2.5コストにして6/6
2コストどころか、1.5コストですら同数値がいるような能力である。
特技も魅力のみで、戦力としては全く期待出来ない。
となると計略でどうにか差別化を図りたいところだが、この計略もまたとんでもない代物。

計略「入蜀の導き」は号令。
範囲内の蜀の味方の武力が+8、蜀の敵の武力が+7される代わりに自身は撤退してしまう。
範囲は自身中心円なのだが、画面からはみ出る程とにかく大きい
隅っこが対象になるかならないかという旧作の鶏肋レベル。
効果時間は9.2c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1D)

基本的な運用は礎系計略に近く、自身を壁にしてラインを上げ、計略を使って押し込む形になる。
ただし幾つもの致命的な欠点を抱えてしまっている。

まず本人が漢軍所属にも関わらず対象が蜀限定という事。
必然的に計略効果の効率を求めた場合は、劉璋のみが漢軍・他は蜀軍という二色デッキになる。
しかも通常の二色デッキは、二勢力から選択出来るデッキ構築の自由度というメリットがあるが、
この計略でパーツに選べるのは蜀軍のみのため、純粋にデメリットとして最大士気が減る。

そしてより致命的なのは敵の蜀軍にまで効果が掛かるという点。
その割に範囲がだだっ広く、範囲に敵を含めないというのはほぼ不可能。
一応敵への効果は弱くなっているが、その違いはたったの武力差1。
事実上、蜀単相手なら計略が全く機能しないどころか、ただの利敵行為にしかならない。
しかし計略を使わないとなると2.5コスト武力6が完全に足を引っ張る。
そのため、マッチング次第で著しい不利が生じてしまう。

極めつけが、これほどの欠点を乗り越えて使ったとしても得られる効果は平凡の域を出ない
武力+8という上昇値は一見高いが、各国の礎系計略と比較すると、2.5コスト撤退のリスクを考えれば平凡と言える。
だが当然ながら、他の号令には「最大士気」や「敵に掛かる」といったデメリットは存在しない。
2.5コストを切って+8・特定のマッチングでは全く使えない号令を、二色にしてまで採用できるかというと…。

癖の強さは折り紙付き。まさに浪漫に浪漫を重ねた武将と言わざるを得ない。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.0C 効果時間延長 8.3c→9.2c
Ver.2.5.1D 味方の武力上昇値増加 +7→+8

LE顔良(横山光輝)

武将名がんりょう横山光輝「三国志」
顔良「さあ、死に急ぎたい奴は出て来い!」

横山光輝「三国志」
袁紹軍における双璧の一人。義兄弟の文醜と共に主力を担った。曹操軍との決戦では先鋒を務め、魏続や宋憲を討つなど大いに活躍。曹操の客将であった関羽を戦場に引きずり出した。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力3 征圧力1
官職武官
特技勇猛
将器突撃術 城門特攻 攻城術
計略先陣の誉れ武力が上がり、効果終了時に自軍の士気が上がる
必要士気5
Illustration : 横山光輝/光プロCharacter Voice : 益山武明


登場バージョン

Ver.2.5.1C

LE文醜(横山光輝)

武将名ぶんしゅう横山光輝「三国志」
文醜「はっははは、
 地獄のみやげ話によく見ておけ」

横山光輝「三国志」
袁紹軍における双璧の一人。公孫瓚をあと一歩まで追い詰めた武勇の持ち主。白馬の戦いで義兄弟である顔良が関羽に討たれると、仇討ちに乗り出した。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力8 知力2 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器長槍術 城門特攻 募兵
計略称誉の強襲武力と移動速度が上がる。さらに敵を撃破するたびに自軍の士気が上がる
必要士気5
Illustration : 横山光輝/光プロCharacter Voice : 伊原正明


登場バージョン

Ver.2.5.1C


R雲英

武将名うんえい
雲英「え〜、なんの話〜?
  アタシわっかんな〜い♪」

董承の愛妾。董承からは深く寵愛を受けていたがその下僕・秦慶童と密通するなど奔放な人物だった。董承の曹操暗殺計画を知ると、董承に恨みを持っていた秦慶童を通じて曹操に密告。董承一族は皆殺しになった。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力5 征圧力1
官職-
特技防柵 魅力 漢鳴
将器長槍術 士気上昇 守城術
計略漢鳴の質実【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
最も武力の高い漢の味方の武力が上がり、敵の計略対象にならなくなる
必要士気4
Illustration : 匡吉Character Voice : 種敦美


董承の末路を決定づけてしまった、董承の愛妾が初参戦。

スペックは計略の為についている漢鳴を除けば蜀の王貴人や晋の王元姫と同じ。
何気に漢軍の魅力・防柵持ち1コストは弓兵か騎兵しかいなかった為、槍兵は初となる。
将器は全体的に小粒ながら、サポート役としてあって損はないものが揃う。

計略「漢鳴の質実」は名前の通り、漢鳴版投げ「質実剛健」。本人はとてもこの言葉が似合わないが
範囲内の漢の味方の武力が+2/+3/+4/+5され、計略対象にならなくなる。
計略ステルス効果は上げようがない為、漢鳴レベル上昇で強化されるのは武力上昇値のみとなっている。
効果時間は26.7c、知力依存0.8c(Ver.2.6.0B)。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.2.6.0B 効果時間延長 16.7c→26.7c

R何皇后(色香)

武将名かこうごう甘い美貌
何皇后「おねがぁ〜い。
  争いなんてやめてぇ〜ん♡」

大将軍・何進の異母妹。甘い美貌を持っていた何皇后は霊帝に気に入られ後宮に入り、息子の劉弁を生んだ。霊帝の死後、董太后を追放して劉弁を帝位につかせるも、都にのぼった董卓の策により劉弁と共に李儒に殺害された。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力3 征圧力2
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 遠弓術 攻城術
計略甘い色香味方の兵力が回復する。ただし武力が下がる
必要士気3
Illustration : F.SCharacter Voice : しもがまちあき


懐かしのF.S氏のイラストで復刻登場した何皇后。
旧作では「何太后」名義だったが、今回は既出の自身に合わせてこちらの名義。

スペックは旧作「1」を彷彿とさせるレベルの低さ。しかも1コスト弓に1/4/3魅力がいる中で征圧力2。
まともにスペックで採用するのは難しいと言える。
将器も無理して持たせるものではないだろう。

計略も旧作と同様の「甘い色香」。
計略効果も変わらず士気3で勢力問わず味方全員の兵力を約80%回復するという強烈な物。
効果範囲自体も「劉備の大徳」並みの特大円形。

ただデメリットも相応に強烈で、何と対象になった味方の武力が-99されてしまう。
旧作では-10止まりだったので更に酷くなっている。
そして武力低下の時間も13Cととんでもなく長い(Ver.2.6.0A)。

ただし、この計略は知力依存が4.2Cと物凄い事になっており、知力0だと武力低下効果はたった0.4C(1秒)で切れる。
その為基本は「何進の大号令」などの知力低下計略と組み合わせ、デメリット効果を一瞬で終わらせる構築にすることとなるだろう。
言うまでもないが、知力上昇計略と組むのは厳禁である。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

C韓馥

武将名かんふく
韓馥「み、み、見るでない・・・・・・
  わしを見ないでくれぇ・・・・・・!」

後漢に仕えた政治家。反董卓軍に参加した際に袁紹と誼を結ぶ。同じ反董卓軍の公孫瓚から攻められると、袁紹を頼り、支配していた冀州を譲った。自身が臆病な性格だったため、有能な家臣の多くに見捨てられ、袁紹にすべてを奪われた。
コスト1.0
兵種攻城兵
能力武力3 知力6 征圧力0
官職文官
特技-
将器兵力上昇 城門特攻 迅速攻城
計略怯者の意地武力ダメージを軽減し、兵力が上限を超えて回復する。ただし効果終了時に撤退する
必要士気4
Illustration : 一徳Character Voice : 子安武人


田豊・沮授・麹義・張郃・審配・潘鳳・辛評たちの元の主でもある韓馥は攻城兵として登場。
1コスト攻城兵は実は漢勢力初である。

スペックは攻城兵故に征圧力0は仕方ないとして、内部武力も考えると2/6程度。
足を引っ張る程ではないが、いまいち平凡さが否めない。
ただ同勢力の蒋義渠にも言える事だが、漢勢力はラインを上げ切った状態で士気12計略や漢鳴3計略を打てば、
場合によってはそのまま落城コースのため、攻城力の高さのみを目当てに攻城兵を採用するのは悪い選択ではない。
ただし採用する事で総征圧は間違いなく下がるため、他の武将でカバーするか潔く割り切る必要がある。

将器には攻城に関係するものが2つあるが、相手がよほど油断していない限り
1コスト攻城兵が城門を叩くことは難しいため、迅速攻城を選ぶのがよいだろう。

計略「怯者の意地」は兵力が200%回復し、武力ダメージを20%軽減する。
ただし効果が切れると強制撤退する。効果時間は12.5C(Ver.2.6.0A)。

兵力回復効果こそ破格極まりないが、武力ダメージ軽減に関してはほぼ完全にオマケ。
しかも武力は全く上がらないので、適当に乱戦状態になるだけでは先に韓馥の方が時間切れで撤退してしまう。
攻城時のあと一押しに使いたくなるところではあるが、どちらかといえば試合終盤を筆頭に、
相手の攻城を通すと負けてしまう時などの防衛時に光る計略である。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

C皇甫酈

武将名こうほれき
皇甫酈「しかと見ろ!
  悪しき謀反人の名を!」

皇甫嵩の甥。董卓の死後、李傕と郭汜の権力争いを止めるため、献帝の使者として二人に和睦を進言した。聞き入れられず李傕の怒りを買うが、仲間の手引きで無事逃亡。逃げている最中も李傕を罵り、李傕軍の士気を下げた。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力4 知力2 征圧力0
官職武官
特技漢鳴
将器攻撃力上昇 兵力上昇 征圧力上昇
計略漢鳴戦法【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力が上がる
必要士気4
Illustration : セツCharacter Voice : 天滉平


皇甫嵩の甥っ子が帰って来た!
しかし史実再現の結果裏書きに4回も李傕の名が出て来たり、台詞絡みも李傕李傕。
撤退台詞は「おのれ李傕!」…李傕が不憫に思えてくる。

1コストとしては貴重な武力4騎兵。代償は征圧力0だが仕方ない。
将器に征圧力上昇があるので、これでフォローするのがベター。

計略「漢鳴戦法」は董承が持つものと同じ。
効果時間5c(Ver.2.6.0A)。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

UC鄒靖

武将名すうせい
鄒靖「志ある者よ、戦え!
   お前たちの正義のために!」

後漢の武将。黄巾の乱において、兵を集めるため高札を立てて募集したところ、これを見た劉備らが決起し、義勇兵として従軍することとなった。劉備を従えて黄巾賊を討伐した後は、公孫瓚と共に胡族を追討するなど、北方の賊軍と戦った。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力7 征圧力1
官職武官
特技伏兵
将器兵力上昇 地の利 征圧力上昇
計略義勇兵の高札漢の味方の兵力が回復する
必要士気4
Illustration : 伊藤サトシCharacter Voice : 松田裕市


今回初登場となる鄒靖は1.5コスト騎兵にして5/7/1伏兵となかなかのスペックである。
特に漢の伏兵持ち1.5コストで武力5以上は現状唯一であり、高めの知力と相まって文武に渡って活躍が見込める。
征圧1は気になるところだが、ここは将器でカバーすることも可能。
その他の将器も、後述の計略と相性の良い兵力上昇、柵盛り対策に一人は用意しておきたい地の利と、どれも優秀な部類に入る。

計略は漢の味方の兵力が50%回復する。(Ver.2.6.0B)
汎用計略の援軍の士気を1下げた代わりに、回復効果を少しコンパクトにしたような物である。
漢の今までの回復計略はこれまで全て漢鳴絡みであったため、癖のない回復計略は実は初。
計略範囲もVer.2.6.0Bの修正を受けて目を見張るほど大きくなっており、
攻城中の味方を自陣中央辺りから回復したりと
トリッキーな使い方も可能となった。
単独行動が多い騎兵だけに、計略が遠くまで届くようになったのは嬉しい修正と言える。
栄光デッキや、老師の布石デッキに回復を組み込みたい場合は選択肢に挙がるだろう。
特に老師の布石の効果時間中なら、回復と同時に武力+2がついてくるため、非常にバランスのよい計略となる。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.2.6.0B 範囲拡大
       兵力回復量増加 45%→50%


SR曹節(護り手)

武将名そうせつ山陽公夫人
曹節「きれいな空・・・・・・新たな日々が
    ここから始まるのですね」

曹操の娘。姉の曹憲、妹の曹華と共に献帝に嫁ぐ。のちに、献帝の皇后である伏寿が処刑されたため後宮で特に気に入られてた曹節が皇后となった。献帝が禅譲によって山陽公に封じられ、皇帝の身分を失っても付き従い、共に暮らした。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力4 知力8 征圧力1
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 士気上昇 守城術
計略蒼天の護り手武力が上がり、効果終了時に自軍の漢鳴レベルが上がる
必要士気6
Illustration : YockyCharacter Voice : 茅野愛衣


いつか来るだろうと期待されていた漢曹節は堂々のSRで実装。
しかし1.5コスト4/8征圧1に特技は魅力のみとかなり寂しめのスペックのため、
彼女を採用するからには是非計略を活かしていきたい。
幸い将器は、計略中の生存率を高める兵力、士気効率を更に高める士気、弓兵と相性の良い守城術と粒揃いである。

計略「蒼天の護り手」は使用すると曹節の武力が+4され、効果終了まで生存していれば、味方の漢鳴レベルが2上昇する。
効果時間30c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0B)。

漢鳴を一気に2つ上げられる計略は初であり、なおかつその必要士気も漢鳴1あたり士気3と、
劉虞と並んで最大の効率である。長時間の仕込みが必要なものの、その劉虞とは異なり計略時間中は自由に動く事ができる。

首尾よく30c曹節を生き延びさせられればその後が大きく有利になるものの、やはりその待機時間の長さがネック。
こちらが士気6でこの計略を使用したとして、相手もそのタイミングでおおむね同じく士気6を持っており、
30cの待機時間の間に相手はさらに士気が7貯まるということは、
漢鳴レベルが上がる前に士気10以上のフルコンを受ける可能性があるということに他ならない。
こちらも計略で対抗したいところだが、曹節の計略が終わるまでこちらの漢鳴レベルは0であり、
漢鳴0計略1つで立ち向かうことを余儀なくされる。
そのため漢鳴レベルによらず戦う事ができ、かつ曹節の計略効果と合わせて味方全員の漢鳴レベルを3まで上げられる
関羽・朱儁・盧植などを採用するのも1つの手である。
計略時間中の曹節の撤退は論外だが、計略の間ずっと曹節は武力8弓として運用できるため、
この点を上手く利用し、無理のない範囲で相手の足並みを崩したり、計略の小出しを誘っていきたい。
言うまでもないことだが、雲散を食らおうものなら士気6が無駄になるばかりか敗北まで見えかねないため
雲散持ちの位置には注意を払うこと。

曹節が無事に溜めきりさえすれば、勝利が大いに近付く事も含め、
まさに漢の強みと弱みを殊更強調するような1枚である。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.2.6.0B 武力上昇値増加 +3→+4

R蘇飛

武将名そひ
蘇飛「行け。
 お前には相応しい場所がある」

黄祖の配下。黄祖に進言できるだけの立場を持ち、川賊出身の甘寧を重用するように幾度も助言したが用いられず、甘寧が活躍できるよう孫権のもとへ行かせた。のちに孫権によって黄祖が討たれると、蘇飛は甘寧の必死の助命嘆願によって救われた。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力8 知力1 征圧力2
官職武官
特技漢鳴
将器士気上昇 速度上昇 征圧力上昇
計略漢鳴の白兵【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力が上がり、射程距離が短くなる
必要士気4
Illustration : 五十嵐睦Character Voice : 速水奨


ある意味甘寧の運命を変えたと言える人物が、ようやく初参戦を果たした。

漢軍の2コスト武力8弓が張任しかいない中で遂に追加された、2枚目の武力8弓。
更にあちらと違い征圧力2だが、その代償で知力はたったの1。特技も漢鳴のみで実質ないに等しい。
将器だが、何故か使いにくそうなものばかりがずらりと並んでいる。
ただ武力8弓で士気上昇の将器を持つのはVer.2.6.0A現在、全勢力で見ても実は蘇飛だけだったりする。
漢鳴計略とは相性が良いので一考か。

計略「漢鳴の白兵」は漢鳴版「零距離戦法」。
武力が+4/+6/+9/+13されるが、代わりに一切射撃ができなくなる。
知力1が祟って効果時間は5C(Ver.2.6.0A)。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

R陳琳(操陣)

武将名ちんりん こうしょう檄文の名手
陳琳 孔璋「美しく、そして激しく・・・・・・
    この筆で天下を動かそう」

建安七子の一人で袁紹の幕僚。官渡の戦いで、袁紹が曹操に宛てた檄文を執筆。それを読んだ曹操は、自分が非難されているにもかかわらず、陳琳の書いた文の旋律があまりに美しかったため、怒るどころか感嘆し、褒め称えたとさえいわれる。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力8 征圧力2
官職文官
特技防柵
将器知力上昇 遠弓術 征圧力上昇
計略操陣の檄文敵を強制的に向いている方向に向かっていくようにする
必要士気4
Illustration : 夢路キリコCharacter Voice : 杉田智和


三国志大戦2以来久々に帰って来た夢路キリコ絵師の陳琳。
(大戦3の陳琳も2の外見を踏襲しているが、イラストレーターが異なる)

スペックは5/8に加え征圧力2、更に防柵持ち。
今までの1.5コスト5/8は特技持ちの代わりに征圧力1か、征圧力2の代わりに特技無し(or漢鳴のみ)だったので十分破格と言える。
将器だが、通常戦闘を意識するなら遠弓術、妨害意識なら知力上昇から選ぶと良いだろう。

計略「操陣の檄文」は陳琳らしく強制移動タイプの妨害。
範囲内の敵を計略が掛かった時にカードが向いていた方向に強制的に進ませるようにするもの。

猪突猛進等と挙動は基本的に同じで効果中に戦場の横端に当たった場合は反射して進み続ける。
こちら側の城壁に当たったら反射せず静止して攻城しはじめ、相手側の城壁に当たったらそのまま帰城する。
ため計略中の敵、舞い計略等の動けない敵の挙動は要検証。(計略タイプにより微妙に異なる可能性がある)

挑発と違い、引っ張る方向が相手の向き依存な上、敵城に当たると攻城してしまう為、
攻城している部隊を剥がす使い方や、逃げる相手に使って此方へ引き戻すといった使い方はできない。

壁から城門を叩こうと真横に移動してきた敵に使えば城門を通過させて攻城を阻止する事は可能。
同様に攻城時には攻城部隊を横移動させ、付いてくる攻城妨害部隊にかけそのまま横移動させ続け攻城する使い方もある。

Ver.2.6.0A現在、効果範囲は狭いため相手の単体超絶強化に合わせて使用、終了間際の時間稼ぎが現実的で「開戦の檄文」とは異なる運用になる

効果時間の目安・自身の知力8の時(Ver.2.6.0A)

敵の知力12345678910
効果時間4.4c4.3c4.3c4.2c4c3.9c3.8c3.3c2.9c2.8c

元々効果時間が短いものの、同知力(知力8)以上の敵には目に見えて効果時間が減る。
繰り返しになるが、計略の使い勝手は知力将器の有無で大きく変わってくる。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.2.6.0B 範囲拡大

R禰衡(罵詈雑言)

武将名でいこう せいへい気尚剛傲
禰衡 正平「てめえら馬鹿どもには
 地面を這うのがお似合いだぜ!」

鋭い観察眼と智謀を兼ね備えた文官。その一方で「私の体は貴方のように汚れてはいない」と裸で着替えを行うなど、傲慢な性格ゆえに人々に憎まれていた。才能を評価した曹操や劉表の下に身を寄せるも、その毒舌を嫌われ追放された。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力6 知力9 征圧力2
官職文官
特技伏兵 漢鳴
将器兵力上昇 知力上昇 迅速攻城
計略罵詈雑言【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
味方と敵の知力を下げる 漢鳴2以上:さらに味方の武力が上がる
必要士気4
Illustration : hippoCharacter Voice : 松田裕市


hippo氏の禰衡が新シリーズで復活。

計略は漢鳴系の妨害計略だが、味方ごと巻き込むというクセの塊ともいうべきもの。
しかし、漢鳴レベル2以上で発動すると味方にのみ武力上昇が付き、強化妨害計略に変貌する。
範囲は前方円で自身を範囲に含めない。
知力低下値は-4/-6/-8/-10、武力上昇値は--/--/+5/+6。
味方掛けの効果時間は9.6c、敵掛けは下記参照。(Ver.2.6.0A)

効果時間の目安

知力 自身\相手12345678910
913c12.8c12.4c12c11.7c11.2c10.7c10c8.3c6.7c
1213.9c13.6c13.3c13c12.8c12.4c12c11.7c11.2c10.7c


登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.2.6.0B 範囲拡大

R董太后

武将名とうたいこう高貴なる矜持
董太后「この宮中で、わらわの許しもなく
    勝手な振る舞いは許さぬ」

霊帝の母。霊帝存命の間から、一部の宦官と結託し、政治に関与して権勢を振るった。王美人亡き後に劉協を養育したため、何皇后とは激しく敵対したが、やがて何皇后の子である劉弁が即位すると政争に敗れ、都から追放された。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力4 知力7 征圧力2
官職-
特技伏兵 魅力 漢鳴
将器兵力上昇 長槍術 速度上昇
計略太后の下命【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
最も武力の高い漢の味方の武力と乱戦時の攻撃速度が上がる 漢鳴3:さらに効果対象が範囲内の漢の味方全体になり、必要士気が上がる
必要士気4
Illustration : 五十嵐睦Character Voice : 斎藤千和


霊帝の母君が新旧三国志大戦を通して初登場。

計略は、範囲内の最も武力の高い漢の味方の武力と乱戦時の攻撃速度が上がる。
漢鳴3の時のみ、効果対象が範囲内の漢の味方全員になり、必要士気が5になる。
武力上昇値は+2/+3/+4/+5、攻撃速度は1.28倍/1.48倍/1.77倍/1.77倍になる。
効果時間は8.8c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0B)

登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.2.6.0B 効果時間延長 8.3c→8.8c
       漢鳴3 範囲拡大


C潘鳳

武将名はんほう
潘鳳「弱そうな匂いだな・・・・・・
 ぶっ飛ばされねえうちに消えな」

冀州太守・韓馥の配下。大斧の使い手で、勇将として知られていた。韓馥と共に反董卓連合に参加し、汜水関を守る董卓配下の武将・華雄に対して自信満々に挑むも一撃で返り討ちにされ、華雄のかませ犬になってしまった。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力4 知力3 征圧力0
官職武官
特技復活 攻城
将器復活減少 征圧力上昇 迅速攻城
計略特攻戦法武力と攻城力が上がり、強制的に前進する
必要士気4
Illustration : ChatalawCharacter Voice : 堂坂晃三


旧作では何故か松○優作にされた潘鳳が、主と一緒に帰って来た。
なんじゃこりゃあは別の武将に譲った
しかし元々出番が華雄の咬ませ犬である為か、犬みたいな見た目に小物臭い台詞まであてがわれてしまった。

が、そのスペックは1コストにして4/3に加えて復活・攻城持ちと破格を通り越して異常。
おまけにスペックを盛られやすい歩兵ではなく槍兵である。
代償として征圧力は0だが、むしろそうでなければおかしいレベル。
そして将器は復活と組み合わせて驚異の回転力を生む復活減少・
攻城との噛み合いが良い迅速攻城・欠点の征圧力0をフォローする征圧力上昇とハズレが一切ない。

計略は「特攻戦法」。
自身の武力+3、攻城力が1.25倍+固定値2%されるが強制的に前進する。
効果時間6.3c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0A)

漢鳴計略どころか士気絡みですらない。まさかの汎用計略である。
だが先述のスペックを考慮すれば征圧力0共々妥当と言える。
漢鳴計略にしてしまえば征圧力以外で勝る部分がない邢道栄を奪ってしまいかねないので仕方ない。
攻城力の高めな槍兵かつ特技攻城や将器の迅速攻城に噛み合っているため、
他に打つ手がない時に逆転を狙う窮余の策としては覚えておいて損はない。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

EX(SR)袁紹(勇者)

武将名えんしょう ほんしょ勇者
袁紹 本初「人にできないことを
     やるのが勇者だ!」

生まれた時から勇者として育てられ、魔王を倒すために旅立った少年。盗賊としての適性が高く、花嫁や冀州を奪うなど勇者らしからぬ行為も時に行ったという。各地を旅して反董卓連合を結成し、魔王・董卓との決戦に挑んだ。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力8 知力4 征圧力1
官職武官
特技魅力
将器征圧力上昇
計略勇者の構え(カッコいいポーズ)【ため計略】(使用すると移動できなくなり、一定時間後に解除され計略が発動する。この計略は反計されない)
敵の移動速度を下げる
必要士気4
Illustration : 衛藤ヒロユキCharacter Voice : 種敦美


スクエニコラボの一枚。
「魔法陣グルグル」シリーズの主人公・ニケが袁紹としてカード化。
原作は3度アニメ化されているが、CVはいずれのアニメ版とも異なるキャスト
(第1期:瀧本富士子、第2期:南央美、第3期:石上静香)となっている。

他の袁紹と異なり8/4/1魅と武闘派スペック。覚醒持ちではない魅力持ちの2コスト武力8槍兵は今作初登場でもある。
漢の2コスト武力8槍兵は今まで知力が低く安定感に欠ける文醜と張飛しかいなかったため、この枠の知力4は貴重である。
将器は征圧力上昇+兵兵兵で固定。素の征圧力1をカバーしつつ、副効果で兵力を増強する組み合わせは必然的に前線に立つこととなる武力8槍とマッチしている。

計略「勇者の構え(カッコいいポーズ)」はため時間1.25cの後、範囲内の敵の移動速度を0.2倍にする妨害計略。
範囲は自身中心円半径3.3マス程度、効果時間は知力1相手に5.1c、知力5に5c、知力10に4.9c(Ver.2.6.0B)
知力差による効果時間変動は殆どない為常に一定の効果を得られる。

早い話がため連環の計といったところ。ため時間は1.25cとため計略の中でも短い部類であり、
足の遅い兵種はもちろん、騎兵でも袁紹に近い位置にいる場合ため開始を見てから範囲外に逃げるのはなかなか難しい。
自身が積極的に前線に立っていける武力8槍兵であり、他の妨害持ちと違って落とされづらいのが強み。

ただし質実計略で無効化・転進で逃げる・袁紹の兵力が少なければダメージ計略等で倒して突破など、相手側が後出しで取れる対策手段は比較的多いので注意。
範囲は比較的広く、号令デッキが固まることへの抑止力はそこそこなものの、
効果時間は長いとは言えず発動までのタイムラグがある関係上、超絶強化への対抗手段としてはいささか心もとない。
主力となるコスト帯でありながら武力面には一切影響を及ぼさないこともあり、同コストのライバル達とは毛色が異なる使いでであることには留意したい。

漢鳴レベルに影響しないため漢鳴系統のデッキには入りづらく、
「袁紹」名義である以上栄光デッキ・王者デッキへの採用は不可能。
上記以外の漢軍デッキはVer.2.6.0〜現在では全くの未知数であり、旧来のデッキとは異なる形を模索せざるを得ない。
コスト比武力最大の魅力持ち槍兵であることを踏まえれば、他の漢鳴レベル上げ要員を充分確保した上で漢鳴系号令デッキのスペック要員としての採用が無難なところか。
他にも魏諷等のどちらも関係ない武将と組んだり、自身の計略消費が4なのも合わせて老師の布石と組んでみたり等、
思い切って混色の前線に立てる妨害計略持ちとして採用するのも一手。

とにかく居場所探しに難儀するカード。
高めのスペックと強めの妨害計略と珍しい組み合わせではある為、
上手い具合に嵌るデッキが見つかれば、イラストのように凄い勢いで輝ける…のかもしれない。

登場バージョン

Ver.2.6.0B (第二十四回大戦スタンプキャンペーン)

Menu

最新の20件

2019-12-10 2019-12-09 2019-12-08

今日の20件

  • counter: 1300
  • today: 1
  • yesterday: 3
  • online: 61