カードリスト:晋 第6弾



R王濬(幕開け)

武将名おうしゅん しじ熱鉄の闘志
王濬 士治「天下統一、そして最終決戦!
 こんな面白い舞台、他にないわい!」

晋に仕えた武将。奢侈を好み節義を軽んじる行為もあったが、大義を実現させんとする気勢を羊祜に見込まれ、厚遇された。呉征伐では大筏を先行させ、吾彦が長江に張った鎖を焼き払い、船団を建業へ進ませて孫晧を降す大功を挙げた。
コスト2.5
兵種連弩兵
能力武力9 知力3 征圧力2
官職武官
特技勇猛 攻城
将器攻撃力上昇 知力上昇 遠弩術
計略決戦の幕開け武力と射程距離と射撃ダメージが上がり、自軍の覚醒ゲージが上がる。さらに敵を撃破するたびに自軍の覚醒ゲージが上がる
必要士気5
Illustration : 春乃壱Character Voice : 菅生隆之


三国時代最後の大勝負の火蓋を切った老将が、今度は連弩を持ってやって来た。

晋軍初の素武力9連弩兵。
加えて勇猛・攻城の2特技に征圧力2も併せ持つが、知力は1枚目同様低く3止まり。
将器に知力上昇がある為補強はできるが、計略との相性が良い遠弩術も持つのが悩ましい。

計略「決戦の幕開け」は連弩強化。
武力が+5、射程距離が1.75倍、射撃ダメージが1.2倍になり、更に覚醒ゲージが30%上がる。
加えて敵を撃破する度に覚醒ゲージが30%上がる。
効果時間は10c、知力将器で11.2c、知力依存0.4c(Ver.3.5.0A)。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


C何曾

武将名かそう えいこう
何曾 穎考「しっかり働いたご褒美に
   美味なる食事を楽しむかのう」

魏・晋に仕えた政治家。毋丘倹の乱の鎮圧後、結婚して家を離れた毋丘芝まで処刑されることに異議を唱え、法を改正して彼女を救った。法や礼儀作法には厳格であったが私生活では贅沢を極め、豪華な食事や服飾を好んだため、弾劾された。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力3 知力8 征圧力3
官職文官
特技刻印
将器兵力上昇 捕縛術 征圧力上昇
計略贅沢な援軍晋の味方の兵力が上限を超えて回復する。さらに撤退している晋の味方を復活させ、兵力が上限を超えて回復する
必要士気10
Illustration : ファントムCharacter Voice : 江越彬紀


西晋の丞相が贅沢をしていそうな風貌で初参戦。
というかどう見ても名探偵ポ〇ロ。

数値スペックは3/8/3と贅沢なものの、歩兵かつ刻印持ち。
また将器に征圧力上昇を備えているため、コスト1にして征圧力4の歩兵を作ることもできる。
ただし征圧力3と4では大差がないうえ、他の将器も優秀なので地味に悩ましい。

計略「贅沢な援軍」は援軍の一種。
晋軍の兵力が上限を超えて150%回復し、更に撤退中の晋軍の味方も兵力150%(上限突破)で復活する。
しかも範囲は戦場+場内全体と実に贅沢な効果だが、消費士気もこれまた贅沢に10

登場バージョン

Ver.3.5.0A


UC何攀

武将名かはん けいこう
何攀 景興「少々乱暴な手段ですが、
   金と数に任せるが妙策かと」

蜀の末期に任官し、滅亡後は晋に仕えた武将。若くして王佐の才があり、自らの恩人の名誉回復のため、喪中にもかかわらず尽力した。呉征伐では王濬の副将を務め、大船団を作るため墳墓の木材を買い取るよう献策するなど、快進撃に貢献した。
コスト1.0
兵種連弩兵
能力武力2 知力2 征圧力1
官職武官
特技覚醒
将器兵力上昇 征圧力上昇 遠弩術
計略才子の目覚め戦場にいる晋の味方の武力の最大値が大きいほど武力が上がる。一定以上武力が上がると、さらに射撃ダメージが上がる
必要士気3
Illustration : 五浦マリCharacter Voice : 内田雄馬


王濬と共に呉征伐に尽力した武将。

晋3枚目のコスト1連弩兵で晋4枚目の目覚め計略持ち。特技覚醒により、最終的には4/4/3と破格のスペックになる。
将器は遠弩術が第一候補。兵力上昇は後方兵種のため、征圧力上昇は特技覚醒でカバーできるため、それぞれ優先度が1歩ずつ下がる形。

計略「才子の目覚め」は晋で4枚目となる目覚め計略。
武力上昇は対象の武力×0.4+3。効果時間は知力4の時8.3c(Ver.3.5.0A)。
追加効果の射撃ダメージ上昇は約1.3倍。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


UC毋丘芝

武将名かんきゅうし
毋丘芝「とうさまを見習って!
        あちょー!」

毋丘倹の娘。父が反乱を起こした時にはすでに潁川太守に嫁ぎ懐妊していたが、連座して獄に入れられた。しかし母が何曾に娘の助命を嘆願すると、何曾はこれを哀れみ、早急に朝廷を説得して法を改正したため、難を逃れたという。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力1 知力3 征圧力2
官職-
特技魅力 覚醒
将器長槍術 士気上昇 守城術
計略覚醒の旋律最も武力の高い晋の味方の征圧力が上がる。さらに覚醒レベルに応じて以下の効果が追加される
覚醒1:さらに知力が上がる
覚醒2:さらに武力が上がる
覚醒3:さらに移動速度が上がる
必要士気4
Illustration : ももしきCharacter Voice : 水瀬いのり


毋丘倹の娘が、カンフー少女のようなキャラで大戦シリーズ初登場。

武力知力は貧弱なものの、コスト1の覚醒持ちとしては唯一の初期征圧力2を持つ。
序〜中盤に征圧力3に到達できる点は大きく、征圧ランクへの負担も軽い。
女性ということで魅力も所持しており、総合的に見て非常に優秀。
将器もコスト1槍兵の理想とも呼べるラインナップ。

計略「覚醒の旋律」は投げ計略。
基本効果は征圧力+1。さらに発動時点の覚醒レベルに応じ、以下の通り効果が上乗せされていく。
レベル1:知力+4 レベル2:武力+4 レベル3:移動速度1.4倍?
効果時間は約9.2c(知力依存0.4c?)。
費用対効果を考えると、なるべく覚醒レベル2以上で撃ちたいところ。
1コスト覚醒武将に多い目覚め計略と比較すると爆発力では見劣りするが、単体で機能するのは明確な優位点。
味方の高武力騎兵を対象にすれば十分な殲滅力が見込める。

もともと晋のコスト1はかなりの激戦区だが、また有力な候補が登場したと言える。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


SR司馬師(代償)

武将名しばし しげん革故の夜戦
司馬師 子元「フフ・・・・・・面白い。
   乱世の徒花よ、来るがいい」

司馬懿の長男。父の跡を継ぐと、酒色に耽る皇帝を廃位させ、厳正かつ私情を挟まない登用で優秀な人材を揃えるなど司馬氏の支配基盤を強化した。毋丘倹・文欽の乱では自ら出陣し、持病に苦しみながらも文鴦の急襲を凌ぎ、反乱を鎮めた。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力4 知力9 征圧力2
官職武官
特技魅力 覚醒 刻印
将器兵力上昇 士気上昇 迅速攻城
計略革命の代償晋の味方の武力と兵力が上がる。ただし効果中に撤退すると復活時間が増加し、効果終了時に自身が撤退する
必要士気5
Illustration : 黒葉.KCharacter Voice : 杉田智和


2枚目はリメイクとなった司馬師。二つ名は文鴦と同じ。

遂に登場した覚醒・刻印持ち。その影響は凄まじく、素で4/9に征圧力2と魅力を備える。
フル覚醒では6/11/4と、本当に1.5コストかと見紛うスペックになる。
将器はいずれも自身の計略と好相性。

計略「革命の代償」は英傑号令。1枚目と違い覚醒レベルは関係なし。
晋の味方の武力+5に加え、兵力が30%回復する。
ただし効果時間中に撤退すると復活時間+10秒、更に効果終了時に自身が撤退してしまう。
なお、効果終了時に自身が強制撤退する際も復活時間は+10秒される。
効果時間は7.9c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1A)。

デメリットこそあるものの、必要士気の軽い回復付き号令の強みはそれを補って余りある。
計略効果が覚醒レベルに依存しないことからどの時間帯でも強く、様々な形の晋デッキに入りうる一枚。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 効果時間短縮 8.3c→7.9c
       兵力回復量減少 40%→30%



SR司馬昭(天光之階)

武将名しばしょう しじょう双光相克
司馬昭 子上「影ではなく、王として・・・・・・
  光の道を歩み、天下を塗り替えよう」

司馬懿の二男。兄の司馬師から家督を受け継ぐと、諸葛誕の乱や魏帝・曹髦の挙兵を鎮圧した。蜀征伐では大将軍として采配を振るい劉禅を降伏させ、後に晋王となる。厳酷で煩雑な政治や時勢にそぐわない法律を撤廃して仁政を行い、信望を得た。
コスト2.5
兵種弓兵
能力武力7 知力8 征圧力1
官職武官
特技伏兵 魅力 覚醒
奇才将器晋王の秩序晋の味方の攻城力と攻城速度が上がる
計略天光之階晋の味方の武力が上がる。覚醒レベル3以上の場合、さらに晋の味方の武力が上がり、特技「覚醒」を持つ味方部隊数が多いほど攻城力が上がる
必要士気7
Illustration : 萩谷薫Character Voice : 中村悠一


第3弾での司馬昭がリメイクイラストで再登場。
二つ名は曹髦と同じで、イラストも曹髦を見上げるような格好をとっている。

コストこそ上がったものの、兵種も特技も1枚目の自分と変わらず。
文官型からバランス型のスペックへと変化しており、フル覚醒時は9/10/3と隙のない数値となる。
奇才将器「晋王の秩序」は攻城特化型の将器。
晋の味方の攻城力を1.05倍、攻城速度を1.125倍(迅速攻城の半分)にする。
後述の計略と組み合わせればかなりの破壊力を誇るが、戦闘関連には全く寄与しないのがネック。
白兵面が強い相手に対しては他の武将に将器を譲ることも視野に入れておきたい。

計略「天光之階」は覚醒レベル3の時のみに追加効果を得られる号令。
覚醒レベル2以下の時はただの武力+5と劣化英傑号令にすぎない程度。
覚醒レベル3の時はさらに武力+2(合計武力+7)され、特技「覚醒」を持つ味方一人ごとに攻城力が1.05倍ずつ上がる。(最大6枚で1.3倍)
効果時間は知力10で8.8c(知力依存0.4c)。

覚醒レベル3での攻勢を止めることは、覚醒後の高スペックも相まってかなり難しい。
さらに奇才将器によって攻城速度も上がるため、瞬く間に相手の城を破壊していく。

弱点は覚醒レベル3でないと最大効果を得られないところ。
覚醒が溜まるまではサブ号令がなければ攻めることすらできない。
それに加え攻城力アップを得るためには覚醒持ちの武将を多めに入れる必要があり、通常の覚醒デッキよりもさらに序盤が苦しくなる。
相手の猛攻に耐えきれず落城してしまうことも少なくない。

序盤・中盤を耐えて終盤で捲るという覚醒デッキの基本を忠実に守ることが、このカードを使う上で一番必要なことと言えるだろう。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


UC司馬亮(射撃術)

武将名しばりょう しよく宮廷の赤心
司馬亮 子翼「如何なる餌を吊り下げようと
      我が赤心は揺るがぬ」

司馬懿の三男。清廉で厳粛な人柄であり、司馬炎亡き後、外戚である楊駿一派の妨害を受けながらも、貴族が台頭し賄賂が横行する国政を正そうと奮闘した。宮中で騒動を起こすのを嫌ってか、自ら兵を動かすことはなかったという。
コスト1.5
兵種連弩兵
能力武力5 知力2 征圧力1
官職武官
特技覚醒
将器攻撃力上昇 速度上昇 遠弩術
計略千金の射撃術武力と射程距離が上がる。さらに一定回数射撃を当てるたびに自軍の士気が上がる
必要士気4
Illustration : fzwrAymCharacter Voice : 佐藤拓也


計略「千金の射撃術」は単体強化。
武力が+3され、射程が1.5倍になる。さらに連弩が3発ヒットする毎に士気が+1される。
効果時間は12.5c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1A)。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 効果時間延長 11.6c→12.5c


R周旨(風刃)

武将名しゅうし終幕の死闘
周旨「強者との一騎討ち・・・・・・!
  こういう戦を待ってたんだ!」

晋の武将。杜預に従い呉征伐に参陣し、800の兵を率いて長江を渡り、山頂で火を起こし大軍を装って呉軍の士気を挫いた。さらに呉との最終決戦である版橋の戦いでは、張悌ら呉の主力を大いに破り、沈瑩を一騎討ちの末に討ち取ったという。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力1 征圧力2
官職武官
特技攻城 覚醒
将器知力上昇 突撃術 守城術
計略版橋の風刃武力と移動速度と突撃ダメージが上がる。この効果は自軍の覚醒レベルが高いほど大きい
必要士気5
Illustration : ニシカワエイトCharacter Voice : 吉野裕行


2枚目の周旨はコストアップして登場。

スペックは1枚目の自分以上の脳筋。
武力は覚醒持ちにも関わらず8あり、覚醒3で晋では文鴦、杜預以来となる武力10となる。
特技も覚醒に加え攻城を持っており、壁攻城一発でも侮れないダメージを出せる。
反面知力は覚醒3でも3止まりであり、ダメージ・妨害耐性は弱い。
将器は安定性が増す知力上昇か、爆発力を高める突撃術が候補。

計略「版橋の風刃」は覚醒レベルに応じて効果量が変化する超絶強化。
覚醒0:武力+3、移動速度1.3倍、突撃ダメージ+2
覚醒1:武力+4、移動速度1.5倍、突撃ダメージ+4
覚醒2:武力+6、移動速度1.6倍、突撃ダメージ+6
覚醒3:武力+8、移動速度1.8倍、突撃ダメージ+8
効果時間は知力1で7.1c、知力依存0.4c。

覚醒2からは士気5超絶の中でも強い部類となり、覚醒3では士気6超絶に匹敵する程の破壊力になる。 

ライバルは同じ超絶騎兵であり上司でもある杜預(幕引きの時)。
杜預と比較すると覚醒3での爆発力は劣るものの、コストが低く必要士気も少ないため小回りが効くのが利点。
ワラだけでなく低枚数デッキでも仕込みやすいカードと言える。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


SR辛憲英(教鞭)

武将名しんけんえい訓戒の才女
辛憲英「・・・・・・あの人、野心を隠せてないわ。
    災難に呑みこまれないようにね」

辛毗の娘で、羊祜の叔母。高い見識を持ち、たびたび魏の衰亡を予見して家族に忠言した。さらに鍾会の野心も見抜いており、鍾会の副将であった実子は事前に受けた忠告に従ったため、鍾会の乱から無事に生還できたという。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力4 知力9 征圧力2
官職-
特技伏兵 魅力
将器知力上昇 長槍術 士気上昇
計略閨秀の教鞭晋の味方の武力と知力が上がり、自軍の覚醒ゲージが上がる
必要士気5
Illustration : 匡吉Character Voice : 上田麗奈


魏に登場した実父の辛毗と同時に、2枚目の辛憲英はSRとして追加された。

数値は4/9/2と、全勢力のコスト1.5伏兵・魅力武将の中でも最高クラスのスペック。
将器も安定の士気上昇に長槍術、後述の計略や伏兵と噛み合う知力上昇といずれも優秀。

計略「閨秀の教鞭」は覚醒ゲージ溜め号令。
範囲内の味方の武力+5、知力+2に加え覚醒ゲージを60%上昇させる。
範囲は自分中心の横7.5マス、縦5マスの長方形。
効果時間6.7c(知力依存0.4c)

士気5で武力+5以上の効果を持つ号令は少ない中で、知力と覚醒ゲージを上げる優秀な計略。
反面効果時間は相応に短く、知力将器で補っても8cに満たない程度。さらに覚醒ゲージ上昇効率も低め。

同コストの卑弥呼と比較すると、覚醒ゲージの効率では劣る一方でぶつかり合いに強い。
加えて知力上昇があるぶん、メイン計略へ繋げた際の恩恵が大きい点がポイント。
一方で本人の戦闘力は武力の低さがどうしても足を引っ張り、突撃でカバーできる卑弥呼に見劣りする感は否めない。
一概に優劣は決めがたく、兵種バランスやゲームプランによって使い分けたい。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


C石苞(遠弓)

武将名せきほう ちゅうよう石心鉄腸
石苞 仲容「名家の者に、武人の忠義は解るまい」

晋の武将。軍事に長け、東興の戦いで唯一兵を失わずに帰還。諸葛誕の乱では、呉の援軍を大破し諸葛誕軍を潰走させた。貧しい出自のため孫楚らに讒言され、丁奉の離間策により司馬炎に叛意を疑われたが、羊祜らの弁護で赦免された。
コスト2.5
兵種弓兵
能力武力9 知力5 征圧力2
官職武官
特技-
将器兵力上昇 遠弓術 募兵
計略醒伐の遠弓武力と射程距離が上がり、自軍の覚醒ゲージが上がる。さらに敵を撃破するたびに自軍の覚醒ゲージが上がる
必要士気4
Illustration : danciaoCharacter Voice : 益山武明


まさかの2枚目の石苞。遊軍の孫楚とは対になっている。

晋軍初の2.5コスト武力9弓。またコモンでは拓跋力微以来の武力9武将。
その上で知力5・征圧力2と安定しているが無特技。後半戦重視になりやすい晋軍では地味に痛い。
将器は無難に使いやすいものが揃う。弓兵としての働きを期待するなら遠弓術か募兵が定石。
後半の攻城要員としての運用を意識するなら兵力上昇も捨てがたく、どれを選んでも相応の活躍が見込める。

計略「醒伐の遠弓」は覚醒ゲージ絡みの強化。
武力+3・射程距離?倍、自軍の覚醒ゲージ+20%。さらに敵を撃破するたびに覚醒ゲージが+30%される。
効果時間は8.8c(Ver.3.5.0A)。

同時期に追加された王濬(幕開け)は同コスト同武力で遠距離攻撃兵種、計略も醒伐系と重なる部分が多い。
あちらは攻城持ちかつ連弩兵+射撃ボーナスで敵を倒しやすく、枠争いで遅れを取りがち。
他の2.5コスト武将にも勝る点が見いだしづらく、採用率は芳しくない。

登場バージョン

Ver.3.5.0A



R張華(鐘杖)

武将名ちょうか もせん清澄なる賢人
張華 茂先「乱世に幕を引く時が訪れました。
 鐘を鳴らしましょう。皆を導くために」

魏、晋に仕えた政治家。万物に通じた当代随一の博学者。羊祜と共に呉征伐を計画し、囲碁の対局中に司馬炎に決行を促した。政局の安定に尽力し、賈南風らが専横を極めながらも晋が存続していたのは、ひとえに張華の力であると称えられた。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力7 征圧力1
官職文官
特技防柵 魅力
将器防柵強化 征圧力上昇 守城術
計略宰相の鐘杖最も武力の高い味方の武力と移動速度が上がる。さらに敵を撃破するたびに自軍の覚醒ゲージが上がる
必要士気4
Illustration : 五十嵐睦Character Voice : 鳥海浩輔


羊飼いスタイルの若き頃(1枚目)から大成し、晋の政治家となった2枚目の張華。

スペックは1.5コスト5/7/1かつ魅力・防柵持ちとサポート弓兵としては優秀な性能。
将器にも守城術があり、総合的に見てもかなり使いやすく纏まっている。

計略「宰相の鐘状」は投げ強化。
味方の最も武力が高い武将の武力を+5・移動速度を?倍し、更に敵を撃破する毎に覚醒ゲージが+30%される。
覚醒絡みではあるが勢力は不問。効果時間は9.4c(Ver.3.5.0A)。

醒伐の神速行をマイルドかつ投げ計略にしたような効果。
使い方も同様で、対象が覚醒持ちであれば撃破が即強化に繋がるのがポイント。
一方でリターンを得るには最低2部隊は撃破したいところであり、覚醒ゲージ上げをこれ一本に頼るのはややリスキー。
投げ計略の常として重ねがけも有効だが、より確実にリターンを見込める状況でないと大損に繋がる点には注意。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


SR文鴦(乱世の華)

武将名ぶんおう じけん革故の夜戦
文鴦 次騫「オレの剣を、鍛えた武勇を!
  受けてもらうぜ!大将軍っ!!」

文欽の子。「万人之雄」と称されるほどの資質と膂力を有したという。父が寿春で反旗を翻すと、弱腰な父を鼓舞して敵陣に奇襲を仕掛け、司馬師を追い詰めた。諸葛誕の乱では呉の援軍に加わるが、父が諸葛誕に殺されると司馬昭に降伏した。
コスト3.0
兵種槍兵
能力武力9 知力3 征圧力2
官職武官
特技勇猛 覚醒 刻印
将器攻撃力上昇 長槍術 攻城術
計略乱世の華武力と移動速度が上がる。さらに覚醒レベルに応じて以下の効果が追加される
覚醒1:さらに槍が長くなる
覚醒2:さらに槍撃ダメージが上がる
覚醒3:さらに槍撃の発生間隔が短縮される
必要士気6
Illustration : 杉浦善夫Character Voice : 緒方恵美


3枚目の文鴦はリメイク、かつ初の3コストとして登場。二つ名は司馬師と同じになっている。

遂に出てしまった武力9覚醒持ち。当然勇猛もある。
フル覚醒すると呂布(天下無双)に並ぶ武力11となり、単純な白兵戦では敵なしとなりうる。
一方で知力は3と低めで、さらに刻印までくっついている。
将器はどれも高コスト槍と相性のいいものが揃うが、計略も考慮すると長槍術優先。

計略「乱世の華」は覚醒レベルに合わせて効果が追加されるタイプの超絶強化。
基本効果は武力+7、移動速度1.7倍。各レベルの追加効果は以下の通り。

レベル1:槍長さ2.15倍
レベル2:槍撃ダメージ+7
レベル3:槍撃の発生速度2.3倍

効果時間は知力3で7.5c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1A)。

扱う上での注意点は、覚醒レベルによる追加効果は全て槍撃に関する効果である事。
武力上昇値は最初から最後まで+7止まりであり、槍撃が出せない状態だと魅力が一気に無くなってしまう。
また、同名義かつ同じく槍撃強化である乾坤一擲(蒼略)と異なり兵力回復がない点も注意。
兵力が少ない状態では満足に成果を上げられず撤退する可能性もあるため、立ち回りには細心の注意が必要。

更に悩ましいのは3コスト槍兵という攻城要員を担ってもらわないと困る立場である事。
計略中は当然攻城要員にできない為、文鴦をマウントに回してしまうと総合的な攻城力が一気に下がる。
その為、言葉通り殲滅するつもりで立ち回る事が肝要になる。

その性質上攻め寄せてくる相手を蹴散らすのが得意で、守りに入られたなら武力での突破は不可能に近い。
そのためなるべく序〜中盤にリードを取っておきたいところだが、晋勢力自体が後半向きであることが悩みの種。
本人の計略が攻城に向かないこともあり、総じて既存の覚醒デッキとはミスマッチ気味。
運用においては従来とは異なる構築や立ち回りが必要となるであろう一枚。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


C文欽(剛槍)

武将名ぶんきん ちゅうじゃく驕慢なる叛将
文欽 仲若「トンビがタカを生んだだと!?
  トンビじゃなくて鳳凰だろが!!」

文鴦・文虎の父。武勇に優れたが、横暴で尊大な性格のため周囲から疎まれた。地位が不安定になると毋丘倹と結び司馬師に叛くが、討伐され呉へ亡命。諸葛誕が乱を起こした際には援軍に向かい共に籠城するが、仲間割れの末に討たれた。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力4 知力1 征圧力2
官職武官
特技刻印
将器兵力上昇 長槍術 突破術
計略反乱の剛槍武力と槍撃ダメージが上がる。ただし自軍の内乱ゲージが増加する
必要士気3
Illustration : 山本章史Character Voice : 小西克幸


2枚目となる文欽は、晋軍初の1コスト武力4。

数値上は1コストながら武力4に征圧力2を併せ持つ圧倒的なスペック。
代償に知力1のうえに特技刻印持ち。撤退しやすい1コスト槍兵なので無視できないデメリット。
とはいえ1コスト最高峰のスペックなのは間違いないため、デメリット込みでも利用価値は高い。
将器はどれも戦闘向き。サポートや計略との相性を考えると長槍術が使いやすいが、他も悪くはない。

計略「反乱の剛槍」は単体強化。
武力+4、剛槍ダメージ+4.5。ただし使用時に自軍の内乱ゲージが40%増加する。
効果時間8.3c(Ver.3.5.0A)

槍長さや速度上昇は無く、積極的に使うような計略ではない。
とはいえ火力自体はそこそこあり、攻城中の敵部隊に一方的に槍撃するような状況であれば高コストでも十分削りきれる。
スペック要員の1コストが防衛時に使う計略としては十分といえるが、内乱を受けやすくなってしまう点は注意。

1コストとは思えぬハイスペックで、特に覚醒系デッキが総じて不安を抱える開幕の武力や総征圧力の穴埋め役として有用。
一方で、撤退しやすい1コスト槍兵としては、刻印による使い捨て辛さや回転の悪さが気がかり。
特にワラワラ系デッキではハイスペックが頼りになる一方で、回転率が重要なためデメリットも目立ちやすい。
例えば同コストの文虎ならば、武力-1の代わりに将器に復活減少を持ち、覚醒前提ならば復活時間に10秒もの差が生じる。
スペックの高さと回転率、どちらを重視すべきか慎重に検討して採用したい。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


UC楊駿(非道)

武将名ようしゅん ぶんちょう宮廷の黄金
楊駿 文長「金、金、そして金。
  すべてを金で支配してやろう」

楊芷の父。皇后の縁者として要職を歴任したが、浅学で人望もなく、賄賂が横行した。司馬炎が病に倒れると、司馬亮ら多くの政敵を左遷に追い込み、朝政を専断した。しかし賈南風の恨みを買ってクーデターを起こされ、三族皆殺しを招いた。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力4 征圧力3
官職文官
特技攻城
将器兵力上昇 突撃術 城門特攻
計略大欲非道味方の武力が上がり、兵力が減少する
必要士気6
Illustration : さいのすけCharacter Voice : 三宅健太


楊駿まさかの2枚目。絵師は違うが、同時追加の司馬亮とは対になっている。

スペックは征圧力3あるとは言え2.5コスト8/4といまいち物足りない。一応、攻城も併せ持つ。
なお、このスペックにして文官である。号令持ちなので不意の一騎討ちを受けないのは嬉しい。
将器は楊駿の欠点をそれぞれフォローするものが揃う。どこを埋めるかで選択すればいいだろう。

計略「大欲非道」は号令。
味方の武力が+7されるが、代わりに兵力が-30%される。勢力は不問。
効果時間は7.5c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1A)。

司馬懿が持つ狼顧の辣腕の亜種といったところ。
コストや消費士気が軽い分、効果時間や兵力減少の点でリスクを負っている。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 効果時間延長 6.7c→7.5c


EX(R)辛憲英(催淫)

武将名しんけんえい亜人
辛憲英「体験してみますか?
       私の催淫・・・・・・」

辛毗の娘で、羊祜の叔母。優れた洞察力で周囲の人々を助ける、地味な教師のような存在だった。その正体は自分に対する性欲を亢進させる特殊体質を持つ亜人であり、能力抑制のため言動や服装、居住に気を遣い苦労していたという。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力1 知力6 征圧力2
官職-
特技魅力
将器迅速攻城
計略加醒の催淫移動速度が上がり、武力ダメージを軽減する。さらに自軍の覚醒ゲージが上がり、接触した敵の兵力を一定時間徐々に減少させる
必要士気5
Illustration : ペトスCharacter Voice : 日笠陽子


「亜人ちゃんは語りたい」より主人公…ではなくヒロインの一人であるサキュバスの佐藤 早紀絵が参戦。
辛憲英になったのは女教師だからだろう。なお、CVはアニメ版と同じ。

1コスト征圧力2騎兵ではあるものの、残りのスペックは1/6と戦闘力ではあまり期待できない。
加えて晋軍には知力-1の代わりに防柵持ちの左芬がいる為、採用はやはり計略を意識したいところ。
将器は迅速攻城+城城城で固定。

計略「加醒の催淫」は強化。
自身の移動速度が1.8倍になり、武力ダメージを40%軽減する。
更に覚醒ゲージが+70%され、接触した相手の兵力を0.4c毎に4%減らす。
効果時間は13.3c。毒の効果は1.2cで固定(Ver.3.5.0A)。

追加効果自体はかなり盛られており、効果時間も士気5としてはやや長め。
晋軍らしく序盤の防衛や高武力に対する対抗手段としての選択肢にはできる。
一方で士気5も使って武力は1のまま全く変化しないのは曲者中の曲者。
いくら速くなろうが硬くなろうが、本体のパンチ力のなさは(毒で誤魔化せるとは言え)全く解決できない点に注意したいところ。

登場バージョン

Ver.3.5.0A (第三十六回大戦スタンプキャンペーン)



EX(R)司馬炎(淫奔)

武将名しばえん あんせい淫奔の悪魔
司馬炎 安世「世界中の女を支配して
   帝国を建国するんや!」

晋の初代皇帝で、淫奔を職能とする悪魔。人間の悪魔使いが運営する探偵事務所に、生贄を代償として力を貸している。下品で奔放な性格のため、依頼内容に反し性的な悪戯を働くなど問題行動をたびたび起こした。
コスト2.0
兵種象兵
能力武力7 知力5 征圧力0
官職文官
特技覚醒
将器速度上昇
計略淫奔の皇帝(いんぽんのカイザー)武力が上がる。この効果は戦場にいる女性(武官、文官ではない武将)の味方部隊数が多いほど大きい。ただし効果終了時に自軍の覚醒ゲージが減少する。さらに自軍の覚醒レベルによって効果が追加されていく
覚醒1:さらに移動速度が上がる
覚醒2:さらに突進ダメージが上がる
覚醒3:さらに武力ダメージを軽減する
必要士気5
Illustration : 久保保久Character Voice : 小野坂昌也


あの「よんでますよ、アザゼルさん。」から主人公・アザゼル篤史が司馬炎として参戦してしまった!
しかもCVはアニメ版と同じ小野坂昌也氏。

まさかの晋軍初の象兵だが、なにせアザゼルさんなのでこうなったのは恐らく…。
スペックはこれまでの司馬炎とはうってかわって戦闘タイプで、覚醒持ち征圧力0の例に違わず素で7/5と比較的高め。
フル覚醒すれば9/7/2と2.5〜3コスト並の性能に跳ね上がる点も他と同じ。
ただし司馬炎にもかかわらず魅力なしである点には注意したい。
一方で戦闘要員でありながら他の司馬炎同様文官のため、一騎討ちによる不慮の事故がないことは救い。
将器は速度上昇・速×3の速度盛りで、兵種・計略との相性は良い。

計略「淫奔の皇帝(いんぽんのカイザー)」は超絶強化。
基本効果は武力+(味方の女性の数+2)。
さらに覚醒レベルが高いほど効果が追加されていく。各レベルの追加効果は以下の通り。

覚醒1:速度2倍
覚醒2:突進ダメージ+15
覚醒3:武力ダメージ50%軽減

ただし効果時間終了時に覚醒ゲージが-100%される。
効果時間9.2c(知力5)、知力依存0.4c(Ver.3.5.1A)

覚醒レベルが上がるほど、速く・強く・固くなっていく。
荒らし性能は高いが覚醒1の時点で迎撃される速度になるので敵の槍には弱い。

女性の数に依存すること、覚醒ゲージを消費することからデッキ構築には少々悩まされる。
主軸となる計略のほとんどを男性武将が持っているので、1部隊くらいは男性武将を入れたほうがバランスがとれるだろう。

登場バージョン

Ver.3.5.1A (第三十七回大戦スタンプキャンペーン)


Menu

最新の20件

2021-04-13 2021-04-12 2021-04-11

今日の20件

  • counter: 373
  • today: 3
  • yesterday: 2
  • online: 39