• TOP
  • 情報あればコメント欄か編集を。

仕様変更点 秩序と戒律→鍵聖戦での仕様変更点

  • カードブレイクでモンスターカードすべて破壊される
    • 正確には、秩序と戒律では戦闘時発動能力を持たないモンスターカードが破壊された。
    • なので、鮫+戦闘時がカードブレイクで破壊されることはなかった。
    • 鍵聖戦では、モンスターカードすべて破壊される仕様になったので破壊される。
  • グラディウスの育成がターンを跨いでできなくなった。
    • (例)1ターン目の最後に黄色2枚使う→次のターンの最初に黄色1枚使っても育成されない
  • シーカッター
    • 捨てる手札が無ければ発動しない。NEXT札でも可能。(前Verでは0でも可能だった)
  • カードブレイク
    • 弐では「戦闘時」発動能力を持たないモンスターのみ破壊できたが、今回はいかなるモンスターでも無効化できる。
  • レッドジュエル
    • 弐では属性と種族コピーは行わず、【死の鷲掴み】の即死、戦人族相手に【聖騎士の紋章】の先制効果は発動しない。
    • しかし【縛りの呪い】による封じ込めだけは属性が違っても適用された。
    • 鍵聖戦ではこの効果も消滅赤属性以外は封印能力を行えない。
  • 絶命の波動
    • プレイヤーのいるマスは対象にならない。
    • 以前Verでは丸裸にされる事があった。

コメント欄