カードリスト:魏 第6弾



UC郭皇后(愛重)

武将名かくこうごう孤高の帝妃
郭皇后「大の大人がゾロゾロと・・・・・・
  玉璽ひとつに群がるなんてね」

魏の二代皇帝・曹叡の妻。豪族出身で、反乱に連座する形で後宮に没収されたが、曹叡から寵愛された。曹叡が病没すると皇太后に立てられるも、実権は曹爽や司馬一族が握っており、皇太后の名を政権争いの大義名分として利用され続けた。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力3 知力4 征圧力1
官職-
特技魅力
将器知力上昇 遠弓術 守城術
計略皇后の愛重最も武力の高い味方の武力と征圧力が上がる。この効果は同じ対象に対して計略を発動した回数が多いほど大きい
必要士気4
Illustration : 出利Character Voice : 村川梨衣


通算3枚目となる曹叡の妻。

魏コスト1弓兵では甄氏(一心同体)以来となる武力3魅力持ち。
加えて将器守城術を持つのは彼女しかおらず、スペック要員としては優秀。
ただし後述の計略を活かすのであれば将器は知力上昇が優先され、デッキ構築にもやや工夫が必要となる。

計略「皇后の愛重」は投げ強化。
範囲内の最も武力の高い味方の武力と征圧力を、同じ対象に対して計略を発動した回数に応じて上げる。
効果時間は8.3c、知力将器で9.5c、知力依存0.4c(Ver.3.5.0A)

計略効果

使用回数1回2回3回4回5回6回
武力上昇値+3+5+7+9+11+13
征圧力上昇値+1+2+3+4+5+6


性質としては諸葛瞻(三半)の「三半の変貌」を投げ計略にしたようなもの。
しかし上がるのは武力と征圧力のみで、速度上昇やダメージボーナスなどの追加効果はなく火力はさほどでもない。
一方で投げ計略なので重ねがけ可能であり、士気はかさむものの初回から2度がけで武力+8とちょっとした号令ならしのぐことも可能。
それでも初期状態の弱さ≒士気効率の悪さが解決されるわけではなく、いかにして前半をしのぎ後半につなげるかが課題。

対象は兵種を問わないため、騎兵の火力を伸ばしたり槍兵の攻城力を底上げするなど戦略に応じた使い分けが可能。
一方で試合中の対象を同一にする必要があることから、戦況に応じての柔軟さにはやや欠ける。
また勢力も不問なので様々な武将との組み合わせが可能。各種目覚め計略や龍の怪力などの征圧力参照計略など様々な組み合わせが考えられる。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


R郝昭(鬼気)

武将名かくしょう はくどう孤将の奮闘
郝昭 伯道「命を捨て、修羅となり・・・・・・
    この地を守護してみせる」

曹操に仕えた武将。各地で反乱鎮圧の功を挙げ、異民族に畏服された。陳倉の戦いでは寡兵で諸葛亮軍を迎え撃ち、決死の籠城戦を展開。攻城兵器や穴攻などを二十余日に及び様々な奇策を用いて阻み抜いたが、凱旋の後まもなく病死した。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力7 征圧力2
官職武官
特技勇猛 攻城
将器攻撃力上昇 攻城術 突破術
計略修羅の鬼気武力が上がり、兵力が減少する。さらに兵力が徐々に回復するが、この計略効果以外での兵力回復効果を受けなくなる
必要士気6
Illustration : 西野幸治Character Voice : 中村悠一


リメイクとして登場となった2枚目の郝昭。レアリティも1段下がった。

知力に難を抱えた1枚目とは異なり、バランス型の数値に勇猛と攻城の2特技を持つ扱いやすいスペック。
将器は使い勝手のいい攻撃力上昇、乱戦から離脱しやすく計略と相性の良い突破術、特技攻城と相性の良い攻城術の3種。

計略「修羅の鬼気」は単体強化。
使用時に兵力が-60%される代わりに武力が+6され、更に兵力が2秒(0.83c)毎に3.5%回復する。
ただしこの回復効果以外は一切の兵力回復を受け付けなくなる
他の計略による兵力回復は勿論、城内回復や遊軍・法具すら受け付けなくなる。
効果時間は55.8c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1B)。

武力上昇値や回復量だけでは士気に見合っているとは言えないため、1枚目と同様に長い効果時間を活かして運用することになる。
継続的に回復する武力14の騎兵は脅威。知力も低くないため、ダメ計や妨害への耐性も高い。ただし、計略使用直後はダメ計で落とされやすいので注意。

一方で難しいのが、自身の計略効果以外の回復を一切受け付けないデメリット効果。
号令などに対して回復計略で粘ることはできず、城に戻っても城内の回復効果は受けられない。
ただ勘違いされやすいのだが城の中でも自分の計略効果での回復は可能。
落とされてしまっては元も子もないので、いざとなったら迷わず城に逃げ戻ることも重要。

回復以外の援護は問題なく受けられるため、なんらかのサポート計略を仕込んでおきたい。
特に有効なのは速度上昇計略で、生還率を高めると同時に殲滅力の向上も期待できる。
生還を重視するなら防護や転身なども有効。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 兵力回復量増加 2秒毎に3%→3.5%
Ver.3.5.1B 効果時間短縮 60.8c→55.8c


UC金郷公主(援軍)

武将名きんきょうこうしゅ放蕩夫と賢婦人
金郷公主「あなたが改心するまで、
 わたしは諦めませんからね!」

曹操と杜夫人の娘。賢明で、夫の何晏が処断されることを早々に予見し、実母に相談したという。予見通り何晏が刑死すると、子と共に連座の罪に問われたが、司馬懿は以前から金郷公主の先見の明に感心していたため、母子を赦免したという。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力8 征圧力1
官職-
特技魅力
将器突撃術 士気上昇 征圧力上昇
計略英知の援軍魏の味方の兵力が回復する。この効果は対象の知力が高いほど大きい
必要士気4
Illustration : ゆきさめCharacter Voice : 日高里菜


計略は、範囲内の味方の兵力を5%+5%×知力分回復する。
知力1だと10%、10だと55%回復する。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


SR司馬懿(活殺自在)

武将名しばい ちゅうたつ五丈原の狼
司馬懿 仲達「天を翔ける竜、孔明!
 我が策で貴様を喰らってやろう!」

魏に仕えた武将。若くから博学才穎の誉れ高く、司馬八達と称される兄弟の中でもとりわけ優秀とされた。代々の魏王に重用され、曹真が没すると対蜀戦線の指揮を引き継ぐ。五丈原の戦いでは諸葛亮と長期にわたり対陣し、智謀を競った。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力6 知力11 征圧力1
官職文官
特技伏兵 魅力
将器突撃術 速度上昇 征圧力上昇
計略活殺自在魏の味方と敵の部隊数に応じて効果が変わる
魏≧敵:魏の味方の武力と移動速度が上がる
魏<敵:敵の武力を下げる。さらにランダムで移動させる
必要士気7
Illustration : 五十嵐睦Character Voice : 平田広明


魏軍所属の司馬懿が1枚目のリメイクイラストで久々に登場。

武力6は寂しいものの、魏軍最高となる知力11に伏兵と魅力の2特技を併せ持つ。
反面征圧力は1となっており、気になるなら将器征圧力上昇で補強したいところ。
残り2種の将器も騎兵との相性が良く、プレイスタイルによって使い分けが可能。

計略「活殺自在」は英傑号令。範囲に自身は含まない。
これまでの〇〇自在同様、範囲内の味方より敵が多い場合は妨害に変化する。
魏の味方≧敵:味方の武力+6、移動速度1.5倍。効果時間10c、知力依存0.4c。
魏の味方<敵:敵の武力-3、ランダム移動。効果時間は下表参照。
なお厳密には「特定の位置にカードを移動させる」処理である模様。
対象部隊が速度上昇している場合、ランダム移動後に一旦棒立ちとなる。

妨害効果時間の目安

敵の知力12345678910
効果時間5.5c5.4c5.3c5.3c5.2c5.1c5c4.9c4.8c4.6c


(以上Ver.3.5.0A)

速度上昇を活かすことを考えると、騎兵中心の編成がメインとなるだろう。
ただし自身を範囲に含まないので、6コスト分の強化としてみると同士気の号令のぶつかり合いには弱い。
そのため、速度上昇を利用した立ち回りが鍵を握る。

一方で妨害側は全体ランダム移動という、シリーズ全体で見ても稀少な効果を持つ。
特に有効なのは城際の守備時で、強制移動により攻城ゲージをほぼほぼ消してしまう。
しかし特定の方向への強制移動とは異なり、槍兵の後ろから突撃という使い方はしづらい。

他の自在計略と同様に、計略を使わない普段の立ち回りでいかに相手の行動を抑止するかが重要。
相手が士気を使ってきたタイミングで、号令と妨害のどちらが有効かを的確に見極める判断力がカギとなる。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 範囲拡大


R徐晃(剛騎)

武将名じょこう こうめい砂塵纏う忠勇
徐晃 公明「退き時をわきまえぬ賊徒に
      敗れる道理はない!」

魏の五将軍の一人。馬超と韓遂が反乱を起こすと、精鋭を引き連れて陣地を設営。夜襲を仕掛けてきた梁興を大いに打ち破って曹操軍の渡河を助け、鎮圧に貢献した。さらに夏侯淵と共に涼州を平定するなど、数々の軍功を挙げ、曹操に絶賛された。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力4 征圧力3
官職武官
特技-
将器兵力上昇 突撃術 地の利
計略剛騎戦法武力と突撃ダメージが上がる
必要士気3
Illustration : kakotomiraiCharacter Voice : 杉田智和


3枚目となる徐晃は今回も騎兵で登場。

全勢力でも2枚しかない2コスト征圧力3騎兵。そのうえで武力7だが特技はなし。
将器はいずれも使いやすく、デッキ構築や立ち回りによって使い分けたい。

計略は汎用の「剛騎戦法」。武力+1に加え、突撃ダメージが+18される。
効果時間7.5c(知力依存0.8c)。(Ver.3.5.0A)

将器込みでも征圧力3になれる騎兵は限られており、加えて足を引っ張らない武力を持つ稀少な存在。
一方で計略は汎用と寂しく、数ある武闘派2コスト騎兵たちと比較して純粋な戦闘力は物足りないのが実情。
「飛天の舞い」は高速で色塗り可能かつ剛騎戦法とのシナジーもあり相性が良い。

登場バージョン

Ver.3.5.0A



SR甄氏(憂愁)

武将名しんし悲哀の白菊
甄氏「手向けの花を退けて、最期まで
    わたくしは毅然と歩みます」

曹丕の側室。元は袁煕の妻。曹丕に娶られて曹叡を生むが、次第に寵愛が薄れると、悲嘆して恨み言を述べた。これが曹丕の怒りを買い、死を賜ったという。一説には側室の郭氏が皇后の座に就くべく曹丕に讒言し、甄氏を貶めたためともいわれる。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力1 知力4 征圧力2
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 知力上昇 捕縛術
計略憂愁の舞い【舞い】(使用すると移動できなくなる。自身は自身の舞いの効果を受けない)
味方が撤退するたびに一定時間味方の武力が上がる。ただし撤退すると復活時間が長くなり、自城にダメージを受ける。この効果は撤退しても継続する
必要士気8
Illustration : クロサワテツCharacter Voice : 水瀬いのり


魏3枚目となる甄氏は1枚目のリメイクイラストで登場。

スペックは征圧力2とはいえ1/4とほぼ最低レベルで、しかも歩兵なので戦力としては期待できない。
将器は何気に1枚目と全く同じものを持ってきている。
しかし武力どころか知力まで下がっている為、対ダメージ計略用に知力上昇を選ぶのが無難。

計略「憂愁の舞い」は士気8を要する大型舞い。
味方部隊が撤退する度に自身を除く他の部隊の武力が+2されるが、今回は撤退しても効果が残る
ただし撤退者が出るたびに復活時間が+8秒され、更に自城に6%ダメージが入る。
少しややこしいが、武力上昇の効果はあくまで生存している味方にかかる。
武力上昇の効果時間は32.9c(Ver.3.5.0A)。

悲哀の舞いと異なり、撤退させて他の武将の餌にする武将と育てたい武将とを明確に分けて立ち回ることになる。
後者については、遠距離攻撃で兵力管理がしやすく戦場の広範囲をカバーできる弓兵が中心となるだろう。
計略効果で城が削れるため、火事場計略持ちとも相性がいい。
試合展開としてはこちらの城がなくなる前に削り切らなければならず、必然的に城の削り合いとなる。
そのため、何かしらの方法で攻城力を確保しておきたいところ。

なお甄氏自身が撤退すると武力上昇効果は即座に終了する一方、復活時間増加は撤退時に反映される。
味方撤退の直後に甄氏が撤退すると、復活時間がただ延びただけになるため注意。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


C辛毗

武将名しんぴ さじ加虐の烈士
辛毗 佐治「兄の家族を討った罪、
 千発打っても贖うには足らぬぞ!」

魏の政治家。はじめ袁紹、袁譚に仕え、和睦交渉の使者を務めた縁で曹操軍に加わる。曹操が鄴城を落とした際、兄・辛評の家族の救出を図ったが、すでに袁尚配下の審配に殺害されており、捕虜となった審配に鞭と罵言を浴びせたという。
コスト1.0
兵種連弩兵
能力武力2 知力7 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器復活減少 地の利 遠弩術
計略攻策の教授最も武力の高い味方の武力が上がる。さらに対象が攻城すると武力が上がる
必要士気4
Illustration : JUNNYCharacter Voice : 三宅健太


いつも娘(辛憲英)ばかりが参戦してしまっていた男が、第6弾にしてようやく初参戦。

最低武力を回避しつつ知力7伏兵と征圧力2を備える使い勝手の良いスペック。
将器は復活減少は生存しやすい連弩兵と噛み合わず、遠弩術も火力が低いのでいまいち。
防柵対策の地の利を忍ばせておくのが無難だろう。

計略「攻策の教授」は投げ強化。
範囲内の最も武力が高い味方の武力+3に加え、対象が攻城するたびに武力+3されていく。
勢力制限はなし。効果時間20c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1B)

兵種の違いはあるが、傅巽の「反乱の予言」と比べるとかなり使い勝手が良い計略となっている。
ただ、士気4の投げ計略にも関わらず素では+3しかされない為、やはり攻城による追加効果は意識したい。
当然相手の防衛も意識する必要がある為、できる限り攻城術や迅速攻城、それに準ずる計略持ちと組みたい。

ちなみに兄である辛評の計略と組むと、攻城する度に武力と士気が上がっていく現象が起こる。
辛評の計略対象は漢軍しか取れない為、必然的に漢軍と組むことになるが。

不具合

重ね掛けしている場合、一回目の効果が切れた際、攻城して上がった分の武力上昇が全てリセットされてしまう。
単体もしくは短時間で連続して使用する分には問題ないものの、時間差をおいて重ねがけすると問題になってくる不具合。
投げ計略の性質上、重ねがけすることは決して少なくないため注意。
※Ver.3.5.1AのVerupで修正済

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1B 武力上昇値低下 +4→+3
       【攻城成功時効果】武力上昇値低下 +4→+3


R曹叡(勅命)

武将名そうえい げんちゅう積憂の明帝
曹叡 元仲「理想の住処を思い描く時・・・・・・
 その時だけ、私の心は安らいだのだ」

魏の二代皇帝。稀有な容姿を持ち、寡黙ながら意思は強固だったという。甄氏を母に持つため父の曹丕から疎まれ、長らく皇太子になれなかった。軍政に秀でたが、呉蜀の侵攻を退けると宮殿の造営など奢侈に耽るようになり、国を疲弊させた。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力5 征圧力2
官職文官
特技魅力
将器知力上昇 速度上昇 守城術
計略刹那の勅命最も武力の高い魏の味方の武力が上がる
必要士気3
Illustration : 茉莉花Character Voice : 森田成一


成長したものの、その治世に暗い影を落としてしまった曹叡の2枚目。

スペックは征圧力2と魅力があるとはいえ1/5と低い。
単純なスペックだと曹植や曹節の下位互換になってしまう為、計略も意識した採用が主。
将器は守城術が無難だろう。

計略「刹那の勅命」は投げ強化。
範囲内の最大武力の魏の味方の武力が+9される。
効果時間3.1c、知力将器で3.8c、知力依存0.2c(Ver.3.5.0A)。

刹那の怪力の投げ計略バージョンといったところで、使い所も基本的には同じになるだろう。
特筆すべきは重ね掛けが可能な点で、短いとはいっても2度掛け+18はなかなかの脅威となりうる。
士気の軽さから各種目覚め計略や衝撃計略へのコンボにも使える。
ハンドスキルが要求されるものの、曹姫なら僅かな時間でより大きな戦果を挙げることもできる。

なお自身の武力が低すぎるため、タイミングを見計らっている間に削られすぎないよう注意したい。
また投げ計略全てで言えることだが、最高武力の武将が範囲内に2部隊以上いると対象がランダムになるので要注意。

ちなみに刹那の勅命は旧作でも曹叡が持っており、スペックもほぼ同様。
ただし勅命と名がつく計略は範囲が戦場全体だったので若干調整されている。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 範囲拡大


R曹洪(撃昂)

武将名そうこう しれん魏国重鎮
曹洪 子廉「なんで助けに来たかって?
 殿がいねえと、面白くねえからよ」

曹操の従弟。若き日の曹操が敗戦して死を覚悟した際、自らの馬を譲り彼を逃がそうとした。以降、再起のために募兵を行うなど、曹仁らと共に曹操をよく補佐した。忠義は篤いが血気に逸りやすく、財貨と色を好む性格だったという。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力9 知力3 征圧力0
官職武官
特技勇猛 刻印
将器兵力上昇 知力上昇 征圧力上昇
計略撃昂の神速行武力と移動速度が上がる。さらに敵を撃破するたびに武力と移動速度が上がる
必要士気5
Illustration : ジョージCharacter Voice : 伊東健人


王双のエラッタにより魏では失われてしまった2コスト武力9を持ってきた2枚目の曹洪。
二つ名は曹仁と対になっている。

張飛・華雄に続く3人目の9/3勇猛持ち騎兵。征圧力0かつ刻印持ちである点も同様。
彼ら同様に将器征圧力上昇でフォローするのが安定の選択肢だが、曹洪独自の要素が知力上昇
塗りを捨てることになるものの2コスト9/6は破格であり、計略の知力依存の高さとも噛み合っている。

計略「撃昂の神速行」は魏では珍しい撃昂計略。
基本効果は武力+3、移動速度1.4倍。さらに敵を撃破するたびに武力+2、移動速度+0.2倍される。
効果時間17.1c、知力将器で20.8c、知力依存1.25c(Ver.3.5.0A)。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


C曹植(七歩之才)

武将名そうしょく しけん覇者の血脈
曹植 子建「今まで何万言書いたかって?
   忘れたよ、そんな小さなこと」

曹操の五男。極めて秀でた詩文の才を備え、後年「詩聖」と称えられたが、自らは文才よりも武勇や政治手腕を重視していたという。後継者争いで曹丕と疎遠になるが、親族への情は強く、幾度も交流や任官を求める手紙を曹丕や曹叡に送った。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力7 征圧力2
官職文官
特技魅力 刻印
将器兵力上昇 知力上昇 征圧力上昇
計略七歩之才魏の味方の武力が上がり、兵力が減少する。一定時間後にさらに武力と移動速度が上がる
必要士気5
Illustration : チーコCharacter Voice : 斉藤壮馬


EXカードを含めば3枚目となった曹植。

スペックは1コストの号令持ちとしては優秀だが、その代わり刻印を持っている。
低コストは刻印のデメリットを受けやすいため、注意して動かしたい。
将器は覚醒することは少ないだろうが、征圧力3にできる征圧力上昇が第一候補か。
知力上昇は計略と相性が悪いため避けた方が良い。

計略「七歩之才」は自身中心円の号令。
範囲内の武力が+1されるが、兵力が60%減少する。
効果時間は30c(知力依存0.4c)。
この効果終了時まで生存していた部隊はさらに武力+2(合計武力+3)され、移動速度が1.3倍になる。
こちらの効果時間は12.5c固定。
(以上Ver.3.5.1B)
知力を伸ばしても武力+1の時間のみが延長されるため、逆にデメリットとなってしまう。

習氏の持つ「久遠の再会」の移動速度上昇版といった趣。
兵力回復と異なり移動速度上昇は腐りにくいのが長所だが、その分効果がかなり控えめ。
あちらと同じく30c後の効果を活かすために、部隊を落とさないことを第一に考えたい。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1B 移動速度上昇値増加 1.2倍→1.3倍



SR曹丕(親征)

武将名そうひ しかん河上の城楼
曹丕 子桓「全軍、魏国の名のもとに進め。
   小国の意地を踏み潰すのだ」

曹操の三男で、魏の初代皇帝。献帝の禅譲を受けて魏皇帝に即位すると、堅実な国政の運用に努める一方で、呉蜀への対外侵攻も行い、在位中は蜀の北伐も画策されないほどの安定を保っていた。多才に恵まれ、文芸の保護にも尽力した。
コスト2.5
兵種弓兵
能力武力8 知力8 征圧力3
官職武官
特技魅力
将器兵力上昇 遠弓術 攻城術
計略統治者の親征魏の味方の移動速度が上がり、武力が下がる。さらに戦場にいる間、武力が徐々に上がる。ただし移動速度が徐々に下がる
必要士気12
Illustration : 黒葉.KCharacter Voice : 鳥海浩輔


5枚目の曹丕はリメイクで登場。

スペックは曹丕らしく(?)征圧力3持ちだが、今回は残りが8/8魅力と及第点。
将器はどれも無難であり、立ち回りで決めてしまっていいだろう。

計略「統治者の親征」は怒涛のフル士気消費の英傑号令。
味方の武力-2、移動速度約1.8倍からスタートし、約1.27c毎に武力が+1、移動速度が-0.1倍される。
効果時間25c、知力依存0.4c。素の状態であれば武力+16で効果終了となる。(Ver.3.5.1A)

最終的な武力上昇は遼東王の威光盤石なる秩序(緋略)をも凌ぐが、序盤の武力低下と速度変化への対応が難しい。
当然撤退したら元も子もないので発動後の戦闘は避けたいところだが、城内にこもっていては武力は上がらない。
14c経過(武力+8)で騎兵がオーラを維持できなくなるため、その頃には敵城付近までたどり着いておきたいところ。
本人が弓兵のためマウントこそ可能なものの、ほぼ動けなくなる効果終盤になる前に張り付けないと2.5コストが攻城不可になるのも難しい。

効果こそ派手だがケアしなければならないポイントが多く、考えなしに使って強いという計略ではない。
士気12に見合った戦果を挙げるためには相応の戦略眼が求められる。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 武力低下値減少 -3→-2


R曹髦(潜龍)

武将名そうぼう げんし双光相克
曹髦 彦士「至上の座で光に照らされるべきは、
    司馬昭!貴様などではない!」

曹丕の孫で、魏の四代皇帝。曹操の再来と評されるほどの才器を持ち、たびたび臣下と議論を楽しんだという。即位後、司馬氏の専横と皇帝の傀儡化を憂い、自ら剣を手にして挙兵。しかし臣下に密告され待ち伏せに遭い、敗死した。
コスト1.5
兵種連弩兵
能力武力5 知力6 征圧力2
官職武官
特技勇猛 魅力
将器攻撃力上昇 士気上昇 速度上昇
計略潜龍の爪牙武力と乱戦時の攻撃速度が上がる。ただし射程距離が短くなり、効果終了時に撤退する
必要士気4
Illustration : まじCharacter Voice : 緒方恵美


2枚目の曹髦は連弩兵として登場。
第1弾の曹操と同じイラストレーター、司馬昭(天光之階)と同じ二つ名、イラストは司馬昭を見下ろす格好をとっているなど、様々な所で小ネタがちりばめられている。

スペックは平均的だが勇猛と魅力を備える。
将器は計略を意識するなら速度上昇か攻撃力上昇、士気周りを意識するなら士気上昇といったところか。

計略「潜龍の爪牙」は超絶強化。
自身の武力+10に加え乱戦時の攻撃速度が2.1倍に上がるが、射程距離が下がり(素では射撃不可)効果終了時に撤退してしまう。
効果時間は9.2c、知力依存0.8c(Ver.3.5.0A)

白兵戦法に攻撃速度上昇を加えた計略のため、破壊力は士気4の計略の中でも随一。
また白兵戦法と同様に、射撃後に計略発動したり他計略で射程距離を伸ばすことで計略中でも武力15の射撃が可能。
ぶつかり合いや守城時に大いに役立ってくれるだろう。

余談だが、曹髦を暗殺する計画を立てた賈充(暗殺の密命)とは計略の内容が非常に似ている。
これもまた因果なのだろうか。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


UC趙娥(鬼女)

武将名ちょうが白昼の仇討ち
趙娥「仇の血を白刃に吸わせなければ
   父や兄弟の魂は救われないの」

父の仇討ちを志す烈女。共に復讐を誓った三人の弟を疫病で失っても屈せず、名刀を夜な夜な研いで機を待ち、ついに白昼堂々と仇を討ち取った。そのまま仇敵の首を持って自首したが無罪となり、太常の張奐らに褒め称えられた。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力4 征圧力1
官職-
特技勇猛 魅力
将器突撃術 士気上昇 速度上昇
計略復讐の鬼女武力と攻城力が上がる。さらに味方が撤退するたびに武力と攻城力が上がる
必要士気5
Illustration : senaCharacter Voice : 上田麗奈


2枚目となる趙娥はUCで登場。

魏の女性武将としては最高武力となる武力8騎兵で、知力も4と不足のない数値。
さらに勇猛・魅力の2特技を備え刻印も持たない優秀なスペックだが、反面征圧力は1。
将器は騎兵と好相性な突撃術や速度上昇、コスト比高武力武将では貴重な士気上昇を持つ。
計略と噛み合いのいい将器が無いのが少し残念。

計略「復讐の鬼女」は超絶強化。
基本効果は武力+5、攻城力が固定値+2%される。さらに味方が撤退するたびに武力+1、攻城力が固定値+2%されていく。
効果時間11.6c、知力依存0.8c(Ver.3.5.0A)

龐会の「復讐の刃」のアレンジ版といった趣きで、あちらと異なり初期武力が高めかつ攻城力が上がっていく。
効果を踏まえると攻城戦向きの計略ではあるのだが、部隊が落ちていくごとに肝心の攻城サポートをしづらくなるのが難儀。
とはいえ2コスト騎兵で武力8の魅力持ちは稀少であり、魏軍に至っては彼女が初。
女性単デッキはもちろん、魅力持ちの確保に難を抱える騎兵単デッキにとって不足していたピースを埋めてくれる存在。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


C趙儼

武将名ちょうげん はくぜん
趙儼 伯然「そう憤るな。殿もお考えあって
  皆を一堂に集めたのだろうよ」

魏の政治家。仕官に赴く道中にも人助けをしたという仁者。徳政を敷いたため民衆に慕われ、荊州方面軍の統括を任されると、張遼・楽進・于禁の険悪な仲を取り持ち和解に導いた。樊城の戦いでは大局を見据えた助言で曹仁を支えた。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力9 征圧力2
官職武官
特技-
将器兵力上昇 遠弓術 地の利
計略統括者の指揮魏の味方の武力が上がる。さらに効果終了時に兵力が回復する
必要士気4
Illustration : 玄丞Character Voice : 江越彬紀


険悪だった五将軍の仲を取り持つなど、調整役として有能だった魏の政治家が大戦初登場。

1.5コスト征圧力2では5/8が上限だった中で、初の登場となった5/9の武将。
ただし無特技であり、英知デッキ以外では高い知力を十分に活かせる要素に乏しい。
加えて「政治家」と書かれている上に文官っぽい見た目に反して武官なので一騎討ちはしっかり起こしてしまう。
将器はいずれも有用なため、プレイスタイルに応じて選ぶといいだろう。

計略「統括者の指揮」は自身中心円の号令。
魏の味方の武力を+2し、効果終了時に兵力を40%回復する。
効果時間は7.5c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1B)。

イメージとしては小型化した末裔の緋略といった趣き。
兵力回復を活かすには効果終了時まで生存している必要があるため、なるべく兵力がある状態で使うべき計略。
兵力回復があるとはいえ効果時間中はただの武力+2にすぎないため、サブ号令として守城や攻城でのあと一押しとして採用するといいだろう。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1B 兵力回復量増加 35%→40%


SR張遼(旋風)

武将名ちょうりょう ぶんえん合肥の紅刃
張遼 文遠「この刹那、
  我が武は無双の域に達す!」

魏の五将軍筆頭。呂布が下邳で敗れた後に曹操軍に加わる。合肥の戦いでは孫権軍に城を幾重にも包囲されながら寡兵で出撃し、半日以上戦い続け敵の気勢を挫いた。晩年病を得てもなお呉征伐に出陣するなど、生涯前線で武勇を振るった。
コスト3.0
兵種騎兵
能力武力9 知力9 征圧力2
官職武官
特技勇猛 魅力
将器兵力上昇 士気上昇 速度上昇
計略真紅の旋風味方の騎兵の武力と移動速度が上がる。さらに使用回数によって効果が追加されていく
2回:さらに武力が上がる
3回:さらに移動速度と突撃ダメージが上がる
4回以上:さらに突撃ダメージが上がる
必要士気6
Illustration : 平坂康也Character Voice : 安元洋貴


魏では通算6枚目(コンパチ含む)となる張遼がコスト3を背負っての参戦。

スペックは9/9/2のハイバランス型で、勇猛の他に張遼では初となる魅力を備える。
将器はいずれも優秀。騎兵との相性が良い速度上昇が最有力だが、耐久面を底上げできる兵力上昇も使いやすい。
士気上昇は特技魅力も含め、士気回りに難を抱えやすい五将軍デッキやケニアにとってはありがたい効果。

計略「深紅の旋風」は継往開来などと同じ、使用回数に応じて効果が上がっていく号令。
1回目:武力+2、移動速度1.6倍
2回目:武力+5、移動速度1.6倍
3回目:武力+5、移動速度2倍、突撃ダメージ+7
4回目:武力+5、移動速度2倍、突撃ダメージ+15
効果時間7.9c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1A)
勢力制限は無いが、張遼らしく(?)騎兵専用号令になっている。

初回から速度上昇があるため火力を出しやすく、回数を重ねれば全軍突撃にも匹敵する火力を持つ。
2回目以降なら武力上昇値も英傑号令並みで、騎兵号令にありがちな、攻城時の乱戦で倒されやすいという問題も起きにくい。
とはいえ乱戦だけでは短めの+5号令に過ぎず、基本的には突撃火力に特化した号令。

計略性能は十分なのだが、最大の問題は使用回数依存号令と騎馬単号令の性質のミスマッチ
騎馬単号令(神速の大号令等)は破壊力に優れる反面、迎撃事故で戦線崩壊という明確な弱点を持っている。
よって裏の手となる妨害計略等を用意することで、槍兵を中心に固まることを牽制しながら計略を使い分けて戦うのが一般的。
一方で使用回数依存号令は、ほぼ全ての士気を該当計略に注ぎ込むことで最大の効果を発揮する。
特に張遼の場合は本人が3コストという事もあり、魅力や士気将器の大量投入といったことも難しく、採用しやすい士気上昇計略持ちも居ない。
「深紅の旋風」を4回使う前提であれば、他の計略はほぼ使えない。

このミスマッチの結果、騎馬単号令でありながら裏の手を用意しづらくハンドスキルだけであらゆる局面を打開することが求められることになる。
計略は優秀ながらもデッキとしてみると歪になってしまうという、なんとも悩ましい武将。
マッチング時点で「深紅の旋風」で戦えるかどうかを判断して裏の手と使い分けられるようにする等、上手く工夫してカバーしていきたい。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 効果時間延長 →7.9c



EX(R)夏侯惇(疼き)

武将名かこうとん げんじょう覇道への誓い
夏侯惇 元譲「親にもらった目玉だ、
   捨てるわけにはいかねえな」

曹操軍の筆頭格で、曹操の従弟。徐州にて呂布と戦ったとき、敵将の矢に左眼を射抜かれるが、自ら目玉を喰らい平然と戦い続け、そのまま敵将を討ちとったという烈将。その反面、誠実で人当たりもよく、後々まで曹操のよき相談役であった。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力7 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器突破術
計略左目の疼き武力と移動速度が上がる。さらに計略発動後に以下のアクションを行うたびに追加効果を得る。
突撃:移動速度が上がる
攻城:攻城力が上がる
撃破:武力が上がる
ただし効果中に迎撃されるたびに自城にダメージを受ける
必要士気5
Illustration : 真島ヒロCharacter Voice : 伊東健人


まさかのEXカードとして帰還した、真島ヒロ氏が手掛ける夏侯惇。
当然二つ名もそのまま、台詞も当時を意識した物になっており、計略に至っては分類が変わったのに「今だ!」入り。

魏にはいそうでいなかった7/7特技持ち征圧力2。
かなり旧作を意識しているが、残念ながら魅力は外されてしまった。
将器は突破術・速度×3で固定。相性は悪くないが、計略中は突撃すればするほど迎撃リスクが上がるので注意。

計略「左目の疼き」は単体強化。
基本効果は武力+3、移動速度が1.4倍になる。
さらに突撃1回につき速度が+0.1倍、攻城する度に攻城力が1.1倍+固定値1%上がり、敵を撃破する度に武力が+3される。
ただし迎撃されると自城に5%ダメージを受ける。
効果時間は22.5c、知力依存0.4c(Ver.3.5.0A)。

要するに突撃・撃破・攻城をする度に強くなる、ということ。
基本は突撃しつつ撃破を狙っていき、戦闘面での強化が優先となるだろう。
攻城に関しては専用のデッキ構築でもしない限りはおまけ的な意味合いが強いだろう。

登場バージョン

Ver.3.5.0A (第三十六回大戦スタンプキャンペーン)


EX(R)丁氏(お菓子)

武将名ていしお菓子職人
丁氏「おいしいおやつの
     できあがりっと!」

夏侯淵の妻で、丁夫人の妹。各地を転戦した夫の留守を守り、7人の才気溢れる息子たちを立派に育て上げた女性。姉同様に息子への愛情は深く、夫の不在中も教育を怠ることはなかった。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力4 征圧力1
官職-
特技魅力
将器征圧力上昇
計略お菓子作り(クッキングタイム)魏の味方の知力が上がる。さらに効果終了時に兵力が回復する
必要士気4
Illustration : 寺澤隆徳Character Voice : 水瀬いのり


三国志大戦英傑録第四集の付録はまさかの華装。お菓子作りに勤しむ丁氏である。
台詞は新録。

スペックは通常排出の自身そのままに、兵種だけ騎兵に変わった。
将器は征圧力上昇+兵兵兵で固定。
ただ武力2魅力持ち+征圧力将器には他に虞氏や金郷公主がおり、こちらは副将器が固定されてしまう為、
採用するならばやはり計略込みで考えたいところ。

計略「お菓子作り(クッキングタイム)」は全体強化。
魏の味方の知力が+6され、効果終了時に兵力が40%回復する。
効果時間は15c(知力依存0.4c/Ver3.5.1C)。

味方の知力を上げるだけなら士気3で味方全体の知力を+5できる楊阜がいるので兵力回復効果をしっかり活かすようにしたい。


登場バージョン

Ver.3.5.1C (ビジュアルブック第四弾 特別付録)


Menu

最新の20件

2021-05-16 2021-05-15 2021-05-14 2021-05-13

今日の20件

  • counter: 842
  • today: 2
  • yesterday: 5
  • online: 22