カードリスト:魏 第2弾



UC王双

武将名おうそう
王双「グルル・・・・・・ドッゴーラッ!!」

魏の武将。武勇に優れた猛将で、流星鎚と呼ばれる鎖の先に金属球を付けた武器を使いこなした。その武器を知った魏帝・曹叡は王双を虎威将軍に任命。先鋒として蜀軍と戦ったが、諸葛亮の反撃に遭い戦死した。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力8 知力3 征圧力1
官職武官
特技攻城
将器長槍術 突破術 募兵
計略魏武の敢撃武力が上がる。さらに弓兵から受けるダメージが減少し、矢による妨害効果を受けなくなる
必要士気4
Illustration : ヨシモト


演義では曹真の部下となった派手な逸話を持つ豪傑だが、演義での曹真の役柄に引きずられてやられ役になってしまう武将。

槍の苦手な魏では珍しい武力8の槍兵。
如何にも知力の欠片も見えない台詞が目立つが、これでも知力3と最低限確保している点も優秀。
更に特技攻城と後述の有用な計略と典韋が涙目になる高コスト槍に欲しいものを取り揃えている。
但し、征圧力はその反動で1止まり。更に将器も微妙である為あまりこだわる必要は無い。

計略「魏武の敢撃」は長時間の強化計略。武力+2が44C続く(Ver1.2.0E)。
また弓兵の乱戦、弓攻撃によるダメージを軽減し、一部例外もあるが矢の妨害効果を無効化する。
無効化するのは麻痺矢、弱体弓、鳥丸流弓技による征圧力低下、攻城時の横弓によるゲージの速度低下無効など。
蒋欽の川賊の破弓など「撃破した敵」に効果がある計略は王双撤退(つまり計略効果終了)後に効果が入るため無効化できない。
また、弓だけの効果をイメージしがちだが零距離戦法などの乱戦ダメージも大きく減ることも覚えておきたい。

単純に士気漏れ対策にも使える長時間強化だが、足の遅い槍兵のため効果時間を生存させることは難しい。
基本は弓対策に働いてもらうことになる。
単純に弓が多いデッキには前に出してダメージ軽減効果と合わせ、騎兵のような弓集めも担当し、後続のラインを上げられる。
妨害効果のある弓計略の場合は自由に動ける彼で一気に乱戦をしに行きたい。
彼を乱戦させて弓を撃てなくするか彼の乱戦を避け移動し弓が撃てなくなるかで、どちらにせよ弓は封じられる。
とにかく号令のない弓多めのデッキや単体の弓強化には非常に強い。

だが元々魏は弓兵をあまり苦手としない勢力なので計略に有用性を求められるかはやや心許ない。
蜀にいれば間違いなく活躍の場は多かっただろうが、お国柄弓対策ができる槍兵が有効かはデッキに左右される。
さすがに弓に強いとはいっても、麻痺矢の大号令など武力強化された斉射を一身に食らえばすぐ落ちる。
過信は禁物なのだが騎兵の数を減らした槍馬で組んだデッキでは重宝することも多い。
特技攻城と合わせて攻城を取りに行く号令のデッキパーツに非常に適したカード。

C賈逵

武将名かき りょうどう
賈逵 梁道「魏を覆う暗雲を払う。
    それも私の務めだ」

魏の政治家。曹丕が魏王になると、政治面で手腕を発揮。指揮官としても呉軍の呂範を破るなど、文武両面で優れていた武将。曹操の甥・曹休と不仲であったが、呉との戦いで曹休が窮地に陥った際は援軍として敵陣深くまで赴いて助けた。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力4 知力8 征圧力2
官職文官
特技防柵
将器遠弓術 防柵強化 募兵
計略賈侯渠敵の武力と移動速度を下げる
必要士気5
Illustration : 伊藤未生


曹丕の治世では魏の文官としては最上位に上り詰めた宰相。

スペックは完全に文官のそれで、守り寄りのスペック。
基本的には計略要員としての採用になる。

計略の賈侯渠は妨害計略。
賈侯渠とは彼が建設を指揮した呉の国境に作った運河のことで、効果範囲や特技の柵はさながら防波堤のよう。
効果範囲は自身中心に横幅は戦場の2/3、縦幅は戦場の1/4程度の横長長方形で範囲の回転はできない。
武力-4、速度低下0.5倍速程度の妨害を与える。効果時間は自身と同じ知力8に6c程度(Ver1.1.0A)。

基本的には隻眼の一喝に似た仕様の妨害。
あちらは速度上昇が高く、計略を使った呂布も止めたが、こちらは速度低下率が控えめ。
その分武力低下と効果時間がやや勝り、効果範囲もなかなか広い。
どちらかと言うと対号令向きで、ラインが上がり切らない中途半端な位置で先撃ちすると相手を苦しめられる。

このコスト帯では牛歩の計があるが、性能的にはこちらがほぼ上位互換の計略で、有用性は離間の計にも匹敵する。
問題は1.5コスト弓というあまり魏では使われないコスト帯に低武力の彼の居場所を割けるかどうか。
計略の効果と有用性は間違いなく、決定力のある妨害としては軽めなので混色での運用もいい。
同色では柵も合わせて夏侯淵との相性がよく、この計略で相手を止めてからの巧遲の乱撃は必殺の威力がある。


SR郭嘉(魏国の礎)

武将名かくか ほうこう刻の過客
郭嘉 奉孝「俺に残された時間……
  そのすべてを、この一戦に!」

曹操の参謀として、絶大な信頼を寄せられた男。曹操をして「郭嘉だけが、真意を理解している」と言わしめ、その智謀で曹操の宿敵である袁家の討伐を大いに助けたが、烏丸からの帰還の際に風土病を患い夭折してしまう。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力6 知力9 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器長槍術 速度上昇 征圧力上昇
計略魏国の礎魏の味方の武力と移動速度が上がる。ただし自身は撤退する
必要士気6
Illustration : 晩杯あきら


二枚目の郭嘉も槍兵で登場。
スペックは抑えめだが、文官なので計略を使用する前に一騎打ちが起きないのは安心感がある。
開幕も伏兵で低武力をカバーでき、あとは後述の計略が主になるのでスペックはあまり気にならない。

魏国の礎は自身の撤退と他部隊の強化を与える号令。
範囲は自身に密着した前方円でかなり広く、直径は戦場縦幅の半分以上ある。
武力+6、移動速度は約1.5倍で弓兵が迎撃を食らう。効果時間約8c(Ver1.1.0A)。

2コストが落ちるだけあって上昇値はかなり豪華。
同じ2コストを範囲外に置く迅速なる指令と上昇する要素は同じだが、
士気の軽さと、計略使用後も自身が戦力になれる迅速なる指令と比べてその点に劣るが
士気+1と本人が完全に撤退して戦力にならない分、威力の高さはこちらが大きく勝っている。
守りで使っても次に攻めに回る時に計略範囲が広いので
郭嘉が足の遅い槍兵でも後列から味方を範囲に収められるので、デメリットがあっても意外に使いやすい。

ただやはり2コストが撤退しているので継戦能力はあまり高くないので
コンボではなくこの計略単独でのパフォーマンスで勝負していくことになる。
一応本人のスペックも王異よりは上なので、他の号令持ちとの共存もギリギリ目をつぶれるが
2コストが落ちても戦闘力は同士気の号令に全く引けを取らない。

問題があるとすれば速度上昇率が弓兵が迎撃を取られるほどなので、
槍消しが迅速なる指令よりも難しく、迎撃をもらいやすい。
槍兵の耐久力ばかりを気にしていると、ダメージ計略には分の悪い勝負になる点は共通しているので
弓兵を採用する場合はなるべく使用前に槍を消した状態で使うなどして対策したい。


SR郝昭

武将名かくしょう はくどう陳倉の修羅
郝昭 伯道「たとえ骸と成り果てようと
      この地は奪わせん」

若い頃から曹操に仕えた歴戦の猛者。蜀軍が陳倉城を包囲した際は、同郷の者に説得されるも拒絶。諸葛亮の計略のことごとくを対抗して潰し、援軍到着まで二十日間を激戦の末に守り抜いた。戦後、功を称えられ列候の爵位を与えられた。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力4 征圧力3
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇 突破術 守城術
計略修羅の拍動武力が上がり、城内での兵力回復速度が下がる
必要士気5
Illustration : 西野幸治


諸葛亮を生涯最も苦しめたと言ってもよい魏の名将。
諸葛亮は戦の才能はないという評価は司馬懿ではなく大体この人のせいである。

スペックは征圧以外2コスト並みの数値だが、魏の騎兵で関羽に並ぶ征圧力3が嬉しい。
特技も勇猛持ちで、後述の自身の計略に噛み合っている。

修羅の拍動は超長時間の強化計略。
武力上昇は+5で、約59c効果が持続する(Ver.1.2.0E)。
だがデメリットとして城内での兵力回復速度が非常に遅くなる。
通常瀕死からでも5〜6cあれば場内で兵力は全回復するが
この回復に大体3倍程度の時間が必要になる。

武力13の武将が長時間、戦場に居座るのは心強く、征圧力も高いので場荒らし能力は高いが、
前述のように、城内回復が激減するので、長時間の強化と継戦力を両立させるのが難しい。
また、速度上昇系の騎兵や麻痺矢でも、一方的に兵力を削られやすく、
的確な援兵殿、私の馬を!などを投げてフォローしても、知力もさほど高くない点から、
妨害やダメージ計略にかかると落ちてしまいやすい。
かといって、計略を使用しないままでは、2.5コストではかなり低いスペックが足を引張りがち。

一見、ワントップ型に適したように見えるが、この計略一本でデッキを組むと相性が出やすいので 他の戦える計略を入れて使い分けるのもいい。
効果中にダメージ計略などで落とされても士気5の計略なので、士気差はさほどつかないため
ある程度元が取れたら、その後生存させても兵力回復ができず戦力になれないなら落とすことも考えられる。
攻城をさせて兵力を減らす側にも立ちにくいので、武力が上がっても酷使はさせられない、やや独特な試合運びが必要。
なるべく突撃を主体に戦闘に参加させ、無駄に兵力を減らさないようにしたい。

R曹純

武将名そうじゅん しわ虎豹騎隊長
曹純 子和「ははっ、可愛い奴だな!
  お前も虎豹騎隊の一員だぜ!」

曹仁の弟。虎豹騎の初代隊長として部隊を率いて烏丸討伐では蹋頓を捕らえるなど戦功を挙げた。部下からは信望が厚く人徳もあった。彼の死後、曹操は「代わりの指揮官はいない」と自ら虎豹騎の指揮を取った。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力7 征圧力2
官職武官
特技-
将器突撃術 復活減少 突破術
計略刹那の神速号令味方の騎兵の武力と移動速度が上がる
必要士気4
Illustration : ケロケロ齋藤


曹仁の弟であり、初代虎豹騎隊長が懐かしの計略を持って参戦。

スペックは7/7/2と非常にバランスの良い配分。但し兄共々特技は無し。
同じく同コストのオーバースペック筆頭の徐晃や征圧力2だが脳筋気味の龐徳にも十分渡り合える。
後述の計略は騎兵単推奨だが、スペックだけでも採用できそうな安定感を誇る。

計略「刹那の神速号令」は騎兵限定の号令。
武力+2、移動速度2倍、効果時間約3c(Ver1.1.0C)。
効果範囲は自身を範囲に含む前方円で回転可能。

効果は士気と効果時間が約半分になった神速の大号令と思えばいい。
武力+2、速度上昇値は全く変わらないため神速の大号令とほぼ同じ感覚で戦える。
効果時間は短いが騎兵の連続突撃が決まれば十分これだけの時間で相手を半壊以上にまで持っていける。

神速の大号令デッキはやはり士気の重さと有効な場面がやや限られるため、小回りが利かなかったが
この計略の登場で気軽にカウンターが狙いやすくなり、戦場の局面を変えやすくなった。
また、敵城で捕まってしまい帰れそうにない味方に使用することで制圧をしながら自城に帰れたりと使い方も様々。
今までは神速の大号令に士気を回すために他の大型計略を入れにくかったが、彼のおかげで裏の手も仕込みやすくなり
征圧戦やマウント後の帰城など使い方の汎用性も幅広く、ただでさえ厄介な神速の大号令を一層強力にしている。

連環の法や速度低下妨害を撃ってもこの計略でいなされてしまうのだから、弱点と言える弱点も特にない。
弓多めのデッキや、彼のいない騎兵単などを使っている場合
彼から主導権を握ることはそうそう容易なことではないだろう。

Ver1.1.0Cにて武力+2、範囲が直径カード2.5枚程度に大きく下方修正された。
戦場の真ん中ならほぼ全域をカバーできる範囲ではなくなり、かなりの密集を余儀なくされることになった。

UC曹真

武将名そうしん したん虎豹騎隊長
曹真 子丹「・・・・・・こう見えて
 虎を射殺すくらいには強いので」

魏の武将。狩猟の際に馬上から後ろ向きに矢を放ち一撃で虎を倒した腕から、曹操の親衛部隊である「虎豹騎」の隊長となった。曹真が率いる軍の結束は揺るぎなく、幾度となく呉の討伐に成功し、大きな功績をあげた。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力6 知力5 征圧力1
官職武官
特技-
将器兵力上昇 遠弓術 征圧力上昇
計略虎豹騎の遊撃武力と移動速度が上がる
必要士気4
Illustration : ともひと


Ver.1.1.0Aから登場。演義では諸葛亮に散々いじめられ憤死するやられ役、司馬懿の引き立て役という損な役回りの人物。
フレーバーテキストもその自虐に見えるが、正史ではなかなか優秀な人物で演義による風評被害者筆頭候補。

スペックは無特技だがなかなか数値はハイスペックな武闘派弓。
後述の計略も合わせて槍消し要員としての働きなら下手な槍兵よりも仕事をさせやすい。
開幕にはそのスペックで戦線を支える大きな助けになる。

虎豹騎の遊撃は超長時間の強化計略。
武力+2、移動速度が1.5倍程度でギリギリ迎撃されない程度。効果時間約39c(Ver1.1.5A)。

さながら弓兵版の魏武の強兵で、長い効果時間いっぱい働くことができる。
単純に2コストの上位並みのスペックを生むだけでなく生存力も高く、騎兵のサポート能力が抜群。
槍が刺さらないことで簡単に槍消しが行え、騎兵のサポート役としては非常に小回りが利いて使いやすい。
超絶騎兵の槍消し役に相性がよく、散開した相手に彼を押し付けて超絶騎兵の突撃を叩き込む運用が容易に行える。
混色にして他勢力の超絶騎兵の槍消し用、ワラワラデッキの荒らし要員に添えるのもいいだろう。

また士気漏れ対策にもなる長時間計略を弓兵が持つことで、攻城力をさほど落とすこともないため号令デッキのパーツとしても優秀。
自身も中知力を持っているため、下手なダメージ計略は最低限耐えきるので安定感がある。

修正履歴

Ver.1.1.5A 効果時間延長 ?c→約39c

LE曹操(人形劇)

武将名そうそう もうとく人形劇「三国志」
曹操 孟徳「どうあっても
 儂の邪魔をするというのか、玄徳」

川本喜八郎 人形劇「三国志」
天下に覇を唱えた三国志屈指の英傑。赤壁の戦いでは劉備と孫権の同盟軍に敗れるも、大陸の北方を領有し魏国の基を築く。建安文学を牽引した名詩人でもあり「非常の人、超世の傑」と評された。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力10 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器攻撃力上昇 突撃術 復活減少
計略覇者の求心魏の味方の武力が上がる
必要士気6
Illustration : 人形美術家 川本喜八郎・川本プロダクション


30年以上前にNHKで放送されていた人形劇での三国志がレジェンド枠として登場。
三国に一人ずつ抜擢され、魏は曹操。
Ver1.1.0A時点で彼と同名義のカードが5枚(同勢力で4枚)で全武将中単独トップとさすがの存在感。

スペックは第一弾の曹操と全く同じコンパチカードなので計略内容はそちらを参照。

一つ違う点は、このカードは将器の選択肢は3つと従来通りなのだが
引いた時点で副将器が3つ全て同じ事が確定している。
さすがにそれを選ぶことはできないのだが、まだ第一弾で将器が揃っているカードを引けていない場合
こちらを引けば確実に将器が揃うため、戦力の増強が見込める。

同時追加された人形劇LE3枚のうち彼だけは積極的に将器を覚醒させるべき武将なので、副将器が揃っていればどの効果でも嬉しい。

コンパチブル武将

Ver.1.0.0 SR曹操(覇者の求心)
Ver.1.1.5B EX(LE)曹操(復刻武将)

C曹沖

武将名そうちゅう そうじょ
曹沖 倉舒「これが難問?
   意外と簡単なんだね」

曹操の八男。幼少の頃から象の重さを量る方法を考案するなど聡明で、将来を期待されていた。曹操の愛情も深く、一時は嫡子の曹丕ではなく曹沖を後継者にしようと考えたいたほどであったが、わずか13才で早世してしまった。
コスト1.0
兵種象兵
能力武力2 知力8 征圧力2
官職文官
特技-
将器知力上昇 士気上昇 速度上昇
計略神童の難問敵の征圧力を下げ、移動速度を上げる
必要士気4
Illustration : Jin


曹丕自身も皇帝即位後、「倉舒(曹沖の字)が生きていたら私は皇帝にはなれなかっただろう」
と述懐したほど神童として名高かった、曹操の息子。

テキストフレーバーの逸話を元にしたのかver2.0.0C現在、全シリーズ初にして唯一の魏の象兵。
いかにもな文官スペックだが移動力の高い象兵に征圧2はありがたい。
また、魏には水計など敵が自城に迫りすぎると計略範囲に巻き込めないものが存在するため、
象兵の弾きで強引に敵を押し戻せるというのもポイント。

計略の内容は癖の強い妨害計略で、相手の征圧力を下げる代わりに移動速度を大きく上げてしまう。
速度上昇は2倍。何と槍兵が迎撃を受ける程の速度になってしまう。
いかに征圧力を下げようと、これほどの速度で相手に好き勝手されてしまえばデメリットの方が大きい。
ただしこちらに槍が多ければ話は別。相手の行動を一気に制限できるようになる。
使いどころは難しいが挑発や長槍などで槍をちらつかせ迎撃を取るという一風変わった戦い方も面白い。
第3弾にて迎撃力が上がる計略持ちという相方を得たため、上記の迎撃を狙う戦術もやりやすくなるだろう。
但し、それでも魏と言うお国柄槍兵が不得手気味なのが難儀。狙うなら混色か。

なお小ネタになるがこの計略を二度がけすると、乱戦中でも迎撃が取れるほど速くなる。
勿論普通なら士気8払ってまで相手を強化するなどデメリットの方が大きいが、
うまく狙えば攻城妨害してくる部隊などを強引に始末できるため一応覚えておくといいかもしれない。

なお、魏唯一の象兵である為王淩の「尽忠報国」の効果を引き上げるには彼がほぼ必須。
逆に言えば彼が確実に1コスト取ってしまうと言う事でもあるのでその点は要注意。


R趙娥

武将名ちょうが仇討の刃
趙娥「斬る・・・・・・
  お前だけは絶対に斬る!」

父の仇を討つと誓った烈女。共に仇討ちを誓った兄弟の死後も諦めず、夜な夜な名剣を研ぎ続けた。周囲からは馬鹿にされていたが、ついに白昼堂々仇敵を討ち取った。その後自首したが、孝行心を買われ無罪放免となった。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力4 征圧力2
官職-
特技勇猛 魅力
将器突撃術 士気上昇 攻城
計略仇討ちの覚悟武力と移動速度が上がる。ただし効果中に敵を撃破すると効果が終了する
必要士気5
Illustration : 碧風羽


演義本編よりもやや前の年代で活躍した女傑。
設定や計略に既視感を覚えた人は、三国志大戦3で登場していたSR龐娥と同一人物であると言えばわかりやすいか。
コスト比標準武力に征圧2、そして特技2種というスペックは悪くはないが、粒揃いの魏の騎兵の中では最高スペックとはいえない。
彼女の存在価値はその計略にある。

仇討ちの覚悟は武力+8、移動速度1.7倍速程度と、武の咆哮にまったく引けを取らない性能。
しかもこの計略は、敵を撃破しなければ10c継続する(Ver1.1.0C)。
効果時間を最大に活かすなら、とどめを刺せる他の味方が残存しているときに使っていきたい。

1部隊でも撃破すると効果終了なので、一人で相手の号令を押し返すような運用は難しい。
白銀の獅子などとはそのあたりの勝手が違うので、槍消し以外でも他部隊によるフォローを必要とする。
なお、乱戦している敵部隊が殿、私の馬を!のような自爆計略によって自主的に撤退した場合も撃破とみなされ、効果が終了してしまう。
相手のデッキ自爆計略持ちがいる場合は乱戦相手に注意すべし。
逆に自分のデッキ自爆計略持ちがいる場合は対策として活用することもできるが、移動速度が上がった騎兵を能動的に捕捉できる機会はそう多くない。
計略使用中は一騎討ちにも悩まされる。
有利な条件で戦えることが多いが、大勝利で撃破してしまえば効果が終了し、負けると丸損になる。
低コストならわざと撤退を狙われる事もありえるため、非常に悩ましい。

騎兵と機動力の国である魏において、デッキに入れやすい中コスト帯で高速超絶強化を仕込めるメリットは非常に大きい。
号令デッキの裏の手や、騎兵単デッキのアクセントになる他、彼女自身がデッキの中核にもなりうる。
超絶強化にしては軽めの必要士気のため、混色デッキでも使いやすい。
また、女性単デッキで使える超絶強化持ちは呂姫以来なので、そちらでも歓迎されるだろう。

C楊修

武将名ようしゅう とくそ
楊修 徳祖「世の中、にぶい連中ばかり・・・・・・
   おぬしもそう思うじゃろ?」

曹操に仕えた文官。漢中攻防戦の際、曹操が呟いた「鶏肋」という言葉を撤退の潮時であると解釈して、指示を待たずに退く準備を進めた。曹操はその勝手な行動に憤り、楊修を処刑するが、結果的に楊修の判断は正しく、後悔したという。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力6 征圧力1
官職文官
特技伏兵
将器遠弓術 復活減少 征圧力上昇
計略鶏肋味方を一瞬で城に戻す。ただし自身は撤退する
必要士気3
Illustration : あなQ


鶏肋という逸話のせいで鶏みたいな見た目になってしまったSSQ被害者の1人。

スペックはバランスが良く、伏兵があるため開幕に強い。
征圧力は1だが弓兵なのであまり気にならない。将器は計略との相性を考えると復活減少優先か。

計略は自身が撤退する代わりに味方を自城へ戻せる転進計略。
範囲は戦場のおよそ2/3を覆う程度とかなり広め。
魏の味方という記載がないため多色での使用も可能。

転進系の用法としては敵陣なるべく深くで大型計略を使わせたうえで転進、そして士気差を作るというのが最もシンプル。
そこまでへ繋ぐお膳立てがとにかく重要で、漫然と使っていたら本攻めの時の士気が足りなくなってしまう。
楊修自身の撤退が確定しているので、1コスト落ちで事後処理する必要がある点にも注意。

効果はそこそこなのだが、魏という国は騎馬が多く機動力が高いため、計略を使わずとも士気差を作る事に困らないのが逆風。
そうすると、混色での採用が考えられるが、転身目当ての場合は呉の諸葛謹がライバルとなってくる。
あちらは必要士気が一つ多い代わりに、撤退が無く兵力回復の追加効果もある。
士気差を作るという用途においてはこちらに軍配が上がるので、その点で差をつけられるか。但し1部隊減っている事は忘れてはいけない。

なお、計略範囲が広すぎる為、特定の味方部隊のみを自城に戻すような用途には向かない。誤爆には要注意。

R王異(烈女)

武将名おうい気高き雪華
王異「不義の獣よ、この地より去れ!」

三国志で戦闘の記録が残されている女傑の一人。曹操に敗れた馬超に城を奪われると、馬超の妻子を討ち、自らは息子を殺されるなど犠牲を払うも、これを撃退。馬超が再起を図ると、祁山に30日間立て籠り、涼州への侵攻を許さなかった。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職-
特技勇猛 魅力
将器攻撃力上昇 兵力上昇 速度上昇
計略烈女の気概戦場にいる敵の武力の最大値が大きいほど武力が上がる。一定以上武力が上がると、さらに移動速度と兵力が上がる
必要士気5
Illustration : 竜徹


3枚目の王異は、1枚目と同じ槍兵で参戦。

スペックはバランス型だが、勇猛・魅力と特技2個を併せ持つ。征圧力2も嬉しいところ。
特技の蔡琰と比べると、武力でやや劣る代わりに知力で上回っている。
将器は全体的に無難だが、下記の計略を活かすのであれば必然的に高武力と相対する為兵力上昇がベターか。

計略「烈女の気概」は範囲内の最大武力の敵に合わせて自身の武力が上がる変わり種。
武力上昇値は相手の武力/2+1(切り上げ)。効果時間は7.7C。
武力上昇が+8以上(敵武力13以上)からは移動速度1.6倍・兵力4割回復のオマケも付く。

その仕様上、相手の武力が高ければ高い程効果を発揮する。特に超絶強化にはよく刺さる。
但し、追加効果を発揮する頃には素武力5が災いして計略を使った上で自身の武力<相手の武力と言う状況に陥っている。
これ一つで爆発的な武力上昇に対抗できるわけではない為、しっかり他の部隊でフォローを入れる事。
超絶強化に対するメタと言うよりは、超絶強化に最低限対抗する為の計略。

なお王異の復讐相手である馬超単体に対しては白銀の獅子全軍突撃共に武力増加量が低めなのでなかなか追加効果が発揮できなかったりする。
錦馬超の叛撃の方であれば武力上昇を待てば追加効果発生は期待できるが、そもそも叛撃の彼が採用される事が少なかったりする。

C王粲

武将名おうさん ちゅうせん建安七子
王粲 仲宣「来た来た来た来たー!
  世界を変えるひらめきがー!」

蔡邕から目をかけられた文人。文才に優れ、筆を取ればすぐに文を書き上げ、手直しすることもなかった。建安の七子の一人にも数えられる。抜群の記憶力の持ち主で、碁盤の石が散らばっても、全て元の位置に戻すことができたと言われている。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力8 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器兵力上昇 速度上昇 守城術
計略文人の教授最も武力の高い魏の味方の移動速度と征圧力が上がる
必要士気3
Illustration : ジョージ


陳琳や孔融に並ぶ建安七子の一人なのだが、本作では何故かハイテンションなヒラメキ魔になってしまった。
ちなみに旧作では漢軍所属になっていたが、本作では魏軍所属。

兵種・将器以外は程イクと同じスペック。 知力8の伏兵は相応に強力ではあるが、武力は1なので戦闘には期待できない。
将器は低武力でも便利な守城術がメインになるだろう。

計略は魏限定の投げ計略。但し上がるのは速度と征圧力となっている。
速度1.7倍・征圧力+2、効果時間は17.1C(Ver1.2.0E)
魏は同じ士気3でやれることが比較的多いので、いざという時の保険といった立ち位置になるか。
武力は一切上がらない為、直接の戦闘力までは補強できない。基本は突撃に活かせる騎馬に投げるのが無難だろう。

ほぼネタではあるが、魏唯一の攻城兵である馬鈞を採用して擬似黄式加速装置を狙うことも可能と言えば可能。
但し、3回も投げなければいけない上にこれだけ投げても武力は2のままなので、浪漫戦術である。


C華歆

武将名かきん しぎょ
華歆 子魚「陛下、天の移り変わりは
  貴公にも止められませぬぞ!」

はじめ孫策・孫権に仕え、後に魏の重臣となった。曹操の死後、曹丕の権勢を強めるために曹植を陥れるような進言をするなど、奸智に長けた人物。献帝を脅迫して禅譲を強要し、魏が建国されると、その功績により位人臣を極めた。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力5 征圧力2
官職文官
特技-
将器復活減少 守城術 同盟者
計略攻守の計範囲内に敵がいるか、いないかで効果が変わる
敵有:最も武力の高い敵の武力を下げる
敵無:最も武力の高い味方の武力が上がる
必要士気3
Illustration : 木下勇樹


正史と演義でまるで別人のような評価をなされている男・華歆。大戦では演義準拠のようである。
「カキン」だからなのか、何故か復活台詞や撤退台詞がカ行だけと言うよく分からないキャラ付けがなされている。

Ver1.2.0C現在の魏では唯一となる武力2と征圧2を併せ持つ槍兵。
知力も5と決して低くなく、槍が苦手な魏と言う点を考えると殊の外優秀な部類。
将器も元・呉の文官故なのか同盟者持ちとなっている。

計略は「強化妨害(EVIL REINFORCE)」という特殊カテゴリーで、
士気3で基本は範囲内の最大武力の味方の武力を+3するもの。
但し範囲内に敵がいる場合は、その範囲内の最大武力の敵の武力を-3するというスイッチ効果を持つ。
士気の安さや妨害効果を併せ持つせいか、投げ計略にしては効果はだいぶ控え目。
局地戦で士気が少ない時のひと押し、または防衛で他に取り得る策がない時の窮余の一手として考えるのが無難か。


SR郭皇后

武将名かくこうごう明元皇后
郭皇后「どうせ、これが欲しいんでしょ」

魏の第二代皇帝・曹叡の妻。もとは西平郡の豪族の娘であったが、叛乱に連座して後宮に入った。曹叡からは非常に愛され、明悼皇后が死を賜ると皇后に立てられた。皇太后になってからは権力を求める臣下に、幾度も協力を要請された。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力4 知力7 征圧力2
官職-
特技伏兵 魅力
将器兵力上昇 突撃術 士気上昇
計略鎮圧の詔勅最も武力の高い敵の武力を下げる。さらに対象が戦場にいる間、武力を徐々に下げる
必要士気4
Illustration : hakus


曹叡の正妻が、さんぽけを経ていよいよ大戦に参戦。
旧作の郭皇后とは別人(こちらは郭氏として参戦している曹丕の妻)である点に注意。
過去作のプレイヤー程「?」となった人は多いはず。

スペックだが、やや高めの知力・十分な征圧に特技2個を持つが、代わりに武力は4止まり。
低知力の牽制はできるものの、単純な殴り合いには不向きなので突撃を最大限に活かしたい。
将器は無難な物が揃っているが、絶対に必要と言うものも無い為この辺は好みでいいだろう。

計略「鎮圧の詔勅」は、範囲内の一番武力が高い相手の武力を-2し、更に一定間隔で武力を徐々に-1していく物。
効果時間は知力2に対して約10C(Ver.1.2.0D)。なお、武力を下げるのは戦場にいる間のみ。
その性質上、こちらから攻める時よりは相手が攻めに回っている自陣〜守城戦の時に効果を発揮する。

但し、速効性は無い為単純な殴り合いを補助するには向いていない。
また、効果範囲が単体である以上、号令相手では思ったような成果は挙げられないので注意が必要。
どちらかと言うと、ワントップ型の超絶強化に対するメタカード。


修正履歴

Ver.1.2.0D 計略発動時の武力低下値増加 -1→-2

R夏侯月姫(月光)

武将名かこうげっき月下の邂逅
夏侯月姫「月下のあたしは
  どんな男にだって負けない」

魏の名将・夏侯淵の姪。曹操と袁紹が官渡の戦いで激突している頃、劉備軍の張飛と偶然出会う。夏侯家の娘であると分かった後も、張飛は躊躇せず、敵国の娘という巨大な壁を乗り越えて結婚に踏み切ったといわれている。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力6 征圧力1
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 突撃術 同盟者
計略月光の目覚め戦場にいる魏の味方の武力の最大値が大きいほど武力が上がる。一定以上武力が上がると、さらに移動速度と突撃ダメージが上がる
必要士気4
Illustration : ニジ


故郷である魏にも追加された夏侯月姫。夏侯姓武将の共通項である赤髪も健在。

蜀の彼女との違いは槍兵から騎兵に変わり、併せて征圧力が-1された事。勿論魅力持ち。
一方で将器は騎馬と言う点で見ればだいぶ無難。同盟者も持つが計略の事を考えると相性は微妙。

計略「月光の目覚め」はようやく魏に追加された目覚め計略。
武力上昇値は参照武力/2+1で端数切捨て。
対象武力が13以上で更に移動速度1.7倍に加え、突撃ダメージが+20される。効果時間は7.5c(Ver1.2.0E)。

追加効果が複数ある為か、関銀屛の「神武の目覚め」同様士気4消費である点に注意。
武力制限はそこまで高くはない為、わりと目覚めるのは楽な方である。
特に王異(女傑の連撃)、郝昭に関しては長時間計略で武力13を満たし、撤退しなければいつでも目覚められると言う点で相性が良く、
曹操(覇者の求心)、曹彰(刹那の怪力)と言った号令や軽士気で武力13を満たせる武将とも組み合わせやすい。

問題は1コスト騎馬と言う超激戦区に存在していると言う事。
武力寄りから計略寄りまで網羅し尽されている中で、コンボ専用という立ち場はどうにも肩身が狭い。
魏と言う国自体に殲滅力の高い騎馬、瞬発力に長けた騎馬号令が多い点も悩みどころ。
使うのであれば1コストでマウントや殲滅を狙えることを活かした構築で活躍させたい。

Ver1.2.0Eで効果時間延長に加え、突撃ダメージ上昇値が+10から+20まで強化され大幅に爆発力が上がった。
突撃ダメージ+20は「走るダメ計」こと白銀の獅子(+15)や剛騎戦法(+19)すらも上回る単独トップ。
立ち位置は変わらないがこの決定力はかなり魅力的で、士気4を払う価値は大いに有る。
号令や超絶強化からの後押しに相応しい、決戦用の器に成ったと言えるだろう。
ただ本体がコスト1の素武力2であり、武力上昇は改善されてない為過信は禁物。
また速度上昇計略のお約束で、速度低下に弱い点にも気を付けたい。速度上昇が1.7倍とややマイルドなので猶更である。

しっかり突撃を活かせて、初めてその真価を発揮できる武将。
丁寧な突撃を心掛けたい。


R夏侯尚

武将名かこうしょう はくじん
夏侯尚 伯仁「ひとりでは、僕たちには勝てない」

夏侯淵の甥。曹丕とは君臣を越えた親友で、即位後は荊州三郡を攻略する大功を立てた。しかし曹丕の命で愛妾を殺されると、悲嘆のあまり精神を病み、彼女の墓を掘り起こして嘆いた。これには呆れた曹丕だったが、かわらず厚遇したという。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力6 征圧力1
官職武官
特技攻城
将器知力上昇 突撃術 征圧力上昇
計略刹那の号令味方の武力が上がる
必要士気3
Illustration : 茉莉花


かつて一世を風靡した刹那の号令を持って参戦した夏侯淵の甥。
逸話が逸話なのか明らかに妾を失って病んだ状態になってしまっている。そして撤退すると我に返る辺り相当重症。
裏書きの「僕たち」は自分と妾の事で間違いないのだが、そんな状態で戦場に出て大丈夫なのだろうか。

スペックは5/6と可もなく不可もなくのバランス型。このコスト帯では特技攻城を持ってるのがセールスポイント。
特技攻城は壁攻めでも効果を存分に発揮出来る為、たかが1.5馬の端攻めと侮っている相手に予想以上の城ダメージを与えられる。
また、知力上昇将器を発動すれば知力9となり、妨害ダメ計に耐性がつくだけでなく開幕の伏兵掘りも担当できるようになる。
突撃術も武力5を補える形になり、征圧力上昇で征圧力2騎馬で領域塗りも担当できるようになると、
どの将器が出てもそれぞれの用途が有りハズレ的なものはなく、1.5騎馬として仕事が非常に多いカード。
ただ乱戦関係の将器はなく、本体も武力5なので無理や過信は禁物である。

肝心の計略の刹那の号令は自分中心の円形で範囲内の味方の武力+4、効果時間3c?前後(Ver1.2.0A)
知力将器付きで体感ちょっと長く感じる程度。元が刹那系計略で効果時間が短い為知力を上げても劇的には上がらない。

必要士気がとにかく軽い号令の為、
他の号令と一緒に使うほか、他の号令後の後一押し足りない時や、
君臣を越えた親友である曹丕の魏武の号令等の武力上昇値が低い号令や、舞い計略のカバー、
攻め時に単体で使って相手に士気を吐き出させて士気差有利を作ったり、いざという時の咄嗟の防衛力強化等、
様々な用途がある。

しかし4c持たずに切れてしまう上、瞬間的爆発力は持たないので、士気を使わずに凌がれる事も多く、
明確な用途を持って使用しなければ無駄に士気3浪費する事になる。
ただ漠然と足りないから撃つのではなく、ちゃんと成果がでるように使わなければ、この計略は活かす事ができない。

曹純が持つ刹那の神速号令と違って移動速度が上がらない代わりに、兵種を選ばず、武力上昇量が1高く、必要士気も1低いので、
槍や弓等を混ぜた兵種混合デッキでの活躍が見込める。

一応勢力縛りはないので、舞いデッキを構築する際に混色編成にしても問題なく使える。
ただ、それ以外の場面では余程の事がない限りは単色構成が無難だろう。

SR夏侯覇(覇騎)

武将名かこうは ちゅうけん征蜀護軍
夏侯覇 仲権「この夏侯仲権、親父の背中に
    追いついてみせるッ!!」

魏の武将・夏侯淵の息子。一族の中でも弓馬に傑出していたといわれる。定軍山の戦いで父を劉備軍の黄忠に斬られた事から、亡き父の復讐を誓い、蜀征伐の際には先鋒を務めて奮戦した。後に征蜀護軍に昇進した。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力7 知力7 征圧力3
官職武官
特技魅力 攻城
将器兵力上昇 城門特攻 攻城
計略覇騎の共振魏の味方の武力と兵力が上がる。さらに騎兵の合計コストが高いほど兵力が上がり、それ以外の兵種の合計コストが高いほど武力が上がる
必要士気7
Illustration : 風間雷太


夏侯覇が遂に故郷である魏の武将として参戦。蜀に下る前よりも知力が高いのはご愛敬だろうか。
よく見ると目は魏を意識した赤と蜀を意識した緑のオッドアイになっており、彼がやがて蜀に下る事を暗示している…。

スペックは7/7と何とコスト2レベル。そのスペックを補うために征圧力は3だが、単体では強いとは言えないだろう。
但し特技攻城が高コストの槍兵とマッチしており一発で大量の城ゲージを持っていけるのはうれしい。
将器攻城を入れやすくする攻城術や戦闘力の低さを補える兵力上昇と優秀なものが揃っている。
号令持ちとしては嬉しい魅力持ちだが、勇猛は無い為一騎討ちには細心の注意が必要。

計略は兵力が回復する共振号令で、詳細は、回復効果がおおよそ基礎値2.5%+騎兵コスト0.5につき7.5%ずつ増加。
武力上昇は騎兵以外のコストが多いほど高く、
8=武力+7(騎兵0コスト)
7〜6=武力+6(騎兵2コストまで)
5.5〜5=武力+5(騎兵3コストまで)
4.5〜=武力+4〜
となっている。
効果時間は7.5c(Ver.1.2.0D)
騎兵2コストそれ以外6コストで武力+6の兵力回復32.5%の組み合わせがハイパフォーマンスと思われる。

旧三国志大戦の回復号令の例からわかるように、この計略は城際で連続で打たれるとほぼ詰みに持ち込める強さがある。
まして本人の攻城力も高いため、総合すると非常に強力なカードに仕上がってる。
但し弱点として素のスペックが低く、また味方が全員揃ってないと効果が大幅に下がる共振計略であるため、
強みが発揮できる相手城際まで、1部隊でも撤退させない慎重な立ち回りを心掛けたい。
更に共振計略の宿命で士気7と重い消費である為、兵力が減ったからといって無計画に撃てるわけではない点にも気を付けたい。

追加当初から長い間彼を中心としたデッキが暴れまわっており、Ver.1.2.0Cで効果時間を下げられても尚第一線を張っていた。
Ver1.2.0Dにて遂に武力上昇の計算式にメスが入り、単純に騎兵以外合計コスト小数点切り上げ=武力上昇値ではなくなり、
長く暴れまわったデッキ形の騎兵合計コスト1・1.5が+7から+6に、騎兵合計コスト2.5の時が+6から+5に減少している。
少なくとも切り上げではなくなったらしく、地味に騎兵合計コスト3.5の時も+5から+4と減少している。
爆発力を削られた結果、夏侯覇自身のスペックの低さと、そこから来る素のデッキパワーの弱さが露骨に出るようになってしまい、
更に脇を支えていた反計計略の弱体化も同時に行われ、環境から一気に姿を消してしまった。


UC荀采

武将名じゅんさい じょじゅん
荀采 女荀「清き心で守り抜いてみせます。
     ・・・・・・この命に代えても」

荀彧の伯父・荀爽の娘。年若くして未亡人になったが、美しく聡明だったこともあり、父の意向で郭奕との再婚話が決められた。準備が着々と進む中、周囲が油断した隙を見計らい、一人自害して貞節を守った。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力6 征圧力1
官職-
特技防柵 魅力
将器兵力上昇 復活減少 防柵強化
計略義兵の伝授最も武力の高い魏の味方の兵力が上限を超えて回復する。ただし自身は撤退する
必要士気4
Illustration : 祀花よう子


1コストながら最低限の仕事ができる武力に、伏兵、ダメ計にも耐えられる知力、柵と魅力の特技とスペックは上々。
将器も柵強化と自身の計略と噛み合う復活減少があるが、兵力上昇が少々噛み合わないか。
肝心の計略は士気4と自身の撤退を犠牲に魏の味方の兵力を上限を超えて100%回復するというもの。(ver.1.2.0A)
ワントップ型の悲哀では柵持ちと合わせて非常に噛み合っている1枚。
ただ、対象が魏の味方に限られる点には注意。
必要士気が4なので、漫然と使っていると士気が足らなくなってしまう上、対象の兵力が減ってしまった状態だと旨味が無くなってしまうので、使用するタイミングの見極めは慎重にしたい。


C蒋幹

武将名しょうかん しよく
蒋幹 子翼「周瑜の忠義に曇りなしか。
  ・・・・・・おや、この手紙は?」

曹操の配下。呉の周瑜と旧知の仲であり、曹操からは周瑜を引き抜くように命ぜられるが、蒋幹の目的を見抜いていた周瑜によって偽の手紙を掴まされ、逆に利用されてしまう。この失態は赤壁の戦いでの曹操軍敗北の原因となってしまった。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力5 征圧力1
官職文官
特技防柵
将器突撃術 復活減少 守城術
計略智勇の伝授最も武力の高い味方の武力と知力が上がり、征圧力が下がる。ただし自身は撤退する
必要士気3
Illustration : ともひと


三国志演技で周瑜に欺かれたことしか出番がない蒋幹が大戦で初登場。
フレーバーテキストにある失態とは、蔡瑁らが周瑜と内通しているという偽手紙を曹操に報告してしまい、
蔡瑁らが処刑されたことで水軍の担い手がいなくなってしまったというもの。

スペックは平凡だが防柵を持っているので、騎馬単よりは弓兵がいるバランスデッキや舞い計略のデッキに採用しやすい。
将器は覚醒させるなら伝授系の計略であるので復活減少が使いやすい。

計略「智勇の伝授」は単体の武将の武力+4、知力+4、征圧-1し、自身は撤退するもので効果時間は11c強。(Ver.1.2.0c)
曹昂の計略と似るがこちらは知力が上がるので計略コンボ向き。
魏の関羽のような高い知力依存がある計略と合わせて使うのがいいだろう。

UC蒋済

武将名しょうさい しつう
蒋済 子通「勝利ってのは、最高の肴だな!」

曹操、曹丕、曹叡、曹芳と四代に渡って魏に仕えた参謀。粗野な面もあるが、信の置ける硬骨漢で、君主たちの良き相談役になった。親友の司馬懿が曹爽に対しクーデターを起こした際は、魏の政治を改善するため協力した。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力8 征圧力1
官職文官
特技-
将器兵力上昇 知力上昇 征圧力上昇
計略文官指揮魏の味方の武力が上がる。文官が一定数以上いると、さらに征圧力が上がる
必要士気5
Illustration : 三好載克


旧作で1回しか使えない雲散を持っていた司馬懿の悪友が、今度は号令を持って帰って来た。
やたらガタイの良いイラストだが文官である。

スペックは2/8/1特技無しと、基礎スペックが優秀な分低征圧力と特技無しでバランスを取った形…
なのだが、実は2/8/2の陳羣が既にいるので登場するなり劣化スペックと言うとんでもない状態になっている。
将器で差をつけようにも知力上昇は陳羣も持っており、征圧力上昇では陳羣と並ぶだけになる。
違いは兵力上昇だけになるが、コスト1弓兵で尚且つ武力担当でもないので発動するにはやや微妙な効果となる。
その為、計略に目を向ける事になる。

計略は「文官号令 -CIVIL SERVICE COMMAND-」と専用カテゴリーの号令。
効果は魏の味方の武力を+3、効果時間約10cの号令だが、文官が3部隊以上いる場合征圧力も上がる効果がある。
自身も勿論文官なので、征圧力増加の効果を発動させるには自身以外に2部隊文官が必要となる。
文官指揮と書いてあるが、対象が文官でなくても武力だけなら上がる。
武力+3で効果時間も長くは無いので単体では威力不足。サブ号令としての運用が無難だろう。

ただサブ号令は、効果時間こそ短いが士気3で撃てる「刹那の号令」や、士気4で同武力・同時間効果がある「後方指揮」等、
コスト1.5帯に多く存在している。
一応、1コストでサブ号令を仕込めると言う点で言えば貴重ではあるが、
Ver.1.0.0から自身撤退前提の号令を持つ曹植がいる為、独自性があるかと言えば微妙。

一番の問題点は魏の武将の武力上昇である事。他の勢力の文官を入れた誤魔化しは効かない。
幸い魏には司馬懿や郭嘉(魏国の礎)と言った武力高めかつメインとなる計略を持つ文官がいる為、そこまで苦になる事は無いが、
根本的にデッキパワーが落ちてしまうのは如何ともしがたい。
また、そこまで文官を集めても追加効果は征圧力増加のみ。魏は騎兵が多い故に征圧面で困る事は殆どない上に、
楊阜の「征知の教え」や司馬懿の「攻守自在」等でも征圧力を増加出来る。

更に魏の1コスト弓兵はVer1.2.0E現在13人もいる超激戦区。
計略を無視してスペック採用しようにも上記の陳羣が完全上位互換で立ちはだかる。
面白い要素は持っているのだが、現状は活かす機会に恵まれていない点は否めない。

SR徐晃(大斧神穿)

武将名じょこう こうめい徐かなる猛勇
徐晃 公明「長年研ぎ上げた武をもって・・・・・・
  関羽、貴公を超えてみせよう」

魏の五将軍。曹操軍の戦いのほとんどに参加した歴戦の勇将。樊城の戦いでは、于禁・龐徳が敗れるなど戦況は不利だったが、知略をもって偃城を奪うと、樊城を包囲していた関羽軍も撃破。魏の窮地を救い、武神・関羽に引導を渡した。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力9 知力4 征圧力2
官職武官
特技勇猛 攻城
将器攻撃力上昇 地の利 城門特攻
計略大斧神穿武力と移動速度が上がる。この効果は兵力が少ないほど大きい
必要士気5
Illustration : ジョージ


遂にSRとしてVer1.2.0Aから追加された徐晃。

2.5コストとしては十分な武力9だが、反面知力は4と不安を抱える数値。
代わりに勇猛・攻城と言う攻めに向いた特技と征圧2を併せ持つ。
また、武力9騎馬としては初となる将器・攻撃力上昇持ちなのもセールスポイントの一つ。

計略は兵力が減れば減る程武力と移動速度が上がるもの、効果時間は6.7c。
兵力満タンで撃った場合は+3だが、半減程度でも+6〜+7、1割まで減れば+10の大台に乗る。
速度上昇も兵力に比例するため、殲滅力は騎馬の超絶強化随一。
兵力が少ない状態では攻城までは厳しいが、突撃・迎撃を貰わなければ相手を一方的に殲滅できるだけの破壊力がある。
最前線での戦闘を一手に引き受けてラインを上げ、消耗後に計略を使って味方の攻城・征圧をサポートするという図式がわかりやすく強い。

「兵力が減る程効果大」と言うのは、一見生存性が高い騎馬と相性が悪いように見える。
しかし、逆に言えば限界まで使い潰しが効き、迎撃ですら計略チャンスになると言う騎馬の常識を覆すと言う事でもある。
徐晃は攻城持ちで、城壁ですら2コスト槍の壁攻城並みに減らすので野放しも出来ない。
かと言って迎撃すれば前述の通り計略効果を引き上げる結果になる。
更に低めの知力4も、大半の伏兵・ダメージ計略を耐える絶妙な数値であり、これも計略トリガーになりうる。
つまり、スペックと兵種が持つ欠点を、特技と計略でカバーしてしまっているという'強力な存在である。

どのようなデッキに入れてもまず活躍できる超性能故か、追加後即大流行。
Ver.1.2.0A〜Bでは使用率ランキングで全体3位、魏では龐徳に次ぐ2位まで大躍進した。
しかしそれで放っておかれるわけがなく、Ver1.2.0Cで武力上昇値と効果時間を削られてしまった。
それでもなお速度強化は健在であり、まだまだ数を減らす事は無いだろう。

修正履歴

Ver1.2.0C 武力上昇値減少
      効果時間短縮(知力依存度減少) 7.5c→6.7c

UC曹叡

武将名そうえい げんちゅう天姿秀出
曹叡 元仲「今は大きな玉座だけれど、
  いつかは父上のように・・・・・・」

曹丕と甄氏の子で、魏の二代皇帝。生まれつきの美貌と床に届くほどの長い髪を持っていた。蜀と呉の侵攻や国内の反乱に対しては、戦地に赴いて指揮を取り自ら防衛に当たった。時に現場で働く将軍を上回る軍略を発揮することもあったという。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力4 知力7 征圧力2
官職文官
特技魅力
将器兵力上昇 遠弓術 士気上昇
計略刹那の求心魏の味方の武力と知力が上がる
必要士気5
Illustration : Daisuke Izuka


嫁に遅れる事約1年3か月。ようやく参戦した魏の二代目皇帝。
魏の明帝として卑弥呼の使者に会った、日本史で初めて名前付きで登場する外国人である。

スペックは文官のそれであり、特筆して高い能力は無い。皇帝らしく魅力持ち。
将器は無難なものが揃うが、弓としての性能を上げるなら遠弓術だろう。

計略「刹那の求心」は祖父の持つ「覇者の求心」の刹那版に近い勢力限定号令。
武力+5に加え、知力も+3される。
ただ「刹那」と言う割には効果時間がやや長く、何と一般的な刹那計略の倍近い5.2C持つ(Ver2.0.0A)。
但し知力依存が0.2Cしかない為、知力を伸ばして効果時間を…とはいかない点は刹那計略らしい。

士気差を作るにはやや重く、士気6にぶつけるにはやや短い効果時間がネックか。
ただやや効果時間が短めとは言え、士気5で武力+5は十分士気対効果があると言っていい。
押し切るには不向きでも押し返すには十分だろう。
知力上昇を活かして次の計略への布石とする使い方もあるが、効果時間の把握には要注意。

英知の大号令はコンボ相手としてはなかなかの相性を誇る。
征知の教えを使っても英知の大号令で上げられる武力はせいぜい2〜3なのに対し
刹那の求心は英知の大号令と合わせれば武力を瞬間的にではあるが+6〜7も上げる。
勿論英知の大号令の効果時間いっぱいは持たないが、相手に強力な岐略や漢鳴の大号令などがある場合
ぶつかり合いで負けない爆発力が生まれるという意義は大きい。
刹那の求心の効果が切れても、知力6以上の武将なら英知の大号令は武力+6
法具の知力宝玉を使っていれば、効果が切れても+8程度の武力が上昇しているため
相手の強力な号令にも押し負けない。
勿論相手のデッキによってはオーバーキルになってしまうが、
相手のデッキ次第で英知の大号令とのコンボを征知の教えと使い分けてもいい。

なお、計略範囲内に魏の司馬懿がいるとセリフが変化する。

余談だが、第1弾の虞氏・第2弾の郭皇后・このカードと曹叡夫妻関係者が3人ともCVが上坂すみれ氏で統一されている。

C曹休

武将名そうきゅう ぶんれつ虎豹騎隊長
曹休 文烈「虎豹騎隊、全力で突撃!
   誰も遅れんじゃねえぞ!」

魏の武将。曹操の挙兵時、すぐに駆けつけたため曹操から「我が家の千里の駒」と称えられた。漢中攻防戦では下弁に駐屯していた劉備軍に苦戦したが「まず呉蘭から討つべき」との勇断をしたことで、張飛らを退ける活躍を見せた。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力4 征圧力1
官職武官
特技勇猛 復活
将器突撃術 復活減少 地の利
計略刹那の神速武力と移動速度が上がる
必要士気3
Illustration : 松野トンジ


義勇ロードでの先行登場を経て、いよいよ参戦した曹家千里の駒。
しかし何とレアリティはコモン。知名度故なのだろうか。

スペックは武力・知力共に平均レベル。
その代わり勇猛・復活持ちと、コモン武将とは思えない程豪華な構成となっている。
しかし勇猛はともかく、生存性能の高い騎兵で復活持ちは微妙か。

計略は言葉通り刹那版神速戦法
武力は+5と通常の神速戦法より高め。更に移動速度は何と2.5倍と破格。
士気3とは思えない効果ではあるものの、刹那計略の宿命で効果時間はたった2.9Cとこれまたかなり短い。
(Ver.1.2.0E)

効果時間が非常に短いので、とにかく最短突撃を狙うようにしなければあっという間に効果が切れる。
できる限りダメージを積みたいので、将器は突撃術推奨。
また2.5倍速はオーラを纏っていなくても2倍迎撃の対象なので、刺さったらまず撤退確実だと思った方が良い。

魏の1.5コスト騎馬は実に11枚もある超絶激戦区。
単純に神速が欲しければ張郃と言う壁がある為、曹休を採用するのであればやはり計略の瞬発力を活かしたい。

修正履歴

Ver.1.2.0C 効果時間延長 2.5c→2.9c
Ver.1.2.0E 武力上昇値増加 +4→+5


UC曹憲

武将名そうけん
曹憲「誰が一番かなんて、
    争うことないよね」

曹操の娘。妹の曹節、曹華と共に献帝に嫁ぐ。伏皇后が誅殺されると、翌年には妹の一人である曹節が立てられ皇后となった。曹憲は三姉妹の中で年長でありながら、皇后にはなれなかった。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力2 征圧力2
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 知力上昇 征圧力上昇
計略長姉の秘策敵の武力を下げる。対象の敵が将器を覚醒している場合、さらに知力を下げる
必要士気4
Illustration : 北熊


曹操の娘三姉妹の長女。

武力知力征圧力三つの値が揃って2。魅力も持っており、コスト1弓兵としては無難な能力。
征圧力上昇の将器を覚醒させると征圧力3と高めになるが、兵種が弓兵なので活かしきれない事が多い。

計略は範囲内の敵の武力-3下げる妨害計略。将器を覚醒している相手だと更に知力-6が追加される。(1.2.0C時点)
似たような効果を持つ陳宮(奸智)との違いは、単体か範囲内全員か、知力低下か移動速度低下かの違いがある。
本人の知力が低い所為か妨害にしては珍しく知力依存が低く、将器なしで知力3相手に約15秒(約6c)、知力9相手に約12秒(約4.5c)と大きく違いはでない。
逆に知力上昇将器を覚醒させても1〜2秒伸びる程度なので、無理に選ぶ必要はない。範囲は縦5.5マスと広範囲。

しかし武力低下なら武力-4の弱体化の小計を持つ郭氏が、知力低下なら知力-10の愚鈍の計を持つ鍾繇が同じコスト1帯に存在しており、
二人とも曹憲より高い知力を持ちながら知力上昇将器も持つ。更に陳宮(奸智)含め三人とも騎兵である為相手を逃さずに計略範囲に入れやすいという利点もある。
範囲が狭く制限もあるが、武力と知力と更に移動速度も下げる離間の計を持つ賈詡の存在も忘れてはいけない。彼も騎兵である。
必要士気が1高くなるが同等の範囲で弱体化の計を持つ丁夫人もライバルとなる。騎兵ではないが同じ魅力持ち武力2弓兵で伏兵も持ち、素の知力も高めである。
そのため彼女を採用するからには"武力と知力を同時に低下できる必要士気が軽い計略"という利点を最大限に活かす必要がある。

号令係が将器を覚醒していると知力低下による号令時間短縮を狙えて、広範囲で尚且つ対象が範囲内全員なのでサブ号令持ちや超絶強化への牽制も兼ね、スペック要員が将器を覚醒しても、知力低下からの水計等のダメージ計略で撤退しやすくなる。
大体は誰が将器を覚醒しても知力低下の影響を及ぼせる。武力も低下させるので相手も無士気では対応しづらい。中々嫌らしい計略。
此方も相手がどの武将の将器を発動させても良いように、デッキ構築を考える必要はある。

武力と知力を士気4で同時に低下できる彼女の計略は優秀な部類には入るだろうが、やはり魏国内ではライバルが多過ぎる。
相手の将器の選択を狭めるという事は、逆に相手の将器選択でこの計略の生き死にが左右されるという事になり、相手デッキへの依存度が高いのが欠点の一つ。
また、知力上昇将器があり計略の依存も低いとは言え、本人の素知力が2で妨害持ちなのに妨害に弱いという点も採用を遠ざける理由になっている。

必要士気の軽さを利点として混色構成にしても良いが、その場合は同じ必要士気4で武力知力同時低下の計略を持つ、呉の趙夫人がライバルになる。
武力低下量・知力低下量・範囲共にこちらの方が優れているが、あちらは将器の所持に左右されず常に同時低下を狙える利点を持つ。
将器に左右されないという点で、ダメージ計略前提のコンボを目的とした混色デッキなら趙夫人の方が有力候補かもしれない。
魏との二色混成デッキの強みも活かし尚且つ武力知力同時低下も活かせるデッキを組むという難しい組み合わせが必要となる。

余談だが、相手に将器の概念がない義勇ロード訓練等のCPU戦では勿論追加効果は発生しない。

C張虎

武将名ちょうこ武の継承
張虎「神速の馬術ってもんを見せてやる!」

魏の名将・張遼の子。父の功績を讃えられ、漢の二十等爵における十九番目の「関内侯」に封じられた。後に偏将軍にまで昇進し、曹真の指揮下で蜀の諸葛亮を相手に楽綝と協力して前線で戦った。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力6 知力4 征圧力1
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 速度上昇 攻城
計略魏武の敢撃武力が上がる。さらに弓兵から受けるダメージが減少し、矢による妨害効果を受けなくなる
必要士気4
Illustration : 碧風羽


張遼の息子が大戦初登場。

一応コスト比最高武力ではあるものの似たスペックが張郃・曹洪と並んでおり、他にも1.5騎馬は多く居るので枠争いが激しい。
しかし参戦時点では唯一将器攻城術を持っており、ここが独自性となる。
但し、Ver1.2.0Dの調整で騎馬の攻城力がガッツリ下げられた為、あくまでも独自性である点に注意されたし。
他の将器も騎馬との相性は悪くない為、そこはデッキとの相談になるだろう。

計略「魏武の敢撃」は王双の持つ物と同じ。
武力+2が45C続き、また麻痺矢や武力低下といった弓による妨害効果も防げる。
長時間を活かした立ち回りはもちろん、対麻痺矢号令戦では突撃を好き放題出来るためかなり優位に立ち回れる。
王双のそれが苦手な弓への対策ならば、こちらは元々持つ騎馬としての優位性を更に高めるための計略。
ただ計略を使ったところで武力8である為、いくら弓に更に強くなるとは言え無計画に突っ込むと蜂の巣にされる為注意。

問題は魏と言う勢力自体がそこまで対弓に困らないという点か。

UC陳宮(奸智)

武将名ちんきゅう こうだい覇王の羽翼
陳宮 公台「我が命運、英雄と共にあり・・・・・・!」

若い頃より英雄や高名な学者たちと交友を結び、自らを高めていた。董卓暗殺に失敗し洛陽から逃げ出した曹操を捕らえるも、曹操に英雄の気質を見出すとその縄を解き、共に逃亡することを決意。過酷な運命に身を投じた。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力1 知力8 征圧力2
官職文官
特技-
将器知力上昇 突撃術 同盟者
計略奸智の謀略最も武力の高い敵の武力を下げる。対象の敵が将器を覚醒している場合、さらに移動速度を下げる
必要士気4
Illustration : RARE ENGINE


「1」以降登場していなかった魏の陳宮が約10年ぶりに帰ってきた!
最低武力と無特技が足を引っ張るものの、1コス騎馬で征圧2を備え、将器覚醒せずとも塗りに活躍してくれる。
高知力・高機動力を生かして伏兵を踏みに行けるのもポイント。相手の高知力伏兵を彼で踏めればしめたものである。

計略「奸智の謀略」は単体妨害。
挑発程度の前方円で、範囲内で最も武力の高い敵1体の武力を-4する。加えてその敵が将器を覚醒している場合は移動速度0.3倍程度を付与する。
将器を覚醒させている相手に対しての連環効果はなかなかのもの。神速戦法程度なら騎馬オーラを纏えなくできる。

この計略、ひいてはこのカードの最大の強みは『相手の主力の将器覚醒を躊躇わせる』ことにある。
相手にしてみれば将器を覚醒させる前提で採用している事もあり、戦う前から算段を狂わせることができる。
特に後の主君である呂布等、将器を覚醒をさせる可能性の高い速度上昇を伴う超絶強化型の騎馬に刺さるカードといえる。
とは言え単体妨害としては士気4と若干重い為、無計画な乱用は禁物。

魏の1コスト妨害騎兵は、同じく素の征圧力2を誇り特技2つを兼ね備える郭氏をはじめ、賈詡、劉曄など伏兵と征圧力上昇を兼ね備えた優秀な武将が多い。
将器覚醒を他に回せる征圧力2と計略の独自性で採用を決めよう。

EX(R)何晏

武将名かあん へいしゅく正始の音
何晏 平淑「アァ、真っ白だ・・・・・・
   神の如き美貌じゃないか」

後漢の大将軍・何進の孫。祖父が十常侍らに殺害された後、曹操の養子になる。とんでもないナルシストだが秀才で、若くから難解な書物を好んだ。「老子道徳論」をはじめ何十篇にも及ぶ作品を著し、玄学の創始者として後世に名を残した。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力8 征圧力1
官職文官
特技-
将器士気上昇
計略弱体化の謀略敵の武力が高いほど、武力を下げる
必要士気5
Illustration : セツ


何進の孫は、魏勢力で参戦。
しかし逸話を忠実に再現した結果、その台詞回しは完全に五石散中毒者。よくOKが出たものである。

魏の槍兵としては平均武力に高知力という安定感があるスペックは嬉しい。
特技なのは寂しいが、後述の計略も含めて十分蔡琰や満寵と枠を争える。

計略の弱体化の謀略は相手の武力を参照して武力を下げる弱体化計略。
範囲は自身に密着した円で、直径はカード2.5枚分程度。
武力低下値は (相手の武力値)×40%+2 で、端数切り捨て。
つまり『計略前後で武力が60%-2(端数切り上げ)』という状態になる(Ver1.1.0C)。
効果時間は自身と同知力に6c程度で、そこから知力-1ごとに効果時間 は1c弱増えていく(Ver1.1.0B)。
天下無双・飛中の呂布にかけると武力24から武力13になる。

とにかく武力が爆発的に上がる計略にめっぽう強い。
効果時間がそこそこ長く、並の英傑号令を先打ちした場合完全に相殺レベルにされてしまう。
また、武力上昇値が自身の素武力よりも高いなら超絶強化にも有効。

使用時の武力が参照されるため、相手の計略が切れても低下値はそのまま引き継ぐのも脅威。
例えば天下無双・飛中の呂布にこの計略をかけ、天下無双・飛の効果時間が終わると呂布の武力は0である。
こうなると効果時間がそれなりにあるため、知力1の呂布が延々足を引っ張り、相手に放置されると立て直しもできない。
ワントップデッキはこのような状況になると致命的なダメージを負うことになる。
悪鬼の大車輪零距離戦法などの低知力が持つ超絶は特に注意。
号令も号令中に複数部隊が巻き込まれると、効果終了後に複数部隊の武力が0ということにもなっており極めて危険。
計略使用の抑止力で言えば反計に匹敵し、効果時間の短い計略中なら反計よりも食らったら悲惨な計略である。

なお、素武力7を超える武将にそのまま使っても武力-4の効果がある。
単純な士気対効果だけなら弱体化の計と互角であり、高武力武将が複数採用される少枚数デッキ相手には、
相手の計略使用後に限らず狙う場面が多くなるだろう。

ただし、効果範囲がやや狭く自身に密着しているため、相手との距離がある状態で計略を使われ、直後に散開されると弱い。
この計略だけで相手の攻めや守りを大きく弱体化させることもできるが過信は禁物。
足の遅い槍兵であることもあるため、計略を狙いすぎて近づきすぎると相手に計略を使わせる前に落とされてしまう。

このカードを相手にした場合、できる限り散開し号令や超絶の先撃ちは厳禁。
相手に覇者の求心などの号令がある場合、相手が号令を撃ってからこちらも号令などを撃ちたい。
逆に相手に号令がいない場合、こちらの妨害に対しては無力なので妨害中心に計略を使ったり
神速戦法などなるべく武力上昇の低い強化計略を中心にゲームメイクをしたい。
正兵の法など、武力上昇は低いが全体に効果のある法具などはこの計略で止めにくいので選択の余地あり。
効果範囲が自身に密着しているため、うかつに狙いに来た本人を落とすチャンスもあるので
そこはしっかり狙っていきたい。

EX(R)曹彰(黄鬚)

武将名そうしょう しぶん拳闘の将
曹彰 子文「死ぬ気で戦わなきゃあ
   俺の命には届かないぜ!」

曹操の四男。常識の枠を外れた腕力があり、猛獣と格闘し軽々とねじ伏せることができたと言われるほど武勇に長けていた。鮮卑族との戦いでは、二度と敵対する気を起こさないよう、ことごとく打ち破り、魏への服従を誓わせた。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力9 知力5 征圧力1
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇
計略黄鬚の剛腕敵に衝撃によるダメージを与える。ダメージは互いの武力で上下する
必要士気5
Illustration : Boichi


2枚目の曹彰は槍兵で登場。
初登場時のVer.1.1.0Bまでこのコストの槍で武力9最高知力は張飛と甘寧の4だったため、武力と知力で見ると槍では単独トップのスペック。
ただし征圧力は1しかない。
特技でなく将器が攻撃力上昇に攻城力上昇の副将器3つで固定されており、
全勢力見ても最高クラスの戦闘力を誇る槍兵と言える。
計略を度外視して号令の攻城要員、槍消し要員に嬉しい魏待望の頼れる槍兵である。

黄鬚の剛腕は武力を参照するダメージ計略の基本形ともいえるもの。
効果範囲は火計のような前方長方形で、縦が火計より短め。
威力は通常の武力9の状態で武力2を確殺、武力6に7割、武力10に4割程度(Ver1.1.0B)。

確殺ラインは低めだが基礎威力が高めのようで
消耗している相手であれば高武力でもある程度撤退まで持ち込める威力がある。
それでも手刀防御のように吹き飛ばしなどの効果はないので
この計略を使う場合は確実に相手の戦闘力を削ぐ必要がある。
相手の計略で強化された相手に使うのはもったいないので
先撃ちで使うか、相手の計略の効果が切れて消耗したところが狙い目。

効果時間は短いが、一度に武力を7も下げられる郭嘉の十の因果は相性抜群。
コンボすれば士気8で武力9までは確殺なので大抵の敵は先打ちすれば片が付く。
採用するなら是非組ませたいが号令デッキの場合はデッキの総武力と相談して決めたい。


EX(LE)曹操(勇略采配)

武将名そうそう もうとく三國志13 with パワーアップキット
曹操 孟徳「用兵の神髄、
  曹孟徳が教えてやろう!」

「三國志13 with パワーアップキット」
宦官・曹騰の孫。曹嵩の子。魏の武王。許劭から「治世の能臣、乱世の姦雄」と評される。黄巾賊、董卓、呂布、袁紹らを破り華北を支配。213年に魏公、216年に魏王となる。 
コスト3.0
兵種騎兵
能力武力9 知力10 征圧力1
官職武官
特技伏兵 魅力
将器兵力上昇
計略勇略采配魏の味方の武力と攻城力が上がる
必要士気9
Illustration : コーエーテクモゲームス


Ver1.1.0Aで同名義のカードが多数追加されたが、EXカードでも登場。
日本の三国志ゲームの源流、コーエーテクモゲームズ版「三國志」シリーズとの、まさかのコラボである。

スペックは3コストと重量級だがその重さに相応しい圧倒的スペック。
EXカードなので将器は固定で、兵/攻/攻/攻となっている。
高武力、高知力、更に伏兵と魅力まで持ち、数値だけなら関羽を大きくしのぐ。
だがそのオーバースペックの代償として征圧力は1だが、後述の計略がそれをハンデと感じさせない威力があるため問題ない。

勇略采配は号令の中では最重量の必要士気9を誇る超大型号令。
武力+8、攻城力約2倍、効果時間10c(Ver1.2.0E)。

武力上昇値は士気9を考えればそれなりだが、とにかく攻城力が非常に高い。
騎兵の攻城力すら馬鹿にならず、自身の城門攻城は2割以上を削っていき、高コスト槍兵は3割以上を削っていく。
槍兵と組ませればワンチャンスで落城まで持っていく力があり、本人の征圧力の低さが全く気にならない。
征圧を完全に無視してスペックのみでデッキを組んでいってもいいほど。

だがやはり問題はその士気の重さ。
栄光の大号令と同じく、相手の城際で使わなければ使う意義が薄いためそのタイミング合わせに苦心することになる。
騎兵単の場合カウンターが狙いやすいがその分攻城力が落ちるので、そこは取捨選択になる。

また、武力上昇は士気相応かやや低いほどなので相手のフルコンに対抗できず、ダメージ計略なども弱い。
相手がフルコンをしてきてもこちらは重ねるような計略も撃てない。
また妨害などで足並みを乱されるとすぐに士気漏れの問題が浮上してくる。
攻城を入れて意味がある号令だが相手も英傑号令などを撃てば何とかしのいでしまうこともある。
チャンスは少ないので一度しのがれてしまうとまた防戦一方になりがち。
攻めばかり考えていると守る際に使える手がなくなってしまうため
他の士気回収計略に頼れない分袁紹よりも使用タイミングは難しい。

息子の魏武の継承者は守りの安定感を強化し実質的なフルコンにもなるため攻守共に相性が抜群。
征圧力低下のデメリットもほとんど関係ないほどの計略威力もあるため魏武の継承者の弱点のカバーにもなる。
他にも士気漏れ対策に魏武の強兵、防衛用なら後方指揮や迅速なる指令など
計略パフォーマンス向上に征知の教えなどが相性がいい。

余談だが、やや投げやり感の漂う計略名は実は原作(三國志13)再現。
使いまわしというわけでもなくれっきとした曹操固有の計略(戦法)で、こちらで言うと武力上昇+防護号令の効果。
イラストは勿論、ボイスも同じものを使用しているというこだわりっぷり。
(更なる余談ではあるが、CVの井上和彦氏は1986年にシンエイ動画・VAP制作のアニメ版「三国志」では劉備を演じていた。
 金髪の曹操や女于禁で一部で話題の方のアニメ版である)

修正履歴

Ver.1.1.5B 効果時間延長 9c→10c
Ver.1.2.0E 武力上昇値増加 +7→+8

EX(SR)甄氏(一心同体)

武将名しんし不磨美人
甄氏「儂は今困っておる」

代々2千石を有する高官の家柄であり、三男五女の末女にあたるが、彼女の名前だけは記されていない。「玉肌花貌」の美人として知られ、曹操の袁家征伐の折に、のちの魏皇帝である曹丕の妻となった。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力3 知力3 征圧力1
官職-
特技魅力
将器兵力上昇
計略一心同体最も武力の高い魏の味方の武力と移動速度が上がる。ただし自身は移動できなくなり、自身か対象の味方が撤退すると効果が終了する
必要士気4
Illustration : 西森博之


「週刊少年サンデー」とのコラボで登場したEX。
ネタはイラストレーターの西森氏の漫画「柊様は自分を探している」より、柊。

スペックはなかなかの部類なのだが、魏では1コスト弓に優先的に出番が来るデッキが少ないのが難点。
Ver.1.1.0C時点で武力3だけでも3人いるため李典などとデッキの方向性で使い分けていきたい。

計略の一心同体はデメリット付きの投げ計略のようなもの。
範囲は自身と密着した前方円で、攻守自在と同等くらい。
範囲内の最高武力の武将に武力+6、1.3倍程度の速度上昇を与える。
自身は動けなくなるが、弓の斉射は可能。
効果時間は約8cだが、効果中に彼女か強化された武将が撤退すると、計略効果が終了する(Ver2.0.0B)。
投げ計略のように見えるが、自身にも影響のある計略であるためか2度掛けはできない。

武力上昇、速度上昇共にデメリットのある計略としては控えめで
士気3の殿、私の馬を!とほぼ効果が変わらない。
一応弓の射撃はできるので計略中も完全に戦闘不能にならないのは殿、私の馬を!よりも優れているが
範囲が自身に密着しているので後方から自身の安全を確保してから計略を使うという形は作りにくい。
彼女も戦闘している場所の近くにいることになり、彼女を落としに来る敵の警戒が必須。

ダメージ計略や後方を狙う弓、特に射程上昇弓に非常に弱いなど弱点も多く、常に使える計略ではない。
この計略のみに頼るデッキ構成にするのは危険で、自城際の守りで使うと撤退リスクが高いため注意。
基本は裏の手かコンボ要員としてデッキに挿しておく運用になる。

簡単で実用的な使い方としては号令を撃った後、マウント要員の騎兵への使用。
号令で攻城部隊を城に張り付け、彼女は弓マウント要員として少し後方に構え
計略のかかったマウント要員の騎兵が攻城サポートをしつつ彼女の前を固めるなどすれば
殿、私の馬を!のように撤退者を出さずに彼女も戦闘に参加でき無駄がない。

武力7以上がいればこの計略から夏侯月姫(月光の目覚め)が目覚められるが、若き血の目覚めと比べると士気が1重いのでやや使いにくいか。

EX(R)曹丕(甄の衛士)

武将名そうひ しかん一の家来
曹丕 子桓「オマエなァ、
 俺がどんだけ苦労したと思ってんだ」

魏王・曹操の子。曹操の袁家征伐に同行し、鄴城攻略に貢献。高官の家柄であり、袁煕の妻だった甄氏を妻とする。その後、曹操が遠征中の留守を任されるようになり、魏諷の反乱計画を鎮圧するなど、手腕を存分に発揮した。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力7 征圧力1
官職武官
特技魅力
将器攻撃力上昇
計略甄の衛士戦場に「甄氏」がいるか、いないかで効果が変わる
甄氏有:武力と兵力が上がる
甄氏無:武力と移動速度が上がる
必要士気5
Illustration : 西森博之


「週刊少年サンデー」とのコラボで登場したEX。
ネタはイラストレーターの西森氏の漫画「柊様は自分を探している」より、白馬圭二郎。

7/7魅力は征圧を抜きにしても採用優先度の高い2コスト槍である。
特に固定の将器が優秀で攻撃力上昇の副将器兵兵兵は武力1相当に匹敵するため、実際の戦闘では数字よりも働いてくれるだろう。
征圧は1しかないが魏の場合優秀な騎兵が征圧力を補完できるので、征圧力の犠牲はあまり気にならない。
計略を抜きにしても採用できるレベルで、魏の号令デッキ戦術を大いに広げる、攻城力を補完する一枚。

計略は戦場に「甄氏」がいるかどうかで効果が変わる単体強化。
なお、この「甄氏」は同コラボのEX甄氏だけでなく、悲哀の舞いを持つR甄氏でも同じ扱いとなる。
甄氏が戦場にいる場合は武力+6、兵力6割ほど回復。
甄氏が戦場にいない場合は武力+6、速度1.3倍程度上昇。なお効果時間は共通で約9c(Ver1.1.5A)。

士気5で+6は十分及第点で、さらに甄氏がいる場合の回復量はなかなか破格である。
効果時間もそこそこ長いため、どちらの効果も士気相応の働きが期待できるだろう。

使い方としては甄氏がいる場合は攻城の一押しや、攻め上がって引く際の殿役などが有効。
諸葛亮の八卦の軍略の2部隊掛けや、蜀の陳到の不撓不屈に趣が似ており、
兵力の限界突破はないが回復量や元々の知力も高いため、居座って攻城につなげる力はなかなか。
悲哀の舞いに落ちやすいコスト2槍兵は入れにくい(ただし回復できるので粘りやすい)ので、
使うとしたらEXの方が機会が多いだろうが
両者ともスペックは城を殴る号令デッキ向きなので、号令デッキの一押しに仕込んでおくと戦術幅が広がる。

甄氏がいない場合は槍消しや槍出しが求められる場面で有効になる。
同じコスト2武力7の曹仁と比べると必要士気が1多く、武力上昇値でも1負けて征圧でも負けているが、
あちらは速度が下がるのに比べ、速度が上がるという差が生きてくる。
関羽などの超絶騎兵や、長時間強化計略と合わせて魏の騎兵を働かせやすくするために走ってもらったり
相手の超絶騎兵の突撃阻止にどんどん槍をちらつかせたい。

同名の魏武の継承者と同時採用できないのは非常に惜しまれる。

修正履歴

Ver.1.1.5A 武力上昇値増加:+5⇒+6

EX(R)荀彧(秘計)

武将名じゅんいく ぶんじゃく覇王の右腕
荀彧 文若「良策があります。
 あとは貴方の好みかどうかですが」

軍政両面で曹操の覇道を支えた文官。荀攸や郭嘉、戯志才など優れた人材を数多く推挙した。官渡の戦いでは都で留守を預かっていたが、袁紹の大軍に対し弱気になった曹操を激励するなど、勝利を陰から支えた。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力1 知力9 征圧力2
官職文官
特技防柵
将器長槍術
計略刹那の秘計敵の知力と移動速度を下げる
必要士気3
Illustration : かわすみ


1枚目に続いてやはりスペックは低めで、採用は計略目的になる。

刹那の秘計は妨害計略。効果範囲は自身密着、直径がカード2.5枚分程度の前方円で回転可能。
知力-4、移動速度0.2倍程度の速度低下を与える。
知力依存が低く、大体の相手に3cほど効く(Ver1.1.5A)

移動速度低下がかなり高く、通常騎兵でもほぼ動けない。
効果時間はかなり短いが、士気3計略と考えれば十分。
知力依存が低いので知力低下はあまり効果はないが、それ抜きに考えても連打も視野に入る。

移動速度と知力が下がるので、魏の水計との相性は抜群。
必殺の威力になる上に、範囲外に逃げることも困難になる。
また弓との相性もよく、相手を止めての複数部隊の斉射は高武力でも計略を使わなければ逃げられずに落ちる。
計略を使っても知力が下がっていて本来の力を発揮できないと、ジレンマだらけになる
連環の計のような決定打はないが士気が軽い分小出しに使いやすく、低スペックに目をつぶって採用する価値は十分ある。
効果範囲が自身密着なので、狙っているうちにすりつぶされないよう注意。

問題は魏の戦術とマッチするかである。
反計に比べて決定力がある効果とも言えず、移動速度低下などの妨害のライバルはなかなかに多く、
騎兵でもないことで枠を割きにくい。
反計と比べてこちらで自発的に発動できる計略であることは大きく
騎兵対策としてはコスト、士気共に手軽に仕込めるためそこで差別化していきたい。
征圧力が2なので、ワラワラデッキの騎兵対策や、相手のワントップの邪魔をするのも有効。

EX(R)龐徳(回収屋)

武将名ほうとく れいめい回収屋
龐徳 令明「テメエに戦のイロハってやつを
        学習させてやる」

蜀軍に挑む「回収屋」。義侠心を持つ熱血漢で、女子供には甘い。愛馬は自身が鍛え上げた毛並みの綺麗な白毛馬。その過去は、馬騰が率いた最強の精鋭部隊の生き残りで、その武勇は馬騰軍の筆頭とされていた。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力8 知力5 征圧力1
官職武官
特技-
将器兵力上昇
計略回収屋の強襲武力と移動速度が上がる。ただし走射できなくなり、効果中に敵を撃破すると効果が終了する
必要士気5
Illustration : 岩原裕二


ネタは同氏の漫画『Dimension W』より、主人公のマブチ・キョーマ。
ネタでは正確無比の投擲術で敵を仕留める所から、弓を握り回路ではなく敵将の首を狩る「回収屋」になった。
原作に準拠するならば複数の矢を手投げで同時に仕留めそうではある。

スペックは呉を代表する武闘派弓兵の太史慈から勇猛を取っただけのものと良好である。
将器EXカードなので兵力上昇、副将器は速度×3で固定。
弓兵と兵力は噛み合ってないように思えるが、コスト2武力8の高いコストパフォーマンスに兵力を持つのは希少である。
ときに肉壁にすることも視野に入れるのならば覚醒させるといいだろう。

計略「回収屋の強襲」は自身強化計略。
武力+6・移動速度1.6倍になる代わりに走射はできなくなり、敵部隊を撤退させると効果が終了してしまう。
効果時間は約9c。

同じく敵部隊撃破で効果が終了する仇討ちの覚悟と比べると元のスペックの代償からか武力上昇値が低く、計略使用時には逆転されてしまう。
騎兵の趙娥と違い突撃でダメージを稼ぐこともできないため、思いの外満足な成果が上げにくい。
弓自体の強化がない上に、迎撃対象になる速度上昇が致命的に使いにくい。
そのため、乱戦しにいくより移動速度上昇を活かしてつかず離れずの距離で弓マウントするほうがいいだろう。
走射ができなくなるデメリットも射撃対象変更時に走射で射殺してしまうことがなくなるのでこのためのものだろう。
しかし、士気5払って武力14になるというのはそこまで強力ではなく、大体の場合他に使うべき計略が残っている事が多い。

とはいえ、やや長めの効果時間と移動速度を生かして、守城時の乱戦限定のローテ要員とする使用法もある。
今まで魏のコスト2武力8の弓兵は知力1の曹彰しかいなかったためスペック要員としての採用が基本となるだろう。
ただし、最大の難点は第1弾の自分と共存できないこと。あちらも2コスト騎馬としてスペックがとても優秀なだけに悔やまれる。

余談だが、TVアニメも放送されたが、その際のCVは小野大輔氏だった。本作では残念ながらオリジナルの声優ではない。

EX(LE)王異(暴勇)

武将名おうい
王異「西涼の蛮族めが。
  女の意地と誇り、侮るな・・・・・・」

「三国志大戦3」
強さと聡明さを兼ね備えた、三国志きっての女傑。曹操に敗北し、暴れていた馬超を、計略によって西涼より追い出した。さらに祁山に襲来した馬超の猛攻を自ら兵を率いて防ぎ、見事に打ち払った。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力4 知力8 征圧力2
官職-
特技防柵 魅力
将器守城術
計略暴勇の報い敵の武力と移動速度を下げる
必要士気5
Illustration : 広瀬総士


広瀬総士氏の手掛ける王異が、三国志大戦3から復刻参戦。

スペックは三国志大戦3準拠。
魅力と防柵の2つの特技を持つが、武力4の弓というのは非力であり、計略要員としての採用となるだろう。
将器が守城術のため、計略も相まって防衛時にはなかなかの働きをしてくれる。

計略内容も三国志大戦3と同じく、超絶妨害というべきもの。
範囲がかなり狭く、直径で2マス分ほどの前方円、しかも1/3ほど自身にめり込む形となっており、ほぼ乱戦してる相手専用といえる。
武力-12と下げ幅は非常に高く、超絶強化相手にはめっぽう強い。移動速度低下は要検証。(ver1.1.5B)
しかし効果時間が知力5に約5cと短い。また自分より知力が高い相手に効きづらく、知力10を超える相手には2cも持たないため士気の無駄になりやすい。
このため、暴勇の報いを掛けた後は決して放置せず、他部隊と連携してすぐに処理するようにしたい。

EX(SR)賈詡(眩惑)

武将名かく ぶんわ魏寿郷候
賈詡 文和「悔いるのだな。
   私の敵になったことを」

魏の名参謀。董卓や張繍などの群雄に仕えた後、曹操の傘下に入った。権謀術数に長け、曹操と曹丕の二代にわたって重臣として辣腕を振るった。「三国志」の著者である陳寿は賈詡を「打つ手に失策が無し」と評価している。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力3 知力9 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器速度上昇
計略眩惑の誘導最も武力の高い敵の武力を下げ、自身に向かってくるようにする
必要士気5
Illustration :志水アキ


漫画家カードとして賈詡が参戦。恐らく「鉄鼠の檻」とのコラボ。

スペックは賈詡らしく知力偏重。一応高知力を活かせる伏兵持ちだが1.5コストにして武力3。
ただでさえお国柄状充実している魏において、スペック要員としての採用はほぼ不可能だろう。
その為、計略を主眼に入れた採用となる。

計略「眩惑の誘導」は挑発の一種。
対象の武力を-5して自身の方向へと引っ張る。自身が帰城、または撤退すると挑発効果は消えるが武力低下は消えない。
効果範囲は自身密着の、直径カード3枚分ほどの回転可能の前方円。
効果時間は知力依存が低く、大抵の相手に9cほど効く(Ver1.2.0E)

効果時間は挑発計略としては割と長め。
本人が騎馬と言う事もあり、敵の分断・キー武将の無力化など使い方は多岐に渡る。
また前述の通り挑発効果と武力低下の効果は別枠扱いである為、賈詡が撤退しても弱体化効果が働くのは強み。

問題は挑発計略にしては重い士気5である点。浄化や復活計略でも元が取れてしまう為、乱用は出来ない。
また「最大武力一人しか引っ張る事が出来ない」と言う点も割と難しい点であり、
力押しですり潰しにかかる超絶強化はもとより、号令持ち≠最大武力の事が多い号令デッキの相手も難儀。
更に賈詡自体のスペックが良くない為、武力-5があれども力負けの可能性は高い。

その計略の効果を最大限発揮するには味方との連携が必須。
その上で相手をどう動かし、勝利へ導くか明確なプランがあってようやく意味を持つ上級者向けのカード。

EX(LE)曹操(復刻)

武将名そうそう もうとく
曹操 孟徳「今こそ飛躍の時。
   わが志は、千里にあり!」

「三国志大戦3」
三国志の主人公のひとり。戦略兵法、政治のみならず、文学や芸術まで全てに精通し、「時代を超越した英傑」とまで評された。その並外れた知略で、群雄たちを次々と破り、魏の礎を築いた。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力10 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器兵力上昇
計略覇者の求心魏の味方の武力が上がる
必要士気6
Illustration : 獅子猿


獅子猿氏の手掛ける曹操が、三国志大戦3から復刻参戦。
このカードが出たVer1.1.5BでSTを含め6枚目の曹操名義のカードとなる。

スペックは第1弾の自分と同じ。
その為旧作にはあった伏兵は無い為、旧作では馴染み深い台詞だった「天は我に味方せり!」はカットされてしまった。
旧作プレイヤーが持つ物足りなさの原因は、実はこの伏兵だったりする。
しかしVer2.0.0Aで出陣台詞が追加されたことにより、再びこの台詞を聞けるようになった。

将器は通常排出の自分が持たない兵力上昇で固定。
素の武力がコスト比としてはやや低めである為、生存性を上げると言う点では相性が良い。
但し、通常排出の曹操も火力を上げる攻撃力上昇を持つ為、この辺の選択肢は悩みどころ。
将器は速度上昇×3。

コンパチブル武将

Ver.1.0.0 SR曹操(覇者の求心)
Ver.1.1.0A LE曹操(人形劇三国志)

EX(LE)賈南風

武将名かなんぷう
賈南風「いじめてほしいのなら、
    素直にそう言えば?」

「三国志大戦3〜猛き鳳凰の天翔〜」
賈充の娘で司馬炎の皇太子・司馬衷の后。残虐な性格の持ち主で、側室らを何人もその手にかけた。司馬衷が皇帝に即位して皇后となってからは賈氏で政権を独占し、富と名声を欲しいままにした。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力6 征圧力1
官職-
特技魅力 攻城
将器速度上昇
計略城内水計敵に水によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する。この計略は敵城に接触している時にのみ発動できる
必要士気7
Illustration : 音楽ナスカ


時代的に三国志というカテゴリーに含んでいいかどうか極めて微妙な人が、大戦3復刻LE枠で登場。
少なくとも時代的には魏ではなく晋なのだが、これもSSQの一つと割り切ろう。
なお旧大戦シリーズではすっかりお馴染みの絵師、音楽ナスカ氏が手掛けた初のSRカードであった。

武力2で伏兵掘りもできる知力に魅力・攻城と、ダメージ計略持ちとしては十分な良スペックである。
将器は速度、特技攻城、副将器攻城3と攻城に特化しており、実質的な攻城力は2倍以上。
これだけでも端攻めされると嫌らしい上に、計略がピンポンダッシュ向きでなおさら嫌らしい。
その計略は城内にいる敵にダメージを与えるという、大戦史上彼女以外に例を見ない計略。
戦場ではなく後宮で残虐の限りを尽くした彼女専門の計略であり、洪水が城門に押し寄せる独自ムービーとなっている。
攻城ゲージが出ている間=自身が城に張り付いている時しか使えないが、騎兵なのでその状態に持っていくのは比較的容易。

知力6とダメージ計略要員としては半端に見えるが、城内限定であるためかベース威力が他のダメージ計略よりも高め。
兵力100%の知力4は確実に撤退させられる。曹華の城外限定の水計が士気7知力7で知力2確殺と比べると凶悪な威力。
さらに知力依存も高めなようで、知力10で放つと兵力100%の知力7すら撤退に追い込む。

範囲は城内固定なので、相手が完全に城に戻った時に使わないと士気の無駄になるので要注意。
煙を上げて城に戻る時は退路遮断で判る通り戦場なので計略の範囲外である。
また相手が城に戻った場合はともかく、復活しているかどうかは見えないので博打性が高い事は理解しておこう。
ダメージ計略なのでダメージを与えた相手とその時点での兵力は判るのだが、それまでの相手の兵力管理の内容まではわからない。
高知力中心のデッキだとダメージを与えてもそのまま場内で回復され、士気差7からのカウンターを食らってしまう恐れがある。

一方、再起系の法具(連環再再なども含む)に対する強力な牽制となっている。
再起を使ってしまうと復活しないように城外に出していても強制的に復活する。
敵武将がいつどの順番に撤退したかも判断材料になるので、常に敵の状態は把握しておきたい。
また、こちらの攻城時に相手が守城ローテーションをしている場合でも、城内の足並みを崩すと割り切って使ってもいい。
知力低めのデッキなどではうっかり再起を使ってしまうと、城内で全滅となってしまうので注意が必要。

ただ敵城前の攻勢特化なだけに、戦場中央でのぶつかり合いや守勢時では計略が使えずただの低武力武将に過ぎないのが痛い。
マウントを長時間取れる魏武デッキ、殲滅から一気に攻勢に転じる事が出来、相手に再起系奥義を使わせやすい神速デッキ
混色を承知でワラデッキに入れて守城ローテを崩してから数の暴力で勝負を決めるなど、
LE賈南風にしかできない、という戦術デッキ構築段階から目指してカードの取捨をしていきたい。

対策は、とにかく自軍が自城で回復している時に賈南風を張り付かせない事に尽きる。多少兵力が減っていても自城から出そう。
どうしても回復時に張り付かれた時には、反計や復活カウントを1で止める事、計略を撃たせてからの再起などが有効である。
ただし復活止めや撃たせて再起は、それだけ相手に攻城のチャンスを与えることでもある事は覚えておこう。

EX(R)陳宮(捨身)

武将名ちんきゅう こうだい英雄の懐刀
陳宮 公台「覇道を理解できぬ者には
     ・・・・・・死、あるのみ」

曹操に仕えた智謀の士。董卓暗殺を図った曹操を捕らえるも、彼が覇道を往く英傑であると見抜き、共に脱走。反董卓連合が崩壊し、乱世が始まると覇道の第一歩として曹操を兗州牧に就けたが、後に同じ英傑の器と見た呂布に仕えた。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力1 知力7 征圧力3
官職文官
特技-
将器復活減少
計略捨身の教授最も武力の高い魏の味方の武力が上がる。ただし対象の部隊は効果終了時に撤退する
必要士気4
Illustration : 松野トンジ


魏に追加された3枚目の陳宮。これで、馬槍弓を全て1コスト武力1で制覇したことになる。
全体で通算3枚目の1コストで征圧力3は大きいが足の遅い槍兵で、さらに武力1で無特技と総合的には厳しめのスペック。
将器も復活+活活活なので、覚醒の優先度は低い。

捨身の教授は、魏武将限定の投げ漢の意地ともいえる計略で、武力+8が約7c続き、効果終了時に撤退となる。
「伝授」ではないので自身は撤退しない。

計略を生かすなら、悲哀の舞に仕込んでやり、高武力を押し付けつつ、次の撤退先を確保できるのでオススメ。
効果時間も約7c程度なので、長く続きすぎることもないという点も悲哀には活きる。
また、普通に計略を使っても武力が8上がるので、引き際に撃ち込んでしんがりにしたり、攻め込んで行く時に内乱を狙ったり、
守勢時に投げて城門死守で行くのも実用範囲。

余談だが、撤退台詞が某ロボットアニメの最期の台詞にそっくりなのはCV繋がりだから…なのだろうか?

EX(LE)司馬懿(復刻)

武将名しばい ちゅうたつ
司馬懿 仲達「我が智の前では、
   貴様なぞ赤子に等しい・・・・・・」

「三国志大戦3」
曹叡死後、幼帝の補佐を任されるも、曹爽一派の策略で、実権から遠ざけられてしまう。この間、病気の演技で相手を油断させ、のちクーデターで曹爽らを一掃。魏での権勢は絶大なものになった。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力5 知力10 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器速度上昇
計略攻守自在魏の味方と敵の部隊数に応じて効果が変わる
魏≧敵:魏の味方の武力と征圧力が上がる
魏<敵:敵の武力と征圧力を下げる
必要士気6
Illustration : 一徳


一徳氏が手掛ける司馬懿が、三国志大戦3から復刻参戦。

性能は第1弾の自分と同一。
コンパチである為当時のように魅力は持たず、計略も「奇策縦横」でも「機略自在」でもなく「攻守自在」。

将器コンパチ元が所有していない速度上昇+速速速の速度マシマシ型。
計略の都合上自身は強化の恩恵に与れない為、距離を取ると言う点では悪くはない。
但し通常排出の自分が持つ知力上昇も捨てがたいところ。

コンパチブル武将

Ver.1.0.0 SR司馬懿(攻守自在)

EX(LE)張春華(復刻)

武将名ちょうしゅんか
張春華「うふふ、心配なさらないで。
 汚い鼠は殺しておきましたから・・・・・・」

「三国志大戦3」
司馬懿の妻。曹操の仕官の誘いを、仮病でごまかしていた夫の姿を目撃した下女を、口封じのために殺してしまったという、ぶっとんだ女性。司馬懿は怖くて、生涯妻に頭が上がらなかったという。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職-
特技魅力
将器知力上昇
計略翻意の計敵の武力を下げ、征圧する領域を反転させる
必要士気5
Illustration : masaki


masaki氏が手掛ける張春華が、三国志大戦3から復刻参戦。

性能は第1弾の自分と同一。
旧作ではコスト1の知力寄りスペックの弓兵だったが、本作ではコンパチなのでバランス型の騎兵である。
将器コンパチ元が所有していない知力上昇。妨害計略持ちである為知力が8になるのは純粋に好相性。
将器攻城×3固定。

イラストこそ「隠密戦法」持ちだった「3」準拠だが、
「2」では「雲散霧消の計」(雲散+弱体化)を持ち、「1」では「雲散消沈の計」(雲散+連環)という計略を持っていた。
しかし「2」までの計略台詞と違い、本作での計略台詞は一騎打ち勝利時の台詞になっている。

コンパチブル武将

Ver.1.0.0 SR張春華

EX(R)金郷公主

武将名きんきょうこうしゅ
金郷公主「またあの人は……
  こんなもの捨てちゃいます!」

曹操と杜夫人の娘。見識深い聡明な女性で、夫・何晏の愚行を嘆いては、いずれ罰を受けるだろうと母親に相談した。それを知った司馬懿は彼女に先見の明があるとして称賛し、何晏が処刑される際には息子の助命が許された。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力4 征圧力1
官職-
特技魅力
将器士気上昇
計略叱咤の身代わり撤退中の最も武力の高い魏の味方が復活し、知力が上がる。ただし自身は撤退する
必要士気4
Illustration : 匡吉


曹操と杜夫人の娘であり、何晏の嫁が大戦初登場。
怒りながら袋を破っているイラストになっているが、この破っている袋は間違いなく五石散であろう…。

スペックは直接戦闘で足を引っ張らない武力2・伏兵を踏んでも即死しない程度の知力4と1コストとしてはまずまず。
女性武将らしく魅力も持っているが、素征圧1はやや苦しいか。
将器は士気上昇、副将器は復活減少×3固定で、自身の計略との相性は悪くはない。

計略「叱咤の身代わり」は撤退中の最大武力の味方を復活させ、更に知力を+4する。但し自身は撤退してしまう。
知力上昇の効果時間は8C。麋夫人の持つ「挺身の身代わり」の知力版と言える。
現シリーズでは全勢力で唯一持たなかった魏待望の復活計略だが、他の単体復活と違い対象が魏限定になっている点に注意が必要。

魏は他の国と比べるとワントップ型を組みづらい傾向にある為、意外と勢力限定の単体復活は扱いが難しい。
好相性な武将となると、3コストである関羽(武の咆哮)や曹操(勇略采配)、計略特性上撤退のリスクがつき纏う徐晃(大斧神穿)か。
一方で生存する事に意味のある郝昭のような長時間計略持ちとの相性は良くない。
自身が撤退する事がトリガーになる悲哀の舞いとも相性が良いが、前述の通りワントップ型の組み辛さは問題か。

現状はやはり、魏の関羽のサブとしての採用が中心か。

EX(LE)張遼(復刻)

武将名ちょうりょう ぶんえん
張遼 文遠「狙うは孫権の首ひとつ。
      阻む者、全て斬る!」

「三国志大戦3」
魏の猛将。合肥に駐屯していた時、孫権が10万の軍勢を率いて合肥を包囲した。張遼はこれにわずか800の兵で出撃、見事孫権軍を討ち破り、孫権を討ち取る寸前のところまで追いつめた。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力9 知力6 征圧力2
官職武官
特技-
将器士気上昇
計略神速の大号令味方の騎兵の武力と移動速度が上がる
必要士気7
Illustration : TOHRU


「進めええい!」の台詞で神速デッキを支えた、TOHRU氏の張遼が、三国志大戦3からの復刻参戦。
呂布・諸葛亮同様、故・田中一成氏のボイスがそのまま使われている。ファンとしては感無量だろう。

スペックは第1弾の自分と同じ。将器は士気上昇となっている。
通常排出の彼の将器もこれといったものがなかったが、こちらも高コストが持つにはややイマイチ。
一応神速の大号令は士気7と重い為そのフォローにはなるが、あまり気にするレベルではないだろう。
将器は兵力上昇3つで固定。

コンパチなので仕方ないのだが、旧作ではあった勇猛は無くなっている為一騎討ちには要注意。

コンパチブル武将

Ver.1.0.0 SR張遼