人物紹介 / 管輅


管輅

正史にも登場する占い師。

魯粛、夏侯淵の死を予言するのは演義での話であるが、これ以外に趙顔という当時19歳の青年の話もよく知られる。
管輅は趙顔の顔を見て「後数日で死ぬだろう」とうっかり口走ってしまい、寿命を伸ばしてほしいと懇願されてしまう。
やむなく桑の木の下で碁を打っている二人の老人に贈り物を贈るよう助言すると、
実は北斗星君、南斗星君という二柱の神であった老人によって99歳まで寿命を伸ばしてもらい、生きながらえたという。

正史では何晏の没落を予言して本人に怒られるも、帰宅後話を聞いて身を案じた舅に
「死人と話すのに何も怖いことなど無い」と言い放ち、言葉通りに何晏は年が明けてすぐに処刑されている。