カードリスト / 第1弾 / / 朱治


武将名しゅち くんり
朱治 君理「老いを知らないこの体で
孫呉に勝利を献上しましょう!」

孫家三代に仕えた武将。孫堅の死後、袁術軍の中で孫策の活躍の場を作ろうと奔走し、旗揚げを助けた。孫権の代でも賊討伐や領内の統治に働き、呉の土台を堅固とする。孫権から特別待遇を受け称えられたが、慎ましく生活した。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力6 征圧力2
官職武官
特技伏兵
将器兵力上昇 遠弓術 速度上昇
計略守城戦法武力が上がり、ダメージを与えている敵の攻城ゲージを減らす
必要士気3
Illustration : クロサワテツ


やたら幼い外見の孫呉の宿将。一応武官である。
そしてこれでも孫堅と同い年(156年生まれ)である。なおイラストは40代であるとの事(JAEPO配布イラストカードより)。

武力2だが知力6の伏兵に征圧力も2と安定感のあるスペックで、邪魔になることはまずない。
計略は武力を+1しダメージを与えている(=乱戦しているor弓攻撃している)敵の攻城ゲージを減らすというもの。
乱戦では自身の兵力も減ってしまう為、主に弓での遠距離攻撃で使っていく事になるが、効果時間が40c(Ver2.0.1B)と非常に長いので、士気溢れ対策としても使う事が出来る。
弓の国の呉では弓兵の守城術もそう珍しいものではないが、コスト1弓に限れば武力1の虞翻と呉夫人しか持っていないので、
デッキの総武力も落とさず将器も割かずに必要な時守城術を用意できるのは、言葉にすると一見地味だがどんなデッキでも便利に働ける。
1対1なら相手の攻城を完全に止める事が出来るが、相手も朱治と乱戦して弓攻撃を止めるなど妨害に来るのでサポートは必要だろう。

征圧戦を中心にするなど大きく攻城を取り難いデッキであれば、重い一発を防げるこのカードは勝敗を分ける防衛の要になることもあるだろう。
特に文鴦や姜維などの超絶槍や黄巾の群れを使った張梁などの武力では止めにくい攻城をコスト1弓の士気3計略で完封できる。
ただし武力3止まりなので、朱治を落としに来られると脆い点には注意。
守城戦法中の朱治の矢を受けても攻城を続けてくれるような相手なら良いが、CPU相手でもない限りそうはいかない。
朱治一人に任せて他の部隊の操作に集中しているといつの間にか朱治が撤退したという事になりかねないので、
守城戦法はあくまで守城のサポート計略と考えて、攻城ゲージを止めている間に出来るだけ早く攻城部隊を排除したい。

将器守城戦法を活かすなら遠弓術が良い。征圧力を活かすなら速度上昇や兵力上昇になるか。

修正履歴

Ver.2.0.1B 効果時間延長(31C→40C)