CPUピーチ(3DS)


スマブラfor3DS攻略>CPU行動まとめ(3DS)

CPUピーチ(3DS)


「――ちょっとキノピオ、前回殆ど仕事してないじゃないの!? 今回は役に立ってもらうわよ!!」

CPU概要


空中浮遊の女王降臨。遠距離で何かと屈伸運動を繰り返しては、こちらに近づいてくる。
超低空浮遊を使いこなし、こちらと同じ高さから空中技を使う。特にクラウンナックル(空中前攻撃)の頻度が高い。代わりに空中上下技の頻度は少ない。無駄に空中浮遊を使うせいで地上技の頻度が少ない。
しかし空中技を積極的に使う以上、CPUの弱点である「CPUが自主的にジャンプした場合、相手がシールドを張っていても延々攻撃を繰り返す性質」をモロに食らっており、待ちに対して異常に弱い。

だからと言って、調子に乗って先制攻撃すると超反応キノピオガード(通常必殺技)の餌食にされる。また、相手の攻撃関係なく、空中浮遊の終点や着地寸前で使用する場合がある。
ピーチがガーキャンに弱いこともあり、投げ技で対抗すると良いだろう。

ピーチは野菜引っこ抜き(下必殺技)を繰り返すことがある。野菜の保有はあまりせず、即効で捨ててしまう。

他のCPUにも同じ事が言えるが、コイツと戦う時は「受け」の姿勢が大事。空中技の始動モーションがわかりやすいので、対CPUガーキャンの練習相手に丁度いい。CPU戦の基本が整っていれば、特に苦戦することなく倒せるだろう。



戦闘能力


地上戦空中戦復帰力(高所)復帰力(低所)隙の無さ総合戦闘力
DSCCEE


ジャンプ回数射撃技射撃反射、吸収技チャージ技ガード無効技カウンター技ワイヤー復帰空中浮遊
2回××××


通常技主力スマッシュ三種
空中技主力空中浮遊、クラウンナックル(空中前攻撃)、スカイヒップ(空中後攻撃)
必殺技主力キノピオガード(通常必殺技)、野菜引っこ抜き(下必殺技)
緊急回避対策オルゴールダンス(上スマッシュ攻撃)、ドレスエッジ(下スマッシュ攻撃)、スカイヒップ(空中後攻撃)
隙潰し掴み、レディープッシュ(ダッシュ攻撃)、ピーチスマッシュ(横マッシュ攻撃)
行動キャンセル野菜引っこ抜き(下必殺技)
高所復帰技空中浮遊、ピーチパラソル(上必殺技1~3)
低所復帰技空中浮遊、ピーチパラソル(上必殺技1~3)
復帰阻止ピーチスマッシュ(横スマッシュ攻撃)、クラウンナックル(空中前攻撃)、キノピオガード(通常必殺技1~3)



特徴


  • 何かと空中技の使用頻度が高い。
  • 超空中浮遊で接近しつつ、空中技で攻撃する。攻撃後は空中浮遊を中断し着地する。
  • やたら空中浮遊したがる弊害からか、遠巻きで見ていると頻繁にジャンプを繰り返す。落ち着きがない。
  • カウンター技であるキノピオガードを所持。こちらが攻撃するタイミングを誤るとカウンターされやすい。
  • 野菜を引っこ抜いても所持はほとんどせず、すぐこちらに投げつける。
  • 復帰阻止技はクラウンナックル偏重。空中浮遊で相手に近づき、一発攻撃してからステージに帰還する。
  • 空中浮遊を最後まで使ってから(余っている場合、ステージ付近で時間稼ぎ)ピーチパラソルで復帰する。

弱点


  • シールド張っている相手にも延々と攻撃し続けるので、ガーキャンに超弱い。
  • それゆえ、カウンター技を持つ相手には非常に弱い。
  • 他のCPUよりも空中技の使用頻度が高く、攻め入るチャンスを作りやすい。
  • 空中浮遊→相手の攻撃に関係なくキノピオガードを使う。投げ技が弱点。
  • ステージ外へ吹っ飛ばされるとステージ付近を空中浮遊で時間稼ぎする。何かと叩き落とされやすい。
  • ピーチパラソルは一度発動すると、着地するまで閉じない。


技リスト


技分類技名ダメージ使用頻度主な用途
弱攻撃ロイヤルびんた%C
弱攻撃2往復ロイヤルびんた%C
ダッシュ攻撃レディープッシュ%C2段ヒット技。緊急回避対策。
横強攻撃カンカンキック%C稀に地対空。
これに打ち上げられるとスマッシュ、空中技を食らう可能性がある。
上強攻撃%D地対空。使用状況が限られてり、対空手段ぐらいしかお目にかかれない。
隙が少なく先端判定が強い。空中から突っ込むとこの技で捌かれやすい。
下強攻撃エレガント足もとすくい%D崖掴まり阻止ぐらいにしか使わない。崖に粘着していると喰らいやすい。
横スマッシュ攻撃ピーチスマッシュ%B隙潰し、復帰阻止。
取り出す武器は、ピーチが使うたびに順番に変化する。フライパンは攻撃力が高い。
斜め下にも判定が届く。出も結構早いので誘発は困難。横の判定が弱い。
上スマッシュ攻撃オルゴールダンス%B緊急回避、対空技。
横の範囲は狭いが強力。上強攻撃同様、空中から攻め入るとこの技で潰される。
下スマッシュ攻撃ドレスエッジ%D緊急回避対策に稀に使用。
崖つかまりしている相手にも使うことがある。
稀に、遠くで唐突に使用することがある。後隙はそこそこ。
空中N攻撃ピーチスピン%B準主力。回避潰し。相手が密着していると使用するが、位置関係上クラウンナックルの方が採用されやすい。
攻撃発生時間が長いのでしっかりガード。着地硬直が少ないので注意。
空中前攻撃クラウンナックル%S超主力。
攻撃前後の隙が大きい。ピーチが空中浮遊で近づいてきたらこの技を使う合図。ガーキャンのチャンス。
復帰阻止にも使う。斜め下にも攻撃が届くため、崖掴まりを狙うときは注意。この技ばかりで復帰阻止するため、行動がややワンパターン。
空中後攻撃スカイヒップ%A回避潰し。高火力。背後版クラウンナックル。
予備動作が皆無だが、攻撃する際は必ず空中浮遊で接近するためガーキャンは容易。
攻撃時に重心がこちらに伸びるため、掴みが入りやすい。
空中上攻撃%C上部の相手に使用。発生が早く隙も短い。ピーチの頭上に立たないように。
空中前後技に出番を奪われがち。
空中下攻撃スーパーピストンキック%C真下の相手に使用。吹っ飛ばされると、この技で反撃する場合がある。
空中浮遊中での使用頻度は低め。真下に相手がいても何故か何もしない場合が多く、クラウンナックルの出番を奪われてしまうこともある。
つかみ攻撃ヒールスタンプ%速い
前投げロイヤルびんた飛ばし%B
後投げアイアンヒップ%B
上投げハンドトス%D
下投げピーチドロップ%A
通常必殺ワザキノピオガード
キノピオスリープ
キノピオアタック
%B
B
B
恐怖のカウンター技。
ピーチの行動終了時、相手が攻撃モーションに入っていると、この技が選ばれる。
時折空中浮遊から繰り出すほか、こちらが何もしなくても使ってくるときがある。対策には投げ技が安定。
キノピオアタックはカウンター技ではないが、発動タイミングはキノピオガードと全く同じ。
横必殺ワザピーチボンバー
フラワーボンバー
飛び立つピーチボンバー
%D
D
D
使用頻度は高くない。
空中浮遊から使う場合が多い。しかし相手よりも高い位置にいないと発動できず、目標の頭上を飛び越えてしまう。
移動距離がそこそこあるので奇襲に注意。
上必殺ワザピーチパラソル
パラソルハイジャンプ
ふわふわパラソル
%D

復帰技。
判定が非常に強く吹っ飛ばし力も高いが、シールドはあまり削らない。崖際の相手にぶつけるように使用する。
一度発動すると着地するまで傘を閉じない。挙動が「回避優先モード」のCPUと酷似している。CPUの落下先を読む練習にちょうどいい。
下必殺ワザ野菜引っこ抜き
ふわふわ野菜引っこ抜き
重い野菜引っこ抜き
%S

主力。
引っこ抜いて、その場ですぐ投げる。持ち運びはほとんどしない。
足の速いキャラなら、引っこ抜きモーション中に攻撃が入る。行動キャンセルでも野菜引っこ抜きを誘発できる。




主な対処法


主力技・・・超低空浮遊で近づいてきたら狩り時だ!


コイツの最大の特徴。超低空浮遊を使いつつ接近し、目標に到達すると対応した空中技を使う。CPUピーチの行動の大部分はこの空中浮遊と各種空中技が担っている。
その用途はかなり広く、遠〜近距離戦は愚か対空技や復帰阻止にも使う。もちろん復帰も完備。

使用する空中技には偏りがあり、基本的に空中前後技ばかり使う。特にクラウンナックルの使用頻度が凄まじく、前方の相手にこれでもかと使う。後方の相手はスカイヒップで対応。
回避潰しに空中N、後ろ攻撃。稀にピーチボンバーやキノピオガード。

しかしこの空中攻撃、相手がガードしていてもお構いなしに攻撃を続行するのでガ−キャン戦法にとても弱い。空中浮遊は攻撃を仕掛ける合図。頻繁に使うクラウンナックルやスカイヒップの隙も結構デカい。一度攻撃を行うと空中浮遊を中断し地面に着地する。この間に反撃だ。
Xと違い相手が攻撃モーションに入っても空中浮遊を中断しないので、うまくいけばスマッシュが入る。しかし稀にキノピオガードを使うため、安定性に欠ける。ベストはやはり投げ技だろう。
空中浮遊中にもピーチボンバーを使う。しかし発動位置に問題が有り、ピーチがこちらよりも高い位置にいないと発動できず、ほとんどの確率で頭上を飛び越えてしまう。どちらにしろガーキャンが有効。

着地硬直中はピーチの体勢が低くなる。ピーチをしっかり狙わないと攻撃判定がピーチの頭上を掠めてしまう時がある。

因みに空中浮遊中に強力なアイテムが出現すると、空中浮遊したままアイテムの足元に移動する。この間は防御が脆い。



必殺技・・・胞子感染の恐怖


CPUの超反応とカウンター技の相性は抜群。コイツはキノピオガードを持ち、あらゆる攻撃から身を守る。
キノピオの使用タイミングは大きく分けて三種類。

.圈璽舛旅堝綾了直後
ピーチの行動終了直後、すなわち攻撃終了時や緊急回避の終着地点に攻撃モーションに入る相手が居ると、ピーチの次の行動にキノピオガードが選択される。
前述のとおり、コイツは空中技をぶち込んでは勝手にデカい隙作るので、ガーキャンに手間取らないように。

空中から相手に接近すると使用
ピーチが空中に吹っ飛ばされると、落下中に相手のそばでキノピオガードを使う。この時は相手の攻撃モーション関係なしに使用する。待ち戦法なら簡単に対処できる。
崖ジャンプ直後にも使用するので、崖ジャンプを読む場合は素早く攻撃を入れたい。

I帰阻止
復帰中の相手にも使う。崖際で待ち構え、真横から攻撃、若しくは復帰技をぶつけようとする相手に超反応キノピオガード。
横から復帰技をぶつけると胞子に犯されやすい。崖掴まり、若しくは頭上を飛び越して復帰しよう。

プレイヤーにとって、CPUの超反応は嫌らしい存在。しかし待ちに徹していれば怖くはないぞ。そもそもコイツはガーキャン耐性がゴミレベル。
キノピオアタック(通常必殺技3)はカウンター効果を持たない。しかし発動タイミングは本来のキノピオガードと一緒なので、ある程度ゴリ押しが可能。

因みに、キノピオの胞子は射撃技扱い。マリオのスーパーマントなどの反射技に反応してキノピオガード行った場合、反射された胞子でピーチがダメージを受ける。狙う価値は皆無だが、なかなか面白い光景だ。



必殺技・・・株アレルギー?


距離があると頻繁に野菜引っこ抜いて投げつける。株の表情ごとに攻撃力が異なり、しわくちゃ顔の野菜が最も威力が高い。

ピーチは遠距離で野菜を引っこ抜いては即投げつける。株を保持することは殆どなく、相手が同じ足場にいるとポイしてしまう。手に泥でもつくから嫌なのだろう。
この行動から、株を投げるタイミングがある程度分かる。ピーチの行動終了後を狙って射撃反射技やシールドで防ぐべし。ピーチとの距離が近ければガーキャンがギリギリ入る。
株投げは行動キャンセルで誘発可能。




行動キャンセル&隙潰し・掴み・・・スマッシュを読んでケツをしばけ


こちらが攻撃を外すと横スマッシュと掴みを繰り出す。投げ技は下投げの頻度が高い。また横スマッシュは前後隙がやや短い。
ピーチはガーキャンへの耐性が低い。下手な攻撃はキノピオガードではじかれるため、攻撃を入れるタイミングを誤らないように。
ヤツの横スマッシュの発動を読んでおくと良い。後方に回り込んで素早く反撃だ。

行動キャンセルされると野菜を引っこ抜く。隙は短いが引っこ抜き中を叩ける。


対地&対空技・・・対地対空戦でもキノピオガード


空中の相手には上スマッシュや上強、ジャンプからの空中上技を使う。どれも判定がやや強めなのでピーチの横にそれるよう着地しよう。
こちらの攻撃に合わせてキノピオガードを使う可能性もあるので手を出さないようにしたい。

吹っ飛ばされた場合は対応した方向に空中技を使う。位置関係から空中下攻撃の採用率が高い。ガード削り力は低めだが連続技に加え着地硬直が少ない。ピーチの位置に応じて回避するか反撃するか判断しよう。
また、こちらの攻撃に関わらずキノピオガードを使うことがある。防御に徹していれば反撃は容易いはずだ。終了際に上スマッシュや空中技をぶち込んでやれ。



復帰阻止・・・空中浮遊に頼りすぎ?


大抵のCPUは復帰阻止を行う場合、崖際でスマッシュや必殺技を行う。ピーチは行動パターンが特殊で、超低空浮遊で空中前攻撃を使う。ここでもクラウンナックルの出番だ。

復帰阻止パターンは二種類。一方は従来のCPU通り、崖際で技を使うパターン。そしてもう一つは、なんと「空中浮遊で崖から飛び出し、クラウンナックルで迎撃するパターン」。
空中浮遊で迎撃に走る際の挙動は決まっている。空中浮遊で相手との上下位置をピッタリと追尾し、相手がピーチに近づくとクラウンナックル使用と同時に後退、ステージに帰還する。相手がステージから離れすぎた場合、一定位置まで進んだあと折り返しステージに帰還する。

なかなか嫌らしい行動に見えるが、復帰阻止の挙動がややワンパターン。空中浮遊中は横一直線にしか動けないため、ステージ上部からの復帰や崖掴まりには対応できない。またピーチ真下の相手に対する攻撃手段を持たない。下の相手にも何故かクラウンナックルしか使わないため、足元がガラ空き。
難易度は高いが、復帰阻止クラウンナックルを誘発させてステージ外へおびき出せる。空中浮遊中のピーチへ真下から接近、クラウンナックルを誘いつつピーチの尻をぶっ叩くように攻撃を加えよう。

他にも横スマッシュ攻撃を使うが、判定がクラウンナックルと似ている。同じように対処すれば問題ないだろう。
間違っても崖で待機しているピーチに復帰技を当てないように。キノコの胞子が飛んでくるぞ。



復帰・・・ハエを叩き落とすように撃つべし!


復帰手段はピーチパラソル(上必殺技)と空中浮遊。まず空中浮遊で距離を稼いでからピーチパラソルで復帰する。崖際に相手が居るとピーチパラソルを当てに来る。
ピーチパラソルを一旦発動すると、着地するまで傘を閉じることができない。「回避優先モード」と同じ扱いなのか、プレイヤーからなるべく離れる、若しくはプレイヤーの背後への着地を試みる。崖際に追い込んでスマッシュを決めよう。
この時のピーチはやたら小刻みに傘を開閉する。あまり意味を成していない。
この習性から、「回避優先モード」のCPUの着地位置を把握する練習にちょうどいい。

復帰する際、時々空中ジャンプ後に空中浮遊でその場で停滞し、時間を稼ぐ。何が目的かは不明だが、こちらから見れば殴ってくださいと祈願しているようなもの。自分の攻撃が届く位置なら、本望のまま殴ってやろう。低い位置にいるなら、メテオや踏み台ジャンプで沈めてやろう。
注意すべきところは、プレイヤーがステージから飛び出した瞬間に空中浮遊をやめてしまう。直後にピーチパラソルを食らう危険があるので、殴るなら即効で。

空中浮遊中のピーチにメテオを当てると爽快。ハエを叩くようにぶちかまそう。



最後の切りふだ


切りふだ名ダメージ回避難易度発動タイプ復帰中発動
最後の切りふだ?ピーチブラッサム初段回避:S,睡眠回避:Cネス型/接近タイプ×



地面は危険。崖掴まりを維持すべし


ピーチブラッサムは地上の相手を強制的に眠らす技。地上に居ると眠らされてしまうので、なるべく空中を陣取ろう。滞空時間の長いキャラは空をずっと飛べば良い。逆に滞空時間が短いキャラは崖掴まりするといい。
ただし切りふだ発動中は画面がピーチを大きく写し、周囲の状況が確認不能になってしまう。自分の位置は前もって把握すべし。やや外道だが、プレイヤー一人で遊んでいるときはポーズをかけて自分の位置を把握するのも良いだろう。

また、切りふだ発動と同時に20%のダメージを必ず受けてしまう。このダメージ判定は、下手に気にすると眠らされてしまう可能性がある。生き残ることに専念しよう。



ピーチ近辺はもっと危険


しかしここで注意。ただ崖掴まりやジャンプで回避すればいいと言う訳ではない。
3DS版で、ピーチの周囲に相手を問答無用で地面に叩きつけ眠らせる判定が追加された。例え空中にいても、こちらが画面内に侵入すると抵抗する間も無く墜落する。墜落中は横移動以外何も操作できない。

CPUの相手認識範囲は、ピーチを中心に円状に広がり直径終点の半分程度。強制睡眠判定よりも相手認識範囲は広い。こちらはあらかじめ崖際に待機しピーチの接近に合わせてジャンプ、切りふだ発動を確認したら眠らされないよう崖に掴まろう。
ピーチが切りふだを使う前に崖掴まりを行うと、ピーチは切りふだを使わずこちらに接近、そして時間を置いて発動するため非常に危険。

切りふだ終了を見計らって崖ジャンプ、ステージに置かれた桃を回収しよう。



まとめ


  • 空中浮遊からの空中技は装甲が脆い。ガーキャンで対抗しろ!
  • キノピオガードが怖いので投げ技が安定。
  • 余裕があれば野菜引っこ抜き中を殴るべし!
  • ピーチパラソルを誘発させて一気に攻めろ! ステージ外で空中浮遊したら叩き落とせ!
  • 切りふだ発動中は着地するな! ピーチにも接近するな!


空中浮遊はクラウンナックルの合図。ガーキャンを決めて反撃を繰り返せば簡単に倒せるぞ。

「―ったくこのキノピオ、結局使えないじゃないの!?」

現在の閲覧者
→1人
チャットにいる人
users.png
チャット見てる人
roms.png

メニュー

for3DS/WiiU攻略

スマブラX攻略

スマブラDX攻略

スマブラ64攻略

総合データ

特別企画

掲示板

リンク集

更新履歴

最新の10件

2019-03-19 2019-03-01 2019-02-26 2019-02-03 2019-01-25 2019-01-18 2019-01-17

任天堂ニュース

#showrss: Failed fetching RSS from the server

total: 1247
today: 2
yesterday: 0