カードリスト:群雄 第1弾



R于吉(呪詛)

武将名うきつ恨み深き仙人
于吉「信じる者がいる限り……
      ワシは不滅よ……」

江東の仙人。人々を治療することで信仰を集めた。孫策が江東を平定すると、人心を惑わすことを理由に捕らえられる。雨を降らせられれば助命するという条件で、于吉は実際に降らせたが斬られた。死後、亡霊となって孫策を呪ったといわれる。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力1 知力7 征圧力1
官職文官
特技伏兵 復活
将器兵力上昇 復活減少 速度上昇
計略呪詛の仙術武力が上がり、接触した敵の武力と知力を一定時間下げる
必要士気4
Illustration : 木下勇樹Character Voice : 平田広明


演義で孫策の死の遠因となった仙人。イラストが今にも呪ってきそうである。
旧作では雨を降らしたり、水を流したりと水にまつわる計略を持っていたが今作では全く別の計略を持っている。

武力1征圧力1と単純スペックではかなり厳しいものがあるが、知力7伏兵に仙人らしく復活を持つ。
とはいえ同程度の知力を持った伏兵は群雄勢にも多く存在し、撤退前提の復活も生存前提の自身の計略とはミスマッチ感が否めない。
将器は回転力をさらに高める復活減少が目を引く。計略を活かすなら速度上昇、兵力上昇が安定。

計略「呪詛の仙術」は単体強化。計略カテゴリは「呪詛」。
武力+4に加え、接触している相手を武力-4・知力-4する。
接触した敵は于吉と同じドクロマークが表示され、于吉が生きている限り離れても一定時間(2c弱ほど)効果が残る。
于吉が撤退してしまうと即座にマイナス効果も消えてしまうので注意。
効果時間24c(Ver.2.5.1C)。

計略を使っても所詮武力5の歩兵であり、妨害効果を活かそうと真正面から敵に近づけていくと射撃や槍撃で触れることもできずに落とされる。
首尾よく乱戦させたとしても、敵の数が多いと素武力の敵相手でさえ逆に落とされてしまう。そして撤退させられると妨害効果も消えるため士気4の丸損。
長時間強化・妨害として最大限使っていくのなら、消耗戦時、特に守りでの使用になるだろう。

1対1で戦う分には武力8までの敵なら優位に立てるため、相手が素武力でのタイマンでならかなりの効果を発揮できる。
号令の掛かった部隊相手だとマウント部隊の目を盗んでコスト1の端攻めを防ぐくらいしかできない。それでは士気4を払ったところで焼け石に水。
妨害効果は重複こそしないものの効果時間中ならもう一度触れば何度でも低下し直せるため、瞬間武力よりも枚数や増援などで長時間攻勢をかけてくるような持久力重視の相手への守りには向いている。
一方で号令など大型計略に対しては直接の対処は難しいが、あらかじめこちらの主力を先行させておき士気や兵力を消耗させた敵部隊から城を守るには十分な効果を発揮する。

攻めに使うにしても、基本的には相手の士気や部隊がそろっていない状況を狙うのが望ましい。一番の狙いどころは開幕だろう。
首尾よく敵に伏兵を踏ませ城まで押しこんだなら計略を使ってマウントをとれば、出てくる敵を次々弱体化させることができる。
ただし弓には弱いほか、乱戦相手を弱体化させても突撃されると簡単に落とされるため、上手く味方と連携したいところ。
また、撤退前提で敵の集団やキーカードに接触させ、知力を下げて毒計略や牛歩の計で捉えるといった使い方も可能。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.0D 武力上昇値増加 +2→+4
Ver.2.1.0A 武力上昇値減少 +4→+3
Ver.2.5.1C 武力上昇値増加 +3→+4


UC袁術(自爆)

武将名えんじゅつ  こうろ偽帝
袁術  公路「このワシこそ、
  新たな皇帝なのじゃあ〜!!」

袁紹の異母弟。名門・袁家の出身で信望を集めたものの、孫策から伝国の玉璽を奪い、自ら皇帝を名乗ったために人望を失った。曹操に敗北した後、袁紹を頼ろうとしたが阻止される。最期は蜂蜜が食べたいと呟きながら血を吐いて死んだ。
コスト1.0
兵種攻城兵
能力武力2 知力6 征圧力0
官職文官
特技-
将器兵力上昇 速度上昇 同盟者
計略自爆敵に炎によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する。ただし自身は撤退する
必要士気3
Illustration : チェロキーCharacter Voice : 巴十一


旧シリーズでは兄の袁紹と同じ漢軍(袁紹軍)所属のときもあったが、本作では自身と配下などの関係者共々群雄所属となった偽帝。

スペックはコスト1相応だが、他の攻城兵と同じく征圧力は0。
攻城兵として部下の張勲にこきつかわれるのはご愛敬。
将器は混色構築において同盟者が便利。

計略「自爆」は火計の一種。
自身中心円の範囲内の敵にダメージを与えるが、引き換えに文字通り自分は撤退してしまう。
威力は知力2が確殺、知力3で致命傷と、同知力の落雷を3本集中させた時と同等か少し劣る程度。
攻城兵の足の遅さと範囲の狭さから狙い撃ちは難しいが、攻城に来た敵であれば出城即自爆で狙える。
その他にも攻城阻止に来た相手を巻き込む、他の武将を身を挺して守るなどの使い方がある。

兵種こそ攻城兵だが、大将軍の大号令デッキでなければ攻城力よりも自爆を目的とした採用になるだろう。
袁術が城内に待機していれば呂布や華雄、許褚のような低知力な高コストなら城に張り付けなくなる。
号令でもこのような武将をピンポイントで落とせば号令の効果は半減したといってよく、士気差もできることで十分な戦果となる。
自爆して撤退した後に法具再起で復活し再度自爆することで合計士気6で破格の戦果を挙げる可能性もあるが、再起Masterでも撤退直後は即復活ではないため、大抵の場合逃げられてしまうだろう。
将器同盟者があるので、愚鈍の計や開戦の檄文などの知力低下計略と組み合わせての必殺コンボも一興。

基本的には攻城に行くよりも城内に籠って自爆のチャンスを狙うのが有効な使い方。
勿論城に張り付いて攻城できれば良し、攻城を止めに乱戦してくる敵を自爆で道連れにし、ローテ要員を減らして他の攻城をサポートする使い方も有効だろう。

登場バージョン

Ver.1.0.0C


C区星

武将名おうせい
区星「黄巾の乱なんて小っちぇえ!
  もっとでかい乱を起こしてやるぜ!」

長沙の賊。黄巾の乱以降も続いた混乱に乗じて反乱を起こした。将軍を自称し、従う兵は一万人以上だったといわれる。しかし、太守に任じられた孫堅が長沙に派遣されると、一か月と経たずに区星の乱は鎮圧された。
コスト2.0
兵種攻城兵
能力武力8 知力4 征圧力0
官職武官
特技-
将器城門特攻 速度上昇 地の利
計略強化戦法武力が上がる
必要士気4
Illustration : ChatalawCharacter Voice : 落合福嗣


天地大将軍を名乗り長沙を荒らした賊。義勇ロードではナントカ大将軍呼ばわりされている。

コスト2の武闘派として不足ない武力を備え、兵種上アタッカーとしては期待できないが壁役としては十分な耐久力を持つ。
さらに知力も4あるので軽めの伏兵・ダメ計くらいなら十分耐えられる。
将器は少々クセがあるが、一番選ばれやすいのは城門特攻。
決まればほぼ勝敗を決することが可能なため、城門にいかにして1発をねじ込むかを考えるデッキ構築になる。
残りの二つは敵城への到達を容易にするため開幕での端攻め狙いには力を発揮する。
とはいえ、地の利はできれば他の武将で補完したいところ。

このカードの売りとなるのは、共に第1弾の攻城兵では最高となる武力8・コスト2から繰り出される攻城力。
Ver.3.0.0Bにて攻城力が下方され、素の状態では将器込みでも1発落城はできなくなってしまった。
それでも城門に決めさえすれば城門特攻+副将器攻城2つ込みで96.1%と、ほぼ勝利が確定したも同然の威力を叩き出す。
旧シリーズに存在した攻城兵独自の乱戦仕様がなくなっているのも追い風で、乱戦オンリーでも武力相応の耐久力を持つ。
そこらの低〜中武力ではそうそう妨害・排除ができないため、相手に与えるプレッシャーは相当なもの。
魅力持ち武将や将器士気上昇・法具まで積み込み、開幕攻勢で一気に落城というロマンを追求するのも一興。

欠点は本来なら主力であるコスト2枠を攻城兵に割くうえに征圧力0という点で、白兵戦・征圧戦・守城戦すべてがどうしても不利になる。
高武力とはいえ野戦では敵に追いつけず盤面を塗ることもできず、守りでも敵のずらし攻城に対応できずローテーションもままならない。
唯一攻城戦、ワンチャンスで区星を敵城にねじ込む以外の運用には全くもって適さない。
デッキもその事を念頭に入れた構成になるだろう。

最強の攻城力を持ちつつ高武力揃いの群雄勢力所属ということで、開幕乙向きのカードが追加されたり号令環境になったりするとたちまち猛威を振るう新シリーズ屈指の問題児。
2コスト武力8に低すぎない知力というスペック故に妨害・排除しにくいことに加えて、高すぎる攻城力のせいでワンスルー、ワンミスすら許されない。
攻城を1発でも通してしまうとそれで試合が決まってしまうこともあり、相手を事故らせる能力が非常に高い。
武力でデッキの足を引っ張らないのでデッキへの投入自体はしやすく、遭遇率が決して低くないのも厄介なところ。
武将の質も量も増やせて、魅力持ちも多く積めるコスト上限解放戦などでもしばしば採用され恐れられている。

逆に言えば、区星の採用状況が原因で攻城兵の仕様が変動しているといって過言ではない。
コイツのせいで攻城力が下がったり耐久力が変わったりしていたが、Ver.3.6.0Aで遂に移動速度に大幅なメスが入った。
他の攻城兵にとってはたまったものではないだろう…。

登場バージョン

Ver.1.0.0C


C郭汜

武将名かくし
郭汜「ガハハ、全部俺様の欲しいままだぜ!」

董卓の配下。董卓死後は、李傕と共に長安を奇襲。呂布と王允を攻め勝利を収める。朝廷を牛耳ったあとは、配下に略奪を指示し、民衆を疲弊させた。さらに李傕と険悪な仲となり、争うようになったことで勢力は衰退した。
コスト1.5
兵種歩兵
能力武力6 知力1 征圧力1
官職武官
特技復活
将器攻撃力上昇 捕縛術 復活減少
計略悪逆無道武力が上がる。ただし一定時間ごとに自城にダメージを受ける
必要士気3
Illustration : 木下勇樹Character Voice : 藤沼建人


演義などでは李傕とセットイメージだが、実は正史で呂布と一騎討ちし、しかも引き分けたという剛の者。
旧作ではそんな李傕とセットで1枚になっていたが、本作ではようやく単独武将として登場した。

Ver.3.6.0B現在、群雄どころか全勢力で唯一となる武力6復活持ち歩兵。
計略・特技を含めて全く同じスペックかつ弓兵の李傕が存在し、通常時の使い勝手は明らかにあちらが上。
そのため、採用にあたっては後述する各種将器を念頭に置いた構築・立ち回りが重要となる。

計略は汎用の「悪逆無道」。
武力+9、1.7c毎に自城ゲージ-1.3%。効果時間5.4c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0C)。
知力1で使用した場合の総自城ダメージは3.9%。
自城ゲージ削りは痛いが、士気の軽さの割には効果が大きく状況によっては選択肢に入る性能ではある。

3つある将器のうち攻撃力上昇は李傕も持っているのでよほど特別な理由が無い限り選ばなくていいだろう。
一番の候補は復活減少で、特技復活と重複することで-10秒での復活が可能になる。
さらに副将器も厳選すれば-2秒で最大-12秒。ここに宝玉復活減少が加わることで、ほぼ半分の速度で復活が可能になる。
そして意外と侮れないのが捕縛術で、法具連環や速度上昇強化などと合わせれば(突破効果がない限り)大半の部隊を一度捕まえたら簡単には離さないレベルにまで拘束できる。

1.5コスト歩兵を採用するなら、超絶メタの左慈や武力7&将器攻城持ちの胡車児といったライバルの存在は常に頭に入れておかなければならない。
彼の強みはコスト比高武力に復活や捕縛術・瞬発力のある計略を兼ね備えており、純然たる戦闘力に優れること。
素の武力や攻城力では胡車児には及ばず計略の決定力では左慈に劣るが、回転力の高さは歩兵の性質と噛み合っている。
さらに計略の打ち合いとなると、もうひと押しに使える計略や捕縛術などの存在が活きてくる。
歩兵を大幅強化する張角(黄夫の極意)を主軸にしたデッキでは、彼らとともに枠を争う存在のひとり。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.7A 武力上昇値増加 +5→+7
Ver.1.1.5B 城ダメージ減少 1.7c毎に2%→1.7c毎に1.3%
Ver.2.0.1B 武力上昇値増加 +7→+8
Ver.2.6.0C 武力上昇値増加 +8→+9


R華雄(悪鬼)

武将名かゆう
華雄「雑魚ガ十万イヨウトモ
  コノ先ヘハ通サンゾ……!」

董卓配下の猛将。身の丈は9尺、体は虎、腰は狼、頭は豹と例えられる恐ろしい容貌をしていたという。董卓軍の先鋒として反董卓連合の武将たちを次々と打ち破り、その名を轟かせた。しかし当時は無名だった関羽に一合で討ち取られた。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力9 知力3 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇 速度上昇 突破術
計略悪鬼の大車輪武力が上がり、全方向に槍の無敵攻撃を行う。ただし一定時間ごとに自城にダメージを受ける
必要士気4
Illustration : チーコCharacter Voice : 安元洋貴


旧作と同様…どころか旧作以上の人外魔境と化した董卓軍の猛将。

知力こそ寂しいが、武力9に勇猛とアタッカーとして申し分ないスペック。
なお、Ver.3.5.1B現在7枚ある群雄2.5コスト槍の中で征圧力2は華雄のみである(他は1か3)。
将器は武力9にして攻撃力上昇を持っている点がセールスポイント。基本はこの将器で問題ない。
他の将器は同じ槍を逃がしにくくなる速度上昇は及第点だが、自身で速度を上げる要素がないため突破術は微妙。

計略「悪鬼の大車輪」は車輪系の一種。
武力+9に加え車輪状態になるが、徐々に自城が削れていく。
計略効果終了までに受ける自城ダメージは計6%。
効果時間は6.7c、知力依存0.4c。(Ver.2.1.0D)

大車輪戦法からさらに武力+4は本人の高い武力と合わせて強烈であり、費用対効果は高い。
デメリットの自城ダメージもさほど大きくないので内乱や華雄で一発城壁を殴れば十分取り戻せるレベルで、城門を殴れば2度計略を使ってもまだプラス収支。

武力18の高武力車輪は排除する方法が非常に限られてしまい、横弓で攻城ゲージ上昇を遅らせても兵力はほとんど減らない。
そのため、守城術持ちや朱治などの攻城妨害を得意とする武将がいなければ城門に単騎でねじ込んでも粘って攻城まで持っていける力がある。
城ゲージを失うため使う場面はしっかりと見極めたいが、高武力と車輪の組み合わせは絶大で並の号令ならばこれ一枚で対応できる位の威力を持つ。
攻城時以外でも使用できる機会は多く、特に伏兵さえ踏まなければ開幕乙に対してたった1枚で模範回答になっている点も見逃せない。
士気の軽さから混色での運用もできるので、工夫できる幅は広い。

必要士気4と軽く、低知力武将共通の弱点であるダメージ計略で排除されても大きな士気差を作ることが可能。
士気差のつきやすさを活かし、華雄をサポートするか終盤に更に押し込む計略を別途用意するのも良いだろう。
もちろんダメージ計略で排除されれば城ダメージ+コスト2.5以上が撤退し戦況は不利になるので、できるだけ他の味方が巻き込まれないポジショニングを考えなければ戦線が崩壊して一気に攻め込まれてしまう事になる。
いくら士気差を作っても城ゲージを削れなければ本末転倒なので注意したい。

自城が削れるので火事場計略と相性がよさそうだが、被城ダメージそのものはあまり高くない。
この計略だけで自城ゲージを半分以上削るには9回使用が必要と実質不可能であり、高い効果は出しにくい。

弱点としては、通常の車輪と同じく自身の足の遅さから城際以外で使えば簡単に逃げられてしまうことが挙げられる。
妨害は武力低下に関しては低下値の高い十の因果でも相殺できないが重ね掛けで無理やり排除される可能性もあり、武力12程度に下げられた場合単騎では城内ローテーションで凌がれることも。
凌がれた時点で低いとはいえ城ダメージによるデメリットが残るため、相手の主力の状況なども把握しておく必要があるだろう。
また、速度低下で戦場中央付近で止められてしまっても良さを出しにくい。
高コスト槍を置くことでどうしても足の遅いデッキになりがちなので、戦場中央付近で離間の計などを食らうと体勢を整え直すのはかなり厳しい。
散開された攻めにも弱く、効果時間も短いため長時間強化計略ともやや分が悪い。
もちろん開幕の伏兵にも要注意。開幕で崩れて序盤から劣勢を強いられると、自城をさらに削るこの計略を使いにくくなり主導権を取り戻すのはより難しくなる。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.0D 武力上昇値増加 +6→+7
Ver.1.0.5A 城ダメージ減少 -7.5%→-6.0%
Ver.1.2.0C 武力上昇値増加 +7→+8
Ver.2.1.0D 武力上昇値増加 +8→+9



R韓遂(叛騎)

武将名かんすい ぶんやく西涼の梟雄
韓遂 文約「叛乱こそ、ワシらの生きる道よ!」

西涼の有力者の一人。馬騰とは義兄弟の関係にあった。異民族の反乱に同調して、幾度となく反乱を起こし、官軍を苦しめた。馬騰亡き後は、その息子の馬超と共に反乱を起こし、曹操を追い詰めるが、賈詡の離間の計により敗れ去った。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力6 征圧力2
官職武官
特技防柵
将器兵力上昇 突撃術 速度上昇
計略叛騎の狼煙自身を除いた戦場にいる味方一人が撤退し、自身の武力と移動速度が上がる。さらに槍の迎撃ダメージを受けなくなる。ただし戦場に味方がいなかった場合、効果が下がる
必要士気4
Illustration : JUNNYCharacter Voice : 安元洋貴


反乱ばかり起こす賊徒のイメージも強いが、こう見えてれっきとした後漢末期群雄諸侯の一角である。
旧作では首魁でありながらあろう事かコモンで出た事もあったが、今回はレア。

知力に悩まされやすい群雄勢力では珍しいバランス型騎兵。
また、Ver.3.0.0D時点で防柵持ち2コスト騎兵は全カード中3枚しかいない貴重な存在。
将器はどれも騎兵とは好相性なので、動かし方で決めてしまっていい。

計略「叛騎の狼煙」は騎兵強化。
自身を除く戦場の味方1部隊が撤退する代わりに、武力が+8・移動速度が1.4倍になる。
撤退武将がいない場合は武力が+2・移動速度が1.2倍に下がる。
なお、どちらの場合も槍による迎撃ダメージを受けなくなる。
効果時間は8.8c(知力依存0.8c/Ver.3.5.1C)。

自ら部隊を撤退させるリスクがあるので、攻めでは攻城役を斬ってしまうこともありやや使いづらい。
とはいえ、士気4で武力15の刺さらない高速騎兵になれる点はかなり魅力的。
群雄勢力は低コスト復活持ちが多く、生贄として選ばれてもデメリットを最小限に抑えられる。
知力6なのでダメージ計略・妨害計略にある程度耐性がある上、武力15で迎撃無効ともなるとそう簡単には崩せない。
ただ、移動速度自体は1.4倍止まりとかなり控えめであり、劇的に殲滅力が上がるわけでもない点には注意。

エラッタ直後は元の「反逆の狼煙」の性能はそのままに速度強化と迎撃無効が乗っかっていた。
士気4にしてはあまりにも強烈すぎる効果になっており、異彩ポイントも28pt→0ptになるほどの大躍進を果たすほど。
が、公式曰く「強めに調整した」事が仇となり、Ver.3.5.1Cにおいて緊急修正を受ける羽目になった。

余談だが、初期は7/7/1無特技と地味さのぬぐえないスペックで、Ver.2.5.0Cのエラッタで7/6/2になるも採用率は振るわなかった。
Ver.3.0.0Dにて再エラッタ。数値はそのままに防柵が追加され、独自性の高いスペックへと変化した。
が、それでも採用率は振るわなかったためかVer.3.5.1Bで3度目のエラッタが行われ、計略が独自の物へと変更された。
Ver.3.5.1B時点でエラッタ回数(3回)、エラッタされた部分(計4ヶ所)共にトップタイというエラッタ続きの武将。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.2.5.0C エラッタ実施「知力7→6、征圧力1→2」
Ver.3.0.0D エラッタ実施「特技変更 防柵追加」
Ver.3.5.1B エラッタ実施「計略変更 反逆の狼煙⇒叛騎の狼煙」
Ver.3.5.1C 効果時間短縮 9.2c→8.8c
       味方を撤退させた時の武力上昇値減少 +9→+8


UC魏続

武将名ぎぞく八健将
魏続「要は、生き残ったヤツが
  一番偉いってことだ。 あばよ!」

呂布配下の八健将の一人。高順が呂布から疎んじられたため重用されるようになった。曹操との戦いでは奮戦したものの、籠城を余儀なくされたことで呂布に見切りをつける。侯成らと共に陳宮を捕縛し、曹操に降った。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力3 知力3 征圧力2
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 兵力上昇 知力上昇
計略弱体化の小計敵の武力を下げる
必要士気4
Illustration : 仙田聡Character Voice : 代永翼


呂布配下の一人は新シリーズでも群雄勢力で登場。

武力3征圧力2とバランスの取れた数値を持つ弓兵。
将器覚醒の優先度は低いが、覚醒させるなら知力上昇を推奨。

計略は汎用の「弱体化の小計」。
範囲内の敵全員の武力を-4する。範囲は自身から1マスほど離れた場所に直径3マスほどの円形。
効果時間は下表参照。

効果時間の目安(Ver.1.0.5A)

知力 自身\相手12345678910
39.5c9.2c8.3c7.5c7.2c6.9c6.7c6.5c6.3c6.1c
610.2c10c9.8c9.5c9.2c8.3c7.5c7.2c6.9c6.7c


武力要員ながら裏の手となる計略を持つ使いやすい1枚。
ただし範囲は狭く、号令のタイミングを狙っても相手が限界まで広がっていれば2人、良くて3人巻き込める程度。
あくまで局地戦向きであることは念頭に置いておきたい。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.5A 効果時間延長
Ver.2.1.0D 範囲拡大


C牛輔

武将名ぎゅうほ
牛輔「ひいいいー!
 ざ、財宝を持って逃げるのじゃー!」

董卓配下の武将で、娘婿。異常に臆病な性格で、客に会うときも相手が反逆者ではないかと疑っていたという。各地で略奪に励むが、董卓が殺害されたあとは討伐軍を差し向けられる。最後は報酬に釣られた部下に裏切られ、殺された。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力3 知力2 征圧力1
官職武官
特技復活
将器兵力上昇 速度上昇 征圧力上昇
計略脱兎戦法移動速度が上がり、武力ダメージを軽減する。さらに敵城に接触した時に敵城にダメージを与える。ただし武力が下がり、向いている方向に強制的に移動する
必要士気3
Illustration : あなQCharacter Voice : 祐仙勇


今にも地獄に送られてしまいそうなコソ泥風味になってしまった、董卓の娘婿。

コスト標準の武力を持つものの知力は2と低く、征圧力も1かつ歩兵。
コスト1歩兵では数少ない復活持ちだが、復活抜きでも優秀な歩兵が多い群雄では単純採用はやはり厳しい。
将器はそれなりのラインナップ。

計略「脱兎戦法」は速度強化。
武力が-3されるがダメージを軽減し、騎兵以上の速さで強制的に直進する。
迎撃こそされるものの軽減率が非常に高く、効果中の撤退はほぼないと言えるほど。
さらに敵城に接触することで、こそ泥よろしく2%の城ダメージを与える。
効果時間10c(Ver.3.0.0D)

異常なほどの移動速度と軽減率を活かし、征圧役に使えば一気に自軍領域を拡大できる。
将器に征圧力上昇が付くので、それを覚醒させればさらに大きくなる。
戦場の端や敵城に到達すると反射して進んでいくので、それを見越して発射させたい。
また、自城の攻城エリア付近を真横に移動させることで攻城部隊と乱戦を繰り返させ邪魔させるような使い方もできる。
武力0なので乱戦ダメージは期待できないが、遊軍などの強化があればその分は上がる。

Ver3.0.0Dで追加された敵城ダメージは微々たるもので、これ単体で勝ち手段に据えられるほどではない。
それでも内乱を取り合うような試合展開であれば勝敗を左右することもあり、決して侮れない効果ではある。
小技として、敵城際の防柵の裏側で発動→接触による反動で敵城に触れることで連続してダメージを与えることもできる。
狙って行うのは難しいが、覚えておいて損はないだろう。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.5A 武力ダメージ軽減率増加
Ver.1.0.7A 効果時間延長
Ver.1.1.0D 武力ダメージ軽減率増加
Ver.2.0.1B 効果時間延長 6.3c→10c
Ver.3.0.0D 計略内容変更「〜武力ダメージを軽減する。ただし武力が〜」
              →「〜武力ダメージを軽減する。さらに敵城に接触した時に敵城にダメージを与える。ただし武力が〜」


UC紀霊(多勢)

武将名きれい偽帝の忠臣
紀霊「主君が過ちを犯そうとも
     私は忠勇を尽くすのみ」

袁術配下の武将。三尖刀の使い手であり、関羽とも互角に渡り合った武勇の持ち主であった。主君の袁術が皇帝を僭称し、自滅していく中でも忠義を貫いた。最後は、袁紹の下へ落ち延びる袁術を護衛している際に、張飛と戦って討ち取られた。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力6 征圧力2
官職武官
特技攻城
将器兵力上昇 征圧力上昇 募兵
計略多勢の攻め武力が上がる。この効果は戦場にいる味方部隊数が多いほど大きい
必要士気4
Illustration : 加那屋大志Character Voice : 江越彬紀


袁術に付き従う屈指の猛将。

尖った性能の多い群雄勢の中では安定感のある数値にVer.3.1.0Dのエラッタで得た特技攻城持ち。
将器で目を引くのは征圧力上昇で、群雄2コスト槍では稀少な征圧力3になることができる。
他2つの将器も後述の計略と好相性。

計略「多勢の攻め」は武力強化。
戦場にいる味方部隊数+1だけ武力が上昇する(最大値+8)。
効果時間30c、知力依存0.4c(Ver.2.1.0D)

勢力限定はないので混色でもカウントされるが、戦場にいる味方部隊なので撤退中もしくは自城にいる味方部隊はカウントされない。
武力上昇値は計略使用時の部隊数で決まるため、効果中に味方部隊数が変動しても武力が変わらない。

計略の性質からワラワラ系のデッキが最も効果的。
味方の部隊数が減ってからだと効果が下がるので、充分な部隊数がいる内に先打ちし、効果時間の長さで場を荒らす運用がメインになるだろう。
6枚デッキなら武力+7が長時間と、士気4の計略としては優秀な効果といえる。

問題は個々の調整が絶妙に噛み合わない点。
計略の性質上、紀霊が最大コストのワラデッキでの採用が真っ先に思い浮かぶが、そのポジションに求められるのは単騎で戦局を変える大型計略持ち。
この計略単体で押し切れるほどの武力上昇値はなく、追加効果もないためはっきり言って押しが弱い。
効果時間は長めだが、序盤に使用して後半の計略コンボに繋げられるほどの長さではない。
良く言えば武力も効果時間もそこそこ高いのだが、実際には持て余して無駄になることも多いのが悩み。

余談だが、Ver.2.1.0Dに至るまで実に8度、しかもほぼ全て上方修正を受けている。
先述の理由から採用率は芳しくない状態が続くものの、良くも悪くも初期とは別物の計略となっている。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.0F 効果時間延長 7c→8c
Ver.1.0.5C 武力上昇値増加 戦場の味方部隊数+1→戦場の味方部隊数+2
Ver.1.1.0B 効果時間延長 8c→16.6c、武力上昇値減少 戦場の味方部隊数+2→戦場の味方部隊数
Ver.1.1.0D 効果時間延長 16.6c→18c
Ver.1.1.5B 効果時間延長 18c→23.3c
Ver.1.2.0E 効果時間延長 23.3c→27.5c
Ver.2.0.0D 効果時間延長 27.5c→30c
Ver.2.1.0D 武力上昇値増加 戦場の味方部隊数→戦場の味方部隊数+1
Ver.3.1.0D エラッタ実施「特技変更 攻城追加」


R厳氏(毒)

武将名げんし
厳氏「戦なんて怖いわ。
 ずっと私の傍にいて……ふふふ」

呂布の妻。呂布との間に一人娘をもうけていることから、発言力が高かった。曹操に攻められて籠城した際、陳宮が策を練って出撃を進言したが、呂布に取りやめるよう懇願した。結果、呂布は籠城を続けて酒宴に興じ、配下の信頼を失った。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力4 征圧力2
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 士気上昇 速度上昇
計略甘き毒最も武力の低い敵の兵力を徐々に減少させる。この効果は城に入る事で消滅する
必要士気4
Illustration : KASENCharacter Voice : 悠木碧


ある意味、呂布の運命を決めてしまったと言える女性。

武力・知力は平凡だが征圧力2かつ女性武将共通の魅力持ちと、計略要員としては充分なスペック。。
将器はいずれも無難で、士気上昇が安定しやすい。

計略「甘き毒」は単体妨害。
範囲内の最も武力の低い敵の兵力を徐々に減少させる。
毒ダメージは0.366秒ごとに-2%で、総減少量は下記表を参照。(Ver1.2.0D)

威力の目安

敵の知力12345678910
与えるダメージ94%90%86%76%64%60%56%54%50%48%


敵知力が0でない限り、この計略単独で兵力100%を削る事は残念ながらできない。
だが与える毒ダメージの総量は一般的なダメージ計略に匹敵し、減少ペースも毒計略トップ。
計略の性質上対集団には無力に近いものの、攻城中のワントップなどを狙うには強力無比。
自身の横弓による妨害と攻城ゾーンのスリップダメージ、そして毒の三役をもってすれば攻城までに兵力を5割近く減らせる。
最低武力を回避した1コスト弓兵がこれをこなせることは大きく、二度がけは必殺の威力を誇る。

妨害・毒・弓兵・塗り要員としてはそれぞれに優秀な存在がいるものの、デッキバランスやコストの兼ね合いの落としどころとしては十分に優秀な選択肢。
範囲内の低武力が対象となっているとはいえ、避雷針のない呂布や張飛によく刺さり低武力の舞姫対策カードともなりえるなど使用の幅は広い。
義勇ロードでは勝利条件が敵大将撃破のときに活躍してくれる。
敵大将は基本的に城には帰らず死ぬまで戦場に居座るので、連続で計略を発動されて手が付けられない時に直接戦闘をせず兵力を削れるこの計略の意義は大きい。

登場バージョン

Ver.1.0.0C



C厳白虎

武将名げんはくこ東呉の徳王
厳白虎「拙者が……拙者こそが、正義だ!!」

江東の豪族。「東呉の徳王」を自称して、石城山や白虎山を根城に多数の兵士を従えた。孫策が江東に勢力を築くと、和睦を試みるも失敗する。続く合戦でも大敗を喫し、逃亡中に董襲に斬られたといわれる。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力3 征圧力2
官職武官
特技復活 攻城
将器長槍術 突破術 同盟者
計略悪逆の虎牙武力と乱戦時の攻撃速度が上がる。ただし一定時間ごとに自城にダメージを受ける
必要士気3
Illustration : Jay.LCharacter Voice : 櫻井慎二朗


厳「白虎」だからか白い虎の被り物の東呉の徳王。
やたら正義の味方である事を誇示するのだが、山賊ともされているためか計略は悪逆系。

コスト比の数値はやや低めだが、特技に復活とVer.2.6.0Bのエラッタで得た攻城を所持しており、この手の武将では珍しく征圧力2。
復活槍が征圧力2で戦場を塗り替えつつ、高い攻城力で端攻めにくるのは中々にいやらしい。
将器は「和睦を試みた」とあるためか同盟者持ち。
他2つも悪くないが、計略とやや嚙み合わないのがネック。

計略「悪逆の虎牙」は武力強化。
武力+6に加え乱戦速度を2.3倍にするが、1.7cごとに自城へ1.3%ダメージ(知力3で計3.9%)を受ける。
効果時間は6.3c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0C)。

呂姫と異なり移動速度が上がらないため、しっかり城に張り付いてから打つのが基本になるだろう。
乱戦の仕様上、自身より武力の低い敵に対してめっぽう強い。
素武力11を超える武将は第5弾の呂布ただ一人であり、端攻めにきたこの武将を無士気で返すのは至難。

デメリットこそあれ、たったの士気3でこの状況を作り出せるのは侮れない。
士気消費が低いので計略コンボをしやすいのもポイント。
乱戦速度上昇は高武力であればあるほど効果が大きいため、投げや号令などを乗せると驚異的な火力を発揮できる。

Ver.3.0.0Dのエラッタにて計略変更。固有計略を得たことで使い勝手は間違いなく向上している。
素のステータスが良好で計略の士気消費が軽く、将器同盟者を持つため混色デッキでの採用にももってこい。
局地戦を作り出しやすいワラデッキでは単色混色問わず有力な採用候補の1枚。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.2.6.0B エラッタ実施「特技変更 攻城追加」
Ver.3.0.0D エラッタ実施「計略変更 悪逆無道→悪逆の虎牙」


R公孫瓚(白馬義従)

武将名こうそんさん はくけい白馬将軍
公孫瓚 伯珪「天下を掴もう。
   天翔ける白馬義従と共に!」

北平の太守。劉備の学友であり、一時期劉備を迎え入れた。幾度も異民族を撃退した猛将で、白馬に乗った精鋭を率いたため「白馬将軍」と称えられた。河北の覇権を巡って袁紹と戦うも、籠城中に地下から城内に侵入されて敗北、自刃した。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力7 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器突撃術 士気上昇 速度上昇
計略白馬義従味方の移動速度が上がり、自身の武力が上がる
必要士気5
Illustration : 風間雷太Character Voice : 佐藤拓也


漢の名家である公孫一族出身にして、白馬義従と呼ばれた軍団を率いた将軍。趙雲のかつての主でもある。

スペックは標準的で、号令持ちとして可もなく不可もないレベル。
将器は兵種と計略に噛み合う速度上昇・突撃術と有用なものが揃っている。

計略「白馬義従」は変則的な号令。
味方の移動速度を1.5倍にし、自身はさらに武力が+6される。
効果時間13.3c、知力依存0.4c(Ver.2.1.0D)。
以前は群雄限定だったが、Ver.3.5.2Aのエラッタにより勢力限定が撤廃されている。

号令計略ではあるが、立ち位置としては速度上昇号令つきの単体強化に近い。
速度上昇値は槍は刺さらない程度だが、弓は走射状態でなくとも刺さってしまうので注意が必要。

武力上昇は自身に限られるため、相手を倒すという点では物足りなく正面からのぶつかり合いには脆い。
対応する形で英傑号令等の全体強化を使われると、武力差からあっさりと前衛の壁役が溶けてしまう。
戦場を広く使った征圧戦や速度を活かした強襲、荒らしを重視し相手の足並みを揃わせない立ち回りが肝要。
唯一武力が上がる公孫瓚は突撃を最大限活用しつつ、相手部隊を削っていきたいところ。

妻である侯氏の存在は小さからぬ悩みの種。
1.5コスト・士気4・速度上昇値はほぼ同じ・効果時間は白馬義従以上ととことん彼の強みを殺しにかかっている。
公孫瓚最大の欠点はそのコストの重さであるため、採用するのであれば本人の武力が+6される点を徹底的に活かしたいところ。
そうでなければ「妻で良い」で済んでしまうので注意。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.0D 範囲拡大
       移動速度上昇値増加 →1.3倍
Ver.1.0.5A 効果時間延長 11c→11.7c
       移動速度上昇値増加 1.3倍→1.5倍
Ver.1.1.0C 効果時間延長 11.7c→13.3c
Ver.1.1.5B 範囲拡大
Ver.1.2.0D 武力上昇値増加 +4→+5
Ver.2.1.0D 武力上昇値増加 +5→+6
Ver.3.5.2A 計略内容変更 勢力限定を削除


R左慈

武将名さじ げんほう奇妙な仙人
左慈 元放「さ〜てさて、
  どれが本物か分かるかの〜?」

奇妙な術を操ったといわれる仙人。曹操の怒りを買って投獄されるも、術を用いて脱出。300人に分身して再び曹操の前に立った。全員が首を刎ねられたが、立ち上った青い煙から鶴に乗って出現し、曹操の死を予言して消えていったという。
コスト1.5
兵種歩兵
能力武力4 知力8 征圧力2
官職文官
特技伏兵 復活
将器兵力上昇 復活減少 速度上昇
計略変化の仙術武力と知力と征圧力が、最も武力の高い敵と等しくなる
必要士気3
Illustration : danciaoCharacter Voice : 鳥海浩輔


大量の分身を引き連れて再登場の仙人様。

知力8伏兵に復活を持ちさらに征圧力2を備えるが、武力は4しかなく平時の戦闘力はかなり貧弱。
将器は耐久力を増す兵力上昇・特技と重ねて高い回転率を実現できる復活減少が安定の選択肢。
速度上昇を選ぶなら他武将の計略による援護は必要。覚醒させても弓兵以上の速度だとなかなか追いつけず、自身の計略でも速度は上がらない。

計略「変化の仙術」は変身系の一種。
最も武力が高い敵部隊の能力値を丸々コピーする。
「自分自身の基本パラメータ(武4知8征2)を最高武力の敵と等しくする」効果なので、計略や奥義・戦技による修正値は変化後のパラメータに加算・減算される。
一騎当千等のステルス効果が掛かっていると、変化の対象からも外れてしまう。
また相手に同じ武力の持ち主が二人いた場合、どちらをコピーするのかはランダムになる。
(一応、計略ロックボタンの長押しで知力が確認でき、征圧力が違えば征圧力の円でコピー先を判断できる)
効果時間は12.1c、知力依存0.4c(Ver.3.6.0C)。

相手が超絶強化を使用した後に使えば同じ数値になれるので、士気3とは思えない効果を発揮する事もできる。
特に呂布の天下無双など「武力上昇が大きいが効果時間が短い」計略相手には無類の強さを見せる。
どれだけ武力を上げられても士気3で追いつけるので、フルコンなどの高武力で押し切ってくる相手に対しては手軽かつ強力な抑止力となる。

必要士気の軽さから号令や投げ計略とのコンボも容易で、武力面では確実に最高戦力になれるため総力戦にも適している。
雲散されても士気差はつきにくく、倒されてしまっても士気3のロスかつ本人が軽コストの復活持ちであるためさほどの被害にはならない。
平時の戦闘力こそ低いとはいえ「計略に爆発力がありダメ計に耐えうる高知力のアタッカー」は他の歩兵には見られない特徴。

その一方で、コピーできるのが武力・知力・征圧力に限られる点には注意。
兵力回復・防御力上昇・超長時間計略、兵種アクション強化や乱戦速度アップ・知力差ダメージなど、武力以外の要素が戦闘力に直結する計略には効果が薄い。
また、低知力・低征圧力の相手をコピーするとそれらもそのまま引き継いでしまう。
反面デメリット効果もコピーしないため、漢の意地や虎髭の勇(蒼)、孤軍戦法などは修整値のみを利用できる。
とはいえ使用時には同武力の武将が相手にもおり、兵種アクションを持たない歩兵ゆえに単独では乱戦に持ちこめない限り分が悪い。
基本的には自城際で突撃を回避しやすい防衛時に使用し、効果時間・士気差でカウンターを狙う起点とするのに適している。
上記の欠点を補いつつ長所を活かす意味でも、重ねられる計略は何かしら用意しておきたいところ。

バージョンを重ねるにつれ、武将個人や計略コンボの武力インフレが進んでいるのは追い風。
一方で先述したように不得手な計略も相応に増加しており、面で押し潰される大型号令は特に厳しい相手。
とはいえ左慈の弱点を補い長所を伸ばす計略も増加しており、Ver3.1では歩兵メインのデッキの要となる黄夫張角が追加。
自身撤退により連発できない黄夫極意に重ねるコンボ要員として注目され、これを契機に再評価が進んだカード。
Ver3.5環境では回転力を活かしたワラパーツや董卓(乱世の魁)デッキの超絶対策として積まれるケースも増加。
歩兵ながら勝率・使用率ともに上位に入る一枚となっている。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.0F 効果時間延長 10c→11c
Ver.1.0.5A 効果時間延長 11c→18.5c
Ver.1.1.0A 効果時間短縮 18.5c→14.2c
Ver.2.1.0D 効果時間延長 14.2c→15c
Ver.2.5.1C 効果時間延長 15c→18.8c
Ver.3.0.0D エラッタ実施「特技変更 復活追加」
Ver.3.6.0C 効果時間短縮 18.8c→12.1c


UC徐栄(火事場)

武将名じょえい
徐栄「強い奴と戦えるなら、
     正義も悪も関係ない!」

董卓配下の武将。諸侯による反董卓連合が結成されると、董卓の命により出撃。敵軍の先鋒であった曹操軍を打ち破り、孫堅との戦いでも戦果を挙げるなど活躍を見せた。董卓死後は王允に従い、李傕軍と戦うも討ち死にした。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力4 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器知力上昇 突撃術 速度上昇
計略火事場の剛騎武力が上がる。この効果は自軍の城ゲージが少ないほど大きい。一定以上武力が上がると、突撃ダメージが上がる
必要士気4
Illustration : 三好戴克Character Voice : 佐藤拓也


曹操・孫堅の両方を相手取りあまつさえ勝利した剛の者・徐栄。

史実とは裏腹に武力知力ともに平凡だが、征圧力2と特技勇猛を所持しているのが救い。
将器は騎兵との相性が良いラインナップ。群雄では割と珍しい知力上昇もあるが、優先度は低め。

計略「火事場の剛騎」は火事場系剛騎戦法。
自城が減少しているほど武力が上がり、自城が50%以下(武力+8以上)の場合は突撃ダメージが+30される。
武力上昇値の上限は残り10%を切ったあたりの+16。
効果時間は10c(Ver.2.5.1C)

条件こそ厳しめだが追加効果発動時の火力は破格で、ほとんどの相手は突撃2回で消し飛ぶ。
武力上昇値も高いため乱戦でも弱くはないが、やはり突撃してこそ光る計略。
一方で速度上昇は無いので、単騎で戦況をひっくり返すのは難しい。
自身に攻城力はないので、攻城時のマウントや防衛時などに使いたい。

実装当時は5/4/1勇猛かつ汎用計略と、かなり厳しい性能となっていた。
その後2度のエラッタを経て、現行の性能となっている。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.2.5.0C エラッタ実施「計略変更 火事場の馬鹿力→火事場の剛騎」
Ver.2.5.1B 効果時間延長 9.2c→10c
Ver.2.5.1C 突撃ダメージ増加 +18→+30
Ver.3.0.0D エラッタ実施「征圧力1→2」


SR鄒氏(誘惑)

武将名すうし陶酔の色香
鄒氏「今は乱世も、戦も忘れて……
   この音色に身を任せて……」

張繍の叔父・張済の妻。類まれな美貌を曹操に見初められ妾にされる。しかし叔父の妻を妾にされたことで張繍は激怒し、反乱を起こす。曹操配下の典韋や息子の曹昂も討ち死にしたこの乱で、鄒氏も命を落としたといわれる。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力4 征圧力2
官職-
特技魅力
将器復活減少 速度上昇 士気上昇
計略誘惑最も武力の高い敵の武力と知力と征圧力と移動速度を下げる
必要士気5
Illustration : 夢路キリコCharacter Voice : 村川梨衣


類まれな美貌を持ち曹操を虜にし、曹昂と典韋の死の遠因を作った美女。曹操に計略を使うと特殊台詞が発生する。
なお、旦那である張済は未登場。追加されるのが妻ばかりなのはシリーズのお約束。

スペックはコスト1としては平均的な武力・知力に征圧力2と、女性武将の常として魅力を備えている。
あまり尖った特徴を持たないが欠点もなく、槍という兵種も相まってどんなデッキにも入る使いやすい能力。
将器はコストに依存しない士気上昇や、撤退しやすいコスト1槍のフォローになる復活減少が使いやすい。

計略「誘惑」は単体妨害。カットイン時のカテゴリは「誘惑 -ATRACT-」。
最も武力の高い敵を武力-6、知力-6、征圧力-1、移動速度0.3倍にする。
効果時間は知力5に4c、知力2に6c程度(Ver1.0.5D)。

カード裏の効果範囲を見ると全体が赤くなっており無限の範囲を持つように見えるが、実際は無限ではなく戦場全体。敵城内までは届かない。
標的へ近付く必要がなく反計や避雷針役などで防がれにくいが、最高武力以外の部隊は狙えない。
最高武力が複数いる場合は、特定の対象を選択する事はできずランダムになってしまう。

呂布ワラデッキなどワントップに依存したデッキには、これ一枚でほぼ完封できるだけの効果を発揮する。
移動速度低下が大きいので騎兵に特に有効だが、武力低下が高いので近付きにくい弓兵に対しても有効。
知力低下値も大きいので、先撃ちでキーカードの計略の効果時間を削り計略を使いにくくさせる事もできる。
ただし無士気で我慢されると大きな士気差ができてしまうので、特に超絶強化相手などでは後掛けで移動速度を下げていなすといった使い方が無難。
状況次第では2回連打したくなる時もあるだろうが、1回使って最高武力が変わっていれば対象も変わる点には要注意。

対戦相手にいた場合、常に最高武力に誘惑を使われる可能性を考えながら戦う必要がある。
知力上昇計略があればキーカードの知力を上げておく事によって、妨害対策しつつ計略の効果時間を延ばせるので一石二鳥。
知力低下計略も効果時間を削れるが、他の計略に士気を回されるだけなので士気損になりやすい。
また、キーカードを狙われないように他の武将の計略で一時的に最高武力武将を変える事が対策になる場合もある。
誘惑はいつ飛んでくるのか分からないので駆け引きや判断が重要になるが、使えない状態を見逃さずに一気に攻めたい。

登場バージョン

Ver.1.0.0C



UC成公英(叛旗)

武将名せいこうえい
成公英「荒くれの中に、私のような者が
  一人はいても良いでしょう?」

韓遂の配下。韓遂が幾度となく後漢に反乱を起こした際に、腹心として部隊をまとめた。韓遂が曹操軍に敗北し、多くの部下が去って行った後も一人残り、韓遂を支え続けた。韓遂亡き後は、曹操に仕えた。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力4 知力8 征圧力1
官職武官
特技伏兵
将器突撃術 速度上昇 征圧力上昇
計略西涼の叛旗味方の武力が上がる。この効果は範囲内にいる敵部隊数が多いほど大きい
必要士気5
Illustration : 祀花よう子Character Voice : 代永翼


韓遂の片腕とも言われる忠臣。

群雄では珍しい知力寄りスペックの伏兵持ちだが、武力4と殴り合いは苦手。
将器はどれも騎兵との相性は良い。

計略「西涼の叛旗」は号令。
範囲内の味方の武力を範囲内の敵の数+1だけ上げる。
範囲は自身を底にした回転可能の前方円。直径6マス程。
効果時間は8.3c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1B)。

敵が多いほど効果を発揮しやすいが、お互いを範囲に入れないといけない関係で有効打となるかは相手の位置取りに影響を受けやすい。
士気5計略であることを考えると、最低でも武力+4は欲しいところ。
範囲に味方全部隊と敵を3部隊以上巻き込むには少々工夫が必要となるだろう。

Ver.1.1.5Aのエラッタで計略が指揮から後方指揮へと変更された。
その後Ver.2.6.0Bで再度エラッタが入り、知力が7から8に上がり、計略が後方指揮から指揮に戻された。
さらにVer.3.0.0Dで3回目のエラッタ。計略が独自の「西涼の叛旗」に変わった。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.1.5A エラッタ実施「計略変更:指揮→後方指揮」
Ver.2.6.0B エラッタ実施「知力7→8、計略変更:後方指揮→指揮」
Ver.3.0.0D エラッタ実施「計略変更:指揮→西涼の叛旗」
Ver.3.5.0A 範囲縮小
       範囲調整
Ver.3.5.1B 効果時間短縮 9.6c→8.3c


UC臧覇(火事場)

武将名ぞうは せんこう八健将
臧覇 宣高「これが泰山流の戦だ!
        ぶっこむぜ!」

呂布配下の八健将の一人。曹操軍との戦いでは、楽進と互角に渡り合う武勇を見せる。呂布が処刑された後は、曹操に仕えた。共に呂布に仕えていた張遼と各地で先鋒を務めるなど活躍。曹丕、曹叡からの信頼も篤かったという。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力6 知力5 征圧力2
官職武官
特技勇猛 刻印
将器兵力上昇 長槍術 突破術
計略火事場の剛槍武力が上がる。この効果は自軍の城ゲージが少ないほど大きい。一定以上武力が上がると、槍撃ダメージが上がる
必要士気4
Illustration : lackCharacter Voice : 落合福嗣


どちらかというと張遼同様魏での活躍が目覚ましいのだが、旧作同様に魏以外での追加となった臧覇。
なお、魏の臧覇は第5弾で追加されている。

Ver.3.7.0D現在、群雄では7人も存在する1.5コスト武力6槍兵のうちの1枚。
その上で知力5・征圧力2・勇猛持ちだが刻印もつけられている。
将器は槍兵として無難なラインナップ。剛槍を振り回すのであれば長槍術推奨。

計略「火事場の剛槍」は火事場系剛槍戦法。
自城が減少しているほど武力が上がり、自城が50%以下(武力+8以上)の場合は槍撃ダメージが+15される。
武力上昇値の上限は残り10%を切ったあたりの+16。
効果時間は10.4c(Ver.2.5.1C)

条件こそ厳しめだが、剛槍戦法に大きめの武力上昇がくっついていると考えれば火力は相当なもの。
とはいえ速度上昇はないため、とにかく槍は意識して振っていきたいところ。
城ゲージが削れている場合大抵は劣勢である点も変わっていないため、うっかり落城…なんてことにならないように気をつけるべし。

過去に2度エラッタを受けている。
かつては武力5かつ計略が「火事場の馬鹿力」だったが、あまりにも個性が薄く採用率が伸び悩んだ。
1回目で計略が「火事場の剛槍」に変更、2回目で武力6と引き換えに刻印が追加されている。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.2.5.0C 計略変更 火事場の馬鹿力→火事場の剛槍
Ver.2.5.1B 効果時間延長 9.6c→10.4c
Ver.2.5.1C 槍撃ダメージ増加 +8→+15
Ver.3.7.0D エラッタ実施「武力5→6、特技変更 刻印追加」


SR張角(太平要術)

武将名ちょうかく天公将軍
張角「蒼天已に死す、黄天まさに立つべし、
  歳は甲子に在りて、天下大吉……!」

太平道の教祖。「大賢良師」「天公将軍」を自称した。数百万の信者を率い「黄巾の乱」と呼ばれる大規模な反乱を起こした。一時は都にも上る勢いを見せたが、叶う前に病死。しかし、この乱により後漢の権威は落ち、滅亡の引き金となった。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力2 知力8 征圧力2
官職文官
特技魅力
将器兵力上昇 士気上昇 募兵
計略太平要術撤退中の味方が復活し、兵力が徐々に回復する。ただし自身は撤退する
必要士気6
Illustration : RARE ENGINECharacter Voice : チョー


黄巾の乱の首謀者が、人外極まりない外見で登場。
(ちなみにどこがどのパーツなのかは、Twitterで絵師のRARE ENGINE氏が説明しているのでそちらを確認しよう)

首魁の割にコスト1歩兵だが、知力8と征圧力2を備えており伏兵探しや色塗りには使いやすい。
計略の使用を早める魅力持ちである点もポイント。
将器はいずれも無難。覚醒させるなら士気上昇だが、できれば他の武将に回したいところ。

計略「太平要術」は全体復活。
味方全員を兵力80%の状態で復活させ、兵力が徐々に(0.86cごとに4.5%、計54%)回復する。代償として自身は撤退してしまう。
効果時間10.4c(Ver.3.1.0E)。

味方全体を復活させるとはいえ、士気6は決して軽いものではないため乱発は厳禁。
またあくまでも対象は発動時に撤退している部隊であり、生存している部隊の回復などはない点にも注意。

カウントに関係なく復活させ足並みを揃えられるのは心強いが、コスト1とはいえ自身の撤退があるため号令デッキとはやや噛み合わない。
武力も上がらないので、せっかく塗った征圧マップを敵に塗り替えされたくない時など、戦場を荒らしていくデッキ向けだろう。

復活する部隊数が多いほど費用対効果は高いのでやはり多枚数のワラワラデッキで真価を発揮するが、4枚デッキでの採用が流行したこともあり、用途は幅広い。
いうまでもないことだが、復活させたい時に自身が撤退していないように位置取りには注意。
なお、復活は他勢力でも有効なので、混色でも採用を検討できる。

ちなみに、当の黄巾党は復活持ちが多く張角の計略とは相性が悪い。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.1.5A エラッタ実施「計略内容変更:撤退中の味方が復活し、兵力が徐々に回復する。ただし自身は撤退する」
Ver.1.2.0C 復活時兵力減少 100%→60%
Ver.2.1.0D 徐々に回復する兵力回復量増加 0.86c毎に3%(30%)→4.5%(45%)
Ver.2.6.0C 効果時間延長 8.8c→9.6c
       復活時兵力増加 60%→80%
Ver.3.1.0E 効果時間延長 9.6c→10.4c


C張勲(大号令)

武将名ちょうくん
張勲「ワシは大将軍!
   大将軍よぉおおお!」

袁術配下の大将軍。皇帝を僭称した袁術に従い、大群を率いて数多の群雄と戦った。しかし呂布との戦いでは味方に裏切られて大敗、曹操と劉備に攻められた際は、張勲以外の兵がすべて討ち取られるなど敗北続きであった。
コスト1.5
兵種攻城兵
能力武力6 知力4 征圧力0
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 兵力上昇 城門特攻
計略大将軍の大号令味方の攻城兵の武力と移動速度が上がる。
必要士気4
Illustration : 池田宗隆Character Voice : 藤沼建人


旧シリーズでも攻城兵にまつわる計略を持っていた袁術軍の大将軍。
本作では自身も衝車を引き連れ高いテンションでやたら大将軍を誇示するようになった。撤退台詞、落城台詞は必聴。

6/4とコスト1.5としては優秀な数値だが、やはり攻城兵共通の征圧力0と戦闘力・移動力の無さが欠点。
将器は乱戦や攻城に傾いた構成。兵種との相性は良い。

計略「大将軍の大号令」は号令。
範囲内の攻城兵を武力+5、移動速度1.5倍にする。速度は敵征圧領域上で通常の槍兵と同等程度・弓兵よりわずかに遅いレベル。
効果時間約9c。(Ver.1.0.0F)

士気4の号令としては破格の効果を持つが、攻城兵にしか効果がないのがネック。
さすがに8コストを全て兵種アクションに対して無力な攻城兵にするわけにはいかないため、攻城兵は2〜3部隊というデッキが主流。

低士気で打てることもあり、開幕に増援や衝軍、正兵などの法具と組み合わせて城に張り付いてからこの計略で一気に落城を狙う戦術がわかりやすい。
開幕を凌がれてしまった場合も、士気4で複数部隊を+5できる計略は役に立つ。

また、士気を貯めてから中盤にフルコンで攻めるという方法もある。
この場合は槍兵に追いつく速度上昇を活かして、速度上昇のある超絶騎兵との相性が良いだろう。
暴虐なる覇道は守りを無視する形になるがコンボ相手としては最適。
武力+11された攻城兵を武力と速度の上がった騎兵でマウントする形は単純ながら強烈。

しかし、ただでさえハイリスク・ハイリターンな攻城兵を、複数入れなければならないというデッキ構築のデメリットは大きい。
征圧力が非常に低く白兵戦でも常に遅れを取るため、ゲージリセットがあっても複数回の内乱は避けられない。
また攻城力はコスト依存が大きいため高コストの採用率が高く、複数の攻城兵を入れるメリットがあまりない。
漢鳴デッキや栄光の大号令のように序盤に強力な計略を使えない相性のいいデッキが増えてはいるものの、それは開幕系デッキ全般に言える事であり暴虐デッキ等に比べ環境に合致している要素があまりない。

上手く決まれば複数の攻城兵による一気の攻城は爽快だが、そこに持ち込むまでのプレイヤーの腕が試されるだろう。

相手をする場合は開幕を凌いだ後の事よりも開幕を凌ぐことを最優先に考えた方がよい。
ラインの低い初期配置にして端攻めに備える、法具は開幕の攻勢に対処しやすい物を選ぶなど相手をする側も開幕に工夫を凝らし一番怖い開幕を全力で凌げれば、多少の士気差があっても有利に立てることがほとんどである。

登場バージョン

Ver.1.0.0C


C張繍(火事場)

武将名ちょうしゅう
張繍「……この恨みを晴らすために、
     私は何をすれば良い?!」

董卓軍の武将だった張済の甥。董卓亡き後、曹操と戦うが降伏する。しかし、曹操が張済の未亡人である鄒氏を妾にしたことに憤慨し、配下の賈詡の策に乗り反乱を起こした。この戦で、曹操は息子の曹昂を失うなど痛手を負った。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職武官
特技伏兵
将器長槍術 征圧力上昇 守城術
計略火事場の援軍味方の兵力が回復する。この効果は自軍の城ゲージが少ないほど大きい
必要士気4
Illustration : 前河悠一Character Voice : 櫻井慎二朗


曹昂よりも(胡車児との連係で)典韋を討った方で有名な、元董卓軍の武将。
裏書きの通り法正並みに恨みを並べ連ねるキャラになっており、事あるごとに恨みを溜めていく。

コスト1.5としては可もなく不可もない数値に伏兵を持つ。
伏兵解除後にそのまま戦闘に参加できる中武力と征圧力2を兼ね備えるのが強み。
将器はどれも無難だが、征圧力上昇を覚醒すると中武力帯では希少な征圧力3を確保できる。他に選択肢がない場合は一考したい。

計略「火事場の援軍」は火事場系の回復。
回復量は自軍の城ゲージが半分を少し下回ったぐらいで70%程度(Ver.2.5.1D)

城ゲージが残り20~10%ぐらいになると100%回復となり、士気4では破格の回復量となる。
互いに城を削り合う捨て身の戦い、具体的には暴虐デッキで最も輝き、董卓のお供のみならず群雄の捨て身デッキ全般と相性がいい。
特に両者削りまくった20カウント前後でこれを絡めて押し込めば、全員が「黄巾の群れ」を持っているようなものなので敵は悶絶するだろう。
ただし本人が流れ矢などで死にやすい槍兵なので、起用する際は絶対に撤退させてはならず、少々テクニックが必要になる。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.2.5.1D 城ゲージ50%未満〜城ゲージ10%以上の場合 兵力回復量増加



SR貂蝉(傾国)

武将名ちょうせん傾国の美女
貂蝉「わたくしの心は、
  あなただけのものでございます」

王允の養女。絶世の美女であり、董卓と呂布を仲違いさせるため謀略「美女連環の計」に使われた。結果、その美貌で呂布を巧みに誘惑し、董卓を討たせることに成功した。その後は呂布の側室となり尽くしたといわれる。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力2 知力5 征圧力3
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 知力上昇 士気上昇
計略傾国の舞い【舞い】(使用すると移動できなくなる。自身は自身の舞いの効果を受けない)
敵城にダメージを与える
必要士気7
Illustration : Nidy-2D-Character Voice : 堀江由衣


中国四大美女の一人・貂蝉。

スペックはコスト1と見紛うかのような超低性能だが、それをフォローするためか征圧力は3。
舞ったあとは征圧力が無駄になってしまうものの、序盤の内乱阻止にはある程度役立ってくれるだろう。
将器は生存力を上げる兵力上昇、ダメージ計略耐性を高める知力上昇、動き出しを早くする士気上昇とそれぞれに強みを持つ。

計略「傾国の舞い」は敵城崩壊カテゴリに属する舞い計略。
一定時間(約3c)ごとに敵城に4.5%ダメージを与える。計略のみで落城させる場合は57cかかる。
魅力及び将器抜きで最速で舞った場合の落城カウントは残り14c前後。(Ver.1.1.0D)

計略の仕様上自分から攻め辛くなってしまうため内乱対策が必要になり、自身が防柵持ちではないので防御手段の準備は別途必要となる。
必要士気が7と重く、現実的なデッキ構築は2色が限界(同盟者の将器持ちがいれば3色以上でも一応可能)。
さらに短時間で貂蝉が撤退すると士気が無駄になってしまう等々、実際に使うとなると様々な問題点がある。

それでも舞った後は敵城へ永続的にダメージを与える事ができる貴重な存在。
ダメージを与える速度もその量も、武将による攻城を介さない手段の中では最速最大。
攻城兵以外の端攻城や内乱ではとても取り返せないほどのダメージになるため、貂蝉を守る事ができれば非常に強い。
ただそこまで持ち込むには相応のデッキ構築と君主の腕が必要であり、言うまでもなく上級者向けの一枚。

コンパチブル武将

Ver.2.5.1C LE貂蟬(横山光輝)

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.0D 城ダメージ強化 3c毎に4%→4.5%
Ver.1.0.7C 城ダメージ強化 3c毎に4.5%→5.5%
Ver.1.1.0D 城ダメージ減少 3c毎に5.5%→4.5%


UC張宝(牛歩)

武将名ちょうほう地公将軍
張宝「黒キ霧よ、猛キ風よ・・・・・・
    蒼天の愚者ヲ惑わせ・・・・・・」

黄巾賊の首領である張角の弟。「地公将軍」を自称した。妖術を得意としており、官軍を幾度となく撃破した。しかし兄の張角が病死、弟の張梁が討ち死にすると守勢に回り、苦戦を余儀なくされる。最後まで抗うも、配下に殺されたと言う。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力3 知力6 征圧力1
官職武官
特技-
将器兵力上昇 遠弓術 速度上昇
計略牛歩の計敵の移動速度を下げる
必要士気5
Illustration : 杉浦善夫Character Voice : 祐仙勇


黄巾三兄弟の次男。

群雄の1コスト武力3弓の中では最も知力が高いが、代わりに征圧力1特技無し。
征圧要員は務めづらく、もっぱら計略要員としての採用が中心となる。
将器は弓兵としては無難なものが揃う。

計略は汎用の「牛歩の計」。
範囲内の敵の武力を約0.35倍にする。効果時間は以下の表参照(Ver.2.1.0D)。

効果時間の目安(Ver.2.1.0D)

敵の知力12345678910
効果時間10.2c10c9.8c9.5c9.2c8.3c7.5c7.2c6.9c6.7c


連環の計ほどではないものの速度減少値は十分強力で、神速戦法程度なら騎馬オーラがまとえなくなるほど。
また、敵が単体でも効果が同じなためワントップの超絶強化相手には離間の計や連環の計よりも使いやすい。
少数に狙いを絞った足止めとしては十分役目を果たせるだろう。

激戦区である群雄コスト1弓要員だが、その中でも優秀な武力・知力に使いやすい計略を持つ。
ただ、速度低下つき妨害計略では同コストで範囲を選ばず1トップを妨害できる槍兵の鄒氏が定番。
彼を採用するならば、後方から攻撃でき損耗し辛い弓兵であることや計略が複数対象にできることをフル活用したい。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.7A 範囲拡大 直径2.5マス→直径3マス
Ver.1.1.5B 範囲拡大 直径3マス→直径3.5マス
Ver.2.0.0D 範囲拡大 直径3.5マス→直径4マス
Ver.2.1.0D 効果時間延長
Ver.3.5.2A 範囲縮小


C張曼成

武将名ちょうまんせい
張曼成「思い同じくする者は、
   誰であろうと黄巾の兵だ!」

黄巾賊の指導者の一人で、各地で信者を集めた。「黄巾の乱」が起こると、これに呼応して南陽で蜂起。長江北部の都市を落として拠点を築いた。その後、官軍に敗北して処刑されるも、南陽の黄巾賊の勢いはなかなか衰えなかったという。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力1 征圧力1
官職武官
特技復活 攻城
将器攻撃力上昇 地の利 征圧力上昇
計略強化戦法武力が上がる
必要士気4
Illustration : 前河悠一Character Voice : 祐仙勇


群雄コスト1復活持ちトリオ、馬の張曼成。

騎兵は突撃があるためか武力は他の二人より低い2。
Ver.2.5.0Cのエラッタで得た特技攻城により、群雄1コスト騎兵では唯一の攻城持ちとなっている。
将器は征圧力上昇が安定だが、征圧戦を重視しないデッキなら裏の手として地の利も選択肢に入る。

計略は汎用の「強化戦法」。
武力+4、効果時間5c、知力依存0.8c。

群雄の1コスト騎兵は激戦区で、他の武闘派騎兵たちとと比べると戦闘力としての採用は難しい。
征圧要員として採用しようにも知力と計略で勝る董白(白の戯れ)がいるため、やはり優先度は下がりがち。

彼を採用するのであれば、やはり特技・攻城に価値を見出せるかによるだろう。
ただ1コスト騎兵であるため、そこまで城を削る事ができるかというとまた難しい。
副将器に攻城を持ってくるなどの工夫は必要だろう。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.2.5.0C エラッタ実施「特技変更 攻城追加」


UC張梁(黄巾)

武将名ちょうりょう人公将軍
張梁「蒼天を滅ぼすのは、
      オレの筋肉だ!」

黄巾賊の首領である張角の末弟。「人公将軍」を自称した。各地の前線で黄巾賊を率い、官軍を苦しめる。張角が病死した後も、官軍に対して抵抗を続けた。しかし士気の低下を止めることはできず、皇甫嵩に敗れて討ち死にした。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力5 知力1 征圧力0
官職武官
特技-
将器捕縛術 攻城術 募兵
計略黄巾の群れ兵力が回復する
必要士気3
Illustration : 池田正輝Character Voice : 安元洋貴


三国志大戦を支える通称「ゴリ」は、遂に思考まで筋肉になってしまった。
ちなみに本編では聞けないのだが、さんぽけ限定台詞もこれまた筋肉塗れになっている。

スペックは初代からの伝統とも言える、歩兵とはいえコスト1にして武力5の超オーバースペック。
代償として征圧力は0かつ将器に征圧力上昇も無いため、自力での征圧は不可能。
将器は端攻城に最適な攻城術、攻城時以外の役割を増やせる捕縛術が有力。

計略は汎用の「黄巾の群れ」。
自身の兵力を100%回復する(Ver1.0.0F)。

主な仕事は端攻め要員。相手にコスト1以上の相手を向かわせて、他部隊のぶつかり合いを有利にする運用が中心。
まさに肉壁という言葉に相応しいが、必要士気が軽いからといって計略を連発すれば号令並みの消費士気になる。
端攻めも所詮コスト1なので攻城ダメージは高くなく、ある程度見切りをつけることも重要だろう。
回復計略全般に言えることだが、何らかの武力バックアップを受けたタイミングでこそ真価を発揮する。
単体で回復して粘るだけでなく、なるべく乱戦相手を確実に圧殺できる状況で計略を使用したい。

他勢力のオーバースペック枠と異なり、将器に征圧力上昇を付けられない点は小さからぬネック。
同勢力同コスト同兵種の波才は武力4で征圧力1であることから差別化が図られている。
武力と計略では明確に優位であるものの、採用の可否はデッキ全体の征圧力と相談することになるだろう。

第5弾では同勢力同コスト同レアリティ同パラメータの自分自身が追加された。
向こうは刻印つきであるものの征圧力と特技攻城に速度上昇計略を有し、平時の立ち回りではこちらよりも活躍できる。
こちらの強みは攻城術と回復計略による城にたどりついたときのしぶとさ、気軽に投げ捨てられることによる押しの強さ。
その強みは決して失われてはおらず、枠を奪い合ってはいるものの需要はいまだ健在といえる。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.0F 兵力回復量増加 30%→100%


UC張魯(五斗)

武将名ちょうろ こうき
張魯 公祺「貴方の罪を告白なさい。
 そして信じなさい。五斗米道を!」

五斗米道の教祖。益州の支配者である劉焉の後ろ盾を受け、教団を統一。漢中の統治を任じられた。その後は漢中で独立国家を築き、30年にわたって維持。曹操の討伐軍が迫ると降伏し、宝物庫を明け渡したことで評価された。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力4 征圧力1
官職文官
特技防柵
将器兵力上昇 遠弓術 征圧力上昇
計略五斗の米撤退中の味方が1部隊復活する
必要士気4
Illustration : Daisuke IzukaCharacter Voice : 真殿光昭


五斗米道の教祖。
イラストはokomeことIzuka氏なのは偶然…かと思われたが、3枚目に追加された自身も…。

スペックはかなり平凡。群雄では唯一武力2と防柵を両立できる1コスト弓兵。
将器はこれといったものはなく、特にこだわる必要はないだろう。

計略「五斗の米」は単体復活。
撤退中の味方1部隊を兵力50%で復活させる(Ver.2.5.0C)

他の復活計略と比較しデメリットがないとはいえ武力上昇などの付加効果もなく、士気4は若干重め。
とはいえ群雄の高コストで主力となるカードは知力が低いものが多くダメージ計略に弱いため、復活計略は魅力的。
また、単純に一騎討ち等で事故った際のフォローにも使える。
ただし撤退中の部隊が2部隊以上ある場合どれが復活するかはランダムなので、できるだけ確実に高コストが復活するタイミングで使用したい。
低コスト武将の復活リスクを避けたいなら、張角であれば士気は重いが全部隊が復活する。
また、混色にはなるが祖茂や麋夫人であれば確実に最高武力を復活させられる。

上記の武将の復活計略と違い自身撤退のデメリットがないため、計略使用後も戦力になれる点が強み。
特に高コスト中心の小枚数デッキでは、武力2弓兵でも戦場にいるといないでは大違い。
少数精鋭型のデッキに低武力の弓兵を採用するのは勇気がいるが、いざという時に心強い後方支援役になれるだろう。

群雄ではやはり呂布が復活対象の筆頭になるだろうが、この計略を使えば使うほど呂布本人に回す士気は少なくなってしまう。
先打ちのダメージ計略の抑止力として、呂布の計略を使用する前に相手がダメージ計略を使えば復活させて士気差を作り、そうでなければダメージ計略持ちを落としてから呂布の計略を使うような用法が有効だろう。

五斗の米はメインとして考える計略ではなく、あくまで保険として採用する計略である点は留意が必要。
士気4を使わなくて済むなら使わない方が良いので、復活できるからといって高コストを使い捨てにするような運用では士気が足りなくなってしまう。
帰城できる部隊はしっかり帰城させ、その分の士気を他の計略に回した方が戦果を挙げやすいだろう。
反逆の狼煙や西涼の乱で撤退した味方を復活させ強引に足並みを揃えて攻める使い方もあるが、合計で士気8を使う事になるのでそれだけの戦果を挙げられるかどうか戦況判断が重要になる。

ちなみに計略は他の勢力であっても復活させられるが、他の勢力にも復活計略を持っているカードが存在する。
それぞれ微妙に効果が違うので住み分けはできており、一応出張も可能。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.2.5.0C 復活時の兵力減少 100%→50%



UC陳宮(献策)

武将名ちんきゅう こうだい不屈の軍師
陳宮 公台「進退窮まろうと・・・・・・
  気概があれば活路は開ける!」

呂布に仕えた軍師。最初は曹操に仕えるも、徐州での大虐殺への失望から、曹操を裏切って呂布に従った。しかし呂布への進言はなかなか受け入れられず、曹操軍に敗北。捕らわれた際には自ら刑死を望んだ。曹操は彼の死を惜しんだという。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力7 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器知力上昇 速度上昇 守城術
計略猛将への献策最も武力の高い群雄の味方の知力が上がる
必要士気3
Illustration : ともひとCharacter Voice : 巴十一


呂布にその生涯を賭けた軍師が、主君と相性のいい計略を引っさげて登場。

スペックは典型的な文官タイプ。武力1は心細いが、伏兵を備えているのが救い。
将器は知力上昇か守城術が無難だろう。

計略「猛将への献策」は投げ知力上昇。
範囲内の最も武力の高い群雄の味方の知力を+4する。
効果時間31.7c(知力依存1.25c)、知力将器覚醒で35.4c。(Ver.2.5.1D)

主君たる呂布と相性がよく、手軽にダメージ計略や妨害計略への耐性を付与しつつ計略時間も伸ばすことができる。
効果時間が非常に長いのもポイントで、士気溢れ対策にも有効。
…と言いたいところなのだが、ダメージ計略に対しては復活計略を持つ張魯で対策できてしまうのが実情。
Ver3では遊軍システムの実装に伴い、よりによって遊軍の自身がライバルとして立ちはだかる始末。
発動タイミングが限定的かつ効果時間もあちらの方が短いとはいえ、士気運用の観点から見ても厳しいところ。

どちらかというと知力依存の高い計略とのコンボに向いた計略。
第三弾で追加された公孫度の「遼東王の威光」が代表格で、重ねがけも視野に入れたフルコンは試合を決定付ける威力を持つ。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.2.0A 効果時間延長 25c→30c
Ver.2.0.1B 効果時間延長(知力依存値増加)約30c(?)→31.7c(1.25c)
Ver.2.1.0D 知力上昇値増加 +4→+5
Ver.2.5.1D 知力上昇値減少 +5→+4


C程遠志

武将名ていえんし
程遠志「オレの実力、魅せてやるぜ!」

黄巾賊の将軍。武勇に優れ、5万の兵を率いて幽州へと攻め込む。そこで初陣の劉備たちとの闘いになり、一騎打ちを関羽に挑むも、一瞬で討ち取られてしまった。統制を失った黄巾賊は、劉備率いる義勇軍に敗北した。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力3 知力1 征圧力2
官職武官
特技復活
将器兵力上昇 長槍術 突破術
計略黄巾の群れ兵力が回復する
必要士気3
Illustration : 歩鳥Character Voice : 江越彬紀


群雄コスト1復活持ちトリオ、槍の程遠志。
自分を「魅せる」ナルシスト振りが目立つが、演義では魅せる前にバッサリ逝かれてしまう。撤退台詞は必聴。

知力こそ1だが武力3征圧力2に特技復活を持つ。
足が遅く前面に立つため撤退しやすい槍兵にとって特技復活は非常に相性が良い。
とりわけ低武力で使い捨てになりがちなコスト1との相性は抜群。
将器は長槍術が無難。他の二つはどうしても投げ捨て要員になりがちな程遠志との噛み合いは良くない。

計略は黄巾党汎用の「黄巾の群れ」。
兵力回復は100%で知力依存は無し(Ver.1.0.0F)。

基本は回転力を活かしたスペック要員で、武力3と征圧力2を併せ持つ復活持ちは全勢力でも彼のみ。
計略も一発の攻城・突撃・迎撃が勝負を分けるような瀬戸際でのとっさの粘りに使うには十分な性能。
ただ復活持ち故に投げ捨ててしまった方が都合がいい事も多く、乱発は厳禁。

群雄の1コスト槍兵は計略要員が非常に豊富で、シンプルな武力要員の彼は長らく遅れを取っていた。
Ver.3.5.1Bのエラッタにより、武力と特技復活はそのままに征圧力が2に上昇。
回転力はそのままに塗り役も担えるようになったことで、使い勝手は大きく向上している。


登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.0F 兵力回復量増加 30%→100%
Ver.3.5.1B エラッタ実施「征圧力1→2」


SR董卓(暴虐)

武将名とうたく ちゅうえい君臨者
董卓 仲穎「脆弱なる蒼天を闇に染め上げ
  この董卓が君臨してくれよう……」

暴政の限りを尽くし、後漢末に君臨した魔王。黄巾の乱鎮圧後、大軍を率いて上洛。献帝を擁立し権力を手中に収めた。苛烈な法令や残虐な刑罰によって洛陽は地獄と化し、後漢王朝は実質的に滅亡することとなった。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力8 征圧力2
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 兵力上昇 速度上昇
計略暴虐なる覇道味方の武力と移動速度が上がる。ただし一定時間ごとに自城にダメージを受ける
必要士気5
Illustration : 杉浦善夫Character Voice : 中井和哉


斜陽の漢帝国を蹂躙した魔王・董卓。

スペックは数字だけを見ればコスト相応ではあるが、君主にも関わらず無特技。
君主標準装備の魅力が無いのは(史実を考えると)まだわからなくもないのだが、「武芸に秀でて腕力も強く、馬上ではどちらの手でも弓を引けた」という逸話にも関わらず勇猛すらないのはいかがな事か。
将器はどれも騎兵としては無難に使いやすい。

計略「暴虐なる覇道」はデメリット付きの号令。
武力+6、移動速度1.5倍に加え、効果を受けている味方1部隊につき0.85cごとに自城ダメージを受ける。
効果時間7.1c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0C)。通常効果時間で味方1部隊に付き4.8%のダメージ。

城ダメージに繋げられなければリードを与えてしまう、ハイリスクハイリターンな計略の代表格。
効果範囲が狭く、使用した矢先に相手の妨害やダメージ計略を受け無力化されたといった事態には要注意。
董卓自身の耐性は高いが、周りの部隊は(特に群雄単色の場合)知力が低いことが多い。
移動速度上昇を活かし、多少浅いラインで使い散開するといった工夫も必要だろう。

自城ゲージを削る特性から守りには使い辛く積極的に攻めるデッキ構成・戦略になりがちだが、征圧システムと前のめりな戦略は相性が良く暴虐なる覇道も戦果を挙げやすい。
とはいえ自城ダメージは一般的な4〜5枚デッキかつ全員生存前提で19.2〜24%と決して軽視できるものではなく、ただ打ち勝つだけではなくある程度まとまった城ダメージに繋げることを求められる。
殲滅したはいいが自城ダメージを受けすぎた結果敗北しては本末転倒であり、奪ったリードをいかに守るかのビジョンも求められることは忘れずに。
区星を筆頭とする攻城兵と組み合わせて一気に落城を狙う、火事場計略による逃げきりなどが主な戦略となる。

使われる側の理想は、こちらが城ダメージを受けずに相手が城ダメージを貰っただけという状態を作り出すこと。
守りで使わせたり戦場中央で暴虐なる覇道を誘って使ってきたら連環の法で止めて引くなど、とにかく万全の状態のマウントを取られてこの計略を打たせないことを心がけたい。
もちろんそう簡単に守り切る事はできないので、低コストの攻城は多少許したり最悪高コストの城門攻城だけでも防ぐなどして、自城ダメージ<暴虐の敵城ダメージという結果であれば御の字だろう。
仮に暴虐側が5部隊掛けで使ってきた場合、総ダメージは通常時間全員生存で24%のダメージ。
効果後にこちらが城ゲージで有利な状況になっていれば、暴虐側は必然的に二度目以降の号令を使いづらくなる。

なお、呂布(天下無双・飛)を範囲内に入れると計略台詞が変化する。
また魔王という立ち位置上、彼が特殊台詞の対象になる武将も多い。
一騎討ちでは先述の呂布に加え皇甫嵩(漢鳴の大号令)、朱儁(蒼天之嵐)の3人。うち呂布は相互で変化する。
また、王允の計略をこのカードに対し使うと変化する。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.5C 城ダメージ減少 1部隊につき-5.2%→1部隊につき-4.8%
Ver.1.1.5A 効果時間短縮 7.1c→6.7c
       城ダメージ間隔調整
Ver.2.1.0A 効果時間延長 6.7c→7.1c
Ver.2.6.0C 移動速度上昇値増加 1.4倍→1.5倍


R蹋頓

武将名とうとん烏丸単于
蹋頓「キヒヒ……地を這う獣が
  天を舞うカラスに勝てるものか」

烏丸の王。武勇に優れ、袁紹と公孫瓚が争った際には袁紹に味方し、騎兵を率いて活躍した。袁紹死後、落ち延びてきた袁煕・袁尚を匿ったことで曹操から攻撃を受ける。勇敢に戦うも大敗し、虎豹騎を率いる曹純に斬られた。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力8 知力2 征圧力2
官職武官
特技-
将器遠弓術 守城術 同盟者
計略烏丸流弓技武力と射程距離が上がり、同時に弓攻撃できる部隊数が増加する。さらに矢を当てている敵の征圧力を下げる
必要士気5
Illustration : kakotomiraiCharacter Voice : 吉野裕行


烏丸の王が、名前通り(?)カラスのような外見で登場。
「騎兵を率いて活躍した」とあるものの、烏丸は騎射に優れた民族であるため弓兵でもおかしくはない。

Ver3.6.0B現在群雄勢力で唯一の2コスト武力8の弓兵。征圧力も2あるが特技なし。
反面知力は2と低く、伏兵及び妨害・ダメージ計略にはすこぶる弱い。弓兵なので敵陣特攻の機会は少ないが用心したいところ。
将器は遠弓術、守城術と弓兵に適したものが揃う。同盟者もあるので混色デッキでの運用にも向く。

計略「烏丸流弓技」は弓強化。
武力+3に加え、射程距離上昇・2部隊同時攻撃・弓を当てている部隊の征圧力低下(-15以上)が追加される。
効果時間7.5c(Ver1.0.5A)。

射程距離は遠弓術を覚醒していれば戦場中心から四隅まで敵がどこにいても矢を放てるほど。
計略効果とともに優秀で、機動力に乏しいデッキに対して強さを発揮する。
また征圧力を下げる効果があるため、内乱妨害の阻止を狙いやすいのも強み。
注意点は武力上昇値が士気に対して十分ではないため、乱戦されてしまえば劣化強化戦法となる点。素武力は高いがしっかりと計略効果を活かしたい。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.0D 効果時間短縮 武力上昇値減少 弓射程距離強化の効果を弱体
Ver.1.0.5A 効果時間短縮 武力上昇値減少


R馬玩

武将名ばがん
馬玩「結束して強大な敵に抗う、か。
 ガラじゃねえが燃えてきたぜ……!」

韓遂配下の武将。魏の曹操が征西の動きを見せると、馬超らと共に挙兵する。しかし賈詡の離間の計にはめられ、馬超と韓遂の間に亀裂が入ってしまったことにより、馬玩は主君を守るために馬超との戦いを余儀なくされてしまった。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力6 征圧力2
官職武官
特技-
将器兵力上昇 突撃術 速度上昇
計略神速戦法武力と移動速度が上がる
必要士気4
Illustration : 西野幸治Character Voice : 武内駿輔


「蒼天航路」の大活躍が目に付いたのか、主君と同レアリティで参戦した馬玩。

群雄の1.5コスト武力5・征圧力2の騎兵の中では最も知力が高いが、特技はなし。
群雄勢力の武力担当は脳筋が少なくなく、割と珍しいタイプの能力の持ち主である。
将器は全体的に無難な構成。

計略は汎用の「神速戦法」。
武力+3、移動速度1.8倍。効果時間は7.5c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1C)
同計略持ちでは数少ない素征圧力2を持つため、将器を気にする事なく盤面を広く塗り替えることが可能となっている。

良く言えば隙がない一方で、これといった個性に欠けるのが難点。
群雄勢力は騎兵が豊富で、特に速度上昇計略は号令・単体ともに恵まれており困る事はない。

Ver2.5.0Cのエラッタにより、知力1の代償に征圧力2を獲得。
派手さはないが、デッキに必要な要素を満たすバランス型の騎兵としてようやく居場所を得た感がある。
しかしVer.3.6.0Bの環境ではやはり尖った性能の方が好まれており、完全に我が世の春とはいかないようである。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.0D 計略効果時間短縮
Ver.1.0.0F 効果時間に対する知力依存度低下 →0.4c
       武力上昇値減少 +3→+2
Ver.1.1.0C 武力上昇値増加 +2→+3
Ver.2.1.0D 移動速度上昇値増加 1.7倍→1.8倍
Ver.2.5.0C エラッタ実施「知力7→6、征圧力1→2」
Ver.2.5.1C 効果時間延長 6.7c→7.5c



C馬元義

武将名ばげんぎ
馬元義「これも仕事だ。悪く思うな」

張角配下の黄巾賊。張角の命により、洛陽で反乱を起こすため潜伏していた。しかし部下の裏切りによって捕らえられ、極刑を処された。馬元義の死を知った張角は洛陽の急襲を諦め、各地の同士に蜂起するよう呼びかけた。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力3 知力1 征圧力1
官職武官
特技復活
将器兵力上昇 復活減少 守城術
計略黄巾の群れ兵力が回復する
必要士気3
Illustration : 池田宗隆Character Voice : 櫻井慎二朗


群雄コスト1復活持ち黄巾トリオ、弓の馬元義。

武力3復活持ちではあるものの、残りの数値は最低限。
将器は横弓として扱いやすい守城術が優力。
投げるなら復活減少だが、ひたすら投げるよりは窮地の際に捨てる方がいいため優先度は多少下がる。

計略は汎用の「黄巾の群れ」。
自身の兵力を100%回復する。

後方援護向きの弓兵と復活は一見すると相性が悪いように思えるが、実のところ有用性は決して低くない。
前衛が倒れてから自ら後詰めに残り捨て駒となることで、先に倒れた前衛と同程度の時期に戦場に復帰し再び攻め上がることができる。
特に消耗戦狙いのデッキでは有効に働いてくれるだろう。

群雄勢力の1コスト武力3弓兵はVer.3.6.0A時点で6枚存在する。
この中では数少ない守城術持ちであり、計略と相まって端攻めを止める力は強い。

ちなみに、イラストレーターの池田宗隆氏は「3」の頃にも馬元義を担当していた。
第4弾で旧シリーズのリファイン武将が多数追加されるまで、旧作と担当絵師・所属勢力・レアリティが同じである唯一の武将だった。

登場バージョン

Ver.1.0.0C


C波才

武将名はさい
波才「俺ら黄巾党が、
  天下に荒波かましてやるぜ!」

黄巾賊の指揮官。張角の呼びかけに応じ、張曼成らと同時に挙兵する。朱儁率いる官軍を撃破するなど勢いに乗るが、皇甫嵩の火計と曹操の援軍により敗北。勢いは戻ることなく、孫堅の追撃を受けて再び敗北した。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力4 知力1 征圧力1
官職武官
特技勇猛 復活
将器攻撃力上昇 兵力上昇 捕縛術
計略強化戦法武力が上がる
必要士気4
Illustration : madOwlCharacter Voice : 江越彬紀


名前のせいか、台詞が波に関する事が多い黄巾賊の一員。

スペックは1コストで武力4を誇る武闘派歩兵。
代償として知力こそ1だが、勇猛・復活の特技二種を持ち、さらに素の状態でも征圧力1を確保できている。
他の1コスト武力4や武力5の張梁と比べると、素で征圧力1を持つ点と特技によって住み分けしている形。
将器はどれもそれなりに相性が良いが、覚醒せずとも十分に働けるため優先度は低め。

計略は汎用の「強化戦法」。
武力+4、効果時間5c、知力依存0.8c。

計略効果に見るべきものはなく、とにかくスペックを活かすことになる。
最低限の色塗りをこなしつつ、復活と高武力を活かしての端攻めを仕掛けるのが主な仕事。

かつては劣化でこそないもののライバルに比べ独自性を活かしきれない立ち位置だったが、Ver.2.5.0Cで特技勇猛と復活が追加。
回転率の高いワラワラ要員が欲しければ検討に値する一枚。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.2.5.0C エラッタ実施「特技変更 勇猛/復活追加」


R馬騰(西涼の乱)

武将名ばとう じゅせい西涼の雄
馬騰 寿成「俺がこの国を……西涼を守る!」

西涼の太守。異民族の鎮圧で活躍し、偏将軍に任じられている。曹操が献帝を傀儡にしていることを憂いて暗殺計画に参加するも露見し、一族と共に処刑された。遺志は子の馬超が継ぎ、曹操に対して反乱を起こすこととなる。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力5 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器突撃術 復活減少 速度上昇
計略西涼の乱撤退中の群雄の味方が1部隊復活し、武力と移動速度が上がる。ただし征圧力が下がり、効果終了時に撤退する
必要士気4
Illustration : JUNNYCharacter Voice : 吉野裕行


漢王朝の忠臣のはずなのに、なぜか毎回「○○の乱」を持ってくる馬超の父親。
本作でもそれは避けられなかったようだ。

スペックは君主らしく魅力こそあるものの、騎兵だらけの群雄では特筆すべき部分はない。
将器は騎兵と相性の良い突撃術・速度上昇が扱いやすい。復活減少は後述する特殊な運用に向く。

計略「西涼の乱」は単体復活。
撤退中の群雄の味方1部隊を武力+6、移動速度を1.65倍にして復活させる。復活時の兵力は100%。
ただし征圧力が下がり(-2以上?)、対象は効果終了時に撤退してしまう。
効果時間7.1c(Ver.1.0.0F)

復活した部隊は自城スタートのため、効果時間的に攻めよりも守りに適した計略。
馬騰本人が倒されない限り、撤退しても復活してくる高武力高速武将の守備は心強い。

注意点として、計略対象はランダムのためうまく撤退武将を調整しないと士気に見合った戦果を出すことはできない。
小粒な部隊を極力排除した少枚数のデッキや、馬騰以外の群雄の味方を1人にしておく方が運用しやすいだろう。
また、計略使用後に対応する形で馬騰自身がダメージ計略・妨害計略等で排除されると途端に苦しい形となる。
もともと守勢で計略を使用している状況が多いため、自爆要素を付与した武将と馬騰が撤退した状況に追い込まれた場合に城ダメージや内乱ダメージを防ぎつつ足並みを戻していく事は容易ではない。
西涼の乱を警戒して馬騰が徹底的にマークされているケースでは他の計略に士気を回した方が有用な事も多々あるので、敵味方の部隊の位置取りを考慮しながら計略が活きるタイミングを狙うようにしたい。

群雄の復活計略持ちには張魯がおり、単純な復活目的ではそちらが優先されがち。
主な採用先はVer2.0.0Cで追加された呂布(魔人降臨)を中心とした4枚デッキ。
馬騰自身が将器復活減少を持つため生け贄として使いやすく、呂布も西涼の乱の対象として好相性。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.1.5A 武力上昇値増加:+5⇒+6


UC楊氏(伝授)

武将名ようし
楊氏「苦境に立たされようと、
     節を折りはしません」

馬超の妻。曹操に敗北した馬超が再起を期し、冀城を占拠した際は夫に従い入城した。そこで趙昂の妻・王異と対面し、語り合う中で王異を信頼するようになる。しかしこれは王異の計略で、馬超が留守の間に決起され、殺されてしまった。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力1 知力5 征圧力1
官職-
特技防柵 魅力
将器知力上昇 士気上昇 突撃術
計略猛勇の伝授最も武力の高い味方の武力が上がる。ただし自身は撤退する
必要士気3
Illustration : 誉Character Voice : しもがまちあき


馬超の妻が群雄所属で登場。
Ver.1.0.0Fで群雄に夫が追加されたので単色で夫婦デッキが組めるようになった。

群雄唯一の防柵・魅力持ち騎兵だが、他の性能は知力が並以外は最低限。
将器はサポート寄り。

計略「猛勇の伝授」は投げ武力強化。
自身撤退の代わりに、最も武力の高い味方を武力+7する。
効果時間は8.3c、知力将器で9.6c、知力依存0.4c(Ver.3.1.0E)。

勢力を選ばないので、混色でも運用できるのは利点だろう。
武力上昇値・効果時間のどちらも必要士気に比べると高めなので追加効果がなくても十分な効果。

効果こそ単純だが、状況を選ばず低士気で気軽に撃てる強化計略として便利。
リスクこそあるが、コスト1の自身撤退なので軽い方ではあるといえる。
長い効果時間と高い武力上昇値から、ワントップ型のデッキで相手の足並みを崩していく戦術に向く。
呂布や馬超といった高コスト騎兵は勿論、董卓(滅葬の魔王)も撃破数を稼ぎやすくなり相性が良い。
他にも「乱戟無双」や「陥陣営」などの計略とも相性が良く、相方は非常に幅広い。

特技は豊富だが素の数値自体は低いため、やはり計略あってこその一枚。
低武力ゆえに必要な場面で撤退しないよう、乱戦や迎撃には注意して扱いたい。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.0F 武力上昇値増加 +4→+5
Ver.1.0.5A 効果時間延長 10c→10.8c
       武力上昇値増加 +5→+6
Ver.1.0.5C 効果時間短縮 10.8c→9.2c
Ver.1.0.7B 効果時間短縮 9.2c→7.5c
Ver.1.1.0A 効果時間短縮(知力依存度低下) 7.5c(?)→?(0.4c)
       武力上昇値低下 +6→+5
Ver.1.1.5A 効果時間延長 →7.1c
Ver.2.0.0D 武力上昇値増加 +5→+6
Ver.2.1.0D 武力上昇値増加 +6→+7
Ver.3.1.0E 効果時間延長 7.1c→8.3c


C楊松

武将名ようしょう
楊松「天下なぞ知らん。
  ワシが得すれば良いのじゃ」

張魯の配下。金に汚い性格で、劉璋から援軍を乞われた際には、客将の馬超を援軍に向かわせた上で、劉備軍から賄賂を受け取り馬超を讒言する。曹操から侵攻を受けた際も、賄賂を受け取り内通したが、後に主を売った罪を問われ処刑された。
コスト1.0
兵種攻城兵
能力武力2 知力5 征圧力0
官職文官
特技伏兵
将器兵力上昇 知力上昇 復活減少
計略香車戦法移動速度が上がり、強制的に前進する
必要士気2
Illustration : ともひとCharacter Voice : 巴十一


張魯の佞臣である通称「ダメ松」が、まさかの大戦初登場。

全勢力を見ても数少ない伏兵持ち攻城兵だが、知力5の伏兵は低知力への牽制程度の威力でしかない。
むしろステルス攻城でこそ活きる特技で、放っておくといつの間にか城に辿りつかれて殴られることも。
将器は伏兵の威力向上のほか、後述の計略の絡みもあり知力上昇を推奨。

計略は汎用の「香車戦法」。
移動速度が5倍になるが、効果中は強制的に敵城へ前進する。
効果時間3.1c、知力将器覚醒時4.9c、知力依存0.6c(Ver2.6.0D)。

速度上昇の上限を例外的に突破している計略で、自城前から使用してわずか3cで敵城直前まで辿り着く。
征圧領域による速度変化の影響もほぼ受けないため、どんな状況からでも駆け抜けることができる。
また、伏兵状態のまま使用し奇襲をかけるのも手。もちろん計略を使うと伏兵は解除されるので、その点には注意。
言うまでもなく迎撃対象なので、槍兵が正面にいる場合の使用は厳禁。

計略やシステムの調整により使用感がたびたび変化しているカードのひとつ。
Ver.3.6.0A現在では、知力5で自城際から発動した場合は敵城にギリギリ届かなくなっている。
多少自力で前進させる、将器などで知力を上げるといった工夫は必要だろう。
また、知力依存の大きさから相手の知力低下には十分な注意が必要。
知力0の状態で使うと一瞬で(自城際から発動した場合、戦場中央どころか征圧2マス分すら進めずに)計略が切れてしまう。

1コスト攻城兵の攻城力は、素武力将器無しで城壁6発で落城。他兵種に例えれば3コス槍の城門1発に相当する。
これをステルス攻城や計略による急襲で狙えるため、1コスト攻城兵の中でも抜群の城攻め能力を持つ。
場に見えていない状態では常に警戒する必要があり、1コストらしからぬプレッシャーを受ける羽目になる。
とはいえ所詮武力2なので処理はされやすく、過信は禁物。


登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.2.6.0D 効果時間短縮(知力依存度増加) 10.4c(0.4c)→3.1c(0.6c)


C李傕

武将名りかく ちぜん
李傕 稚然「くくく……すべて私の思うままだ!」

董卓の配下。董卓死後は、幼馴染の郭汜と共に呂布を攻めて、長安から追放する。その後は共同政権を執るものの、二人は欲望のままに行動。幾度となく仲違いし、献帝が曹操に奪われると勢力は衰退した。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力6 知力1 征圧力1
官職武官
特技復活
将器攻撃力上昇 遠弓術 募兵
計略悪逆無道武力が上がる。ただし一定時間ごとに自城にダメージを受ける
必要士気3
Illustration : 木下勇樹Character Voice : 江越彬紀


旧作では相方・郭汜とセットにされていた李傕だが、本作では単独武将として登場。
とはいえやっぱりコンビ扱いは避けられなかったようだ。

Ver.3.0.0A時点で群雄に5人いる武力6弓の一人で、特技に復活を持つ。
残りは全て1と極端だが、武力弓であるなら率先して征圧に走らないので征圧力1は大目に見られるだろう。
将器は弓兵に噛み合ったものが揃い、どれを選んでも性能が大きく向上する。

計略は汎用の「悪逆無道」。
武力+9、1.7cごとに自城へ1.3%ダメージ(知力1の場合総ダメージ3.9%) 効果時間5.4c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0C)。

極端な脳筋かつ自城ダメージ計略持ちと、総じて安定性のない性能。
どれほど弱い伏兵やダメージ計略でも撤退は免れず、計略の悪逆無道も士気こそ軽いがデメリットを踏まえると気軽に使っていける計略とは言い難い。
特に攻めで使った際に敵城にダメージを与えられなかったら大損であり、積極的に活用するなら自城を削ってから火事場計略へ繋ぐなどの戦略を準備しておきたい。

とはいえ基本はスペック重視の武将なので、敵計略も自身の計略もそれほど気にしなくても構わない。
敵主力にも十分に脅威になりうる威力の弓といざという時に捨て駒にもなれる特技復活を(あれば募兵も)駆使して戦場に立ち続け、群雄お得意の消耗戦に持ちこむのが彼の役割。
そうして長い間戦線を維持して敵方に内乱が勃発すれば、自身の計略も使いやすくなってくる。
ここぞというところで的確に使い、被害以上の戦果をもぎ取りたい。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.7A 武力上昇値増加 +5→+7
Ver.1.1.5B 城ダメージ減少 1.7c毎に2%→1.7c毎に1.3%
Ver.2.0.1B 武力上昇値増加 +7→+8
Ver.2.6.0C 武力上昇値増加 +8→+9


R李儒(滅国)

武将名りじゅ暗躍の軍師
李儒「嘆き、苦しみ、怨むがよい。
   それこそ我が愉悦よ……!」

董卓の参謀。冷酷かつ残酷な性格であり、董卓が実権を握ると少帝とその母である何太后を毒殺。また長安への遷都を進めるなど、董卓の悪政を陰から支えた。また軍師としても、自身の策で曹操軍を打ち破るなど優秀であった。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力4 知力8 征圧力2
官職文官
特技防柵
将器兵力上昇 長槍術 守城術
計略滅国の毒牙敵の兵力を徐々に減少させる。この効果は城に入ることで消滅する
必要士気4
Illustration : 西野幸治Character Voice : 鳥海浩輔


董卓の右腕とも言うべき存在。

スペックは典型的な文官型で、群雄では比較的少ない防柵持ち。
将器はサポート向きのものが揃い、計略も含め守りに適した性能。

計略「滅国の毒牙」は妨害。
範囲内の敵全員を毒状態にする。毒効果は1秒ごとに兵力3%で、同知力なら約6割減らす程度。
基礎効果時間8.3c、知力依存0.8c(Ver1.2.0C)

城に入ると効果が消滅するため、攻めよりも守りで活躍を見せてくれる計略。
威力は控えめなものの複数の敵に毒を与えることができ、必要士気の軽さから二度掛けも効果的。

ただし範囲はそこまでの広さではないため、少し散開されるだけで途端に使いにくくなるのがネック。
自身が低武力の槍兵であるため、強みが活きる場面で落とされては元も子もない。
散開された場合は主力で叩けるようにしておき、彼の毒を上手く活かせる状況を意識したい。

必要士気4と軽く、混色でも使いやすいのが強みのひとつ。
特に同勢力の傾国の舞いは防柵を用意しつつ舞を潰しにくる相手を一網打尽にできるため好相性。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.0D ダメージ強化
Ver.1.0.7B 効果時間延長
Ver.1.1.5B 範囲拡大
Ver.1.2.0E 範囲縮小


C劉繇

武将名りゅうよう せいれい
劉繇 正礼「揚州の龍、劉正礼が相手だ!」

後漢の皇族の一人。武勇に優れ、清廉でもあったことから揚州の統治を任じられた。袁術の侵攻を幾度も退けたという。しかし孫策の侵攻に際し、配下であった太史慈を使いこなすことができなかったため敗北を喫した。
コスト1.5
兵種攻城兵
能力武力5 知力5 征圧力0
官職文官
特技防柵
将器復活減少 防柵強化 同盟者
計略防護戦法武力ダメージを軽減する
必要士気4
Illustration : 米谷尚展Character Voice : 江越彬紀


漢の高祖・劉邦の末裔である劉繇。
人格に優れ優秀な人物であったのだが、どうしても演義における孫策の咬ませ犬のイメージがぬぐえない人物。
ちなみに太史慈を使いこなせなかったのは当時の人物鑑定の権威・許劭が太史慈を酷評しており、それを気にしていたから。

スペックはコスト1.5としては平均程度だが、群雄勢力ではかなり貴重な防柵持ち。
「武勇に優れた」とあるのだが、文官設定なので一騎討ちは発生しない。
将器は混色向けの同盟者が特徴的。

計略「防護戦法」は防護計略。
武力ダメージを9割カットする。
効果時間は約15cと長め(Ver2.0.0D)。

自城の守りはもちろん、敵城にまで辿り着けば攻城兵である劉繇を無視することはできない点は優秀。
一方で武力は一切上がらないため戦闘時の火力には期待できない。とりわけ攻城兵は素の戦闘力に乏しいので注意。
できる限り他の部隊でフォローしたいところ。

登場バージョン

Ver.1.0.0C


SR呂布(天下無双)

武将名りょふ ほうせん飛将
呂布  奉先「飛将の前に敵はなし……
  最強の武を刻み込み、散れ」

「人中の呂布」「飛将」と呼ばれた、最強の武人。虎牢関の戦いにおいては、劉備三兄弟をひとりで相手にするなど、圧倒的な武勇を見せた。董卓の腹心であったが、自身の利のために裏切るなど、己の価値観のみを信じ各地で武を振るった。
コスト3.0
兵種騎兵
能力武力10 知力1 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇 兵力上昇 突撃術
計略天下無双・飛【飛翔】(使用すると計略範囲に跳躍する。跳躍中は計略対象にならない)
武力と移動速度と兵力が上がる。さらに飛翔効果終了時、範囲内の敵に衝撃によるダメージを与える。ダメージは互いの武力で上下する
必要士気7
Illustration : 風間雷太Character Voice : 真殿光昭


言わずと知れた三国志最強の武将・呂布。

その名に違わず武力は二桁の10に加え、一騎討ちに有利な勇猛も所持。
並み居る武将を正面から消し飛ばし、低コストの突撃などは相手の方がダメージを受けたりと戦闘面では無類の強さを誇る。
一方で3コストながら知力は最低の1で、伏兵・ダメ計・妨害への耐性は皆無。
相手次第で瞬時に無力化・撤退させられてしまうので、フォロー役の採用は必須だろう。
将器は兵力上昇・攻撃力上昇・突撃術と完全に戦闘特化。
どの将器も有用なため目的に合わせた物を選ぶといいだろう。

計略「天下無双・飛」は呂布らしく超絶強化。
計略ムービーは稼働当初は超絶強化と同じだったが、Ver.1.1.0Aより衝撃波動と同じ演出に変更された。
武力+16・移動速度3倍・兵力35%回復に加え、発動時に計略範囲に向かって飛ぶ
そして着地した際に、範囲内にいる部隊にダメージを与える。
効果時間3.6c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0E) 。

武力26は元より3倍速が強烈であり、計略中の呂布から逃げられるor呂布に追いつける武将はほぼいない。
仮に追いつけたとしても、真っ向から戦闘して打ち破れる武将はやはりごくわずか。
ただし大幅な速度上昇の宿命で2倍迎撃は避けられず、乱戦中でも油断は禁物。

【飛翔】自体のダメージは通常の突撃程度と控えめ。
兵力100%からでは武力1すらも落とせず、あくまでも副産物である。
意外とすぐ落ちてくるため、槍兵はもとより真ん中に入れれば騎兵でも逃げきれない。
また、飛んでいる間は戦場から外れている扱いになっているらしく一切の判定が消える。
そのため迎撃無効・計略無効状態であるものの、攻城中に使用すると戦場にいないと判断され攻城ゲージが消える。
主に近場の槍兵に向かって飛び込み、迎撃事故を防ぐ、柵を飛び越え舞姫を潰すなどの運用が可能。

計略の必要士気は超絶強化にしては重い7。
効果時間は短いが、逆にその3.6c&飛翔効果でも十分敵を殲滅できるポテンシャルを備えている点がさすが呂布と言うべきか。
ただし、槍兵を筆頭としてダメ計・挑発・車輪・連環・雲散など対応策は多く、十全に効果を得られる状況はあまり無い。
並の英傑号令と対応する形で使っても士気差が生じてしまうほどの重さであり、安易な使用はできない。
試合展開・士気計算・法具の予測・相手の編成・計略・計略範囲の把握などが他の計略よりも重要であるといえよう。

コンパチブル武将

Ver.1.1.5B EX(LE)呂布(復刻武将)
Ver.2.0.0A LE呂布(人形劇三国志)
Ver.2.5.1C LE呂布(横山光輝)
Ver.2.6.0C LE呂布(蒼天航路)

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.5C 効果時間短縮(知力依存度低下) 3.8c(0.4c)→3.6c(0.3c)
Ver.1.0.7B 効果時間短縮 3.6c→3.2c
Ver.1.1.0B 効果時間延長 3.2c→3.6c
Ver.1.1.5A 飛翔効果終了時のダメージ減少
Ver.2.5.0A 効果時間短縮 3.6c→3.3c
Ver.2.5.1C 効果時間延長(知力依存度増加) 3.3c(0.3c)→3.6c(0.4c)
Ver.2.6.0E 武力上昇値増加 +14→+16
       兵力回復量増加 20%→35%


C楊秋

武将名ようしゅう
楊秋「何すりゃいいんだっけ?
     ……ま、暴れるか!」

西涼の武将。馬超と韓遂が曹操に対して反旗を翻した際に、旗本八旗の一人として共に戦う。曹操への降伏時に「帰順するつもりであったならば、なぜ逃亡したのか」と詰問されるが、これに対し「付き合いで」と返答し大笑いさせた。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力3 征圧力1
官職武官
特技復活
将器突撃術 復活減少 征圧力上昇
計略完殺剛騎戦法武力と突撃ダメージが上がり、撃破した敵の復活時間が長くなる
必要士気4
Illustration : NagiにゃんCharacter Voice : 吉野裕行


Ver.1.0.0Dから群雄に追加された涼州軍閥、旗本八旗の一角。

数値スペックは低いものの、特技に復活を持つのが最大の特色。
将器は扱いやすい征圧力上昇、特技と合わせ高い回転力を生む復活減少、火力重視の突撃術とそれぞれ異なる強みを持つ。

計略「完殺剛騎戦法」は騎馬強化。
武力+5、突撃ダメージ+18に加え撃破した敵の復活時間を25秒増やす。
効果時間7.5c、知力依存0.8c(Ver.3.0.0E)

読んで時のごとく、剛騎戦法に完殺効果が追加された計略を持つ。
突撃ダメージはかなりのもので、落とすことができれば長時間戦線離脱させられるためリターンが大きい。
相手にしてみればやり過ごすには火力が高く、計略で対抗しても復活持ちのため旨味が少なく実に嫌らしい。

単純なスペックでは他のコスト1.5騎馬たちに見劣りするため、将器や計略を活かすことが求められる。
使い捨て覚悟の盤面征圧や場荒らし、消耗戦などで真価を発揮する武将。
馬騰の「西涼の乱」とは相性が良く、撤退のデメリットを将器や特技で、完殺剛騎戦法の機動力不足を速度上昇でカバーできる。

ただし、確定で復活させる計略にはいくらカウントが増加していようと無意味。
複数部隊を撃破して復活対象を散らす、リードを取った状況で相手の攻めのプランに負担を強いるなどの工夫は必要となる。

エラッタ前の計略は汎用の「剛騎戦法」。
悪くはないがいささか地味な感は否めず、Ver.2.6.0Bのエラッタにより計略が変更された。

登場バージョン

Ver.1.0.0D

修正履歴

Ver.2.6.0B エラッタ実施「計略変更:剛騎戦法→完殺剛騎戦法」
Ver.2.6.0C 効果時間延長 6.7c→7.5c
       復活時間延長値増加 +15秒→+20秒
Ver.3.0.0E 復活時間延長値増加 +20秒→+25秒


SR呂姫(乱戟無双)

武将名りょき飛将の娘
呂姫「武を極める……それが、
   飛将の娘たる私のさだめ」

最強の武人、呂布の娘。父親譲りの強気な性格であったらしく、同盟を結ぶために袁術の息子との結婚が画策されたものの、呂姫はこれを拒絶している。その後、袁術とは同盟どころか戦いにまで発展してしまったという。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力3 征圧力2
官職-
特技勇猛 魅力
将器攻撃力上昇 兵力上昇 突破術
計略乱戟無双武力と移動速度と攻撃速度と兵力が上がる
必要士気6
Illustration : ひと和Character Voice : 堀江由衣


呂布の娘が、堂々の最高レアリティで登場。
ちなみに呂布に娘がいたのは史実通りなのだが、当然ながら武闘派という記録は無い。
武闘派なイメージを持たれるのはやはり血筋か。
大戦・さんぽけ共にコラボが行われたコーエーでは「呂玲綺」名義になっている事でも割と有名。

Ver.3.1.0A時点で群雄に8枚存在する2コスト槍のうちの一人。
武力7に征圧力2、特技の勇猛・魅力まで備える優秀なスペックだか、血は争えないのか知力は低めの3。
将器は計略が乱戦重視である事を考えると、生存性能を上げる兵力上昇が第一候補。
計略の乱戦速度上昇の事を考えると攻撃力上昇も有り。
突破術は槍が災いして思った程突破しないのが悩み。

計略「乱戟無双」は超絶強化。
武力+7・移動速度1.5倍、兵力50%回復に加え、乱戦与ダメージ速度を2.4倍にする。
効果時間は8.8c(知力依存0.4c)(Ver.3.1.0D)。

武力・速度・回復と、超絶強化のカテゴリに恥じぬ豪華な効果が盛られているが、この計略の真価はもう一つの効果の攻撃速度上昇にある。
同武力であっても乱戦なら一方的に勝つことができ、武力以上の戦果を挙げることができる。
必然的に乱戦することになりがちな攻城時はこの効果が特に発揮される。

ただし乱戦でしか効果がなく、武力上昇値自体は劇的に高いというわけでもないため相手からのダメージに耐えるのは苦手。
また、あくまで攻撃速度が上がるだけで与ダメージの計算自体はそのままなので、単純に武力負けしている相手にはダメージがそこまで通らないのが難点。

逆に武力が勝っている相手への乱戦は強力の一言。
武力が負けていたとしても他の手段で武力を強化してやれば、単体で大型号令にも対抗し得る可能性を秘めている。
効果はハマれば強力ではあるが、計略使用法の幅はあまり広くなく知力にも難があるため、別の計略も絡めたデッキにして上手く使用したい。

余談になるが、攻撃速度増加は晋軍が出るまで彼女しか持ち合わせなかった希少な効果であり、他の攻撃速度増加計略と掛け合わせても攻撃速度がさらに上がることはない。
このことからこの手の計略は攻撃速度が『上がる』とは書かれているものの、武力や移動速度などのように数値を足したり掛けたりして増やすのではなく、一定の数値へと変化させていると考えられる。

登場バージョン

Ver.1.0.0D

修正履歴

Ver.1.0.0D 初期計略効果 武力+4、回復30%、効果時間7.5c(知力依存0.83c)、乱戦与ダメ速度2.4倍
Ver.1.0.0F 武力上昇値増加 +4→+5
Ver.1.0.5A 効果時間延長 7.5c→8.3c
       兵力回復量増加 +30%→+40%
Ver.1.0.7C 攻撃間隔短縮 0.7秒→0.6秒
Ver.1.1.5B 効果時間短縮(知力依存度低下) 8.3c(0.83c)→7.9c(0.41c)
Ver.2.0.0D 武力上昇値増加 +5→+6
       兵力回復量増加 +40%→+50%
Ver.3.0.0B 武力上昇値増加 +6→+7
Ver.3.1.0D 効果時間延長 7.9c→8.8c


UC高順(陥陣営)

武将名こうじゅん寡黙なる猛将
高順「敵は必ず打ち破る。
   それが”陥陣営”のゆえん」

呂布配下の武将。対陣した敵を必ず撃破したため「陥陣営」と呼ばれた。曹操軍との戦いにおいても、夏侯惇を撃ち破るなど活躍を見せた。最後は劣勢になり捕らえられるが、一切の弁明をせずに呂布と運命を共にした。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力2 征圧力2
官職武官
特技勇猛 攻城 刻印
将器突撃術 地の利 城門特攻
計略陥陣営武力と施設攻撃力が上がる。さらに計略を発動した位置が自城に近いほど攻城力が上がる
必要士気4
Illustration : 仙田聡Character Voice : 武内駿輔


呂布軍の猛将は、主君に遅れて参戦。

群雄に9枚も存在する2コスト武力8以上の騎兵のうちの1枚。
ただ知力は2止まりでありダメ計どころか中知力伏兵ですら即死が見えるため、かなり不安定な性能。
Ver.3.6.0.Cのエラッタで征圧力+1・攻城追加の代わりに刻印を持たされ、より長所と短所がはっきりした。
将器は計略である程度代用できる施設破壊の地の利はやや相性が悪く、戦闘力の突撃術と計略込みでの城門特攻の2択になるだろう。

異名通りの計略「陥陣営」は単体強化。
武力+3に加え柵や櫓などの障害物への攻撃力を上げ、計略発動時の自城との距離を参照して自身の攻城力を上げる。
施設攻撃力はかなり強力で、普通の柵が無傷の状態で接触1回、防柵強化つきの柵でも接触2回で破壊できる。
攻城力上昇値は自城ギリギリまで潜った状態で約2倍で、城門特攻で約25%、副将器:攻城×2で約31%と劉辟(2.5コスト、将器城門城持ち歩兵)と同等という2コスト騎兵とは思えない攻城力を発揮する。
効果時間は21.7c、知力依存0.8c(Ver.3.6.0C)。

柵一枚ほど壊しただけでは微妙だが、舞いデッキ等の大量に柵を設置しているデッキが相手なら序盤で使用して相手の守りのプランを早々に崩す事も可能。
法具に開幕防柵系が追加されたので、防柵入りデッキと戦う機会が格段に増えた点は追い風。

妨害やダメージ計略には無力だが長時間武力11になるのでなかなか止められにくく、カウンターが決まれば喰らった城ダメを容易に取り返す事も可能。
だが単独で攻城まで持っていけるほどの武力上昇値ではなく、大幅な攻城力上昇に期待するなら自陣深くで使わなければならないのが悩ましいところ。
敵を全軍自城に引き付けた状態で牛歩の計や法具連環を使って背後に回り込んだり、呂布等の超絶強化武将で敵を全滅させる、暴虐なる覇道や白馬義従等で素早く攻め上がる等の工夫が必要だろう。

群雄のコスト2騎兵は18枚という超激戦区(Ver.3.6.0A)。
採用するならば計略の陥陣営を極力活かせる編成にしていきたいところ。
計略効果が発動時の位置取りに依存するとはいえ、それ以外のデメリットは特に存在せず長時間強化としてもそこそこ。
騎馬単デッキのような押し込みが強いが攻城力の弱いデッキにおいて、機動力を活かすための柵や櫓の早期撤去やいざという時の攻城力上昇はあって損はない効果。
他の攻城特化のカードと違い通常の戦闘もこなせるため、武力要員と奥の手を兼ねられるカードとしては若干ロマンがあるが優秀な性能。
デッキは選ぶが、噛み合えば士気4とは思えない活躍ができる可能性はあるので、ポテンシャルを上手く引き出したい。

登場バージョン

Ver.1.0.0F

修正履歴

Ver.1.0.5A 効果時間延長 10c→14c
       攻城力増加
Ver.1.0.5D 効果時間延長 14c→15.4c
Ver.1.0.7B 武力上昇値増加 +3→+4
Ver.2.0.1B 効果時間延長 15.4c→16.7c
Ver.2.1.0D 効果時間延長 16.7c→21.7c
       施設攻撃力上昇値増加
Ver.3.0.0C 武力上昇値減少 +4→+3
       攻城力上昇値減少 最大3倍→最大2倍
Ver.3.6.0C エラッタ実施「征圧力1→2、特技変更 攻城 刻印追加」


UC陳姫

武将名ちんき
陳姫「父と養父がまもってくれた命・・・・・・
         粗末にはしません」

陳宮の娘。陳宮が捕らえられた際に、曹操は娘を引き合いに出して帰順を呼びかける。しかし陳宮は、自分が帰順を拒絶したとしても、曹操は一族に無下な扱いはしない、と拒絶し処刑を望んだ。曹操は陳宮の期待に応え、陳姫を保護した。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力1 知力6 征圧力2
官職-
特技防柵 魅力
将器知力上昇 防柵強化 士気上昇
計略才媛の旋律最も武力の高い群雄の味方の移動速度が上がり、効果中に撤退すると復活時間が減少する
必要士気3
Illustration : Kamoshi AkaiCharacter Voice : しもがまちあき


陳宮の娘が大戦シリーズ初登場。

群雄唯一の防柵と魅力の2特技を持つ槍兵。
加えて征圧力も2あるが、武力は最低の1しかなくサポーターに特化した槍兵と言える。
将器は補助寄りのラインナップ。計略の知力依存が低く柵盛りデッキに採用される武将でもないので士気上昇が無難。


計略「才媛の旋律」は投げ速度強化。
群雄の味方の移動速度が1.4倍になり、復活時間が-20秒される。
効果時間20c、知力将器で21.2c、知力依存0.4c(Ver.2.1.0D)。

高武力の騎兵か槍兵に先出しで使い、盤面を荒らすのが主な使い道。
速度上昇率は1.4倍とさほど高くなく武力上昇もないため、この計略だけでは戦果に直結させづらい。
それでも移動速度の上がった武将が長時間暴れ回り、撤退しても短時間で戻ってくると考えれば充分な効果。
高武力の騎兵や槍兵にかければ同程度の士気で押し返すのは困難で、押し返せたとしても短時間で戻ってきてしまう。
あるいは挑発や毒計略などで撤退が不可避な際に、復活計略のような形でフォローする使い方も有効。

不慮の事故の撤退が怖い高コスト武将との相性がよく、征圧力の高い武将や将器突撃術持ちのサポートに向いている。
特に相性が良いのが槍呂布天喰呂布で、刺さらない・塗れる・超復活・帰還いらずと、およそ考えうる高コスト槍兵とのあらゆるシナジーを形成できる。
また、完殺剛騎戦法匈奴流槍技(緋)など、自前で速度を上げられない計略との相性も良い。
七転八起は復活サイクルを早めることで武力を底上げしやすくなり、いざとなればわざと刺さって撤退することすら可能。

登場バージョン

Ver.1.0.0F

修正履歴

Ver.1.0.7C 効果時間延長 7.9c→10.4c
Ver.1.2.0E 復活時間減少値増加 -15秒→-20秒
Ver.2.1.0D 効果時間延長 10.4c→20c
       移動速度上昇値増加 1.3倍→1.4倍


R馬超(叛撃)

武将名ばちょう もうき西涼の錦
馬超 孟起「曹操!西涼の錦が槍で、
   歪な天下を壊してやる!!」

西涼の雄、馬騰の息子。若いころから剛勇の士であると謳われていた。また羌族の血を引いていたため、異民族からの信望を得ていた。馬騰亡き後、曹操に戦いを挑み、討ち取る寸前まで追い詰める。その勇姿から「錦馬超」と呼ばれた。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力9 知力5 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器突撃術 士気上昇 速度上昇
計略錦馬超の叛撃武力と移動速度が上がる。さらに突撃オーラ状態を維持している間、武力が徐々に上がる
必要士気5
Illustration : 萩谷薫Character Voice : 中井和哉


西涼時代の馬超が、群雄勢力として参戦。

武力9に加え中知力・征圧力2に魅力持ちと、全勢力でも屈指のハイスペック。
将器も全体的に優秀で、戦闘面を強化する突撃術と速度上昇は言うまでもない。
2.5コストのアタッカーとしては微妙だが魅力&士気上昇持ちなので開幕士気ブーストも可能。

計略「錦馬超の叛撃」は超絶強化。
発動時の効果は武力+1、移動速度2倍。
そこから突撃オーラを維持している間は0.7cで武力が1ずつ上がっていく。
効果時間11.3c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1B)。

1〜3時代に存在した「蚩尤の如く」と同系統の計略。
効果時間は長めだが、武力を上げる手間を考えると実際に戦闘できる時間は並程度。
武力を上げ続けるだけでは戦闘には参加できないので、それぞれの時間をしっかり分けて考えたい。
使用直後でも武力10になれるので、場を荒らす目的ならいきなり突撃させて再突撃の間で武力を上げるような用法でも使えないことはない。
騎兵の場合1~2程度の武力の値よりも突撃の回数の方が重要なので、武力にあまりこだわらずに効果時間を生かして突撃の回数を稼ぐ方が良いかもしれない。

問題はその性質上速効性が無い=殲滅力が低いという点。
特に超絶強化や速度上昇計略に全く困らない群雄勢力では、2.5コストを起用してまでやる事かというと疑問符が付く。
また彼自身は中知力しかなく、計略中は各種妨害やダメージ計略、特に挑発系にすこぶる弱い。
武力がそこそこ上がる前に2倍迎撃→退場されると士気差1が付く上に2.5コス武力9アタッカーが不在と、洒落にならない損害となってしまう。

なお、特殊台詞の対象が多い。
自身は対許褚(挑発)の一騎討ちで相互に変化。
相手のみであれば、計略では賈詡(離間の計)が、一騎討ちでは王異(女傑の連撃)閻行(狂騎の神速行)がこのカードに対しそれぞれ変化する。
味方の場合、第3弾排出の馬騰(義乱の大号令)の計略にこのカードを対象にすると変化する。

コンパチブル武将

Ver.2.6.0C LE馬超(蒼天航路)

登場バージョン

Ver.1.0.0F

修正履歴

Ver.1.0.5A 移動速度上昇値増加 1.5倍→1.8倍
       突撃オーラ状態時の武力上昇間隔短縮 1c毎→0.9c毎
Ver.1.0.7B 移動速度上昇値増加 1.8倍→?倍
Ver.1.1.0D 突撃オーラ状態時の武力上昇間隔短縮 0.9c毎→0.78c毎
Ver.2.0.0D 突撃オーラ状態時の武力上昇間隔短縮 0.78c毎→0.7c毎(最大武力24)
Ver.3.5.1B 効果時間延長 10.4c→11.3c
       移動速度上昇値増加 1.8倍→2倍


R胡車児(強化)

武将名こしゃじ
胡車児「見えるぞ・・・・・・無防備な獲物の姿が」

張繍配下の武将。500斤の荷を背負い1日700里を歩いたといわれる豪傑で、張繍軍一の武勇を誇った。張繍が起こした宛城での反乱の際には、曹操を護衛していた典韋の武器である鉄戟を奪い、討ち取る活躍を見せた。
コスト1.5
兵種歩兵
能力武力7 知力1 征圧力1
官職武官
特技-
将器攻城術 征圧力上昇 突破術
計略強化戦法武力が上がる
必要士気4
Illustration : 池田正輝Character Voice : 真殿光昭


3時代は槍兵だった胡車児が今作では槍を捨て歩兵に転身して参戦。
初代三国志大戦では歩兵だったので原点回帰とも言える。スペックも当時と同じで違うのは計略くらいである。

コスト1.5にして武力7と、張梁に続くオーバースペック歩兵。
残りの数値は最低限かつ特技もなく、良くも悪くも割り切った性能。
将器は攻城術がわかりやすく優秀。武力が高いため攻城ゾーンからのダメージも低く、低コストでの城内ローテーションだけでは攻城を防げない。

計略は汎用の「強化戦法」。
武力+4、効果時間5.4c(知力依存0.8c)。

歩兵なので野戦能力には限界があるが、乱戦時、特にそれを強いられる城際の攻防ではコスト2にも迫る実力を発揮する。
将器攻城術を覚醒させた場合、彼の端攻めを防ぐためには主力クラスを向かわせるか士気を使う必要があるため、場を乱して戦う消耗型デッキと相性がいい。

ただ、時にデッキの方向性を決める事もあるコスト1.5としてはできることの少なさがネックとなりがち。
各兵種1.5コスト武力6に復活持ちが多いこともあり、武力7という部分をどう活かせるかがカギとなるだろう。

登場バージョン

Ver.1.0.5B

修正履歴

Ver.1.1.5A エラッタ実施「征圧力変更 0⇒1」


C馬休(神速)

武将名ばきゅう
馬休「まったく・・・・・・父も兄も、
    弟を見習ってほしいね」

馬騰の子。勅命を受けた馬騰に従って、弟の馬鉄らと共に許都へと向かう。しかしそこで曹操暗殺計画が露見し、曹操軍に囲まれてしまう。奮闘するものの、重傷を負って捕縛され、父と共に処刑された。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力3 知力3 征圧力1
官職武官
特技-
将器突撃術 速度上昇 攻城術
計略神速戦法武力と移動速度が上がる
必要士気4
Illustration : 紺藤ココンCharacter Voice : 上坂すみれ


弟の馬鉄と共に群雄に加わった、コスト1の武闘派騎兵。イラストは弟と1枚絵になっている。

計略以外のスペックは弟と全く同じで、1コスト武闘派として標準的なレベル。
将器も丸被りで、覚醒させるなら突撃術だろう。

計略は汎用の「神速戦法」。
武力+3、移動速度1.8倍。
効果時間6.3c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1C)

低コスト故にピンチを何とかするほどの爆発力はないが、それでも神速騎馬の有用性は低くはない。
ただ、群雄勢力は移動速度を底上げしやすい勢力であるため「神速戦法」はあまり優先されない傾向にある。

登場バージョン

Ver.1.0.5B

修正履歴

Ver.1.1.0C 武力上昇値増加 +2→+3
Ver.2.1.0D 移動速度上昇値増加 1.7倍→1.8倍
Ver.2.5.1C 効果時間延長 5.4c→6.3c


C馬鉄(剛騎)

武将名ばてつ
馬鉄「僕も精一杯がんばって
 にいさんの背中を守るからね!」

馬騰の子。馬超・馬休の弟。馬騰と共に許都へ向かい、父の護衛を務めた。しかし水面下で進めていた曹操暗殺計画が露見し、曹操軍に攻撃される。馬騰を逃がすために奮戦したが、力及ばず討ち死にした。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力3 知力3 征圧力1
官職武官
特技-
将器突撃術 速度上昇 攻城術
計略剛騎戦法武力と突撃ダメージが上がる
必要士気3
Illustration : 紺藤ココンCharacter Voice : 悠木碧


兄の馬休と共に群雄に加わったコスト1武力3の武闘派騎兵。
計略以外は将器も含め全く同じスペックなので、運用法は基本的には変わらない。
イラストは兄と1枚絵になっている。

計略は汎用の「剛騎戦法」。
武力+1に加え、突撃ダメージが+18される。効果時間は6.7c、知力依存0.8c(Ver.1.1.5A)。

兄の神速戦法に比べて汎用性はやや低めだが、群雄は速度上昇に関する計略が多く、それらのデッキで計略コンボを狙うなら突撃ダメージの上がる剛騎戦法の方が戦果を挙げやすい。

環境的には兄よりも評価が高い。
理由としては1コストで剛騎戦法を仕込める事、群雄勢力における他の速度上昇計略と下手な干渉をしない点が挙げられる。
突撃ダメージアップはコストに依存しない強さがあり、それでいて士気3であるため窮余の一手として大物喰いを狙える。

登場バージョン

Ver.1.0.5B

修正履歴

Ver.1.0.7C 突撃ダメージ上昇値増加 +10→+15
Ver.1.1.5A 突撃ダメージ上昇値増加 +15→+18


UC侯成

武将名こうせい八健将
侯成「オレは良かれと思って・・・・・・
 ちくしょう、もう我慢ならねえ!」

呂布配下の武将。籠城の最中に15頭の馬が盗まれた際には、わずかな手勢で奪還することに成功した。しかし、その祝いの席を設けたことが呂布の怒りに触れて刑罰を与えられる。この処置を恨んだ侯成は、呂布を見切り曹操に降った。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力4 知力1 征圧力0
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 突撃術 征圧力上昇
計略悪逆無道武力が上がる。ただし一定時間ごとに自城にダメージを受ける
必要士気3
Illustration : 島武史Character Voice : 櫻井慎二朗


呂布に引導を渡す役目を担った裏切り者。
だが撤退台詞の通り良かれと思った行動が仇となっただけで、民を傷つけたわけでもないのに計略が悪逆無道になってしまった。

コスト1にして武力4の武闘派騎兵だが、知力と征圧力は最低値、しかも群雄の1コスト武力4唯一の無特技という尖ったスペック。
NPCとして排出前から登場していた義勇ロードでは同武力で知力3と、排出にあたりスペックを下げられている。
将器は征圧力上昇が安定だが、内乱を捨てたデッキなら突撃術を選ぶのも悪くない。

計略は汎用の「悪逆無道」。
武力+9、効果時間5.4c、知力依存は0.4c、1.7cごとに自城ゲージ-1.3%(Ver.2.6.0C)。
知力1で使用した場合の総自城ダメージは3.9%。

自城ダメージのリスクはあるが、高い武力上昇を突撃で活用できるため決して侮れない。
とはいえデメリットがあることは間違いなく、常に使える計略ではない。
基本的には計略を使わず、素の高い武力を活かしたデッキパーツとしての運用が主になるだろう。

群雄の1コスト騎兵にはほかにも馬休馬鉄兄弟など優秀なスペックを持つものがおり、更に刻印持ちとはいえ自身を上回るスペックの公孫淵も追加され難しい立ち位置にある。
士気を基本的には1コストの自身に回さない前提での運用で、ここぞという場面では惜しまず使うことができるという強みを活かしたい。

登場バージョン

Ver.1.0.5D

修正履歴

Ver.1.0.7A 武力上昇値増加 +5→+7
Ver.1.1.5B 城ダメージ減少 1.7c毎に2%→1.7c毎に1.3%
Ver.2.0.1B 武力上昇値増加 +7→+8
Ver.2.6.0C 武力上昇値増加 +8→+9


SR董卓(滅葬)

武将名とうたく ちゅうえい魔王
董卓 仲穎「我は魔王・・・・・・
  この乱世を支配する魔王よ

後漢に仕えた将軍。大将軍であった何進が殺され宮中に動揺が走ると、混乱に乗じて少帝を奉戴し、王朝を乗っ取った。少帝の殺害や金品の強奪など、数々の暴政によって魔王と恐れられるも、配下の呂布の裏切りに遭い命を落とした。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力8 知力6 征圧力3
官職武官
特技勇猛
将器兵力上昇 長槍術 募兵
計略滅葬の魔王武力と移動速度が上がる。さらに敵を撃破するたびに武力と征圧力が上がる
必要士気5
Illustration : 獅子猿Character Voice : 安元洋貴


二枚目の董卓が槍で登場。

スペックは2.5コストとして見ても8/6とやや低め。
征圧力こそ3あるものの、群雄は征圧力3の2.5コスト槍兵だけで4枚もあるため特段強みとは言いがたい。
刻印なしで安定した知力を持つのは強みだが、やはり計略の活用を第一に考えたいところ。
将器はどれも長時間計略と噛み合っており、好みのものを選ぶといいだろう。

計略「滅葬の魔王」は超絶強化。
武力+4・移動速度1.6倍に加え、敵を撤退させるごとに武力+3・征圧力+1される。
効果時間は21.7c、知力依存1.25c(Ver.3.1.0D)。

性質上カウンターに滅法強く、自城際で消耗した敵を薙ぎ倒しながら強烈な征圧効果でどんどん戦場を塗り替えていける。
敵が復活してくるタイミングでもなお高武力状態を維持できる効果時間の長さがウリで、性質上枚数が多いデッキにとっては天敵と言える存在。
逃げる騎兵にも一方的に槍撃を入れられるので、深入りしている状態で計略を使われると手が付けられなくなってしまう。

基本的にカウンターで使う計略だが、必要士気は比較的軽いため他の計略でサポートも考えられる。
各種投げ計略で初動の弱さを補う、各種回復計略で継戦能力を高めるのがオーソドックスな組み合わせ。
妨害やダメージ計略対策に猛将への献策との相性も良く、計略時間も更に伸びるのでより一層安定感が増す。
混色でも使いやすく、低士気で槍兵アクションを強化するサポート計略等を豊富に用意できる蜀が候補に挙がる。

ただ枚数が少ないデッキや、武力上昇増加量が高い超絶強化、離脱しやすい騎馬単や速度上昇メインの計略相手に対しては分が悪い。
速度上昇があるとはいえ初動は武力12の槍兵であり、同程度の士気消費で一方的に潰されることもままある。
強さは相手のデッキの性質に依存するので、他にも戦える計略・号令もしくは上記のサポート計略を仕込んでおくと良いだろう。

なお、義勇ロードのボス攻略にかなり適した武将である。
ザコ騎兵軍団の突撃にあわせて計略を使い迎撃をとるだけで、ボス以上の超武力と化し荀氏も真っ青な征圧力になる。
ただ、武力99まで到達する快進撃孫策と違い途中で打ち止めとなる。征圧力が原因かもしれない(29で打ち止め。戦場の端から端まで届く)。
Ver.2.6.0Bで撃破時の武力上昇値が上がったため、最高武力値は未検証。

登場バージョン

Ver.1.0.5D

修正履歴

Ver.1.0.7B 効果時間短縮 20c→17.9c
Ver.1.2.0A 移動速度上昇値増加 1.5倍→1.6倍
Ver.2.1.0C 効果時間延長 17.9c→18.8c
Ver.2.1.0D 効果時間延長 18.8c→20c
Ver.2.6.0B 敵を撤退させたときの武力上昇値増加 +2→+3
Ver.3.1.0D 効果時間延長 20c→21.7c


R董旻

武将名とうびん しゅくえい
董旻 叔穎「オレ様は魔王の弟だぜ?
       ほら、ひれ伏せよ」

董卓の弟。仕えていた何進が十常侍に殺害されると、何進の弟を殺害して董卓を迎え入れた。その後は董卓と共に洛陽を支配し、独裁体制を築く。しかし呂布に董卓が殺されると、迎撃も間に合わず殺された。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力4 征圧力2
官職武官
特技防柵
将器兵力上昇 士気上昇 募兵
計略悪逆の弱計敵の武力を下げる。ただし一定時間ごとに自城にダメージを受ける
必要士気4
Illustration : YockyCharacter Voice : 真殿光昭


何気に大戦初登場となる董卓の弟。
羽扇を持っており文官っぽく見えるが、しっかり武官であるため一騎討ちは起こす。

スペックは平凡ながら防柵に征圧力2を備え、弓兵の計略要員として及第点。
将器は群雄では貴重な士気上昇が有力。

計略「悪逆の弱計」は武力低下妨害。
敵の武力を‐5するが、効果中は1部隊につき0.81cごとに自城が0.2%ずつ削れていく。

効果時間、城ダメージの目安(Ver.2.1.0D)

敵の知力12345678910
効果時間8.2c8.1c7.9c7.5c7.1c6.9c6.8c6.7c6.6c6.5c
ダメージ2.25%2.25%2.25%2%2%2%2%1.75%1.75%1.75%


効果範囲は自身からカード1枚分ほど離れた前方円で妨害としてはなかなかの広さを誇り、3〜4部隊を一気に捉えることも十分狙える。
士気の軽さから開幕で打つことや、城ダメージも大きくはなるが武力-10となる二度掛けも視野に入る。

デメリット付きとはいえ士気4で英傑号令を相殺できる低下値があり効果時間もそれなり。
だが複数部隊を捉えればそれなりの自城ダメージになるため、この計略以上の城ダメージを被りそうであったりこの計略の城ダメージ以上の攻城を取れる時など、城ダメージの計算をしっかり行う必要がある。

弱体化した部隊を逃がさず仕留められる白馬義従あたりはコンボ相手に最適。
兄の董卓とは暴虐なる覇道と効果自体は相性がいいが、あまりにも自城が削れすぎてしまう。
滅葬の魔王とであれば敵を逃がさず仕留めたり相手の号令を無力化するために使え相性がいい。

登場バージョン

Ver.1.0.5D

修正履歴

Ver.1.0.7A 城ダメージ減少 1部隊0.81cごとに-0.4%→0.35%
Ver.1.0.7B 城ダメージ減少 1部隊0.81cごとに-0.35%→0.3%
Ver.1.1.0C 城ダメージ減少 1部隊0.81cごとに-0.35%→0.25%
Ver.1.2.0C 範囲拡大
Ver.2.1.0D 効果時間延長
Ver.3.7.1A 城ダメージ減少 1部隊0.81cごとに-0.25%→0.2%


SR鄒氏(堕落)

武将名すうし艶色吐息
鄒氏「夜が明けるまで
  二人だけで楽しみましょう?」

張済の妻。義理の甥にあたる張繍や、曹操さえも魅了する美貌と色香の持ち主。曹操によって妾に取り立てられたが、これに怒った張繍は反乱を起こす。鄒氏の色香に酔っていた曹操は察知が遅れ、命を落とす寸前まで追い詰められた。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力4 知力7 征圧力2
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 復活減少 同盟者
計略堕落への誘い敵の武力と征圧力を下げる。ただし自身は撤退する
必要士気4
Illustration : ヤスダスズヒトCharacter Voice : 種敦美


2枚目の鄒氏は騎兵で登場。

スペックは武力が低く魅力持ちで、群雄の1.5コスト騎兵では貴重な征圧力2の1枚。
将器は計略が撤退を伴うため復活減少が最有力。また、混色デッキ向けの同盟者も備えている。

計略「堕落への誘い」は妨害。
範囲内の敵を武力-6、征圧力-2するかわりに自身は撤退する。
効果範囲は直径が戦場の約4分の1ほどの自身中心円。

効果時間の目安(Ver.2.5.0A)

敵の知力12345678910
効果時間8.9c8.6c8.3c8c7.6c7.1c5.8c4.6c4.1c3.7c


自身撤退を伴うものの、士気4計略としては破格の効果量が目を引く。
必要士気6~7の英傑号令を相殺できるほどだが、1.5コスト撤退は決して軽くなく総武力では劣ることになりがち。
また、中知力以下ならば号令の効果時間分弱体させられるが、高知力相手の場合は途中で切れてしまうため注意が必要。
自ら部隊数を減らす以上、こちらの態勢が整っていない時にはあまり使うべきではなく、単独で突出して使っても効果は薄い。
他の撤退計略と同様、攻めよりも守りで使う方が使いやすい。攻めで使う場合はカウンター狙いが有効。

槍の自身と異なるのは、超絶強化対策としてはあまり効果がないこと。
誘惑にあった速度低下がないのでワントップにかけて無力化する運用には適しておらず、こちらは主に号令などの中心に放り込んでまとめて敵を無力化させる、号令デッキ対策で力を発揮する。
残念ながら同時採用はできないので、号令対策か超絶対策か自分が必要な方を選んでいく形になる。

注意したい点として、効果範囲から使い勝手は隻眼の一喝に似ている。
敵部隊を多く巻き込もうとマップばかり見ていると迎撃されやすく、計略を使う前に落ちてしまう弱点は夏候惇以上に当てはまる。
効果的な場面を狙うと相手からの包囲は避けられないため、なるべく早めの判断で無駄死にさせないように使いたい。

登場バージョン

Ver.1.0.7B

修正履歴

Ver.1.0.7C 効果時間延長
       武力低下値増加 -5→-6
Ver.1.1.5A 範囲拡大
Ver.2.5.0A 効果時間短縮


C宋憲

武将名そうけん八健将
宋憲「舌先三寸に口八丁で、
  オレは乱世を生き抜くぜ!」

呂布配下の武将。各地を転戦して主戦力として活躍するも、侯成の誘いに乗って呂布の軍師であった陳宮を捕縛し、曹操に降伏した。呂布処刑後は曹操に仕えるが、袁紹軍と激突した官渡の戦いで顔良に討ち取られたという。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力3 征圧力2
官職武官
特技防柵
将器攻撃力上昇 兵力上昇 防柵強化
計略強化戦法武力が上がる
必要士気4
Illustration : 木下勇樹Character Voice : 巴十一


魏続、侯成らと同じく八健将と称される呂布の配下。

スペックは平凡そのものだが、特技に防柵を持つ。
将器はいずれも微妙なため、覚醒させる必要は薄いだろう。
計略は汎用の「強化戦法」。

同コスト同兵種に防柵・魅力と固有計略を備える陳姫がいるため独自性は薄い。
とはいえ武力1と2の違いは決して小さくなく、総征圧を優先するワラデッキのパーツとしては検討に値する。
また、柵が重要な舞いデッキなどでは基本的に1〜1.5コストの舞姫抜きで戦う事になるためパーツの素武力の重要度も増す。

登場バージョン

Ver.1.0.7B


UC馬岱(忠義)

武将名ばたい錦の腹心
馬岱「皆の無念を晴らすため、
 私は今日まで生き延びてきた!」

馬騰の甥。馬騰が曹操によって殺された際には、商人の恰好をして脱出する。その後、従兄の馬超に従い曹操と戦うが敗北。馬超とともに、劉備の配下となった。馬超亡き後は、諸葛亮孔明に従い北伐などで活躍を見せた。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力6 知力3 征圧力1
官職武官
特技攻城
将器突撃術 復活減少 同盟者
計略不屈の忠義兵力が回復し、征圧力が下がる
必要士気3
Illustration : 木志田コテツCharacter Voice : 落合福嗣


馬超と共に群雄にも登場した馬岱。
時系列的にはこちらの方が昔なのにコストアップして武力が倍になっており、征圧力も有している。

群雄の1.5コスト騎兵初の武力6で、中知力の伏兵やダメージ計略をギリギリ耐えられる知力がある。
Ver.3.0.0Dのエラッタで得た特技攻城により、機動力を活かして敵城にピンポンダッシュを仕掛ける使い方も中々いやらしい。
将器は無難に戦闘力を上げたいなら突撃術だが、殿役を任せるような運用をするなら復活減少が便利。
また1.5コスト武力6騎兵では珍しく同盟者を持ち、武力を落とさず同盟者を仕込める貴重な存在でもある。

計略「不屈の忠義」は回復系。
回復量は100%。およそ1cの間は征圧力低下(-1以上)のデメリット(=クールタイム)があり、計略使用直後は一時的に征圧と計略の再使用が不可能になる。
(Ver.1.1.5A)

蜀の自身も持っている奮激戦法と比べて回復量は2倍以上あるが、武力が上がらないのは痛い。
自身の素武力が高めなので蜀の王平と遜色ない程度の粘りは見せられるが、同士気の計略でデメリットがあることを考えると効果はやや寂しい。
何より同系統の計略で黄巾の群れが同勢力にあり、そちらはデメリットなしで兵力100%回復で、この計略は完全に黄巾の群れの下位互換。
張梁のように攻城の一押しにしようにも、自身が攻城力の低い騎兵なので役割と噛み合っているとは言いがたい。

それでも緊急時の殿役などカウンターを防ぐ時間稼ぎではなかなかに粘れ、そこから騎兵の機動力で生還できる点は基本捨て石の張梁にはない長所。
弓集めや柵割りなど、戦場に居座りたい時や騎兵にやらせたい仕事がやらせやすくなるため、要所要所で持ち味を発揮できる。
黄巾の群れと同じくむやみな連発をする計略ではないが、使うなら騎兵の機動力を生かせる場面で使いたい。

Ver.3.1.0D時点で群雄の1.5コスト武力6騎兵は5枚存在する。
馬岱の強みは計略による粘り強さと特技による攻城力の高さ、武力を落とさず同盟者を仕込める点。
採用にあたってはこれらの点を活かした構築を心がけたい。

余談だが、未来の自分と同じく「ここにいるぞ」を攻城時に口にする。

登場バージョン

Ver.1.0.7B

修正履歴

Ver.1.0.7C 効果時間短縮 5c→3.5c
       兵力回復量増加 80%→100%
Ver.1.1.5A 効果時間短縮(知力依存度減少) 3.5c→1c
Ver.3.0.0D エラッタ実施「特技変更 攻城追加」


EX(R)董白(退路遮断)

武将名とうはく威を借る孫娘
董白「必死に戦わぬ者は、
      打ち首じゃ!」

魔王と恐れられた董卓の孫娘。祖父の董卓から溺愛されたという。董卓が権力を手中に収めた際には、まだ董白は幼かったにも関わらず領地を与えられている。董卓が殺された後、一族も処刑されたが、彼女の消息は不明。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力4 征圧力1
官職-
特技魅力
将器士気上昇
計略退路遮断敵を自城に戻れなくする
必要士気2
Illustration : ひと和Character Voice : 上坂すみれ


本人がどうだったかは記録がないのだが、魔王の孫であるため悪女風の性格付けがなされている。

スペックは女性武将としては平凡。
単純な数値ではのちに排出されたSRの自分より劣るため、計略も視野に入れた採用は必須だろう。
将器は士気上昇・速3で固定。

計略「退路遮断」は妨害。
敵の帰城を不可能にしてしまう効果で、敵部隊の兵種アクションを封じる城内エリアにも戻れなくする。
そのため、城内突撃やもぐり乱戦といったテクニックも使えなくなることに注意。
範囲は自身から離れた小円で離間の計程度の範囲と少し狭い(Ver1.0.7D)。

代表的な使い方は、他の計略とコンボして相手を逃がさず殲滅するもの。
例えば董卓の暴虐なる覇道は単体では屈指の殲滅力を誇るが、城ダメージを受けることを考えると効果中に相手を殲滅したい。
そこで退路遮断を使うことで、相手に自城に逃げられることなく確実に殲滅することができる。
他にも董卓(滅葬)をはじめとする撃昂計略、関羽(咆哮)や蒋欽(破弓、教鞭)のような敵撃破で追加効果が得られる計略とも相性が良い。
もぐり乱戦を封じる性質上、全軍突撃などの兵種アクションを強化する計略を確実に当てる用途でも有用。

計略コンボでなくても、単純に相手のキーカードを倒せそうなタイミングで使うのも有効。
倒せれば相手の攻めを遅らせることが可能で、計略を使ってくれれば士気差が生まれる。
特に素武力の高いデッキなら、開幕で使っていきなり攻城に持ち込むのも有効。
必要士気2と軽く浄化の計ですら士気差1を背負ってしまうため、相手としては相応に厄介となるだろう。

一方で、この計略自体は武力や移動速度といった戦闘力に関する能力を何も変動させない。
退路遮断を使ったはいいものの逆に相手の強化計略で自部隊が殲滅されてしまった、などという事がないように注意。
当然ながら防衛時には一切役に立たないため、局面を選ぶ計略ではある。

用途は限定的だが、それ故に効果的に使えば低士気で大きな戦果を得られる。
群雄のコスト1は激戦区であるが、上手く使えば相手を一網打尽にできる可能性のある1枚。

効果時間の目安

敵の知力12345678910
効果時間6.5c6.2c5.8c5c4.2c3.8c3.5c3.3c3.1c3c

コンパチブル武将

Ver.1.1.5A EX(LE)董白(復刻武将)

登場バージョン

Ver.1.0.5D (EXカード&グッズキャンペーン)
Ver.1.1.0C (龍玉商店)

修正履歴

Ver.1.0.7C 範囲拡大
Ver.1.1.5A 範囲拡大
Ver.2.1.0D 範囲拡大


EX(R)閻行

武将名えんこう げんめい
閻行 彦明「突き刺して、ぶっ叩いて、
     締め上げてやらあッ!」

韓遂配下の武将。馬騰との戦いでは、馬超と一騎討ちになるが圧倒したという。韓遂が馬超と組んで、曹操に反乱を起こそうとした際には反対の立場をとった。その後に韓遂との仲は悪化し、最終的には妻子を連れて曹操に降った。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力4 征圧力1
官職武官
特技-
将器兵力上昇
計略狂騎の神速行武力と移動速度が上がる。さらに突撃した敵の武力を一定時間下げる
必要士気5
Illustration : 萩谷薫Character Voice : 森田成一


韓遂配下の猛将は、相も変わらずバーサーカー風味で登場。

群雄に8枚存在する武力8騎兵のうちの1枚。
知力は最低限の4あるが、群雄武力8騎兵は知力5だけで3枚もあるためやはり計略は意識したいところ。
将器は兵力上昇+速速速で固定。騎兵との相性は悪くはない。

計略「狂騎の神速行」は神速系の一種。
武力+4・移動速度2倍に加え突撃した敵の武力を‐5する。
効果時間は8.3c、知力依存0.8c、敵の武力低下時間は約1.5c(Ver.2.6.0C)。
武力低下は重複しないので武力低下中にもう一度突撃しても武力-10にはならない。(効果時間は上書きされる)

単体の騎兵強化としては優秀な効果で、武力上昇と低下値を合わせれば武力差が9もつくのでかなり強力。
だが武力の低下する時間はかなり短く、基本的には一度突撃した敵に突撃し続け各個撃破していく方がよいだろう。
移動速度上昇も含めて散開した敵を各個撃破するのに適しており、高武力を固めて前出ししてきた相手を押し返すにはやや力不足。

突撃を決めて初めて意味のある計略であり、移動速度低下妨害には非常に弱い。
また、突撃が入っても武力低下時間が短いので、再突撃に手間取るとすぐ元に戻ってしまう。
確実に相手に連続で突撃を入れ、落とせる場面で使わないと士気5には見合わないだろう。

本人のスペックが良好なので様々なデッキで採用できる、群雄のコスト2騎兵枠の中では癖がなく使いやすい一枚。

登場バージョン

Ver.1.0.7A (龍玉商店 閻行の巻)

修正履歴

Ver.2.0.0D 移動速度上昇値増加 1.6倍→1.8倍
Ver.2.1.0D 武力低下値増加 -3→-5
Ver.2.6.0C 武力上昇値増加 +3→+4
       移動速度上昇値増加 1.8倍→2倍


Menu

最新の20件

2022-09-30 2022-09-29 2022-09-27 2022-09-26 2022-09-24 2022-09-22

今日の20件

  • counter: 28025
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 22