【質問】 硫黄島でアメリカ軍は,戦車を持っていたのに苦戦したんですか?


 【質問】
 硫黄島でアメリカ軍は,塹壕突破用兵器であるはずの戦車を持っていたのに.苦戦したんですか?

 【回答】
 戦車=突破不能の塹壕突破専用兵器だったのは,第一次世界大戦では・・・
 それも心理効果が主で,イギリス軍が投入した菱形戦車は,始めこそドイツ兵を恐慌に落としいれ,戦線を大きく推し進めたが,すぐにドイツ軍は持ち込んだ野砲の直接射撃や,小銃,後に対戦車ライフル用徹甲弾により,容易な撃破を可能にした.※
 塹壕専用兵器であったのは,初めての戦車としてよく紹介される菱形戦車であり,後の騎兵戦車や主力戦車とは,まったく性質が違う.

 そもそも,専用の歩兵戦車や突撃砲で無い限り,戦車は機動力を持って戦術となす性質のもので,単純に戦車=強いは間違い.
 陣地を制圧するのは歩兵で,戦車は火力支援をするだけ.

 ちなみに,対戦車能力が極端に低い日本軍といえども,上陸部隊の持つ戦車ぐらいなら,周到な陣地からの,側面射撃や肉薄攻撃で抵抗できた.

機甲自転車 :軍事板,2002/08/14

 また,硫黄島の戦いはいわゆる塹壕戦ではなかったんですよ.
 硫黄島で「穴を掘りまくった」というのは,塹壕(みぞ)ではなくて,洞窟などを利用した横穴と考えてください.
 それらの横穴は,入り口直後で方向を変えているので,戦車は全く無力です.

 戦史を読み直すことをお勧めします.

軍事板,2002/08/14

※  カンブレー戦ですね.
 歩兵なしで前進して来た英戦車隊を,塹壕線の奥まで引込んで,野砲で個別撃破.
 この戦いで,戦車には随伴可能な歩兵が不可欠という戦訓を得たのは,むしろ勝った独軍の方で,後に装甲擲弾兵として実現する事となります.

軍事板,2002/08/15

最新の20件

2012-11-18 2015-01-14 2014-07-26 2013-03-24 2013-03-17 2012-12-14

今日の20件

  • counter: 3068
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1