【質問】 ギリシャやローマの重装歩兵は,西アジアの騎馬弓兵に,どうやって対抗したのでしょうか?


 【質問】
 ギリシャやローマの重装歩兵は,西アジアの騎馬弓兵に,どうやって対抗したのでしょうか?
 亀甲陣形などではジリ貧になりそうですし,軽装歩兵や投げ槍も数が無いので,決定的な攻撃はできなさそうですが.

 【回答】
 ギリシャやマケドニアと戦ったアケメネス朝の場合,騎馬弓兵はまだ主戦力というほど多くない.
 重装騎兵や戦車で突撃するのが主で,ほかは支配地域から徴集した歩兵やラクダ兵.
 ローマと戦ったアルサケス朝(パルティア)でも,主戦力は重装騎兵だったが,カルラエの戦いでは騎馬弓兵を活用し,砂漠に敵軍をおびき寄せて勝った.

 しかし,アルサケス朝はゆるい連邦国家で,ローマに攻め込むより,国内をまとめるのが大事だったから,相手をある程度叩けば,威勢を内外に示せるし,攻め込まれてもスキタイ流の焦土(砂漠)戦術で対抗できた.

 ただし,連合が緩んでるときに叩かれると,瓦解しやすい.
 ローマ側も重装歩兵だけではなく,各地から騎兵を集めて対抗したし,国境防衛に専念すれば充分だった.

世界史板,2011/10/18(火)

最新の20件

2012-11-18 2015-01-14 2014-07-26 2013-03-24 2013-03-17 2012-12-14

今日の16件

  • counter: 2435
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1