台詞集 / 武将台詞集 第3弾 /


武将台詞集 第3弾 魏


一騎討ち勝利の台詞は勝利・大勝利で異なる。また、特定の組み合わせで一騎討ち開始時の台詞も変化する。
※特定武将を範囲内に入れることで計略使用時のセリフも変化する。
Ver1.1.5Aから登場した復刻カードの台詞は過去作品と同一。出陣と兵種アクションは過去に使用された台詞から採用(中には台詞を一部切った改変も)。


武将名出陣計略撤退復活兵種アクション一騎討ち一騎討ち勝利伏兵攻城落城声優
SR王異(知勇)「たとえ死んだって、後戻りはしねぇ!」「絶対オレが守ってみせる!」「こんちくしょ〜!」「オレは男だ!」「こんにゃろーっ!!」-「これぞ快刀乱麻、ってな!」沢城みゆき
R王淩「奮闘せよ、ここが決戦の地となろう!」「総力を持って、敵軍を突き崩ーす!」
「この号令で、戦況を崩す変えさん!」(曹休有)
「貴様の手は借りぬ!」「老臣にも意地がある」「貫けぇ!」-「城壁を乗り越えよー」「この勝利はすべて、魏国のために」関智一
UC楽綝「先陣切って、武功を挙げに行くぞ!」-「ぐぁッ……どこから攻撃が……!?」「やられっぱなしで居られるか!」「突き進めぇ!」「お前の顔に、墨塗ってやる!」「そう何度も敗けはしねぇよ!」(勝利)
「楽勝、楽勝! 十対一でも構わないぜ!」(大勝利)
-「敵が多いほど、燃えるってもんだ!」「敵も味方も、オレの速さにはついてこれないぜ!」松田祐市
UC司馬孚「後衛の働きが、勝敗を分けるものと思いなさい」「我ら後衛の働きで、前線を立て直す!」
「では、前線は任せましたよ、兄上」(攻守司馬懿有)
「嘆く暇など、ありませんよ!」「心、惑わず」「援護を!」---「まだ天下のは混沌の渦中。気を抜いてはなりません」益山武明
SR荀彧(英知)「王を助け、蒼天を支える…この志は揺るぎません!」「混沌の先に、清き天下があると信じて!」「蒼天に帰るだけ...」「ここが私の居場所です」「参ります!」--「我が才、ご覧下さい」「清き天下のために、降伏なさい!」斉藤壮馬
C徐質-訓練不足!」「出番じゃーい!」-訓練が足りん!反省せーーーい!」伊原正明
C曹爽「いい事閃いちゃったもんね〜♪」「脇役のくせに〜!」「大将軍ボク様登場!」「邪魔だ〜!」「かるーく片付けてあげるよ」-関智一
SR曹丕(文帝)「我が魏国が、乱世に引導を渡してやろう」「跪け、新たな秩序…天下の前に!」
「貴様にも天下が見えるか?仲達!」(攻守司馬懿有)
「二度目は無い…!」「さて、始めるか…」「滅びよ!」「俺を文だけの男と思うな」「俺の天下に愚昧な輩は不要だ」(勝利)
「ふん、児戯にも等しい武技だったな」(大勝利)
-「今更あがいても無駄だ」「膝を折れ、命乞いをしろ。・・・・・・だが許さん」石田彰
R曹髦「魏の衰運…ここで止めてみせる!」「無謀だとしても、抗ってみせるっ!!」「うっ…!終わるものかっ…!」「まだ剣は折れていない」「行くぞ!」-「彼の城に、曹家の旗を掲げよ!」村瀬歩
R長楽亭主「面倒だけど、面白い何かがあると期待するよ...」「全部ボク色に染めてあげるよ」「つまらないの...」「寝不足なんだけど」--「地味な城だね」赤千夏
R張郃(龍)「雲は龍を連れてくる。出るとしたらこんな空だ」「行って捕まえてもどってくる。いつもと一緒だ!」「俺を食うってか」「槍持ってきてくれ」「ほらよっ!」「俺がとどめを刺してくる」「一方的に狩られるような相手じゃないな」(勝利)
「殺す覚悟の無いヤツは…死ぬぞ」(大勝利)
-「こっちから乗り込んでやる」「さーて……こいつは、解体のしがいがあるな」石田彰
R張春華(女傑族)「1年でも2年でも3年でも付き合うネ」「私、逃げも隠れもしないネ」「しまたアル!!」「ニーハオ!」「ハイヤ!」-「ライライラーイ!」千葉千恵巳
R卞氏(変化)「舞台の幕が上がる...」「同じ高さであの世界を、見てみたい」「き、気持ち悪い…」「本気出す」「はいっ!」「平穏に暮らしたい…だけなのに…」「触られるの、苦手なんです」(勝利)
「やるからには、上を目指す」(大勝利)
-「夜空に浮かんだ眩い星々が私には見えた」赤千夏
R龐会「微塵に切り裂き、棺に叩きこんでやる!」「復讐よ、我が血を燃やせ!」「まだ、終わりではない!」「次は貴様だ……」「轢き殺す!」「貴様の首など要らぬ。失せろ」(勝利)
「どちらでもいい。斬ってしまえば同じことだ」(大勝利)
-「城を朱に染めてやれ!」「奴の血族を滅ぼすまで、我が戦いは終わらない……」石田彰
UC盧姫「戦場にも、琴の音色を響かせてくるわ」「早く城に戻って、聞き惚れてくださいね」「あぁ、婚期が…」「遅れるところだったわ」「聴いて」-「余所見してはだめよ」「張り切りすぎちゃった……婚期が遠のいたかしら」花守ゆみり
EX曹節(天使)「私、頑張ってみます。私が決めた事だから……」「この場所が、みんなに、お礼の気持ちを伝えたくて…」「はにゃ、ひどい…」「こ、こんにちは」「ひゃ!」「とっても好きな音がしたので…」大野柚布子