人物紹介 / 袁煕


袁煕

袁紹の次男。袁譚・袁尚による跡目争いでは基本蚊帳の外であった人物。
(演義では軟弱な性格であるとして袁紹は後継者候補から外していた)

袁紹の死後に袁譚・袁尚が跡目争いを始めた末に袁尚が敗走すると、自身の任地に逃げ込んだ弟を保護している。
その後は弟とともに蹋頓や公孫康の元に身を寄せ戦い続けたが、曹操を恐れた公孫康により首を切られている。

尚、甄氏の元夫であり、任地である幽州へ赴任するにあたり彼女を鄴に残してきたのだが、
その後鄴を落とした曹丕によって甄氏を奪われてしまっている。

また、フレーバーテキストに書かれるとおり子孫が生き延びており、唐代の宰相・袁恕己は彼の子孫であるという。