人物紹介 / 諸葛瞻


諸葛瞻

諸葛亮の長男。諸葛亮が40半ばになってから生まれた男児で、待望の跡継ぎと言える。

幼少の頃から聡明さを見せてはいたものの、父からは「早熟過ぎて大成しないのでは」と心配されていた。
そんな心配をよそに長じてからも実力を見せたのだが、周囲は彼に父・諸葛亮を重ねていたところがあり、
慶事が起きると「諸葛様のおかげだ」ともてはやし、実力以上に評価されていた節がある。

261年には平尚書事になり国政に携わる重臣となるが、
この時すでに実質的な政権は黄皓が握っており、これに抗しうる政治力など持てるはずもなかった。
後に黄皓は北伐を続ける姜維の更迭を目論むようになるが、諸葛瞻はこれに同調していたとされ、
一説には姜維を更迭し閻宇を後任に立てるべきと提案したのは諸葛瞻であるとも言われている。

姜維が鍾会と対峙している間に鄧艾が間道を通って成都に攻め込むと、劉禅の勅命で出陣。
攻勢に出ようという黄崇の意見を却下して迎撃作戦を取り、綿竹関に籠城する。
鄧艾は琅邪王に封じるという条件で降伏を進めたがこれを蹴り、戦死している。

ちなみに正史の作者である陳寿は諸葛瞻から恥辱を受けたことがあり、
それを根に持って「実力以上に評価されていた」と前述のような記述をしたり、
「黄皓の専横を止められなかったことに責任の一端がある」と厳しい評価をしたという説がある。
後世の歴史家からは、概ね「能力は父に遠く及ばぬが、国難に殉じた忠義は立派」との評価をされている。