カードリスト / 第4弾 / / 王経


武将名おうけい げんい
王経 彦緯「陛下、お待ちください!
  挙兵はあまりにも無謀です!」

農民だったが、同郷の崔林に見出され、中央に出ることとなった。曹髦の司馬昭討伐の計画を知りながら、曹髦への忠誠のため黙っていたことから反逆者として処刑されるも、その忠義ある死に、元部下たちは王経を厚く弔ったという。
コスト1.5
兵種攻城兵
能力武力5 知力7 征圧力0
官職文官
特技伏兵
将器兵力上昇 城門特攻 守城術
計略出世の末路武力が徐々に上がる。ただし効果終了時に撤退する
必要士気4
Illustration : 春乃壱Character Voice : 松田裕市


言葉通り、分に過ぎた出世をしてしまったが為に最後に破滅してしまった男が大戦初登場。
ちなみに撤退台詞の「母上の言うとおりだった〜」は史実である。

久々に追加された魏では2枚目となる攻城兵。1枚目の馬鈞と同じく伏兵持ち。
実はたった2枚しかない守城術持ち攻城兵で、何儀と違い知力が7と高いため妨害・ダメ計に耐性がある。
攻城兵なので移動速度は遅く、Ver.2.6.0Aで攻城兵自体の移動速度も下方修正されたが、
攻城兵特有の仕様で自軍領域内であれば割と早く動けるので防衛目的の採用はそこまで悪くはない。
ただ、内部武力は低めの4なので過信は禁物。
城門特攻の将器もあるので、本来の攻城兵としての用途目的での採用も十分に有り。
流石に一発落城まではいかないが、それでも決まれば約70%の城ダメージと十分な破壊力を出せる。

計略「出世の末路」は超絶強化。
使用すると武力+1、その後0.71c毎に武力+1されていくが、効果終了時に撤退してしまう。
知力7の時だと、武力21まで上がった後に撤退する。
効果時間は10.8c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0A)
わかりやすく言えば、「撤退リスクのある呉下の阿蒙」である。

しかし攻城兵の武力を上げた所で、元々の攻撃力の低さ・表示される武力と内部武力の違いから殲滅力の向上は見込めず、
武力が上がっている最中は撤退しにくくなるものの「効果終了時に撤退」するので逆に凌がれやすくなってしまい、
1.5コストと半端なコストのせいで攻城時の武力依存度もやや低めで、21になっても3~4%ぐらいしか増加しない。
計略を無理に使うぐらいなら、兵力を回復させたり、マウント役を強化したり、号令を使ったりした方が活躍しやすい。 とにかく撤退のリスクが非常に大きく、使い道がかなり狭まっている。

その為彼を採用するのであれば、魏の中で唯一の1.5の攻城兵という点に絞った方が活躍しやすい。
計略まで使用してとなると、それこそ計略名や史実通り「分不相応の出世」の結果を辿りやすい。
採用するなら分相応の使い方を心掛け、活躍させてあげよう。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

Menu

最新の20件

2019-11-13 2019-11-12 2019-11-11

今日の20件

  • counter: 5446
  • today: 26
  • yesterday: 50
  • online: 111