カードリスト / 第2弾 / / カク昭


武将名かくしょう はくどう陳倉の修羅
郝昭 伯道「たとえ骸と成り果てようと
      この地は奪わせん」

若い頃から曹操に仕えた歴戦の猛者。蜀軍が陳倉城を包囲した際は、同郷の者に説得されるも拒絶。諸葛亮の計略のことごとくを対抗して潰し、援軍到着まで二十日間を激戦の末に守り抜いた。戦後、功を称えられ列候の爵位を与えられた。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力4 征圧力3
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇 突破術 守城術
計略修羅の拍動武力が上がり、城内での兵力回復速度が下がる
必要士気5
Illustration : 西野幸治


諸葛亮を生涯最も苦しめたと言ってもよい魏の名将。
諸葛亮は戦の才能はないという評価は司馬懿ではなく大体この人のせいである。

スペックは征圧以外2コスト並みの数値だが、魏の騎兵で関羽に並ぶ征圧力3が嬉しい。
特技も勇猛持ちで、後述の自身の計略に噛み合っている。

修羅の拍動は超長時間の強化計略。
武力上昇は+5で、約59c効果が持続する(Ver.1.2.0E)。
だがデメリットとして城内での兵力回復速度が非常に遅くなる。
通常瀕死からでも5〜6cあれば場内で兵力は全回復するが
この回復に大体3倍程度の時間が必要になる。

武力13の武将が長時間、戦場に居座るのは心強く、征圧力も高いので場荒らし能力は高いが、
前述のように、城内回復が激減するので、長時間の強化と継戦力を両立させるのが難しい。
また、速度上昇系の騎兵や麻痺矢でも、一方的に兵力を削られやすく、
的確な援兵殿、私の馬を!などを投げてフォローしても、知力もさほど高くない点から、
妨害やダメージ計略にかかると落ちてしまいやすい。
かといって、計略を使用しないままでは、2.5コストではかなり低いスペックが足を引張りがち。

一見、ワントップ型に適したように見えるが、この計略一本でデッキを組むと相性が出やすいので 他の戦える計略を入れて使い分けるのもいい。
効果中にダメージ計略などで落とされても士気5の計略なので、士気差はさほどつかないため
ある程度元が取れたら、その後生存させても兵力回復ができず戦力になれないなら落とすことも考えられる。
攻城をさせて兵力を減らす側にも立ちにくいので、武力が上がっても酷使はさせられない、やや独特な試合運びが必要。
なるべく突撃を主体に戦闘に参加させ、無駄に兵力を減らさないようにしたい。