カードリスト / 第2弾 / / 蔡瑁


武将名さいぼう とくけい
蔡瑁 徳珪「平和と惰弱は違うということ
    よそ者に教えてやろう!」

劉表配下の武将。荊州の有力豪族であり、劉表の腹心として荊州の統治安定に貢献した。劉備が劉表のもとに身を寄せると、荊州を乗っ取ろうとしているものと考え敵視。劉表の死後は甥の劉琮を擁立して、劉備らを追放した。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力6 知力6 征圧力1
官職武官
特技漢鳴
将器士気上昇 守城術 同盟者
計略漢鳴の麻痺矢【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力が上がり、矢を当てている敵の移動速度を下げる
必要士気4
Illustration : 前河悠一


演義で見せた卑劣な側面はどこへやら。
古参の武人色を打ち出す風貌で登場した、劉表陣営の最重鎮。
没年不詳となっていることから、劉表の主だった臣下が曹魏に組み込まれた後も功績を重ねて高位高官まで昇った、正史準拠での参戦となっているようだ。

スペックも1.5コストにして6/6の弓となかなか優秀。
反面征圧力は高スペックが祟って1止まり、特技も漢鳴のみと実質無いようなものだがこれ以上は欲張りか。
将器もやや守備的。単色推奨の漢軍である事を考えると、弓と相性が良い守城術が無難か。

計略は漢鳴系のもので、弓兵としてオーソドックスな麻痺矢効果がついたもの。
ただ低レベルでの麻痺矢効果はかなり甘く、漢鳴0では何と0.7倍と連環以下の補正。
その分漢鳴レベル3で使用した場合は0.1倍速と、これまた強烈な補正になっている。
武力上昇は+3→+4→+6→+8(Ver1.2.0E)。

とにかく漢鳴レベルが低いと追加効果が心許なさすぎる為、単純な漢鳴溜めにはあまり向かない。
中盤〜終盤になってこそ活きる計略と言える。

ただ、計略は元より征圧力1なのが割と痛い。
弓である為自身の活用に関しては気にしなくても良いのだが、号令役が征圧1である為彼が入ると征圧力Aがほぼ取れなくなる。
漢軍デッキは終盤までは守備的になる為、征圧領域で押されるのは結構痛手である。
スペック自体は良いのだが、スペックが良すぎて逆に損してしまっている武将。