カードリスト / 第2弾 / / 沮授


武将名そじゅ信義の知将
沮授「風の如く軽やかに、
 水の如く形を変えて、ってね」

袁紹に仕える参謀。その献策により袁紹を河北の一大勢力へと導いた。官渡の戦いでは進言を受け入れられず、敗戦し捕らえられる。能力を惜しむ曹操に口説かれるが、忠誠を誓った袁紹の下に帰ることを望み、脱走を図ったため処刑された。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力9 征圧力2
官職文官
特技防柵
将器防柵強化 征圧力上昇 守城術
計略称誉の弱計敵の武力を下げる。さらに対象の敵が撤退するたびに自軍の士気が上がる
必要士気5
Illustration : さいのすけ


武力1は戦闘面での強みは無いに等しいが、高い知力と特技防柵を所持していることや、弓兵ということもあり防衛時には役立つためなんとか採用できるレベルといった所。
武力1はやはり足をひっぱるため、主に計略目的での採用となるだろう。
さらに言えば漢軍の初期排出カードの中で、漢鳴絡みでない弓兵が彼以外では袁煕と十常侍というネタ寄りの計略持ちしかいない。

計略は必要士気5に対し武力-3、範囲直径がカード3.5枚分と、移動速度低下も無いためそれだけ見ると他の妨害計略と見比べても見劣りする感は否めない。
しかしこの計略の強みは、効果時間中に効果の対象になった部隊を撤退させた場合士気+1という点と、知力8にも10c以上保つという二つの点にある。

使ったからには2部隊以上は撤退させたいため使用は主に防衛時になるだろう。同じく防衛時に光る文醜などと合わせて使用した場合、敵を追い返した頃には士気が元より増えている状況を作ることも可能。

主君である袁紹の計略とも相性抜群のため、栄光デッキへの採用も一考の余地があるだろう。
計略を打つ際には、相手の計略を待つことや逃さず撤退させられる部隊がいる時など、状況をしっかり見極めてから打つこと。