カードリスト / 第1弾 / / 程イク


武将名ていいく ちゅうとく奇謀の軍師
程昱 仲徳「わしが掲げる日輪とは曹操殿のことに他ならぬ」

曹操の軍師。元は程立という名だったが、若い頃に日輪を掲げる夢を見たと知った曹操に「昱」の名を与えられる。大軍にも動じぬ気質の持ち主で、倉亭の戦いでは雪辱に燃える袁紹を、10か所に伏兵を配置する奇策「十面埋伏の計」で粉砕した。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力1 知力8 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器兵力上昇 長槍術 征圧力上昇
計略反計反計】(敵が計略を使用してきた時のみ使用可能。反計反計できない)
敵の計略の発動を無効化する
必要士気3
Illustration : 池田正輝


曹操に仕えた老軍師が、青い肌の仙人の如き風貌で登場。
イラスト上の表現だけかと思いきや、3Dモデルでもその青い肌を再現しているため、少し不気味。
武力1槍兵と戦力としては心許ないものの軍師らしく知力8と伏兵を併せ持ち、加えて征圧力2は嬉しいところ。
さらに将器を用いれば征圧力3にもなる。これはコスト1武将としては破格と言っていい。

反計は敵の計略の発動を無効化するもの。
同じ計略を持つ李典との違いは兵種と武力で、相手を反計範囲に捉えやすい代わりに武力1なので撤退してしまいやすい。
槍兵なので、味方の援護さえあれば先頭に立って騎兵の突撃を阻みながらラインを押し上げていけるが
低武力がたたって敵の弓に狙い撃たれたり迎撃覚悟で突っこんでこられると容易に撤退させられてしまう。
かといって後方に下げていると槍兵としての仕事はどうしてもしづらくなる。

これを防ぐためにも自身の伏兵を上手く使って開幕をしのぎ味方を守りつつ士気を貯め、計略で自身含めて強化しながらラインを押し上げていきたい。
反計は警戒されやすいので、あえて伏兵のままにしておき、見えない反計のプレッシャーを与える事も戦術の一つ。
相手は伏兵を警戒しつつ大型計略も使い辛い状況になる。
なお、伏兵のまま反計すると伏兵は解除されてしまう。