カードリスト / 第1弾 / / 法正


武将名ほうせい こうちょく
法正 孝直「しかるべき報いを受け、
   苦しみ、そして朽ち果てよ・・・・・・!」

元は劉璋に仕えたが、劉璋では益州を守れないと判断して、劉備を招き入れた。定軍山の戦いでは名将・夏侯淵を撃破するなど謀略に長け、軍事においては諸葛亮以上に信頼された。恩讐を忘れない性格で、小さな恨みにも必ず報いたという。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力4 知力8 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器兵力上昇 長槍術 征圧力上昇
計略雲散の計敵にかかっている、敵の計略による効果を消す
必要士気4
Illustration : 西野幸治


彼が生きていれば夷陵での大敗はなかったとまで言われる名軍師。

武力4と低めだが知力8の伏兵持ちで征圧力2と計略要員としてはまずまず。
また将器を用いれば征圧力3になれるため、征圧戦を有利にする事が出来るのも強み。

計略は範囲内の敵の計略による計略効果を消す雲散の計。こちらの妨害による効果は消えない。
範囲は自身に密着したカード3.5枚分ほどの前方円でカードの向きに合わせて回転も可能(Ver1.0.7A)。 それなりの広さがあるため範囲の狭い号令なら全部隊捉えることも狙える。
特に単体強化に対して強力な抑止力となり、法正が居るだけで計略の使用を躊躇わせる事が出来る。

弱点としては、号令使用時・使用後に散開されてしまうとこの計略での全無力化は難しい。
逆に相手に法正が居た場合には、早めに号令を使って散らばる事で対策が出来る。
また、不撓不屈のような兵力回復が付いてくる強化計略は、武力上昇は消せるが兵力回復は無かった事には出来ない。
自爆計略に対して使うと、武力上昇などは消えるが効果終了後の撤退も消えてしまうため使うかどうかはよく見極めたい。
なお計略ステルス効果は雲散の計より優先されるため消すことは出来ない。
舞いの効果に関しても同様で、舞姫にこの計略をかけても舞いは解除できない。

同種の計略で局地の雲散を持った諸葛鈴が居るが、あちらは単体が対象の計略。
局地の雲散は士気が1軽いが、対象が最も武力の低い敵であるため低武力が周りにいると狙いをつけにくいが
こちらは範囲内に捉えてしまえば全部隊に効果があるため確実性が高い。

相手の計略効果を消しても通常時のスペックに戻るだけで、弱体化させるような効果は無い。
なので攻城ダメージを取る為の手段は別に用意しておく必要がある。
だが法正自身が低武力槍兵のため、白兵戦で足を引っ張る事もある。
低武力をカバーできるスペック要員で周りを固め白兵戦に強くしたり、
士気差を活かして攻勢をかけるなど、雲散出来た後にちゃんと戦えるデッキを構築しておく事が重要。

雲散をデッキに持つ事で有利になる相手は確かに存在するので選択肢には常時入るだろう。

修正履歴

Ver.1.0.0D 効果範囲拡大
Ver.1.0.7A 効果範囲拡大
Ver.1.1.0A 効果範囲縮小
Ver.1.1.5B 効果範囲拡大