カードリスト / 第1弾 / / 関興


武将名かんこう あんこく次代の剛勇
関興 安国「蜀の未来を切り拓くぞ、張苞!」

関羽の子。父の弔い合戦である夷陵の戦いでは、先陣を争った張苞と義兄弟となる。父譲りの武勇で仇敵らを斬り捨て、青龍偃月刀を奪い返したとされる。諸葛亮にも才能を認められ、馬良の後釜として将軍に任じられた。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力5 征圧力1
官職武官
特技-
将器突撃術 城門特攻 突破術
計略一騎当千武力と征圧力が上がり、敵の計略対象にならなくなる
必要士気5
Illustration : 西野幸治


関羽の息子。
特技だがコスト比高武力に中知力と、武闘派として申し分ない数値スペックを持つ。

計略の一騎当千は武力+6・征圧力+1に加え、敵の計略の対象にならなくなるというもので、効果時間は7.5c。(Ver.1.0.5C)
妨害・ダメージ計略を無視して戦えるので安定感があり、また士気5にしては武力上昇値も高いため城際の防衛や攻城時にも有用。
計略使用時の武力は、白銀の獅子使用中の馬超より上なので、単体強化としては非常に使いやすい。

味方の計略の対象にはなるため、こちらの号令や投げ計略の対象にすることや、若き血の目覚めの車輪化にも使うことは可能。
士気4で目覚められる黄忠に比べると士気は重いが、計略の汎用性ではこちらが勝る。

しかし当然ながら相手の先打ちする計略に対しての耐性はなく、後出しで妨害計略の浄化が出来るわけでもない。
とは言え素の状態でも兵力満タンなら、赤壁の大火を喰らっても即死しない知力5を備えているので
元のスペックでも最低限の計略耐性があることも頭に入れておきたい。
計略無効の効果に関しては相手の妨害・ダメージ計略を耐えられそうか否かを判断し、あくまで保険として考えておこう。
相手も一騎当千を使う前に計略をかけたいと考えるので、早めに計略を使いやすい。
それを凌ぐことが出来れば士気差がつくので、非常に戦いが有利になる。

移動速度は上がらないので、複数の騎兵や神速系計略の相手をするのは厳しい。
そして、麻痺矢や守城弓のような妨害性能つきの強化計略による効果は防げないので要注意。
便利な計略ではあるが闇雲に連発はせず、効果的な場面を狙いたい。

将器に関しては突破術が人気が高い。
連続突撃もスムーズに行える上、乱戦向きの計略との相性も良く、生還率も高まるため防衛能力が格段に上がる。
ただし、突破騎兵の操作に慣れておかないと自城防衛時にうっかり城内に戻ってしまうので注意しよう。
突撃術も単純に火力アップが望めるため悪くない、城門特攻はカード役割とあまり噛み合ってないため優先度は下がるか。