カードリスト / 第1弾 / / 関興


武将名かんこう あんこく次代の剛勇
関興 安国「蜀の未来を切り拓くぞ、張苞!」

関羽の子。父の弔い合戦である夷陵の戦いでは、先陣を争った張苞と義兄弟となる。父譲りの武勇で仇敵らを斬り捨て、青龍偃月刀を奪い返したとされる。諸葛亮にも才能を認められ、馬良の後釜として将軍に任じられた。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力5 征圧力1
官職武官
特技-
将器突撃術 城門特攻 突破術
計略一騎当千武力と征圧力が上がり、敵の計略対象にならなくなる
必要士気5
Illustration : 西野幸治Character Voice : 森田成一


正史よりも演義における活躍が著しい、関羽の息子の一人。
旧作では義兄弟の張苞と絵師が同じで一枚絵になっていたのだが、本作でも張苞と絵師は同じではあるが参戦タイミングがズレたからか一枚絵ではない。

2コスト武力8の騎兵としては知力も5あり、戦闘面では非常に安定したスペック。
代償で征圧力1かつ無特技だが仕方ないだろう。
将器は覚醒させるなら突撃術が無難。

計略「一騎当千」は武力+6・征圧力+3に加え、敵の計略の対象にならない所謂計略ステルスと呼ばれる効果があり、効果時間は8.8c、知力依存0.8c(Ver.2.5.1D)。
計略ステルスは妨害・ダメージ計略を無視して戦えるが、麻痺矢等の相手の強化計略の追加効果や法具連環は防げないので注意。
味方の計略の対象にはなるため、こちらの号令や投げ計略の対象にすることや、若き血の目覚めの車輪化に使うことは可能。

当然ながら相手の先打ちする計略に対しての耐性はなく、後出しで妨害計略の浄化が出来るわけでもない。
効果時間もそれほど長くはないので過信は禁物。
とはいえ、素の状態でも兵力満タンなら赤壁の大火を喰らっても即死しない知力5を備えており、最低限の計略耐性はある。
妨害やダメージ計略が絡まない場合は武力+6でしかないので、複数の騎兵や神速系計略の相手をするのは厳しい。
便利な計略ではあるが消費士気も安くはないので闇雲に連発はせず、効果的な場面を狙いたい。

有効な場面としてはカウンター等で関興だけで城を守らなければならないような状況。
武力上昇は勿論、計略ステルスで武力や移動速度低下・挑発なども防げるので妨害を絡めて攻めて来る相手でも守りやすくなる。
逆に攻めで周りに味方部隊が居るような状況では、関興だけがステルスしても他の味方が計略を食らうと不利になってしまうので、
一騎当千で対抗しようとせず、別の手段を考えた方が良いだろう。

競合相手となるライバルは同じ2コスト武力8騎兵の張翼魏延(先導者)魏延(唯我独尊)、さらに華装武将の自分といった面々。
張翼は征圧力2、魏延(先導者)はデッキは選ぶが主軸にできうる計略、魏延(唯我独尊)は勇猛と優秀な将器を持つ。EXの自分は条件を満たすことで速度上昇と突撃ダメージアップを両立できる。
とはいえ張翼と魏延(先導者)は知力に問題を抱えており、魏延(唯我独尊)は計略のクセが強くピーキー、EXは4コスが固定されるという柔軟性のなさがネック。
この関興の売りはスペック計略をひっくるめた安定性なのでその点を買うなら採用に値するだろう。

また、武力7にはなるが新しい自分自身も追加されている。
こちらは7/7とバランスの良い数値に加え征圧力2と勇猛を持ち、速度上昇や兵力上昇等使い勝手の良い将器や、計略は条件を満たせば15c近く武力を大幅に上げられる、と
全体的に高いレベルで纏まった性能を持っており、デッキの素武力が足りている場合や征圧力2を求める場合はそちらの方が選ばれるかもしれない。

どちらの関興もコスト2騎兵としては優秀な存在なので、デッキによってどちらを使うか良く検討しよう。

登場バージョン

Ver.1.0.0F

修正履歴

Ver.1.0.5C 効果時間短縮 8.3c→7.5c
       武力上昇値減少 +7→+6
Ver.1.0.7A 武力上昇値減少 +6→+5
Ver.1.1.0C 効果時間延長(知力依存度上昇) 7.5c(?)→8.8c(0.8c)
Ver.2.0.0D 武力上昇値増加 +5→+6
Ver.2.5.1D 征圧力上昇値増加 +1→+3

Menu

最新の20件

2020-01-28 2020-01-27 2020-01-26 2020-01-25 2020-01-24 2020-01-23 2020-01-22

今日の20件

  • counter: 59195
  • today: 8
  • yesterday: 24
  • online: 70