手軽に読むためには、やはり文庫本。コリン・ウィルソンの著作も文庫で揃えられれば、カバンに入れて彼の世界を満喫することができる。絶版、品切れという本も多いが、河出文庫を中心にここ10年に出版されたものも多数ある。また、『賢者の石』は着実な人気で、長い間継続して書店に並んでいる。文庫化されたものも20冊ぐらいはあるので、これだけでもかなりの量である。品切れでも、古本屋やオークションで入手することができる。

文庫目録

  • 河出文庫(文庫版のコリン・ウィルソン・コレクション)
  • サンリオSF文庫(大瀧啓裕の翻訳で、あとがきも詳しい。現在は絶版の為、入手困難)
  • 徳間文庫
  • 角川文庫
    • 殺人の哲学?
  • 学研M文庫
    • コリン・ウィルソン超読書体験?』(上・下)
    • 精神寄生体?
  • 新潮文庫(入手困難)
    • スクールガール殺人事件?
    • スペース・バンパイア?
  • 創元推理文庫
  • ハヤカワ文庫(入手困難)
    • ロイガーの復活?
  • 中公文庫
    • 発端への旅?』(2005年の新刊)