カードリスト / 第4弾 / / 牽招


武将名けんしょう
牽招 子経「この身を鋼と化し、
     立ち向かわん!」

若き日の劉備と交友があった侠者。はじめ袁紹に仕え、袁紹の死後は息子の袁尚配下となったが、まもなく曹操に降った。各地の賊を制圧し、寛大な統治を行ったことで魏の国力強化に大きく貢献した。曹家三代に仕え、その信頼も厚かった。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力8 知力4 征圧力2
官職武官
特技攻城 刻印
将器兵力上昇 同盟者 迅速攻城
計略質実剛健武力が上がり、敵の計略対象にならなくなる
必要士気3
Illustration : ジョージCharacter Voice : 速水奨


何故か息子である牽弘に大きく遅れて参戦した侠者。

槍が不得手な国でありながら8/4に征圧力2・攻城持ちだが当然素で許されるはずもなく刻印持ち。
ただでさえ撤退しやすい槍兵である為、刻印の存在は相応に重い。
将器は2コスト武力8槍兵では貴重な兵力上昇・迅速攻城と光るものがある。魏では唯一となる。
貴重な高武力同盟者持ちでもあり、どれを選んでも相応の活躍が見込めるだろう。

計略は汎用の「質実剛健」。武力+2に加え敵の計略の対象にならなくなる。効果時間は20.8c、知力依存0.8c(Ver.2.6.0A)。
息子である牽弘繋がりのチョイスだろうか。

効果時間が長めなので士気フローとしても活用でき、重要な攻城役がダメージ計略や妨害計略に対して耐性を得られるのは本人が刻印持ちな事もあり非常に有用。
とはいえ永続というほど長くはなく武力上昇値も低いので、基本的にはそのスペックを活かして立ち回りつつリターンを見込める時に使う程度でいいだろう。

実装当初はどうにも地味な武将だったが、Ver.3.0.0Dのエラッタにて大きく性能が変わった。
刻印持ちであることや将器の噛み合わせなどから、どっしりと攻城を奪いに行くデッキと相性が良い。
ただ一方で刻印付きの上に知力が下がってしまっている為、投げ捨てる用法には全く向かない。

ライバルは槍王双。攻城・長時間計略持ちと見事に立場が被っている。
知力・征圧力+1と刻印無しをトレードオフした存在と言える為、デッキに合った方を選ぶと良いだろう。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.3.0.0D エラッタ実施「知力5→4、征圧力1→2、特技変更 攻城、刻印追加」

Menu

最新の20件

2020-10-25 2020-10-24 2020-10-23 2020-10-22 2020-10-21 2020-10-20

今日の20件

  • counter: 22348
  • today: 37
  • yesterday: 39
  • online: 139