カードリスト / 第3弾 / / ホウ会


武将名ほうかい讐心四十五年
龐会「貴様も、我が仇の血族か・・・・・・ッ!」

龐徳の子。父譲りの武勇と威風を持った。諸葛誕の乱で頭角を現した後、鍾会と共に蜀征伐に参加。蜀滅亡後に成都に入ると、関羽の一族を全て滅ぼした。父が関羽に討たれてから45年の時を経て、ついに復讐を果たしたのであった。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力1 征圧力2
官職武官
特技攻城
将器攻撃力上昇 復活減少 迅速攻城
計略復讐の刃武力と移動速度が上がる。さらに味方が撤退するたびに武力と移動速度が上がる
必要士気6
Illustration : Yocky


父親が収められた棺を背負い、今にも関羽の一族を滅ぼしにかかりそうな形相をした龐徳の息子。
45年の執念は計り知れない。
同勢力に関羽がいて共存可能というのも皮肉ではあるか。

スペックはコスト2武力8に攻城までついており、その上で征圧力も2確保できるなかなかのもの。
その分、父親以上に知力が低く最低値の1。その為伏兵・ダメ計での即死は免れない。
将器はどれも優秀な部類。父親譲りの攻撃力上昇に、
迅速攻城は攻城力低下を特技攻城で補っているので高い機動力と回転率を保持しながら端攻めで痛い一発を入れる事ができる。
復活減少は高コストかつ生存性の高い騎兵である為他と比べるとやや見劣りするが、伏兵・ダメ計耐性が無いため相性は良い。

計略「復讐の刃」は特殊な神速計略。
そのままでは武力+3・移動速度1.5倍と劣化「神速戦法」である。
但し、効果時間中に味方が撤退した場合更に武力が+2・移動速度も更に0.2倍分追加される。
効果時間は10Cで、知力依存が0.8c程度と高め(Ver2.0.0)。
素の効果が士気6にしてはかなりマイルドすぎる為、味方を撤退させてからが本番。
また、計略使用前に撤退した武将は無論カウントされないので注意が必要。

味方を3部隊も撤退させれば大分まともな超絶強化となるものの、
それだけ味方部隊が落ちると言う事は攻め手も壁役もそれだけ居なくなるのが難点。
本人が攻城持ちとは言え所詮2コスト騎兵である為そこまで攻城力に期待できないのも悩み。
加えてダメ計一発で退場してしまうため、メインで使っていくには工夫が必要。
更に斬ったら斬ったで3部隊斬った時点で2倍迎撃対象なので、刺さったら味方の犠牲も空しく士気6がドブに行く。

撤退させる部隊は勢力を問わないので、復活持ちで揃えて部隊を落とすリスクを抑えたり混色デッキも検討できる。
投げ計略を使ってシナジーを生み出すのも一つの手だが、この計略自体がかなり重い上に、
混色だと更に士気上限と言う壁まで立ちはだかってしまうのが問題。
また、効果を考慮して「悲哀の舞い」と組むのも一つの手か。
味方さえ犠牲になれば、「悲哀の舞い」と「復讐の刃」の相乗効果で物凄い勢いで武力が上がっていく。
但し弱点を補える知力上昇計略が楊阜くらいしか居ないのが難しいところ。