カードリスト / 第3弾 / / 袁紹(王者の決断)


武将名えんしょう ほんしょ栄光の覇道
袁紹 本初「誰であろうと
 我が覇道を遮る者に容赦はせん!」

曹操と覇を争った群雄。四世三公の名家の出で、袁術とは腹違いの兄弟。何進の側近を務めたのち、反董卓連合の盟主となった。群雄割拠の乱世が始まると、公孫瓚らを倒して河北四州の覇者に上り詰め、幼馴染でもある曹操との決戦に挑んだ。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力8 知力7 征圧力2
官職武官
特技魅力 攻城
将器攻撃力上昇 兵力上昇 征圧力上昇
計略王者の決断【岐略】(計略発動直後にを押す事で追加効果を選択できる)
漢の味方の武力が上がる
緋略>さらに武力と移動速度と征圧力が上がる
蒼略>さらに効果終了時に対象の味方部隊数に応じて自軍の士気が上がる
必要士気12
Illustration : 獅子猿


更にダンディな見た目になって帰って来た、2枚目の袁紹。

スペックは2.5コストとしては平均的なスペック。
特技はただでさえ重い士気消費をフォローする魅力と計略にマッチした攻城を持つ。
将器は単純に殴り性能を高める攻撃力上昇、耐久力の補助となる兵力上昇がベターだろう。

計略「王者の決断」は超大型の号令で、新登場の岐略。
計略ムービーは緋略は栄光の大号令などと同様だが、蒼略は漢鳴2以下の漢鳴の大号令と同じ省略版と異なる。
その消費士気は全カード中トップの12。「腕立豪雨」に並ぶ、士気全消費の超大型計略である。
基本性能は武力+5。
緋略は9cで更に武力が+5・移動速度1.5倍・征圧力上昇(数値は要検証)と豪勢な追加効果が付与される。
蒼略は8cで武力こそ基本のままだが、効果終了時に自軍の士気が生存部隊1つに付き+2される。上限は8。
(Ver2.0.0A)
とにかく緋略の威力がすさまじく、レベル3の漢鳴の大号令や桃園の誓いを難なく踏み潰す力がある。
基本的にはこれを戦場中央付近で使って相手を踏み潰して攻城に行くか、
城際で決めて相手をねじ伏せるタイミングを計ることになる。
だがそのあまりの消費士気のため、これを万全の状態で使用できるのは試合でほぼ1回と考えていいだろう。
そのタイミングを蒼略と他部隊の計略で窺うことになる。

一方蒼略に関してだが、こちらも同様に使いやすい計略とは呼べない。
効果自体は一般的な士気6の+5号令が実質士気4で使用できる。が、
まず士気12を用意出来なければ使えないのはもちろん、士気12を一時的に使用することに問題がある。

こちらが士気12を貯めているのであれば相手も当然それなりの士気があり、こちらは士気6相当の計略のみで相手の攻めを受けることとなる。
例え相手が士気6計略のみでの攻めであってもこちらは4部隊生存を前提とするため、撤退覚悟の全力で受けることは出来ない。
当然相手が士気7以上の号令や、数部隊を倒すことに長けた超絶強化であればある程度の城ダメージを覚悟しなければ4部隊生存は難しい。当然複数の計略を重ねられることにも留意しなければならない。

また、士気バックした直後は士気10であり、連発が効かないため、相手が回復を絡めた攻めをしてきた場合はこの計略抜きで戦闘継続をする必要がある。

そのため蒼略を使用する際には戦場中央でぶつかりあうために使うのではなく、
相手の士気が無く、処理出来ないタイミング、
すぐに離脱出来る騎馬や離れて攻撃出来る弓のみでの戦闘、
自城前での戦闘、別計略で攻めるためのライン上げ。
などの複数部隊撤退のリスクが無い場合に限られる。

また蒼略を使う場合に覚えておきたいのは、最大効果を発揮するためには効果を受けた4部隊が生存すればよい。ということ。
5枚デッキであれば1部隊が欠けていても、1部隊を撤退させても構わない。状況によっては部隊を切り捨てる戦法も視野に入れておきたい。

また緋略蒼略共に妨害・ダメージ計略が共通の弱点。
圧倒的な緋略でも唯一耐性の上がらない妨害・ダメージ計略は防ぎようがない。
大型のダメージ計略や、知力低下計略とダメージ計略を同時に用意しているデッキの場合
軽々と攻め上がらず、相手の士気を計算することを推奨する。
漢鳴の大号令と違い兵力上昇のリカバリーもなく、士気12を吐くので計略での知力補填ができないため
法具の宝玉で知力を補填しない限り、妨害・ダメージ計略はカードスペックだけで対峙しなくてはならない。
弱体化の謀略などは完全に士気12に見合わない武力にされてしまい同様に弱い。

蒼略使用中の複数撤退、全滅はゲームプランの崩壊と言っても過言ではない。

以上の理由から、低知力のカードをデッキに多く入れると
ダメージ計略持ちのいるデッキを相手にした場合、事実上蒼略を封印せねばならなくなったり、打つ手がなくなったりする。
また低武力のカードは蒼略中に落ちやすいことを考えると、蒼略を戦術に組み込むのなら低枚数のバランス型で組むのも一つ。
なるべく赤壁の大火レベルを喰らっても確殺されず逃げられる程度の知力は揃えたいところ。

また開幕後から試合中盤までの、この号令を使えない時間が最も打つ手のない危険な時間なので
そこをどうしのぐかは考えておきたい。
逆に相手をする場合は前半のうちに攻めるのがベストと言える。

ちなみに蒼略→緋略のコンボは誰もが考えたくなる事。
馬倫の賢婦の称誉を使えばコンボは理論上可能。もちろん4部隊以上生存かつ馬倫が落ちない事が前提とかなりシビア。
発動タイミングは士気10以上で馬倫→12になったら蒼略→馬倫25c後士気バック+5→蒼略8c後士気バック+8で12まで溜まる→緋略…と言った感じ。