カードリスト / 第2弾 / / 関索(花麗なる号令)


武将名かんさく花の貴公師
関索「見惚れてると、痛い目見るよ?」

関羽と胡金定の子。父親譲りの力持ちで、父の残した甲冑と花帽を着け戦いに身を投じた。その美しさと知勇兼備な振る舞いから、鮑三娘をはじめ、王桃と王悦そして花鬘など、多くの女性を虜にして妻に迎えている。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力7 征圧力1
官職武官
特技魅力
将器同盟者
計略花麗なる号令味方の武力が上がる。この効果は特技「魅力」を持つ味方部隊数が多いほど大きい
必要士気6
Illustration : 唐々煙Character Voice : 佐藤拓也


2枚目の関索はVer.1.1.0Bで開催された記念すべき第一回大戦スタンプキャンペーンの報酬として登場。
関索としては初の2コスト、且つ初の騎兵でもある。
イラストを手掛けるのはアニメ化・舞台化・実写映画化までされている「曇天に笑う」などで知られる漫画家の唐々煙(からからけむり)氏。

スペックはバランス型で非常に安定感がある。
更に魅力持ちだが征圧力は1。騎兵の機動力でも1だと中々塗り替えられないので、征圧は他の武将でサポートする事になる。
将器は各勢力から魅力持ちを集めんとするための同盟者で固定。副効果もマウントに回る事が多い関索には嬉しい速×3で固定。
ただし主効果の同盟者は単色デッキだと意味のない将器なので、単色構築の場合はよほど副効果の速度上昇が欲しいというわけでもなければ他に譲るのが無難。

計略「花麗なる号令」は特技を参照する号令。
上昇値は自身を含む範囲内の『魅力』を持つ部隊数+1。効果時間は7.9c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0C)。

関索含め5部隊魅力持ちがいれば武力+6とかなり費用対効果のいい号令なのだが、やや効果時間が短い。
魅力持ちが4部隊で使うと効果時間が短めの劉備の大徳になってしまい、3部隊以下は士気に見合わない。
魅力持ち限定という制約をデッキに課す以上、5枚以上魅力持ちを採用して使うことが基本になる。

Ver.3.5.1A時点で「関索」名義のカードを除いても1124枚中455枚が魅力持ち(コンパチ含む)だが、その約3分の2が1.5コスト以下。
また平常時の戦闘力を確保するために素武力8以上を採用しようとすると、騎兵勢力指定計略を持つカードが目立つ。
バージョンアップでカードが追加される度に有用なパーツとなるカードは増えてはいるものの、
コンパチに限らず名前被りも多く、無理なくデッキに組み込めるパーツの最終的な選択肢は決して多くはない。
これらの要素が関索を使ったデッキ構築の悩ましいところであり、また醍醐味でもある。

このカードの主な使われ方としてVer.1.2.0C頃から台頭しているのが、孫尚香(恥辱)とのコンボである花麗恥辱デッキ。
蜀単で魅力持ちを集め、6部隊花麗+法具からの恥辱によるフルコン時の爆発力が特徴。
それに加えて孫尚香の将器攻城術による強引な城門攻めで一気に敵城を陥落させることが可能。
関索と孫尚香以外の素武力がどうしても落ちるので落城に失敗すると逆に落城させられるリスクも高いが、単勢力で容易に組める事からトレンドとなっている。

他にも同盟者持ちである事を活かして、鄧芝と組み守刀孫権を筆頭とする呉の優秀な弓を採用するデッキも存在する。
鄧芝も同盟者を持っているが号令としてはそれなりの知力依存があるので、同盟者を関索に任せて鄧芝に知力上昇将器を持たせられる点でも相性がいい。
関索を使いたい時はこれらのデッキを参考にするといいだろう。

なお、偉大な父である関羽(武神,神槍,忠義)とはコストや兵種などの点からいずれも相性がよくない。
蜀以外の父(咆哮,鬼神,冷艶鋸)に至ってはそもそも魅力を持っていない為候補にすら上がらない。
父に会うために長旅をしてきたというのに、何とも皮肉な話である。

登場バージョン

Ver.1.1.0B (第一回大戦スタンプキャンペーン)
Ver.1.1.5A (龍玉商店)

修正履歴

Ver.1.1.5A 効果時間延長 6.7c→7.1c
Ver.2.5.1B 効果時間延長 7.1c→7.5c
Ver.2.5.1D 範囲拡大
Ver.2.6.0C 効果時間延長 7.5c→7.9c

Menu

最新の20件

2021-05-09 2021-05-08 2021-05-07 2021-05-06

今日の20件

  • counter: 80492
  • today: 4
  • yesterday: 16
  • online: 38