カードリスト / 第2弾 / / 太史慈(天衣無縫)


武将名たいしじ しぎ信義の勇将
太史慈 子義「揺らぐ切っ先では、私は討てん!」

孫策、孫権に仕えた武将。はじめ劉繇に仕え、孫策と一騎討ちをするなど、激戦の末降った。孫策死後も曹操の誘いも突っぱね、孫呉の勇将として活躍したが、赤壁の戦いの直後、孫権が合肥を攻めた際、張遼に夜襲を見破られ討たれたという。
コスト2.5
兵種弓兵
能力武力9 知力5 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器兵力上昇 遠弓術 募兵
計略天衣無縫武力と移動速度と征圧力が上がる
必要士気5
Illustration : 上野翼Character Voice : 益山武明


2枚目の太史慈も、1枚目と同じレアで参戦。

遂に呉に追加された武力9の弓兵。
知力も平均的な5、征圧も2と弓の国である呉としてはだいぶ無難なスペックと言える。
特技も変わらず勇猛のみ。
将器は弓としては無難だが、第一候補は遠弓術になるか。もしくはライン維持を意識して募兵だろう。

計略「天衣無縫」は武力+7・征圧力+2・移動速度1.5倍、効果時間9.2c(知力依存0.8c)と士気5としては優秀な性能。(Ver.2.1.0D)
ただし、武力はともかく征圧力と速度の上昇は弓という兵種を考えるとミスマッチである。
射撃で戦うなら武力+7の恩恵しかなく、走射で多少は動けるものの、動き回るなら弓という兵種の強みである射撃を生かせない。
おまけにオーラを纏った騎馬と同速と言うギリギリ迎撃される速度になってしまう点が災いして、下手に肉壁として扱う事も出来ず、肝心の騎馬に追いつかない事も多々ある。

とにかく効果を全部活かそうとすると弓の強みを殺す為、武力以外はついでに使うようにするのが無難。
自城前で武力16を分散させつつ扱うのが最も使いやすいか。
速度が上がるからと言って騎馬とドンパチしようとすると、速度上昇計略で揉まれる為過信は禁物。

問題はやはり本人が2.5コストにしてである事。
弓主体・2コストが主力である呉と言うお国柄、彼を採用すると高コストに弓が集まりやすくデッキが歪になりがち。
0.5コスト下にいる武力-1・征圧力-1した自分がいるのも難儀。
こちらは弓としての長所を生かす計略持ちであり、高スペックのコスト2弓兵も兼ね備えている。

幸い、呉には自身を犠牲にして効果を付加できる武将が多い。
こちらの太史慈を活かしたいと言うのであれば、それらの武将とのコンボをうまく活かしたいところ。
その為、号令デッキよりも太史慈をトップに置いた専用デッキの方が活躍させやすいか。
一応、Ver.2.1.0Dにおいて武力上昇値自体は士気5の超絶強化らしくなった事、2コストの自身が暴れまわった事から大幅弱体化をかけられた事は追い風。但し相変わらずギリギリ迎撃されるので扱いには要注意。

余談だが旧作の「天衣無縫」は士気6で武力・移動速度・知力を上げる計略であり、武力上昇も+10だった。
弓と噛み合わない効果(当時の弓兵は乱戦攻撃力が他兵種より低いという特徴があった)である事は当時も言われており、士気の重さもあって「使用すると負けフラグ」とまで言われた事も。
ただ当時のこの計略持ちは2コストで8/4勇猛とスペック自体は悪くなかった為、スペック要員としてはそれなりに使えた事は明記しておく。

登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver.1.2.0C 効果時間延長 7.5c→8.3c
Ver.1.2.0E 効果時間延長 8.3c→9.2c
Ver.2.1.0D 武力上昇値増加 +6→+7