カードリスト / 第2弾 / 群雄 / 董卓(撃昂の覇弓)


武将名とうたく ちゅうえい破壊と創造
董卓 仲穎「愚鈍なるこの天下で・・・・・・
 意思を持つ人間は、オレだけか・・・・・・」

若い頃、羌族ら異民族のもとを放浪した後に袁隗に取り立てられた。張奐と共に羌族を討つなど、辺境で百回以上も異民族と戦い続け、来たる乱世に向けて力を蓄えた。この頃、覇王・項羽の刀を発見したという伝説が残っている。
コスト2.5
兵種弓兵
能力武力9 知力4 征圧力2
官職武官
特技勇猛 攻城
将器征圧力上昇
計略撃昂の覇弓武力と射程距離が上がり、敵を撃破するたびに武力が上がる。ただし撃破した敵の周囲が敵軍の征圧領域になる
必要士気5
Illustration : 杉浦善夫


若き日の董卓は弓兵で参戦。イラストレーターは魔王時代の彼と同じ杉浦善夫氏。
…と言う事は、彼はいずれあの姿になると言うのだろうか。
なお、このカードの登場により董卓は基本三兵種全てのSRが存在することになった。

Ver1.2.0Eにて全勢力含め通算3枚目となる希少なコスト2.5武力9弓兵で、群雄勢力では現シリーズ初のコスト2.5弓。
更に勇猛・攻城特技を2種類持っているが、弓兵である点を考えると若干ミスマッチか。
将器は征圧力上昇固定。恐らく、下記の計略のフォローの為と思われるが弓兵として考えるとこちらもミスマッチ気味。
征圧3で盤面を塗りやすくはなるものの、ただでさえ移動させる事が少ない弓兵で、
計略が弓射程延長であり、動く必要が更になくなってしまう点が痛い。
将器は兵力×3で固定。こちらは優秀なので、主効果よりも副効果を求めて覚醒することもあるかもしれない。

計略「撃昂の覇弓」は武力+3・射程延長に加え、相手を撃破する度に更に武力+3されていく。
但し、撃破した敵の周囲が丸々相手の征圧領域に変化してしまう。効果時間は約16C。
なお、魏の関羽のような「撃破した敵部隊の周囲を自軍の征圧領域にする」計略と同時に撃破した場合は
董卓の敵軍の征圧領域にする方が優先される。
上記の関羽と同時に撃破した場合は撃破した敵の周囲が敵軍の領域になり、その外周一回りが自軍の領域になる。(武の咆哮の征圧変化範囲の方が一回り大きいため)